ブログアンテナ 2022/05/27 03:05 RSS

このアンテナについて

最新記事100 / 登録サイト一覧(更新順)サイトごとの最新記事

  1. 2022年4月・5月 | 慶運山 長源寺 | 2022/05/26 14:20
    おかげさまのどまんなか 東井義雄   ご門徒の皆様を初め、内陣・外陣の法中様方、親類、家族、多くのお参りの皆様のおかげで無事、宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要兼蓮如上人500回御遠忌法要が円成いたしました。 何事 […]
  2. おとなの寺子屋講座 再始動です! | つれづれ日誌 | 2022/05/24 17:14
     約2年ほどお休みしておりました『おとなの寺子屋講座』を5月から再開いたしました。  私たち真宗門徒が日頃から親しんでいる『正信偈』。このうたには一体どんなことが書かれているのでしょうか。 今回から正信偈をみなさんと一緒に学んでいきたいと思い...
  3. 孫のニコラスと光るおもちゃの犬 | 新・坊主日記 | 2022/05/24 05:43
    孫のニコラスが時々遊びにきます。今日はおもちゃの犬を買ってもらったようです。でも、おもちゃよりお寺でお参りする方が楽しいみたいです。家に本物の犬がいますからね。でっかいドーベルマンです。please subscribe to my channelInscreva-se no canal Por favor!↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓https://goo.gl/iVwh85SMSもやっています(^^) フォロー大歓迎です。➡Bloggerブログ https://www.b
  4. あゆみ通信 VOL.159 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/05/23 20:19
        あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第159号(2022年6月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼...
  5. 何が遺るか | 遊煩悩林 | 2022/05/22 12:13
    <p> </p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/19/d7/9f28ad9a22572170d94ea55fb51fd16e.png" /></p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">何かを持っていくことはできなくても</p> <p style="padding-left: 40px;">何かを遺していくことはできる</p> <p>昨年の優さんの法話から。</p> <p>この言葉から見えてきたのは、この世の値打ちが通用しない世界に、何かを持っていこうとしている私の生き方。</p> <p>そして遺していくのは、この世の何かを浄土に持ち込もうともがいている私の姿。</p> <p style="padding-left: 40px;">花は 花は 花は咲く</p> <p style="padding-left: 40px;">いつか生まれる君に</p> <p style="padding-left: 40px;">花は 花は 花は咲く</p> <p style="padding-left: 40px;">私は何を残しただろう</p> <p style="padding-left: 40px;">花は咲く♪</p> <p>のフレーズがよぎる。</p> <p>浄土に生まれるような生き方になっているか。</p> <p>ご参詣をお待ちしていおります。</p>
  6. 組門徒会・組推協の合同聞法会について、具体的に検討 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/05/21 16:28
    5月18日、大宮法泉寺において、組門徒会・組同朋の会推進連絡協議会(組推協)の常任委員会が、大宮法泉寺で開催されました。 今回はまず、来春に迫った宗祖親鸞聖人御誕生850年慶讃法要の団体参拝について、参加者に...
  7. 鳥越城散策ー5月19日(木) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/05/20 16:15
    <p> </p> <p>10時半からの用事まで、若干の時間があったので、緑さわやかな鳥越城を訪ねたくなり、久しぶりに行ってきた。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="登口"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520143041.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">登口</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="ここから750メートル"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520143135.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸まで750メートル</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="鶴来方面?ー私は海のかなたの立山、白山方面が高い山があるため、小さな頃からそちらが北方向だと思い込んできた。能登が南、加賀は北と地図上とは反対方角が身に染みてしまっているのである。帰って写真・地図を何度も見直し照らし合わせ、どうも写真の方向が鶴来・金沢方向らしい…とまでたどり着いたのだが、???なので、キャプションを鶴来?にしておいた。や"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520143353.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">鶴来方面?ー私は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の内浦沿いの町・飯田に住んでいるため、物心ついたころから、海のかなたの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>、ぐるりとつながっているらしい白山方向が「北」なのだと思い込んでいた。<br />雪を冠っている<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>と北国=雪がストレートに結びつき<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>は南、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>・加賀は北、と地図上とは反対方向感覚が身に染みついてしまっているのである。<br />家に帰ってから、写真・地図を何度も見直し・照らし合わせ、どうも写真の方向が鶴来・金沢方向らしい…とまでたどり着いたのだが、それでも???なので、キャプションを「鶴来方面?」にしておいた。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="駐車場から"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520144400.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">駐車場から</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="鳥越中学校?"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520144615.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">駐車場から<br /><br /></figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="駐車場"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520145035.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">駐車場</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="一揆敗れて山河ありー碑"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520145123.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%D9%E4">一揆</a>敗れて山河ありー碑</figcaption> </figure> <p>家に帰り、写真を取り込みながら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>史に、5月19日と関わる出来事がないか、お三方(笠原、井上、北西)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>の研究を繙いてみようか、別に論文を書くわけでもないのだからそうまでしなくてもいいか…。</p> <p>講義などの導入に利用しているノートから、5月19日に還帰なさった方はいないか?を見たが空欄。祥月5月に限らず19日御命日のかたは?とみると(敬称略)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D0%C7%A1">覚如</a>上人・金光寿郎(1月)、安田理深・植木徹誠(2月)、中村久子(3月)、川合隼雄(7月)、笠<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B6%B0%EC%C3%CB">原一男</a>(8月)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%B2%AC%BB%D2%B5%AC">正岡子規</a>・高梨一美(9月)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%CE%D3%B0%EC%C3%E3">小林一茶</a>(11月)と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%EF%A3%A1%B9%A4%BF%A4%EB">錚々たる</a>方々の名があった。</p> <p>一応頭において、碑の向かって左横の「讃」を撮ってきたので見てみると、何と「平成二年」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>五百年記念」「題字 笠<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B6%B0%EC%C3%CB">原一男</a>」とあるではないか。</p> <p>お三方で最初に『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>の研究』を著された、19日が御命日の笠<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B6%B0%EC%C3%CB">原一男</a>先生がこの碑にかかわっておいでたのである。</p> <p>題字とあるから台石の3分の2ほどにある「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%D9%E4">一揆</a>敗れて山河あり」が氏の字なのだろうか。この年は、75歳のはずだ。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="讃"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520152606.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">讃</figcaption> </figure> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520152633.jpg" width="417" height="494" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>参考までにお三方の『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>の研究』、ちなみに、笠原本・昭和37年6月30日刊、井上本・昭和43年3月30日刊、北西本・昭和56年2月28日刊である。同じタイトルの本が3冊もあることは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%D9%E4">一揆</a>500年ごろ話題になったものだったが、私が面識のあるのは北西先生だけである。あとお二方は研究会で話を聞くということもなかったと思う。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="後二の丸"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520153830.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">後二の丸</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="第三の丸"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520153906.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">第三の丸</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="後二の丸"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154002.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">後二の丸</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸を望む"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154034.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸を望む</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="手取川対岸の棚田が綺麗"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154116.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EA%BC%E8%C0%EE">手取川</a>対岸の棚田が綺麗</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="枡形門"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154427.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">枡形門</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="枡形門"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154643.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">枡形門</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸門ー迂回用階段"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154710.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸門ー迂回用階段</figcaption> </figure> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154839.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸跡"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154918.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸跡</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸門"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155029.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸門</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸側から"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155253.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸側から</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸説明"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155101.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸説明</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="棚列"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155339.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">棚列</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="井戸跡"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155403.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">井戸跡</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="清掃なさっていた関係者"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155436.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">清掃なさっていた関係者</figcaption> </figure> <p>この時10時ごろ。こういう方の淡々とした手入れがあって綺麗なのだなぁと思いながら</p> <p>鳥越城跡を後にし、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%BB%B3%BB%D4">白山市</a>の目的地に向かった。</p> <p>緑の香り、鳥の声</p> <p> </p> <p><strong>今日・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>朝刊。</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520160334.jpg" width="766" height="306" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>こういうことだ。それにしても、「碑」といい、鳥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>の生徒たちが草刈りを通して郷土の文化に触れあう記念すべき日に、同じ場所を散策していたとは…。</p> <p> </p> <p>昨日、挨拶を交わした上の写真の方とかと思ったが、お会いした方は長靴を履いておられたので、記事写真の人とは違う方である。</p>
  8. 5月24日(火)定例法話 開催のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/05/20 15:01
    天満別院では、5月24日(火)13時30分より本堂にて定例法話が開催されます。 御講師には、大長寺  沼田  和隆  師をお招きし、 講題「如来の御ちかい」についてお話しいただく予定です。 皆様お誘い合わせの...
  9. 格安落札 | 住職雑記 | 2022/05/20 13:44
    ネットオークションで仏教書を落札した。全30巻本。現在、ネットの「日本の古本屋」...
  10. 昭和感覚が出てしまった | 住職雑記 | 2022/05/19 19:25
    料金後納の葉書を投函しようとしたところ、後納の期限が過ぎていることに気がついた。...
  11. ちょっと | 住職雑記 | 2022/05/18 23:59
    午前、日の出の映画館で映画『シン・ウルトラマン』を観た。平日昼間ではあるけれど、...
  12. 5月21日(土) 天満別院合唱団『みのり』開催のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/05/18 14:53
    天満別院では、合唱団『みのり』の団員を募集しています。 毎月第3土曜日を練習日としております。 久しぶりの再開となり、今月は5/21(土)14時からです。 指導には、大阪教区第13組 超願寺住職 村上奈津子先...
  13. おこじゅが幻になるか | 住職雑記 | 2022/05/17 23:59
    「和菓子 紀の国屋」がこの5月16日で廃業!ショック。悲しい。ここの代表菓子「お...
  14. 5/23(月) 映画「マイ・ラブ」上映会開催! | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/05/17 23:04
    南御堂ヒューマンフォーラム ハンセン病問題に学ぶ 2ヶ月連続映画上映会   2回目はドキュメンタリー映画「マイ・ラブ 6つの愛の物語 日本篇 絹子と春平」を上映します。 本作品監督 戸田ひかる氏によ...
  15. 5組青年会オンライン巡回 —自分の居場所が崩れるところ— | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/05/17 01:52
    青年教化推進実行委員会では、コロナの影響で対面での集まりが難しい中、青年教化用動画を作成しオンラインにて各組青年会の巡回事業を試みています。その試みの第二弾として (第一弾は7組青年会)、去る令和4年5月16...
  16. 聴くということを聴いたはず | 住職雑記 | 2022/05/16 23:59
    某会にて。記念講演のテーマは「円滑なコミュニケーションの取り方」。良い関係をつく...
  17. 庭のツツジ | お寺の生活 | 2022/05/16 09:48
    今の時期は庭のツツジが綺麗ですが、雨が降るとすぐに散ってしまいます。北陸の多雨の気候はツツジにはなかなか厳しいですね。
  18. 赤ちゃんもスピーチ | 住職雑記 | 2022/05/15 23:59
    知人の結婚披露宴に出席。新型コロナ禍により延び延びになっていた式と披露宴がやっと...
  19. ダメージはない | 住職雑記 | 2022/05/14 23:59
    一見強い攻撃をされた。が、自分でも不思議なくらいダメージがない。相手にダメージを...
  20. 内浦海岸散策ー比那〜宇出津 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/05/14 21:47
    <p>月末に、同朋婦人会の人々を案内するため、散策コースを作ってみた。</p> <p>現状はどうなっているのか、9日(月)に訪ねてみた。</p> <p><strong>比那の海ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B9%D4">西行</a>法師・松島見仏上人出会いの地</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064330.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『撰集抄』巻3 第一 松嶋上人事</p> <p>『伝説とロマンの里ー北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化-』第一章 ゆかりの人々 8<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B9%D4">西行</a>法師、伝説の風景⑪</p> <p>伝説とロマンの里⑪ 見仏上人・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B9%D4">西行</a>法師出会いあの地ー布浦・比那ー(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BB%BA%C3%CF%BE%C3">地産地消</a>文化情報誌<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>Vol12 2013July) <br /><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220511/20220511045923.jpg" width="1200" height="800" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><strong>きりこ橋</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512074809.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>九里川尻川にかかる。こう見えて高さは23.8mある。</p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%CE%BE%D6">芭蕉</a>句碑 白丸宮崎公園</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064441.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第4章12 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%CE%BE%D6">芭蕉</a>句碑</p> <p>靏の巣も見らるる花の[欠]</p> <p>富来住凡内民山、寛政甲寅(1794)初夏</p> <p> </p> <p><strong>昔の舟小屋 </strong>長尾海岸</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512065032.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>長尾の海辺に道路がついてから、住居と舟小屋が並んで建つ景色が見えて、楽しみだった。</p> <p>今度通った時、昨年春からのわずかの間に、倒壊している舟小屋が目立って、寂しかった。</p> <p>舟小屋が並ぶ海辺は、代表的な「里海」風景だろうが、まもなく見ることが出来なくなるのかもしれない。</p> <p><strong>蓬莱島 </strong>越坂より</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064549.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第5章 自然景観、往来、産業、文化 3九十九湾、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%DB%C5%B7%C5%E7">弁天島</a>、島々</p> <p> </p> <p>弘法榧</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064637.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第一章 ゆかりの人々 6-5弘法榧・豆殻太鼓</p> <p>マイクロバスを停めることが出来るか…?</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%AB">イカ</a>の駅つくモール</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064712.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>九十九湾は、私たちにとってはクラゲだ。学生時代近くでキャンプをし、湾を泳いだ時、クラゲの群れをかき分けかき分けなければならず、泳いだ気がしなかった。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%AB">イカ</a>は漁は小木を代表する船団。高校の同級生(小木中出身)も<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AC%BC%BC">根室</a>に嫁いでいる。</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%CF%C6%B0%E4%C0%D7">真脇遺跡</a>縄文館</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064750.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>月曜は休館日だが、高田秀樹館長は仕事をなさっており、いろいろお話ができた。狼煙・横山の石の話になり、縄文石器原石を見せてくださった。</p> <p>仏石(こぶり石)もそうだという。七尾のお寺で江戸期に手に入れたという同石を見たとき、硬くて黒い石だったので<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>山や三崎で取れるやわらかい石とは違ったものがあるのだなぁ、と感心したことがあったが、ひょっとしたらあれが石器原石の一つだったのかも知れない。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512130019.jpg" width="420" height="259" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>写真右「横山真脇石」、左「大福寺の石(糸巻き石)」(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%CF%C6%B0%E4%C0%D7">真脇遺跡</a>2010』)</p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第五章自然景観、往来、産業、文化 12火打ち(燧)石、鉄砲石、木の葉石</p> <p> </p> <p><strong>鷹王山上日寺 </strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064815.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『能都町史』第三巻(昭和57年刊)で「個別寺院誌」を担当した折、そのあとも上日寺を何度か訪ねた。</p> <p>参道に信号があって、青の時だけ通れるので話題になっていた。</p> <p>今も信号があるのか近くへ行ってみた。写真のようにちゃんとある。近づくと青に変わった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064833.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>あの頃はパブリカに乗っていて、山門をそんなに気にせず通ったはずだ。</p> <p>今乗っている<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D7%A5%EA%A5%A6%A5%B9">プリウス</a>では通れそうもなく、一所懸命バックした。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%B9%E6">山号</a>・鷹王山は上日寺開基・百合若大臣と鷹にまつわる伝説による名であるが、「高尾」でもあるのだろう。</p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第四章 17百合若伝説</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064907.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>仁王門前のお地蔵さんたち</p> <p>真脇には鷹王山上日寺(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3%BF%BF%B8%C0%BD%A1">高野山真言宗</a>)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%D4%B4%F0">行基</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%BF%B7">山新</a>善行寺(浄土宗)、七村山長願寺(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>)の由緒寺がある。</p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a>ポケットパーク</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512065139.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第五章 6 さまざまな岩、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220514/20220514132242.jpg" width="538" height="359" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>内浦なので、夕日は山に沈むのだが、周りの山が低いのと内海が広いので、あたかも外浦のような夕景に出会える(2009年12月24日撮影)。</p> <p> </p> <p><strong>遠島山 天の羽衣(小浦・羽根)</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512065207.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>天の羽衣伝説のある<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%DB%C5%B7%C5%E7">弁天島</a>付近の景観を楽しもうと思ったのだが、6月一杯道路工事で片側通行となっていて、通過するしかない。ここから振り返ってもその場所を見ることはできない。</p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第四章 16 田ノ浦の天女</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BB%BA%C3%CF%BE%C3">地産地消</a>文化情報誌 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>』34号 伝説の風景㉝ 天女の羽衣ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>・田ノ浦海岸ー</p> <p><strong>天呑の宮(石瀬比古神社)跡</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512070148.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第二章 4 内浦の寄り神<br />にはこう書いた。</p> <blockquote> <p>宇出津酒垂の宮は、祭神が、酒樽に乗って磯に寄りつかれた神だったので、酒樽の宮とも酒樽明神ともいう。</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>志徴』が引用する「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>誌」には、この酒垂の地の端に岩山に、もと三宅小三郎の城内にあった宮を移した「天呑の宮があり、その社地へ登れば宇出津の民家を眼下に見おろし、向こうは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>の山嶽並び立て、渡海の船ども実に手に取るやうに見えて、其勝景はいいようがない」と紹介している。</p> <p>昔は一帯が入海で、社のある岩山も、もとは海中の岩島だったといい、そこは典型的な寄り神の地である。</p> <p>ここは、異変があると花が咲かず、折ってはならないといわれていた。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B0%C6%E2%BC%D2">式内社</a>の石瀬比古神社を名乗ったこともあった。</p> </blockquote> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  21. 税金払い忘れ | 住職雑記 | 2022/05/13 23:59
    なんだか何か忘れているような気がするがそれが何か分からないでいた。それが分かった...
  22. 6/24 伝研の会 公開講座 一から読む『浄土論註』第15回 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/05/13 14:10
    大阪教区伝研の会 公開講座 一から読む『浄土論註』 第15回 はからずも「親鸞」と名のられた越後時代の宗祖。そこにおかれて、生活の現場を目の当たりにされた親鸞聖人は、天親菩薩から曇鸞大師へと受け継がれた浄土論...
  23. コレクションとしてなら買わない | 住職雑記 | 2022/05/12 23:59
    夜、都心から車で帰るため、首都高に乗り、中央道に向かった。渋滞覚悟で。ところが道...
  24. 集中工事が始まった | 住職雑記 | 2022/05/11 23:59
    中央道集中工事。通夜の後に中央道で帰ろうとしたが、工事のために大渋滞。まあしょう...
  25. おけいこ。 | 気ままな日記 | 2022/05/11 21:06
    今日は久々のお稽古でした。 ちょうどこの時期は法要シーズンでもなく 時間的には余裕のある時なので、 こんな時にこそってなことで、 久々にお稽古、そしてラーメンです。 ごちそうさまでした。 [画像]
  26. むし | 気ままな日記 | 2022/05/10 22:10
    本堂で羽アリを発見。 最初はシロアリ!って思いましたが。。。 よくよく見ると黒いかな。 つい去年、だったかな?シロアリ駆除をしてもらって クスリまで塗ってもらったはずだから、 シロアリは無いだろうと思ってますが。。。 [画像]
  27. 春の永代経法要厳修! | つれづれ日誌 | 2022/05/10 09:01
    ご門徒のみなさまへ さき前に生まれん者は のち後を導き、後に生まれん者は前をとぶら訪え。 どうしゃく道綽禅師のことば ずいぶんと暖かくなってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、この度の法要は浄土の教えについて説かれた『浄土三部経』 ...
  28. 時々に購入したり、頂いてきた雑誌類 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/05/09 20:49
    <p>パソコンの調子が悪いうえに、初期化してソフトをいれかえてから、メールが使えなくなった。さらに「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C2%C0%CF%BA">一太郎</a>」の用語が「辞書として扱えません」と出てきて、例えば「初期化」に変換する場合は、「し」、「しょ」、「しょき」と変換していってその間、何度も「扱えません」の注意を見ながら変換しなければならないという、ストレス溜まり状態になっている。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a>の先端からの連絡方法を意図して、2005年からブログを始めたのだが、今に至ってこういう状態になった。</p> <p>すべてがワード中心なのだそうで、windowを更新するごとに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C2%C0%CF%BA">一太郎</a>が使いにくくなり、周りにパソコンを使っている環境を持たない、田舎老人はお手上げだ。</p> <p>この文も、何とか<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C2%C0%CF%BA">一太郎</a>辞書を探しだそう、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C2%C0%CF%BA">一太郎</a>2007から、バージョンアップ版を次々にインストールしてみた一日の努力がむなしくおわり、入力媒体を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%A4%A5%AF%A5%ED%A5%BD%A5%D5%A5%C8">マイクロソフト</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/IME">IME</a>にして、書いているのだ。</p> <p>一方、書籍整理が大変。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6">臥龍</a>文庫と呼んでいるエリアと、普段の生活場所の2か所に本を分けておいているのだが、グループごとに整頓していったら2冊以上の本がかなり出てきているし、協力した学会や研究機関から送られてきたシリーズ、購入研究誌がかなり雑然としていることが分かった。</p> <p>残すにしろ、処分していくにしろ、ジャンル、シリーズごとにまとめておかななければならない。</p> <p>今日は、その分類方法も考えながら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>内浦を歩いた。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204240.jpg" width="721" height="433" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204347.jpg" width="752" height="382" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204404.jpg" width="775" height="391" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204418.jpg" width="778" height="496" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204433.jpg" width="695" height="388" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204451.jpg" width="777" height="329" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204507.jpg" width="657" height="373" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204551.jpg" width="774" height="372" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p>
  29. 人の為と書いたら、偽りという字になりました | ことば こころのはな | 2022/05/09 18:23
    一人ではどうにもならん事でもさ誰かと一緒にがんばればクリアできる問題って けっ...
  30. オイル | 気ままな日記 | 2022/05/09 14:11
    今日はバイクのオイル交換をしました。 ついでに保険の更新など手続き色々。 点検もしてもらうと。。。 ブレーキ関係の消耗品がそろそろだとか 結構な金額になるけど、 ブレーキは大事な部分。 今後どれだけ乗るか聞かれましたが 前回も10万キロ近く乗ったので、 あと3万キロって考えると。。。 3年以上はあるので、部品交換することに。 まだまだ、頑張っていただきます。 [画像] [画像]
  31. ははのひ | 気ままな日記 | 2022/05/08 20:13
    今日は母の日。 最近はチョットした焼き菓子を贈っていたんですが、 なぜか、血糖値を気にしていたのでお菓子で無いものを お取り寄せしました。 さて、気に入ってもらえるだろうか???
  32. こうしん | 気ままな日記 | 2022/05/07 22:53
    今日はようやく今月のHPの更新が出来ました。 そんなに忙しいわけでもないのですが、 事務的な作業が遅れています。 ボチボチ頑張ります。
  33. 親子丼 | 気ままな日記 | 2022/05/06 17:32
    今日は久々の運動。 親しい仲間と一緒にゴルフへ。 といっても決してスコアがイイわけではないんです。 運動のために皆で楽しくやっている感じです。 お天気もちょうどイイ感じで朝から夕方まで たくさん歩きました。 お昼ご飯に親子丼をいただきました。 ごちそうさまでした。 [画像]
  34. こども | 気ままな日記 | 2022/05/05 21:10
    今日はこどもの日。 でも、母の日も明明後日に控えているので 一緒にお祝いをしました。 なので、すごく豪華になっています。 もう久々に食べ過ぎてしまいました。 ごちそうさまででした。 [画像] [画像] [画像] [画像]
  35. 公開講座[5/27開催]:「アイヌ民族の歴史と遺骨問題について」 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/05/05 09:29
    先住民族であるアイヌが住んでいた大地はアイヌモシリと呼ばれ、アイヌはそこで独自の民族文化を築き生活してきました。あらゆるものにカムイの存在を認めるアイヌは、カムイと共生し、また、民族の文化を伝承することで、子...
  36. おくがい | 気ままな日記 | 2022/05/04 21:19
    今日はお墓でのお勤め。 最近というか、 ここ1年ぐらい屋外での法事が増えてます。 やはりコロナを心配しての 屋内より屋外というイメージから なんでしょうけども、 一番の心配は天気ですね。 雨だと大変なんですが、 今日はお陰さまで晴れました。 今月はあと3件、お墓での法事があります。 一生懸命にお勤めさせていただきます。
  37. こめ | 気ままな日記 | 2022/05/03 22:41
    今日は久々のドンキホーテ。 「こめ油」最近はお米も色んな形で売られているんだと思いました。 ちなみに、私のメルアドはコメタロウ、LINEもコメ っていう名前なんです。 なんか他人さんとは思えなくて。。。 [画像]
  38. 「場」を遺す | 遊煩悩林 | 2022/05/03 10:25
    <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/38/20/20366fe94b7af78c3ba8d79490f13643.jpg" /></p> <p> </p> <p>昨日、今日。</p> <p>ご法事の席で、ご門徒と有縁の方から「いつも掲示板を拝見させていただいております」と声をかけてもらった。</p> <p>オチは必ず、「なんて書いてあったか忘れましたが・・・」。</p> <p>忘れるとイカンと思って、スマホに写真を収めてくださっているというので、見せていただいた。</p> <p>とても有り難く、背筋が伸びる思いです。</p> <p>で、見せていただいたライブラリには、掲示伝道の文字の画像と、ワンセットで掲示板に貼ってある情報の画像が必ず2枚づつ残っていました。</p> <p>この2枚目。</p> <p>昨年から、掲示板の言葉について書いたこのブログのQRコードとお寺のホームページのQRコードを掲示しているのですが。</p> <p>このQRコードの画像。</p> <p>曰く、「スマホで読み取ってご覧ください」と書いてあるけど、撮ってもどうにもならんが、と。</p> <p>えぇっと。。</p> <p>撮影した画像のQRコードを今度はお孫さんのスマホで読み取って閲覧したのでした。</p> <p>そういうことか、と。</p> <p>「この経緯を"つぶやき”に書いてもいいですか」と、了承とともに、そのお孫さんがブックマークに登録してくれた。</p> <p>おじいさんによる孫への教化活動だと思った。</p> <p>ちなみに、今月の掲示板には</p> <p style="padding-left: 40px;">何かを持っていくことはできなくても</p> <p style="padding-left: 40px;">何かを遺していくことはできる</p> <p style="padding-left: 40px;">荒山 優</p> <p>と、昨年の永代経の法話の一言を記させていただきました。</p> <p>親が子や孫に何を遺していくのか。</p> <p>同居家族は少なくなりましたが、先人の命日に子と孫が出会う「時」を確保し、教化の「場」を設えておってくださる。</p> <p>何の何の、往生してなおのおはたらき。</p> <p>誰かが遺してくれたものを丁寧に確かめないといけないと感じました。</p> <p>ご門徒各位には、永代経のご案内を近々お送りさせていただきます。</p> <p><a title="" href="http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/events.html" target="_blank" rel="noopener">http://jyosyoji.info</a></p> <p style="text-align: center;"> </p>
  39. メロン | 気ままな日記 | 2022/05/02 20:18
    今日は大好きなメロンソーダを飲んでいます。 このメロンソーダは、まず色も好きなんです。 初めは緑色が好きで選んだようなもんです。 そこからファンになって、味わっていただいています。 ごちそうさまでした。 [画像]
  40. 2022年5月のことば | ことば こころのはな | 2022/05/02 16:38
    2022年5月を迎えました。涼しいゴールデンウイーク期間を迎えています。一時 暑...
  41. 祖母50回忌、父33回忌 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/05/02 08:38
    <p>4月25日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌を終え、29日には祖母の50回忌、父の33回忌を勤めさせていただいた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502074541.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>  左近の桜。4月23日。蓮能尼の里から。</p> <p> </p> <p>元気な母が、着物の着付けがちょっと不安になるかも知れないので…とのことで昨年からこの日に決めていたのが、執行出来た。</p> <p>雨が激しく、寒い日になったが、この機会でないとまず会うこともないので、親戚の長老がそれぞれ長い旅をして一堂に会した。</p> <p>それだけでも、胸が熱くなった。</p> <p>静岡から99歳。</p> <p>七尾から96歳。</p> <p>そして、母96歳である。</p> <p>お年忌を終え、それぞれが家族とともにお家に着かれた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502074709.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>平安期からの西勝寺(福光庵)の歴史は、様々なものが積み重なっていることがわかってきたので、年忌を機に、「西勝寺史におけるお二方」と題してお話しした。</p> <p> そのために関連年表と同時代記(13頁)、参照版(19頁)を用意した。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502074831.jpg" width="744" height="741" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502082456.jpg" width="1200" height="853" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6%BB%B3">臥龍山</a>西勝寺ー関連年表と同時代記</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502082638.jpg" width="1200" height="839" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>   参照・関連年表と同時代記</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502074953.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 内敷は、かつての<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%C1%B0">松前</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%BE%BA%B9">江差</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>四船主からの寄進。寄進札には猩々緋・錦・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%DC%B0%D0">蝦夷</a>錦なども見え、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%C1%B0">松前</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>との交流もある程度はたどれそうである。</p> <p> </p> <p>前日、28日祖師ご命日の木々・花。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502083235.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502083400.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502083414.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>今朝の藤</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502083743.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p>
  42. 仏さまのお仕事 | 遊煩悩林 | 2022/05/01 12:07
    <p>ひと月ぶりの投稿になってしまいました。</p> <p>ひと月の間、音沙汰がなくても誰も何も言ってくれることはありませんが。</p> <p>大型連休。</p> <p>コロナ前は、家族や親戚が旅行や行事で揃わないためか、年忌法要などの法事は、その他の土日に比べれば少なかったか。</p> <p>コロナ中は、とくにどこかへ出かけるということも、親戚が揃うということも難しかったためか、ご家族での法事が逆に増えたような気がします。</p> <p>さて、まだまだコロナ後という状況ではないかもしれませんが、久しぶりに規制のない大型連休。</p> <p>お子さまや、お孫さまの帰省に合わせて、叔父や叔母、従兄弟・従姉妹などが顔を揃えるご法事が戻ってきた感があります。</p> <p>先日、妻の祖父が満106歳を一期として往生を遂げた。</p> <p>喪主である叔父も、はや80の齢を数える。</p> <p>当初、子や孫だけのお葬式を、ということで小さな別棟がある葬儀会館を予約。</p> <p>これは「コロナ騒動」によるひとつの変化かもしれないが、かつて葬儀の参詣者は不特定多数、代非時や香典返しの数もざっくり。</p> <p>いま、葬儀社にもよるかもしれませんが、「お一人お一人お名前をあげて何人になるか」というスタイル。</p> <p>そうでないとフィジカルなディスタンスを保てない。</p> <p>今回の場合、実際にひとりひとりの名前を上げたのかどうかは聞いてませんが、孫とその連れ合いが来るとなるとその子どもがおのずと連れてこられるとなると。</p> <p>大ホールへの変更。</p> <p>棺の前で、子どもたち兄弟(といっても皆おじいちゃん・おばあちゃんだが)の記念撮影、いとこ(といってもおじさん・おばさん)の記念撮影、ひ孫たちの記念撮影と。</p> <p>賑やかな法事となったのでした。</p> <p>往生してなお忙しくはたらくおじいちゃんの仏さまのお仕事を実感したのでした。</p> <p>記念写真はともかく、子や孫、ひ孫が、仏さまに手を合わせる人間へのお育て。</p> <p>散々お世話になりましたが、今後ともよろしくお願いします。</p> <p>合掌</p>
  43. 第2組 聞法会を開催しました | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/04/30 12:30
    2022年4月28日(木)午後二時から、天王寺区の宗恩寺(池田英二郎住職)を会場に、満を持して今年最初の聞法会が開催されて、組内の住職や寺族、門徒や推進員30名が参加しました。 講師にこの2年間コロナ感染下で...
  44. 西蓮寺永代経法要2022 | ことば こころのはな | 2022/04/29 23:52
    2022年4月29日(金) 西蓮寺永代経法要をお勤めしました。今永代経法要計画初...
  45. あゆみ通信 VOL.158 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/04/29 18:42
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第158号(2022年5月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼あゆみの会第1回例会決行 ▼...
  46. 4/26(火) 映画「一人になる」上映会開催! | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/04/25 20:03
    南御堂ヒューマンフォーラム ハンセン病問題に学ぶ 2ヶ月連続映画上映会   1回目はドキュメンタリー映画「一人になる 医師 小笠原登とハンセン病強制隔離政策」を上映します。 映画製作委員 小松裕子...
  47. 外壁塗装工事開始 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/04/22 07:46
    昨日より外壁塗装工事が始まりました。みるみるうちに足場が出来ていくのは、普段の生活にはなかなかない景色で壮大で新鮮でした。一生懸命に働いてくださっている現場の方に感謝です。 近隣の方にはしばらくご迷惑をおかけしますがどう … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2022/04/22/%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e9%96%8b%e5%a7%8b/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  48. 「聲明塾」第15期生が修了式を迎えました/第16期生募集中 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/04/21 23:50
    2022年4月20日に難波別院において、大阪聲明塾 第15期 第二学年の最後の授業として「模擬法要」引続き「修了式」を行いました。 第15期は、2019年7月に開講し、21年6月までの2年間のカリキュラムを予...
  49. 組門徒会・組推協の総会・合同聞法会を3年ぶりに対面で開催へ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/04/19 23:09
    4月13日、大宮法泉寺において、組門徒会・組同朋の会推進連絡協議会(組推協)の常任委員会が、大宮法泉寺で開催されました。 今回の議題の中心は、組の最大の行事である合同聞法会の開催の可否についてでした。コロナ禍...
  50. 4月24日(日)定例法話 開催のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/04/19 09:16
    天満別院では、4月24日(日)13時30分より本堂にて定例法話が開催されます。 御講師には、専立寺  松尾  華香  師をお招きし、 講題「日常の中の心理学」についてお話しいただく予定です。 皆様お誘い合わせ...
  51. 教・宗・派ー一人居て喜ばば二人と思うべし | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/04/19 06:48
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220419/20220419045328.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>作と伝える『御(ご)臨末(りんまつ)之(の)御(ご)書(しょ)』と呼ぶ一文があります。<br />   一人居(い)て喜ばゞ二人と思ふべし。<br />   二人居て喜ばゞ三人と思ふべし。<br />   その一人は親驚なり。<br />  我れなくも、法(のり)は尽きまじ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%C2%B2%CE%A4%CE%B1%BA">和歌の浦</a><br />      あをくさ(青草)人のあらんかぎりは<br /> 草が生い茂るように人がいる限りは、教えはいつまでもこの人々に受けつがれていきます。この歌も<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>の歌として伝わってきました。<br />  哲学者の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%CC%DA%C0%B6">三木清</a>は、未刊の遺稿「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>」でこの部分を取り上げ、「(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>一人)のためと思われた救済の教えは、救済の成立すると同時にそれがもともと『十方(じっぽう)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%B0%C0%B8">衆生</a>(しゅじょう)』のためであることが理解されるのである」と書いています。</p> </blockquote> <p>ー『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a> 千代尼』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%E9%B6%B4%DB">法藏館</a>)より。</p> <p> </p> <p>教員を辞し、住職になって<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教務所に出入りするようになって、大谷専修学院の存在を知り、そこの卒業生が活躍していたこともあって「青草びとの会」があることを知った。</p> <p> </p> <p>大谷専修学院ホームページには、次のようにある。</p> <p style="outline: none; overflow-wrap: break-word; margin: 10px 0px; padding: 0px; color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;">青草びとの会は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>の僧侶養成学校<strong style="outline: none;">「大谷専修学院」の同窓生の学習会</strong>です。<br style="outline: none;" />卒業生を中心に活動していますが、卒業生以外の「会友」もおられます。<br style="outline: none;" /><strong style="outline: none;">僧侶・寺=宗教者がどうあるべきかをお互いに学んでいこうという場</strong>です。<br style="outline: none;" />青草の名乗りは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>作と伝えられる次の歌と、それを受けた学祖・信國 淳師の下記の言葉に依っています。</p> <p style="outline: none; overflow-wrap: break-word; margin: 10px 0px; padding: 0px; color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"><span style="outline: none; color: #006600;"><strong style="outline: none;">「我なくも法は尽きまじ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%C2%B2%CE%A4%CE%B1%BA">和歌の浦</a>/あをくさ人のあらんかぎりは」</strong></span>(『御臨末の御書』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>)</p> <p style="outline: none; overflow-wrap: break-word; margin: 10px 0px; padding: 0px; color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"><span style="outline: none; color: #006600;"><strong style="outline: none;">「われら 一向に念佛申して 佛天のもと 青草びととなりて 祖聖に続かん」</strong></span>(信國 淳)</p> <hr style="outline: none; color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;" /> <p style="outline: none; overflow-wrap: break-word; margin: 10px 0px; padding: 0px; color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"><strong style="outline: none;">大谷専修学院同窓生学習会・青草びとの会では、</strong></p> <p><span style="color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">広く一般に手に取っていただける書物の刊行を願って、</span><br style="outline: none; color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;" /><span style="color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">2005年『新編 信國淳 選集』(全五巻)、</span><br style="outline: none; color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;" /><span style="color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">2006~2007年『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B9%D4%BF%AE%BE%DA">教行信証</a>講義』(全三巻)竹中智秀</span><br style="outline: none; color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;" /><span style="color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">2015~2016年『竹中智秀選集』(全八巻)を出版し、</span><br style="outline: none; color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;" /><span style="color: #7c7b79; font-family: 'Roboto Slab'; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #f1f1f1; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">HPには、学院で教鞭を執っておいでた</span>児玉暁洋選集(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%E9%B6%B4%DB">法藏館</a>刊)も紹介している。</p> <p> </p> <p>どうぎょうーににん【同行二人】</p> <p>「一人居て二人」でよく知られているのは「同行二人」である。</p> <p>辞書には、次のようにあり、お遍路さんを思い浮かべる。</p> <p>一緒に神仏に参詣(さんけい)する人。道づれ。「ー二人」(福武国語辞典)</p> <p><span style="color: #000000; font-family: Meiryo, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', 'MS Pゴシック', Arial, sans-serif; font-size: 16px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">西国巡礼者などがいつも</span><a href="https://dictionary.goo.ne.jp/word/person/%E5%BC%98%E6%B3%95%E5%A4%A7%E5%B8%AB/#jn-75074" style="background: #ffffff; border: 0px; font-size: 16px; font-style: normal; font-weight: 400; margin: 0px; outline: none; padding: 0px; text-decoration: none; vertical-align: baseline; color: #0d47a1; overflow: hidden; font-family: Meiryo, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', 'MS Pゴシック', Arial, sans-serif; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px;">弘法大師</a><span style="color: #000000; font-family: Meiryo, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', 'MS Pゴシック', Arial, sans-serif; font-size: 16px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">と一緒に巡礼しているという意で笠に書きつける語。[補説]この場合、「同行」を「どうこう」、「二人」を「ふたり」とは読まない。(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C7%A5%B8%A5%BF%A5%EB%C2%E7%BC%AD%C0%F4">デジタル大辞泉</a>)</span></p> <p> 共にの広い意味では</p> <p>『梁塵(りようじん)秘抄(ひしよう)』(治承三年・一一七九、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E5%C7%F2%B2%CF%CB%A1%B9%C4">後白河法皇</a>撰)の次の僧歌がある。</p> <p>   二九九 大峰通るには仏法修行する僧居たり 唯一人 若や子守は頭をなでたまひ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%AC%C2%E7%C6%B8%BB%D2">八大童子</a>は身を守る ※若=若王子、子守=<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D2%BC%E9%CC%C0%BF%C0">子守明神</a></p> <p> </p> <p>「宗」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%B8%C0">真言</a>・浄土真)では、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%B0%CB%A1%C2%E7%BB%D5">弘法大師</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人だけど、「教」(仏)レベルだと権現も含めて同じだな、と思っていたが、</p> <p>3月9日の戸城三千代さんのFBに、面白いというか、なるほど…と感嘆する記事が載っていた。</p> <p> </p> <div style="font-family: 'Segoe UI Historic', 'Segoe UI', Helvetica, Arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; color: #1c1e21; font-size: 12px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div class="ll8tlv6m j83agx80 btwxx1t3 n851cfcs hv4rvrfc dati1w0a pybr56ya" style="flex-direction: row; padding-left: 16px; padding-right: 16px; display: flex; align-items: flex-start; margin-bottom: 12px; padding-top: 12px; font-family: inherit;"> <div class="buofh1pr" style="flex-grow: 1; font-family: inherit;"> <div class="j83agx80 cbu4d94t ew0dbk1b irj2b8pg" style="flex-direction: column; margin-bottom: -5px; margin-top: -5px; display: flex; font-family: inherit;"> <div class="qzhwtbm6 knvmm38d" style="margin-top: 5px; margin-bottom: 5px; font-family: inherit;"> <blockquote> <div style="font-family: 'Segoe UI Historic', 'Segoe UI', Helvetica, Arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; color: #1c1e21; font-size: 12px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div class="ll8tlv6m j83agx80 btwxx1t3 n851cfcs hv4rvrfc dati1w0a pybr56ya" style="flex-direction: row; padding-left: 16px; padding-right: 16px; display: flex; align-items: flex-start; margin-bottom: 12px; padding-top: 12px; font-family: inherit;"> <div class="buofh1pr" style="flex-grow: 1; font-family: inherit;"> <div class="j83agx80 cbu4d94t ew0dbk1b irj2b8pg" style="flex-direction: column; margin-bottom: -5px; margin-top: -5px; display: flex; font-family: inherit;"> <div class="qzhwtbm6 knvmm38d" style="margin-top: 5px; margin-bottom: 5px; font-family: inherit;"> <h2 id="jsc_c_st" class="gmql0nx0 l94mrbxd p1ri9a11 lzcic4wl aahdfvyu hzawbc8m" style="color: inherit; font-size: inherit; font-weight: inherit; margin: 4px 0px 0px; padding: 0px; outline: none; text-align: left; font-family: inherit;"><span class="nc684nl6" style="display: inline; font-family: inherit;"><a class="oajrlxb2 g5ia77u1 qu0x051f esr5mh6w e9989ue4 r7d6kgcz rq0escxv nhd2j8a9 nc684nl6 p7hjln8o kvgmc6g5 cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x jb3vyjys rz4wbd8a qt6c0cv9 a8nywdso i1ao9s8h esuyzwwr f1sip0of lzcic4wl gpro0wi8 oo9gr5id lrazzd5p" href="https://www.facebook.com/michiyo.toshiro?__cft__[0]=AZWf8ApOzxbeUuBjtUu0elyOIGZ0glR203-I9_FLHvXSguQmNLpbupI_g9nYA8siOLUFhKPbvE2JkDiI-sbnPl4EYUy34JyXM2Dywa_rrhMrUbqm3kV3sX2EGJE4xU3fXPg&amp;__tn__=-UC%2CP-R" role="link" style="color: var(--primary-text); cursor: pointer; text-decoration: none; outline: none; list-style: none; padding: 0px; margin: 0px; touch-action: manipulation; background-color: transparent; text-align: inherit; font-weight: 600; display: inline; -webkit-tap-highlight-color: transparent; box-sizing: border-box; font-family: inherit; border: 0px initial initial;" tabindex="0"><strong style="font-weight: 600;"><span style="font-family: inherit;">戸城 三千代</span></strong></a></span></h2> </div> <div class="qzhwtbm6 knvmm38d" style="margin-top: 5px; margin-bottom: 5px; font-family: inherit;"><span class="d2edcug0 hpfvmrgz qv66sw1b c1et5uql lr9zc1uh a8c37x1j fe6kdd0r mau55g9w c8b282yb keod5gw0 nxhoafnm aigsh9s9 d9wwppkn mdeji52x e9vueds3 j5wam9gi b1v8xokw m9osqain hzawbc8m" dir="auto" style="display: block; font-weight: 400; overflow-wrap: break-word; max-width: 100%; font-size: 0.8125rem; min-width: 0px; text-align: left; line-height: 1.2308; font-family: inherit; color: var(--secondary-text); word-break: break-word;"><span id="jsc_c_su" style="font-family: inherit;"><span style="font-family: inherit;"><span class="tojvnm2t a6sixzi8 abs2jz4q a8s20v7p t1p8iaqh k5wvi7nf q3lfd5jv pk4s997a bipmatt0 cebpdrjk qowsmv63 owwhemhu dp1hu0rb dhp61c6y iyyx5f41" style="align-items: inherit; display: inherit; align-self: inherit; height: inherit; place-content: inherit; min-width: inherit; min-height: inherit; width: inherit; flex-direction: inherit; max-width: inherit; flex: inherit; max-height: inherit; font-family: inherit;"><a aria-label="3月9日" class="oajrlxb2 g5ia77u1 qu0x051f esr5mh6w e9989ue4 r7d6kgcz rq0escxv nhd2j8a9 nc684nl6 p7hjln8o kvgmc6g5 cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x jb3vyjys rz4wbd8a qt6c0cv9 a8nywdso i1ao9s8h esuyzwwr f1sip0of lzcic4wl gmql0nx0 gpro0wi8 b1v8xokw" href="https://www.facebook.com/michiyo.toshiro/posts/4866614206756221?__cft__[0]=AZWf8ApOzxbeUuBjtUu0elyOIGZ0glR203-I9_FLHvXSguQmNLpbupI_g9nYA8siOLUFhKPbvE2JkDiI-sbnPl4EYUy34JyXM2Dywa_rrhMrUbqm3kV3sX2EGJE4xU3fXPg&amp;__tn__=%2CO%2CP-R" role="link" style="color: inherit; cursor: pointer; text-decoration: none; outline: none; list-style: none; padding: 0px; font-weight: 400; margin: 0px; touch-action: manipulation; background-color: transparent; text-align: inherit; display: inline; -webkit-tap-highlight-color: transparent; box-sizing: border-box; font-family: inherit; border: 0px initial initial;" tabindex="0"><span class="j1lvzwm4 stjgntxs ni8dbmo4 q9uorilb gpro0wi8" style="vertical-align: top; overflow: hidden; display: inline-block; font-family: inherit;"><strong class="t5a262vz nc684nl6 ihxqhq3m l94mrbxd aenfhxwr l9j0dhe7 sdhka5h4" style="font-weight: 600; line-height: inherit; font-family: inherit; font-size: inherit; position: relative; display: inline; cursor: inherit;"><strong class="t5a262vz aenfhxwr b6zbclly l9j0dhe7 sdhka5h4" style="font-weight: 600; line-height: inherit; vertical-align: inherit; position: relative; cursor: inherit;">3月9日</strong></strong></span></a></span></span><span class="jpp8pzdo" style="font-family: inherit;"><span style="font-family: inherit;"><span class="rfua0xdk pmk7jnqg stjgntxs ni8dbmo4 ay7djpcl q45zohi1" style="height: 1px; overflow: hidden; position: absolute; clip: rect(0px, 0px, 0px, 0px); width: 1px; font-family: inherit;"> </span><span style="font-family: inherit;" aria-hidden="true"> · </span></span></span><svg fill="currentColor" viewbox="0 0 16 16" width="1em" height="1em" class="a8c37x1j ms05siws l3qrxjdp b7h9ocf4 py1f6qlh cyypbtt7 fwizqjfa" title="プライバシー設定: 公開"><g fill-rule="evenodd" transform="translate(-448 -544)"><g><path d="M109.5 408.5c0 3.23-2.04 5.983-4.903 7.036l.07-.036c1.167-1 1.814-2.967 2-3.834.214-1 .303-1.3-.5-1.96-.31-.253-.677-.196-1.04-.476-.246-.19-.356-.59-.606-.73-.594-.337-1.107.11-1.954.223a2.666 2.666 0 0 1-1.15-.123c-.007 0-.007 0-.013-.004l-.083-.03c-.164-.082-.077-.206.006-.36h-.006c.086-.17.086-.376-.05-.529-.19-.214-.54-.214-.804-.224-.106-.003-.21 0-.313.004l-.003-.004c-.04 0-.084.004-.124.004h-.037c-.323.007-.666-.034-.893-.314-.263-.353-.29-.733.097-1.09.28-.26.863-.8 1.807-.22.603.37 1.166.667 1.666.5.33-.11.48-.303.094-.87a1.128 1.128 0 0 1-.214-.73c.067-.776.687-.84 1.164-1.2.466-.356.68-.943.546-1.457-.106-.413-.51-.873-1.28-1.01a7.49 7.49 0 0 1 6.524 7.434" transform="translate(354 143.5)"></path><path d="M104.107 415.696A7.498 7.498 0 0 1 94.5 408.5a7.48 7.48 0 0 1 3.407-6.283 5.474 5.474 0 0 0-1.653 2.334c-.753 2.217-.217 4.075 2.29 4.075.833 0 1.4.561 1.333 2.375-.013.403.52 1.78 2.45 1.89.7.04 1.184 1.053 1.33 1.74.06.29.127.65.257.97a.174.174 0 0 0 .193.096" transform="translate(354 143.5)"></path><path fill-rule="nonzero" d="M110 408.5a8 8 0 1 1-16 0 8 8 0 0 1 16 0zm-1 0a7 7 0 1 0-14 0 7 7 0 0 0 14 0z" transform="translate(354 143.5)"></path></g></g></svg></span></span></div> </div> </div> <div class="nqmvxvec j83agx80 jnigpg78 cxgpxx05 dflh9lhu sj5x9vvc scb9dxdr odw8uiq3" style="padding: 8px; display: flex; height: 20px; align-self: flex-start; width: 20px; font-family: inherit;"> <div style="font-family: inherit;"> <div class="oajrlxb2 gs1a9yip mtkw9kbi tlpljxtp qensuy8j ppp5ayq2 rq0escxv nhd2j8a9 mg4g778l pfnyh3mw p7hjln8o tgvbjcpo hpfvmrgz i1ao9s8h esuyzwwr f1sip0of du4w35lb n00je7tq arfg74bv qs9ysxi8 k77z8yql btwxx1t3 abiwlrkh p8dawk7l lzcic4wl dwo3fsh8 g5ia77u1 goun2846 ccm00jje s44p3ltw mk2mc5f4 rt8b4zig n8ej3o3l agehan2d sk4xxmp2 pq6dq46d kvgmc6g5 cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x jb3vyjys rz4wbd8a qt6c0cv9 a8nywdso l9j0dhe7 pzggbiyp pkj7ub1o bqnlxs5p kkg9azqs c24pa1uk ln9iyx3p fe6kdd0r ar1oviwq l10q8mi9 sq40qgkc s8quxz6p pdjglbur" style="text-decoration: none; outline: none; list-style: none; padding: 0px; user-select: none; border-radius: inherit; flex-direction: row; margin: 0px; z-index: 0; appearance: none; touch-action: manipulation; background-color: transparent; align-items: stretch; min-width: 0px; text-align: inherit; position: relative; flex-basis: auto; cursor: pointer; -webkit-tap-highlight-color: transparent; flex-shrink: 0; display: inline-flex; vertical-align: bottom; box-sizing: border-box; min-height: 0px; font-family: inherit; border: 0px solid var(--always-dark-overlay);" tabindex="0" role="button" aria-expanded="false" aria-haspopup="menu" aria-label="この投稿へのアクション"><svg fill="currentColor" viewbox="0 0 20 20" width="1em" height="1em" class="a8c37x1j ms05siws l3qrxjdp b7h9ocf4 py1f6qlh jnigpg78 odw8uiq3"><g fill-rule="evenodd" transform="translate(-446 -350)"><path d="M458 360a2 2 0 1 1-4 0 2 2 0 0 1 4 0m6 0a2 2 0 1 1-4 0 2 2 0 0 1 4 0m-12 0a2 2 0 1 1-4 0 2 2 0 0 1 4 0"></path></g></svg> <div class="i09qtzwb n7fi1qx3 b5wmifdl hzruof5a pmk7jnqg j9ispegn kr520xx4 c5ndavph art1omkt ot9fgl3s rnr61an3 s45kfl79 emlxlaya bkmhp75w spb7xbtv" style="transition-property: opacity; opacity: 0; border-radius: 50%; transition-duration: var(--fds-duration-extra-extra-short-out); pointer-events: none; inset: -8px; transition-timing-function: var(--fds-animation-fade-out); position: absolute; background-color: var(--hover-overlay); font-family: inherit;" data-visualcompletion="ignore"> </div> </div> </div> </div> </div> </div> <div style="font-family: 'Segoe UI Historic', 'Segoe UI', Helvetica, Arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; color: #1c1e21; font-size: 12px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div class="" dir="auto" style="font-family: inherit;"> <div id="jsc_c_sv" class="ecm0bbzt hv4rvrfc dati1w0a e5nlhep0" style="padding: 4px 16px; font-family: inherit;" data-ad-comet-preview="message" data-ad-preview="message"> <div class="j83agx80 cbu4d94t ew0dbk1b irj2b8pg" style="flex-direction: column; margin-bottom: -5px; margin-top: -5px; display: flex; font-family: inherit;"> <div class="qzhwtbm6 knvmm38d" style="margin-top: 5px; margin-bottom: 5px; font-family: inherit;"> <div class="kvgmc6g5 cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x c1et5uql ii04i59q" style="overflow-wrap: break-word; margin: 0px; white-space: pre-wrap; font-family: inherit;"> <div dir="auto" style="font-family: inherit; text-align: start;">四国遍路の巡拝者で一番多いのは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>。巡拝者の40%をしめ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%B8%C0%BD%A1">真言宗</a>信徒よりも多い。とくに関東、新潟、富山の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>さんのお参りが多いとか。体感では、お西よりお東の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>さんの方が多いかも、とも。</div> </div> <div class="cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x c1et5uql o9v6fnle ii04i59q" style="overflow-wrap: break-word; margin: 0.5em 0px 0px; white-space: pre-wrap; font-family: inherit;"> <div dir="auto" style="font-family: inherit; text-align: start;"> *</div> </div> <div class="cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x c1et5uql o9v6fnle ii04i59q" style="overflow-wrap: break-word; margin: 0.5em 0px 0px; white-space: pre-wrap; font-family: inherit;"> <div dir="auto" style="font-family: inherit; text-align: start;">今日、某札所のご住職様から、このようにお聞きしました。</div> <div dir="auto" style="font-family: inherit; text-align: start;">「一向は専修念仏やから。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>さんに一心不乱やから。そういうところがお大師さんと通じるんやろかなあ」</div> <div dir="auto" style="font-family: inherit; text-align: start;">一見、意外なようでもあるけど、いや、そうだろうなあという思いもあり。</div> </div> <div class="cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x c1et5uql o9v6fnle ii04i59q" style="overflow-wrap: break-word; margin: 0.5em 0px 0px; white-space: pre-wrap; font-family: inherit;"> <div dir="auto" style="font-family: inherit; text-align: start;">今日は、たまたま、午前も午後も、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%B8%C0%BD%A1">真言宗</a>僧侶の方々とお目にかかる機会があったのですが、その全員から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>さんのお話をお聞きすることになりました。</div> </div> </div> </div> </div> </div> </div> </blockquote> <p> </p> <p>この文にコメントが77件も寄せられており、いずれも貴重なコメントである。</p> <p>昔、『巡礼の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%D2%B2%F1%B3%D8">社会学</a>』(前田卓)を読んで面白かったが、それ以来のワクワク感で戸城さんの文を読んだ。</p> <p> </p> <p> </p> <p>ところで、私たちも含む<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>には、かつて取り上げた由緒地巡拝が盛んに行われていた時代があった。</p> <p>現今でも、御遠忌などには、思い出したように巡拝ツアーが企画されることもあるけど、</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>の豊かな文化が、やせ細っているようにしか見えない。</p> <p> </p> <p>もう一度、豊四郎巡拝の残り分を活字化することが、この時代に生き、資料を手にしているものの、使命かとも思うのだが、</p> <p>落ち葉掃除の次に、蔵書整理に取りかかってしまい</p> <p>思いは遠い先のことになっている。</p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2021%2F12%2F19%2F125846" title="とりあえず終了ー23、とも同行の順拝・たび 「宗祖聖人御旧跡巡拝」㉔―豊四郎順拝119~124 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2021/12/19/125846">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2020%2F07%2F03%2F230313" title="とも同行の順拝・たび「宗祖聖人御旧跡巡拝」―豊四郎順拝① - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2020/07/03/230313">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> </div> </div> </div> </div> </div>
  52. 桜満開 | お寺の生活 | 2022/04/12 10:53
    舟川べりの桜です。今年は例年より少し遅れての満開になりました。ここ数日は暑いくらいの気候で一気に開花が進みました。すぐに葉桜になりそうです。
  53. リメイク | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/04/11 17:36
    今日は境内に置いている机と椅子に塗装をしてリメイクしました。 定願寺にお立ち寄りの際は是非ご利用ください via PressSync
  54. 野の草花、野鳥ーふき畑ーイチョウ・欅の葉・笹 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/04/11 07:10
    <p>ほぼ一月前からー後ろ周りの落ち葉、笹、銀杏、椿、欅などの萌芽(ほうが・ひこばえ)を履いたり、切ったり、抜いたりしている。</p> <p>体中が痛い(筋肉痛)のだけれど、掃き掃除が出来る状態になっていくのが楽しくて、つい外に出る。</p> <p>鳥はおなじみのトンビ、ウグイス、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D2%A5%E8%A5%C9%A5%EA">ヒヨドリ</a>の他に、見たことのない黒と白の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B3%A5%F3%A5%C8%A5%E9">コントラ</a>ストがある小鳥が、すぐ側を飛ぶ。</p> <p> </p> <p>ツツツ、ツツッツと鳴く鳥と友だちになったー同じいのちを持つ身、通じ合うのだと悦に入っていたら、昔から置いてある鉄桶の穴から出入りしているのに気づいた。</p> <p>子育てをしているのだった。</p> <p>今<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CF%A4%A8">はえ</a>さを運んできたよ…(ツツツ)と2回鳴いてから、間もなく巣穴に入っていく。</p> <p>ツツツと鳴いたので、カメラを構えた。</p> <p>暖かい日差しの中の、あたたかい光景ー掃除は已められない。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220411/20220411062607.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220411062607j:plain" width="1200" height="807" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220411/20220411062626.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220411062626j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2日の鉄釜周辺。木々に覆われていて巣になっていることに気づかなかった。</p> <p>小鳥は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%B8%A5%E5%A5%A6%A5%AB%A5%E9">シジュウカラ</a>だった。</p> <p>地鳴きのジジジ、ジジジがシジュウと聞こえることから</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%BD%BD%BF%FD">四十雀</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%B8%A5%E5%A5%A6%A5%AB%A5%E9">シジュウカラ</a>)の名がついたそうだが、私にはツツツ、ツツツとしか聞こえなかった。</p> <p>ツーピーツーピーもこの鳥の声だそうで、研究では20種類ほどの鳴き分けを用いるすごい小鳥だという。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220411/20220411063447.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220411063447j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>暖かいので、亀も冬眠場所から出した。例年は5月の連休に出す。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220411/20220411063703.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220411063703j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>座禅草は今年は三つ咲いた。例年は二つ。お彼岸の頃から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B6%A5%BC%A5%F3%A5%BD%A5%A6">ザゼンソウ</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B6%A5%BC%A5%F3%A5%BD%A5%A6">ザゼンソウ</a>と話題にしている。4日撮影。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220411/20220411064029.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220411064029j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B8%A5%F3%A5%C1%A5%E7%A5%A6%A5%B2">ジンチョウゲ</a>ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AD%A5%F3%A5%E2%A5%AF%A5%BB%A5%A4">キンモクセイ</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AF%A5%C1%A5%CA%A5%B7">クチナシ</a>と共に日本三大芳香木だという。<br />部屋の近くにあるので、部屋のベースの匂いになっているのだろう。いつもホワーっと匂っている。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220411/20220411064648.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220411064648j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>部屋の前にはヒメ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EA%A5%E5%A5%A6%A5%AD%A5%F3%A5%AB">リュウキンカ</a>。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220411/20220411064948.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220411064948j:plain" width="632" height="335" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>雪割草。以上6日撮影。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220411/20220411070317.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220411070317j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>しだれ桜 10日10時撮影。</p> <p> </p> <p>今日(4月11日)は、父の32回1ヶ月命日。</p> <p>想い出の父の姿は、着物姿で庭の掃き掃除をしている姿。</p> <p>時折、前を通る人と履く手を休めて楽しそうに話しをしていた。</p> <p> </p>
  55. 4月8日花まつり 降誕会(ごうたんえ) | ことば こころのはな | 2022/04/08 16:17
    2022年4月8日(金) 午前10時より 西蓮寺本堂にて「花まつり」法要をお勤め...
  56. 宝物 | ことば こころのはな | 2022/04/07 16:09
    「おひな、そなたが鍛錬し、培い、身につけたものはそなたのもの。一生の宝となるもの...
  57. 稲の種子名列記木簡ー七尾市矢田遺跡ー万行・矢田の歴史を貫く農業文化 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/04/06 22:11
    <p>3月28日石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E4%C2%A2%CA%B8%B2%BD%BA%E2">埋蔵文化財</a>センター<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%BE%B5%C4%B0%F7">評議員</a>会が行われ、資料を戴いた。</p> <p>見ると<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a>矢田遺跡から出土した、稲の品種を書いた木簡について報告されている。</p> <p>矢田・万行地帯は稲作文化の原点のようなエリアで、そこに種子名が列記された木簡が出土したとなると、万行遺跡の巨大建築も稲作との関係が問われてくるーと思う。</p> <p>名産万行清水米、古い田の神行事など、</p> <p>ものと生活の視点から、取り上げて見る。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406191903.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406191903j:plain" width="738" height="1049" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406192326.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406192326j:plain" width="794" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%BE%B5%C4%B0%F7">評議員</a>会参考資料より。</p> <p> </p> <p><strong>万行遺跡</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406195232.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406195232j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406195335.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406195335j:plain" width="563" height="864" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <blockquote> <p>万行遺跡    まんぎょういせき<br />指定年月日    :    2003.08.27(平成15.08.27)<br />指定基準    :    一.<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%AD%C4%CD">貝塚</a>、集落跡、古墳その他この類の遺跡<br />所在<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%D4%C6%BB">都道</a>府県    :    石川県<br />所在地(市区町村)    :    <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a>万行町<br />万行遺跡は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a>の中ほどの東側、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B3%A4">日本海</a>が入り込む七尾湾を望む標高6から10mの台地上に所在する。遺跡が営まれた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C5%CA%AF%BB%FE%C2%E5">古墳時代</a>には、この台地の近くまで海が入り込んでいたと推測される。古代の七尾湾には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の国津である香嶋津が置かれ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B3%A4">日本海</a>側の海運上、重要な位置にあったことが示唆される地域である。<br /> この台地に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%C3%CF%B6%E8%B2%E8%C0%B0%CD%FD%BB%F6%B6%C8">土地区画整理事業</a>の計画がおこったことから、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B0%E9%B0%D1%B0%F7%B2%F1">教育委員会</a>は平成10年度から発掘調査を進めてきた。その結果、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%EF%C0%B8%BB%FE%C2%E5">弥生時代</a>中期以降の竪穴住居跡や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C5%CA%AF%BB%FE%C2%E5">古墳時代</a>前期の大型<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A1%CE%A9%C3%EC">掘立柱</a>建物をはじめとする数多くの遺構、遺物を検出した。<br /> 注目されるのは、台地北端で、その東側に入り込んだ谷に面して確認された<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C5%CA%AF%BB%FE%C2%E5">古墳時代</a>前期の巨大な<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A1%CE%A9%C3%EC">掘立柱</a>建物跡である。柱穴は平面が方形に近い形あるいは楕円形を呈しており、規模は長軸で1m、深さ1.5m前後、柱間隔は平均すると4.3mになる。こうした柱穴が東西17.2mの間に6基、南北44mの間に11基、合計60基ほどが検出された。その東側にもほぼ同じ規模と配列の柱穴群を確認しており、西の建物から東の建物へと建替があったことも判明した。柱穴の配列状況から、1時期に3棟からなる倉庫群であったとする見解と、1棟の祭殿であったとする見解がある。倉庫群とすれば、東側に庇状のものがつく、梁間2間、桁行4間で床面積約150㎡のもの2棟と、梁間4間、桁行4間で床面積約320㎡のもの1棟で構成されたことになる。<br /> 建物の周囲には、軸を同じくする2条の溝からなる区画施設も存在し、区画内部には広場も存在した。区画施設の周辺にも竪穴建物跡を検出しており、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A1%CE%A9%C3%EC">掘立柱</a>建物群に関わる施設の一部であったと見なされる。なお、この時期の遺物は少なく、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A1%CE%A9%C3%EC">掘立柱</a>建物群の性格を考える上で興味深い。<br /> 大型<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A1%CE%A9%C3%EC">掘立柱</a>建物群の廃絶後には、幅1.2m、深さ0.5mの溝により、一辺22mの方形区画が作られている。溝の東側中央部は途切れており、この部分が出入り口であったとみられる。区画の内部には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A1%CE%A9%C3%EC">掘立柱</a>建物の存在が推定でき、祭場あるいは居館といった機能が考えられる。<br /> 万行遺跡では、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C5%CA%AF%BB%FE%C2%E5">古墳時代</a>前期の大型<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A1%CE%A9%C3%EC">掘立柱</a>建物群と方形区画が確認され、中でも<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A1%CE%A9%C3%EC">掘立柱</a>建物群は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C5%CA%AF%BB%FE%C2%E5">古墳時代</a>としては類例のない巨大なものである。その性格については検討の余地が残されているが、倉庫群とした場合、南北に3棟が整然と並ぶことになり、これまで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C5%CA%AF%BB%FE%C2%E5">古墳時代</a>中期に知られていた建物配置が、前期までさかのぼることになる。いずれにしても、規模からみて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>地域を越えた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%AF%BC%A3%C0%AA%CE%CF">政治勢力</a>が関わった可能性も示唆され、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C5%CA%AF%BB%FE%C2%E5">古墳時代</a>の政治状況や社会を知る上で極めて重要であるとともに、建物規模は建築史的にも貴重である。よって、史跡に指定し、保護を図ろうとするものである。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%C4%A3">文化庁</a> 国指定<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%BA%E2">文化財</a>等データベース</p> </blockquote> <p> </p> <p><strong>万行 観音 清水 万行米</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406195526.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406195526j:plain" width="474" height="763" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406200123.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406200123j:plain" width="497" height="762" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406200136.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406200136j:plain" width="476" height="762" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>のたび』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>・上陽子著、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NPO">NPO</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ネットワーク刊より</p> <p> </p> <p>平成17年刊で、絶版になっていたこの本を、ある書店の店長をなさっていた春成睦子さんから、復刻して販売出来ないだろうか…と相談を受けたことがあった。</p> <p>その頃、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>千代尼』を執筆しており、続いて『とも同行の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化』、『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化-』などを手がけていて、その話は立ち消えになっていた。</p> <p> </p> <p>というより、店長さんは間もなくガンで入退院を繰り返されるようになり、たまにお会いしても、話を進める時間を持てなかったのである。</p> <p> </p> <p>治られたら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>再刊を考える時がくるかも知れないと思っていた昨年9月18日、</p> <p>突然、医科大病室からかけているとの電話があり、</p> <p>もう書店では会えない…。お医者さんから11月までの余命だと言われた。とおっしゃる。</p> <p>何、冗談言っているのだろう…と思ったのだが、口調は明るいものの、すぐに咳き込まれ、話すことそのものが苦しそうだった。</p> <p>それから、時々電話で話す中で、本を読む気力がなくなった、とおっしゃってから間もなく、電話口(携帯の調子も悪かった)に出なくなり、かかってもこなくなった。</p> <p> </p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化-』を出版した際、写真だけでも気分のいい時に見る? 送るよ…と、話せたらと思い、電話を入れた。</p> <p>通じることは通じたのだけれど、電話口に出た人が、</p> <p>彼女は前日に息を引き取り、今、葬儀を終えたところだ、とおっしゃる。</p> <p> </p> <p>地元には身寄りの人がおいでにならないらしく、息を引きとられたのは11月22日、53才だったはずだと思うだけで、ご本人は口には出さなかったが、早くから病に気づいておられ、マスク越しで会話した記憶しかなく、お顔もはっきりと思い出せないままの別れだった。</p> <p> </p> <p>そろそろ49日も終えたはず、ご遺骨はお墓に収められてはずだと、</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%BE%B5%C4%B0%F7">評議員</a>会の帰りに春成家のお墓をたずねた。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%DF%A4%CE%B2%D6">梅の花</a>咲く中、お墓周りは綺麗になっていて、間違いなく、納骨なされているのだろう。</p> <p> </p> <p>近くの矢田でねー…、米の種類を書いた木簡が見つかったんだって…。</p> <p> </p> <p>春成さんなら、どんな反応を示してくれるだろうか…</p> <p>そんなことを思いながら、しばらく手を合わせた。</p> <p><strong><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406200531.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406200531j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></strong></p> <p> </p> <p><strong>田の神と山の神が交替する矢田のタンカブサマ(田の神様・あえのこと)</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406201037.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406201037j:plain" width="608" height="908" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『図説七尾の歴史と文化』平成11年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a>役所刊。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406201449.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406201449j:plain" width="665" height="655" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>2000年(平成12年)11月6日</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220406/20220406201721.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220406201721j:plain" width="405" height="677" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>同紙2000年(平成12年)11月19日</p> <p> </p> <p>高山志郎さんの奥さんは清子さん。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教務所に勤めておいでた。</p> <p>資料館長での記事になっているが、この時、私は住職9年目で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教区・教区会副議長を務めており、町史調査、議会などで七尾へ頻繁に行っていた。</p> <p>清子さんはベテラン教務所職員で、色んなことでお世話になり、昼食などもよく職員の方々と休憩室で共にしたものだった。そんな中での雑談中に、タンカブ様(田の神様)が行われていることを知ったのである。</p> <p> </p> <p>田の神山の神の交替が行われている話は、あえのこと地帯も含めて、どこからも報告されておらないのに、高山さんから、より古い形ー日程も含めてーの田の神行事が行われていることを知らされ、驚愕した。</p> <p> </p> <p>大変な話なので、さっそく市史調査を絶えず気にかけてくれたいた記者さんに知らせ、翌日の記事になったのが上記の「山の神と深い結びつき」である。</p> <p> </p> <p>石動・七尾城山は水分の山岳で、田の神行事の本質は、高山家例の例からこそ、考察を深めていくことが出来る。</p> <p>そこに、木簡が加わった。</p> <p> </p>
  58. 真宗のことば61 | つれづれ日誌 | 2022/04/05 13:31
    人間は死を抱いて生まれ、死をかかえて成長する             『信國淳選集』第六巻「第一部浄土」柏樹社 &nbsp;  私たちは「生まれたものは死に往くもの」とは誰もが知っています。しかし、身近な人の死を前にすると、自分が知っている死は知識で...
  59. 法務休暇 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/04/04 17:31
    明後日6日より8日は法務休暇となります。6日から8日のお参りの方は明日5日の午後2時より本堂にてお参りをしますのでご来院ください 合掌
  60. 2022年4月のことば | ことば こころのはな | 2022/04/01 19:04
    2022年4月を迎えました。桜を仰ぎ見る頃となりましたが、日が暮れ始めてからの寒...
  61. 人となす | 遊煩悩林 | 2022/04/01 13:18
    <p style="padding-left: 40px;">花咲かす 見えぬ力を 春という</p> <p style="padding-left: 40px;">人となす 見えぬ力を 仏という</p> <p style="padding-left: 40px;">藤元正樹</p> <p>さくら満開の4月のお寺の掲示板に貼り出しました。</p> <p>師曰く、春になったから花が咲いたのでない、と。</p> <p>蕾が花となって開いたところにはたらくチカラを「春」というのだと。</p> <p>ヒトが人間となった時にはたらいたチカラを「仏」というのだ、と。</p> <p>ヒトが人間として生きるはたらき。</p> <p>無始よりこの方、数え切ることができないほど散っていった花びら。</p> <p>その散っていった花々に縁をいただいていま手が合わさるとき、ヒトが人間として誕生しなおす。</p> <p>ほんとうに尊きことがらに触れて手が合わさる。</p> <p>ほんとうに尊いことがらを本尊と。</p> <p>本尊と聞くと仏像をイメージするかもしれない。</p> <p>仏像が尊いのではないぞ、と。</p> <p>かの仏のはたらきを尊しと。</p> <p>私の本尊とは。</p> <p>この問いは、私は果たして人間といえるのかという問いだ。</p> <p>尊き事がらに触れて手が合わさるヒトを人間というとすれば。</p> <p>いま私を手を合わせる人間に育ててくださっているはたらきを見失ってはいないか。</p> <p>「人道的」という言葉がメディアを飛び交う。</p> <p>無始より争いの絶えないヒトの世にあって、人間として生きる道とは。</p> <p>もうすぐ「はなまつり」。</p> <p>釈迦が「お釈迦さま」とまで表される由縁は、尊び合い、敬い合うところにある。</p> <p>「オレが」「私は」の一人称ではない。</p> <p>私と誰かの関係性の上にはたらくチカラを「ほとけさま」という。</p>
  62. 平野修化身土巻講義・第Ⅱ巻を上梓! | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/03/30 17:59
    広報出版部では先日、平野修師の化身土巻講義『親鸞の出遇った世界―浄土真宗』第Ⅱ巻を発行いたしました。 頒価は2,300円(送料別)となっております。この機会にぜひお買い求めください。 ご注文は大阪教務所(TE...
  63. 粟津潔氏、寺山修司氏 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/03/30 12:46
    <p>今、二つの書庫にたまっている書籍などの整理をしている。</p> <p>今までに、何度も整理したのだが、右から左状態だったのを分類法を変えてやってみたら、2冊以上ある書物があぶり出されてきた。</p> <p>民俗仲間、歴史家が亡くなられた後、彼らの家にあふれている書物を捨てるのは忍びないというので、預かりもらい状態や、共同執筆の本で複数著者からの献本(恵与)などが複数冊となってあるのである。</p> <p>故・山田知子大谷大教授からは、</p> <p>おいとく場所が無いし、捨てるのもさびしいのでニシヤマさんとこに移して…と</p> <p>、ブリタニカ英英百科事典全巻を車庫の棚に置いておいたこともある。</p> <p>あれは、山田さんが京都から車で運んできたのだったか…それとも。</p> <p>もう曖昧な記憶を確かめ合うことは出来ないのだなぁーとなったあたりで、我に返る。</p> <p> </p> <p>その整理中ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%B5%A5%D2%A5%B0%A5%E9%A5%D5">アサヒグラフ</a>:<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FB%BB%B3%BD%A4%BB%CA">寺山修司</a>没後10周年特集号を見つけたのでパラパラめくった。</p> <p>このブログの3月10日に</p> <p>本の装丁に触れ</p> <p>現代国語教科書に載っていた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%CA%C0%DE%B5%D7%C8%FE%BB%D2">栃折久美子</a>「モ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%ED%A5%C3%A5%B3">ロッコ</a>皮の本」を教えた時、本は表紙・帯を含めた総合文化でもあることに初めて気づいた、</p> <p>と書いたが、</p> <p>その時、身近にあったのが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%CA%C0%DE%B5%D7%C8%FE%BB%D2">栃折久美子</a>の装丁本「絵本 恋するドリア」(昭和49年1974年8月1日刊)<img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220326/20220326060910.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220326060910j:plain" width="542" height="521" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220326/20220326060920.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220326060920j:plain" width="766" height="446" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>文:<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FB%BB%B3%BD%A4%BB%CA">寺山修司</a>、絵:永井泰子だった。</p> <p> </p> <p>文集というより詩集のような絵本の一作目は写真の「何にでも値段をつける古道具屋のおじさんの詩」で、</p> <p>エピローグが「時には母のない子のように だまって海をみつめていたい」である。</p> <p>これらの詩は、</p> <p>ポリドールレコードLP「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%EB%A5%E1%A5%F3">カルメン</a>・マキ真夜中詩集 ロウソクの消えるまで」に収められている。</p> <p>曲も詩も素敵だった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220326/20220326062124.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220326062124j:plain" width="300" height="300" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FB%BB%B3%BD%A4%BB%CA">寺山修司</a>は「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%B0%E6%BB%B7%C9%DF">天井桟敷</a>」の名と共に有名だったが</p> <p>高校の現代国語に短歌が載っており、アングラとかを包み込む大きさを持った人なのだと知った。</p> <p>その短歌は</p> <p>マッチ擦る つかのま 海に霧ふかし 身捨つる程の 祖国はありや</p> <p>である。 </p> <p>印象に残ったので今も覚えている。</p> <p> </p> <p>書籍整理中に</p> <p>その<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FB%BB%B3%BD%A4%BB%CA">寺山修司</a>の没後10年のグラフが出てきたのだから、ちょっと驚いた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220326/20220326065839.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220326065839j:plain" width="482" height="628" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220326/20220326064600.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220326064600j:plain" width="744" height="1047" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>ここに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FB%BB%B3%BD%A4%BB%CA">寺山修司</a>氏のお墓の写真が載っている。</p> <p>『書を捨てよ、町へ出よう』のイメージなのだろうけど、斬新だと思った。</p> <p>説明には、</p> <blockquote> <p>東京・八王子の高尾霊園にある<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FB%BB%B3%BD%A4%BB%CA">寺山修司</a>の墓。</p> <p>デザインは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C0%C4%C5%B7%E9">粟津潔</a>。</p> </blockquote> <p>とある。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C0%C4%C5%B7%E9">粟津潔</a>は、美術出版関係に勤めていた連れ合いが持ってきた本で、名は知っていた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220326/20220326125036.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220326125036j:plain" width="265" height="377" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>その後、住職になり、</p> <p>三条にお話に行った序でに親不知ピアパークの橋脚陶壁画を知ったり、</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220326/20220326141022.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220326141022j:plain" width="320" height="200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>[陶壁画一部]</p> <p><br />綺麗な富来トンネル画は、父が富来出身の縁で描かれたことも知り、</p> <p>父の実家である広覚寺・粟津啓有さん宅にも出入りするようになった。</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2016%2F07%2F18%2F222546" title="広覚寺さんー粟津潔氏。嘉門安雄氏 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"></cite></p> <p> </p> <p>そういうことから、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C0%C4%C5%B7%E9">粟津潔</a>デザイン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FB%BB%B3%BD%A4%BB%CA">寺山修司</a>墓」は前とは違った意味合いを持って眺めることが出来、粟津さんにも<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%B5%A5%D2%A5%B0%A5%E9%A5%D5">アサヒグラフ</a>の関連ページを写真にしてお送りした。</p> <p> </p> <p>23日に啓有さんから、「潔に関する新資料が加わった、有り難う」との電話をいただいた。</p> <p> </p> <p> </p>
  64. 親鸞聖人700回忌記念像ー湯涌ー | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/03/30 09:36
    <p>28日(月)、午後から石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E4%C2%A2%CA%B8%B2%BD%BA%E2">埋蔵文化財</a>センターで、令和4年第1回<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%BE%B5%C4%B0%F7">評議員</a>会が開かれた。</p> <p> </p> <p>28日は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人ご命日なので、朝鐘を撞き、ご命日用のお参りをしてから金沢へ向かった。</p> <p>会議までに少し間があったので、埋文と比較的近い湯涌へ車を巡らした。</p> <p>気持ちに余裕があったのだろう、何度か通っている湯涌街道の途中にある像に気づいた。</p> <p>今までは、スーと通り過ぎていた場所だ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220330/20220330092944.jpg" width="519" height="778" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>「宗祖<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人七百回記念像」とあり、聖人座像の前に「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a>」が建つ。</p> <p>ご命日に、このようなところで聖人像に出会うとは…!</p> <p>湯涌は熱心な<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>地帯だし、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%B7%D1%BF%AD%C9%A7">真継伸彦</a>氏が湯<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%B0%C3%AB">涌谷</a>を舞台に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>に題材を取った「鮫」を書いておられる。</p> <p>聖人像があって不思議では無い所に、言い換えれば、あるべき地に聖人像があったのである。</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2017%2F07%2F15%2F094910" title="湯涌-一向一揆530年ー蓮崇 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2017/07/15/094910">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p>下は湯涌江戸村</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220330/20220330093013.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220330/20220330093037.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E4%C2%A2%CA%B8%B2%BD%BA%E2">埋蔵文化財</a>センターから湯涌方面</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220330/20220330093115.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p>
  65. 第2組あゆみの会(組推協)第1回例会が開催されました | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/03/27 23:00
    コロナまん延防止宣言解除を受けて間もない2022年3月25日(金)午後1時30分から、満を持して夕陽丘の稱念寺(岸野龍之住職)を会場に、あゆみの会第1回例会が開催されました。 残念ながら、解除後すぐと言うこと...
  66. あゆみ通信 VOL.157 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/03/27 22:54
      あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第157号(2022年4月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼第37回第2組...
  67. ありがとうございました | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/03/25 09:07
    3月23日は予定通り宮部先生をお迎えし、春季彼岸会永代経法要を厳修しました。 沢山のご門徒の方々に来院していただき懇志を頂戴致しました。ありがとうございました。 また、総代をはじめ年当番の方々には本当に準備から後片付けま … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2022/03/25/%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%8c%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%94%e3%81%96%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f-3/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  68. 春彼岸2022⑦ | ことば こころのはな | 2022/03/24 22:24
    2022年3月24日(木)春のお彼岸最終日お彼岸中は、朝6時から夕6時まで実働し...
  69. 想い出の糸口ー宝田明氏、御影道中ー | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/03/24 07:06
    <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220324/20220324070305.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220324070305j:plain" width="355" height="246" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>[昭和61年・1986年 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人御影道中]</p> <p> </p> <p>昨年から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%B2%C8%AF%C3%CF%BF%CC">群発地震</a>が起きている。</p> <p>昨日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>は報道が全国に流れたようで、その新聞記事を見た大阪の南に住む後輩から電話があった。</p> <p>書くのは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>の話では無く京都時代にその後輩から聞いた話である。</p> <p>現在は大阪の方に住んでいるが、出身は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%AC%BB%B3%B8%A9">岡山県</a>玉島だったはずで、実家の船元に歴代番頭として働いていた家がホウダ(宝田)家だったという。</p> <p>そこが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C5%C4%CC%C0">宝田明</a>さんの家で、ホウダではなく、タカラダと名乗っているという話だった。</p> <p>この13日に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C5%C4%CC%C0">宝田明</a>氏の訃報を知り、学生時代の彼の話を思い出していた矢先の電話だったので、コップも倒れない<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>もさることながら、若き頃の話で盛り上がった。</p> <p> </p> <p>電話のあったのが、裏庭の草むしりをしている時で、</p> <p>偶然、前日に彼と同学年か前後の仏教史卒業生・阿部(旧姓柳原)法夫君から</p> <p>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と見玉尼」(『若越郷土研究』66巻2号)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>が届いていたので、その話も交えようかと福井の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人をやっている…モニャモニャ…(名が浮かばないまま)で、話し終えた。</p> <p>部屋へ帰って<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>を見ると、阿部君は福井のというより<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%AA%B9%BE">鯖江</a>のであって、</p> <p>飯田高校の教員時代、5月の連休を利用して、</p> <p>後に「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人御影道中」と名が付けられる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人御影の京都本山に向かう御上洛に福井から木之元までお供で付いて行ったことがあった。</p> <p>早朝、ごろ寝の宿寺を出発してすぐの立ち寄り先寺院で、御影をお迎えに外で待っている住職が阿部君で、言葉にならぬ再会を思い出がある。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C5%C4%CC%C0">宝田明</a>さんは、去る3月14日に亡くなられた。87才。</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2018%2F04%2F24%2F035910" title="蓮如上人御影道中(1986年・昭和61年) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2018/04/24/035910"> </a></cite></p>
  70. 春彼岸2022⑥ | ことば こころのはな | 2022/03/23 21:05
    2022年3月23日(水)雨雪も上がり晴れたとはいえ、寒さの続く23日。今日お参...
  71. 春彼岸2022⑤ | ことば こころのはな | 2022/03/22 21:01
    2022年3月22日(火)雨の降る寒い一日。日中、雪も降りだしました[E:#x2...
  72. 春彼岸2022④ | ことば こころのはな | 2022/03/21 22:27
    2022年3月21日(月)境内の芝生に、毎年この時期に水仙が咲きます。とはいって...
  73. 春彼岸2022③ | ことば こころのはな | 2022/03/20 22:22
    2022年3月20日(日)開業医をされている門徒さんがお参りにみえました。昨日は...
  74. 春彼岸2022② | ことば こころのはな | 2022/03/19 23:28
    2022年3月19日(土)毎年、お彼岸に手作りの牡丹餅(おはぎ)をお持ちくださる...
  75. 春のお彼岸 | お寺の生活 | 2022/03/19 17:16
    今年のお彼岸中日は3月21日です。午後2時より、春の彼岸会のお勤めがあります。皆さんお誘いあわせてお参りください。※改観寺御堂横の梅
  76. 春彼岸2022① | ことば こころのはな | 2022/03/18 23:59
    2022年3月18日(金) 春のお彼岸入りの日桜の木の枝をいただきました。毎年あ...
  77. かのきしこのきし | 遊煩悩林 | 2022/03/17 09:59
    <p>此の岸</p> <p>彼の岸</p> <p>今生と浄土。</p> <p>それぞれの場所でともに生きている。</p> <p>南無阿弥陀仏でつながる感覚。</p> <p>人間の勤めと、仏さまのはたらき。</p> <p>最初、タイトルを「このきしかのきし」と書いたら違和感。</p> <p>「かのきし」を教えられたから、「このきし」を知ったのだ。</p> <p>だから「かのきしこのきし」と入れ替えてみた。</p> <p>「かのきし」の「ほとけさま」がいらっしゃってはじめて、「このきし」の「わたし」がいたのだった。</p> <p>お彼岸の法要を勤めます。</p> <p>どなたさまもどうぞお参りください。</p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/1f/7f7f34b91c2e3ff6defe1f14ff9290a5.png" /></p>
  78. 2022年3月 | 慶運山 長源寺 | 2022/03/17 09:56
    和とは不和のかなしみなり 曽我量深   先月末からのロシアとウクライナの戦争が激化し、世界全体にも影響を与えています。   『他者の現在を思いやること、それは分からないから思いやるんであって、理解でき […]
  79. 第37回 2組同朋大会が開催されました | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/03/15 22:50
    2022年3月12日(土)午後2時分から、第37回第二組同朋大会が、御堂会館4階Aホールにおいて開催され、組内外の御門徒、推進員、住職、寺族等合わせて38名のご来場を頂きました。 真宗宗歌斉唱、勤行の後、三重...
  80. 戦争展公開講座(2022年3月9日)開催されました | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/03/15 17:50
    3月9日(水)、第115回南御堂ヒューマン・フォーラム 戦争展公開講座「大阪大空襲を語り継ぐ」が開催されました。会場の難波別院仮本堂(講堂)には30名近くの方が参加して下さいました。感染症対策を実施し、Zoo...
  81. 人に会い 人を知りなさい それは自分を知る旅だよ (再掲) | ことば こころのはな | 2022/03/15 14:21
        人に会い人を知りなさいそれは自分を知る旅だよ   『ミステリと言う勿(...
  82. 暑くなりました | ことば こころのはな | 2022/03/14 15:18
    今日(2022年3月14日)は、気温20℃を超える暖かさ。子どもたちにとっては暑...
  83. べき | 遊煩悩林 | 2022/03/14 10:32
    <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/ef/1855ac44414028073244665ffcbbf58f.jpg" /></p> <p>先週、数年ぶりに東本願寺同朋会館の真宗本廟奉仕団に一泊二日で参加。</p> <p><a title="" href="https://dobokaikan.jp/hoshidan/" target="_blank" rel="noopener">https://dobokaikan.jp/hoshidan/</a></p> <p>京都市は「まん防」が解除されておらず、会館の徹底した感染対策のもとでの開催。</p> <p>全国からの参加者や、関わってくださったスタッフのなかには、抗原検査を受けて参加し、PCR検査を受けて地元に帰られた方もいらっしゃったようです。</p> <p>聞くところによると「奉仕団」の受け入れは、昨年秋の「報恩講奉仕団」以来とのこと。</p> <p>そこまでして今回集まった奉仕団の名は</p> <p>「是旃陀羅」問題を考える奉仕団</p> <p>常照寺のご門徒におかれては、まだまだ説明が足りておりませんが、現在『同朋新聞』に連載されている「是旃陀羅」問題です。</p> <p>主催した「同関協」は、来年の宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要に、この問題に対する基本姿勢を表明することを目標にしています。</p> <p><a title="" href="https://kyousan.higashihonganji.or.jp" target="_blank" rel="noopener">https://kyousan.higashihonganji.or.jp</a></p> <p>そのための意見集約の場として、会議室ではなく、寝食をともに膝を突き合わせて互いの意見を出し合い、聞き合う奉仕団の結成に至った。</p> <p>お経に記載されている差別語について。</p> <p>その読誦について、現在「読誦」すべきか、「不読」とすべきかという議論が教学的見地、儀式的見地など様々な角度で行われている。</p> <p>「同関協」は、現場の議論。</p> <p>ご門徒の法事の席における読誦について。</p> <p>現場の意見として、読むべきか読まないべきかの「べき」論でなく、「読めない」という感覚を今回の奉仕団では共有しました。</p> <p>講師は、「不読」に反対する方々とこそ議論を交わしたい、と。</p> <p>被差別の側にいる人々と直接の対話や応答のない宗教者に対する不信感を述べられた。</p> <p>水平社から100年。</p> <p>松本治一郎さん、井元麟之さんの本願寺への申し入れから82年。</p> <p>そして今回の講師である部落解放同盟広島県連合会委員長の岡田英治さん、昨年お亡くなりになった小森龍邦さんからの問題提起から、もう9年が過ぎた。</p> <p>問われたことに応える。</p> <p>対話と応答。</p> <p>人として、僧侶として、果たす「べき」は何か。</p> <p>今秋、2回目の奉仕団を予定している。</p>
  84. 23代四教、24代外卿アルバムー昭和12年、昭和16年ー | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/03/12 22:30
    <p>つい先日、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CA%A5%DC%A1%BC%A5%EB%C8%A2">段ボール箱</a>から、相当立派なアルバム4冊とかなりの写真が出てきた。</p> <p>30数年前、庫裏を修復した時に誰かが箱に入れ、そのままになっていたらしい。</p> <p>このような写真集があることなど誰も聞いておらず、一々驚きながら整理している。</p> <p> </p> <p>アルバムは、父の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BD%B2%CA">予科</a>3年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C216%C7%AF">昭和16年</a>・1941年)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312162458.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312162458j:plain" width="791" height="579" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p>その先代の四教の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>卒業アルバム(アルバムは1937年・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C212%C7%AF">昭和12年</a>、卒業は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C215%C7%AF">昭和15年</a>・1940年3月)、</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312162546.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312162546j:plain" width="336" height="466" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p>四教・飯田中学校卒業時アルバム(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C28%C7%AF">昭和8年</a>・1933年)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312163445.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312163445j:plain" width="518" height="381" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p>それに祖母・朝野のアルバムである。</p> <p> </p> <p>それ以外の記念写真も相当入っていた。</p> <p> </p> <p>昨日11日は、1991年(平成3年)に示寂した父・外卿の祥月命日だった。</p> <p>今年は32回忌である。</p> <p>祖母・朝野は1972年・昭和47年に先立っており、今年は51回忌になる。</p> <p>近々2人の年忌をする予定なのだが、</p> <p>年忌を控えたこの時期にアルバムが出てきたのだから、興味津々</p> <p>調べないわけにはいかない。</p> <p> </p> <p>父外卿は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%B59%C7%AF">大正9年</a>(1920)6月、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a>江曽町<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B3%DA%BB%FB">妙楽寺</a>(松谷家)の3男として生まれ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C216%C7%AF">昭和16年</a>7月4日に西山(旧姓朝倉)朝野の養子として西山家に入った。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>文学部<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%BB%CB">国史</a>學科を卒業したのが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C218%C7%AF">昭和18年</a>9月で、卒業証書には西山外卿となっている(学長 事務取扱 豅 含雄)。</p> <p>松谷姓で大学に入り、途中で西山姓に変わって卒業したのだ。</p> <p> </p> <p>卒業しないと教師(住職資格)は取れないので、</p> <p>先代の四教さんが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C216%C7%AF">昭和16年</a>1月9日に23歳で急逝してから、父の卒業までは、朝野の兄・朝倉静雄が住職代理を務めていた。</p> <p>この人は、私が小学生の頃、赤野井別院の輪番をしており、祖母に連れられ弟と共に朝倉家の孫達と赤野井別院で数日過ごしたことがある。</p> <p> </p> <p>そういう時代のアルバムなので、写っている人物などは、ほとんど見当がつかない。</p> <p>父のアルバムには、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BF%DC">大須</a>賀学長のように書き込みがあるのだけれど、フォトコーナーから剥がれていて、徳重浅吉教授一枚だけが対応しているものの、その他の写真と人物の関係は分からない。</p> <p>とはいえ、フォトコーナーはそのままになっており、写真の大きさから推定できるので、?をつけて、お名前を紹介する。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214004.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214004j:plain" width="363" height="553" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312185744.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312185744j:plain" width="414" height="616" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><strong>徳重浅吉教授</strong></p> <p>かつて、父に大学の卒論指導を受けたのは誰だったのか、聞いたことがある。</p> <p>徳重浅吉先生と答え、卒論の内容も聞いたのだが、こちらの方は忘れた。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312190942.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312190942j:plain" width="509" height="358" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>父の同級生名簿を見ると、私が名を知っているのは山本唯一氏(後、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>教授)</p> <p>のみで、山本教授は国文、父は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%BB%CB">国史</a>。しかも当時は松谷姓だったので、私が同級生の子だとは気づくことがなかったのだろう。</p> <p>山本先生は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A9%B6%B5%CA%B8%B2%BD">仏教文化</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%BB%CE">修士</a>を受けた時や、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%CF%C0">修論</a>審査時の面接担当のお一人だったし、数回だったけれど講義を受けたこともあった。</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BF%DC">大須</a>賀秀道学長 ?</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312192003.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312192003j:plain" width="407" height="618" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>鈴木弘教授(哲学) ?</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312192210.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312192210j:plain" width="375" height="615" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>萬造寺斉教授(組主任 英語) ?</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312193056.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312193056j:plain" width="400" height="629" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312195146.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312195146j:plain" width="740" height="544" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312195759.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312195759j:plain" width="705" height="492" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>裏に書き込み。</p> <blockquote> <p>六月四日 立野ヶ原ニ於テ</p> </blockquote> <p>立野ヶ原は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%C5%D7%BB%D4">南砺市</a>のようだ。</p> <p>7月の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EB%C3%BC">城端</a>別院・虫干し法要、井波別院・太子絵伝に例年泊まりがけでお参りしているが、時々泊まっている「桜ヶ池クアガーデン」エリアがここにあたるようだ。</p> <p>学徒出陣壮行会が、1943年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C218%C7%AF">昭和18年</a>)10月21日に行われている。</p> <p>父の卒業は、証書によれば一月前なのだけれど、</p> <p>父からは学徒出陣壮行会の様子を聞いたことがある。</p> <p> </p> <p><strong>西山四教アルバム</strong></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>の学部は2次試験で受けた。面接があった。</p> <p>面接なさったのは松原祐善先生だった。</p> <p>開口一番、西山四教さんのお子さんですか?</p> <p>とお聞きになった。</p> <p>四教さんについては、父の先の代のかたで、大学を出てまもなく流行病で亡くなられた方とは知っていたが、突然その名が出てきたので、どう答えようか曖昧な返事をしていると、</p> <p>松原先生は、四教さんはすごく優秀だった。君も(試験の点に寄るが)ここで学べばいい、とおっしゃった。</p> <p>そのことから、四教氏と松原先生とは同級生同志だと、ずーっと思い込んでいた。</p> <p>今、先生の『他力信心の確立』を読んでいるのだが、本を開く度に、このお寺の先々代と同級生の本、と思いながら読んできた。</p> <p> </p> <p>アルバムの中に同級生か寮生かの寄せ書きがある。</p> <p>私は昭和54年と平成9年版の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>同窓生名簿を持っているが、四教氏の同窓生に「松原祐善」の名がない。</p> <p> </p> <p>なんやかんや調べていると、二人は10歳ほど年が違っていることに気づいた。</p> <p>父の前の代の人だから、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/1906%C7%AF">1906年</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A339%C7%AF">明治39年</a>)年生まれの松原先生と同世代だろうと思い込んでいたのだった。</p> <p>四教さんは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%B57%C7%AF">大正7年</a>生まれ、同9年生まれの父と2歳しか違っていなかったのだ。</p> <p> </p> <p>優秀だった四教さんは、父・謙(旧姓梧)、母・忍(紙子)の子として生まれたが、母・忍は四教2歳の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%B59%C7%AF">大正9年</a>3月1日に亡くなっている。</p> <p>その時、四教の姉が5歳で幼い2人の子を抱え困ったのだろう。</p> <p>1年半後の、大正10年9月26日、祖母・朝野が入籍し、2人の子を育てた。姉は昭和8年、謙さんは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C211%C7%AF">昭和11年</a>、四教さんは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C216%C7%AF">昭和16年</a>1月9日に亡くなり、</p> <p>半年後に朝野の甥にあたる外卿が養子に入った、というわけだ。</p> <p> </p> <p>である<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AB%A4%E9%A4%B7">からし</a>て、私は四教さんとは全く血がつながっておらず、優秀さも引き継いでいない。</p> <p> </p> <p>さらにいえば、四教さんアルバムに写っている人々は、朝野を除いて誰1人見当の付けようのない人々なのだ。</p> <p> </p> <p>それはそうとして、四教氏のアルバムがまた凝っていて、メモ一つ無い芸術的な写真集になっている。</p> <p>アルバムに貼ってあるページを追って、写真を紹介する。</p> <p>下に寄せ書き(写真版)なさっている方々が写っているはずだ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312213801.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312213801j:plain" width="461" height="614" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214042.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214042j:plain" width="502" height="720" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214137.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214137j:plain" width="440" height="549" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214156.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214156j:plain" width="466" height="556" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214211.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214211j:plain" width="312" height="565" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214230.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214230j:plain" width="414" height="510" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>萬造寺斉教授?</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214242.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214242j:plain" width="376" height="565" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214302.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214302j:plain" width="316" height="636" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214315.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214315j:plain" width="400" height="672" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214327.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214327j:plain" width="392" height="589" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214344.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214344j:plain" width="412" height="572" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312214404.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312214404j:plain" width="545" height="324" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>四教氏は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DD%C6%BB">弓道</a>部だったのだろう。</p> <p>卒業して1年で亡くなられたためか、</p> <p>二つの同窓会名簿には</p> <p>西山四教 (石川県) </p> <p>とのみの記載しかなく、どこの西山なのかわからない。</p> <p>この学年には、柏原祐泉先生、和田稠師がいる。</p> <p>父も生前の名簿には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>飯田町14-71 西山(松谷)外卿となっているが、</p> <p>平成版では、西山外卿(石川県)だけになっている。</p> <p> </p> <p>ところで、私は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A9%B6%B5%CA%B8%B2%BD">仏教文化</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%BB%CE">修士</a>課程を終了したはずなのだが、引っ越しや、</p> <p>教員になる準備、着る物も<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B8%A1%BC">ジー</a>パンしか無い状態だったのと、院のみの修了者が卒業式に出ていいのどうかわからず、同日にあった石川県新教員の集まりの方に金沢に行っていて卒業式にはでなかった。</p> <p>そのせいなのだろう、終了証書をもらっていないし、論文もかえってない。</p> <p>別に困ることはなかったが、今この文を書いていて、正式に何という課程で学び、終了時の学長がどなただったのかぐらい知っておけばよかった…との思いが涌いてきた。丁度50年前の出来事である。</p> <p> </p> <p>そして、写真はないものの、私も学生時代アルバムを作りたくなるほど、</p> <p>昔のアルバムに写っている群像は、躍動している。</p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  85. 時の共有 | 遊煩悩林 | 2022/03/12 13:12
    <p>11回目の「3.11」。</p> <p>西暦でいえば2022回の、令和でいえば3回の3.11がありますが。</p> <p>11回目の「勿忘の鐘」。</p> <p>コロナ以降、ご門徒や近隣へのご案内は行わず、寺に居るものだけで「その時刻」に鐘を打とうと。</p> <p>何もご案内していないにも関わらず、数名の方が「その時刻」に来られ、鐘を打っていかれた。</p> <p>今月末に開催予定の「福島プロジェクト」のご支援とともに。</p> <p><a title="" href="http://booses.net" target="_blank" rel="noopener">http://booses.net</a></p> <p>事前のPCR検査などの面倒を超えて三重に来てくれるこどもたち。</p> <p>コロナの状況次第でいつ中止になるとも分からない状況下で、準備を重ねるスタッフ。</p> <p>おかげさまの11年。</p> <p>はなれていても時をともにするということを憶った。</p> <p>物理的な距離だけでなく、此の岸と彼の岸の居場所は違っても同じ時間を過ごしているのだ。</p> <p>もうすぐお彼岸。</p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/30/f3/40b7bcdc9c2003802537e2e8bbbe5bf4.png" /></p>
  86. 2022年3月11日 | ことば こころのはな | 2022/03/11 19:07
    2022年3月11日 東日本大震災から11年目を迎えました。今日の午前中、地域の...
  87. 亀鳴屋ー石川デザイン賞受賞・勝井隆則さん | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/03/10 21:12
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220310/20220310214727.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220310214727j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2020年令和4年3月10日 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%DF%A4%CE%B2%D6">梅の花</a>と椿 ふき畑</p> <p> </p> <p><strong>句集 春暁 西山暁子</strong><br /><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306190019.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306190019j:plain" width="266" height="383" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE26%C7%AF">平成26年</a>(2014年)4月8日刊行 私家版</p> <p>亀鳴屋制作</p> <p>母・暁子米寿、父・外卿23回忌記念 </p> <p>現在 「風港」同人</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306175053.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306175053j:plain" width="1200" height="1051" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>宮崎孝正全詩集</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306184752.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306184752j:plain" width="581" height="600" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306184907.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306184907j:plain" width="654" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220310/20220310070916.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220310070916j:plain" width="743" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>編者・勝井隆則氏があとがきに書いている。</p> <blockquote> <p>ぜんぶコミで面白いのだし,</p> <p>石があるから玉もかがやくと、</p> <p>一切合切を放り込む方針に転びました。</p> <p> </p> </blockquote> <p>その成果が、上のような写真15ページ・64枚。</p> <p>年表中に40枚。本文中にも詩集表紙写真などが紹介されており、本文709ページ。</p> <p>大変な労作である。</p> <p>すぐそのような見方をしてしまうのだが、博士論文級の著書だと思う。</p> <p> </p> <p>私は宗教民俗の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>先生に学んだが、先生が最初におっしゃったのは、</p> <p> </p> <blockquote> <p>歩いていると、調べなければならないことが寄ってきますよ。</p> </blockquote> <p> </p> <p>であり、</p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%F8%C5%C4%B9%F1%C3%CB">柳田国男</a>は「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%A2%C7%BC">帰納</a>」であり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%DE%B8%FD%BF%AE%C9%D7">折口信夫</a>は「演繹」だったが</p> <p>折口の演繹が成り立ったのは、折口という天才、余人には近づけない研ぎ澄まされた感性があったからで、</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%F8%C5%C4%B9%F1%C3%CB">柳田国男</a>の方法を目指しなさい、</p> </blockquote> <p>だった。</p> <p> </p> <p>この一切合切の亀鳴屋・宮崎本は、五来宗教民俗が目指した地平を示す、別の具現だと思う。</p> <p> </p> <p>ところで、「天井の櫻」は写真解説に</p> <blockquote> <p>「天井の櫻」が使われた「チェリー(たばこの銘柄)」の宣伝ポスター。</p> <p>専売公社札幌地方局の制作で、昭和52年の花見シーズン、北海道全域に貼り出された。</p> </blockquote> <p>とあるように、チェリーの宣伝に使われた詩の作者ということで、宮崎は一躍有名になる。</p> <p>年表によれば、政孝は同年5月9日77歳で逝去。</p> <p>政孝は、1900年(明治33)に宮崎家のある德田村江曽で生まれた。</p> <p>私の父は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%B59%C7%AF">大正9年</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/1920%C7%AF">1920年</a>)に同じ江曽の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B3%DA%BB%FB">妙楽寺</a>・松谷家に生まれ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C216%C7%AF">昭和16年</a>(1941)年飯田・西勝寺の西山家に養子に入った。</p> <p>政孝と父とでは、年の差が20あるとはいえ、江曽は農村集落であり、西往来沿いにある</p> <p>宮崎家の前を通らなければ、父・外卿は、德田小へも七尾中学校へも通えなかったので、孝政を知っていたはずだ。</p> <p>普段は会うことがなかったとしても、孝政が德田小校歌を作詩し、校歌制定の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C27%C7%AF">昭和7年</a>(1932)10月7日には、外卿は德田小学校6年生なので、校歌披露を最上級生としてむかえたことになる(下の「德田小学校史」参照)。</p> <p> </p> <p>なお、『宮崎孝政全詩集』には宮崎作詩の校歌が4編載っている(P433~440)。</p> <p>德田小學校、德田中學校、西湊小學校校歌、宇出津中学校校歌で、現在いずれの学校も統合されて学校名は変わっている。</p> <p> </p> <p>さらに、孝政は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C211%C7%AF">昭和11年</a>(1936)に長女・萬亀子と私の弟を通した七尾の親戚筋にしばらく住んでいた。</p> <p>宇出津中は、私が4年間在籍した宇出<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%B9%E2">津高</a>校へ最も多くの生徒が進学しており、高校で出会った生徒達は、中学時代に孝政作詩</p> <p>♪海の瞳は祈りをこめて 澄みきりわたり 松風を聴く…</p> <p>を歌っていたのだろう。</p> <p>不思議な縁としか言いようがない。</p> <p>※その頃の関係者に聞いたら、すでに宇出津地区は能都中学校<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%BB%B2%BC">校下</a>になっており、宇出津中は今は昔の話になっていた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185030.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185030j:plain" width="821" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1999年(平成11年)1月1日亀鳴屋発行 </p> <p>編者勝井隆則 </p> <p>私家版</p> <p> </p> <p><strong>宮崎孝政作詩校歌 德田小学校 (『德田小学校百年史』</strong>昭和47年・1972・11月18日発行』)</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185155.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185155j:plain" width="777" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185208.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185208j:plain" width="731" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>「汝自當知」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>書  [出典]<span style="color: #4d5156; font-family: arial, sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">告法藏比丘 如所修行 莊嚴佛土 </span><em style="font-weight: bold; font-style: normal; color: #5f6368; font-family: arial, sans-serif; font-size: 14px; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;">汝自當知(「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CE%CC%BC%F7%B7%D0">無量寿経</a>」)</em></p> <p> </p> <p><span style="color: #4d5156; font-family: arial, sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;"><strong>歌われなかった校歌</strong> </span></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185108.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185108j:plain" width="540" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185126.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185126j:plain" width="752" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><strong> 德田小学校 昭和8(1933年)年3月卒業生</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185229.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185229j:plain" width="1200" height="699" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>父・松谷外卿、教区会議員時代に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教務所でよくお会いし、教えを受けた推進員の中心メンバーだった木下繁氏もここにおいでる。</p> <p>木下さんとお話し、別れる時には自然と合掌なさる方だった。</p> <p>父からは、江曽では、田仕事のあいま・休憩時間には、</p> <p>畦に腰掛けて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>大系(大系と言ったと記憶している)を読む人がいた、と、子供の頃によく聞かされたものだった。</p> <p>写真には191名写っている。卒業生名簿は175名。16名は教職員だろう。</p> <p> </p> <p><strong>「鯉」</strong></p> <p>宮崎孝政には教科書に採用された詩(「鯉」『中学国語二』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D8%B9%BB%BF%DE%BD%F1">学校図書</a>KK,昭和56年1月)がある。</p> <p>高校で国語を教えていた経験からいうと、一編の詩なら普通3単元で扱う。</p> <p>教える方はたいてい、3クラス3時間ずつ9時間。生徒は3時間たっぷりと学び、その詩に対して試験勉強もしなくてはならない。</p> <p>教科書に採用されるということは、大変なことなのである。</p> <p>先の写真説明に、</p> <p>俳優<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C6%A3%B9%E4">加藤剛</a>が朗読したカセットテープも、合わせて制作されている。</p> <p>とあるが、これは補<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%F5%B6%B5">助教</a>材である。教科書会社は、採択を目指しさまざまな補<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%F5%B6%B5">助教</a>材を用意していた。</p> <p> </p> <p>十月社・亀鳴屋本の装丁者が誰なのかを記しているのは、現代国語教科書に載っていた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%CA%C0%DE%B5%D7%C8%FE%BB%D2">栃折久美子</a>「モ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%ED%A5%C3%A5%B3">ロッコ</a>皮の本」に出会ったことによる。</p> <p>その時、本は表紙・帯を含めた総合文化でもあることに初めて気づいたのである。</p> <p>まして、デザイン賞受賞をきっかけに手元の亀鳴屋本を整理しているのである。</p> <p>ともあれ、この膨大な本を完成させた勝井氏の「ねばり力」が、</p> <p>以後の亀鳴屋本のゆとりをもった制作に生かされ続けているのだと、うなずいている。</p> <p> </p> <p> </p> <p><strong>藤澤清(氵+靑)造貧困小説集</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185301.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185301j:plain" width="404" height="578" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2001年(平成13年)4月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>発行</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306184955.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306184955j:plain" width="742" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>今年2月5日に54歳で急逝した<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%A9%C0%EE%BE%DE">芥川賞</a>作家・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C2%BC%B8%AD%C2%C0">西村賢太</a>さんが協力者だった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185502.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185502j:plain" width="1113" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>倉田啓明譎作集 稚児殺し</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185525.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185525j:plain" width="301" height="397" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>口絵 牛島 孝 無題</p> <p>口繪 撮影 小幡英典 表紙加賀染 奥田染色</p> <p>協力 高田巌 上陽子 坪坂実千代</p> <p> </p> <p><strong>人譽幻談 幻の猫</strong> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220317/20220317061718.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220317061718j:plain" width="220" height="381" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2004年4月30日 発行</p> <p>著者 伊藤人譽</p> <p>表紙写真 武田 花</p> <p>著者写真 小幡英典</p> <p>本文レイアウト 高田巌</p> <p>奥付貼紙 一二明子</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%BC%C0%B8%BA%D4%C0%B1">室生犀星</a>断章 馬込の家 伊藤人誉 </strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185540.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185540j:plain" width="258" height="347" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2005年(平成17年)5月30日 </p> <p>撮影 小幡英典 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E4%BF%B9%EF">篆刻</a> 井口哲郎 </p> <p>検印紙図案 藤澤由佳</p> <p> </p> <p><strong>詩集 寡黙な家 ヒグレテタドルハ 大野直子</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185555.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185555j:plain" width="261" height="344" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>平成18年(2006年)10月30日発行</p> <p>私家版 表紙 扇田克也 撮影 桝野正博</p> <p>装丁 金田理恵</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220310/20220310153758.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220310153758j:plain" width="74" height="251" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>大野さんはこの時までに第17回<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B3%A4">日本海</a>文学大賞「詩部門北陸賞」を受賞されていたが、この後、詩集「化け野」によって、第22回<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%BB%ED%BF%CD%A5%AF%A5%E9%A5%D6">日本詩人クラブ</a>新人賞を受賞された。</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%CB%C6%A3%CC%D0">伊藤茂</a>次詩集 ないしょ</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220307/20220307173804.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220307173804j:plain" width="208" height="296" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185624.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185624j:plain" width="1200" height="861" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>発行 平成21年(2009年)3月12日</p> <p>著者 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%CB%C6%A3%CC%D0">伊藤茂</a>次 編者 外村 彰</p> <p>題字 著者葉書より 表紙画、扉画 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%EC%C5%C4%A4%E6%A4%A6">滝田ゆう</a> 奥付版画 高橋照雄</p> <p> </p> <p><strong>高祖保書簡集 井上多喜三郎宛</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185640.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185640j:plain" width="358" height="240" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>平成20年(2008年)5月4日発行</p> <p>編者 外村彰</p> <p>写真撮影 小幡英典 表紙画、題字 高祖 保</p> <p> </p> <p><strong>湯浅啓写真集 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C0%FE">能登線</a>憧憬</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185652.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185652j:plain" width="388" height="353" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2008年(平成20年)10月14日発行</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%BB%CA%BE%AE%B7%F5">上司小剣</a>コラム集</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185705.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185705j:plain" width="211" height="297" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2008年(平成20年)10月30日発行</p> <p>編者 荒井真理亜</p> <p>表紙版画 高橋輝雄</p> <p>題簽(白山紬) 奥田染色</p> <p> </p> <p><strong>ひたむきな人々ー近代小説の情熱家たちー</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185721.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185721j:plain" width="258" height="368" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>平成21年(2009年)4月6日発行</p> <p>編者 木田隆文・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C2%BC%BD%A4%B0%EC">田村修一</a>・外村彰・橋本正志</p> <p>カバー画・扉挿画 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EC%A5%B4%A5%EA%C0%C4%BB%B3">グレゴリ青山</a></p> <p>扉版画 高橋輝雄</p> <p>収録作品の作家 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%AC%CC%DA%BD%C5%B5%C8">八木重吉</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CC%DA%C5%C4%C6%C8%CA%E2">国木田独歩</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C6%CC%DC%DE%FB%C0%D0">夏目漱石</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D6%B2%EC%C4%BE%BA%C8">志賀直哉</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C6%C3%D3%B4%B2">菊池寛</a></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%B4%C6%A3%BD%D5%C9%D7">佐藤春夫</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%A9%C0%EE%CE%B6%C7%B7%B2%F0">芥川龍之介</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E1%BE%BE%BD%A9%B9%BE">近松秋江</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%C9%F4%C3%CE%C6%F3">阿部知二</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%C2%F4%B8%AD%BC%A3">宮沢賢治</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%BB%B3%B5%C1%BD%A8">中山義秀</a> </p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%AC%CB%DC%A4%AB%A4%CE%BB%D2">岡本かの子</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%BC%C0%B8%BA%D4%C0%B1">室生犀星</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C6%D8">中島敦</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C4%CD%C9%F0%C6%F3">平塚武二</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F0%C5%C4%C2%D9%BD%DF">武田泰淳</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EB%BE%BB%B9%AC">城昌幸</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%E6%C9%FA%CB%F0%C6%F3">井伏鱒二</a></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%C8%F8%C5%D0%C8%FE%BB%D2">宮尾登美子</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%E6%BE%E5%CC%F7">井上靖</a></p> <p> </p> <p><strong>念ふ鳥 詩人 高祖保 外村彰</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185733.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185733j:plain" width="303" height="404" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>著者 外村彰</p> <p>函・表紙版画 高橋輝雄 写真撮影 木幡英典</p> <p>近江上布装A版[白]、同B版[<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B8%C0%AE%A4%EA">生成り</a>色]。</p> <p>私が所有しているのはB版</p> <p> </p> <p><strong>歌のわかれ  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%CC%EE%BD%C5%BC%A3">中野重治</a></strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185745.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185745j:plain" width="209" height="291" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE23%C7%AF">平成23年</a>(2011年)3月31日</p> <p>発行 石川<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E1%C2%E5%CA%B8%B3%D8">近代文学</a>館</p> <p>版画・題字 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%CC%EE%BD%C5%BC%A3">中野重治</a><br /> </p> <p><strong>ぼくの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%CF%B8%B5%BC%D2">創元社</a>覚え書 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%B6%B6%B5%B1%BC%A1">高橋輝次</a></strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185758.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185758j:plain" width="250" height="347" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185814.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185814j:plain" width="357" height="521" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2013年(平成25年)10月10日</p> <p>表紙イラスト <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EC%A5%B4%A5%EA%C0%C4%BB%B3">グレゴリ青山</a></p> <p>扉画 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%CF%B8%B5%BC%D2">創元社</a>文庫表紙より</p> <p> </p> <p><strong>妹の力、島の人生</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185826.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185826j:plain" width="253" height="367" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>昭和21年(1946年)4月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a> 6版発行 </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185837.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185837j:plain" width="253" height="367" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>昭和37年(1962年)9月30日 再版</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%CF%B8%B5%BC%D2">創元社</a>文庫は書庫に2冊あった。いずれも<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%F8%C5%C4%D4%A2%C3%CB">柳田國男</a>著</p> <p> </p> <p><strong>犀星映画日記 室生洲々子編</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306185925.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306185925j:plain" width="249" height="357" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2020年(令和2年)10月18日発行</p> <p>イラスト <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F0%C6%A3%CE%C9%BB%D2">武藤良子</a></p> <p> </p> <p><strong>さらに充実…</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220310/20220310204042.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220310204042j:plain" width="390" height="582" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><br /><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B0%E6%C0%B5%BB%B0">土井正三</a>詩集 梅</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312130049.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312130049j:plain" width="210" height="312" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>令和3年(2021)11月28日発行<br />版画(表紙・扉・奥付貼紙) <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F0%C6%A3%CE%C9%BB%D2">武藤良子</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220312/20220312131132.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220312131132j:plain" width="352" height="528" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /></p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  88. 春季彼岸会永代経法要 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/03/09 21:51
    今年もお彼岸が近づいてまいりました。 例年通りとは行きませんが、規模を縮小しながらも永代経法要を厳修致します。 世界情勢でなかなか心が穏やかにならない事ですが、こんな時だからこそ頂くご法話もあると思います。マスク着用の上 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2022/03/09/%e6%98%a5%e5%ad%a3%e5%bd%bc%e5%b2%b8%e4%bc%9a%e6%b0%b8%e4%bb%a3%e7%b5%8c%e6%b3%95%e8%a6%81-3/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  89. 春の法要ごあんない | つれづれ日誌 | 2022/03/09 15:54
    ようやく暖かくなってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。春のお彼岸をおつとめする季節となりました。 彼岸とは、私たちの世界を「此岸」というのに対し、「彼岸」は迷いを超えた世界(覚りの世界)のことです。その世界は『西方浄土』といわれ、日本では...
  90. 3/11 伝研の会 例会のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/03/08 16:19
    3月11日(金)は、公開講座が中止となりましたが、同日同時刻に例会を開催いたします。 伝研の会 例会 3月11日(金)18時より 場所:難波別院地下 第二会議室 ご参加お待ちしております。
  91. 十月社、亀鳴屋ー石川デザイン賞の勝井隆則さん | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/03/07 16:02
    <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さん <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>伝承集成</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191353.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191353j:plain" width="297" height="424" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1988年10月25日発行</p> <p>企画・編集 加能民俗の会</p> <p>発行者 橋本勝郎</p> <p>製作 株式会社十月社</p> <p> </p> <p>執筆「本文・註」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>伝承と北陸の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>民俗」「久乃<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%DA%C2%BC%CB%AD">木村豊</a>四郎の巡拝」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>の言葉と和歌」「加賀<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>寺院由緒」</p> <p> </p> <p>加賀の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>500年を記念して、会員に熱心な<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>達が多かった加能民俗の会が唯一企画編集した一書。</p> <p>私の専門でもあったので、当時<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E1%CE%D3%CB%B7">香林坊</a>2-9-2<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%B5%DC">中宮</a>ビル2階(後、長町3-13-5)にあった十月社に度々出向いて、編集のお手伝いやらじゃまをした。</p> <p>社長は故・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%C4%C5%B0">中田徹</a>氏、編集担当の中心が勝井隆則さんだった。</p> <p>そこにいるだけで、それまで経験したことがなかった、知的生産・先端文化の雰囲気に包まれ、身にしみていくようだった。</p> <p> </p> <p><strong>たいころじい</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191404.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191404j:plain" width="414" height="582" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>「たいころじい 太鼓と人間の研究情報誌」第1巻</p> <p>1988年7月15日発行。編集発行人・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%C4%C5%B0">中田徹</a>、編集スタッフ 勝井隆則・大場悦子・宮川加寿枝、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5%C7%A5%A3%A5%C8%A5%EA%A5%A2%A5%EB%A5%C7%A5%B6%A5%A4%A5%F3">エディトリアルデザイン</a> 一二明子</p> <p>執筆「天と地の太鼓」</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191423.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191423j:plain" width="415" height="582" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>「たいころじい 太鼓と人間の研究情報誌」第5巻</p> <p>1991年9月17日発行。編集発行人・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%C4%C5%B0">中田徹</a>、編集スタッフ 釜井陽子・熊走佳代子・石田聡子・高橋由紀子、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5%C7%A5%A3%A5%C8%A5%EA%A5%A2%A5%EB%A5%C7%A5%B6%A5%A4%A5%F3">エディトリアルデザイン</a> 一二明子、表紙イラストレーション 右澤康之</p> <p>執筆「原初性と官能 太鼓起想学 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%ED%B3%DA">雅楽</a>・宮田まゆみ」</p> <p> </p> <p><strong>いしかわ人は</strong> <strong>自然人</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191436.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191436j:plain" width="354" height="504" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>特集 土といきる 春季号  NO.19 1992年4月1日</p> <p>制作 株式会社十月社</p> <p>執筆「土とくらす あえのこと」</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191445.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191445j:plain" width="354" height="504" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" />編集</p> <p>特集 水のながれ 7月 夏季号  NO.20 1992年7月1日</p> <p>制作 株式会社十月社</p> <p>執筆「特別企画 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の塩づくり」</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191512.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191512j:plain" width="357" height="509" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>特集 彩 いろどり 7月 春季号  NO.23 1993年4月1日</p> <p>制作 株式会社十月社</p> <p>執筆「輪島塗の技と彩り」</p> <p> </p> <p><strong>北陸 エリアガイドG/21</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191500.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191500j:plain" width="254" height="363" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1992年7月発行 執筆・本文レイアウト・写真を十月社が担当している。</p> <p>このガイド本の担当は石田さんで、「MIND TRIP」コーナーを書かないかと誘われ、</p> <p>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%CE%BB%E1">杜氏</a>の里」と「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%BE%E8%C3%AB">一乗谷</a>の盛衰」を書いた。</p> <p>格好いいなあーと心の中で思っていた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D5%A5%EA%A1%BC%A5%E9%A5%A4%A5%BF%A1%BC">フリーライター</a>に、ちょっと近づいた気持ちになったー、一度切りのできごとだった。</p> <p> </p> <p><strong>ー手元にある十月社本いろいろー</strong></p> <p> </p> <p><strong>北陸この店あの味</strong> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191522.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191522j:plain" width="254" height="359" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220307/20220307105919.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220307105919j:plain" width="194" height="293" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1987年(昭和62年)2月28日 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a> 富山支局・金沢支局・福井支局編</p> <p>発行者 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%C4%C5%B0">中田徹</a> 発行所 出版編集工房十月社</p> <p> </p> <p><strong>大祭 大野<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%B5%C8%BF%C0%BC%D2">日吉神社</a>千二百五十年祭記念誌</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191533.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191533j:plain" width="425" height="419" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>昭和62年(1987)12月25日発行</p> <p>企画/制作 出版編集工房十月社</p> <p>監修 今村充夫 座談会司会 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%C4%C5%B0">中田徹</a></p> <p>今村さんか、中田さんのどちらかからいただいた。</p> <p> </p> <p><strong>幻想空間の東西 フランス文学をとおしてみた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%F4%B6%C0%B2%D6">泉鏡花</a></strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191604.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191604j:plain" width="313" height="434" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1990年(平成2)1月8日発行</p> <p>編者 金沢大学フランス文学会 代表 渡辺香根夫</p> <p>著者 平川祐弘・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E4%BB%D4%CA%DD%C9%A7">私市保彦</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%C2%F4%C2%E0%C6%F3%CF%BA">天沢退二郎</a>・篠田知和基・柏木隆雄</p> <p>発行者 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%C4%C5%B0">中田徹</a>  発行所 株式会社十月社</p> <p>装丁 一二明子(アートプロジェクト)</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%F5%CC%EE%C0%EE">浅野川</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%AF%C2%E5%B5%AD">年代記</a> 川のひびきを聞きながら 1890-1990</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191615.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191615j:plain" width="425" height="312" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1990年(平成2)7月5日発行</p> <p>発行人 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%C4%C5%B0">中田徹</a> 発行 株式会社十月社</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%D4%BD%B8%B0%D1%B0%F7">編集委員</a>の1人に勝井隆則氏。</p> <p> </p> <p><strong>白山の四季 上馬泰生写真集</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191624.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191624j:plain" width="425" height="395" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1990年10月23日発行</p> <p>装丁・AD 一二明子とある。</p> <p> </p> <p>西時国の白雉山岩倉寺ご住職の姓が一二三(ひふみ)さんなので、一二明子さんの姓はヒフさんだろうか?と思いつつはっきりしたほうがいいと調べたら、「いちに」さんだった。</p> <p> </p> <p><strong>NOTO <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>・人に知られぬ日本の辺境</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191634.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191634j:plain" width="319" height="427" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191645.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191645j:plain" width="802" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A322%C7%AF">明治22年</a>5月8日にローエルによって撮影された。このような写真が32葉載る。</p> <p>1991年10月7日発行</p> <p>著者 パーシヴァル・ローエル</p> <p>訳著者 宮崎政明 発行者 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%C4%C5%B0">中田徹</a> 発行所 株式会社十月社</p> <p>装丁・本文デザイン/右澤康之+一二明子</p> <p> </p> <p><span style="text-decoration: underline;">参考までに</span>。</p> <p>荒山峠道(県道18号)は,現在トラック同士もすれ違える立派な二車線道路になっているが、かつては写真のようなローエル顕彰記念看板が建っていた。今はローエルが越えた道どころか、ローエルの名を知る人さえ少ないのだろう。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220307/20220307141528.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220307141528j:plain" width="714" height="512" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220307/20220307141551.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220307141551j:plain" width="768" height="512" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1988年(昭和63年)5月8日は、ローエルが荒山峠を越え穴水に向かった日から、100年目にあたる。撮影2005年(平成17年)4月27日。</p> <p> </p> <p>現在の「荒山峠」碑はここよりかなり氷見側に建つ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220307/20220307203708.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220307203708j:plain" width="640" height="425" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 写真「あみの3ブログ」より</p> <p> </p> <p><strong>湖底の風景 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>・小屋ダムの自然 佐藤弘孝写真集</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191658.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191658j:plain" width="425" height="395" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1993年(平成5年)4月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>発行</p> <p>小屋(おや)ダムは鵜飼川上流、修験の山・宝<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>麓に平成5年に完成した多目的ダムである。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C0%A5%E0%B8%D0">ダム湖</a>は宝水湖と名付けられた。</p> <p>佐藤さんはダム建設の技術畑のトップとして赴任されていた方で、数回お会いしたことがある。</p> <p>多目的ダム建設による自然破壊と自然を守ることを絶えず誠実に考えておられた。</p> <p>一枚一枚の写真に、佐藤さんの葛藤と昇華が込められ調和しあっているように思える。</p> <p> </p> <p>もう手に入らない写真集なので、いかに素敵な写真なのかを、湖底とは関係のない一枚で紹介する。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220307/20220307151739.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220307151739j:plain" width="331" height="252" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>タイトル 鰐崎海岸 家路を急ぐ小舟(佐藤弘孝)</p> <p> </p> <p><strong>白山の四季Ⅲ 白山高山帯 上馬泰生写真集</strong> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220306/20220306191707.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220306191707j:plain" width="425" height="395" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1998年(平成10年)7月6日発行 <br /><br /></p> <p>十月社は2001年に幕をおろし、</p> <p>一時代の文化(人)を育てた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%C4%C5%B0">中田徹</a>さんは、2018年(平成30)9月17日、66歳で息を引き取られた。改めて哀悼の意を表します。</p> <p> </p> <p> </p> <p>十月社でのさまざまなノウハウや、出版にかけた情熱は</p> <p>勝井隆則さんの「亀鳴屋」に引き継がれた。</p> <p>それから20年後ーのこんにち、亀鳴屋本デザインは、石川デザイン賞を受賞するほどの高い評価を得ている。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220307/20220307154918.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220307154918j:plain" width="1200" height="1051" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a> 2022年2月23日(水)朝刊。写真の受賞者が勝井氏。</p> <p> </p> <p>手元の「亀鳴屋」デザイン書物については、</p> <p>改めて。</p> <p> </p> <p><br /><br /><br /><br /><br /><br /></p>
  92. 3月になりましたが | お寺の生活 | 2022/03/07 07:46
    まだまだ寒い日が続いています。今年は雪が長く降り、休み休みだったので一気に積もるドカ雪ではなかったものの、積雪量では去年より多かったようです。今週からはようやく少しずつ春らしい日が増えるようです。今年は21日が春のお彼岸です。
  93. ちょっと珍しい光景ー別所岳サービスエリアと見附海岸 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/03/04 21:39
    <p> </p> <p>2月27日(日)午後の春<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%AB%B2%BD">勧化</a>お参りに間に合うよう、とんぼ返りで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>へ行ってきた。その折、別所岳パーキングエリアで珍しい光景に出会った。</p> <p>午前9時頃だったのに一台も車がいないのだ。</p> <p>珍しさが別所岳の想い出につながっていった。</p> <p> </p> <p>別所岳は男体・女体の二子山で、正面向かって右が女岳</p> <p>左が雄岳である。</p> <p>古代の様相を呈している山岳なのに、神社がない。</p> <p>元々比咩神がおいでになったのだけれど、比古神のいる山岳と背比べをして負け、</p> <p>嫁いだので神がいないのだ。</p> <p>その相手は、伊須流岐比古(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>)だったり虫ヶ峰(釶内山)だったりする。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215425.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215425j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215447.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215447j:plain" width="400" height="267" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2009年10月17日。2007年3月25日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B2%AD%C3%CF%BF%CC">能登沖地震</a>で道路そのものが変わってしまった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215515.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215515j:plain" width="768" height="512" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>これは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>前の光景。2004年8月26日11時。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215612.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215612j:plain" width="799" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>別所岳女岳山頂近くの坂で、「布引坂」の名がある。</p> <p>山の背比べに負けた別所比咩が、機織機と織っていた布を引きずりながらこの道を下って、嫁いでいったため「布引」坂の名が付いた伝わっている。</p> <p> </p> <p>背比べには、丁度麓を通りかかった弁慶が、比咩神の応援に付き、大岩を海から運び上げている途中に「背比べ」が行われ、弁慶がたどり着いた時には、布引のあとがあるのみで比咩神の姿はなく、悲しみの中で弁慶は大石を谷向こうに投げ捨てて去ったという。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215637.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215637j:plain" width="799" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>雄岳側の坂。1993年頃撮影(1994年『図説<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史』に「布引坂」の写真を使用)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215756.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215756j:plain" width="461" height="308" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>山頂から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C5%E7">能登島</a>・島別所方面。2005年4月18日16時撮影。</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の大橋</strong></p> <p>1995年に刊行した『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史 資料編上巻』執筆のため、何度も別所岳に行った。</p> <p>その時、別所集落の奥に「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の大橋」と呼ぶ橋があることを知った。</p> <p>橋名は、長い地域歴史・文化を担った名が付いていることが多い。</p> <p> </p> <p>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の大橋」ーそんな大仰な名を持つ橋が山奥とでもいうべきところにあるなどと、首をかしげながら、在所の人に案内してもらった。</p> <p>下の写真の橋が「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の大橋」だとおっしゃる。</p> <p>昔からこの石橋を「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の大橋」といってきたのだという。</p> <p>しかも、この石は地蔵様で、踏んで渡るのは勿体ないので、たびたび起こすのだが,その都度私を踏んで渡ってくれと、倒れてしまうという。</p> <p>橋は裏向きで、表に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%C2%A2%CA%EE%BB%A7">地蔵菩薩</a>(線刻?種子?)が彫ってあるのだともおっしゃっていた。 </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215826.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215826j:plain" width="628" height="443" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215846.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215846j:plain" width="768" height="512" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215919.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215919j:plain" width="308" height="461" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>覗いてシャッターを切ったが、地蔵さんかどうかは分からなかった。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>は様々な地蔵さん(板碑、宝篋印塔)の宝庫で、町史には、81体の地蔵(と呼ばれている物も含む)を調べ一覧表にした。</p> <p>この大橋は81体には含めなかったが、全国的に地蔵が橋となって人々の川渡りの苦を代わって引き受ける(代受苦)話があり、</p> <p>地蔵・橋なら、大橋を名乗って来たのは不思議じゃない、と今は思っている。</p> <p> </p> <p>しかし、現今、この橋のことを知っている人がどれくらいおいでるのだろう…?</p> <p> </p> <p><strong>弁慶石</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303215957.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303215957j:plain" width="461" height="308" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>弁慶が投げ捨てていったと伝わる大石である。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A4%BB%B3">里山</a>海道「鹿島跨橋」のすぐ側にある。撮影2004年8月27日12時。</p> <p>雨乞い石だった。</p> <p> </p> <p><strong>見附島</strong></p> <p>同日夕方、春<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%AB%B2%BD">勧化</a>満座後、見附海岸に行った。</p> <p>ここでも、見たことがない景色に出会った。</p> <p>見附から赤崎にかけて、大きな船が並んで風よけをしているのだ。</p> <p>波浪警報だったか、注意報だかが出ていたが、このような形で複数の大型船が待機しているのを見るのは初めて。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303220039.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303220039j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303220104.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303220104j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>船の大きさを知るために撮った写真だが、あらためて見附二島の一つが昨年、消滅したことを実感する。鳥居の右横に島があったのだ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303220424.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303220424j:plain" width="400" height="317" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2020%2F01%2F24%2F060913" title="二島が一つ島に。月見島~見附島(見付島) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2020/01/24/060913">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><strong>黒峰</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220303/20220303220145.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220303220145j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>見附海岸の反対側は黒峰(宝立三山の一つ)。</p> <p>石川県の公立高校で旧中学校時代からの校歌を歌っているのは飯田高校だけだが、</p> <p>♪白雲棚引く宝立の峯 茂れる木立に黒ずみわたり…(作詩・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E3%C1%E3">鴻巣</a>盛廣)</p> <p>の、「茂れる木立に」の「に」を、長い間「茂れる木立は」と歌っていた。</p> <p>ある時、どなただったかが原詩を確かめたら、「は」ではなく「に」であることに気づき、それからは原詩どおり「木立に」と歌うことになったのだけれど、百周年記念の時には、ずいぶん「いつから、「木立は」が「に」になったげ?」との声があった。</p>
  94. 難中の難 | 遊煩悩林 | 2022/03/02 10:30
    <p>「旧優生保護法」は「極めて非人道的、差別的」。</p> <p>不妊手術を強いられた人々が起こした訴訟に対して大阪高裁の判決。</p> <p>ナチス時代、多くの障害者を殺害する根拠となった「優生思想」。</p> <p>ドイツ、ハダマーの障害者施設の碑には</p> <p style="padding-left: 40px;">人間よ、人間を敬いなさい</p> <p>と記されている、と。</p> <p>「中日春秋(2022.2.24)」にみた。</p> <p style="text-align: left;"><a title="" href="https://www.chunichi.co.jp/article/423759" target="_blank" rel="noopener">https://www.chunichi.co.jp/</a></p> <p>今月の常照寺の掲示板。</p> <p style="padding-left: 40px;">人間を尊敬することによって自ら解放せん。</p> <p style="padding-left: 40px; text-align: left;">水平社宣言</p> <p>全国水平社が創立して100年。</p> <p>1922(大正11)年3月3日、京都にて創立大会が開かれた。</p> <p>大会で読み上げられた創立宣言は日本最初の人権宣言とも。</p> <p>昨年お亡くなりになられた大谷大学元教授の泉惠機さんが、水平社創立の発起人の西光万吉さんと交わしたという言葉を、また憶った。</p> <p style="padding-left: 40px;">全国にはたくさんの寺院がある。</p> <p style="padding-left: 40px;">そこには被差別部落をご門徒として抱えている寺もあるし、そうでない寺もある。</p> <p style="padding-left: 40px;">あってもなくても、本来、西光さんたちがやろうと立ち上げた水平社は、寺の私たちがきちっとしていたら立ち上がる必要のないことだった。</p> <p style="padding-left: 40px; text-align: left;">真宗大谷派『身同』第37号</p> <p>寺が、僧侶が「きちっと」していれば、水平社は創立することはなかった、と。</p> <p>仏教の平等覚に基づく、非戦・平等の覚知。</p> <p>親鸞の同朋精神。</p> <p>一人の僧として、一人の住職として「きちっと」するとは。</p> <p>いま、「差別と戦争」の報道の現実に、「非人道的、差別的」事象を放置し続けるじぶん。</p> <p>何が「きちっと」できていないのか。</p> <p>人間を尊敬するということも、自らを解放せしむるということも。</p> <p>どうして「きちっと」できないのか。</p> <p>求めるベクトルがそもそも違っている。</p> <p>求めるべきは「幸福」とか"HAPPY "ではなくて、「苦」の共有、苦の現実を生きるということではないか。</p> <p>「我慢」とか「忍耐」ではない、「解放」。</p> <p>それが念仏する者として生きるということなれば。</p> <p>念仏する者となるということができていなかった。</p> <p>僧侶失格。以前に人間失格。</p> <p>「人間」の顔をしていても、人間が何なのかわかっていないということだ。</p> <p>仏教は成仏を志すが、念仏はまず人間になるスタートではないか。</p> <p>人のふりをして生きているが、人となるということは難中の難だ。</p>
  95. 2022年3月のことば | ことば こころのはな | 2022/03/01 14:56
    2022年3月を迎えました。護持会費をお預かりしている西蓮寺ご門徒の皆さま宛てに...
  96. 淋しさの自覚 | ことば こころのはな | 2022/02/28 18:39
    真宗大谷派 東京教区 真宗会館 日曜礼拝 2022年2月27日(日) お話しをし...
  97. 目の前の湯気に世界が含まれている | ことば こころのはな | 2022/02/27 14:28
    朝起きて、ヤカンを火にかけてお湯を沸かす。 朝、最初の仕事。家族で、お茶を飲むた...
  98. 今日の掲示板 | つれづれ日誌 | 2022/02/27 11:18
    平和のために銃をとるのが人間ならば、平和は人間のなせることではなく、人間が作り出せるものではない。
  99. 紹介されていない文化・文化財ー写真 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/02/25 20:22
    <p><strong>鬼瓦に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%C2%A2%CA%EE%BB%A7">地蔵菩薩</a>?</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220225/20220225054255.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220225054255j:plain" width="849" height="677" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>このところ、ずーっと書斎整理。</p> <p> </p> <p>本・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>などをある程度分類出来たので、</p> <p>写真の整理に入った。</p> <p> </p> <p>市町史に関わった根上・鹿島・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C5%E7">能登島</a>・七尾・中島・門前・能都・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>、</p> <p>教員時代の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>同好会生徒諸君との調査や長年続けていた史跡巡り引率などの写真が、それこそ膨大な量のアルバムとなって書斎の一角を占めている。</p> <p> </p> <p>今回は重なっているアルバムーたとえば「太子講」「太子諸像」などを一冊にまとめ、書棚のスペースを空ける作業に取り組んだ。</p> <p> </p> <p>そうこうしているうちに、全く記憶にない写真、あるいは貴重な写真だけど、世間では知られていない写真などが、かなりあることに気づき驚いている(忘却の彼方ということなのだが…)。</p> <p> </p> <p>今年の春で、埋文の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%BE%B5%C4%B0%F7">評議員</a>定年を迎え、民俗関係は数年前に手を引いており、これから何かしようということもなくなったので、手元資料がどの程度意味あるのものなのかを、かなり客観的にとらえられるようになってきた。</p> <p> </p> <p>あとで説明するが、上の写真を見た時は「何だこれは?」だった。トリミングした下の方に、「29 7’90」とある。</p> <p>1990年7月29日に撮影したもののようで、アルバムには神社名だけが鉛筆で書き込んである。</p> <p> </p> <p>次の写真も貴重なものだが、これは1999年10月6日に撮影したもので、将軍地蔵である。</p> <p>旧山王社の奥宮内に他の仏像類と共に安置されており、その宮の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%C3%CF%CA%A9">本地仏</a>にあたる。</p> <p>将軍地蔵は気多神の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%C3%CF%CA%A9">本地仏</a>で、古く由緒ある宮は、たいてい気多だった。</p> <p>この将軍地蔵を見たのは、石川歴史博物館が平成12年(2000年)に秋季特別展『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>最大の中世荘園ー若山荘を歩く』を開くための調査の一環として、手つかずになっていた旧山王社奥宮に入った時に出会ったのでる。</p> <p>この調査の中心は中世専門の小西さん。</p> <p>特に仏像を専門にしている本谷さん。</p> <p>若山荘と切っても切り離すことの出来ない古<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼の資料館・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼資料館館長職にあった私も加わったが、それは地元で土地勘があることと、現地を歩きながら<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼の時代を学ぶことが出来る、との理由で参加させていただいたのだった。</p> <p> </p> <p>その時に見つけた像なのである。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220225/20220225113203.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220225113203j:plain" width="841" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220225/20220225113255.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220225113255j:plain" width="624" height="874" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>後で小西さんが教えてくれたのだが、この神社のあるエリアは若山庄には含まれておらず、特別展の図録に反映されることがないまま、「将軍地蔵」は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%CA%A9%CA%AC%CE%A5">神仏分離</a>期に戻っていった。</p> <p>奥宮に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%C3%CF%CA%A9">本地仏</a>があることを知り、見たのは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%BB%CA">宮司</a>さんを含め4人だけなのである。</p> <p>市の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%BA%E2">文化財</a>担当者も気づいていない(はずの)像なのだが、小西・本谷の両専門家が存在を知っているのだから、きっかけがあれば広く世に知られることになるかも知れない。</p> <p> </p> <p>それに対して前の写真は、ここに載せなかったら存在そのもがなくなる類のものなのだ。</p> <p> </p> <p>この写真を見た時、「鬼瓦」だと思った。そして、瓦の像容は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%C2%A2%CA%EE%BB%A7">地蔵菩薩</a>ではないかと思った。</p> <p>先に書いた将軍地蔵の社とは別の神社ではあるが、この神社も本地・将軍地蔵であることを知っていたので、それで鬼の代わりに地蔵なのか!と思ったのだが、多分間違ってはいないだろう。</p> <p>蓮華座に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%C2%A2%CA%EE%BB%A7">地蔵菩薩</a>。回りは蓮池のようである。</p> <p>持物は左手が宝塔、右手は宝珠のように見えるのだが???</p> <p> </p> <p>撮影日の2000年7月29日を調べてみた。</p> <p>当時、私は飯田高校で進学係をしていた。</p> <p> </p> <p>29日までの1週間を振り返る。</p> <p>23日(月)補習(進学)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>へテニス練習(顧問をしているクラブ。個人一チームが8月4日から始まる仙台イン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A1%BC%A5%CF%A5%A4">ターハイ</a>[<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%B9%BB%C1%ED%C2%CE">高校総体</a>]に出場するため、県合同練習)、選手を木ノ浦まで送る(木ノ浦方面行きバスの最終が午後5時。テニス練習がそれより遅くなるので、いつも家まで送っていた)</p> <p>24日(火)補習、テニス練習、夜<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>同好会3年生3名来宅し、打ち合わせ</p> <p>25日(水)補習、同好会生徒と真浦~長橋神社<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%FD%B8%A4">狛犬</a>調査 ※この年は学校祭に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%FD%B8%A4">狛犬</a>発表予定。</p> <p>26日(木)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>へテニス部生徒4名送る(※多分<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>実生徒一チームも)</p> <p>27日 (金)木耳社へ『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事』出版校正を電話で。同好会この日は3年女子3名を引率し調査。</p> <p>28日(土)補習。午後金沢へ。出版社・十月社(「タイコロ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B8%A1%BC">ジー</a>」「自然人」など)に寄った後、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C2%B9%BE%CE%C9%B2%F0">安江良介</a>氏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C7%C8%BD%F1%C5%B9">岩波書店</a>社長就任記念パーティに出席(世界編集長だったことは存じ上げていたが、全く面識はなく、「加能民俗の会」の動員で出席したはず)。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220225/20220225151226.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220225151226j:plain" width="353" height="546" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>   安江氏社長就任記念会の引き出物</p> <p> </p> <p>29日(日)朝早く金沢出発。午前中同好会1年生2人・3年女子、午後3年男子3人と調査。</p> <p>この瓦は、3年男子達と調査した時に見たらしい。</p> <p>翌日からも補習・テニス練習・同好会調査が続くのだから、取りまくっていた写真の一々に説明を付けている余裕はなく、30年余経った今になって、</p> <p>なんだこれは?…初めて見るぞ…となったのだ。</p> <p> </p> <p>仙台には3日に向かっている。大宮の乗り換え時間を利用して木耳社編集さんと打ち合わせ。『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事』発刊は8月10日。</p> <p>秋には男子テニス部が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%BF%AE%B1%DB">北信越</a>大会で団体優勝。</p> <p>学校祭には一教室使って、獅子の調査報告をした(今もそれが書斎兼物置にある)。</p> <p> </p> <p>生徒たちとの調査から半年後、</p> <p>父が入院し、そのことを契機に3月いっぱいで教員を退職したのだから、</p> <p>先のことは本当に分からないものだ。</p> <p> </p> <p>そんなあれこれを思い出させてくれる一枚の写真なのだが、</p> <p>一体なんなのだろう?</p> <p> </p> <p><strong>2体の太子像</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220225/20220225113351.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220225113351j:plain" width="855" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220225/20220225113419.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220225113419j:plain" width="617" height="874" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>この2体の太子像は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>史の「個別寺院誌・仏像什物」には載っていない。</p> <p>石川県立博物館図録(平成9年10月刊)には写真と法量が載るものの、底部の願主・年号などを記しておらず、ここに載せたのが唯一のものであろう。</p> <p> 五世月吼旭潭代、正徳2年(1712)大谷村祐友などによって寄進された像である。</p> <p> </p> <p><strong>オオカミ?</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220225/20220225113616.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220225113616j:plain" width="1200" height="843" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>2000年2月、えびす祭り調査の折、某神社で見かけた。</p> <p>それより前、昭和52年(1977)年頃に、この面を見ている。</p> <p>元山伏家の神官さんが、毎朝<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%F4%BB%D5%C7%A1%CD%E8">薬師如来</a>前でお経をあげておられるのを知り、調査した時、付近の神社で笹を咥えていない、赤く塗ったこの面に出会い、ギョッとしたことがあった。</p> <p>その時の直感が、オオカミ!だった。</p> <p>この写真から22年。最初に見てから45年。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C5%E7">能登島</a>別所のニワカで「猫踊り」というのを見たことがあるが、ニワカあるいはこのふきんの獅子舞にある「行道」あたりの先頭役が用いた面なのかもしれない…。</p> <p> </p> <p>なお、いずれの写真もパソコン取り込み以前の古いもので、現在、それらがどうなっているかわからない為、所在地情報は避けた。</p> <p> </p> <p><strong>少彦名社 箸奉納</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220225/20220225113500.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220225113500j:plain" width="795" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>箸が供えられている。昭和50年頃の古麻志比古神社境内。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>史には境内摂社の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AF%C9%A7%CC%BE%BF%C0">少彦名神</a>は「歯痛止めの神」と記しているが、具体的には、歯痛止め祈願のために「箸」を奉納したのである。</p> <p>この写真を撮ってから後に、どうなっているか見に行った時には、箸は全くなく、風習そのものが無くなっていた。</p> <p>箸を供えて歯痛止めを願ったことがあったことを証明する、貴重な写真である。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220225/20220225113513.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220225113513j:plain" width="473" height="647" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>その頃は、この書籍に「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の薬師信仰」を書くため、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>各地の薬師を訪ねていた。</p> <p>昭和61年(1986)年刊</p>
  100. 松山の副住職とお稽古をすることになりました | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/02/25 09:10
    前々坊守の出処、愛媛県松山の圓光寺の副住職がこの3月で大谷大学を卒業し、今月より1年間、お経のお稽古を一緒にすることになりました。お互いに見習い研修生の立場で住職が今までに聞いてきた事を伝えていくことになりました。今後、 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2022/02/25/%e6%9d%be%e5%b1%b1%e3%81%ae%e5%89%af%e4%bd%8f%e8%81%b7%e3%81%a8%e3%81%8a%e7%a8%bd%e5%8f%a4%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>

▲ このページの最初へ

 © All rights reserved 1998- , 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区
Generated:RNA 制作:教化委員会ホームページ部