ブログアンテナ 2021/02/26 03:05 RSS

このアンテナについて

最新記事100 / 登録サイト一覧(更新順)サイトごとの最新記事

  1. 宝立の月ー2月25日(木)=旧暦1月14日 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/25 21:22
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210225/20210225211958.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210225211958j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210225/20210225212030.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210225212030j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>今日、宝立(ほうりゅう)公民館で講義</p> <p>タイトルは「宝立の月」。</p> <p>最初の話は「千代尼の俳句」だった。</p> <p>午前中 吟行をした長浜俳句会のメンバーの方々も聴講なさった。</p> <p>私は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏の「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風光」にある家持の「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の海に朝開きして~長浜の浦に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%EE%BE%C8">月照</a>りにけり」から</p> <p>見附島が藩政期の藩への書上げが、すべて見月島となっていることをお話し、</p> <p>「宝立の月」を語ることにした。</p> <p>写真は講義前の見附海岸。</p> <p>下はレジメ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210225/20210225212128.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210225212128j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210225/20210225212206.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210225212206j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210225/20210225212313.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210225212313j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210225/20210225212350.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210225212350j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p>
  2. 孤独 | ことば こころのはな | 2021/02/25 21:10
    ニュースで「望まない孤独による孤独死が増えている」と報じていた。 先ず、「望まな...
  3. 頂いた竹の子を初めて自分で焚いてみました。竹の子ご飯つくりました! | 新・坊主日記 | 2021/02/25 14:08
    記事はこちらのブログに詳しく書いているのでみてくださいね! 記事はこちらのブログに詳しく書いているのでみてくださいね! 何もかも初めてでしたが、YouTubeやネット検索でなんとか仕上げることができました。  妻のファビアも喜んでくれました!🤗竹の子は目にもいいそうなのでもっと積極的に食べていこうと思います。ごちそうさまでした!! チャンネル登録よろしくお願いします。 please subscribe to my channel Inscreva-se no canal Por fa
  4. 小さな小さな旅ー猿鬼ー宮・大箱ー | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/25 07:08
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="猿鬼の宮=岩井戸神社 社紋が「三ツ矢」。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210225/20210225065435.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210225065435j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">猿鬼の宮=岩井戸神社 社紋が「三ツ矢」。</figcaption> </figure> <p>道幅を知らせるポールが真ん中に立っている。豪雪地帯だ。</p> <p> </p> <p>22日今月初めて遠出した(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>まで)。</p> <p>帰りに柳田・猿鬼の里を通った。</p> <p>どこかでー猿鬼ー、ブログだと節分で扱ったし、二日ほど前、書斎「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6">臥龍</a>文庫」で『日本「鬼」総覧』をめくったら、いっぱい知り合いが書いていることを知って、オオオ!と思ったことなどがあって、道を変更したのだ。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="大箱 撃たれた猿鬼が傷を癒やそうと車前草(おおばこ)を採取した地。「大箱」の地名になったと伝承。この奥800メートルに「鬼塚」。さらに5キロで泰澄伝説のある鉢伏山。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210225/20210225065845.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210225065845j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">大箱 撃たれた猿鬼が傷を癒やそうと車前草(おおばこ)を採取した地。「大箱」の地名になったと伝承。この奥800メートルに「鬼塚」。さらに5キロで泰澄伝説のある<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%AD%C9%FA%BB%B3">鉢伏山</a>。</figcaption> </figure> <p>我が家は春の気配。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="梅の花、椿"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210225/20210225070352.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210225070352j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%DF%A4%CE%B2%D6">梅の花</a>、椿</figcaption> </figure> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2021%2F02%2F02%2F234230" title="伝説の風景ー節分ー鬼(猿鬼・鬼神)、能登を訪れた人々ー常田(ときた)富士男さん - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2021/02/02/234230">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2008%2F10%2F12%2F194215" title="「猿鬼伝説」の地ー合鹿・五十里・当目・駒寄・大箱・一布 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2008/10/12/194215">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2018%2F10%2F26%2F220041" title="磐井戸山願生寺さん - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2018/10/26/220041">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2007%2F06%2F11%2F022429" title="猿鬼の宮と同じ紋を有するお寺ー浄願寺さんーー輪島市 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2007/06/11/022429">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p>
  5. サーフェス(上っ面) | ことば こころのはな | 2021/02/24 16:58
    「あなたの言葉で語ってほしい」「生の声を聞きたい」などと渇望するけれど、 ほんの...
  6. 2020年度第2回坊守会定例学習会をYouTubeにUPしました。 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/02/24 10:14
    2020年度第2回坊守会定例学習会を開催いたしました。(全4回) 今回の講義はYouTubeにてご覧いただけます。 なお、藤原先生には動画公開の許可を得ており、どなたでもご視聴いただけます。 ぜひご覧ください...
  7. | 気ままな日記 | 2021/02/23 22:04
    今日は天皇誕生日。 おめでたいことです。 happy birthday [画像]
  8. 見と観 | ことば こころのはな | 2021/02/23 21:14
    スイミングに通う娘 一緒にレッスンを受けている子で、メチャクチャ早く泳ぐ子がいる...
  9. 一色の映ずるも、一香の薫ずるも | ことば こころのはな | 2021/02/22 21:53
    絶対他力之大道 二 宇宙万有の千変万化は、皆これ一大不可思議の妙用に属す。 而...
  10. 2月の「パソコン相談室」もお休みさせて頂きます | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/02/22 15:46
    「緊急事態宣言」継続に伴い、2月25日(木)の「パソコン相談室」もお休みとさせて頂きます。(2/11は祝日の為お休みでした) 「パソコン相談室」はありませんが、実行委員でWeb会議なども実験しています。 メー...
  11. 1400 | 気ままな日記 | 2021/02/22 14:30
    今日は聖徳太子さまの 1400回忌ご命日なんですね。 想像を絶するほど昔ですが、 今の今まで伝わってきていることが 素晴らしい。 南無阿弥陀仏。 [画像]
  12. ここがわたしの居場所 | ことば こころのはな | 2021/02/21 20:38
    まだ2月 とはいえ気温は20度超え 暖かな日曜 境内では 白梅が一気に開花して ...
  13. 開く | 気ままな日記 | 2021/02/21 20:19
    今日は非常に暖かかったです。 そんなことから、梅が一気に開きました。 この勢いだと、数日中に満開になるでしょう。 例年満開の3月3日には散り始めているかもしれません。 早めに観にいらしてください。 [画像]
  14. 写真が語るもの | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/21 10:51
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210220/20210220085521.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210220085521j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>例年なら、春<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%AB%B2%BD">勧化</a>(はるがんけ)の準備にいそしんでいる頃だが、御<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>宅の地域御座(おざ)である春<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%AB%B2%BD">勧化</a>は、待ち焦がれた春の息吹を感じながら行う、どこかこころ弾む行事であるがゆえに、密閉・密集・密接のいわゆる3密は避けられず、中止せざるを得なくなった。</p> <p>そのぶん時間があるので、ボツボツといろんなものを整理している。</p> <p>上にあげた写真は、メンバーから日本宗教民俗研究会関係だということは見当が付いていたが、いつの何の写真かは分からないままでいた。</p> <p>これに違いないと、昔のdeskdiary見ながら写真裏に書き込んでおいたのが</p> <blockquote> <p>平成元年12月16日(土)、1C・3E授業の後、京都へ。</p> </blockquote> <p>だった。</p> <p> </p> <p>この年、内浦6校の執行委員を引き受けており毎週木曜ごとに金沢で執行委員会、校務分掌は進学(主として補習担当)、クラブは22・23日のテニスインドア大会で団体2位、(ちなみに翌年2月17・18日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%B1%DB">上越</a>リージョン・プラザでの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%BF%AE%B1%DB">北信越</a>大会では、飯田4:0富山、4:2三条、4:2県工、2:4?で3位)、引率顧問でなく一緒に練習・試合をするタイプだったので、なんやかんやとめちゃめちゃ忙しかったはずなのに、12月16日(土)の18時からの宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>会会議に参加している。</p> <p> </p> <p> その日のことが整理中の「日本宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>研究会通信 第0号」(1989年12月16日)に載っていたので、引用する。</p> <blockquote> <p>○日本宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>研究会の発足経過について</p> <p>以前から御案内がありました「日本宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>研究会」の発足について、去る12月16日(土)午後6時から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%D0%A5%F3%A5%C6%A5%A3">アバンティ</a>ホール会議室において、御賛同を頂いた28名のうち、次の会員の方が出席して、当会の発足次第(案)について、第一回目の検討をいたしましたので、御通知致します。</p> <p>〔出席者〕日野西真定、伊藤芳江、山田知子、斉藤寿始子、栖川隆道、豊島修、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>、木場明志、中川義晶、大<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B9%B7%C3%BB%D2">森恵子</a>各氏の10名 </p> </blockquote> <p>  この時、役員が決められ、次の人が役員になっておられる。</p> <p>会長 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a> 幹事(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%A4%CF%C3%BF%CD">世話人</a>)日野西真定、吉田清、豊島修、木場明志、大<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B9%B7%C3%BB%D2">森恵子</a>、</p> <p>会場設営係 山田知子、斉藤寿始子 会計係 中川義晶 記録係 大<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B9%B7%C3%BB%D2">森恵子</a></p> <p> </p> <p>フーンだが、記憶にないとはいえ、当方のメモ書きと通信の記録があるのだから参加していることは間違いない。</p> <p>写真には日野西氏(以下敬称略)、豊島、木場、大森、山田、中川が写っており、斉藤さん(実際は斎藤)と吉田さんは分からない。</p> <p>これもさらに、かつてだが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>の児童文化クラブ員で斎藤先生に習っていた方に、この写真を見てもらったのだが斎藤さんは入っていないという。</p> <p>それに、名畑先生が2列目に立っておいでるのに、私がスーツを着て一列目に座っているのは、偉そうだなァーの疑問はあったのだけど、</p> <p>よく遠くから来たなぁーと歓待され、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の人」だけで通ることがあったので、この時も<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>先端の人の威力で前に座ったのだろう、と納得していた。 </p> <p> </p> <p>じっくり、宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>研究会通信を見ていくと、ナ、ナ、ナーンと</p> <p>日本宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>研究会第一回大会で発表しているではないか!</p> <p>発足からほぼ1年半後の1991年6月15日(土)である。</p> <p> </p> <p>~たら、ればはないのだが、これが翌年の6月だったら、14日(木)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>クラブを引率して<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a>へ、15日授業の後、テニス<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%BF%AE%B1%DB">北信越</a>大会の打ち合わせ。16~18日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%BF%AE%B1%DB">北信越</a>大会。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%C4%C2%CE%C0%EF">団体戦</a>で飯田3:0富<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%C5%EC">山東</a>、2:1長野伊那弥生ヶ丘、2:0<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>、決勝2:0県工と、石川国体強化校を破って優勝していた時なのだ。</p> <p>会場が能都(当時は能都)町テニ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%B3%A1%BC%A5%C8">スコート</a>だったので、女子の方の決勝審判を飯田高校の一年生テニス部員がしていた。男子が先に優勝が決まったので、彼らは審判席でたまらず万歳をして、本部席の他校監督たちから笑顔の顰蹙を買ったものだった。</p> <p>その翌年の同時期、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%BF%CC%DC%C5%AA%A5%DB%A1%BC%A5%EB">多目的ホール</a>というところで、研究発表をしていたのだ。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210220/20210220085605.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210220085605j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>あらためて写真を見てみよう。</p> <p>前列右から(敬称略)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C3%E6%B5%C1%D7%A2">田中義廣</a> 、中澤成晃、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EB%CC%DA%BE%BC%B1%D1">鈴木昭英</a>、日野西眞定、豊島修、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>、?</p> <p>二列目 ?、根井浄、名畑崇、?、大<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B9%B7%C3%BB%D2">森恵子</a>、?、?、中川義晶</p> <p>三列目 ?、?、?、?、本林靖久、山田知子、?、木場明志、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C5%C4%C7%EE">岩田博</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C5%C4%BD%F1%B1%A1">岩田書院</a>社長)</p> <p>分からない人も多いとはいえ、この時の写真に間違いない。</p> <p> </p> <p>プログラム3が〔記念撮影〕となっている。</p> <p>一列目に座っている理由もはっきりしたし、よく見れば、12月にしちゃ涼しげな服装の人が多いじゃないか。</p> <p>ちなみに、前列右端の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C3%E6%B5%C1%D7%A2">田中義廣</a>さんはまつり同好会を主催しておられ、「まつり」「祭り通信」を発行なさっていた。祖母が日本最初の女医、あるいは女医が建てた病院だとかといい、名古屋のお医者さんだった。</p> <p>気が合って一度、日銀のパリ支店長の逆、パリ銀行の日本支店長とか言う人と若きフランス人二人ほど、パリの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BB%B3%DA%B3%D8">音楽学</a>校ピアノ科を主席で卒業し、帰国してまもなくだという<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%AD%C5%E7%CD%AD%C8%FE%BB%D2">鮫島有美子</a>氏の妹が泊まっていったことがある。</p> <p>外国人は派手な生活をしているのだろうと思っていたのが、ビールの飲み方<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AB%A4%E9%A4%B7">からし</a>て質素なのに驚いたものだった。</p> <p>ちなみにのちなみにで、我が家に泊まって行かれたビックスリーはこの田中さん、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>先生、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%B7%D1%BF%AD%C9%A7">真継伸彦</a>氏としている。</p> <p> </p> <p>研究発表のプログラムを見ると私だけ手書きになっている。</p> <p>日々がそのまま流れていたら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%BF%AE%B1%DB">北信越</a>大会で優勝したメンバーに、全中で優勝したメンバーが二年生となっていて、さらに強力な布陣を擁するテニス部顧問なままだったら、この日、そこにいなかったはずだ。</p> <p>こはいかに?</p> <p> </p> <p>この年の2月13日、風邪気味だった父の熱が下がらず、義父の七回忌で連れ合いの里・東京赤羽から帰るのを待って、父は七中時代の同級生神野さんの経営する病院(神野病院改め恵寿病院)に検査入院した。</p> <p>前々から神野さんは父に、70になったのだし一度検査に来いよ、と言っていたその約束もあって、楽しみながら入院したのだった。</p> <p> </p> <p>2月15日授業を終え、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%B1%DB%BB%D4">上越市</a>で行われるテニスインドア大会<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C4%BF%CD%C0%EF">個人戦</a>に出場する東崎・稲谷君を車に乗せ、総体の飯田高校宿にしている金沢の「みな美」旅館に向かった。</p> <p>途中病院に寄って見舞ったら、確か血液検査中だとのこと。17日午前中で試合を終え、高岡あたりから風雪が激しくなる中、鵜川中出身の二人を鵜川で降ろし、家に着いたのが午後9時。</p> <p>当時、公立高校では特色ある学校作り事業ということをやっており、飯田高校は夜・中央公民館を主会場に、教員の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F8%B3%AB%B9%D6%BA%C2">公開講座</a>をやっておた。</p> <p>その人選。テーマなどを私がやっていたため、翌18日はその会議ため雪道を金沢へ(会場はノートに書いてない)。</p> <p>この日、新潟、青梅付近は列車が通らず、飯田からは馬渡の坂を車が登れず、海岸通りへ迂回して午後の会議に。</p> <p>帰りに病院へ寄り、若い担当医に詳しく様子を聞くと、半年くらい入院しなければならないのではないか?とおっしゃる。</p> <p> </p> <p>半年!</p> <p> </p> <p>4日後の、22日から昼・夜の春<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%AB%B2%BD">勧化</a>が始まる。</p> <p>校務分掌ーこの時は進学係、</p> <p>テニスと<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>のクラブ顧問、</p> <p> </p> <p>それに1月だけで「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%BD%BB%BB%FB">法住寺</a>縁起について」30枚『北陸の民俗』、「オザ」に見る農民の宗教活動」21枚、「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>地方にみるアエノコト行事」26枚、以上『人づくり<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F7%C5%DA%B5%AD">風土記</a> 石川』、緊急調査諸職の原稿見本「ホウライ飾り」12枚を書き上げ、</p> <p>日本宗教民俗研究会から木場氏を通して「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>と宗教民俗」の依頼も入っていた。</p> <p> </p> <p>翌19日、授業を終え、帰宅してから6ヶ月の重みに耐えられるか?</p> <p>ギリギリの現状に父の代わりの僧としての仕事、</p> <p>七尾への見舞いーなど</p> <p>そのような今後引き受けていかなければならないことを考え、来し方を本堂<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>様の前で思い、</p> <p>19年の教員生活を退くしか方法がないのでは、との結論に達した。</p> <p> </p> <p>その後、人事異動に影響が出ない頃に退職の意思を伝えるとすれば、を調べると3月1日がギリギリらしく、</p> <p>26日、弟に辞める旨を電話した。</p> <p>「どっちでもいいけど することあるがか?」</p> <p>「本、読んどってもいいもんな」と応答している。</p> <p>自分を納得させるのに「本」を使っている。</p> <p> </p> <p>3月1日。県教委に退職願いを提出。</p> <p>同日病院へ行き、父にその旨を伝えた。</p> <p>いつ寝ているか分からないような私の日々を知っているだけに、</p> <p>父は「寺もヒマやぞ」と、一言だけ言葉にした。</p> <p> </p> <p>8日(金)誰も知らないが、私にとって最後の卒業式。</p> <p>9日(土)父の実家・江曽のいとこと見舞う。家へ帰るぞ!と、ベッドから降りよう</p> <p>としたので、もう少し見てもらってからね…と慰める。</p> <p>翌10日(日)には弟が東京から見舞い、夜行で帰る。</p> <p>この日は午前中お年忌、金大の合格者発表日だったため、16時半頃合格者たちが学校に報告に来、その生徒たちと対応。</p> <p> </p> <p>ところが、翌11日、朝6時に病院にいる母から電話が入り、父の容態がおかしいという。</p> <p>連れ合いと七尾を目指すが、やはり馬渡は雪で上がれず、海沿い道に出て七尾へ向かい、途中の公衆電話から年休願いを教頭さんにしたのだが、すごく不服そうだったので、この日が入試当日だったのだと今の今まで思っていたのだが、11日は準備日だった。</p> <p>病院へ着いたとき、父はすでに息を引き取っていた。</p> <p>示寂7時2分。</p> <p>弟は上野について、まもなく父の西帰を知らされトンボがえり。</p> <p> </p> <p>写真に戻る。</p> <p>6月15日は、教員ではなかったのだ。それどころか、父の100日法要3日前。</p> <p>13・14日は、輪島へ通い、宗教法人の住職として必ず有していなければならない資格・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%C9%B2%D0%B4%C9%CD%FD%BC%D4">防火管理者</a>の講習を受けていた。</p> <p>発表タイトルを考え送っている余裕などなかった。そのことが手書きのタイトルに表れている。</p> <p> </p> <p>ノートを見ると木場氏の依頼の後、4月11日(木)に豊島さんから原稿の催促を頂いている。</p> <p>その日は父の月忌命日のお参り、本山収骨をどうすればいいかを教務員から聞き、責任役員任命のための印を総代さんから集める、などで、申し訳ないが豊島さんの願いを記憶に留めておけないような環境変化だったのだ。</p> <p>この時、ちゃんと原稿をお渡ししていたら、宗教民俗研究会は私の中に、もっと大きく生き続けていただろう。</p> <p>その後は、調査する立場から、調査対象の中に身を置くことになって、お寺行事の季節の調査は出来ず、いくつかの市町村史調査も、おのずから宮・まつり・コト関係調査に比重が移っていった。</p> <p> </p> <p>そのころよく使った、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%EC%A4%EA%C9%F4">語り部</a>・古老そのものに、今の自分がなっている。</p> <p>今年で、ちょうど満30年を迎える「写真が語るもの」である。</p> <p> </p> <p> ところで、初期のメンバーにはどういう人たちがおいでるのか、2号(1990年1月)以下に載る例会参加者を見ていくと、</p> <p>栖川隆道、須田勝嶄仁、根井浄、横山俊夫、吉田清、石川稔子、山香茂、上別府茂、木村至宏、本林靖久、菊地武、平野寿則といった方々の名が見え、9号に</p> <p>これも何と、私が例会に参加している。</p> <p>1990年8月例会で、この年の夏期休暇中は連日の補習、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>クラブは秋の学校祭に向けて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%FD%B8%A4">狛犬</a>調査、テニスは4日から8日に開かれた仙台イン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A1%BC%A5%CF%A5%A4">ターハイ</a>に鳥毛兄弟チーム引率。途中東京で『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事』(オリエントブックス)を出版することになっていた木耳社に寄っている。</p> <p>この本は日本<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>167号(昭和61年9月)に載った「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%B4%D6%BF%AE%B6%C4">民間信仰</a>の研究ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B3%A5%F3%A5%B4">コンゴ</a>ウ参り習俗を通してー」を軸にしたもので、オリエントブックスに『生と死の民俗史』を出しておいでた新谷尚紀氏が間に入られて一冊になったもの。</p> <p>仙台から帰った7日に150冊届いていた。</p> <p>例会は25日だったようだ。</p> <p><strong>1990年8月例会の記事</strong></p> <blockquote> <p>2、研究発表</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>氏によって同著『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事』(木耳社、1990年8月、1700円)の研究・編集上の苦心談を語ってもらい、つづいて「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%BD%BB%BB%FB">法住寺</a>縁起について」と題して、配付資料(別紙)にもとづいて、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>吼木山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%BD%BB%BB%FB">法住寺</a>縁起の開創由来を主として発表。その後出席者から活発な質疑が行われた。遠方の会員である同氏の研究姿勢と精力的な調査研究に深い感銘を受けた(豊島)</p> </blockquote> <p> これも驚きだった。例会にどんな人たちが参加してるのだろう?10号あたりまで見てみよう、との気を起こさなかったら、こんなことがあったことは、記憶から消えたままになっていたはずだ。</p> <p>そういえば、かすかな記憶に(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%BD%BB%BB%FB">法住寺</a>の)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%BB%B3%BF%AE%B6%C4">白山信仰</a>が近世初頭だと思う、と話したとき、日野西さんが平安まで行くんじゃないと言ったことがあった。</p> <p>そんなシーンが現実にあったとは思われず、あれはなんだろう、と思っていたそれが、この会だったのだ。</p> <p>今頃になって、いろんなことがつながりだしている。</p> <p>diaryを見ると、翌日、北陸三県民俗の会が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A1%B0%E6%B8%A9">福井県</a>立博物館で開催され、発表・シンポをこなしていた。</p> <p> </p>
  15. 私から念仏の声が出るということは、すべての人から出るということ | ことば こころのはな | 2021/02/20 18:10
    若くして亡くなった人に向けて、「まだ早すぎるよ」「もっとお話ししたかった」「これ...
  16. 今年こそホームページをつくりたい | 新・坊主日記 | 2021/02/20 12:50
    昨年から考えているだけで作れないホームページを今年こそ作りたいと思っています。 お寺のホームページというよりは、個人的でシンプルなページにしたいと思っています。そこにアクセスしたら、毎日の勉強やYouTubeやnoteやインスタグラムや全体が見渡せる自分ディスクトップみたいなのが欲しいです。 でも他の人が訪れてもお寺の様子やスケジュールそしてどういう活動をしているのかパッと分かりやすく、でもやろうと思えば簡単に分かりやすく、深掘りもできるようにしたいなと考えています。 2月中に仮ページを作って、
  17. よくみると「寺」がある! | ことば こころのはな | 2021/02/19 17:21
    車で移動中、赤信号で停車。 ふと横を見ると薬局が。 薬局の前に「痔」ののぼりが。...
  18. 責める者と、どうしてなり得るのか。 | ことば こころのはな | 2021/02/18 17:47
    お昼ごろに見ていた番組で、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員長の新会長...
  19. 洗車 | 気ままな日記 | 2021/02/18 17:19
    今日は初めて洗車をしました。 今までもしないといけないと思いつつ 車検の時に綺麗にして貰ってたので 甘えていましたが、 ドロドロになってきたので、自分で洗車しました。 高さが2メートル60センチあるので 屋根が一番大変です。 [画像]
  20. 22、とも同行の順拝・たび 「宗祖聖人御旧跡巡拝」㉓―豊四郎順拝113~118 文化六年-1809 武州・下総 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/18 09:34
    <header class="entry-header" style="box-sizing: border-box; display: block; position: relative; margin-bottom: 3em; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div class="entry-categories categories" style="box-sizing: border-box; margin-bottom: 2em;"> </div> <div class="entry-header-menu" style="box-sizing: border-box; position: absolute; top: 0px; right: 0px; margin-bottom: 1em;"><a style="box-sizing: border-box; color: #293030; text-decoration: none; background: #f9fafb; border: 1px solid #cfd8d8; padding: 5px 10px; font-size: 0.9rem;">編集</a></div> </header> <div class="entry-content" style="box-sizing: border-box; line-height: 1.85; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><strong style="box-sizing: border-box; font-weight: bolder;">113  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F0%BD%A3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">武州</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B3%EB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">東葛</a>四領金村 光増寺</strong></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130142733.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130142733j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; cursor: pointer; height: auto;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">親鸞</a>聖人御直筆</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">  本尊面向<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C7%A1%CD%E8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">阿弥陀如来</a></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">    <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F0%BD%A3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">武州</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B3%EB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">東葛</a>四願金町村</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">     摂取山</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">      光増寺 </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><strong style="box-sizing: border-box; font-weight: bolder;">114 関宿中戸 常敬寺</strong></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130145344.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130145344j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; cursor: pointer; height: auto;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">下總國<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%EB%BE%FE%B7%B4" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">葛飾郡</a>關宿中戸村</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">中戸山西光院常敬寺</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">鎌倉将軍<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%D4%B9%AF%BF%C6%B2%A6" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">惟康親王</a>御建立</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">亀山院後宇田院兩帝勅願所</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">高祖聖人御孫唯善上人開基</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">具如別録</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">  月番  圓乗筆</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">八月五日</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><strong style="box-sizing: border-box; font-weight: bolder;">115 上幸嶋庄一ノ谷 妙安寺</strong></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130145410.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130145410j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; cursor: pointer; height: auto;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">總州上幸嶋庄一ノ谷村一谷山大法院妙安寺ハ</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">祖師聖人第六之御遺弟開基成然上人江</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">御付属之 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E6%BF%BF%B1%C6" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">御真影</a>百四十余年之御安座其後</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">三村前橋ニ二百年之余御移転又前橋より</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">御本山江御遷堂被為在是則一ノ谷最初安置の</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">旧跡殊ニ成然上人文永二乙丑年十月十日遷化之</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">地ニ而御廟有之<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%EE%C5%E7" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">猿島</a>妙安寺根源之<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EE%BE%EC" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">霊場</a>也</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">寶物ホ數多畧之</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">       役者</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><strong style="box-sizing: border-box; font-weight: bolder;">116 猨嶋郡三村 妙安寺</strong></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130145447.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130145447j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; cursor: pointer; height: auto;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">  下總國猨嶋郡三村</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">  一谷山最頂院妙安寺</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">関東二十四輩第六之御直弟</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">成然上人旧跡上州前橋妙安寺</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">兼帯所也</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">   巳八月七日  輪番</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><strong style="box-sizing: border-box; font-weight: bolder;">117  長須 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%BB%FB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">阿弥陀寺</a></strong></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130145514.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130145514j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; cursor: pointer; height: auto;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E6%BC%EB%B0%F5" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">御朱印</a>地 總州長須村</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">屈施龍山 稱名院<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%BB%FB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">阿弥陀寺</a></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">高祖聖人御旧跡也</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">左へ御旅之御願御筆</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">宝物数多</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">八月七日   役僧</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><strong style="box-sizing: border-box; font-weight: bolder;">118 野田 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C7%B0%BB%FB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">西念寺</a></strong></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130145541.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130145541j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; cursor: pointer; height: auto;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">   二十四輩山第七野田</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">  西念御房開基也</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">極楽山聴<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%B0%B1%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">衆院</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C7%B0%BB%FB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">西念寺</a></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">  下總国邊田村</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">八月八日       執事</p> </div>
  21. YouTube動画アップしました。読むことと書くことはリンクしている説 | 新・坊主日記 | 2021/02/18 05:36
    久しぶりの朝散歩です。朝の気持ちの良い風と、美しすぎる朝日に感動しながら思いつくまま喋っています。この散歩しながらのYouTube動画自体がアップしてこうやって文章を書くことまで全て含めて自分自身を活性化する運動になっているこの頃です。昨年コロナが始まってから徐々に始まった習慣ですが、今年ここnoteに一部のブログを移してからさらに楽しく、そして書きやすくなりました。 毎日の読書は文章を書く練習になる事を再確認した話や、仏教書の紹介もしています。一緒にブラジルの日常の風景を歩きませんか? 動画
  22. 滞っているようでいて、すべての事柄は移ろういている | ことば こころのはな | 2021/02/17 20:51
    ご門徒の一周忌をお勤めして、思い返しています。 一年前、ご本山での仕事を終えて、...
  23. ブラジルのコーヒーで蚊取り線香 | 新・坊主日記 | 2021/02/17 00:49
    今回は蚊で困っている私に自然の煙で蚊を撃退する方法を教えてもらったのでやってみました。 コーヒーの粉を燃やすというコーヒーの産地ブラジルらしい方法です。 もちろん日本でもできます。火を殺すことはできませんがある程度撃退することはできます。 お役に立ったら幸いです。 ブラジルにも蚊がいます。さらに日本でも話題になったデング熱というウイルス性の病気を媒介するので非常に厄介です。 デング熱 ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B
  24. 「つまらない」と「知らない」は違う | ことば こころのはな | 2021/02/16 20:58
    昨日は、司馬遼太郎さんの「資料を読んで読んで読み尽くして、そのあとに一滴、二滴出...
  25. 21、とも同行の順拝・たび 「宗祖聖人御旧跡巡拝」㉒―豊四郎順拝105~112 文化六年-1809 信州 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/16 19:23
    <p>104-2  飛州高山 御坊</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210127/20210127215023.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210127215023j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>    飛州高山</p> <p>       御坊</p> <p> 文化六年</p> <p>    巳 五月三日</p> <p>            役者</p> <p> </p> <p>105  信州小松 安養寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210128/20210128063806.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210128063806j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>                 信州</p> <p>                   小松安養寺</p> <p> 開基西念坊道祐</p> <p>  祖師聖人御旧跡</p> <p>  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>御留逗之地</p> <p>  文化五巳 五月十日      月番</p> <p>                    憶念寺</p> <p> </p> <p>※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB%C7%C9">本願寺派</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%B9%E2%C3%CF%C0%FE">上高地線</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%B9%C2%B1%D8">三溝駅</a>町 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%C8%C5%C4">波田</a>安養寺 しだれ桜でも有名</p> <p> </p> <p>106 信州松本栗林郷 大寶山高綱院正行寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210128/20210128064418.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210128064418j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>  信州松本栗林郷</p> <p>  大寶山高綱院正行寺</p> <p> 祖師聖人御舊跡</p> <p>  寶物縁起別記</p> <p>    巳ノ五月十一日    當山 知事 </p> <p>※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB%C7%C9">本願寺派</a></p> <p> </p> <p>107 信州松本 北林山福野 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%CB%B3%DA%BB%FB">極楽寺</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210128/20210128065121.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210128065121j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>    信州<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%CB%DC%BE%EB">松本城</a>下</p> <p>    北林山福野<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%CB%B3%DA%BB%FB">極楽寺</a></p> <p> 祖師</p> <p>     御旧跡   </p> <p> 蓮師</p> <p>  宝物略之 </p> <p>          當番</p> <p>   巳五月十一日   善福寺 </p> <p>※深志2丁目 </p> <p> </p> <p> 108 信州松本 木曽山義仲院 長称寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210128/20210128074752.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210128074752j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>      信州<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%CB%DC%BE%EB">松本城</a>東</p> <p> 木曽山義仲院長称寺</p> <p> 高祖聖人五年 御逗留</p> <p>  御舊跡</p> <p>           役寺       </p> <p> 巳 五月十一日    □□寺</p> <p>※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a> 女鳥羽2丁目</p> <p> </p> <p>109 松本 大寶山 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%B4%A1%B9%CC%DA%C0%B5">佐々木正</a>行寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210128/20210128082325.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210128082325j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 信州<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%CB%DC%BE%EB">松本城</a>下大寶山</p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%B4%A1%B9%CC%DA%C0%B5">佐々木正</a>行寺佐々木四郎高綱</p> <p> 入道<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CC%BE">法名</a>了智開基之<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EE%BE%EC">霊場</a>也</p> <p> 則 聖人御直弟子也宝物略之</p> <p>        當番    </p> <p>  御坊     妙勝寺</p> <p>※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a></p> <p> </p> <p>110 信州更級郡塩崎関 向鳥山康楽寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210128/20210128083730.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210128083730j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>   信州更級郡塩崎関</p> <p>   向鳥山康楽寺は開基</p> <p>   木曽<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%C0%C9%D7">太夫</a>廣前時の旧跡なり</p> <p> 一 開山聖人御木像 六十三歳御自作</p> <p> 一 元祖色□尊像  日本一□</p> <p> 一 御本傳横巻四軸 宗門御繪傳のはしめ</p> <p>   右之外寶物令畧者也</p> <p>    </p> <p>     年月仝前     當番 役寺</p> <p>※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB%C7%C9">本願寺派</a> </p> <p> </p> <p>111 松本新田 本誓寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210128/20210128084623.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210128084623j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>御門跡院家信州松本新田本誓寺</p> <p>  宗祖聖人御建真弟是信上人相承也</p> <p> 一 本尊瀬踏弥陀<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%A1%CD%E8">如来</a> 太祖聖人御安置</p> <p>    御當家御判物葵 御紋附宮殿等 御寄附</p> <p> 一 太祖聖人等身尊像 満八十歳御自筆</p> <p> 一 石摺十字御名号 太祖聖人御真筆</p> <p>        二十四輩十嗣</p> <p>     右外別記       寂林山 知事</p> <p> ※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%C2%E5%C4%AE">松代町</a> 新田</p> <p> </p> <p>112 信州 紫<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C6%B2">阿弥陀堂</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210128/20210128091049.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210128091049j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>   信州紫<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C6%B2">阿弥陀堂</a></p> <p> 十字御名号</p> <p>    <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人御筆</p> <p> 其外宝物有  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%CC%C5%F6">別当</a> 吉池主計</p> <p> </p> <p>※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%B9%E2%B0%E6%B7%B4">上高井郡</a>高山村高井 一茶ゆかりの里一茶館に、コピー送付。問い合わせ。</p> <p> 高山村なかひら地 大字中山 高山五大桜の一つがあり、その下に紫<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C6%B2">阿弥陀堂</a>があった。一茶館には父のみとり日記(多くが「終焉日記」としている)原本がある。</p>
  26. 給油 | 気ままな日記 | 2021/02/16 14:20
    今日は今年何回目かの給油。 まだ少し寒い日がありそうなので 20リットル×6本 120リットル購入。 今日は誰も居ませんでしたが、 待っている人がいると気の毒です。 普通は1本しか購入しませんもんね。 いままで、 多くて2本給油していたのを見たことがあります。 [画像]
  27. 2020年度戦争展開催のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/02/16 13:02
     私たち戦争展実行委員会では、第1回大阪大空襲のあった3月の時期に毎年戦争展を開催し、「二度と戦争を起こしてはならない」と呼びかけ続けています。今年度も戦争展を開催することとなりましたので、お知らせいたします...
  28. 透明な滴 | ことば こころのはな | 2021/02/15 12:47
    「東京新聞」朝刊 2021年2月13日(土)コラム「筆洗」 菜の花畠(ばたけ)...
  29. 紅梅 | 気ままな日記 | 2021/02/15 10:58
    今日は 紅梅がほぼ満開になりました。 ぜひこの機会に見にいらしてください。 ちなみに名物の梅はまだ満開まではほど遠いですね [画像]
  30. チョコ | 気ままな日記 | 2021/02/14 20:32
    今日はお陰さまで多くのチョコをいただきました。 甘い物が好きな自分としては至福の時。 もちろん、いっぺんに食べると身体に良くないので ボチボチいただきます。 この他にもいただいたチョコがありますが すいません、ここにはアップしていません。 ごちそうさまです。 [画像] [画像] [画像] [画像]
  31. ひとつの出来事が、現在と過去を結ぶ | ことば こころのはな | 2021/02/14 17:30
    昨晩の地震はびっくりしましたね。皆様ご無事でしたか。地震があったとき、ちょうどZ...
  32. 『すばらしき世界』 | 住職雑記 | 2021/02/13 23:00
    昭島にて『すばらしき世界』を観る。西川美和監督の最新作。西川氏の作品はどれも共通...
  33. ロマネスコ | 気ままな日記 | 2021/02/13 18:56
    今日は ロマネスコってものを食べました。 ブロッコリーみたいな感じなのか 初めて食べましたが、 美味しくいただきました。 世の中には色んな食べ物があるんですね。 [画像]
  34. ひとつの事柄には、多くの事象が集約されている | ことば こころのはな | 2021/02/13 15:40
    東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の「女性蔑視発言」。 会長(この投...
  35. 西谷啓治氏の歩み-写真二点 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/13 06:51
    <p>今日2月12日(金)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏のお嬢さん・矢田敏子さんから、写真集などをいただいた。多謝…。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210213/20210213061435.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210213061435j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><span style="color: #000000; font-family: Arial, 'Hiragino Kaku Gothic ProN', sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏は,一言で言うと1900年(明治33年)2月27日 - 1990年(平成2年) 11月24日)は、日本の哲学者(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A1%B6%B5%C5%AF%B3%D8">宗教哲学</a>)。京都学派。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%FE%C5%D4%C2%E7%B3%D8">京都大学</a>名誉教授、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%B8%F9%CF%AB%BC%D4">文化功労者</a>。 </span></p> <p>ここに転載したのは、敏子さんから送って頂いた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A1%BC%A5%B9%A5%BF%A5%F3">イースタン</a>ブッディストに掲載された写真。</p> <p>敏子さんの文より</p> <blockquote> <p>写真集は,三十年前、父が逝くなりました折に作って頂いたものです。</p> <p>父は晩年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%DB">大拙</a>先生から引き継いで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A1%BC%A5%B9%A5%BF%A5%F3">イースタン</a>ブッディストという英文雑誌の編集をしておりました。</p> <p>その関係で、雑誌の追悼特別号を発行して下さいました。 </p> </blockquote> <p> </p> <p>「なかなかいいものできあがっている思っております」とお書きになっておられるように,20葉の写真は、子供の頃から、Heidegger(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CF%A5%A4%A5%C7%A5%C3%A5%AC%A1%BC">ハイデッガー</a>)と語り合っている72歳の時の写真など、どれもが貴重な写真ばかりだ。</p> <p> </p> <p>その中から、7ページの写真2葉を選んで,ここに載せた。</p> <p>上の写真は,私が生まれた年(早生まれ)。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%F8%BD%A1%B1%D9">柳宗悦</a>さんがおいでる。</p> <p>敬称略で、前列左2人目から、古田紹欽、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EB%CC%DA%C2%E7%C0%DB">鈴木大拙</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%F8%BD%A1%B1%D9">柳宗悦</a></p> <p> </p> <p>下の写真 32年後である。</p> <p>左から <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>、古田紹欽,<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EB%CC%DA%C2%E7%C0%DB">鈴木大拙</a>、源Ryoen?、岡村美穂子、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%F2%C0%EE%BD%A8%BC%F9">湯川秀樹</a>。</p> <p> </p> <p>ええ!<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%F2%C0%EE%BD%A8%BC%F9">湯川秀樹</a>!</p> <p>岡村氏は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EB%CC%DA%C2%E7%C0%DB">鈴木大拙</a>館(<span style="color: #000000; font-family: Arial, 'Hiragino Kaku Gothic ProN', sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C2%F4%BB%D4">金沢市</a>本多町)の名誉館長のはずだし、→"HONGAN”(近々のブログで)</span></p> <p><span style="color: #000000; font-family: Arial, 'Hiragino Kaku Gothic ProN', sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A1%BC%A5%B9%A5%BF%A5%F3">イースタン</a>ブッディストは</span><a href="http://www2.otani.ac.jp/daisetsumuseum/catalog/b/img/022-2.html">学の大成―大拙と大谷大学― (otani.ac.jp)</a></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2010%2F06%2F07%2F231003" title="柳宗悦五十回忌法要 城端別院・善徳寺-6月5日(土)ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2010/06/07/231003">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2021%2F01%2F08%2F211349" title="西谷啓治先生のふるさと - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2021/01/08/211349">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p>
  36. 1割高になったその日 | 住職雑記 | 2021/02/12 23:00
    修理に出したMacBook Proの修理見積が出た。保険適用後で34000円。保...
  37. 広島 | 気ままな日記 | 2021/02/12 22:56
    今日は家で広島焼きを食べました。 自分は見よう見まねで作りましたが、 お好み焼きと違い、ひっくり返すのが 少々難しいかも知れませんね。 あまり、カチッとしていないので バァさってなりそうで、 ハラハラドキドキします。 良い経験をしました。 ごちそうさまでした。 [画像]
  38. 独り言 | ことば こころのはな | 2021/02/12 17:12
    人間ってぇ生き物は 孤独が嫌いなくせに 他者(ひと)を孤独に追いやるのは好きだよ...
  39. 知識に感嘆 | 住職雑記 | 2021/02/11 23:00
    今月16日、涅槃会のネット配信のためのリハーサル。あらかじめ収録してあった法要ビ...
  40. 継続聞思の会 2月12日(金)の学習会はオンラインで行います | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/02/11 21:21
    明日、2月12日に予定していました、継続聞思の会の学習会ですが、緊急事態宣言の延長に伴い、難波別院での開催は中止と致しました。 代わりに、午後6時からZOOMを用いて、オンライン学習会を行いたいと考えています...
  41. 久々に冬晴れでした | お寺の生活 | 2021/02/11 20:01
    大雪も一段落してだいぶ雪もとけてきました。今日は祝日でしたがいい天気でさらに雪どけがすすんだようです。御堂横から空を見上げたらオリオン座も綺麗に見えています。左下の雪山はまだ高さ3m位はありますが…
  42. 自然(じねん) | ことば こころのはな | 2021/02/11 15:14
    【自然(じねん)】 自(おの)ずから然(しか)らしむる そのままに ありのままに...
  43. うめ | 気ままな日記 | 2021/02/11 13:57
    今日は いよいよ開きそうな花びらを見つけました。 今年は結構寒さが厳しいように思いましたが ウメの花の状況を考えると例年とそんなに 大差ないように思います。 むしろ早いぐらいかもしれません。 自然は不思議ですね。 また、ちょこちょこ報告します。 [画像]
  44. 2年ぶり | お気楽極楽日記 | 2021/02/11 11:56
    やっぱりスキーは気持ちいいな~。2年ぶりでもちゃんと滑れました。
  45. 定願寺より大事なお知らせ 20210211 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/02/11 10:00
    2021年2月11日 定願寺門信徒各位 定願寺住職  楠 正知 定願寺より大事なお知らせ  平素は宗門・定願寺の護持、教化活動にご理解頂きありがとうございます。 皆様もご存じの通り新型コロナウイルスが全国で拡大し、大阪で … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/02/11/%e5%ae%9a%e9%a1%98%e5%af%ba%e3%82%88%e3%82%8a%e5%a4%a7%e4%ba%8b%e3%81%aa%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b%e3%80%8020210211/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  46. 間に2人入ると別人 | 住職雑記 | 2021/02/10 23:00
    渋谷にて試写会でドキュメンタリー映画『フィールズ・グッド・マン』を観る。アーティ...
  47. 『大門素麺』『古代越中の万葉料理』経沢信弘さん 春のあえのこと 供物・食材 20210209 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/10 17:04
    <p>あえのこと見学のついでに、経沢信弘さんが寄って行かれた。</p> <p>前においでたとき、経沢さんが出版なさった『大門素麺』(2019年4月 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%CB%BD%F1%CB%BC">桂書房</a>刊)を手に入れにくいといっていた、それを覚えておいでになり、『古代<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>の万葉料理』(2017年5月 同書房刊)と共にくださった。</p> <p>綺麗で、万葉・考古・英文にいたる幅広く深い内容。たとえば万葉の赤米の再現のために<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EF%BB%D2%C5%E7">種子島</a>宝満神社の赤米神事に足を運び、器を家持時代の遺跡発掘品から選ぶといったように、一品一品、一枚一枚がとてつもなく貴重なページになっている。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210210/20210210124308.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210210124308j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『古代<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>の万葉料理』、P4有澤善允氏「氷見海岸」。 </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210210/20210210124347.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210210124347j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210210/20210210124434.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210210124434j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>P44 </p> <p>宝住池Ⅴ遺跡は太閤山カントリークラブ地内遺跡群。P62~63</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210210/20210210124538.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210210124538j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> P46~47には「訳」。</p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%BE%EB%B8%A9">宮城県</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%F6%BC%D2">末社</a>で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E6%B3%F8">御釜</a>神社では、今でも毎年七月四日から三日間藻塩焼き神事が行われている。 </p> </blockquote> <p> とある。</p> <p>昨日(2月9日)、「塩釜の行方」「塩釜の行方と真浦 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>」の二本を書いており、引き続き<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>に出会うとは思わなかった。</p> <p>してみると、釜があったのは,<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%F6%BC%D2">末社</a>境内だったのだろうか?</p> <p>「藻塩」を代表例として選んだのは、来月13日(土)小木公民館で講義する柱の一つに藻塩~揚浜塩田を考えていることもある。しっかり勉強しよう。</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C8%BC%B2%C8%BB%FD">大伴家持</a>の春巡行の鵜飼について</strong>(同書、P78部分)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210210/20210210125654.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210210125654j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>大門素麺 0kado Somen</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210210/20210210130126.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210210130126j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%D7%C7%C8%BB%D4">砺波市</a>大門は身近だけど、さらに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%FD%C5%E7">蛸島</a>素麺、輪島素麺、おさよと粉ひき歌(麦屋節)など、さらに身近な世界が待っていた。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210210/20210210130325.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210210130325j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 経沢さんは大阪その後、ニューヨークで4年料理修業に出かけられ、帰国後「割烹まる十」店主として,広く深く活躍なさっておいでる。</p> <p><a href="https://www.amazon.co.jp/s?k=%E7%B5%8C%E6%B2%A2%E4%BF%A1%E5%BC%98&amp;__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&amp;ref=nb_sb_noss">Amazon.co.jp : 経沢信弘</a></p> <p> </p> <p><strong>あえのこと</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="北國新聞2月10日水・朝刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210210/20210210170951.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210210170951j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>2月10日水・朝刊</figcaption> </figure> <p> </p>
  48. 和か(やわらか) | ことば こころのはな | 2021/02/10 13:55
    「おはようございます」 「おはようございます。あら、今日も素敵なお洋服ね。春らし...
  49. 失礼をご容赦いただき | 住職雑記 | 2021/02/09 23:00
    夕方と夜にzoom会議のはしご。 先の会議はものづくり。後の会議に出るために、某...
  50. 「緊急事態宣言」期間延長に伴う 大阪教務所等の対応について(対応期間延長のお知らせ) | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/02/09 17:20
    このたび2月2日付にて、大阪、京都、兵庫に対し「緊急事態宣言」の期間が延長されたことを受け、教務所事務所等の対応期間を3月7日まで延長しますので、引き続きご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げ...
  51. 塩釜の行方 真浦 塩竈神社 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/09 14:43
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210209/20210209115601.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210209115601j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1月31日のブログに</p> <blockquote> <p>かつてこの地(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>真浦町)にあった塩釜が、仙台の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>境内に移されてあった。<br />その塩釜に出会ったのは偶然で、テニス部の鳥毛兄弟、同じ日置中出身の机谷・鴨谷ペアたちと仙台イン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A1%BC%A5%CF%A5%A4">ターハイ</a>に行った折、試合後、松島・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%F0%B4%E0%BB%FB">瑞巌寺</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>を見学した。その時、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>境内の目立つ所に、真浦にあった塩釜が仙台の地にあるいわれを書いた説明札と共に展示されていたのである。<br />数年前、当時の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>塩田村館長の横道さんが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>へ見に行ったのだが、見当たらなかったとのこと。なら、せめて写真を…と探すのだが見つからない。<br />塩釜が錆びるのは早く、引率したのは1990年(平成2年)で、もう31年も経っている。<br />やっぱり写真だけでも…だ。<br /> 〈追記〉<br />1990年(平成2年)8月6日撮影 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>の写真が見つかった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210209/20210209124046.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210209124046j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%BE%EB%B8%A9">宮城県</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>境内<br /><strong>説明板</strong><br />煎熬(せんごう)用平釜<br /> この釜は石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a> (揚浜式塩田)で 昔使われていたもので 濃い塩水(かん水)を煮て塩をとったものです。 <br /> とある。真浦も、真浦観光センターーホテルニューまうらーにも一言も触れていないが、ニューまうらの入り口で見たか、その頃には経緯をたどれたので、説明板に書いてあった、と記憶がかぶさっていたもののようだ。<br /> でも、写真が出てきてよかった。非常に大きな平釜である。すでに錆による劣化が進んでおり、下の方も崩れていく寸前のようだ。ーどうなったのだろう。</p> </blockquote> <p> 引き続き、「ホテルニューまうら」を知るため、次のメモを引用した。</p> <blockquote> <p>【メモ】ホテルニューまうら=1963(昭和38)年開業。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C5%B4%C6%BB">北陸鉄道</a>の子会社「真浦観光センター」が運営。地元食材を生かした「あえのこと料理」、「波の花」が見られる海岸近くのロケーションなどが人気を集めた。プロが選ぶ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CE%B9%B4%DB">日本旅館</a>100選に何度も入賞した。ピークの91年は年間6万5000人が利用。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%D6%A5%EB%CA%F8%B2%F5">バブル崩壊</a>や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B2%AD%C3%CF%BF%CC">能登沖地震</a>、ナホトカ号<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%C5%CC%FD">重油</a>流出事故などで客足が減り2000年12月廃業した。(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a>」2020年6月21日より) </p> </blockquote> <p> </p> <p>このメモの本文が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a>の次の記事である。</p> <blockquote> <p><strong>往時の姿 追憶誌で後世に </strong></p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>で38年営業 ホテルニューまうら</strong><br />2020年6月21日 05時00分 (6月21日 11時07分更新)<br /> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>真浦町で二〇〇〇(平成十二)年まで三十八年営業し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>観光ブームを支えた「ホテルニューまうら」の往時を紹介する追憶誌が完成した。ホテルOBらでつくる「まうら友の会」発行。全国から観光客が押し寄せた状況も分かる。編集した元社長の星場与一さん(88)=<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C7%BD%C5%D0%C4%AE">中能登町</a>西馬場=は「自分を育てていただいたホテルを後世に伝えたい。皆さんの協力で仕上がった」と感謝する。(室木泰彦)<br /> 開業当時、映画「忘却の花びら」で隣接する<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%D8%C5%E7%BB%D4">輪島市</a>曽々木海岸がロケ舞台となり<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ブームの契機に。曽々木と真浦間にトンネルも開通し、ホテルも奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の誘客を支えた。<br /> 星場さんは一九八九〜九八年に社長、その後二〇〇〇年まで取締役を務めた。施設改良、宿泊客に定置網の陸揚げ見学を楽しんでもらう企画、十年連続で修学旅行で訪れた愛知県立<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C2%BE%EB">安城</a>東高校との交流、防災研修など、ホテルの歩みを写真や新聞記事などで紹介している。<br /> 星場さんの社長時代は宿泊者数などの営業実績も掲載。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%D6%A5%EB%CA%F8%B2%F5">バブル崩壊</a>で観光客が減った厳しい現実もうかがえる。御陣乗太鼓演奏、団体客出迎えや新入社員歓迎式、改装工事、OB友の会(真志会)発会など写真も多数掲載。一八年に跡地にホテルを後世に伝える看板を設置したことも伝えている。<br /> 七〇〜九一年に支配人だった中井敏雄さん(78)=<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C2%F4%BB%D4">金沢市</a>上荒屋=は八〇年から手書きのミニ新聞を月一回発行した。毎月六百部で百七十五号まで発行。ホテルだけでなく<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>全体の観光情報も掲載し、全国の関係者に配布しホテルPRに貢献した。「東京や大阪、名古屋などに行くと新聞を作る人として顔パスだった。反響がうれしかった」と振り返る。中井さんは追憶誌に写真など貴重な資料を提供した。(以下略)</p> <p> </p> </blockquote> <p> </p> <p>記憶が頼りだけのブログ記事を元社長藤岡與一さんに送った。</p> <p>すると、翌日すぐにお電話があり、貴重な『追憶誌』と、観光センター(ホテルニューまうら)にあった塩釜の写真送って下さった。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>で、真浦にあった塩釜だ!と思ったのは、私は、「重要有形<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%CA%B8%B2%BD%BA%E2">民俗文化財</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の揚浜製塩用具」の調査員をしており、角花家の製塩技術指定にも関わり、塩釜を見る機会がかなりあった。</p> <p>その中でも、ニューまうらにあった釜は優品で深く記憶に刻まれていたのだった。</p> <p>「追憶誌」には、さらなる歴史が載っていた。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="平成5年9月28日 珍しい「塩釜」展示 新聞記事"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210209/20210209115532.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210209115532j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">平成5年9月28日 珍しい「塩釜」展示 新聞記事</figcaption> </figure> <p> </p> <p>この文を書くまで、昭和20年製造。26年まで真浦海岸で使用、平成5年ニュー真浦玄関右に展示。</p> <p>そして、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>へ。テニス部員と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の塩釜があることを知り、撮影。</p> <p>のはずだったが、仙台イン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A1%BC%A5%CF%A5%A4">ターハイ</a>は平成2年。</p> <p>その頃のホテルは、御陣乗太鼓の初めてのビデオを作り販売したり、利用客が6万人近くの最盛期のころだった。</p> <p>となれば、仙台にあったのは別なところからものになる。良く写真を比較してみると、やはり違うようだ。</p> <p>塩田地域に大きな平釜があり、そのうちの何点かが展示され、塩の歴史を語った。その例の塩釜たちだった、ということになる。</p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  52. 青空に白梅 | ことば こころのはな | 2021/02/09 11:53
    陽射しは暖かいけれど、空気は冷たい 何もはおらずに外に出たら 寒い 寒い これも...
  53. 塩釜の行方  | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/09 11:38
    <p>1月31日のブログに</p> <blockquote> <p>かつてこの地(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>真浦町)にあった塩釜が、仙台の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>境内に移されてあった。<br />その塩釜に出会ったのは偶然で、テニス部の鳥毛兄弟、同じ日置中出身の机谷・鴨谷ペアたちと仙台イン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A1%BC%A5%CF%A5%A4">ターハイ</a>に行った折、試合後、松島・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%F0%B4%E0%BB%FB">瑞巌寺</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>を見学した。その時、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>境内の目立つ所に、真浦にあった塩釜が仙台の地にあるいわれを書いた説明札と共に展示されていたのである。<br />数年前、当時の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>塩田村館長の横道さんが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>へ見に行ったのだが、見当たらなかったとのこと。なら、せめて写真を…と探すのだが見つからない。<br />塩釜が錆びるのは早く、引率したのは1990年(平成2年)で、もう31年も経っている。<br />やっぱり写真だけでも…だ。<br /> 〈追記〉<br />1990年(平成2年)8月6日撮影 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>の写真が見つかった。<br /><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210201/20210201092258.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210201092258j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></span><br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%BE%EB%B8%A9">宮城県</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>境内<br />説明板<br />煎熬(せんごう)用平釜<br /> この釜は石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a> (揚浜式塩田)で 昔使われていたもので 濃い塩水(かん水)を煮て塩をとったものです。 <br /> とある。真浦も、真浦観光センターーホテルニューまうらーにも一言も触れていないが、ニューまうらの入り口で見たか、その頃には経緯をたどれたので、説明板に書いてあった、と記憶がかぶさっていたもののようだ。<br /> でも、写真が出てきてよかった。非常に大きな平釜である。すでに錆による劣化が進んでおり、下の方も崩れていく寸前のようだ。ーどうなったのだろう。</p> </blockquote> <p> 引き続き、「ホテルニューまうら」を知るため、次のメモを引用した。</p> <blockquote> <p>【メモ】ホテルニューまうら=1963(昭和38)年開業。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C5%B4%C6%BB">北陸鉄道</a>の子会社「真浦観光センター」が運営。地元食材を生かした「あえのこと料理」、「波の花」が見られる海岸近くのロケーションなどが人気を集めた。プロが選ぶ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CE%B9%B4%DB">日本旅館</a>100選に何度も入賞した。ピークの91年は年間6万5000人が利用。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%D6%A5%EB%CA%F8%B2%F5">バブル崩壊</a>や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B2%AD%C3%CF%BF%CC">能登沖地震</a>、ナホトカ号<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%C5%CC%FD">重油</a>流出事故などで客足が減り2000年12月廃業した。(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a>」2020年6月21日より) </p> </blockquote> <p> </p> <p>このメモの本文が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a>の次の記事である。</p> <p><strong>往時の姿 追憶誌で後世に </strong></p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>で38年営業 ホテルニューまうら</strong><br />2020年6月21日 05時00分 (6月21日 11時07分更新)<br /> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>真浦町で二〇〇〇(平成十二)年まで三十八年営業し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>観光ブームを支えた「ホテルニューまうら」の往時を紹介する追憶誌が完成した。ホテルOBらでつくる「まうら友の会」発行。全国から観光客が押し寄せた状況も分かる。編集した元社長の星場与一さん(88)=<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C7%BD%C5%D0%C4%AE">中能登町</a>西馬場=は「自分を育てていただいたホテルを後世に伝えたい。皆さんの協力で仕上がった」と感謝する。(室木泰彦)<br /> 開業当時、映画「忘却の花びら」で隣接する<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%D8%C5%E7%BB%D4">輪島市</a>曽々木海岸がロケ舞台となり<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ブームの契機に。曽々木と真浦間にトンネルも開通し、ホテルも奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の誘客を支えた。<br /> 星場さんは一九八九〜九八年に社長、その後二〇〇〇年まで取締役を務めた。施設改良、宿泊客に定置網の陸揚げ見学を楽しんでもらう企画、十年連続で修学旅行で訪れた愛知県立<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C2%BE%EB">安城</a>東高校との交流、防災研修など、ホテルの歩みを写真や新聞記事などで紹介している。<br /> 星場さんの社長時代は宿泊者数などの営業実績も掲載。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%D6%A5%EB%CA%F8%B2%F5">バブル崩壊</a>で観光客が減った厳しい現実もうかがえる。御陣乗太鼓演奏、団体客出迎えや新入社員歓迎式、改装工事、OB友の会(真志会)発会など写真も多数掲載。一八年に跡地にホテルを後世に伝える看板を設置したことも伝えている。<br /> 七〇〜九一年に支配人だった中井敏雄さん(78)=<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C2%F4%BB%D4">金沢市</a>上荒屋=は八〇年から手書きのミニ新聞を月一回発行した。毎月六百部で百七十五号まで発行。ホテルだけでなく<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>全体の観光情報も掲載し、全国の関係者に配布しホテルPRに貢献した。「東京や大阪、名古屋などに行くと新聞を作る人として顔パスだった。反響がうれしかった」と振り返る。中井さんは追憶誌に写真など貴重な資料を提供した。(以下略)</p> <p> </p> <p>記憶が頼りだけのブログ記事を元社長藤岡與一さんに送った。</p> <p>翌日お電話があり、貴重な『』<br /> 藤岡直彦 平成3年6月17日73歳三ツ屋 1965昭和40年~昭和63年1988営業終了平成12年2000年12月1日する直前の4月6日取締役退任。</p>
  54. 節分 平太郎の熊野参詣 2-2 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/08 23:19
    <p> </p> <p>平太郎なにがしといふ庶民あり(御伝鈔・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>聖人伝絵『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BB%C5%B5">聖典</a>』P735)</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="大泉寺 2007年(平成19年)10月17日 宗教民俗学会の折撮影"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208195537.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208195537j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">大泉寺 2007年(平成19年)10月17日 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CC%B1%C2%AF%B3%D8%B2%F1">日本民俗学会</a>年会の折撮影</figcaption> </figure> <p> 大泉寺は浄土宗。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E5%BE%F2%B7%F3%BC%C2">九条兼実</a>の別邸花園院跡と伝わり、御<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%AE%BA%E1">流罪</a>前の聖人夫婦生活地伝承地でもある。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人伝承地見学があり木場明志氏が案内してくれた。</p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%CE%A6">常陸</a>の国那珂西郡大部郷に、平太郎なにがし…<br />或時、件の平太郎、庶務に駆られて熊野へ詣すべしとて…聖人へまいりたるに…</p> <p> </p> <p>はたして無爲に参着の夜、件の男夢に告げて云わく、<br />証誠殿の扉をおしひらきて衣冠ただしき俗人仰せられて云わく、<br />汝何ぞ我を忽緒して汚穢不淨にして参詣するや、と。<br />爾時かの俗人に対座して聖人忽爾として見え給う</p> </blockquote> <p> その縁のお寺があり、その場面の摺物があることに驚いた。しかも浄土宗寺院。</p> <p>もっとも驚いたのは「平太郎という庶民」がズーーと抱いてきた「庶民」像と違っていたこと。</p> <p> 左の人物が「衣冠正しき俗人」=<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A7%CC%EE%B8%A2%B8%BD">熊野権現</a>、右が「忽爾として見え給う」た<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A7%CC%EE%B8%A2%B8%BD">熊野権現</a>(本地<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C7%A1%CD%E8">阿弥陀如来</a>)に合掌する人物が、いうまでもなく「平太郎」。</p> <p>御伝鈔には,汝・平太郎よ、どうして我・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A7%CC%EE%BF%C0">熊野神</a>を忽緒(コッショ,軽んずる)して、汚穢不淨のまま,参詣するのか、と</p> <p>なので、2-1にも書いたように,中学2年から長年ー庶民・汚穢不淨ーイメージで平太郎を想像していたので、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%F5%CC%EE%C6%E2%BE%A2%C6%AC">浅野内匠頭</a>みたいと思ってしまった。</p> <p> </p> <p>この場面を摺った一枚で次のものもある。</p> <p>飯田町の藩政期には船主だったであろう家に伝わったいたもの。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208204729.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208204729j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p>祖師聖人、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A7%CC%EE%B8%A2%B8%BD">熊野権現</a>、平太郎は平太良維房とあり、左に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D0%C7%A1">覚如</a>上人真筆、花押とある凝ったものだ。</p> <p>この話の元である「御伝鈔」は永仁3年(1295)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D0%C7%A1">覚如</a>上人が染筆なさったのだから、そのことを教えてくれる貴重な参詣土産である。</p> <p> 平太郞開基の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%CA%A9">真仏</a>寺には聖人お田植え歌が伝わっており、その摺り物も同家の掛け軸仕立てに。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208211141.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208211141j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>私は二十四輩へいけないままにいることもあって、</p> <p>すぐ近くのおうちのご先祖が、このような旅をなさっていたことに、自失の念にかられるーいつかは、いつまでもいつか</p> <p> </p> <p><strong>節分 平太郞</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208211948.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208211948j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%E6%B8%B6%C0%BE%C4%E1">井原西鶴</a>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%A4%B4%D6%B6%BB%BB%BB%CD%D1">世間胸算用</a>』「三 平太郞殿」に</p> <blockquote> <p>毎年、節分の夜は,<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>寺に、定まって,平太郞殿の事讃談せらるるなり。聞くたびに、替らぬ事ながら、殊勝なる義なれば、老若男女ともに参詣多し。 </p> </blockquote> <p>とある。</p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C4%E1">西鶴</a>の元禄期は、寺檀制度の確立、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%EB%C8%CD%C2%CE%C0%A9">幕藩体制</a>が安定してきた時期で、仏教各宗は、様々な活動を展開した。その中で女性<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>の代表としての『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>千代尼』を書いたが、その頃に,節分には「平太郞殿事讃談」お説教がおこなわれていたというのである。</p> <p> </p> <p>このことに詳しいのは、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>史料集成 第十巻 法論と庶民教化』(柏原祐泉編・解題、同朋社出版)で、そこには「節分夜平太郞縁起法談/空慧・浄慧」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%CE%A6">常陸</a>平太郞事跡談/無染衲子」の談義本2編が納められており、平太郞と節分や身近な行事を通し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>教義がわかりやすく語られている。</p> <p><strong>節分夜平太郞縁起法談</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="節分夜平太郞縁起法談(『真宗史料集成第十巻』P740)"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208215309.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208215309j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">節分夜平太郞縁起法談(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>史料集成第十巻』P740)</figcaption> </figure> <p>節分の夜は熬大豆を撒き,鰯の頭を窓に刺す。都人は~とあって、</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の行人は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%A1%CD%E8">如来</a>・聖人をおもんぜらる…。とある。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同742頁"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208215833.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208215833j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同742頁</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="節分目指して熊野参詣に向かう平太郞が、その途次、都においでる聖人に心得を聞きに寄る場面。P742"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208220029.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208220029j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"></figcaption> </figure> <p><span style="font-size: 15.2px; text-align: center;">節分目指して熊野参詣に向かう平太郞が、その途次、都においでる聖人に心得を聞きに寄る場面。領主佐竹季賢は熊野信心の人で、宿願があって毎年年越しの夜熊野で年籠りしており、その供として平太郞が熊野にむかうことになったことが分かる。P742</span></p> <p> </p> <p> 同書は</p> <p>願乗寺<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%A2%CE%A7%BB%D5">権律師</a>浄恵述 宝暦十三年(1763)癸未稔臘月写之 釈恵実</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%CE%A6">常陸</a>平太郞事跡談</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="常陸 平太郞事跡談より。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208221412.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208221412j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%CE%A6">常陸</a> 平太郞事跡談より。</figcaption> </figure> <p>事跡談は全漢字にふりがなを振り、上のような挿絵10葉、全5段の相当長い平太郞話である。</p> <p>寛政8年(1796)丙<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%A4%C7%AF">辰年</a>中冬 安堂寺町5丁目 田村九兵衛</p> <p>大坂書肆 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CE%EF%B6%B6">高麗橋</a>壱丁目 北尾善七</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>史料集成は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%D4%BD%B8%B0%D1%B0%F7">編集委員</a>に柏原祐泉・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%CD%D5%BE%E8%CE%B4">千葉乗隆</a>・平松礼三・森龍吉氏を擁し、昭和49年~57年、全13巻の質量ともに最高・最大の史料集で、図書館などで読むことが出来るが、あるとき、『新編平太郞一代記』なる書籍がヨコノ書店という書店から出版されていることを知った。</p> <p> そのうちヨコノ書店が金沢にある書店名だと知り、2008年に探し歩いた。</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2013%2F03%2F19%2F223316" title="ヨコノ書店 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2013/03/19/223316">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p>ようやく書店にたどり着き、一冊だけ残っていた『新釈平太郞一代記全』 を購入することが出来た。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『新釈平太郞一代記 全』上32丁、下33丁。この書は136ページ。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208225130.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208225130j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『新釈平太郞一代記 全』上32丁、下33丁。この書は136ページ。</figcaption> </figure> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208225411.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208225411j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%CE%A6">常陸</a>平太郞事跡談』のさし絵と同じ。全10葉とも同じ場面で、事跡談と一代記と名は別だが同話だった。</p> <p> </p> <p><strong>『新編平太郞一代記』序文</strong></p> <blockquote> <p>信心定まる時、往生定まる」(御文一の15意訳)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の肝要は、この一語に定まり、三経一論の深意もこの一句につきる。<br /> 然るに、この信心は当流では他宗と相異なり、他力廻向に依るものであって、我等凡夫の起こすところの信心ではないとする。(御文二の13)<br /> 佛智の起こすところの信心であれば、菩薩聖者もはからう事が出来ない。いかにいわんや我等未代の凡夫をや。<br /> ここに宿善の同行に仏智を授け、他力信心のすがたを伝える<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%A1%CD%E8">如来</a>の代官。即ち善智識との出遇が、後生の一大事として切望されるのである。<br /> 実に「平太郎」は,開山聖人より口決面授を許された善智識の一人であった。(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>伝絵下の5)<br /> 又、当山に残る法脉の文中に<br />「我祖御歳五十九寛喜三辛酉年(一二三一)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%CE%A6%B9%F1">常陸国</a>那荷西郡大部郷庶民平太郎朝盛へ利他教化之流脉を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%EA%C5%C1">相伝</a>し給ふ。是れ在家へ御<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%EA%C5%C1">相伝</a>之先立達なり」云々と明記されている。</p> <p>家佛教として御同行の数も多いが、彼自信に関する記述は数少ない。今往古から伝わる古書が発見され、ヨコノ書店より出版の運びとなった事は我等「一念帰命」の同行信者の無上の喜びである。内容の真偽は後日の課題として「平太郎」をより知ることに依って日々の法喜法悦の増上縁ともなればと思う次第です。<br /> 一読を願いつつも、いつか古文体調でなく何人も理解できる現代文であって欲しいと思う。<br />     選択寺   釈興隆<br />平成十五年六月初旬</p> <p> </p> </blockquote> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208225740.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208225740j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210208/20210208225912.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210208225912j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><br /><br /></p> <p>節分に平太郞話を語っているお寺がないのだろうか?と折々に聞いたことがある。</p> <p>ともあれ、加越能の地では聞いたことがない。</p> <p>そのうち、平太郞が歩いたラインのお寺ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%A2%B2%EC%B8%A9">滋賀県</a>だったと思うがーでは、結構聞法の場が開かれている、と聞いた。</p> <p>が、記録も取ってなければ,いつごろ誰に聞いた話だったのかも判然としない。</p> <p>メモぐらい取って、そのうちとしておいたのだと思うのだが…</p> <p>はっきりしているのは。平太郞話は人気があったということ、</p> <p>熊野 修験・フダ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%AF">ラク</a>渡海・西国33観音など、人気がある熊野。</p> <p>その熊野と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>(平太郞)が、御伝鈔に確固とした位置を占めているのに、おやりになる方がいなかったようだ。</p> <p> </p> <p>※→桜井徳太郎氏 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>茂を悼むー後ほど</p> <p><br /><br />コロナ騒ぎで大人数の集まりは無理なのだから、本堂に数名程度でいいから、小さな聞法の場を…。</p> <p>多く、広くー数多くの常説教場のように…考えるべきだろう。<br /><br /></p> <p>その、一つの話の素材として、節分には平太郞</p> <p>もっと展開すれば、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>王国とい、われているところに山車やキリコの出る盛大な祭りが多いのかを、「</p> <p>熊野平太郞」話は、解きほぐすカギとなる一話でもあるのだ…。</p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  55. 久しぶりに定価で観た | 住職雑記 | 2021/02/08 23:00
    立川の映画館の窓口でちょっと戸惑った。60歳割引がない。私がこのところ行っている...
  56. | ことば こころのはな | 2021/02/08 12:14
    昨日は暖かった。 今日はまた寒くなった。 けれど、気温は同じだったとしても、体感...
  57. アメブロから一部noteに移行します | 新・坊主日記 | 2021/02/08 04:35
    承久の太上法皇は  本師源空を帰敬しき  釈門儒林みなともに  ひとしく真宗に悟入せり|Shu Izuhara 泉原 秀|note 阿弥陀経 BOM DIA !!! http://jodoshinshu.com.br/budismo-terra-pura/sutra-de-amida-curto/ おはようございます。経も一緒にお参りをいたしましょう Bom dia a todos! Vamos juntos Rito matinal!!! 阿弥陀経の他朝のお参りのテキストやリ…note.co
  58. 春近し | 住職雑記 | 2021/02/07 23:00
    暖かい。暖かさに誘われて、物置の整理。暖かさは本当に偉大である。こんなに腰の重い...
  59. 気滅を滅す | ことば こころのはな | 2021/02/07 18:06
    「どうして私は報われないんだろう・・・」 と思うとき、 「これだけのことをしたの...
  60. 役どころは | 住職雑記 | 2021/02/06 23:00
    午後、某労働組合の研究会の一コマに30分枠のスピーカーとして呼ばれる。与えられた...
  61. 源空勢至と示現し  あるいは弥陀と顕現す  上皇·群臣尊敬し  京夷庶民欽仰す | 新・坊主日記 | 2021/02/06 19:28
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。Bom dia a todos! 正信偈 Shoshingue p29https://www.dropbox.com/s/yzwfdyup0v4wxn8/gongyo-shu.pdf?dl=0 ↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓https://goo.gl/iVwh85登録してベルマークをクリックしてくれると毎日のYouTubeをアップしたらお知らせ
  62. 節分 平太郎の熊野参詣 2-1 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/06 16:05
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210205/20210205082730.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210205082730j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E2%BB%D2%B4%E4">獅子岩</a>(熊野市井戸町)1993年(平成5年)6月13日、日本宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>会研修旅行の折撮影<br /> </p> <p>私が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>の晩、御伝鈔を拝読したのは、中学2年の時がはじめてだったーと記憶している。</p> <p>父は準備その他で忙しく、国文の大学生だった叔父・前田暁賢がつきっきりで読み方を指導してくれたはずだ。</p> <p> </p> <p>御伝鈔は巻子本の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%EC%BB%FA%C2%CE">旧字体</a>。</p> <p>「ほんがんじのしんらんーでんげのげー」と声を張り上げ、まもなく、レ点、一・二点、上下点のある箇所が出てくる。</p> <p>あっちいったり、こっちいったりしなければならない。</p> <p>漢文を習ったのは高2の時だから、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%A4%C3%CE%A4%C8%A4%CE%C1%F8%B6%F8">未知との遭遇</a>。</p> <p>本番では、返りきれなかった…らしい。</p> <p>60年前のことなのに、外陣で叔父が見守り聞いている。ぼくは首を上げ下げしながら、いったりきたりしていて、どこへ戻っていいか分からなくなり、近くの字を読む。</p> <p>おじさんの姿を目で追う。</p> <p>ちょっとがっかりしながらもーうんうんとうなづいている叔父がいる。</p> <p> </p> <p>というシーンが、一枚の写真のようにインプットされているのだ。</p> <p>その部分ー</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="金子大榮編『原典校註 真宗聖典 全』昭和61年第2版第5刷"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210205/20210205063120.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210205063120j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">金子大榮編『原典校註 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BB%C5%B5">聖典</a> 全』昭和61年第2版第5刷より</figcaption> </figure> <p>※あまり読みが遠くに飛ぶ箇所があるので,上下点があるのだと思い込んでいたが、一・二点ばかりだ。</p> <p> </p> <p><strong>平太郎熊野参詣</strong> </p> <p>ある年から下巻全部を拝読するようになり、</p> <p>「だいごだーん、ショオーニン、故郷に帰りて往事をおもふに、年々歳々(せいせい)夢のごとし、幻のごとし。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B9%B0%C2">長安</a>洛陽の栖(すみか)も跡をとどむるに嬾(ものうし)とて、扶風馮翊(ふふうふよく)ところどころに移住したまひき…</p> <p>其比、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%CE%A6%B9%F1">常陸国</a>那珂西郡大部郷に平太郎なにがしといふ庶民あり。…」</p> <p>からはじまる、御伝鈔で最も長い段落、「熊野参詣」文の、所々がこころにとどまり、たとえば、</p> <p>「平太郎という庶民あり」とか「平太郎熊野に参詣す。道の作法とりわき整ふる儀なし」とかの文言が、フーッと浮かぶようになった。</p> <p> </p> <p><strong>熊野の思い出</strong> </p> <p>熊野といえば、</p> <p>住職資格を取得するための方法が見つけられず、大谷大の院に進んで資格を取れればと考えた。もちろん大谷の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%BB%CB">国史</a>卒の父が導き出した方法だった。</p> <p>入学後まもなく、院で指導教官になって下さった<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>先生が、「ロクサイネンブツ」を調べて見ないか?とおっしゃった。</p> <p>時は大学闘争さなか、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%A9%B3%D8%B6%E2">奨学金</a>頼みでなんとか単位を取ろうと籍をおかせてもらった立場の者としては、あちこち調査に出かけないと調べることが出来ないという、ロクサイネンブツ調べの汽車賃捻出方法を思いつくわけも無く、</p> <p>単位が取れたら<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>へ帰り、出来れば教員になって家を継ぐことしか考えていないころに、初めて聞く「ロクサイ念仏」なんて世界に生涯関わっていけるはずがない、と、その話は霧散したのだけれど、</p> <p>院に入ったといういうことは、何かテーマーを持って発表しながら深めていかなければならないということを、友・広岡君に教えられ、探し当てたテーマーが「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%CA%D7%BE%E5%BF%CD">一遍上人</a>」だった。</p> <p>いうまでもなく、中学生の頃から親しんできた「平太郎の熊野参詣」があったから、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%CA%D7%BE%E5%BF%CD">一遍上人</a>の熊野夢告・熊野成道にたりついたのだが、聖絵はじめ,研究室の文献だけでなんとかなりそうだ、が強く後押しもした。</p> <p> </p> <p>ゼミ(この言葉は知らなかった)内での最初の発表に、先生が質問なさる。</p> <p>何か答えたのだろう。</p> <p>「僕は(君が)言わんとしていることは分かったが、皆に分かるように説明しなさい…」とおっしゃり、用があるのでと席をはずされた。</p> <p>あとで、広岡君が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%CA%D7%BE%E5%BF%CD">一遍上人</a>はやり尽くされている先生の専門だ、そこで何かしようたって(無理無理)…とアド<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%A4%A5%B9">バイス</a>してくれ、一遍と熊野を知ろうからはすぐ別れたが、熊野はベースとして流れて続けていった…。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="ゼミ発表レジメー本文はなく、こちらだけ残っていた。1969年(昭和44年)"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210206/20210206155218.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210206155218j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">ゼミ発表レジメー本文はなく、こちらだけ残っていた。1969年(昭和44年)。8頁</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="たぶん2回目のゼミ発表レジメ。全10頁"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210206/20210206155444.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210206155444j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">たぶん2回目のゼミ発表レジメ。全10頁</figcaption> </figure> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="五来重『熊野詣 三山信仰と文化』昭和42年(1967)11月淡交社刊。大学近くの書店で購入したはずで、先生のサイン本だった。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210206/20210206163757.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210206163757j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>先生『熊野詣 三山信仰と文化』昭和42年(1967)11月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B8%B8%F2%BC%D2">淡交社</a>刊。大学近くの書店で購入したはずで、先生のサイン入り本だった。</figcaption> </figure> <p><br /><strong>その他の「熊野」</strong><br /> </p> <p>○梅津次郎先生の博士取得記念だったか?何かの記念のお返し品が、(熊野の神勅)「烏」の栓抜きで,さすがだなぁと思ったこと。</p> <p>長年ビールの栓抜きで使わせて頂いたが紛失…。</p> <p>○新婚旅行で、初めて熊野(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E1%C3%D2">那智</a>)へ行ったこと、</p> <p>○教員2年目にカウンセラーという生徒指導内に出来た新たな係を兼ねたとき、カラスに苦しむ相談者が最初で、その生徒のカラス観をちょっと変え得たこと、</p> <p>○カラスに関する文を、新聞文化欄に書いたことなどなど</p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>(夕刊)昭和57年(1982)3月13日</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="カラスを図案化した熊野牛王宝印(熊野那智神社"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210206/20210206150556.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210206150556j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">カラスを図案化した熊野牛王宝印(熊野<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E1%C3%D2">那智</a>神社</figcaption> </figure> <blockquote> <p><span style="font-size: 150%;"><strong>かつては太陽の象徴</strong></span><br /><strong>不吉なイメージだけ残る</strong><br /> 夕刊文化 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>(夕刊)昭和57年3月13日(土)</p> <p><br /> 鴨川・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B1%BB%EA%C0%EE">鳳至川</a>・鵜飼川など、鳥の名が冠せられている川が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>などにある。瑞鳥(ずいちょう)もしくは神事にかかわる鳥の名であることが多い。<br /> ところが、十人十人が嫌いだというカラスの名を用いた烏川が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>の外浦に流れ込んでいる。</p> <p> </p> <p> 小<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%B5%A4%A4%A4%B3%A4%ED">さいころ</a>から気になっていたので少し調べてみたが、この川には次のような話が伝えられている。<br /> 文治元年(一一八五年)、当地へ流された平大納言時忠が安住の地を探し求めていた折、カラスが現れて川の上流へ導いた。時忠が身につけていた守り刀「烏丸」の精の案内だとして、居を川上の平地に定めたという。山中へ分け入っていく栄華を極めた一族の末路を想像するのは哀れであるが、ここに出てくるカラスは、嫌われもののカラスとは趣を異にする。</p> <p> </p> <p><strong>牧歌的な付き合い</strong><br /> カラスは知能が高いと言われ、人家付近に住む。いわば私たちの生活圏に属しており、最も身近な鳥の一つである。それだけに子供の世界では「カラスはカアカア<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%AA%BB%B0%CF%BA">勘三郎</a>」と語りかけ、夕焼け空に向かって飛ぶ姿に「カラスカラス勘左衛門手前の家が焼けるから、はよ行って水かけろ」と、はやし立てるなど、牧歌的な付き合いがあった。</p> <p> 中<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%BC%B1%AB">村雨</a>紅作詞の「タ焼け小焼」や野口雨情の「七つの子」も、愛すべき鳥となっている。</p> <p> その一方で「カラス鳴きが悪い」との、言葉に見られるように死を予兆する不吉な烏という強烈な印象があるのも事実である。<br /> 所によっては、止まった家、尾の向いた方にととらえているところもあり、精神衛生上はなはだ具合が悪い。<br /> カラスを嫌いと感じるのは、つまるところ、死と重なるイメージに帰着するのであろう。</p> <p> </p> <p> 時忠を道案内するカラスは、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%BD%F1%B5%AA">日本書紀</a>』に載るカラスの性格と酷似している。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%AA%BD%A3">紀州</a>熊野の山中で難儀していた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%C9%F0%C5%B7%B9%C4">神武天皇</a>に、祖神<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%BE%C8%C2%E7%BF%C0">天照大神</a>が八咫(やた)鳥を遣わし、大和へ案内したという話である。</p> <p> それも道理で、平家は伊勢から出、太陽神(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%BE%C8%C2%E7%BF%C0">天照大神</a>)の使いであるカラスを神勅としていた。</p> <p> </p> <p><strong>恩を返す孝鳥</strong><br /> 平家の守り神・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B7%C5%E7">厳島</a>の弥山(みせん)では、今も夫婦烏によるトリバミノ神事を行っている。この神事は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%AE%C5%C4%BF%C0%B5%DC">熱田神宮</a>の摂社や天照の父母<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%B6%A5%CA%A5%AE">イザナギ</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%B6%A5%CA%A5%DF">イザナミ</a>をまつる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%A2%B2%EC%B8%A9">滋賀県</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%BF%B2%EC%C2%E7%BC%D2">多賀大社</a>でも執行され、正月行事の烏勧請(かんじょう)とともに、非日常の世界ては現在もカラスを霊鳥と意識している地方が少なくない。<br /> 古墳壁画の天長船や、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CE%B4%BB%FB">法隆寺</a>玉虫<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%DF%BB%D2">厨子</a>(ずし)宮殿背面の太陽図に、三本足のカラスが描かれたように、さらに太陽を金烏(きんう)と呼んだように、古くカラスは太陽の象徴だったのである。</p> <p> その源をたずねると、中国での母神・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B2%A6%CA%EC">西王母</a>に食を運び、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C1%A4%CE%C9%F0%C4%EB">漢の武帝</a>に仙桃を届けるなど、神仙思想の中で活躍した鳥でもあった。朝、姿を現し、夕日に向かって消えていく姿が太陽と結びついたらしい。<br /> また「和名抄」では、親鳥に養われた恩を返す孝鳥とされる。これらの性格が生き続けていたなら、現在のカラスに対する思いは、よほど様子を異にしていたに違いない。</p> <p> </p> <p> 三本足のカラスは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A7%CC%EE%BF%C0">熊野神</a>の神勅として、熊野信仰の隆盛と共に全国に喧伝されていく。津々浦々に配られた牛玉(ごおう)宝印札には、カラスの図案化したものが用いられ,起請文・誓紙としても利用された。<br /> 地方<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EE%BE%EC">霊場</a>でも牛玉宝印を出しており、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>のものも熊野系と見られるが、誓紙に用いられたのは圧倒的に熊野牛玉であった。「長家図録集」(石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%EA%BF%E5%C4%AE">穴水町</a>歴史民俗資料館刊)に載る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B0%C5%C4%CD%F8%C4%B9">前田利長</a>、長元連の二つの血判起請文も熊野のものである。</p> <p> 江戸期には遊女が盛んに利用し、誓いを反故(ほご)にすると三羽の神勅ガラスが死ぬと信じられた。<br /> 隠野(こもりの)を恵味し、霊魂の赴く地、六道世界があるとされた熊野との結びつき、これがカラスと死の連想を強めていく。</p> <p> </p> <p><strong>鳴き声で占い</strong><br /> 一方、伊勢(太陽神)と熊野信仰との分離、平家滅亡の中で「カラスは過去<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A2%CD%DB%BB%D5">陰陽師</a>で吉凶を占う」(「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CF%A1">日蓮</a>遺文)とされていた世界は、「神書には鳥も神の使者といへり、いとあやしきことなり」(「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%CB%C0%AA%C2%E7%BF%C0">伊勢大神</a>宮神異記」)と意識されるようになる。<br /> さらにおそらくカうスの鳴き声で占いをしたであろう<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A7%CC%EE%C8%E6%B5%D6%C6%F4">熊野比丘尼</a>(びくに)が 江戸中期には絵解きもせず、歌たけで国々を巡り歩くに至ったことや、山伏の地方定着化、明治初年の還俗(げんぞく)の過程で、カラス=霊鳥の物語りは、すっかり忘れ去られていった。そして、不吉さのみが今なお,日常の俗信の中に残されているのである。</p> </blockquote> <p> </p> <p>○この他、一度、間違いなく熊野方面に行っている。</p> <p>花の窟、徐福の何か,<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%AA%B0%CB%C8%BE%C5%E7">紀伊半島</a>を走る電車ーこの三つが記憶にあるのだが、場面は電車のみ。花の窟,徐福は何か見たはずだ、と言葉だけの記憶。なかば夢に近い記憶しかない。</p> <p> </p> <p>この機会に、いろいろ探してみた。</p> <p>写真ファイルが見つかった。訪ねたのは、1993年(平成5年)6月13日。</p> <p>日本宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>会研修旅行だったのだ。</p> <p> </p> <p>その時の通信・案内文</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210206/20210206153426.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210206153426j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>別の当日日程表を見ると、</p> <p>史跡見学は午前8時半~12時。</p> <p>午後1時から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%B5%DC%BB%D4">新宮市</a>福祉センターで5時まで研究発表。6時から新宮ユーアイホテルというところで懇親会・泊。</p> <p>駆け足見学だったのだ。</p> <p>学会も合同だと幹部さんたちは学会交流に力が入り、普段学会に顔出ししていない私などの回りにいる人は、おそらく初対面の人たちだったのだろう。その年は、住職2年目の46歳。記憶が衰えている年ではなく、寺の生活に馴染むために,ただただ忙しい頃だった。</p> <p> </p> <p>と、ようやくうっすらとした記憶しか無い理由が理解できた。</p> <p> </p> <p>と、ここまで書いて、本題の「平太郎の熊野参詣」、節分の平太郎話お説教に-。 </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  63. 木を隠すなら森のなか | ことば こころのはな | 2021/02/06 11:53
    失言や、不倫や、ハラスメントや・・・ 週刊誌がスクープをすると、 失言を、不倫を...
  64. 某寺にて | 住職雑記 | 2021/02/05 23:00
    某寺院の門前に、「立ち入り、お参り お断りします」と刻まれた石碑が建っていた。「...
  65. 本師源空の本地をば  世俗のひとびとあひつたへ  綽和尚と称せしめ  あるいは善導としめしけり | 新・坊主日記 | 2021/02/05 19:27
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。 Bom dia a todos! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinit
  66. 仏教青年会連盟・大谷青年会合同研修会 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/02/05 10:06
    去る1月25日(月)に、仏青連盟と大谷青年会合同で、zoom上にて研修会を開催いたしました。 ご講師に21組西願寺住職の藤原勲先生をお迎えし、「教団の仕組み 〜いまさら聞けないお寺の事務」というテーマでお話し...
  67. 姉妹店にて | 住職雑記 | 2021/02/04 23:59
    東京、春一番。記録では一番早い。 昼食を神保町のエチオピアでとった。このところは...
  68. 伝説の風景ー節分ー鬼(猿鬼・鬼神)、能登を訪れた人々ー常田(ときた)富士男さん | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/02/02 23:42
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202211149.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202211149j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>日本の鬼門守護神(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%DC%BF%DC%BF%C0%BC%D2">須須神社</a>)が鎮座する<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%CC%A8">珠洲岬</a>近くの浜を歩く<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%C5%C4%C9%D9%BB%CE%C3%CB">常田富士男</a>さんと「加賀・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>むかし話の旅」(金沢ケーブルテレ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D3%A5%CD%A5%C3%A5%C8">ビネット</a>で放映)の進行役・アナウンサー増林さん。</p> <p>後ろの山が山伏山。山頂に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%DC%BF%DC%BF%C0%BC%D2">須須神社</a>奥宮がある。右端は三崎の一つ相崎。2013年(平成25年)3月14日撮影。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202212248.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202212248j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>常田さんは「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DE%A4%F3%A4%AC%C6%FC%CB%DC%C0%CE%A4%D0%A4%CA%A4%B7">まんが日本昔ばなし</a>」で、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D4%B8%B6%B1%D9%BB%D2">市原悦子</a>さんとともにナレーションを担当なさった。加賀・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>むかしばなしの時は、まず伝説の地を訪ね、そして語るというやり方で、常田さんは一話ごとに、むかしばなしの里を歩けることを本当に楽しんでおられた。</p> <p>月に2話ずつ、1年間で24話の放送で、私は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の14話分を選び、文を書き、いわゆる監修・担当した(1話長太狢・輪島は別の方が担当)。七尾でイベントもあったので、常田さんは少なくとも15回は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>各地をたずね、歩かれたことになる。</p> <p>常田さんはその年から5年後の2018年、7月18日にご逝去・81歳。</p> <p> </p> <p> </p> <p>今日は節分。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の「鬼」譚の一部を訪ねよう。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>には、猿鬼、鬼<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%C2%E7">神大</a>王、鬼界ヶ島など、鬼譚がゴロゴロある。</p> <p>まず</p> <p><strong>七尾の猿鬼</strong>から。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『常田富士男さんと歩く 加賀・能登むかし話の旅』DVD&読み聞かせブック・北國新聞社・平成26年(2014)刊より"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202220020.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202220020j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%C5%C4%C9%D9%BB%CE%C3%CB">常田富士男</a>さんと歩く 加賀・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>むかし話の旅』DVD&読み聞かせブック・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE26%C7%AF">平成26年</a>(2014)刊より</figcaption> </figure> <p>猿鬼が恐れていたシュケンとは、大きな白犬だった。元々は、白犬を連れた修験者のことだったと思う。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同誌。43頁"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202220624.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202220624j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同誌。43頁</figcaption> </figure> <p> </p> <p><strong>2013年(平成25年)8月23日(金)</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202220912.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202220912j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>4月から放送が始まっていたのだが、私の住む<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>は、ケーブルテレビの系列が違っていたため、作品を見たのはこの9月15日が初めて…。感動した。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202215136.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202215136j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202221905.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202221905j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><br /><br /></p> <p> </p> <p><strong>旧鳳至郡の猿鬼  柳田・輪島</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210204/20210204050729.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210204050729j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BB%BA%C3%CF%BE%C3">地産地消</a>文化情報誌 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a> 2015年冬号 18号』 より。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="猿鬼の水遊び・足跡(藤の瀬甌穴群)2013年2月5日撮影"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202223628.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202223628j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">猿鬼の水遊び・足跡(藤の瀬甌穴群)2013年2月5日撮影</figcaption> </figure> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E6%A1%BC%A5%C8%A5%D4%A5%A2">ユートピア</a>半島に生きる「鬼」ー鬼とは?</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202231107.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202231107j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>平成10年1998年2月1日(日)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>朝刊・文化<br /><strong>本文</strong></p> <blockquote> <p> 時に激しく、時にヒタヒタと波打ち寄せる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>には、数多くの寄り神・仏の伝承がある。<br />神仏が寄り来たるのは、そこに姿を留め人々を救いたいという願いがあってのことである。<br />もともと日本列島そのものが、東方<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%A4%BE%E5">海上</a>の理想郷であった。<br />中でも<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%D8%BE%D7%CA%CC%CC%BF">磐衝別命</a>〈いわつくわけのみこと〉と犬が協力して作り上げた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E6%A1%BC%A5%C8%A5%D4%A5%A2">ユートピア</a>であり、<br />鹿島は神仙思想・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%C0%A4">常世</a>〈とこよ〉と通じ合う地と意識されていた。<br />このことを物語るように七尾の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B3%A4%B4%DF">東海岸</a>には、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%C0%A4">常世</a>と往来したといわれる少彦名〈すくなひこな〉神を祀る聖地が多い。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B1%D1%E0">鳳凰</a>が訪れた鳳至(ふげし)には、極楽国に生息するという鵠〈こう〉の巣(高洲)山もあり、<br />真珠が採れた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>(すず)は、輝きに満ち溢れる珠の洲であった。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>はまさに古代人の憧れの凝縮した半島であり、<br />神仏の目当てとなるべき地だったのである。</p> <p> </p> <p>一方、艮〈うしとら=東北〉の方角が魔軍の侵入口(鬼門)であると考えていた古代の都人は、自らを守るために幾重にも防御ラインをひいた。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%B0%C2%B5%FE">平安京</a>の北にあたる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C8%C7%CF%BB%B3">鞍馬山</a>には最強の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%FB%BA%BB%CC%E7%C5%B7">毘沙門天</a>が置かれ、艮には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%E6%B1%C3%BB%B3">比叡山</a>。<br />白山・気多〈けた〉・須須〈すず〉の神々がその延長線上にあった。</p> <p><br />強訴の度ごとに都に向かった白山神、<br />将軍地蔵と結びついた気多神、<br />第六魔天軍と戦った<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の神軍は、<br />さまざまな性格を有する神が担った一つの役割である。</p> <p> </p> <p>鬼とは、人が感得できないオン(隠)であり、元々はかなり広い概念であった。<br />それが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F1%B3%DA">舞楽</a>・散楽の面と結びついて赤鬼・青鬼のイメージとなっていく。<br />鬼門があるならば、門の外には鬼が住む。</p> <p> </p> <p>都中心の見方からは、<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E6%A1%BC%A5%C8%A5%D4%A5%A2">ユートピア</a>越の国は、ままならぬ「鬼」の跋扈(ばっこ)する地とされたのである。</p> <p> </p> <p>確かに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>では、重要な節目に当たる日に、アマメハギや太鼓の打ち手などが、面を付けたり顔に海草を垂らして鬼となる。</p> <p> </p> <p>しかし、これらの鬼は、なまけ続けているものを奮い立たせたり、敵からムラを守ったという伝説を生み出している。</p> <p> </p> <p>忌み嫌われるどころか、感謝の対象だったのである。<br />そういえば、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C0%A3%CB%A1%BB%D5">一寸法師</a>も桃太郎も、鬼の試練を乗り越えて、はじめて一人前の若者となった。</p> <p> </p> <p>さらに猛々(たけだけ)しい猿である猿鬼(猿神)も各地に生きている。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C5%E7">能登島</a>伊夜比咩〈いやひめ〉神社に伝わる「猿鬼の角」は伝承のみとなっているようだが、<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%B0%E8%B6%BD%A4%B7">地域興し</a>に貢献している当目の猿鬼(柳田村)、<br />彼岸の「お出で祭り」に撒かれる猿の尻をかたどった桃団子(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0%BB%D4">羽咋市</a>酒井町<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%B5%C8%BF%C0%BC%D2">日吉神社</a>)、<br />旧卯月申の日の行事であった青柏祭(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a>)、<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C6%FC%C0%B5%B7%EE">七日正月</a>行事である片岩の叩き堂行事(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>)などは、<br />神や修験者によって退治された猿が祀り上げられ、節目ごとに思い出されている。</p> <p> </p> <p>名こそ鬼であるが、こうしてみると、<br />先祖が子孫の住む地を訪れるとされる来訪神の性格と極めてよく似ている。<br />しかも、それらは荒々しさゆえに、大地を刺激し、エネルギーをみなぎらせ豊穣をも約束していくのである。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E6%A1%BC%A5%C8%A5%D4%A5%A2">ユートピア</a>に生きた鬼は、当目の鬼のように最後は救われていく。<br />有名な吉崎の嫁脅しも。孤独の深さに耐えきれず、鬼となった老婆に救いの声が届いたというエピソードである。</p> <p> </p> <p>理想郷とは、こうした誰もが抱えている鬼を認め、うなずき合える世界<br />-すなわち共生世界-なのだろう。</p> <p> </p> <p>ならば、「鬼は外…」は、<br />どこかに私の鬼門を育てようとする「こころ」との、決別の一歩を宣言する叫びでなければなるまい。</p> </blockquote> <p> 平成10年(1998)2月1日(日曜日)-節分の2日前-</p> <p> </p> <p>節分-<strong>あまめはぎ</strong> ※皆月7日年越しの日のアマメハギ</p> <p><strong>伝統行事が育てるもの-2004年(平成16年)2月10日(火)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>夕刊「舞台」</strong></p> <blockquote> <p>石川県には六件(※2004年当時)の国指定<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%B7%C1%CA%B8%B2%BD%BA%E2">無形文化財</a>がある。<br />その最初の行事が「アマメハギ」で、<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C1%B0%C4%AE">門前町</a>五十洲〈いぎす〉は1月2日、<br />同町皆月は6日、<br />内浦町秋吉〈あきよし〉は節分と、<br />それぞれ重要な節目の前の晩に行われる。</p> <p>私が出会わせていただいたのは、皆月の「アマメハギ」である。<br />これは異形の面を着けた一行が、<br />「なまけもんはおらんかー」と<br />「アマメ(囲炉裏〈いろり〉に当たりすぎると出来る一種の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%E3%B2%B9%A4%E4%A4%B1%A4%C9">低温やけど</a>)」を剥〈は〉いで回る行事で、<br />猛々〈たけだけ〉しいアマメハギに、<br />幼子〈おさなご〉は怯〈おび〉え、怖〈こわ〉がって泣きじゃくる。</p> <p> </p> <p>「アマメハギ」と子供、の印象が強いせいか、<br />意外に思ったのだが、<br />子供がいるいないに関わらず、一行は全戸を訪れる。</p> <p> </p> <p>「どうやって入りゃいいげ…」<br />「今晩はー、アマメ来たぞー!、かな」<br />「ほんで、いいがでないか」。</p> <p> </p> <p>形相〈ぎょうそう〉はいかめしいものの、<br />高校生を中心とした面々のやりとりは優しい。</p> <p>迎える家では、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%B7%CE%E9">儀礼</a>の後で、たいてい<br />「○○君けエー、でこーなって」と言葉掛〈が〉けをなさる。<br />「アマメ」に威〈おど〉かされて涙ぐんでいた子供が、今、<br />「ハグ」役割を担〈にな〉う少年になって回っている。</p> <p>そのことに対する喜びと、<br />寒空〈さむぞら〉の元を歩む、みんなの宝物である少年に対する慈〈いつく〉しみが、<br />つい言葉掛けとなって溢〈あふ〉れ出る、<br />といった趣だ。</p> <p> </p> <p>一行の足下〈あしもと〉を皎々〈こうこう〉と照らす冬の月が、<br />心の中にも灯りを点〈とも〉し出す。</p> <p>伝統行事の持つ世界は、限りなく深い。</p> </blockquote> <p> </p> <p> </p> <p><strong>地鳴り</strong> 読者投稿欄 2004年2月17日(火)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210202/20210202233826.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210202233826j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>一週間後に、この記事を読んで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a>の福田久也さん(68才)という方が、読者欄に<br />「繰り返し読み、…心温かくなった。」と投稿なされた。</p> <p> </p> <p>※最初の写真 プロはこう撮る。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210203/20210203075411.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210203075411j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>でも、どこの海岸なのか分からない。</p> <p>データーとして写真から読み取れるようにする(ー私)、</p> <p>二人の語りから物語り・伝説を楽しむ(ー放送)、それぞれの目的の違いがよくあらわれている、なぁー!</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210203/20210203075513.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210203075513j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の「むかし話の旅」先は</p> <p>第1巻 1,3,5,7,9、11、12話</p> <p>第2巻 13、15、17、19、21、22、23話。</p> <p> </p> <p>→節分行事の様々と「平太郎」談義は、ブログ「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のうみやまぶし」で。</p>
  69. 緊急事態宣言延長 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/02/02 20:39
    定願寺門徒の皆様お元気でしょうか。住職です。 2月7日までと思っていた緊急事態宣言が延長となりました。 去年の年末、そして年始から今日に至るまでほとんどの月参りのがストップとなり、大変心苦しく思っています。 コロナの脅威 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/02/02/%e7%b7%8a%e6%80%a5%e4%ba%8b%e6%85%8b%e5%ae%a3%e8%a8%80%e5%bb%b6%e9%95%b7/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  70. 源空三五のよはひにて  無常のことわりさとりつつ  厭離の素懐をあらはして  菩提のみちにぞいら | 新・坊主日記 | 2021/02/02 19:31
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。 Bom dia a todos! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinit
  71. 曠劫多生のあひだにも  出離の強縁しらざりき  本師源空いまさずは  このたびむなしくすぎなまし | 新・坊主日記 | 2021/02/01 19:32
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。 Bom dia a todos! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinit
  72. 鬼がでた | 遊煩悩林 | 2021/02/01 15:35
    <p>おかげさまで2日間の報恩講をお勤めさせていただきました。</p> <p>窓を開けた寒中の本堂で「承元の法難」を描いたDVDをプロジェクターで視聴。</p> <p>鎌倉時代の「承元の法難」と、昭和の戦争を照らし合わせて、体制権力に従わないものを排除するような思考は、今なお私たちの姿を言い表しているのではないかという問いかけ。</p> <p style="text-align: right;">承元の法難 <a title="" href="https://ja.wikipedia.org/wiki/承元の法難" target="_blank" rel="noopener">https://ja.wikipedia.org/wiki/承元の法難</a></p> <p>昨夜の大河ドラマ。</p> <p>信長に対する本願寺の徹底抗戦。</p> <p>時代は変われども、法難によって島流しにされた親鸞の魂が宿っているようにも感じます。</p> <p>「承元の法難」は上皇によるものですが、石山合戦の本願寺の背後にも帝の影が見え隠れする。</p> <p>本願寺も帝とは、良くも悪くも切っても切れない縁がある。</p> <p>親鸞の魂というのは、決して自分を罪人にしたことの恨みではない。</p> <p>罪人の扱いを受けて同じく島流しに遭った師。</p> <p>念仏停止の宗教弾圧に屈せず念仏を称え、1番、2番、3番、4番と順番に殺されていった仲間。</p> <p>なにより「なむあみだぶつ」を許さぬという横暴。念仏を否定することに対する魂。</p> <p>体制権力に従わないものを排除するというのは、いつも為政者の統治機構の構造上の欠陥としてある。</p> <p>万民平等の名号を仮に民衆から奪ったとしても、「信じるな」という号令は無意味だ。</p> <p>だから、だからなのだ。だからお念仏「しか」ないのだ。お念仏は「名号」なのだ。</p> <p> </p> <p>コロナ禍での報恩講。参拝者にはマスクの着用をお願いした。</p> <p>マスクを着用できない人を寺は追い出すことなどできるのだろうか・・・</p> <p>生老病死を名号が貫いていくのだ。念仏が病者を除することなどない。</p> <p>陽性者に病者のレッテルを貼りつけ、罰則まで付加しようとする我ら。</p> <p>「感染症法」の改正案に関して宗派声明が発表されていたのでお知らせまで。</p> <p><a title="" href="http://www.higashihonganji.or.jp/news/declaration/41957/" target="_blank" rel="noopener">http://www.higashihonganji.or.jp/news/declaration/41957/</a></p> <p> </p> <p>さて、報恩講のお浚いをしながら、</p> <p style="padding-left: 40px;">鬼は内にいる</p> <p style="padding-left: 40px;">福はいつも外にある</p> <p>と、今月の掲示板に記しました。</p> <p>毎年恒例、節分、如月の私感です。</p> <p>いつかは幸せになりたい、と未来の幸福を求める限り、幸せは強迫観念に過ぎない。</p> <p>誰かのように幸せになりたいというのであれば、幸せは永遠に他者にしかない。</p> <p>鬼が内にいるというのは、鬼嫁が家にいるのではない。</p> <p>鬼のような姑がいるのでもない。</p> <p>マスクをしなければお参りさせないという鬼。</p> <p>従わなければ罰則を課すという鬼。</p> <p>鬼に準ずる鬼。</p> <p>私の中に鬼が巣食うている。</p> <p>先日、朝ドラ「おちょやん」の”史上最悪の父親”を演じるトータス松本さんが、自分の演じる「テルヲ」という役について、</p> <p style="padding-left: 40px;">自分の中にテルヲ的な部分がある</p> <p>と言っていたのを聞いて、ある講義録の言葉を思い出した。</p> <p style="padding-left: 40px;">私たち一人ひとりの中に天皇がいる。</p> <p style="padding-left: 40px;">赤坂真理「朝日新聞」2019.10.8</p> <p>代替わりにおける万歳三唱の一体感。</p> <p>だけど、天皇や皇族の方々を人間として尊敬しているのかどうか。</p> <p>主権者である国民が「象徴」を問うことなく、それを天皇に押し付けて万歳万歳と唱えている。</p> <p>天皇家の苦悩に与することもなく。</p> <p>鬼が内にいるとはこのことでなかろうか。善鬼神・悪鬼神ともに我らだ。</p> <p>「きさらぎ」を漢字に変換したら、「鬼」が出る。</p> <p>如月は「建国」の月という。現天皇の誕生月でもある。</p> <p>念仏停止の院宣が発せられた月。安楽、住蓮が処刑された月である。</p> <p>処刑から50年後の2月9日に親鸞聖人が表された和讃をコロナ禍の報恩講で唱和しつつ、</p> <p>いま、私は一体どのような国と社会を生きているのか。</p> <p>どのような国を生きたいのか。</p> <p>歩みがはっきりしないまま問われつづけています。</p>
  73. 2021年2月 | 慶運山 長源寺 | 2021/02/01 10:00
    生活はすべて 次の2つから成り立っている したいけれどできない できるけどしたくない ゲーテ   「次の世代は無理ちゃうか」 仏事や地域の伝統行事などでよく耳にします。 今の所その「次の世代」は私とほぼ同世代で […]
  74. 能登を知るー逢坂~真浦~曽々木 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/31 21:31
    <p><strong>逢坂隧道口付近からの夕景ー輪島方面</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="逢坂隧道真浦口付近から 2020年11月28日午後5時17分"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210131/20210131191113.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210131191113j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">逢坂隧道真浦口付近から 2020年11月28日午後5時17分撮影</figcaption> </figure> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210131/20210131192919.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210131192919j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><strong>先端部・ツバ崎・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a>の夕日</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210131/20210131191747.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210131191747j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『歳月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>』御園直太郎写真集1993年刊。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a>の落日―この写真を用いたポスターが1962年国際観光ポスターコンクールで最優秀賞を受賞した。実際の撮影は1962年(昭和37年)3月。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B2%AD%C3%CF%BF%CC">能登沖地震</a>以降、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a>のある岬(ツバ崎)は立ち入りが禁止されている。</p> <p> </p> <p><strong>逢坂越えの三トンネル</strong></p> <p>真浦と仁江を結ぶ逢坂・ツバ崎には、珍しい三つのトンネルがある。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210131/20210131193412.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210131193412j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>左先端から先が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a>。その右とさらに右(距離は70メートル程)に現在用いられているトンネルがある。</p> <p>写真は現トンネル左、昔の道と交錯するあたりから撮った。</p> <p>ところで、旧トンネルが完成したのは昭和30年のことで、それまではくびれたように見える峠道をたどった。そこにもトンネルがあるという。</p> <p> </p> <blockquote> <p> この一㎞程の峠道は、近世の紀行文には必ず難所と記され、いつからか逢坂と表記するようになったが、元々這ってしか進めないところから這坂の字が当てられていた。<br /> 紀行文には朴坂・宝坂とも記されている。<br /> 特に仁江側が急坂で、人々は「仁江の這坂」といって恐れていた。<br /> 途中に三昧跡があり、急坂を下って国道と交わる地点に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%BB%C3%CF%C2%A2">六地蔵</a>石像が安置されている。</p> <p> </p> </blockquote> <p> </p> <p>(『歴史の道調査報告書 第4集 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>街道Ⅱ』石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B0%E9%B0%D1%B0%F7%B2%F1">教育委員会</a> 平成9<br />年刊 この部分西山執筆)</p> <p> </p> <p><strong>真浦 岩山 </strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210131/20210131200318.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210131200318j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B4%A5%B8%A5%E9">ゴジラ</a>岩やトトロ岩、鯖尾岩、亀岩、ジジ岩、ババ岩、窓岩などー</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の外浦海岸は、岩の芸術にあふれている。</p> <p>ほとんど知られていないと思うのだが、内陸部にも、岩の織りなす珍しい光景がある。</p> <p>ここなどは、森あるいは田園感覚で足を踏み入れるとびっくりする。</p> <p>2010年(平成22年)11月10日撮影。</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%E5%B8%B6%BD%A9%BA%F9%BB%D2">水原秋桜子</a>句碑</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210131/20210131202230.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210131202230j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>この岩が、日本一大きな句碑だと言われている「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%E5%B8%B6%BD%A9%BA%F9%BB%D2">水原秋桜子</a>」の句碑。岩の右手前に2人の人が見上げている。2013年(平成25年)5月23日撮影。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210131/20210131201948.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210131201948j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>碑文は「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E7%CD%E8">雁来</a>るや <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%BE%CC">岩礁</a>ならふ(並ぶ) 七ツ島 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A9%BA%F9">秋桜</a>子」</p> <p> ※メモ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A9%BA%F9">秋桜</a>子 馬酔木(あしび)主宰。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%D0%BF%CD%B6%A8%B2%F1">俳人協会</a>会長。句碑・昭和42年」10月8日。句は昭和31年(1956年)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>吟行時の時の句(『<span style="font-size: 80%;">石川県立飯田高等学校百周年記念誌</span> 伝説とロマンの里』319頁』)</p> <p> </p> <p>真浦には地球の歴史を物語るという鯖尾岩、付近から切り取ってこの碑の下の広場に移した帆立岩があり、</p> <p>かつてこの地にあった塩釜が、仙台の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>境内に移されてあった。</p> <p>その塩釜に出会ったのは偶然で、テニス部の鳥毛兄弟、同じ日置中出身の机谷・鴨谷ペアたちと仙台イン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A1%BC%A5%CF%A5%A4">ターハイ</a>に行った折、試合後、松島・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%F0%B4%E0%BB%FB">瑞巌寺</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>を見学した。その時、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>境内の目立つ所に、真浦にあった塩釜が仙台の地にあるいわれを書いた説明札と共に展示されていたのである。</p> <p>数年前、当時の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>塩田村館長の横道さんが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>へ見に行ったのだが、見当たらなかったとのこと。なら、せめて写真を…と探すのだが見つからない。</p> <p>塩釜が錆びるのは早く、引率したのは1990年(平成2年)で、もう31年も経っている。</p> <p>やっぱり写真だけでも…だ。</p> <p> </p> <p>真浦由来の重要なものにもう一つ。「ドウブネ」(一艘。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%CF%C6%B0%E4%C0%D7">真脇遺跡</a>公園、遠島山の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>郷土館・民俗館前に保存されているドウブネは国指定になっている)がある。</p> <p> </p> <p><strong>曽々木海岸・窓岩</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210131/20210131205738.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210131205738j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>岩の窓は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C1%B7%D0">義経</a>の放った矢によってだとか、この海岸、岩は岩倉観音同所の白山神が、まずこの岩へやってきて岩倉山に鎮座したとか、時代ごとに折り重なるほどの伝説がある。</p> <p> </p> <p>それで、曽々木は置いておいて、</p> <p>『歴史の道調査報告書 第4集 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>街道Ⅱ』の真浦部分補足。</p> <blockquote> <p> 浜道は、上道に登る地点より、さらに二八〇m先で国道と分かれ右に入る。<br />一四〇m先の山腹に海月庵があり、地滑り時に当地に残った数戸の内の一軒と伝承し、寛文一〇年(一六七〇)の村御印や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C2%C0%AF">安政</a>二年(一八五五)の真浦村飛脚札を所<br />蔵、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>七年(「八三六)には宝田敬が『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%BD%A3">能州</a>日暦』を著すおりに泊まった南家、御塩蔵跡地、真浦の草分けで明治六年に退転した<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%C0%B5">天正</a>期扶持百姓の刀祢家など<br />が軒を並べていた。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>十七作物名薬師の一つである浜上薬師も刀祢家上の台地にあったと推測される。<br />浜道は、現在逢坂燧道口で国道と交わるが、昭和三〇年に現隧道より七〇mツバ崎寄りの旧隧道が完成するまでは峠道をたどった。<br />峠へは、井上商店横を右に折れてすぐ左折し、若子祭りを伝える真浦<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%BB%B3%BF%C0%BC%D2">白山神社</a>の東下を通って神社後方の道に出、さらに一四〇m西の地点から峠越えをした。<br />上道もジョウノコシへ向かう道を左に折れ、神社西上から同じところに出た。<br />浜からは四二〇m奥になる。<br />この一㎞程の峠道は、近世の紀行文には必ず難所と記され、いつからか逢坂と表記するようになったが、元々這ってしか進めないところから這坂の字が当てられていた。<br />紀行文には朴坂・宝坂とも記されている。<br />特に仁江側が急坂で、人々は「仁江の這坂」といって恐れていた。<br />途中に三昧跡があり、急坂を下って国道と交わる地点に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%BB%C3%CF%C2%A2">六地蔵</a>石像が安置されている。</p> </blockquote> <p> <strong>〈追記〉</strong></p> <p>1990年(平成2年)8月6日撮影 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>の写真が見つかった。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="宮城県塩竈神社境内"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210201/20210201092258.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210201092258j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%BE%EB%B8%A9">宮城県</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F6%E3%DE%BF%C0%BC%D2">塩竈神社</a>境内</figcaption> </figure> <p><strong>説明板</strong></p> <blockquote> <p>煎熬(せんごう)用平釜</p> <p> この釜は石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a> (揚浜式塩田)で 昔使われていたもので 濃い塩水(かん水)を煮て塩をとったものです。 </p> </blockquote> <p> とある。真浦も、真浦観光センターーホテルニューまうらーにも一言も触れていないが、ニューまうらの入り口で見たか、その頃には経緯をたどれたので、説明板に書いてあった、と記憶がかぶさっていたもののようだ。</p> <p> でも、写真が出てきてよかった。非常に大きな平釜である。すでに錆による劣化が進んでおり、下の方も崩れていく寸前のようだ。ーどうなったのだろう。</p> <p><span style="color: #000000; font-family: 'Hiragino Kaku Gothic Pro', メイリオ, Meiryo, Osaka, 'MS Pゴシック', 'MS PGothic', sans-serif; font-size: 12px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f2f3f5; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">【メモ】</span><span style="background-repeat: no-repeat; box-sizing: inherit; padding: 0px; margin: 0px; font-weight: bolder; color: #000000; font-family: 'Hiragino Kaku Gothic Pro', メイリオ, Meiryo, Osaka, 'MS Pゴシック', 'MS PGothic', sans-serif; font-size: 12px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;">ホテルニューまうら</span><span style="color: #000000; font-family: 'Hiragino Kaku Gothic Pro', メイリオ, Meiryo, Osaka, 'MS Pゴシック', 'MS PGothic', sans-serif; font-size: 12px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f2f3f5; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">=1963(昭和38)年開業。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C5%B4%C6%BB">北陸鉄道</a>の子会社「真浦観光センター」が運営。地元食材を生かした「あえのこと料理」、「波の花」が見られる海岸近くのロケーションなどが人気を集めた。プロが選ぶ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CE%B9%B4%DB">日本旅館</a>100選に何度も入賞した。ピークの91年は年間6万5000人が利用。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%D6%A5%EB%CA%F8%B2%F5">バブル崩壊</a>や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B2%AD%C3%CF%BF%CC">能登沖地震</a>、ナホトカ号<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%C5%CC%FD">重油</a>流出事故などで客足が減り2000年12月廃業した。(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a>」2020年6月21日より)</span></p> <p> </p>
  75. 善導・源信すすむとも  本師源空ひろめずは  片州濁世のともがらは  いかでか真宗をさとらまし | 新・坊主日記 | 2021/01/31 19:19
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 Bom dia a todos! 正信偈 Shoshingue p29https://www.dropbox.com/s/yzwfdyup0v4wxn8/gongyo-shu.pdf?dl=0 ↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓https://goo.gl/iVwh85登録してベルマークをクリックしてくれると毎日のYouTubeをアップしたらお知らせが届きます。 (10
  76. 2021年 同朋学習会のご案内 | 慶運山 長源寺 | 2021/01/31 15:27
    今年も同朋学習会を開催いたします。 「仏説無量寿経」について、瓜生崇師(東近江市玄照寺住職)のお話を聞かせていただきます。 参加費として年間6,000円(6月まで受付)または1 回 1,000 円程度のご協力をいただいて […]
  77. 20、とも同行の順拝・たび 「宗祖聖人御旧跡巡拝」㉑―豊四郎順拝100~104 文化六年-1809 越中 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/30 17:00
    <p>100  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>新川郡金屋村 永井山浄永寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210127/20210127153337.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210127153337j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>    <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>新川郡金屋村</p> <p>  高祖聖人御旧跡</p> <p>    永井山浄永寺[丸印]</p> <p>  霊宝縁起略之</p> <p>   巳四月五日   役僧[角印]</p> <p> </p> <p>101 新川郡三日市 辻徳法寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210127/20210127170326.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210127170326j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>新川郡三日市</p> <p> 高祖聖人御舊跡</p> <p> 巳四月七日  辻徳法寺 ※以下印形省略</p> <p> </p> <p>102 新川郡濱經田村 高龍山勝福寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210127/20210127203013.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210127203013j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>    <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>新川郡濱經田村</p> <p>二十四輩高龍山勝福寺</p> <p> 御直弟正信上人之開基</p> <p> 霊寶品目畧于此</p> <p>  月 日   役僧</p> <p> </p> <p>103 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6%C8%AC%C8%F8">越中八尾</a> 桐野山聞名寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210127/20210127205100.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210127205100j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>    <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6%C8%AC%C8%F8">越中八尾</a></p> <p>       桐野山聞名寺</p> <p> 覺如上人御取立開基飛源願智坊</p> <p> 霊寶数多武持寄附等略之</p> <p>  巳四月十七日  當番 </p> <p>           浄圓寺</p> <p> </p> <p>104 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>富山 舘定山 極生寺</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210127/20210127212940.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210127212940j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 醍醐帝勅願所   <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>富山</p> <p>      舘定山 極性寺</p> <p> 宗祖聖人   御舊跡</p> <p> 霊宝縁起如諸傳記也</p> <p>   月 日   當番 </p> <p>               役僧 </p> <p> </p> <p><br />    </p>
  78. 能登を訪れた人々ー原田信男さん | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/30 11:51
    <p>今朝(2021年1月30日)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>朝刊・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%C0%BC%BF%CD%B8%EC">天声人語</a>に原田信男さんの『「共食」の社会史』説が載っていた。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="今朝の記事なので、さわりだけ"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130123054.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130123054j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">今朝の記事なので、さわりだけ</figcaption> </figure> <p> </p> <p>原田さんのお名前は、このところ、あちこちで目にするが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>へも来ておいでる。</p> <p> </p> <p>辞典・書籍刊行の下書きのように使っているこのブログで確かめると、</p> <p>おいでたのは2011年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE23%C7%AF">平成23年</a>)2月28日のことだった。</p> <p> </p> <p>あの時、同じ明治大<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>系のためだと思うのだが、親しかった斎藤弘美ー<a href="http://www.yuen-net.com/about/company.html">ゆう・えんについて | 会社概要 (yuen-net.com)</a>ーさんが、久しぶりに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>に来ることになっており、その時、彼女の先輩であるご夫婦が共に、当地においでになり、翌日懐かしの地を巡る予定だったのである。<a href="http://www.yuen-net.com/about/company.html"> </a></p> <p>ちょうど10年経つのだ。記憶はあいまいなのだが、斎藤さんはインフルエンザに感染したかで来ることが出来ず、初対面のご夫婦と夕食を共にし、専門をうかがったのである。</p> <p>ブログでは、そこのところを</p> <blockquote> <p>原田信男さんは、斎藤さんからは、日本の食文化を体系的に研究なさっておられる方だと聞いていたのだが、お話を伺っていると、中世村落史がご専門とのこと…。<br />それで、昨年末で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CC%B1%C2%AF%B3%D8%B2%F1">日本民俗学会</a>も退会し、ボーとしている頭ではあるが、翌日回るコースがある程度イメージできた。<br />今、あらためて斎藤さんの専攻を見ると日本村落史となっている。知らんかった。 </p> </blockquote> <p>と書いている。今これを書きながら 斎藤さんの専門が「日本村落史」?と驚いている。学界で知り合った頃は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/Fm%C5%EC%B5%FE">Fm東京</a>で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%DE%BB%E7%C5%AF%CC%E9">筑紫哲也</a>氏と対談番組をやっていて、ハーイあなたの斎藤弘美でーす。とマイクに向かって呼びかけておいでたというのだから、</p> <p>村落のどまんなかにいる私としては、「日本村落史」 と斎藤さんがつながらなかったとしても、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%B9%A4%CA%A4%EB%A4%AB%A4%CA">宜なるかな</a>ーであろう。</p> <p>翌、3月1日(火)、次の集落と田光景をご案内した。</p> <p> </p> <blockquote> <p>午前9時から3時間半ほどで<br />若山荘の広栗・岩坂・鈴内・経念・古蔵・火宮田中家(あえのこと執行家)・大坊・上黒丸(黒丸家)・八太郎峠・吉ケ池<br />大谷町外山・仲谷内・作ヶ平・森吉・大谷・○長橋(台地田)・馬緤・(大谷)・仁江・○真浦(棚田)・<br />上町野庄の○曽々木(ドウブネ)・○佐野・小間生・桐畑・大町泥木・西方寺(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼窯)・石尾谷内・鵜飼・飯田<br />を案内した。<br />○は、この時期にはまず行くこともない所なので、私もシャッターを切ったのだが、佐野まできたところでカメラに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%AD%B2%B1%C7%DE%C2%CE">記憶媒体</a>のCF(コンパクト・フラッシュ)を入れていないことに気づき、撮れたのは次の2カ所のみ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130105133.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130105133j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%D8%C5%E7%BB%D4">輪島市</a>町野町佐野。宝<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>近くの集落。おしはら祭りがある。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130105209.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130105209j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>平兼基発願の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C8%CC%BC%E3%B7%D0">大般若経</a>が奉納された八幡寺、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C8%BC%B2%C8%BB%FD">大伴家持</a>伝説のある町野町東。 </p> </blockquote> <p><strong>原田信男氏から頂いた御著書</strong> </p> <blockquote> <p>7日、原田氏から2冊の本と「網野史学をいかに継承するか」と題する論のコピーが届いた。史学継承論は名文で論点もわかりやすい。</p> <p>それに頂いた本がタイトル<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AB%A4%E9%A4%B7">からし</a>て興味深い。<br /><br /><strong>『中世の村のかたちと暮らし』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D1%C0%EE%C1%AA%BD%F1">角川選書</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130105524.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130105524j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>地形・景観・暮らしをキーワードに、近世へと移行する中世の村の実態を立体的に描く。</p> <p> </p> <p><strong>『歴史の中の米と肉ー食物と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%B9%C4">天皇</a>・差別ー』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2%A5%E9%A5%A4%A5%D6%A5%E9%A5%EA%A1%BC">平凡社ライブラリー</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130105456.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130105456j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>ジャンル日本史・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a></p> </blockquote> <p> <strong>当時のプロフィール</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130105905.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130105905j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>宝<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>にもっとも近い集落・佐野の田とおしはら祭り</strong> </p> <p>おしはら祭りの写真は、2003年3月3日調査時のもの。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="おしはら祭り たたきー七きばり 11時過ぎ。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130113847.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130113847j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">おしはら祭り たたきー七きばり 11時過ぎ。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="供物"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130114319.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130114319j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">供物</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="毘沙門・四天王前"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130114250.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130114250j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">毘沙門・四天王前</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="毘沙門天・四天王"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130122904.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130122904j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%FB%BA%BB%CC%E7%C5%B7">毘沙門天</a>・四天王</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="佐野獅子"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130114409.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130114409j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">佐野の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E2%BB%D2%C6%AC">獅子頭</a></figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="佐野集落。 原田さんを案内したときはさらに奥、棚田が見渡せるところまで行った。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130114345.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130114345j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">佐野集落。 原田さんを案内したときはさらに奥、棚田が見渡せるところまで行った。</figcaption> </figure> <p><strong>行事内容</strong>については</p> <p>『石川県祭り・行事調査事業報告書 石川の祭り・行事』「(九)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%D8%C5%E7%BB%D4">輪島市</a>町野町佐野のおしはら祭り(執筆・楠知之)」(平成11年3月石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B0%E9%B0%D1%B0%F7%B2%F1">教育委員会</a>刊)、</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のくに-半島の風土と歴史ー』「幸を供えるームラのドウゴ(執筆・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>」(2003年7月7日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>刊)など。</p>
  79. センバツ | お気楽極楽日記 | 2021/01/29 21:41
     センバツの出場校が決定しました。中京大中京高には昨春のくやしさをぶつけて、ぜひ全国制覇を!でも、そのまえに何とかコロナを抑えて、無事に開催してほしいです。
  80. あゆみ通信 VOL.144 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/29 18:50
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第144号(2021年2月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼「経」というは経なり。経よく...
  81. 「聖典講座(真宗学)」のご案内 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/28 14:54
    教区教化委員会研修・講座部では、今年も「聖典講座(真宗学)」を開催しています。 第1回・2021年1月21日(木)終了しました。 第2回・2021年2月18日(木) 第3回・2021年3月18日(木) 第4回...
  82. プロフィル | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/27 09:50
    <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>(にしやま さとし)</p> <p>1947年 石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>飯田町生<br />1969年 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%C5%B2%AC%C2%E7%B3%D8">静岡大学</a>卒業<br />1972年 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>大学院<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%BB%CE">修士</a>課程(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A9%B6%B5%CA%B8%B2%BD">仏教文化</a>)修了<br />1972年~1991年 石川県高等学校教員(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>工業、宇出津、飯田)<br />1991年~<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a> 西勝寺住職<br />1996年~2004年 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>立<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼資料館館長<br />1999年~2002年 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教区副議長<br />2002年~2005年 同議長<br />2002年~2015年 加能民俗の会副会長<br />2007年~2020年 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>仏教会会長<br />現在</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>西勝寺(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教区第10組)住職</p> <p>(財)石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E4%C2%A2%CA%B8%B2%BD%BA%E2">埋蔵文化財</a>センター<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%BE%B5%C4%B0%F7">評議員</a></p> <p>日本宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>会委員</p> <p>927-1214 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>飯田町14-71</p> <p><br />【編著書】</p> <p>○『とも同行の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化』2020(令和2)年6月10日 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6">臥龍</a>文庫</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20200603/20200603185342.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20200603185342j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>初版第2刷 2020年7月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a><br /><a href="https://pub.hozokan.co.jp/book/b547601.html">とも同行の真宗文化 - 法藏館 (hozokan.co.jp)</a></p> <p> </p> <p>○『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a> 千代尼』</p> <p>[<span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20181118195651" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20181118/20181118195651.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20181118195651j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a> 千代尼』2018(平成30)年1月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%E9%B6%B4%DB">法藏館</a></p> <p>2018年2月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>初版第2刷</p> <p><a href="https://pub.hozokan.co.jp/book/b523856.html">妙好人 千代尼 - 法藏館 (hozokan.co.jp)</a></p> <p><a href="https://www.amazon.co.jp/%E5%A6%99%E5%A5%BD%E4%BA%BA-%E5%8D%83%E4%BB%A3%E5%B0%BC-%E8%A5%BF%E5%B1%B1-%E9%83%B7%E5%8F%B2/dp/4831887684/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&amp;dchild=1&amp;keywords=%E5%A6%99%E5%A5%BD%E4%BA%BA%E5%8D%83%E4%BB%A3%E5%B0%BC&amp;qid=1608037804&amp;sr=8-1">妙好人 千代尼 | 郷史, 西山 |本 | 通販 | Amazon</a></p> <p> </p> <p>○『写真アルバム 昭和の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a>』<br />[<span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20140709220457" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20140709/20140709220457.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20140709220457j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span></p> <p>『写真アルバム 昭和の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a>』]2014(平成26)年7月10日、いき出版</p> <p> </p> <p>○『加賀・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>むかし話の旅』<br />[<span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20140610165944" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20140610/20140610165944.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20140610165944j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />2014(平成26)年</p> <p> </p> <p>○『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の揚浜塩田』</p> <p><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017200954" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017200954.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017200954j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />編著『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の揚浜塩田』奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>塩田村。<br />2013(平成25)年3月30日。178ページ。</p> <p> </p> <p> ○『伝説とロマンの里ー石川県立飯田高等学校百周年記念誌ー』</p> <p><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017201000" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017201000.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017201000j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />著『伝説とロマンの里ー石川県立飯田高等学校百周年記念誌ー』<br />2012年(平成24)年10月21日。326ページ。<br />[<a href="http://image02.wiki.livedoor.jp/i/i/iidamati/55b8de28cea7435f.JPG:title=">http://image02.wiki.livedoor.jp/i/i/iidamati/55b8de28cea7435f.JPG:title=</a>『伝説とロマンの里』</p> <p> </p> <p>○『暮らしの歳時記』</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210201/20210201173122.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210201173122j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><br /><br /></p> <p>編著『暮らしの歳時記』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a><br />2012(平成24)年8月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>。石川編380ページ。</p> <p> </p> <p>○『石川・富山 ふるさとの民話』</p> <p><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131024200253" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131024/20131024200253.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131024200253j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />『石川・富山 ふるさとの民話』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a><br />2011(平成23)年11月10日。162ページ。<br />作者: <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>出版局,岩田長峯 切り絵<br />出版社/メーカー: <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>出版局<br />発売日: 2011/11/04<br />メディア: 単行本(ソフトカバー)<br />クリック: 1回<br />この商品を含むブログを見る</p> <p> </p> <p>○『図説 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の歴史』<br /><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017200448" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017200448.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017200448j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />編著(複数)『図説 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の歴史』郷土出版社。<br />2011(平成23)年1月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>。228ページ。</p> <p> </p> <p>○『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>散策のーと』Vol1<br /><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017200501" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017200501.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017200501j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />著『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>散策のーと』Vol1。<br />2008(平成20)年3月31日。362ページ。<br /><a href="http://image02.wiki.livedoor.jp/i/i/iidamati/5648f9fc4ebe280b.PDF">&#x300E;&#x73E0;&#x6D32;&#x6563;&#x7B56;&#x306E;&#x30FC;&#x3068;&#x300F;</a>2008(平成20)年4月3日</p> <p> </p> <p>○『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>のたび』<br /><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017200505" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017200505.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017200505j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />著『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>のたび』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>。<br />2005(平成17)年12月10日。152ページ。<br /><div class="hatena-asin-detail"><a href="https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833014491/hatena-blog-22/"><img src="https://m.media-amazon.com/images/I/517HJ6V0CQL.jpg" class="hatena-asin-detail-image" alt="能登国三十三観音のたび" title="能登国三十三観音のたび"></a><div class="hatena-asin-detail-info"><p class="hatena-asin-detail-title"><a href="https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833014491/hatena-blog-22/">能登国三十三観音のたび</a></p><ul><li><span class="hatena-asin-detail-label">作者:</span><a href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%BB%CB%2C%20%C0%BE%BB%B3" class="keyword">郷史, 西山</a>,<a href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%DB%BB%D2%2C%20%BE%E5" class="keyword">陽子, 上</a></li><li><span class="hatena-asin-detail-label">メディア:</span> 単行本</li></ul></div><div class="hatena-asin-detail-foot"></div></div></p> <p> </p> <p>○『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のくにー半島の風土と歴史ー』<br /><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017200512" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017200512.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017200512j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />編著『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のくにー半島の風土と歴史ー』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>。<br />2003年(平成15年)7月7日。250ページ。<br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E8%83%BD%E7%99%BB%E3%81%AE%E3%81%8F%E3%81%AB-%E5%8D%8A%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%B0%91%E4%BF%97%E3%81%A8%E6%AD%B4%E5%8F%B2-%E8%83%BD%E7%99%BB%E3%81%AE%E3%81%8F%E3%81%AB%E5%88%8A%E8%A1%8C%E4%BC%9A/dp/4833013029">&#x300E;&#x80FD;&#x767B;&#x306E;&#x304F;&#x306B;&#x3000;&#x534A;&#x5CF6;&#x306E;&#x98A8;&#x571F;&#x3068;&#x6B74;&#x53F2;&#x300F;</a>2003(平成15)年7月7日刊ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B6%F5%B9%C1">能登空港</a>開港の日<br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4833013029/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=465392&s=books">&#x300E;&#x80FD;&#x767B;&#x306E;&#x304F;&#x306B;&#x3000;&#x534A;&#x5CF6;&#x306E;&#x98A8;&#x571F;&#x3068;&#x6B74;&#x53F2;&#x300F;</a></p> <p> </p> <p>○『石川県の民俗行事ー石川県民俗芸能緊急調査報告書ー』石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B0%E9%B0%D1%B0%F7%B2%F1">教育委員会</a><br /><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131025100343" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131025/20131025100343.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131025100343j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />編著『石川県の民俗行事ー石川県民俗芸能緊急調査報告書ー』石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B0%E9%B0%D1%B0%F7%B2%F1">教育委員会</a><br />2003(平成15)年3月31日</p> <p> </p> <p>○『石川の祭り・行事ー石川県祭り・行事事業報告書』</p> <p><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131025095613" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131025/20131025095613.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131025095613j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />編著、石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B0%E9%B0%D1%B0%F7%B2%F1">教育委員会</a><br />1999(平成11)年3月31日、232ページ。</p> <p> </p> <p>○『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』おやまブックレット1<br /><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017200521" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017200521.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017200521j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />著『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』おやまブックレット1。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>金沢別院。<br />1998(平成10)年12月25日、</p> <p>2001(平成13)年4月1日2刷。92ページ。</p> <p> </p> <p>]○『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の宗教民俗ー』</p> <p><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017200526" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017200526.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017200526j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />著『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の宗教民俗ー』木耳社<br />1998(平成10)年3月31日。302ページ。<br />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事』(オリエントブックス)の再刊。</p> <p> </p> <p>○『奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のキリコまつり』<br /><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131020084120" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131020/20131020084120.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131020084120j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />『奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のキリコまつり』1994(平成6年)3月、奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>広域圏無形<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%CA%B8%B2%BD%BA%E2">民俗文化財</a>保存委員会、奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>広域圏事務組合</p> <p> </p> <p>○オリエントブックス『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事』</p> <p><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017200539" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017200539.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017200539j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br />著『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事』木耳社、オリエントブックス<br />1990(平成2)年8月10日。302ページ。<br /><a href="http://cdn1.www.st-hatena.com/users/um/umiyamabusi/user.jpg?1437514991">&#x300E;&#x84EE;&#x5982;&#x3068;&#x771F;&#x5B97;&#x884C;&#x4E8B;&#x300F;</a>1990(平成2)年8月刊</p> <p> </p> <p>○『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>伝承集成』</p> <p><span itemscope itemtype="http://schema.org/Photograph"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20131017200544" class="hatena-fotolife" itemprop="url"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20131017/20131017200544.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20131017200544j:image" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image"></a></span><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/%E8%93%AE%E5%A6%82%E3%81%95%E3%82%93%E2%80%95%E9%96%80%E5%BE%92%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B%E8%93%AE%E5%A6%82%E4%BC%9D%E6%89%BF%E9%9B%86%E6%88%90-%E5%8A%A0%E8%83%BD%E6%B0%91%E4%BF%97%E3%81%AE%E4%BC%9A/dp/4893790102/ref=sr_1_7?s=books&ie=UTF8&qid=1437520464&sr=1-7&keywords=%E8%93%AE%E5%A6%82%E3%81%95%E3%82%93">&#x300E;&#x84EE;&#x5982;&#x3055;&#x3093;&#x30FC;&#x9580;&#x5F92;&#x304C;&#x8A9E;&#x308B;&#x84EE;&#x5982;&#x4F1D;&#x627F;&#x96C6;&#x6210;&#x300F;</a><br />1988(昭和63)年10月、橋本確文堂、318㌻</p> <p> </p>
  83. ボツじゃなかった | 遊煩悩林 | 2021/01/27 09:38
    <p>毎年末、翌年版の寺報を発行しています。</p> <p>『朋光』というタイトルを前住職から引き継いで22年。</p> <p>この「遊煩悩林」というBlogも、もとは『朋光』発刊当初からの住職コラムのタイトルを引き継いでいます。</p> <p>さて、昨年末に発行した2021年版常照寺年報『朋光』の住職コラム「遊煩悩林」紙面版。</p> <p style="padding-left: 40px;">東本願寺青少幼年センターのホームページ「若者向け法話集」に寄稿させていただいたので、若者に限らず検索してみてください</p> <p>と記載したところ。</p> <p style="padding-left: 40px;">探せない</p> <p style="padding-left: 40px;">見当たらない</p> <p style="padding-left: 40px;">どこにあるの</p> <p>と。</p> <p>センターのWeb上にアップされていない段階のフライングで寺報を配布してしまいました。</p> <p>内心、もしかしてボツになったかとヒヤヒヤしておりました。</p> <p>今朝、月末の報恩講のご懇志をお持ちになったご門徒が「読ませていただきました」と。</p> <p>ん?</p> <p>アップされていましたー!</p> <p style="padding-left: 40px;">青少幼年センター </p> <p style="padding-left: 40px;"><a title="" href="http://www.higashihonganji.or.jp/oyc/youths/houwa_book.php#houwa10" target="_blank" rel="noopener">http://www.higashihonganji.or.jp/oyc/youths/houwa_book.php#houwa10</a></p> <p>ということで、是非お読みいただき次月の同朋会でご感想を。</p> <p>原稿のご依頼をいただいて、同朋会でも話し合いをさせていただいた内容です。</p> <p>同朋会の皆さまには結果報告を含めて。</p> <p>提出した拙い原稿を、担当者をはじめセンターの皆さんにフォローしていただきました。</p> <p>”若者向け”かどうか、内容も不十分なところはご容赦いただいて、ご批判も含めて何か話し合いのタネになればと存じます。</p> <p>「若者」に眼目を置いて企画されたこのページには現時点で10人のお話がアップされています。</p> <p>若い人が読むページということではなく、若い世代に何を伝えたいのかという視点でご年配の皆さんにも是非お読みいただければ有り難く存じます。</p> <p>「若者」は、知らず知らずに年を重ね”イタズラに過ごしている私”も当てはまるか、と。</p> <p>この企画を立ち上げ、運営に関わられる方々のご苦労を思いつつ。</p>
  84. 加能作次郎の真宗へ | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/26 22:07
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="志賀町の作家 加能作次郎入試が「再発掘」共通テスト出題「知るlきっかけに」北陸中日新聞1月25日(月)朝刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210126/20210126200743.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210126200743j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D6%B2%EC%C4%AE">志賀町</a>の作家 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>入試が「再発掘」共通テスト出題「知るlきっかけに」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a>1月25日(月)朝刊</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="共通テスト 国語 第2問 次の文章は、加能作次郎〈かのうさくじろう〉「羽織と時計」(一九一八年発表)の一部である。…"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210126/20210126201114.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210126201114j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">共通テスト 国語 第2問 次の文章は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>〈かのうさくじろう〉「羽織と時計」(一九一八年発表)の一部である。…</figcaption> </figure> <p><strong>作次郎なら本多さん</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="朝日新聞 この人に聞く 2007年(平成19年)「加能作次郎の会」副会長 本多達郎さん(69)■「作次郎記念館」に期待する役割は?"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210126/20210126201934.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210126201934j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a> この人に聞く 2007年(平成19年)「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>の会」副会長 本多達郎さん(69)■「作次郎記念館」に期待する役割は?</figcaption> </figure> <p> </p> <p><strong>記事の文</strong></p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D6%B2%EC%C4%AE">志賀町</a>富来出身で、故郷のことを多く書き続けた作家・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>の本格的な資料展示室が、年内にも「作次郎ふるさと記念館」として同町富来支所(旧富来町役場)に誕生する。<br /> 作次郎の孫の加能干明さん(56)が8月に寄贈した初版本や写真などを中心に約650点を展示する。一般公開によって、作次郎の名は生誕の地に長く残ることになる。「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>の会」副会長の本多達郎さんに聞いた。</p> <p>-町立富来図書館にあった作次郎のコーナーが質、量ともに拡充されますが</p> <p>旧富来町長室がそっくり作次郎の資料室になります。作次郎のファンは全国にいるので、これは朗報。地元生まれの国文学専攻の学生が、卒論に作次郎を取り上げる際にも役に立つに違いありません。<br /> 金沢には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%F4%B6%C0%B2%D6">泉鏡花</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%C1%C5%C4%BD%A9%C0%BC">徳田秋声</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%BC%C0%B8%BA%D4%C0%B1">室生犀星</a>といった文豪の立派な記念館があり、今までうらやましいと思っていました。「作次郎ふるさと記念館」ができることによって、富来の風土で育った文豪・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>は忘れられずにすみます。</p> <p><em>-作次郎を顕彰する作文コンクール(小学生対象)や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B3%D8%BE%DE">文学賞</a>(中高生対象)が志贅町にはある。そんなに悲観的にならずともいいのでは</em></p> <p> 今の若い人は、作次郎のことを知らないと思う。私は地元の小学校の教員を長くやっていました。なるべく多くの子どもたちに作次郎を知ってもらおうと、作次郎が書いた童話などを読んであげましたが、彼の書く<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E4%BE%AE%C0%E2">私小説</a>などは子どもたちには難しい。「作次郎の会」や作文コンクールがあったおかげで何とか残っているのが現状です。</p> <p><em>-どこが魅力なのですか</em></p> <p>文学者としての、ものを見る目、でしょうか。感性豊かで、その場面の言葉やしぐさを克明に書くことによって、人の気持ちがこちらに伝わってくる。リアリズムの強さ、でしょう。これが徹底して、地元の”良くない”ことも書く。嫌がられる面もあったのです。<br />それともう一つ、<strong>加能文学では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%F4%C5%DA%BF%BF%BD%A1">浄土真宗</a>の宗教的な面も見逃せません。たとえば、土地の人たちの死に対する考え方、南無阿弥舵仏の教えが、にじみ出るように書かれています…</strong></p> <p><em>-加能千明さんが資料を寄贈しましたが</em></p> <p>会としては、のどから手が出るほど欲しかったものばかりです。作次郎のことを調べるために、私の家にまで聞きに来る学生がいましたから、今度できる記念館は大きな役割を果たすことになります。ソファやテーブルも置かれ、ゆっくりくつろぎながら作次郎と向き合えるはずです。作次郎にとっても良かったに違いありません。</p> <p>-最後に、本多さんのおばあさんと作次郎との間に、恋愛があったそうですね。</p> <p>作次郎は明沿37(1904)年に19歳で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>(現・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%D2%BE%EF%BE%AE%B3%D8%B9%BB">尋常小学校</a>正教員になります。この時、同僚の女教師だったのが私の祖母の両国す巳。2人の恋愛は小説にも書かれています.。ここからは類推になりますが、作次郎は失恋して、翌年、東京に出ることになるのです。<br />姉が直接、す巳に聞いた話があって「あのとき結婚出来なかったったことが、東京に出られるきっかけとなり、大変な苦労があったようだけど、立派な文学者になられたと思っとるわね。田舎の小掌校の教師で終わったかも知れんのにね」とあります。<br />作次郎は硬い、と言われますが、こんな一面も持っていたのです。(闘き手・越村隆二)</p> <p><strong>ほんだ・たつろう</strong> 1938年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D6%B2%EC%C4%AE">志賀町</a>赤崎生まれ。.金沢大学<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B0%E9%B3%D8%C9%F4">教育学部</a>卒。作次郎の入学した西海小学校の教員などを経て、99年に富来小校長で退職。在職中に子どもたちを指導しながら版画集『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>の生い立ち』『西海の昔語り』を編集。「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>の会」副会長。富来<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>研究会幹事。</p> <p> </p> </blockquote> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『加能作次郎集』編集 加能作次郎の会 発行所 富来町立図書館 2004年11月13日刊。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210126/20210126204322.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210126204322j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>集』編集 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>の会 発行所 富来町立図書館 2004年11月13日刊。</figcaption> </figure> <p>よくあることだが、誰でも知っているのでデーターを載せなかったり、自己主張しなくても、と遠慮してデーターを記載しないでいると、あるときから誰一人知る人がいないことが起こる。この本では「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>の会」メンバーは?が全くわからない。私は本多さんを知っていて、14年前の新聞切り抜きや、かつてブログに書いているので、本多さんがその会の中心メンバーだったことは知っているが、昨年先立たれたので、会の実態などは確かめる術もない。</p> <p>この本は口絵写真、本文は18作品、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>年譜の327ページの本で見返しに富来から見える白山の写真と作次郎の文、作次郎生家の見取り図・平面図を載せ、極めて充実した本になっている。</p> <p>ところが、入試問題の「羽織と時計」が作品を網羅しているはずの年譜に載っていない。この年譜作成者は「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>の会」メンバーではなく、全体指導と「年譜」作成に関わった、当時、県文学分野で著名な大学教授だった。この本はもう手に入らないようだし、その人の名を知る人もほとんどおいでないだろう。</p> <p> </p> <p>すぐ自分の話に持って行くのが悪い癖なのだが、先週のブログに書いたおやまブックレット『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』のカバーの絵が誰が書いたのかブックレットのどこにも書いてない。前に聞いたときは○○さんですよ、という人がいたが、表紙絵の題材である「西山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>堂」という画家が描いたと思うようになるかも知れない。実際に中高の同級生で有名な挿絵画家として活躍している「西のぼる」氏が、「西山の画名か?」と言ったことがある。西山(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BE%E8%BB%FB">大乗寺</a>山)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>堂を知っている人はどれほどおいでるだろうか?</p> <p>もう一つは、かなり後悔しているのだが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の決定版とでも言うべき本『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のくにー半島の風土と歴史ー』を、2003年7月7日、すなわち<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B6%F5%B9%C1">能登空港</a>開港日に合わせて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>から刊行した。</p> <p>「編著者 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のくに刊行会」にしたのだが、27名の執筆者・パネラーを集めて作った本ではあるものの、編者は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼資料館館長7割)、吉岡康暢(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%CE%F2%BB%CB%CC%B1%C2%AF%C7%EE%CA%AA%B4%DB">国立歴史民俗博物館</a>名誉教授3割)で作ったのである。</p> <p>二人の名を並べて編にすると出版社は喜ばないだろうと、勝手に忖度してしまい。あたかも何人もで相談しながら作ったかのような「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のくに刊行会」なる名を付けたのだった。(※一晩経って、どうしてこの組み合わせになったのか?を考えていたら、吉岡氏は、その年の4月から石川県歴史博物館館長に就任なされ、翌年3月に退職なさっておいでたことを思い出した。いろいろあるのは当たり前で、心血注いで次世代に残そうとした成果の、基本部分が伝わればいいのだ)。</p> <p> </p> <p>そういうほろ苦い思い出があるので、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>の会」にもすぐ同質の、仕事は残すが、出来るだけ目立ちたくない、を感じたのだ。でも、もし本が図書館に残っているなら、会のメンバー表を添えておくことをおすすめしたい。あっという間にいきさつ的なものは消えてしまう。</p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>と作次郎</strong></p> <p>本多さんのインタビューの中で、本多さんは、あえて加能文学と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%F4%C5%DA%BF%BF%BD%A1">浄土真宗</a>を指摘している(※ゴシック部)。</p> <p>作次郎の奥さんは、年譜に</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210126/20210126213737.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210126213737j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>とあるように、故郷富来の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>浄法寺から迎えている。</p> <p>富来はほとんどが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>で、同地出身の戸坂潤、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%DF%CA%C9%A4%CE%CA%EC">岸壁の母</a>・端野いせ</p> <p>など、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化・土徳をその人の人生のベースに置かないと、見えてこないところがある。本多さんはそのことを指摘しておいでるのだが、「加能文学の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>」を書いている人はまだいないようだ。</p> <p>ついでに、この前のブログ「大栄翔」の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>記事に「追手風・遠藤 穴水後援会事務局幽経一郎さん(59)」が出ているが、この方は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%F4%C5%DA%BF%BF%BD%A1">浄土真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB%C7%C9">本願寺派</a>寺院のご住職さんのはずである。</p> <p><br /><br /></p> <p><strong>その他</strong></p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>碑</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="碑文「人は誰でもその生涯の中に一度位自分で自分を幸福に思ふ時期を持つものである」(父の生涯)より。風戸〈ふと〉地内"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210126/20210126215448.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210126215448j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">碑文「人は誰でもその生涯の中に一度位自分で自分を幸福に思ふ時期を持つものである」(父の生涯)より。風戸〈ふと〉地内</figcaption> </figure> <p><strong>生家</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="「現存する作次郎の生家(富来町風戸〈ふと〉)」『加能作次郎集』Ⅱページより引用"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210126/20210126215840.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210126215840j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">「現存する作次郎の生家(富来町風戸〈ふと〉)」『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>集』Ⅱページより引用</figcaption> </figure> <p><strong>おまけ</strong> </p> <p><strong>本多達郎先生作 面</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210126/20210126220353.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210126220353j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 現在、書斎・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6">臥龍</a>文庫にましましている。</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2020%2F01%2F22%2F201809" title="説教から民話ー千浦又次、本多先生と『能登早春紀行』(昭和58年、森崎和江著) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2020/01/22/201809">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2019%2F12%2F27%2F143332" title="語り部として-本多達郎さん - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/12/27/143332">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2007%2F02%2F20%2F115237" title="家から溢れる創作面・本多達郎氏 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2007/02/20/115237">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p>
  85. 大栄翔 孝行、祖父の里・宝立春日野 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/25 22:57
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="卯辰山相撲場で1982年か?。青いチョッキはブラスのユニフォーム。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210125/20210125210710.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210125210710j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%AC%C3%A4%BB%B3">卯辰山</a>相撲場で1982年か?。青いチョッキはブラスのユニフォーム。</figcaption> </figure> <p>この写真は、(記憶に間違いがなければ)1982年(昭和57年)第66回全校高校相撲金沢ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%AC%C3%A4%BB%B3">卯辰山</a>ー大会に飯田高校の応援に行った応援団・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%E9%A5%B9%A5%D0%A5%F3%A5%C9">ブラスバンド</a>部員の記念写真である。</p> <p>その時、私は就職係、野球部、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>同好会顧問で、ブラスも生徒会も関係がなかったのに、引率応援に行っている。おそらく前年まで3年間を共に担任した<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%E9%A5%B9%A5%D0%A5%F3%A5%C9">ブラスバンド</a>部顧問・佐藤先生に誘われたのだった、と思うが…。</p> <p>そして、これが団体で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%AC%C3%A4%BB%B3">卯辰山</a>に向かった最後の応援になったはずだ。</p> <p>この時の66回大会は、団体・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%C2%E7%C3%E6%CC%EE">明大中野</a>高校、個人・新宮高校の久島啓太君が優勝した。久島はメチャクチャ強かった。</p> <p> </p> <p>それから2年後、金沢高校・穴水出身の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%BA%EA%C4%BE%BC%F9">山崎直樹</a>君が個人優勝した。後、大相撲に入り<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%E6%C6%BB%B3">大翔山</a>を名乗る。今の追手風親方である。</p> <p> </p> <p><strong>25日「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>」朝刊</strong></p> <p><strong>大栄翔V 母へ一番の贈り物</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210125/20210125212311.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210125212311j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p>この記事は全国区記事だが、</p> <p>大栄翔が優勝争いのトップを突き進んでいた13日目の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%B9%F1%BF%B7%CA%B9">北国新聞</a>朝刊に、大栄翔の祖父は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>宝立町春日野出身で若いときに関東へ出た、という記事が載った。</p> <p>こちらでも、急遽盛り上がっていたのである。</p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>25日朝刊</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="初場所V 大栄翔支えた能登の力"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210125/20210125213802.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210125213802j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%E9%BE%EC%BD%EA">初場所</a>V 大栄翔支えた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の力 穴水で夏合宿 「環境恵まれた」</figcaption> </figure> <p>ブログに「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のうみやまブシ」を名乗っており、名だけだけれども「(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の歴史と民俗)観光マイスター」であるものとしては、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>・穴水・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>と縁のある大栄翔を発信させないわけには、いかない。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>弁で言うと「おれ、春日野(地名)の孫なげぇ!」と地名で出身地をいう極めて近い関係なのだ。</p> <p>しかも、記事には「30年以上前に亡くなった大栄翔の祖父弘勝さんは飯田高校相撲部出                                                                                                                                                          身。」とあるではないか。</p> <p> </p> <p>このことを調べる前に、かつて、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の相撲はなぜ強いか?を『北國文華』(2016年春、第67号、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>)に書いたことがあるので一部を紹介する。</p> <p>ア<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%C1%A5%E5%A5%A2">マチュア</a>スポーツの草分けと伝わる高校相撲金沢大会100回記念に書いたもので、その時、遠藤がケガをして休場していたために、タイトルが「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の暮らしに息づく相撲」へと変わっている。相撲が生活であり生活が相撲的であることを書いた。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="特集 相撲文化の精華 100回刻む高校相撲金沢大会 能登の暮らしに息づく相撲"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210125/20210125220144.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210125220144j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">特集 相撲文化の精華 100回刻む高校相撲金沢大会 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の暮らしに息づく相撲</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="12-2"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210125/20210125220839.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210125220839j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">12-2</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="12-11"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210125/20210125221000.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210125221000j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">12-11</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="12-12"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210125/20210125221039.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210125221039j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">12-12</figcaption> </figure> <p><br /><br /><br /><strong>飯田高校相撲部ー高西弘勝氏</strong></p> <p>私は、飯田高校に13年勤務し、90周年の時は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼資料館館長をしていたためなのだろう、同誌の執筆・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%D4%BD%B8%B0%D1%B0%F7">編集委員</a>の一人に加えていただいた。100周年の時には実行委員長だったので、様々な角度から校史に関する史・資料を見てきた。</p> <p> </p> <p>高西さんは飯田高校の前身・旧制飯田中学校第13回卒業生(昭和21年3月卒業)である。</p> <p>戦時中の大変な時の生徒で、この学年は49名しか卒業していない。</p> <p> </p> <p>90周年誌から、相撲に関する話題を見ていくと、</p> <blockquote> <p><strong>座談会 飯田中学校</strong></p> <p>亀田(司会) 行事や学校生活の中で、特に印象深かったものは何ですか、<br />尾尻 私が中学一年に入学した時(15回卒※旧制中は5年制で、高西さんは13回卒なので3年生のはず。優勝時の出場メンバーではないが、その頃の相撲部中核を担っていたのだろう)、相撲部が金石相撲大会で優勝して、飯田町を提灯を掲げながら街頭行進をしたことを覚えております。<br />橋本 やりましたね。飯田のバス停まで迎えに出て。<br />慶祐 団体優勝と個人三位でしたね。私も町中が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a>に包まれたのを覚えております。(P271)</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="金石(当時は金石で大会が行われていた、金石相撲とも言う)学生相撲大会団体優勝で飯田町を凱旋行進(昭和16年)。橋は吾妻橋。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210125/20210125222920.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210125222920j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">※金石(当時は金石〈かないわ〉で大会が行われていた、金石相撲とも言った)学生相撲大会団体優勝で飯田町を凱旋行進(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C216%C7%AF">昭和16年</a>)。橋は若山川に架かる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E3%BA%CA%B6%B6">吾妻橋</a>。P455</figcaption> </figure> <p> </p> <p><strong>回想文 仲間みんなの青春 </strong>昭和十六年卒(八回) 橋元昌夫</p> <p>(※高西さんが中学へ入る直前の飯中の雰囲気である。執筆者橋元さんは輪島高校長をお勤めになった方)<br />飯中五か年の思い出は、人それぞれにたくさんあるとは思うが、金石相撲大会に向け、五年生が一致して青春の熱い血をたぎらせたあの応援活動は、私達みんなの共通の思い出である。歴史に残る『九十周年記念史』の一頁を与えられた光栄に感謝しながら、以下回想してみたい。</p> <p>私達が三年と四年生の時、二年連続してこの金石大会で優勝する快挙を成し遂げた飯中は各校から追われる立場となった。しかし、二年連続の優勝でも大変な壮挙であるのに、更に連続優勝など口で言うほど簡単なことではない。そのときの選手達は強く、ある程度自信もあったが、五年生としては最後のチャンス。せめて応援活動でも頑張って何とか勝利をものにしたいと願ったのも当然のことである。<br />みんなでいろいろ対策を練った結果、この大会だけの応援歌を作ることと檄を書くことから始めることにした。応援歌は従来から伝統的にいくつか使われていたが、三連覇を目前にした得難い機会ということで、三連覇の文字を入れることに重要な意義があった。</p> <p>記憶はあいまいだが、その一節は「我に残せし先輩の 二年連覇の栄冠を 我らが頭上燦然と 藤の香匂う三連勝 いざ征け立ちて戦え」というようなものだった。<br />体育館の壁に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%C7%BC%A8">掲示</a>する檄は国語科の狩野先生の指導を受けながら、簡潔で力強いものに仕上がった。また相撲を指導された酒井先生から「選手だけに練習させるのでは気合が入らない。五年生全員がまわしをかいて土俵の周りを引き締めろ。」と言われた。</p> <p><br />土俵上の真っ黒に日焼けした筋骨逞しい選手と、それを取り囲んでいる細い痩せた男たちの取り合わせは何とも奇妙なものだったが、交替でまわしをかいて激励に努めた。</p> <p>こうして応援も次第に熱を帯びて来たので、金沢まで直接応援に行きたいと学校へ申し入れた。交渉相手はどの先生だったか忘れたが、結論は前例が無いから駄目だと断られた。しかし、私達の再三にわたるお願いと、今年は三連覇がかかった特殊な場合という事情が配慮されたのか「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%E9%A5%B9%A5%D0%A5%F3%A5%C9">ブラスバンド</a>として参加するなら認めてもよい。」という提案があった。五年生だけで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%E9%A5%B9%A5%D0%A5%F3%A5%C9">ブラスバンド</a>を編成するのは大変難しい問題だったが、三連覇をこの目で見届けたい一心で敢然と取り組んだ。</p> <p>初めて楽器を手にする者が殆どで、本当にまともな音が出るのか心配だったが、これも五年生の意地、三連覇への執念の力で克服し、大会までには何とか合奏も出来るようになった。ただ曲目は、行進用の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%AF%A4%AC%C2%E5">君が代</a>行進曲と校歌の二つに絞らざるを得なかった。</p> <p>こうして臨んだ相撲大会であったが、私達の努力にもかかわらず、戦い我に利あらず空しく敗退してしまった。帰りは電車が満員で、金石街道を金沢まで歩いて行くしかなかった。そのときの楽器の重さと敗戦の心の重さは筆舌に尽くしがたいものだった.、</p> <p>しかし青春の一時期、無理もいろいろあったが悔いのない飯中での五年間を送った第八回生は幸せだった。こんな楽しいチャンスを設けて下さった先輩方に心から御礼を申し上げたい、この素晴らしい青春の鼓動は、私達八回生の心から永久に消えることはないだろう。</p> <p> </p> <p><strong>12回4年卒業 三杯恒夫</strong><br />一年の時の想い出としては、6月、金石の学生相撲大会での団体優勝に狂喜乱舞したこと。</p> <p> </p> <p><strong>飯中の優勝年</strong></p> <p>1938年(24回大会)</p> <p>1939年(25回)</p> <p>1941年(27回)</p> <p>1943年(29回)</p> <p>1944年、1955年 戦争のため中止</p> <p>1948年(32回)飯田高校         </p> <p>※ちなみに三連覇ならずの年の優勝は、氷見中だった。</p> </blockquote>
  86. 冬晴れ 21日、22日-蓮如上人の里 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/22 22:27
    <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p>今年、初めて、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>以外へ出かけた。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="高尾城近くから 21日午後5時35分"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122222039.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122222039j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">高尾城近くから 21日午後5時35分</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同じく 午後6時"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122222142.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122222142j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"> <p>同じく 午後6時。</p> <p>この場所の背後に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>の折、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%D9%B3%DF%C0%AF%BF%C6">富樫政親</a>が拠っていた高尾城跡がある。左手の山続きが四十万霊宝山、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人のご遺骨をお納めした虎石墓がある。</p> <p>伝説では、越後へ向かわれた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人がこの山を越えると再び京と相まみえることがないと振り返り振り返り名残を惜しまれた地といい、真下には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人の高弟法敬坊建立の四十万善性寺がある。加賀を御布教なさっていた、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人はことにこの「越」の境を愛され、遺骨を納めるようにおっしゃったとのことである。</p> <p>いま、このような風景をご覧になっていたのだなぁーと、時の経つのを忘れ、夕景に引き込まれていた。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="2014年3月7日午後5時半、霊寶山から。標高160メートル"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210130/20210130065046.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210130065046j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">2014年3月7日午後5時半、霊寶山から。標高160メートル</figcaption> </figure> <p> </p> <p> </p> <p> </p> </figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="羽咋~中能登町 22日午後3時半"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122222229.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122222229j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>~<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C7%BD%C5%D0%C4%AE">中能登町</a> 22日午後2時40分</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同じく 中能登町 午後2時40分"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122222402.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122222402j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同じく <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a> 午後3時30分</figcaption> </figure> <p> </p>
  87. 山田知子さんーご西帰 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/22 21:33
    <header class="entry-header" style="box-sizing: border-box; display: block; position: relative; margin-bottom: 3em; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <p>今日22日、山田知子さんのお身内から、「山田知子は昨年五月に亡くなりました」と記した、寒中見舞いをいただいた。</p> <p>山田さんとは仲がよかった。25年前の1996年(平成8年)8月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>に東京書籍から『相撲の民俗史』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%BD%F1%C1%AA%BD%F1">東書選書</a>)をお出しになり、8月19日に「謹呈」されている(発行日の前に本が届くのはよくあることである)。</p> <p>そして、その年の12月15日ブログで『相撲の民俗史』に触れた。</p> <p> もう<strong>25年前の話</strong>。引用する。</p> <blockquote> <p>『相撲の民俗史』『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>・唐戸山における仏事満座の相撲~唐戸山神事相撲圏の形成に関する歴史<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>的考察~』など</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>の法事相撲に関して詳しく調査した報告書がある。</p> <p>これを探すのだが見つからない。</p> <p>寒い。春になったら…とも言っておれない。</p> <p>この機会にどこにどういう風に本を詰めたのかを知ろうと</p> </blockquote> <blockquote> <div class="entry-content" style="box-sizing: border-box; line-height: 1.85; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div class="section" style="box-sizing: border-box;"> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">本箱周辺をうろついた。<br style="box-sizing: border-box;" />「唐戸山相撲史」(昭和46年:平岡克明著)のコピーが出てきた。<br style="box-sizing: border-box;" />「すまひ・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D1%CE%CF" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">角力</a>・相撲」(平成3年:石川県立歴史博物館)が出てきた。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />この話題になるなら紹介しなければ思っていた『相撲の民俗史』(1996:山田知子著:<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%BD%F1%C1%AA%BD%F1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">東書選書</a>)も、すぐに出てきた。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />山田さんは、相撲研究者、<br style="box-sizing: border-box;" />特に民間相撲の研究者なので、当然唐戸山相撲の調査においでている。<br style="box-sizing: border-box;" />その時、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">羽咋</a>にいるのだけど、出てお出でよ、と電話が入った。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>と口<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>ではものすごく遠いのだ、と電話で説明したのだが、<br style="box-sizing: border-box;" />ちょっとでておいでよ、とおっしゃるくらいだから、距離感が全然分かっていないようだった。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><br style="box-sizing: border-box;" />その後、京都から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">羽咋</a>とそちらでは遠いのねえー、<br style="box-sizing: border-box;" /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>同士だからすぐ近くかと思っていた、と…電話が入り、<br style="box-sizing: border-box;" />地図で確かめて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>は広いことを実感されたようだった。</p> <div class="hatena-asin-detail" style="box-sizing: border-box; margin: 1em 0px; border: 1px solid #dddddd; font-size: 15.3px; display: block; padding: 0.8em 0.6em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/dp/4487722411/?tag=hatena_st1-22&amp;ascsubtag=d-91fz" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41B1NRVGXFL._SL160_.jpg" class="hatena-asin-detail-image" alt="相撲の民俗史 (東書選書)" title="相撲の民俗史 (東書選書)" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; width: 160px; float: left; margin-right: 15px;" /></a> <div class="hatena-asin-detail-info" style="box-sizing: border-box;"> <p class="hatena-asin-detail-title" style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.3em; text-indent: 0px; font-weight: bold;"><a href="http://www.amazon.co.jp/dp/4487722411/?tag=hatena_st1-22&amp;ascsubtag=d-91fz" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;">相撲の民俗史 (東書選書)</a></p> <ul style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 1em 1.5em; padding: 0px; line-height: 1.7;"> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">作者:</span> <a href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%C5%C4%C3%CE%BB%D2" class="keyword" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 15.3px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">山田知子</a></li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">出版社/メーカー:</span> <a href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%BD%F1%C0%D2" class="keyword" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 15.3px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">東京書籍</a></li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">発売日:</span> 1996/08</li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">メディア:</span> 単行本</li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">クリック</span>: 27回</li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><a href="http://d.hatena.ne.jp/asin/4487722411" target="_blank" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;">この商品を含むブログ (1件) を見る</a></li> </ul> </div> <div class="hatena-asin-detail-foot" style="box-sizing: border-box; clear: left;"> </div> </div> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />見つからない報告書は<br style="box-sizing: border-box;" /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AC%A5%EA%C8%C7" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">ガリ版</a>で黄色い表紙だった、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>出身の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%C2%CE%C2%E7" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">日体大</a>の何とかという若い先生が関わっていて…<br style="box-sizing: border-box;" />とドンドン記憶が蘇ってくるのに見つからない。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />宗教書の方に紛れ込んでいた。<br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20110809151812" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20110809/20110809151812.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20110809151812j:image" title="f:id:umiyamabusi:20110809151812j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; cursor: pointer; height: auto;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>・唐戸山における仏事満座の相撲~唐戸山神事相撲圏の形成に関する歴史<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">民俗学</a>的考察』<br style="box-sizing: border-box;" />平成5年9月25日、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%C2%CE%B0%E9%C2%E7%B3%D8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">日本体育大学</a>体育史研究室発行。著者:谷釜了正、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">下谷</a>内勝利。<br style="box-sizing: border-box;" />思っていた通り、労作である。</p> </div> </div> </blockquote> <p> 『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>・唐戸山における仏事満座の相撲~唐戸山神事相撲圏の形成に関する歴史<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">民俗学</a>的考察』の著者・谷釜さんは、その後<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%C2%CE%C2%E7">日体大</a>の学長になられ、特に体育系のいじめ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D1%A5%EF%A5%CF%A5%E9">パワハラ</a>などの絶滅に力を注がれたと聞いている。</p> <p> </p> <p>山田さんは、この後の話になるのだが、蔵書を抱えきれないので、西山さんの所だったらおけるだろう、と英文<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%EA%A5%BF%A5%CB%A5%A2">ブリタニア</a>百科か何かを運んでこられたことがあった。</p> <p>まだ見ていない襖の下張と同様、いつか英文で調べる日が来るかも知れないと、かなり長い間物置にあったのだが、だいぶ前に他の雑誌類とともに処分している。</p> <p>だから、1度は当家というか当寺にきておいでるはずなのだ。</p> <p>最終肩書きは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>名誉教授のはずである。</p> <p> </p> <p>元気そのものの頃の出会いなので、いつまでも元気なもの、と思い込んでいた。</p> <p>5月なら大桑さんが先立たれてまもなくのことだったのだ。</p> <p>『相撲の民俗史』カバーに記されている紹介を加え、山田さんを偲びたい…。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122205219.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122205219j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 山田知子-京都生まれ。現在(※1996年現在)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8%C3%BB%B4%FC%C2%E7%B3%D8%C9%F4">大谷大学短期大学部</a>教授(体育学)。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E0%CE%C9%BD%F7%BB%D2%C2%E7%B3%D8">奈良女子大学</a>を卒業後、奈良<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%EB%C4%CD%BB%B3">帝塚山</a>短期大学を経て、一九六九年より<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>に勤務。当時文学部<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%BB%CB%B3%D8">国史学</a>科の主任教授であった<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>博士(一九九三年に逝去)に出遇い指導を受け、五来博士主催の「日本宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>研究所」で宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>を研究。●主たる論文(共著)「きたえる」竹内京一編『体育への誘い』海青社、「我が国における相撲の発生に関する研究」『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>研究年報』三十四集、「相撲と民俗」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C3%E6%B5%C1%B9%AD">田中義広</a>編『祭りと芸能の研究Ⅱ』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%D3%C0%B5%BC%D2">錦正社</a>、「稲荷信仰と古墳」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>編『稲荷信仰の研究』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CD%DB%BF%B7%CA%B9%BC%D2">山陽新聞社</a>、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B1%CD%E8%BB%FB">鳳来寺</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%B2%CF">三河</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%F8%C4%A5">尾張</a>の薬師信仰」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>編『薬師信仰』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BA%BB%B3%B3%D5">雄山閣</a>、「土俵まつりと<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%B8%B3%C6%BB">修験道</a>」寒川恒夫編『相撲の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A7%C3%E8%CF%C0">宇宙論</a>』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2">平凡社</a>。</p> <p> <img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122205826.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122205826j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>私が相撲史をひもといてみようと思ったのは、「もうひとつのみかた」<br />ができるということがわかったからである。<br />それは、民俗の中に残されて来た祭儀相撲に見られる「足踏み」に焦<br />点をあてて、その源をたずね、歴史を遡っていくと、相撲は、古代<br />より悪霊を鎮め追い払う呪術に発生し、農耕の豊凶を占う年占とな<br />って力を競い合うようになり、次第に競技化が進行していったが、<br />本来の呪術性ゆえに、雨乞いや地鎮などに用いられ、また朝廷の節<br />会の行事となり、あるいは、社寺の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%AB%BF%CA">勧進</a>の手段として行われてきた<br />ことも明らかになってくる。そして、この伝統を継承するというい<br />まの大相撲での力士の揃い踏みや<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%A3%B9%CB">横綱</a>の土俵入りも、もとは天下国<br />家の悪魔祓いをする一種の宗教行事だったこともわかってくるはず<br />である。(はじめにより)<br /><br /><br /></p> <p>紹介文にある著書。</p> <p>「相撲と民俗」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C3%E6%B5%C1%B9%AD">田中義広</a>編<strong>『祭りと芸能の研究Ⅱ』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%D3%C0%B5%BC%D2">錦正社</a>ー今、雪に閉じ込められている建物にあるので取りに行けない。</p> <p>「稲荷信仰と古墳」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>編<strong>『稲荷信仰の研究』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CD%DB%BF%B7%CA%B9%BC%D2">山陽新聞社</a></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『稲荷信仰の研究』昭和60年5月27日 山陽新聞社刊 9800円"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122211945.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122211945j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『稲荷信仰の研究』昭和60年5月27日 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CD%DB%BF%B7%CA%B9%BC%D2">山陽新聞社</a>刊 9800円</figcaption> </figure> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>先生が当寺に泊まって行かれた、昭和60(1985)年6月15日、お土産としていただく。先生を含め14名<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%C7%BE%E5%B0%F0%B2%D9">最上稲荷</a>教務部の執筆による970ページに及ぶ大著。これらの方々が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>門下の俊英たちだったのだ、新たな感慨を覚える。</p> <p> </p> <p>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B1%CD%E8%BB%FB">鳳来寺</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%B2%CF">三河</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%F8%C4%A5">尾張</a>の薬師信仰」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>編<strong>『薬師信仰』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BA%BB%B3%B3%D5">雄山閣</a></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『民衆宗教史叢書 第12巻 薬師信仰』昭和61(1986)年11月20日雄山閣出版刊 5800円"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122212202.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122212202j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『民衆宗教史叢書 第12巻 薬師信仰』昭和61(1986)年11月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BA%BB%B3%B3%D5%BD%D0%C8%C7">雄山閣出版</a>刊 5800円</figcaption> </figure> <p>執筆者14人。私も「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の薬師信仰」を執筆した。山田さんと同じ本に書いているなんて…。先生も含めて5人程度親しいというか、顔が浮かんでくる方々がおいでる程度。この時の肩書きは「石川県立飯田高校教諭」。</p> <p> </p> <p>「土俵まつりと<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%B8%B3%C6%BB">修験道</a>」寒川恒夫編<strong>『相撲の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A7%C3%E8%CF%C0">宇宙論</a>』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2">平凡社</a></p> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『相撲の宇宙論』1993年11月26日 平凡社刊 2200円。執筆者6名"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122213015.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122213015j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『相撲の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A7%C3%E8%CF%C0">宇宙論</a>』1993年11月26日 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2">平凡社</a>刊 2200円。執筆者6名</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="この本も、山田さんからいただいていた。あらためて有り難うございました。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122213215.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122213215j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">この本も、山田さんからいただいていた。あらためて有り難うございました。</figcaption> </figure> <p><br /><br /><br /></p> </header>
  88. 2021年 報恩講 初日 | つれづれ日誌 | 2021/01/22 15:55
    ようやく本日初日です。 全国では一部地域に非常事態宣言が出され、コロナウイルスの感染拡大が心配される中での厳修ですので、どれだけの方が参詣されるかわかりませんでしたが、蓋を開けてみるとおおよそ60名程度の参詣がありホッとしました。 この状況での初日と...
  89. さくらインターネットを標的にした 詐欺メールによる攻撃が行われています | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/22 11:44
    銀杏通信で利用している「さくらインターネット」を標的にした、詐欺メールによる攻撃が行われています。 銀杏通信のメールアドレス(@icho.gr.jp)を取得している、各種団体・部門の方は、 件名:重要 ...
  90. 2021年の報恩講、明日からはじまります。 | つれづれ日誌 | 2021/01/21 16:17
    いよいよ明日から報恩講が始まります。 今日は午後から荘厳。 境内の掃除や幕を張ったり、提灯を下げたりと講頭の方々も集まっていただいての総がかりの準備です。 &nbsp;  毎年ですと1/15日から一週間かかって準備をし、一週間の法要をお勤めしていますが今...
  91. 1995年1月17日 5時46分 より(以来) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/20 08:58
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『蓮如上人と伝承』おやまブックレット1(1998年12月25日刊)「三 最初の御文」本文末の挿入写真、P18。平成8年(1996)9月2~3日能登教区第10組住職研修旅行・引率の時の写真。右は故安宅山師。下の写真は別院・教務所からの強い要望があって載せた。20021年1月17日朝日一面にボランティアについての分析考察があり、その先駆けとなる写真と言えるだろう。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210119/20210119174228.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210119174228j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』おやまブックレット1(1998年12月25日刊)「三 最初の御文」本文末の挿入写真、P18。平成8年(1996)9月2~3日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教区第10組住職研修旅行・引率の時の写真。右は故安宅山師。下の写真は別院・教務所からの強い要望があって載せた。20021年1月17日朝日一面にボランティアについての分析考察があり、その始まりの写真と言えるだろう。</figcaption> </figure> <p>16年前のあの日のその時刻、今と同じ部屋ので同じベッドに寝ていた。</p> <p>ベッドが下の方からユウーウラリと揺れ、どこかに運んで行かれるよ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%A6%A4%CA%BD%C5">うな重</a>い気分で目が覚めた。</p> <p><span style="color: #202122; font-family: sans-serif; font-size: 15.104px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E5%BF%C0%C3%B8%CF%A9%C2%E7%BF%CC%BA%D2">阪神淡路大震災</a>」</span><span style="color: #202122; font-family: sans-serif; font-size: 15.104px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">(災害名は2月14日統一)の発生である。</span></p> <p><span style="color: #202122; font-family: sans-serif; font-size: 15.104px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">近所の人が大型トラックで神戸に荷物を運んでいて、神戸の町並みが眼下に見える山の駐車場で、いつものように明け方しばし仮眠を取ろうとしていたとき、ぐらーっときてあちこちで火がのぼり初めた。もう、慌てて引き返してきた、と、現実ではない話をするように話すのを聞いて、想像が追いつけない出来事が起こっているのだ、と思っていた。</span></p> <p>私は、その年の 9月から16回に亘って、金沢別院の機関誌「おやま<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%B4%A4%DC%A4%A6">ごぼう</a>」(隔月刊、162号~177号)に「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承」を連載した。</p> <p>連載を終え、金沢別院に一冊も出版物がないのはどうかと提案し、1998年12月25日、すなわち<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人のご命日、生母が6歳の上人を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>に残して去った日に、『おやまブックレット1 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』を発行した。</p> <p>この年は上人の500回忌でもあり、連載も500回忌に向けて始まった企画だったのである。</p> <p>第3回が「最初の御文」で、そこでは、震災を踏まえ、次のように書いた。</p> <p> </p> <p>※元のブックレットでは、多くの語-長禄〈ちょうろく〉、留守職〈るすしき〉、応玄〈おうげん〉のように-にふりがなを振ってある。</p> <blockquote> <p><strong>三 最初の御文</strong><br /> 上人は、長禄元年(1457)、43歳で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>留守職を継承し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>第八世となられた。弟の応玄上人との間で継承を巡っての争いもあったとされるが、二俣におられた叔父・如乗の力添えがあって、上人に落ち着いたといわれている。<br /> 上人の生きられた時代は、天災・飢饉が相続き、世は疲弊の極にあった。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%FE%BF%CE%A4%CE%CD%F0">応仁の乱</a>が起こるのは継承から10年後のことであるが、上人が27歳の時には、どうにもならなくなった数万の民衆が、16カ所に陣を構えて京を包囲し、徳政(貸借契約の破棄)を勝ち取るほどの激しい<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%D9%E4">一揆</a>も起こっている。<br />「母の命尽きたるを知らずして、いとけなき子の、なお乳を吸いつつ、臥せるなどもあり…」(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%FD%BE%E6%B5%AD">方丈記</a>』)といった状景があちこちで見られたに違いない。<br /> <br />このような状況の中で、上人の御一生である85年間に、世を立て直したいとの願いを込めた年号の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%FE%B8%B5">改元</a>が、15回も行われている。 <br />このこと一つを取ってみても、世はまさに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%F6%CB%A1">末法</a>であり、人々の不安につけこみ、かえって人々を苦しめる似非宗教の横行もあったのである。<br />そして、継承からわずか3年後の寛正元年(1460)にも、大飢饉・疫病が流行した。『碧山日録』によれば、地方から「人民相食む」とのうわさが伝わり、ある僧が、せめてもの供養にと立てて歩いた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%B4%C5%E3%C7%CC">卒塔婆</a>の数が、都だけで8万2 千本にも達したという。 別の僧が、大釜で炊いた粥を人々に分け与えたが、衰弱しきった胃腸は熱い粥を受け入れることができず、粥に飛びついた人は次々と命を落としていった。そして、それは釜の向きが悪かったせいだ、という話が人々の口に登り出すのである。まさに、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人が「かなしきかなや道俗の、良時吉日選ばしめ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%BF%C0%C3%CF%B5%C0">天神地祇</a>をあがめつつ、卜占祭祀つとめとす」(『正像末和讚』)とお嘆きになられた、その通りの人心も荒廃した世となっていた。<br /> おびただしい死者によって鴨川の流れまで変わってしまったその頃、上人は京都大谷に在って、惨状を目の当たりにしておられたはずである。何を思い、何をなさっておられたのであろうか。</p> <p> </p> <p>天災といえば、平成7 年1 月17日早朝に起きた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E5%BF%C0%C3%B8%CF%A9%C2%E7%BF%CC%BA%D2">阪神淡路大震災</a>は、様々のことを語りかけている。多くの若者がボランティア活動を行うという明るい話題もあった。</p> <p>その中で、二人の子供を一瞬に失い、駆けつけてくれたボランティアの若者たちに感謝しながらも、同世代である彼らにどうしても会うことができずに仮説トイレに身を潜めて泣く父親の姿があった。<br />家の下敷になった子が、迫り来る猛火のもとで、「お母さんはどうだった。逃げられたの、よかったね。僕はいいから、お父さん逃げて…」が最後の言葉になった、と語る父親の姿も報道された。報道は過ぎ去っていく。しかし、「お父さん逃げて…」の声が、落ち着きを取り戻すに従って、より<br />鮮明に耳の奥底から聞こえ始めてくる親がいる。子供を助けることができなかった、という懺悔は、「悪人」の責めを自らに課し続けていくことになるのであろう。</p> <p> </p> <p>上人は、全てを失い途方に暮れている多くの人々を目の当たりにして、かけがえのない命の輝きを甦えらすには、真実の教えによってしか成し遂げられないことを、改めて感じ取られたはずである。祖師聖人が明らかにされた我々「悪人」が救われる教えを、どのようにしたらわかりやすく伝えることができるのか。それこそ身悶えしながら問われたに違いない。</p> <p>その答えが、寛正の大飢饉の翌年3月に表された最初の御文ということになろう。<br />金森道西(俗名弥七)の求めによって書かれたとされているが、「罪の軽重をいはず…在家止住のやからは…平生業成…」とお書きになった一字一句は、どこまでも深くて重い。</p> <p>上人と出会える身近な人々に対しては自らの言葉で、弥七のように遠い所で救いを求めている人々には「文」を用いて、と、弥陀の願いが、ここに「御文」という形で世に登場したのである。 </p> </blockquote> <p> </p> <p>時系列を見れば分かるが、連載を終え、わずか9ヶ月でブックレットを完成させている。</p> <p>金沢教区若手スタッフとの読み合わせや、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%ED%A5%B4%A5%DE%A1%BC%A5%AF">ロゴマーク</a>の制定など…。写真挿入の位置は印刷所にお願いしたが、原稿の打ち出し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%CF%BF%DE">系図</a>の線引きも含め、出版社がやる仕事のほとんどを、筆者である私が行った。</p> <p> </p> <p><strong>写真参考</strong> 2021年1月17日(日)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>一面</p> <p><span style="font-size: 150%;"><em><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E5%BF%C0%A1%A6%C3%B8%CF%A9%C2%E7%BF%CC%BA%D2">阪神・淡路大震災</a>26年 災害ボランティア根付く</em></span> のべ480万人 不足の被災地も</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="災害ボランティア データー"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210119/20210119190033.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210119190033j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">災害ボランティア データー</figcaption> </figure> <p> </p> <p>私の執筆方法は歴史民俗というもので、文献・史資料を調べ上げ、現地を歩き、聞き取りを行う。</p> <p>それで、この連載においても、北陸はいうまでもなく、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%B2%CF">三河</a>方面、近畿、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B5%CC%EE">竜野</a>あたりまで、上人の足跡を訪ねた。</p> <p>神戸に入ったのは、震災から1年と1ヶ月、平成8年(1996)2月15、6日のことだった。</p> <p>この時は、2月12日に山科・赤野井別院などを歩き、13・14日は本山教導研修。</p> <p>15日、姫路・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B5%CC%EE">竜野</a>各地を訪ね、神戸<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AB%C0%EE%B8%F8%B1%E0">湊川公園</a>で宿。神戸へはこの時、初めて行ったのだけれど、私にとっては、それまでの神戸は、「</p> <p>にほんのうたー別れた人と(兵庫)ー」と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%B0%A5%D3%A1%BC">ラグビー</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%B8%CD%C0%BD%B9%DD">神戸製鋼</a>がすべての街だった。</p> <p>三の宮駅に降り立ったとき、町中に火のニオイが染み込んでいた。記録にニオイは残せないが、メモには「駅員さんが親切だった」と書いてある。そこに被災から一年の、現地の人々の思いが「一言」=「親切」に込めてニオイと共に残したのだった。</p> <p>翌日訪ねた、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%AD%C7%CF%B2%B9%C0%F4">有馬温泉</a>、名塩教行寺、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>池~出口<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F7%C1%B1%BB%FB">光善寺</a>、崩れた石垣、復興への萌しを秘めて春に向かおうとしている、そのような「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人伝承地」を通りすぎた、との印象だった。</p> <p> </p> <p>ブックレット(絶版で手に入らない)を読み直してみると、</p> <p>写真を24枚挿入しているが、この調査行時に撮った写真は使っていない。</p> <p>神戸近辺で使用する一枚は、御文が最も残っている名塩教行寺近くの「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>池」だった。しかし、池は、山を切り開いての宅地造成さなかの中にコン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AF%A5%EA%A1%BC%A5%C8">クリート</a>囲まれた四角い池になっており、元の景観をとどめておらず、使えなかったのである。</p> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="蓮如池 名塩"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210120/20210120061650.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210120061650j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>池 名塩</figcaption> </figure> <p>このブックレットはブックレットシリーズの中で、唯一絶版になっており、どんな写真を使ったかは史料価値があると思われるので、目次と共にあげておく。写真は○(所在地名で町から始まる地は、金沢教区内)。</p> <p><strong>一 布袋丸と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>再興</strong> ○鹿子の御影(二俣町本泉寺) ○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人絵伝ー鹿子御影、母公遺訓-(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%BD%BD%CB%FC%C4%AE">四十万町</a>善性寺)</p> <p><strong>二 北陸<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>との出会い</strong> ○山田光教寺跡 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人腰掛け石(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a>山田町) ○御満足の木像(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>正院町高福寺)</p> <p><strong>三 最初の御文※本文</strong></p> <p>○金森御坊(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%E9%BB%B3%BB%D4">守山市</a>道西坊) ○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E5%BF%C0%C3%B8%CF%A9%C2%E7%BF%CC%BA%D2">阪神淡路大震災</a>ボランティア(平成7年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%B1%CA%FE%C2%E7%B3%D8">同朋大学</a>学生)</p> <p><strong>四 聖人一流の…</strong></p> <p>○お手植えの大<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%C1%A5%E7%A5%A6">イチョウ</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%C8%A8%C4%AE">津幡町</a>笠池ゲ原)</p> <p><strong>五 女人と御文</strong></p> <p><strong>○</strong>嫁脅し肉付き面(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A1%B0%E6%B8%A9">福井県</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C4%C5%C4%AE">金津町</a>吉崎寺版)</p> <p> <strong>六 笹の伝承</strong></p> <p>○チマキ笹(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a>動橋町篠生寺)</p> <p><strong>七 梅・松など</strong></p> <p>○五色の梅(木越町福千寺) ○数珠掛け・袈裟掛け松(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%C2%E5%B2%B9%C0%F4">山代温泉</a>専光寺)</p> <p><strong>八 動物と龍女</strong></p> <p>○蛇骨(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%AC%BA%EA%BB%D4">岡崎市</a>土呂旧跡)</p> <p><strong>九 特産・名品</strong></p> <p>○白水(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%AC%C6%FC%BB%D4">八日市</a>町)</p> <p><strong>一〇 十字名号から六字名号へ</strong></p> <p>○鹿島の森(吉崎坊舎跡地から望む)</p> <p><strong>一一 名号の様々</strong></p> <p>○柱の名号(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%B9%B8%AB%BB%D4">氷見市</a>一刎<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%AC%C8%A8%BF%C0%BC%D2">八幡神社</a>) ○虎斑の名号(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a>山中町<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>道場)</p> <p><strong>一二 木像より<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CF%A4%A8">はえ</a>ぞう…</strong></p> <p>○八万法蔵の御文(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%BD%BD%CB%FC%C4%AE">四十万町</a>善性寺)</p> <p><strong>一三 和歌</strong></p> <p>○御筺の和歌(※刷り物-おもかげを代々の筺に残しおく 弥陀たのむ身のたよりともなれ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人 加州尾山御坊御筺ー)</p> <p><strong>一四 由緒値を訪ねた人</strong></p> <p>○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%BB%B3%BB%FB">石山寺</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>堂(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C4%C5%BB%D4">大津市</a>) ○豊四郎の巡拝帳(※江州<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%BB%B3%BB%FB">石山寺</a>、江州金森御坊・道西遺跡因宗寺)</p> <p><strong>一五 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌</strong></p> <p>○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C8%BA%EA%B8%E6%CB%B7">吉崎御坊</a>) ○御影道中・民家での<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌</p> <p><strong>一六 上人の問いかけ</strong></p> <p>○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A2%BA%C2">連座</a>御影(彦三町長徳寺) ○劇団 座・アート「れんにょさん」(平成10年3月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C2%F4%BB%D4%CA%B8%B2%BD%A5%DB%A1%BC%A5%EB">金沢市文化ホール</a>で上演)</p> <p> </p> <p><strong>おやまブックレット</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="既刊おやまブックレット。金沢別院ホームページより。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210119/20210119190329.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210119190329j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">既刊おやまブックレット。金沢別院ホームページより。</figcaption> </figure> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』1に始まるブックレットは、現在5まで刊行されている。</p> <p>刊行時『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』の頒価は300円だった。後、2001年4月1日2刷発行時に350円になった。</p> <p>手頃なので、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>会研修(12組など)終了時などに配布したり、延べ1000部近く購入したと思う。</p> <p>3年後に第2号「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>という物語」をお書きになった大桑さんは昨年4月14日に先立たれた。</p> <p>残ってうろうろしている私の冊子が絶版?なのは、どうかなと思う。</p> <p>引用した「3 最初の御文」を見ても、そんなに問題なさそうだし、何よりもこの小冊子を持って、伝承地を散策できる。</p> <p>案外、身近なところに上人由緒地があり、その身近さを通して教えの導入も期待できるのではないか。</p> <p>今は、集まっての聞法がしにくく、皆で由緒地を訪ねることも出来ない-</p> <p>こういう、今の時こそ</p> <p>先達になってくれる一冊、だと思う。</p> <p> </p> <p>売り切れたのは2018年9月金沢大谷婦人会ひじり<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D9%C9%F4">支部</a>でお話したときだから、もう丸2年以上経っている。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6">臥龍</a>文庫から復刻も悪くないなァーと思いながら、1年以上待ったのだけれど、何もしなけりゃー…小さな旅の道案内ーもへちまもない。</p> <p> </p> <p>雪もやみそうだし、今日は、一般の正月じまいの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%F3%BD%BD%C6%FC%C0%B5%B7%EE">二十日正月</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%C8%CD">加賀藩</a>には25日の寺正月があって、正月じまいは5日遅い)。</p> <p> </p> <p>一歩先へ動いてみようか…。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『蓮如上人と伝承』"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210120/20210120085727.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210120085727j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』</figcaption> </figure> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  92. 何をすればいいのか | 遊煩悩林 | 2021/01/18 15:34
    <p>報恩講に向けてご門徒とおみがき。</p> <p>ご門徒といっても今年は「密」を回避して世話人のみで、とご案内していたのですが。</p> <p>「せめてこれくらいは」と、毎年お手伝いくださっている母娘さんらも参加してくださいました。</p> <p>当初、午後2時から2時間ほどと思っておりましたところ、1時ごろから揃々とご参集いただき、あっという間に報恩講の荘厳が整いました。</p> <p>あとは住職の心の支度を整えるばかりか。</p> <p>おみがき後に世話人会で総代が挨拶。</p> <p style="padding-left: 40px;">一昨年の出生数が86万人台だったという報道に触れて、自分の生まれた年は200万人を超えていた。</p> <p style="padding-left: 40px;">やがて自分たちもこの世からいなくなるが、自分たちのできること、すべきことは何だろうか。</p> <p>これまで慣例的なおみがき、定例の正月の世話人会でしたが、コロナ禍ということもあってか、おみがきにご参加いただいたご門徒の熱意、そして総代のことばに篤いものを感じました。</p> <p>もしかするとその篤信はいつものことで、住職が不感症だっただけなのかもしれません。</p> <p>実は世話人会で、某仏具店の”おみがき不要の仏具のフッ素コーティング”の価格表を提示しようとしておりましたが、やめました。</p> <p>寒中にもかかわらず、空け放たれた本堂で先達からの仏具をみがき、「自分たちができることはなんだろうか」との思い。</p> <p>おみがきが仏事として伝統されてきたことの証を見せていただいたような気がします。</p> <p>さて、コロナ禍の報恩講をいかに勤めるか。</p> <p>両日の法要式は従来どおり勤めて法話はなしにする。</p> <p>勤行を短縮して法話を実施する・・・などなど。</p> <p>ご意見はさまざまですが、例年ご参勤くださる十数ヵ寺のご法中の参勤の依頼を取りやめ、下記の次第で勤修すべく決定しました。</p> <p>「私たちは何をすればいいのか」を念仏の歴史に尋ねてまいりたいと思います。</p> <p><img style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/72/cb/f12ccb3d09375ca7b0fea5839e99673c.jpg" /></p> <p> </p> <p><a title="" href="http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/events.html" target="_blank" rel="noopener">http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/events.html</a></p> <p> </p> <p> </p>
  93. 35年ぶりの大雪 | お寺の生活 | 2021/01/17 13:32
    1月8日から10日にかけての改観寺周辺の様子です。朝6時前から父と2人で屋根雪と格闘している様子です。この後お昼までかかって処理を終えました。1日9時間ほど除雪しないといけない日が3日ほど続きました。
  94. 35年ぶりの大雪 | お寺の生活 | 2021/01/17 13:19
    今年の富山は久々の大雪でした。8日あたりから10日まで降り続いた大雪ですが、改観寺は一晩で60cm程積もる勢いで降り、あっと言う間に累積積雪量が2mを超えて屋根雪が地面と繋がってしまいました。北陸の水気を含んだ雪の重みは凄まじく、屋根雪の重みで建物の骨組みが曲がり...
  95. 「緊急事態宣言」発出にともなう 大阪教務所の対応について(急告) 3月7日まで対応期間を延長 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/15 10:30
    「緊急事態宣言」発出にともなう 大阪教務所の対応について(急告) 緊急事態宣言の期間延長に伴い、3月7日まで対応期間を延長しました。(2月9日追記) 参照:「緊急事態宣言」期間延長に伴う 大阪教務所等の対応に...
  96. 清水脩 後半 清水脩氏と真宗の歌・交響曲「蓮如」。北川博夫、土岐善麿氏、歎異抄 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/14 19:31
    <p><strong>ブログより 2017-01-24</strong><br /><strong>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉-交声曲『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>』と北川博夫氏</strong><br />平成11年10月16日・17日、当寺で「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人500回御遠忌法要」を厳修した。</p> <p>その時のアト<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%AF">ラク</a>ションに、北川博夫・辰彦氏、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>おわら道場を招待し、演奏して頂いた。</p> <p>その時のポスター</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210114/20210114185732.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210114185732j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>そこには、「◎「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B6%CA">交響曲</a>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>』」・「心の故郷ー童謡ー」(CD)から数曲ずつ<br />[出演]<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BC%B3%DA%B2%C8">声楽家</a>・北川博夫氏(両CDの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BD%A5%EA%A5%B9%A5%C8">ソリスト</a>)その他」と印刷し、紹介している。</p> <p> </p> <p>北川氏は、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』(CD)【交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>】以外にも、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>(作詞)・立野勇(作曲)「十億の人に」、深沢富子(作詞)・渋沢沢兆(作曲)「源三さん」を独唱しておいでる。<br />当寺では、その「源三さん」を、ご子息の北川辰彦氏(近年、レシピ・アン?音楽と料理で幸せのおもてなし?、BSフジなどでもご活躍中)がお歌いになった。</p> <p>深く印象に残っている。</p> <p> </p> <p><strong>交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>」</strong><br />※『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉より</p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>作詞・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作曲によるもので・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人四百五十回御遠忌〔昭和24年)を記念して制作されました。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人〔1415~1499〕は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>第8代留守職で、宗祖<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人の教えを当時の民衆に広く伝えられ、今日の教団の基礎を築かれた方です。<br />上人は、現在<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が日常的にお勤めしている「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%BF%AE%D0%F5">正信偈</a>・和讃」による勤行形式を定められ、また、御<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>に多数の「御文」をお書きになり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人の教えをわかりやすく説かれました。<br /> この交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>」(作詞 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>、作曲 清水 脩)は、<br />1、Introduction 2、一念の信 3、げにやただ 4、かくては消えん 5、本尊は 6、ものをいえ 7、げにわれやさき 8、みあとしのべば 9、念仏の合唱<br />の9章からなる作品で、1948(昭和23)年に東京、京都、大阪で相次いで演奏され、京都では、5月3日に本山御影堂において、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C8%E6%C6%E0%CE%B4">朝比奈隆</a>指揮、関西<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B3%DA%C3%C4">交響楽団</a>、独唱中山悌一、砂原美智子、岩崎成章により演奏されました。<br /> また、翌1949(昭和24)年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人四百五十回御遠忌期間中の4月23日には、京都松竹座において、御遠忌を記念して「日本宗教音楽演奏会」が開催され、交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>」は新作交声曲「平和」とともに演奏されました。当時の『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>』誌によると、近代音楽に真正面から取り組んだ仏教音楽の荘厳さと迫力が、満員の聴衆に多くの感銘を与えたと伝えています。</p> <p>交声曲『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>』作詞 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>、作曲 清水 脩、指揮 蒔田尚昊<br />○木場澄江 ※ソプラノ ○市川和彦 ※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C6%A5%CE%A1%BC%A5%EB">テノール</a> ○北川博夫 ※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%EA%A5%C8%A5%F3">バリトン</a><br />○東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団 ○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AD%A5%F3%A5%B0%A5%EC%A5%B3%A1%BC%A5%C9">キングレコード</a>御遠忌記念オーケストラ</p> <p>1 Introducdon<br />2 一念の信<br />一念の信を得て 今 安養にいたる 穢身ながく絶ち 法柑すみやかに証す<br />十方の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%B0%C0%B8">衆生</a>のため 仏はまさに正覚をとりたまえり 一向専念<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CE%CC%BC%F7">無量寿</a>佛 一向専念<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CE%CC%BC%F7">無量寿</a>佛 われは他力の行者なり <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B3%DA">信楽</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a>限りなし<br />3 げにやただ<br />げにやただ たのむまことの かしこさに いまやすらぎの 心えて この身このまゝ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BB%FC">大慈</a>悲の 浄きみ国に いたるとき おしてる光 あまねくも み法のすがた まのあたり<br />4 かくては消えん<br />かくては消えん 法の灯 ふたたびたかく いまぞかかげよ 仏のみ名を 称うるばかりと 母のさとしを 幼なごころに いそしみたまえる  みいのち尊と をみなはまして 罪も深きに 雪つむあたり よしや吉崎 うちしく法の 法のむしろに 集いて 救けたまえや 摂めたまえと いたわりたまえる 朝宵かしこ<br />5 本尊は<br />本尊は掛け破れ 聖教は読み破れ 人間は 唯 電光朝露 稲光の影 朝の露のみ 夢<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DE%A4%DC%A4%ED%A4%B7">まぼろし</a>の 夢幻の間の はかなき一夜の 楽しみぞかし いくとせ いかに苦しくとも つばさたゆまぬ 鷺の森 松の緑のいろそいて 越えゆく奥は山科や 六十路 七十路 道遠し<br />6 ものをいえ<br />ものをいえ ものをいえ ものをいうこそ うれしけれ<br />ものをいえ ものをいえ ものをいうこそ うれしけれ<br />信も不信も ものをいえ いざおのづから いざこころのそこも ひらくべし ものをいわぬぞ おそろしき ただものをいえ ものをいえ ものをいえ ものをいえ さとしもつきず </p> <p>月影の いたらぬ里は なけれども ながむる人の 心にぞすむや うき世をさながらに 安養浄土 今ここに 五つの不思議 無碍光の 功徳をあ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AA%A4%B0">おぐ</a> あらたさよ<br />7 げにわれやさき<br />げに げにわれやさき ひとやさき 今日ともしらず 明日ともしらず あしたには紅顔の 花のよそほい かがやけど 夕べには 白骨の くちゆぐ野辺の 露しずく 夜半のけむりの あともなし<br />8 みあとしのべば<br />み跡しのべば 春の花 無常の風に 散りみだれ み文ひらけば 秋の月 真如のかげの さやけしや かの本願の名号は 清浄の業と説かれたり 他力とは <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>一仏 帰命とは <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B3%DA">信楽</a>本願 行住坐臥に 念仏を 申さるべきばかりなり 南無<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a> 南無<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a><br />9 念仏の合唱<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a> </p> </blockquote> <p>〈用語読み〉</p> <p>例えば仏はブツ、ホトケといずれで歌われているのか? 読みを記す。<br />2 安養 あんにょう、穢身 えしん、法相 ほうしょう、仏 ほとけ、正覚 しょうがく <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B3%DA">信楽</a> しんぎょう <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a> かんぎ <br />3 心 こころ<br />4 救け たすけ 攝め おさめ 朝宵 あさよい<br />5 聖教 しょうぎょう 稻光 いなずま 間 あいだ 一夜 ひとよ<br />6 安養浄土 あんようじょうど 無碍光 むげこう 功徳 くどく<br />7 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B3%DA">信楽</a> しんぎょう</p> <p><br /><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a></strong>氏<br />私が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>大学院に入学したのは1969年4月。まもなく親しくなった友に連れられて、講義を終えた<strong>梅津次郎</strong>先生についていき、先生のおごりで大学近くの喫<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E3%C5%B9">茶店</a>に度々行った。その梅津先生と一緒に歩いておられた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>氏を見たことがある。大谷では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%BB%CB">国史</a>に属したが、大学では国文を学んだ関係で、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>の名は聞き知っており、伝説の人物のように思っていた。その実物に出会えるとは…。京都のすごさ、立ちすくんでしまうような感覚も覚えた。この詩は、いわば<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%BB%E1">土岐氏</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>理解の集約なのだろう。しかし、この本の解説以外には、他の作詞家も含め、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>と音楽関係者として語られていないのではないか。<br />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉』を、今一度見直す必要があるのではないだろうか。<br />ついでに、三条の古本屋で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%C2%BC%BD%D0">新村出</a>にあったことがある。名は知っていても顔は知らない。古本屋のおばさんが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%C2%BC%BD%D0">新村出</a>だと教えてくれた。</p> <p>以下、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%F3%A5%BF%A1%BC%A5%BF">カンタータ</a>-<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>関係の人物を調べ紹介する。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>は、一時期<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>にいたときから「月光とピエロ」(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽』にも採られている)、「恩徳讃」などで身近な方だった。この作品の指揮者・蒔田尚昊は名を読むことも出来ない。いい機会なので、関係者のプロフィールを以下に記す。</p> <p> </p> <p>作詞・<strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a></strong>(1885~1980)<br />○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A318%C7%AF">明治18年</a>東京都<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>等光寺に生まれる。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E1%B0%F0%C5%C4%C2%E7%B3%D8">早稲田大学</a>卒業、文学博士、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E7%BC%FA%CB%AB%BE%CF">紫綬褒章</a>受章する。《阿難》《ああこのよろこび》《降誕讃歌》<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%F3%A5%BF%A1%BC%A5%BF">カンタータ</a>《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>》など仏教音楽作品多数を発表する。特に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%F3%A5%BF%A1%BC%A5%BF">カンタータ</a>《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>》は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人450回御遠忌記念演奏会に上演され今も最も記憶に残る大作として多くの人々の語り草として記憶に残っている。<br />出典・『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉プロフイール)<br />○とき ぜんまろ、1885年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A318%C7%AF">明治18年</a>)6月8日 - 1980年(昭和55年)4月15日)は、日本の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%CE%BF%CD">歌人</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%B8%EC%B3%D8%BC%D4">国語学者</a>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%C9%DC">東京府</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%BB%D4">東京市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%F5%C1%F0%B6%E8">浅草区</a>浅草松清町(現在の東京都<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E6%C5%EC%B6%E8">台東区</a>西浅草一丁目)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>の寺院に生まれる。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%C9%DC">東京府</a>立第一中学校(現在の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%C5%D4%CE%A9%C6%FC%C8%E6%C3%AB%B9%E2%C5%F9%B3%D8%B9%BB">東京都立日比谷高等学校</a>)を経て、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E1%B0%F0%C5%C4%C2%E7%B3%D8">早稲田大学</a>英文科に進み、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%E7%C2%BC%CA%FA%B7%EE">島村抱月</a>に師事。窪田空穂の第一歌集『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DE%A4%D2%A4%EB">まひる</a>野』に感銘を受け、同級の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%E3%BB%B3%CB%D2%BF%E5">若山牧水</a>と共に作歌に励んだ。<br />卒業の後、読売新聞記者となった1910年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A343%C7%AF">明治43年</a>)に第一歌集『NAKIWARAI』を「哀果」の号で出版、この歌集はローマ字綴りの一首三行書きという異色のものであり、当時東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>にいた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%C2%EF%CC%DA">石川啄木</a>が批評を書いている。同年啄木も第一歌集『一握の砂』を出し、文芸評論家の楠山正雄が啄木と善麿を歌壇の新しい<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DB%A1%BC%A5%D7">ホープ</a>として読売紙上で取り上げた。これをきっかけとして善麿は啄木と知り合うようになり、雑誌『樹木と果実』の創刊を計画するなど親交を深めたものの、1912年(明治45年)に啄木が死去。啄木の死後も善麿は遺族を助け、『啄木遺稿』『啄木全集』の編纂・刊行に尽力するなど、啄木を世に出すことに努めた。その後も読売に勤務しながらも歌作を続け、社会部長にあった1917年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%B56%C7%AF">大正6年</a>)に東京遷都50年の記念博覧会協賛事業として東京~京都間のリレー競走「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B3%A4%C6%BB">東海道</a>駅伝」を企画し大成功を収めた。これが今日の<strong>「駅伝」の起こり</strong>となっている。<br />翌1918年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%B57%C7%AF">大正7年</a>)に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>に転じるが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AB%CD%B3%BC%E7%B5%C1%BC%D4">自由主義者</a>として非難され、1940年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C215%C7%AF">昭和15年</a>)に退社し戦時下を隠遁生活で過ごしながら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%B0%C2%BD%A1%C9%F0">田安宗武</a>の研究に取り組む。<br />戦後再び歌作に励み、1946年(昭和21年)には新<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%FB%CB%A1">憲法</a>施行記念国民歌『われらの日本』を作詞する(作曲・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%BB%FE%B7%E9">信時潔</a>)。翌年には『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%B0%C2%BD%A1%C9%F0">田安宗武</a>』によって<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D8%BB%CE%B1%A1%BE%DE">学士院賞</a>を受賞した。同年に窪田の後任として<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E1%B0%F0%C5%C4%C2%E7%B3%D8">早稲田大学</a>教授となり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%C2%E5">上代</a>文学を講じた他、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%CE%CA%E3">杜甫</a>の研究や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B9%B1%B4">長唄</a>の新作を世に出すなど多彩な業績をあげた。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%BA%EE%C7%BD">新作能</a>を多数物した作者としても名高い。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E7%BC%FA%CB%AB%BE%CF">紫綬褒章</a>受章。<br />第一歌集でローマ字で書いた歌集を発表したことから、ローマ字運動や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5%B9%A5%DA%A5%E9%A5%F3%A5%C8">エスペラント</a>の普及にも深く関わった。また国語審議会会長を歴任し、現代国語・国字の基礎の確立に尽くした。戦後の新字・新仮名導入にも大きな役割を果たしている。 出典・ウキペディア<br />○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A343%C7%AF">明治43年</a>出版の第一歌集『NAKIWARAI』は日常生活の哀感をローマ字三行書きで歌って歌壇の注目を集め、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%C2%EF%CC%DA">石川啄木</a>に大きな影響を与えた。それを契機に交流を始め、雑誌「樹木と果実」の創刊を計画したが果たすことはできなかった。<br /> 貧困と病によって倒された<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%C2%EF%CC%DA">石川啄木</a>の葬儀を生家の西浅草・等光寺で行い、遺骨も一時埋葬、遺族の擁護、全集発刊につとめるなど友情を尽くした<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>は、その68年後の昭和55年4月15日、下目黒の自宅で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B4%C9%D4%C1%B4">心不全</a>により死去した。94歳。啄木の26歳に比して、なんと長寿であったことか。自身の会葬御礼に記した歌がある。〈わがために一基の碑をも建つるなかれ 歌は集中にあり 人は地上にあり〉。<br />〈死後二年の啄木を、事につけては思う心。〉との解説がある歌〈石川<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CF%A4%A8">はえ</a>らかつたな、と おちつけば、しみじみとして思ふなり、今も。〉。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>はローマ字綴りの一首三行書きによって、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%C2%EF%CC%DA">石川啄木</a>とともに歌壇の新しい<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DB%A1%BC%A5%D7">ホープ</a>として注目され、啄木死後、遺稿歌集<strong>『悲しき玩具』</strong>発行に尽力した。「一念」とのみ刻された一メートルばかりの黒御影の細い石柱が立っている。香立てに「土岐」の文字があるばかり。浅草・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%CB%DC%B4%EA%BB%FB">東本願寺</a>近くにある善麿の生家、<strong>等光寺</strong>裏墓地の門扉のすぐ先にあるその墓碑の清楚さに、達観した人柄が偲ばれて心が洗われた。本堂前に<strong>啄木の歌碑</strong>がある。〈浅草の夜のにぎわひに まぎれ入り まぎれ出て来しさびしき心 啄木〉。出典・文学者<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%DD%C2%DD">掃苔</a>録</p> <p> </p> <p>作曲・<strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a></strong>(1911~1986) しみずおさむ<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A344%C7%AF">明治44年</a>大阪<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%C5%B7%B2%A6%BB%FB">四天王寺</a>に生まれる。大阪<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%B0%B9%F1%B8%EC%B3%D8%B9%BB">外国語学校</a>仏語部、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%B2%BB%B3%DA%B3%D8%B9%BB">東京音楽学校</a>(現・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%B7%DD%C2%E7">東京芸大</a>)卒業・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B4%C6%FC%CB%DC%B9%E7%BE%A7%CF%A2%CC%C1">全日本合唱連盟</a>理事長、日本宗教音楽協会創立に参画する。日本プロ合唱団連合会委員長、日本合唱協会代表等要職歴任。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E7%BC%FA%CB%AB%BE%CF">紫綬褒章</a>受章。作品としてオペラ《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%C1%B1%BB%FB">修善寺</a>物語》《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%D3%B4%B2">俊寛</a>》、合唱曲《月光とピエ鱒ほか、舞台音楽、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B6%CA">交響曲</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%BC%C6%E2%B3%DA">室内楽</a>、歌曲、箏、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%ED%B3%DA">雅楽</a>器曲など多岐にわたる。仏教作品として交声曲《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>》《平和》《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>》《阿糞齢など多数。<br />受賞曲としては、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C214%C7%AF">昭和14年</a>第8回音楽コンクールで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C9%B8%B9%B3%DA%B6%CA">管弦楽曲</a>《花に寄せたる舞踏<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>》第1位・同25年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C9%B8%B9%B3%DA%B6%CA">管弦楽曲</a>《インド旋律による4楽章》文部大臣賞受賞など、その他多くの作品で受賞・出典・『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉)</p> <p> </p> <p>指揮者・蒔田 尚昊(まいた しょうこう、1935年3月13日~ )<br />日本の作曲家。別名、冬木 透(ふゆき とおる)。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%FE%BD%A3%B9%F1">満州国</a>の首都新京出身。エリザベト短期大学作曲科卒業後、同短期大学宗教音楽専攻科修了。TBS(当時<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%B8%A5%AA%C5%EC%B5%FE">ラジオ東京</a>)に入社して効果を担当しつつ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">国立音楽大学</a>作曲科に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%D4%C6%FE">編入</a>。合唱曲、特に児童合唱のための作・編曲が多い。また、宗教曲(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AD%A5%EA%A5%B9%A5%C8%B6%B5">キリスト教</a>)も書いている。映画・テレビの音楽を担当する際は、冬木透の名前を使っている。この分野では、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%BB%A5%D6%A5%F3">ウルトラセブン</a>』に始まる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%B7%A5%EA%A1%BC%A5%BA">ウルトラシリーズ</a>や、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NHK">NHK</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A2%C2%B3%A5%C6%A5%EC%A5%D3%BE%AE%C0%E2">連続テレビ小説</a>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B7%BB%D2%A4%CE%B3%A4">鳩子の海</a>』などが知られている。特に『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%A2%A4%C3%A4%C6%A4%AD%A4%BF%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%DE%A5%F3">帰ってきたウルトラマン</a>』の防衛隊・MATのテーマで流れる男性コーラス「ワンダバ」は、その後の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%B7%A5%EA%A1%BC%A5%BA">ウルトラシリーズ</a>の防衛隊音楽に大きな影響を与えた。また、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%DE%A5%F3A">ウルトラマンA</a>』第51話「命を吸う音」では、バイオリン教室の先生役で出演している。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AF%A5%E9%A5%B7%A5%C3%A5%AF%B2%BB%B3%DA">クラシック音楽</a>にも精通しており、その流用も多く行った。『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%BB%A5%D6%A5%F3">ウルトラセブン</a>』の最終回では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%E5%A1%BC%A5%DE%A5%F3">シューマン</a>のピアノ協奏曲を流用したほか、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D5%A5%A3%A5%F3%A5%E9%A5%F3%A5%C9">フィンランド</a>を舞台としたアニメ『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%D2%BE%EC%A4%CE%BE%AF%BD%F7%A5%AB%A5%C8%A5%EA">牧場の少女カトリ</a>』の劇伴使用曲は、そのほぼ全曲が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D5%A5%A3%A5%F3%A5%E9%A5%F3%A5%C9">フィンランド</a>の作曲家<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%D9%A5%EA%A5%A6%A5%B9">シベリウス</a>の作品からの編曲であった。</p> <p> </p> <p>木場 澄江(こば すみえ、ソプラノ)<br />ソプラノ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BC%B3%DA%B2%C8">声楽家</a>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%E9%BA%BD%D1%C2%E7%B3%D8">東京藝術大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BB%B3%DA%B3%D8">音楽学</a>部声楽科卒。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%F3%B4%FC%B2%F1">二期会</a>を経て、ウィーン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">国立音楽大学</a>に留学。修学後は、演奏活動、多数CD録音の他、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DF%A5%E5%A5%F3%A5%D8%A5%F3">ミュンヘン</a>での「手工芸メッセ」では開幕に際し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DF%A5%E5%A5%F3%A5%D8%A5%F3%BB%D4">ミュンヘン市</a>長、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AF%A5%EA%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A5%A2%A5%F3">クリスティアン</a>・ウーデを始め、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%A4%A5%A8%A5%EB%A5%F3%BD%A3">バイエルン州</a>政治家他に日本歌曲を歌唱、また「札幌-<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DF%A5%E5%A5%F3%A5%D8%A5%F3">ミュンヘン</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D0%CB%E5%C5%D4%BB%D4">姉妹都市</a>交流」の日本代表を務める。<br />フランスのファッション雑誌「Marie claire」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%EA%A1%A6%A5%AF%A5%EC%A1%BC%A5%EB">マリ・クレール</a>)2002年3月号(ドイツ、スイス、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A1%BC%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A5%A2">オーストリア</a>版)に「ドイツで活躍する女性音<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%DA%B2%C8">楽家</a>」として取り上げられ、2006年には、ドイツ開催の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%C3%A5%AB%A1%BC%A5%EF%A1%BC%A5%EB%A5%C9%A5%AB%A5%C3%A5%D7">サッカーワールドカップ</a>写真展「参加国の人々」Faces - Peaceful Colours of Cultures“で日本人代表に選ばれ、2週間に渡り<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DD%A5%C4%A5%C0%A5%E0">ポツダム</a>広場に大写真が掲げられた。クラシック以外にも、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EF%A1%BC%A5%CA%A1%BC%A5%DF%A5%E5%A1%BC%A5%B8%A5%C3%A5%AF">ワーナーミュージック</a>のアニメ音楽CDの録音もある。</p> <p><br />市川 和彦(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C6%A5%CE%A1%BC%A5%EB">テノール</a>)<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%C5%B8%A9">三重県</a>出身。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%E9%BA%BD%D1%C2%E7%B3%D8">東京藝術大学</a>卒業。第23回日伊声楽コンコルソ入選・同26回入賞。藝大「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E1%A5%B5%A5%A4%A5%A2">メサイア</a>」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C6%A5%CE%A1%BC%A5%EB">テノール</a>ソロでデビュー。「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E1%A5%B5%A5%A4%A5%A2">メサイア</a>」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A1%D6%C2%E8%B6%E5%A1%D7">「第九」</a>をはじめ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E2%A1%BC%A5%C4%A5%A2%A5%EB%A5%C8">モーツアルト</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D9%A1%BC%A5%C8%A1%BC%A5%F4%A5%A7%A5%F3">ベートーヴェン</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%C8%A5%E9%A5%F4%A5%A3%A5%F3%A5%B9%A5%AD%A1%BC">ストラヴィンスキー</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%EB%A5%C3%A5%AF%A5%CA%A1%BC">ブルックナー</a>・オルフ・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%F4%A5%A9%A5%EB%A5%B6%A1%BC%A5%AF">ドヴォルザーク</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%EA%A5%C6%A5%F3">ブリテン</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%F4%A5%A7%A5%EB%A5%C7%A5%A3">ヴェルディ</a>・グノー・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%F3%A5%B5%A1%BC%A5%F3%A5%B9">サンサーンス</a>他の宗教曲の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BD%A5%EA%A5%B9%A5%C8">ソリスト</a>を数多く務める。オペラでは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%A3%B8%B6%B2%CE%B7%E0%C3%C4">藤原歌劇団</a>「椿姫」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%EB%A5%E1%A5%F3">カルメン</a>」「トスカ」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B3%A1%B9%C9%D7%BF%CD">蝶々夫人</a>」「ルチア」「イル・カンピエッロ」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%BF%A5%EA%A5%A2%A4%CE%A5%C8%A5%EB%A5%B3%BF%CD">イタリアのトルコ人</a>」「ロメオとジュリエット」、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%A5%AA%A5%DA%A5%E9%B6%A8%B2%F1">日本オペラ協会</a>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E8%A4%B5%A4%B3%A4%A4%C0%E1">よさこい節</a>」「祝い歌が流れる夜に」「あだ」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DA%A5%C8%A5%ED%B4%F4%C9%F4">ペトロ岐部</a>」「死神」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E1%BF%DC">那須</a>與一」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%C1%B5%BB%FB%CA%AA%B8%EC">修禅寺物語</a>」「瀧廉太郎」「キジムナー時を翔ける」、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%B9%F1%CE%A9%B7%E0%BE%EC">新国立劇場</a>「建・TAKERU」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B3%A1%B9%C9%D7%BF%CD">蝶々夫人</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CA%A5%D6%A5%C3%A5%B3">ナブッコ</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%EB%A5%E1%A5%F3">カルメン</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%CE%A5%F3%A1%A6%A5%EC%A5%B9%A5%B3%A1%BC">マノン・レスコー</a>」「ドン・キショット」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E2%C5%AB">魔笛</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C8%A5%A5%A1%BC%A5%E9%A5%F3%A5%C9%A5%C3%A5%C8">トゥーランドット</a>」「トスカ」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%F3%A1%A6%A5%AB%A5%EB%A5%ED">ドン・カルロ</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A5%C6%A5%C3%A5%ED">オテッロ</a>」「黒船―夜明け」、四国<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%F3%B4%FC%B2%F1">二期会</a>・栃木県民オペラ・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CC%B1%CA%B8%B2%BD%BA%D7">国民文化祭</a>(千葉・栃木・三重)・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%C5%B2%AC%B8%A9">静岡県</a>民オペラ・豊島区・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%B0%C8%FE%B3%D8%B1%E0">尚美学園</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%D3%A4%EF%B8%D0%A5%DB%A1%BC%A5%EB">びわ湖ホール</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A1%BC%A5%C1%A5%E3%A1%BC%A5%C9%A5%DB%A1%BC%A5%EB">オーチャードホール</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%F3%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DB%A1%BC%A5%EB">サントリーホール</a>・札幌室内歌劇場・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%C6%FC%CB%DC%A5%D5%A5%A3%A5%EB">新日本フィル</a>・神奈川フィル・東響他にて「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C8%A5%A5%A1%BC%A5%E9%A5%F3%A5%C9%A5%C3%A5%C8">トゥーランドット</a>」「椿姫」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E2%C5%AB">魔笛</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%EB%A5%E1%A5%F3">カルメン</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%C1%A5%EA%A5%A2">シチリア</a>の夕べの祈り」「スティッフェーリオ」「天国の歌姫」「岩長姫」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E1%BF%DC%CD%BF%B0%EC">那須与一</a>」「贄のうたげ」「ミナモ」「エフゲニー・オネーギン」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C1%A5%E3%A5%EB%A5%C0%A1%BC%A5%B7%A5%E5">チャルダーシュ</a>の歌姫」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E1%A5%EA%A1%BC%A1%A6%A5%A6%A5%A3%A5%C9%A5%A6">メリー・ウィドウ</a>」「ひかりのゆりかご」「君と見る夢」他のオペラ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A5%DA%A5%EC%A5%C3%A5%BF">オペレッタ</a>に多数出演。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%C4%B1%FE%B5%C1%BD%CE">慶応義塾</a>大学・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%BD%F7%BB%D2%C2%E7%B3%D8">日本女子大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団「コール・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E1%A5%ED%A5%C7%A5%A3%A5%AA%A5%F3">メロディオン</a>」常任ヴォイ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%C8%A5%EC%A1%BC%A5%CA%A1%BC">ストレーナー</a>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%D3%BE%E5%CB%DC%CC%E7%BB%FB">池上本門寺</a>コーラスグループ「水」指揮者。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%CC%C0%EE%C2%E7%B3%D8">玉川大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%DD%BD%D1%B3%D8%C9%F4">芸術学部</a>パフォーミング・アーツ学科非常勤講師。 出典・ウキペディア</p> <p> </p> <p><strong>北川博夫</strong>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%EA%A5%C8%A5%F3">バリトン</a>)<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F0%C2%A2%CC%EE%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">武蔵野音楽大学</a>声楽科卒業、同専攻科修了。東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団入団。1974年ウィーン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">国立音楽大学</a>声楽科入学。発声、リート、オラトリオ、オペラ各クラスで3年間研鑚を積み、1977年、同大学最優秀首席で卒業。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A1%BC%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A5%A2">オーストリア</a>政府より文部大臣賞と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%A9%B3%D8%B6%E2">奨学金</a>を受ける。在墺中、伝統あるORF(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A1%BC%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A5%A2">オーストリア</a>放送合唱団)のオーディションに合格。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%EA%B4%FC%B1%E9%C1%D5%B2%F1">定期演奏会</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B6%A5%EB%A5%C4%A5%D6%A5%EB%A5%B0">ザルツブルグ</a>音楽祭などの演奏会に正団員、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BD%A5%EA%A5%B9%A5%C8">ソリスト</a>として活動。帰国後、リサイタル、オペラ、レコーディング(CM)、オラトリオ、第九などのソロ活動により好評を博す。<br />一方、多く合唱団の指導に当たり、<strong>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%B5%BB%B4%DB">国技館</a>5000人の第九」</strong>では、音楽総監督故石丸寛のアシスタント・コンダクターを務める。他にプロ合唱団東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団のソロ、東京カンマコーアのソロや指揮、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E1%B0%F0%C5%C4%C2%E7%B3%D8">早稲田大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%EA%B4%FC%B1%E9%C1%D5%B2%F1">定期演奏会</a>の指揮など、ア<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%C1%A5%E5%A5%A2">マチュア</a>合唱団8団体の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BB%B3%DA%B4%C6%C6%C4">音楽監督</a>、指揮者として活躍している。ウイーン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">国立音楽大学</a>声楽科首席卒業。</p> <p>出典・北川博夫指揮者35周年記念 KGC合唱団演奏会(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のうみやまブシ 20170119)</p> <p> </p> <p><strong>ブログから</strong></p> <p><strong>2017-01-24</strong><br /><strong>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽』 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人、千代女、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>、源三さん</strong></p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作曲 蓮師道歌 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人御詠 </strong>○東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団<br />(1)かたみには 六字の御名(みな)をとゞめおく なからん世(よ)には 誰ももちいよ<br />(2)真実の 信心ならではのちの世の  たからとおもう 物はあらじな<br />(3)ほとけには 花たてまつる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%B3%A1%B5%A4%ED">こゝろ</a>あれや ついにめぐらん 春のゆうぐれ  <br />(4)つくづくと おもいくらして入(い)りあいの 鐘のひゞきに 弥陀ぞこいしき<br />(5)たかい山 深き海にも限りあり  弥陀の功徳を 何にたとえん<br />※(1)誰 原歌 たれももちゐよ (2)明応6年5月18日 83歳ご詠 (3)慈願寺正本 (4)文明3年7月16日 加州二俣坊にて御文(此歌は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E5%C2%E9%B8%EF%C5%B7%B9%C4">後醍醐天皇</a>御子八歳の宮御歌なるを、それは君ぞこひしきとあり、これは弥陀ぞ恋しきとかへられ侍れば、可為御詠也。実悟) (3)以外は実悟集所収 ※『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人遺文』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%F0%CD%D5%BE%BB%B4%DD">稲葉昌丸</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%E9%B6%B4%DB">法藏館</a>参照</p> <p> </p> <p>※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%C5%B7%B2%A6%BB%FB">四天王寺</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>寺院生まれであることまでは知っていて、勉強会で話したりするのだが、寺号は知らないでいた。<br />この機に調べた。鑪山佛足寺(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BA%E5%BB%D4">大阪市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%B2%A6%BB%FB%B6%E8">天王寺区</a>北河堀町)という。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%C5%B7%B2%A6%BB%FB">四天王寺</a>エリアにあって、仏教根源に関わる寺号のお寺である。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%B9%E6">山号</a>の読みは金銅仏あるいは仏具、建物の金具を作る「たたら」、仏の初期の出現、仏足石歌を思わせる佛足寺である。</p> <p> </p> <p><strong>北川博夫</strong>氏の歌</p> <p><strong>十億の人に</strong> 作詞 暁烏 敏  作曲 立野 勇   歌  北川 博夫<br /> 十億の人に 十億の母あれど わが母にまさる母  あらめもや</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="暁烏敏のお寺・明達寺境内ある「十億の…」碑"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210114/20210114194031.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210114194031j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>のお寺・明達寺境内ある「十億の…」碑</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="崇信学舎前の「十億の…」碑。金沢浅野川天神橋 学舎近く。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210114/20210114194252.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210114194252j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">崇信学舎前の「十億の…」碑。金沢<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%F5%CC%EE%C0%EE">浅野川</a>天神橋 学舎近く。</figcaption> </figure> <p>※♪アサヒスタイニー あ! <br />のコマーシャルは北川さんが歌ったとの話がある。また、アの高さは、G(ゲー)H(ハー)A(アー)の「ア」。グリーの練習では音取りに音叉を用いるが、そのアと同じだとも聞いた。都市伝説ならぬ、音楽伝説かも知れない</p> <p><strong>暁鳥敏</strong>(1877~1954)<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A310%C7%AF">明治10年</a>石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>明達寺に生まれる。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>大学(現大谷大)卒業。宗教家清澤満之に師事、「浩々洞」同人として<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BA%BF%C0%BC%E7%B5%C1">精神主義</a>運動に参加する。昭和26年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a>宗務総長に就任。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A330%C7%AF">明治30年</a>代日曜学校生徒のため讃仏歌を多く発表《讃仏の伽陀》として刊行。<br />著作に《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>》全集27巻『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>講話』ほか、詩集、歌集が多数あり、讃仏歌に《十億の人に》《三帰》《前進》などがある。蔵書5万余を金沢大学へ暁鳥文庫として寄贈する。(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉より)</p> <p> </p> <p><strong>源三さん</strong> 作詞 深沢富子 作曲 渋谷沢兆 歌 北川博夫<br />(1) 父に別れた その日から まことの親を 昼も夜も 尋ね歩いて 十余年 はじめてきこえた 呼び声に 心はればれ 仰ぐ空 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E8%A4%A6%A4%B3%A4%BD%A4%E8%A4%A6%A4%B3">ようこそようこ</a>そ 源左さん<br />(2) 私がつくった 罪科(つみとが)に  私が苦しむ そのままを 背負ってくれる 牛(でん)は弥陀 仏のいのち 恵まれて 不思議な力 湧いてくる <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E8%A4%A6%A4%B3%A4%BD%A4%E8%A4%A6%A4%B3">ようこそようこ</a>そ なむあみだ一<br />(3) 光に遇いて 導くも 土に生き抜く その姿 胸にあふれる 幸せを 人にもわかつ 無碍(むげ)のみち 山根の里に 咲き匂う <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E8%A4%A6%A4%B3%A4%BD%A4%E8%A4%A6%A4%B3">ようこそようこ</a>そ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%CF%A1%B2%DA">白蓮華</a></p> <p> </p> <p>渋谷 沢兆(しぶや たくちょう、1930年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C25%C7%AF">昭和5年</a>)4月10日 - )<br />日本の作曲家。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A7%CB%DC%B8%A9">熊本県</a>出身。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B6%B5%C2%E7%B3%D8">文教大学</a>講師。諸井三郎、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%C0%A5">清瀬</a>保二に師事する。多くの歌曲、校歌を作曲する。また、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B3%A5%ED%A5%E0%A5%D3%A5%A2">コロムビア</a>レコードで、学芸レコードの制作にも携わる。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B9%B3%DA%BB%CD%BD%C5%C1%D5">弦楽四重奏</a>「ピアノプレリュードアルバム」、ないしょのはなし、南の島の子守歌<br />北海盆歌の主題と変奏、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%EE%B1%DB%BB%D4">川越市</a>立名細中学校校歌、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%C5%E7%BB%D4">三島市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>田中学校校歌など。</p> <p> </p> <p><strong>恩徳讃</strong></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作曲「恩徳讃」については、次のブログ記事。</p> <p>2019-09-05<br />『恩徳讃ものがたり』海谷則之氏著、 無常講式(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E5%C4%BB%B1%A9%C5%B7%B9%C4">後鳥羽天皇</a>作) <iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2019%2F09%2F05%2F135207" title="『恩徳讃ものがたり』海谷則之氏著、 無常講式(後鳥羽天皇作) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/09/05/135207">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p>
  97. 清水脩ー前半 「山に祈る」(♪満天の星)  | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/14 16:54
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="「山に祈る」(清水脩作詩・作曲)、「月光とピエロ」(堀口大学作詩・清水脩作曲)ジャケット。1970(昭和45)年8月29日レコーディング、VICTOR STERO 2000円 ※スキャナーがA4までなので部分欠"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210113/20210113100838.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210113100838j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">「山に祈る」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作詩・作曲)、「月光とピエロ」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%D9%B8%FD%C2%E7%B3%D8">堀口大学</a>作詩・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作曲)ジャケット。1970(昭和45)年8月29日レコーディング、VICTOR STERO 2000円 ※スキャナーがA4までなので部分欠</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同。裏面"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210113/20210113110531.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210113110531j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同。裏面</figcaption> </figure> <p>11日のブログに</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;">合唱<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">組曲</a>「山に祈る」…「山小屋の夜」-満天の夜ーのところ</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> ※新たに作詞・作曲<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">清水脩</a>について記す。</p> <p>と書いた話に進める。</p> <p> </p> <p>「山に祈る」を聞いたのは、中学生の時の音楽の授業だった。レコードをちゃんとした演奏器で聞くなんてのは音楽授業ぐらいなもので、もっぱらラジオから流れる「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AC%CD%E8">潮来</a>笠」「北帰行」などの歌詞を書き写して、がなり歩いていた年ごろだったので、レコード鑑賞の時間は、かなり無理して過ごしていた。</p> <p>いわゆるポピュラークラシックなどを聴いたのだろうが、何を聞いたのかはもう覚えていない。ただ、その中で「山に祈る」は鮮明に覚えているのだ。</p> <p>あの時、岸田照子先生は、</p> <p> </p> <p>春先のポカポカした日差しの中で梅の枝を折りながら、そろそろ山から帰ってくる誠のことを思っていた。</p> <p>そこに、一通の電報が届いたのです…。~</p> <p>お母さんは、小さな声で、ま・こ・と…、と呼ぶのです。</p> <p>子供が遭難した、普通なら、ま!こ!と!!!-大声で呼ぶと思うでしょうが、本当に悲しいときには、小さな声でしか呼びかけることが出来ない。</p> <p>そこを、しっかり聞いて下さい…</p> <p> </p> <p>もちろん、60年ほど前のある授業の一生徒の記憶。どこかで想い出を整理し直している部分があるかも知れないが、このようなことをおっしゃったのである。</p> <p> </p> <p>大学時代、私は下宿仲間に誘われ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B6%B9%AC%C9%D7">橋幸夫</a>や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%AE%CC%DA%B0%EC%C9%D7">舟木一夫</a>を歌うつもりで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>(男性合唱団)にいた。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>の合唱<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「月光とピエロ」を定演でうたった。</p> <p>同じ大学に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団もあった。その合唱団は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「山に祈る」を歌った。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%C8%BC%C1%D5">無伴奏</a>である。「山に祈る」は、ピアノ伴奏、母役のナレーター、進行役ナレーターと合唱以外にも重要な役割を担う人たちがいて、一度聞いたフル変奏がそうであったように、ずーーと<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>用に作られた曲だと思っていた。</p> <p>その時のスピーカから流れていた進行ナレーターが、選ばれた部員だけに当然情景を深め、素晴らしかったのだが、その声・響きにどこか懐かしさまで感じてよくあるナレー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A1%BC%A5%EC">ターレ</a>ベルを越えて胸に迫っていた。</p> <p>演奏を終え、部員が並んで観客を送り出す時にだった(はず)かに、どんな人がナレーター役だったのか確かめたところ、</p> <p>メンバーの中に中学・高校(大学も)の1年後輩の郡楽さんがおり、彼女がナレーターだったのである。</p> <p>僕は流れてくる声のどこかに、ずーっと、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の響きを聞いていたのだ。</p> <p> </p> <p>そのようなことがあって写真ジャケットのレコードを購入したが、ある年齢から哀しすぎて聞くことが出来なくなり、仕舞われてしまったが、雪の星空に会うと、</p> <p>♪満天の星ーが、決まって流れていく。</p> <p> </p> <p>今日は旧暦12月2日。ほぼ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%B7%EE">新月</a>。晴れれば「満天の星」だ。</p> <p> </p> <p><strong>LPジャケット解説</strong></p> <blockquote> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>(1911~)</strong><br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A344%C7%AF">明治44年</a>大阪<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%B2%A6%BB%FB">天王寺</a><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>寺院に生まれ</strong>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BA%E5%B3%B0%B8%EC%C2%E7">大阪外語大</a>学フランス語科を卒業、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C212%C7%AF">昭和12年</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%CB%DC%B4%EA%BB%FB">東本願寺</a>研究生として、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%B2%BB%B3%DA%B3%D8%B9%BB">東京音楽学校</a>専科作曲部に入学。橋本国彦・細川碧に作曲を師事、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C214%C7%AF">昭和14年</a>卒業と同時に同校教務嘱託兼フランス語の講師を勤めた。そして同年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E8%C6%FC%BF%B7%CA%B9">毎日新聞</a>作曲コンクールに「花に寄せたる舞踊<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>」が一位に入賞して以来、作曲家として、すぐれた作品が次々と世に発表されていった、そして同年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BB%B3%DA%C7%B7%CD%A7%BC%D2">音楽之友社</a>に入社し、のちに編集部長となったが、20年に退社。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C236%C7%AF">昭和36年</a>よリカワイ楽譜取締役社長として現在に至っている。その間日本の合唱曲の楽譜出版に力を入れ、今日の日本の合唱曲の隆盛の一助をなした功績は高くかわれている。又昭和21年には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B4%C6%FC%CB%DC%B9%E7%BE%A7%CF%A2%CC%C1">全日本合唱連盟</a>の設立に参画し、主事、常任理事を経て、昭和38年には四代目理事長に就任、本年は創立20年記念事業を華々しく推進している。ちなみに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B4%C6%FC%CB%DC%B9%E7%BE%A7%CF%A2%CC%C1">全日本合唱連盟</a>は、2000有余の団体と15万人の合唱人口を抱え、全国9地区、59府県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D9%C9%F4">支部</a>連盟の組織をもち、アジアは申すに及ばず、世界にもその類例の少ない大所帯を把握している。彼は又指揮者としてもアマチュァ合唱団は勿論、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C219%C7%AF">昭和19年</a>には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NHK">NHK</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%CA%FC%C1%F7">東京放送</a>合唱団の常任指揮をはじめ、大阪・東京にある殆どのプロ合唱団にも関係して、自身の作品は無論のこと、日本の合唱普及に力を至している。その反面訳詞・作詞(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DA%A5%F3%A5%CD">ペンネ</a>ーム竜田和夫)の他、随筆にもすぐれた才能を示し、音楽随想「書き落した楽章」「合唱の素顔」の著の他合唱新聞・合唱誌に毎回のように掲載されている。<br /> そして作曲の面においても非常に広範囲にわたり、歌劇「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%C1%B5%BB%FB%CA%AA%B8%EC">修禅寺物語</a>」・「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%D3%B4%B2">俊寛</a>」・「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%CA%A9%B3%AB%B4%E3">大仏開眼</a>』の他<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A5%DA%A5%EC%A5%C3%A5%BF">オペレッタ</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B6%CA">交響曲</a>、箏独奏曲に多数の作品がある。然し何といっても合唱曲は質・量ともにその中心をしめているといっても過言ではない。演奏時間一時間を越える交声曲<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C1%B6%B5%C2%E7%BB%D5">伝教大師</a>讃歌をはじめ、出版されたものだけでも159曲に及び、小品の仏教讃歌、校歌を含めると250に及び、合唱編曲で出版された250曲を加えると優に500曲になる。<br />この多数の創作合唱曲は大きく三つの方向に分けることが出来る。①オリジナル合唱曲これには大曲が多く、交声曲又は合唱<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>がその中心となっている。②<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CC%B1%CD%D8">日本民謡</a>・古謡・わらべ唄を素材とした合唱曲。③仏教讃歌に分けることが出来る。その主な作品としては<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C214%C7%AF">昭和14年</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「高原の歌」(女声)16年の「汗をうたえる」(混声)、23年の「秋のピエロ」(男声)をはじめとし「日本の花」12曲(混声)「野ぶどう」(女声)「宮城野ぶみ」(女声)「農民の歌」混声)交声曲「若者の歌」(混声と男声)「青い照明」(男声)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「童話、(女声)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「山に祈る」(男声と混声)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%BD%A5%C3%A5%D7%CA%AA%B8%EC">イソップ物語</a>「網にかかった鷹」(混声三重合唱)合唱のための物語「鼻長き僧の話」(混声)「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BC%EA%C2%F3%BC%A1">大手拓次</a>の三つの詩」(男声)交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>」全十章(混声)「火の国水の国の譚」(女声)「阿波祈祷文」(男声)の他、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CC%B1%CD%D8">日本民謡</a>として「そ一らん節」(混声と男声)「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%C7%BE%E5%C0%EE">最上川</a>舟唄」(男声と混声〉「八木節」(男声)「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%A4%A5%CC">アイヌ</a>のウポポ」(男声)等がある。その他音楽賞という賞は殆んど受賞しておリ、音楽のあ<br />らゆる面に驚異的活躍をしている。(解説・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CB%DC%B6%E2%CD%BA">山本金雄</a>)</p> <p>1970年8月29日レコ-ディング</p> <p> </p> <p><strong>「山に祈る」初演から今日まで</strong><br /> 山の遭難と交通戦争による悲報は、増える一方である。<br />それに取材した文学や音楽作品の数も多い。しかし、山の遭難事件を唱って、これほど感動的な作品に仕上げた例はないだろう。まさに"山"の決定版である。<br /> 作品が最初に書かれたのは1960年3月。この種の劇的合唱曲のさきがけとなった。この曲が誕生するにあたっては、産婆役を演じたダーク・ダックスのことに触れないわけにはいかない。ダーク・ダックスは、その第1回のリサイタル以来、例年、新作を委嘱制作し、リサイタルの柱にしていた。この基本方針は、いまなお続けられ、数多くのポピュラー名作を生み出している。曲のよさもさることながら、その企画力が卓抜で、ダーク・ダックスが今日なお、着実な人気を維持している理由のひとつはそこにある。<br />作品が完成する半年前の59年秋のある日、ダークのリーダー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%EE%C1%E1%C5%AF">喜早哲</a>は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%AE%B7%A6">荻窪</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏宅にかけ込んだ。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B9%CC%EE%B8%A9%B7%D9">長野県警</a>本部編集の「山に祈る」という小冊子を手に持って。この小冊子は、相い次ぐ山の遭難事件に業をにやした同県警本部が、遭難者の遺族たちの手記を集めて編集し、遭難防止を訴えたものであったが、ダークの4人が、たまたま演奏旅行途上でこれを見つけ、これは作品になる、と意気込んで、早速、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏の門をたたいたのであった。清水氏も大いに同感し、小冊子の巻頭にあった<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%C3%D2%C2%E7%B3%D8">上智大学</a>山岳部の飯塚揚一君の日誌と、同君の母親の手記が選ばれた。※1960年刊<br />清水氏は、構成、作詞、作曲の一切を引受け、制作にとりかかった。春日俊吉著「山岳遭難記」や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%C3%D2%C2%E7%B3%D8">上智大学</a>山岳部誌「モルゲンロート」などを読み、飯塚君と同じパーティにいて難を免かれた同山岳部の部員たちから、当時の模様などを、さらにくわしく聞いた。「雪山登山とその遭難について、できるだけ嘘のないものを書きたいと思ったからである。しかし、これは音楽物語であるために、いくらか誇張されたところもあるし、フィクションもある。また私自身の、山への思慕も盛った」と清水氏はのべている。<br />そして初演は、60年3月23日、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%B8%CD%B9%F1%BA%DD%B2%F1%B4%DB">神戸国際会館</a>で行なわれた。翌24日が京都、25日が大阪、そして東京は29日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%C8%E6%C3%AB%B8%F8%B2%F1%C6%B2">日比谷公会堂</a>だった。<br />合唱はもちろんダーク・ダックス、母親役のナレーターは夏川静江、伴奏は十川千江子クワルテットを中心とする小編成の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C9%B8%B9%B3%DA">管弦楽</a>であった。ダーク・ダックスの力演もさることながら、夏川静江の名演に、客席はもとより、バンド・リーダーの十川までが涙ながらの演奏だったのを、私は大阪毎日ホールの舞台で見た。<br />私はこのときの感動が忘れられず、この曲を大編成の合唱で上演することを思い立った。そして清水氏にお願いし、ピアノ伴奏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CB%C0%BC%B9%E7%BE%A7">男声合唱</a>用に書きかえて頂いたのが、この曲である。この曲の初演は、その年の7月、同じ大阪毎日ホールで、クローバー・クラブによって行なわれた。<br />ところが、この初演は決して成功したとはいえなかった。<br />ア<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%C1%A5%E5%A5%A2">マチュア</a>団体のことでもあり、ホールの照明係との打合せなどが十分でなく、演奏中途で舞台が真暗になってしまって合唱団が立往生したり、客席で幼児が泣き声を立ててムードをこわしたり、曲がいよいよ大詰めに近づいて悲しみがクライマックスに達したとき、突如、舞台のそでから花束をかかえた子供が舞台上に現れて、満場の失笑を買うなど、まさにメチャメチャになった。わざわざ東京からかけつけて来られた清水氏も、思わず頭にきて席を立たれ、指揮台の私は、それを押しとどめることもできなかった。<br />このいきさつについては、その後、清水氏の随筆集「合唱の素顔」にくわしく書かれ、私はそれを読み返すたびに、いまだに冷汗をかく思いがする。<br />こんな失敗談はあったが、作品自体はその後、全国各地で熱狂的な歓迎を受けた。まもなく楽譜が出版されるや、どの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CB%C0%BC%B9%E7%BE%A7">男声合唱</a>団も競うようにこの曲をとりあげ、またたく間に、邦人合唱曲中のスタンダード・ナンバーに定着した。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団からの強い要望もあって、その後、混声用にも書き直されたくらいである。朗読役には、夏川のほか、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C6%A3%C6%BB%BB%D2">加藤道子</a>、最近では中畑道子の演技が目立っている。<br />曲は、「山の歌」からはじまり「リュックサックの歌」「山小屋の夜」「山を憶う」「吹雪の歌」「お母さん、ごめんなさい」にいたる6曲に分れ、明るい曲調から、次第に死に近づく暗い調子に移ってゆく。朗読は母親で、合唱が遭難学生を演ずることはいうまでもない。母親の朗読は、厳密にいえば、息子の手帳を読む部分と、母親自身の語りの二つの部分にわかれていることに注意しなければならない。演技も、当然ながら、この二つを分けて演ずる必要があるわけだ。曲中の男声の科白や朗読は、合唱団員が担当することと、曲の終りでは、舞台の照明を次第に暗くしてゆき、最後の和音と同時に真暗にすることを作曲者は提案している。作品自体が、あまりにもドラマティックなため、音楽が朗読の陰にかくれてしまうことを指摘して、音楽そのものの弱さを批判する向きもないではないが、私はそうは思わない。ここまでくれば、作品はすでに音楽でも朗読でもないのである。そこにあるのは「山に祈る」という強大な作品があるだけだ。朗読だけでもダメ、音楽だけでもダメ。この両者が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%AD%B5%A1">有機</a>的に結びついて、1個の強大な作品を形成しているのである。作曲者自身がいうように、これは音楽物語なのである。  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%B2%BC%C9%F4%B5%C8%C9%A7">日下部吉彦</a></p> <p> </p> </blockquote> <p><strong>作詞・作曲家<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a></strong>氏についてはこのブログで何度か書いたことがある。</p> <p><strong>2015-08-12</strong><br /><strong>祠堂経・お説教-子ども<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%BF%AE%D0%F5">正信偈</a>、月光とピエロ-</strong><br />8月10日、11日お説教に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>地内12組のお寺にお話しに行ってきた。<br />知り合いの方がいて、ご縁があってお話しさせていただける。<br />このお寺では、ラジオ体操の後、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%BF%AE%D0%F5">正信偈</a>の練習をなさっているそうで、そのお勤めがあった。大きな声で、ハキハキと清々しかった。<br />でかけると、このような得がたい光景に会える。<br />私の方は、色々お話ししたのだが、<strong>恩徳讃の作曲者・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏</strong>の関係から、月光と教えに話を持って行こうと、考えてみた。<br />というのは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>寺院の出身で、世界で初めて合唱<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>というジャンルを提唱された。その<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>が「月光とピエロ」であり、<strong>「山に祈る」</strong>である。<br />この日7回忌を迎える、山で遭難した教え子を思っていたら(10日に、家へ行って手を合わせてきた)、季節は夏山・冬山の違いがあるものの、「山に祈る」のメローディーが、ふっと浮かんだりしていたのである。それで、亡き人を偲ぶ祠堂経、お盆でもあるので、そのあたりを組み合わせてお話しした。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CF%C3">法話</a>を聞きにおいでた方々は、「月光とピエロ」「山に祈る」、どちらも聞いた事がないとおっしゃる、-中学校時代の同級生も来ていて、「山に祈る」を一緒に音楽の時間に聞いたろう、(彼女は)覚えていないという-ので、ちょっとさわりの部分を歌った。<br />「ピエロ」の方は♪月の光の照る辻で…(「月夜」)から辻、さらに邑知潟の月、月愛三昧までの展開を考えていたのだが、辻からどこにつなげるつもりだったのか、今もって浮かんでこない。<br />お話しするときは、一応イメージを作って、頭の中で語って見ている。そこでは「辻」があったはずだったのに、子どもさんも…<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CF%C3">法話</a>を聞く、と聞いたとき、「月と兎」などと考えたあたりから、どこかへ飛んでいった。<br />しかも、スローテンポの「月夜」をしみじみ歌うより、つい「泣き笑いして我がピエロ、秋じゃ、秋じゃと歌いけり…」(「秋のピエロ」)の部分を歌ってしまった。<br />しかも、マイクを付けていたので、自分でもビックリするくらいの音量が広がり、動揺してしまった。</p> <p> </p> <p><strong>2015-08-21</strong><br /><strong>半島に刻む 戦後70年の記憶 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>調査40年 庶民の胸中 歴史に</strong><br /><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a>2015年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE27%C7%AF">平成27年</a>)8月21日(金)</strong></p> <p>変な時間に寝て、0時過ぎには目が覚めた。掃き掃除に出ようと思ったら音を立てて雨が降っている。新聞を見た。<br />士郞(記者、高校生の時3年間担任)の文はやさしい。<br />「温厚でやさしい方だが、~(になると)厳しい表情を見せる。」いい。どこかで使おう。<br />昨日は、勉強会で<strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a></strong>作曲、作詞<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%D9%B8%FD%C2%E7%B3%D8">堀口大学</a>「月光とピエロ」を本願力と凡夫におきかえて、考えてみた。そして、歌ってみた。皆さん、困っていた。<br />温厚でやさしい皆さんも、歌が二回目になると、厳しい表情をお見せになった(※書いた時は二回目の意味を知っていて、たぶんたわむれ気分で書いているはずだが、6年後の今日は思い出せない-2021-01-12)。<br />少し前には、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>』第二章の、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人の敬語「こころにくくおぼしめしておはしましてはんべるらんは…」を、お話ししていたので、「お見せになった」となる。</p> <p>それにしても秋だ。</p> <p> </p> <p>前半はここまで。</p> <p>後半は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の歌ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B6%CA">交響曲</a>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>」。北川博夫、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>氏、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>へとつなぐ。</p> <p> </p>
  98. 2月の「パソコン相談室」はお休みさせて頂きます | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/14 09:37
    大阪府が「緊急事態宣言」対象地域に追加された事に伴い、1月の「パソコン相談室」はお休みとさせて頂きます。(1/14、1/28) 「パソコン相談室」はありませんが、実行委員でWeb会議なども実験しています。 メ...
  99. 宗祖親鸞聖人 報恩講 厳修!! | つれづれ日誌 | 2021/01/13 22:14
    &nbsp; &nbsp; 人はその身がなくなって死ぬのではない。  その人への御恩を忘れた時、その人も死ぬのである。 &nbsp;  今年もまた報恩講をお勤めする時節になりました。 「報恩講」は宗祖親鸞聖人のお徳を偲ぶ旧儀として世界中の真宗寺院や家庭...
  100. 緊急事態宣言 | お気楽極楽日記 | 2021/01/13 20:45
     緊急事態宣言が愛知県にも出ました。「もっと早く出せ!」という声が巷では聞こえてきますが、宣言がなければ行動が変われないのでしょうかね~。逆にこういう宣言は全体主義に結びつくような気がして怖い気がするのですが…。 今回のコロナ騒動でわかったことは、テレビのワイドショーがいかに低俗なものかということ。あれだけGOTOはお得だ、観光地が賑わっていると煽っておいて、感染が拡大するとGOTOなど時期尚早だと舌の根の乾かぬ内に批判をする。特にどこの局とはいいませんが、お昼のワイドショー..

▲ このページの最初へ

 © All rights reserved 1998- , 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区
Generated:RNA 制作:教化委員会ホームページ部