ブログアンテナ 2021/12/03 03:05 RSS

このアンテナについて

最新記事100 / 登録サイト一覧(更新順)サイトごとの最新記事

  1. NPO能登ネットワーク発行『能登国三十三観音のたび』と『伝説とロマンの里―北能登の風土と文化―』 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/02 15:26
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211202/20211202124843.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211202124843j:plain" width="546" height="683" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>日本の美術は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%C4%A3">文化庁</a>が監修、次の文で休刊。</p> <p><span style="color: #660000; font-family: Meiryo; font-size: 12.8px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffeecc; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%C8%CE%A9%B9%D4%C0%AF%CB%A1%BF%CD">独立行政法人</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%CA%B8%B2%BD%BA%E2%B5%A1%B9%BD">国立文化財機構</a>監修 昭和41年創刊。 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%C7%EE%CA%AA%B4%DB">国立博物館</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%BA%E2">文化財</a>研究所、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%C4%A3">文化庁</a>などの最前線の研究者たちによる、 各号1つのテーマを取り上げた書下ろしの月刊誌です。</span><span style="color: #660000; font-family: Meiryo; font-size: 12.8px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffeecc; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE23%C7%AF">平成23年</a>9月刊、第545号をもちまして休刊となりました。</span></p> <p>高い評価の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%FE%BD%D1%BD%F1">美術書</a>の『No.77塔婆・スツーパ 石田茂作編』の表紙を飾ったのが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>巡礼札所第一番明泉寺の石塔<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%BD%C5%C5%E3">五重塔</a>だった。</p> <p>この号は昭和47年10月15日発行。昭和47年は1972年だから足掛け50年前の刊行となる。</p> <p> </p> <p>その後、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NPO%CB%A1%BF%CD">NPO法人</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ネットワークの依頼・共同作業で『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>のたび』を、平成17年(2005)12月10日に発行した。</p> <p>依頼があった時の話では、ちょっとしたパンフを考えていたようだが、折角作るのだから、しっかりしたものを残そうと、すでに11種類の御詠歌本を収集していたこともあり、さらに徹底的した調査と、写真を撮った。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>巡礼札所は明治以降<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DE%A4%DC%A4%ED%A4%B7">まぼろし</a>の札所化しており、この本を刊行した頃には、</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%C2%E6%BD%A1">天台宗</a>1,<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3%BF%BF%B8%C0%BD%A1">高野山真言宗</a>7、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E2%C6%B6%BD%A1">曹洞宗</a>7の15札所が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%BB%BB%FD%BF%A6">住持職</a>管理、その他、神社7、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%C6%B2">観音堂</a>(村堂)11、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>資料館となっていた(4番札所は2カ所のため総34札所)。</p> <p> </p> <p>村堂のうち、8カ所が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の寄合行事で、私の父の実家境内にも<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%C6%B2">観音堂</a>があって、物心付いた頃から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>が身近に存在していたのだ。</p> <p> </p> <p>ともかく記録を残すために、神社では臨時祭礼を開いて貰って奥深く仕舞われている白山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%C3%CF%CA%A9">本地仏</a>観音像の写真を撮ったり、焼けてないはずだと言い張る雲水さんとともかく開いてみまいけと長い間かかって扉を開け、焼けずに残っていた観音像を発見したり、</p> <p>結局、ほとんどの観音像の写真を残すことが出来たのである。</p> <p> </p> <p>一方、発行後に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B2%AD%C3%CF%BF%CC">能登沖地震</a>が発生し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%EB%CA%A9">秘仏</a>がバラバラになったり、火災で焼失、あるいは「民衆の仏」として日常目の前にあった仏さんが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%EB%CA%A9">秘仏</a>としてしまわれてしまったものもかなりある。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211202/20211202090115.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211202090115j:plain" width="437" height="646" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>装幀は西のぼる氏</p> <p>あとがきを<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NPO">NPO</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ネットワーク理事長(当時<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BD%C7%BD%BF%AE%CD%D1%B6%E2%B8%CB">興能信用金庫</a>会長、元数馬酒造社長)</p> <p>が書いておいでる。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211202/20211202123858.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211202123858j:plain" width="650" height="1032" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>この文からは気づかないと思うが、下の地図で見れば分かるように、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>札所は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>・邑知潟周辺札所が多く、会長数馬氏の地元<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>(当時能都町)は札所が一ヶ所もなく、私の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>でも一ヶ寺しかないのだ。</p> <p>数馬さんとは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>を知り・紹介したいという思いは一つなので、よく一緒に札所などを巡ったが、いつも奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の紹介本が欲しいんだ、とつぶやいておられた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211202/20211202123927.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211202123927j:plain" width="675" height="914" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>私は、まず入り口(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>)をやって、それから奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>をやろうと言っていたし、その一つの流れが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE24%C7%AF">平成24年</a>(2012)10月21日に飯田高校百周年にあわせて刊行した『飯田高等学校100周年記念誌 伝説とロマンの里』の成果だった。</p> <p> </p> <p>ところが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NPO%CB%A1%BF%CD">NPO法人</a>幹部さんたちは個々がそれぞれの要職にあって忙しく、『伝説とロマンの里』も予定していた次の展開に移れず、バラバラになったまま時が流れた。</p> <p> </p> <p>数馬さんは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BD%C7%BD%BF%AE%CD%D1%B6%E2%B8%CB">興能信用金庫</a>理事長職で活躍なさっていたが、あるとき体調が思わしくないとの噂を小耳に挟んだ。</p> <p>そして、2017年(平成29)10月11日、64才という若さで先立たれたのである。</p> <p>義雄さんの家族を存じあげない身としては、彼との間の宿題を残したまま、おじゃまする気持ちになれず、いつしか4年の歳月が経っていた。</p> <p> </p> <p>30日。『伝説とロマンの里―北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化―』を携え数馬家を訪ねた。</p> <p>師走近くの酒造は活気にあふれていた。</p> <p>今まで、顔を出さなかった失礼を奥さんに詫び、「ようやく約束の一端が果たせそうです」と、2人の間で交わした話をお伝えすることが出来た。</p> <p> </p> <p>こんなに遅くなったのに、恐縮するくらいに喜んでいただき、すこーし荷を降ろした気分で、夕時の海岸道を帰途についた。</p>
  2. 戦争展実行委員会 鶉野飛行場跡フィールドワーク案内動画 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/01 23:18
    戦争展実行委員会では10月4日の鶉野飛行場跡へのフィールドワークを案内動画として編集しましたので、ご覧ください。 戦争展実行委員会 鶉野飛行場跡フィールドワーク案内動画 2022年3月5日~28日に、難波別院...
  3. 2021年12月のことば | ことば こころのはな | 2021/12/01 23:11
    2021年も師走を迎えました。皆様、いかが過ごしましょう(^∀^) 11月下旬、...
  4. 立山連峰 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/01 17:00
    <p>11月30日(火)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C3%A3%BB%B3">宝達山</a>麓から東<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の海岸部を巡った。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201164349.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201164349j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%EA%BF%E5%C4%AE">穴水町</a>根木ポケットパークより。</p> <p>17時。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201165517.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201165517j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>波並海岸より。</p> <p>18時。</p>
  5. 語り合うこと無く… | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/01 16:40
    <p>11月22日(月)、</p> <p>多分この日、M・Hさんが50代前半で亡くなった。</p> <p>数度お会いしただけの人だったが、某書店の店長をしておられ、書物・文化の話題が豊富で、ちょっとした会話に知的好奇心が刺激され、かけがえの無い人だった。</p> <p>そのMさんから9月18日に電話が入った。</p> <p>入退院を繰り替えなさっていた病室からかけていると言うことで、</p> <p>もう書店では会えないとの内用。</p> <p>病が進行し、主治医から11月までの命と告げられたのだという</p> <p>……</p> <p>聞き間違いのような気もして、それからは、声から体調を知るべく、時々、電話で話した。</p> <p>そのころMさんは電話を取り替えたため、扱い方がよく分からずに通じない時があったり、寝ておいでてコールに気づかないこともあったという。</p> <p>10月には、Mさん宅と付近の様子をメールに添付写真として、送ったこともあった。</p> <p> </p> <p>ーその時、添付写真で送った柿が、下の写真ー。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161806.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161806j:plain" width="519" height="346" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>写真を見て、秋ごとに実をつけるのを楽しみしておいでた柿について、楽しそうにお話になった。</p> <p>熟すとおいしいので、西山さん、取っていっていいよ…と話していたのが、10月10日だった。</p> <p> </p> <p>折り返し電話が少なくなっていた頃、近くへ行くことがあったら、柿の写真を撮って添付するよ…と伝言していたが、それが適わないままの、Mさんとの別れだった。</p> <p> </p> <p>11月30日、珍しく良い日和の1日、特に用事も無かったので、Mさんが育った家付近を散策し、手を合わせてきた。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161727.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161727j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>この柿近くに、H家のお墓がある。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161749.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161749j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>10月に撮った写真と同じ柿の木</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161842.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161842j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>Mさんの里は、万行遺跡のすぐ側。</p> <p>七尾湾が望める地で、夢を育ててこられたのだ。</p>
  6. 親鸞聖人御祥月命日 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/01 16:16
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161311.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161311j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>28日、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人御祥月命日朝、鐘楼堂からの残月。七時近く</p>
  7. 応援したいなら新品で買え | 住職雑記 | 2021/11/29 23:00
    午後、アーユス理事会。理事の皆さんからアーユスを担おうという意志が伝わり、しみじ...
  8. 民度が高い | 住職雑記 | 2021/11/28 23:00
    午前、佐賀県立美術館へ。岡田三郎助作品の常設展示に加えて、古川吉重展と水墨画展。...
  9. ストーブリーグへ | お気楽極楽日記 | 2021/11/28 17:20
     ヤクルトスワローズの日本一で今年のプロ野球は終わりました。前年最下位チーム同士の日本シリーズ。僅差のゲームばかりで見応えがありました。とはいうものの、チラッとしか見ていませんが(笑)。僅差のゲームばかりの日本シリーズといえば、2010年の中日対千葉ロッテ。それに勝るものはないでしょう。ぜひ来年はドラゴンズが日本シリーズを戦ってもらいたいものです。 さて、今シーズンも終わり、次はストーブリーグ。セットアッパー又吉投手がどうやらFA宣言をするみたいです。ソフトバンクが名のりを挙..
  10. お寺×Youtube 公開講座~告知~ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/11/28 10:13
    近年コロナ感染に伴い、緊急事態宣言が発令され、在宅の機会が増えYoutube上でもお寺のch(チャンネル)が増加している傾向である。 しかし、いざ自坊でもchを立ち上げてみるも何をコンテンツとして発信していけ...
  11. ストレス回避 | 住職雑記 | 2021/11/27 23:00
    朝、羽田空港へ。空港まで車で行って駐車場に置いておくことも考えたが、土曜の駐車場...
  12. あゆみ通信 VOL.153 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/11/27 20:36
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第153号(2021年12月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼引き算   池田勇諦先生 ...
  13. 標準XLがジャストサイズ | 住職雑記 | 2021/11/26 23:00
    服を買いに行った。このところ息子のお下がりで賄えたので、新たに服を買うのは久しぶ...
  14. 2021年11月 | 慶運山 長源寺 | 2021/11/26 22:50
    仏教は「仏道」であり、「仏道」は「道」です。 「道」は歩かなくては「道」ではありません。 「あそこに道があるわい」と  眺めているだけでは意味がないのです。 小山一行   報恩講の準備をしていて気が付 […]
  15. 七昼夜報恩講 | お寺の生活 | 2021/11/26 07:37
    25日は七昼夜報恩講でした。お勤めのあとは毎年恒例の絵解きをしました。皆さん足元の悪い中お参りいただきました
  16. 今シーズン初火入れ | 住職雑記 | 2021/11/25 23:00
    午前、自死・自殺に向き合う僧侶の会主催の自死遺族の茶話会。リモートにて。ご参加い...
  17. 洗顔石鹸は無臭がいい | 住職雑記 | 2021/11/24 23:00
    今使っている洗顔用石鹸の香りが強い。強すぎる。顔というか鼻周りを洗うにはちょっと...
  18. 10年後に400年 | 住職雑記 | 2021/11/23 23:00
    午前、知り合いのお寺の創建400年記念法要に出仕。延立寺の創建は1631年。今年...
  19. 話がちがう | 遊煩悩林 | 2021/11/23 19:15
    <p>事務に追われる日々。</p> <p>コロナの不気味な静けさの中で、対面式の会議が戻ってきた。</p> <p>やはり実際に顔を合わして話をするのと、パソコン画面に向かって話をするのでは、話が違う。</p> <p>まるで1年半ため込んできたものが吹き出るかの如く、Web会議では出てこなかった案件が、続々。</p> <p>会議のたびに仕事が増えるのは結構なことですが、文書と数字との睨めっこ。</p> <p>約1年半後の行事に向けての事務作業。目の疲れに老化を感じつつ。</p> <p>こんなつぶやきしてる暇があれば、はやく資料出せよと自分が脅迫してくる。</p> <p>さてさて、愚痴をこぼすようですが。</p> <p>私たちの教団は、改革を迫られています。</p> <p><a title="" href="https://www.higashihonganji.or.jp/news/notice/16071103/" target="_blank" rel="noopener">https://www.higashihonganji.or.jp/news/notice/16071103/</a></p> <p>方針は「縮充」という聞きなれないことば。</p> <p>「圧縮」「縮小」と「充実」「充足」。相反することを同時的に表現する妙なる、巧みな言葉だ。</p> <p>ざっくり解釈すれば、予算規模を縮小し、施策は充実させるといったところか。</p> <p>「最小限のコストで最大限の利益を」と、どこかの経営コンサルタントのフレーズが過ぎった。</p> <p>教団の運営も待ったなし、寺の運営もまったなし。</p> <p>どんな業種でも同じでしょうが、人員削減による業務負荷、そこに労務規定が拍車をかける。</p> <p>だけど「おしごと」は誰かがどこかでやらないといけない。</p> <p>「だったらやめちまえ」、儲からないのなら止めちまえは娑婆の論理。</p> <p>資本主義でいう利益と念仏の利益は話が違う。</p> <p>寺の繁盛は別のところにあると。</p> <p style="padding-left: 40px;">一宗の繁昌と申すは、人の多くあつまり、威の大なる事にてはなく候う。</p> <p style="padding-left: 40px;">一人なりとも、人の、信を取るが、一宗の繁昌に候う。</p> <p style="padding-left: 40px;">『蓮如上人御一代記聞書』</p> <p>確かに。</p> <p>儲からずとも、社会から要請された任がある。</p> <p>その任を、何処で誰が担うのか。</p> <p>愚痴が過ぎるが、予算が減って、職員が減って、任が減るのではない。</p> <p>しわ寄せてくるものを憂うのである。</p> <p> </p> <p>12月分の宗派の発送物の中に、大谷専修学院の募集案内がありました。</p> <p><a title="" href="http://ohtaniaokusa.com" target="_blank" rel="noopener">http://ohtaniaokusa.com</a></p> <p>えらばず きらわず 見すてずの念仏の学校、と。</p> <p style="padding-left: 40px;">如来の 摂取不捨(えらばず きらわず みすてず)の心を学び、</p> <p style="padding-left: 40px;">真実、自分自身のしたいこと、しなければならないこと、できることを、</p> <p style="padding-left: 40px;">他人とくらべず、あせらず、あきらめず、していこう</p> <p style="padding-left: 40px;">智秀</p> <p>選び、嫌い、捨てる私を言いあてられる他ない。</p> <p>如来は摂取不捨だが、それを説く者は。</p> <p>改革案に「?」を持った時に「じゃあどうすりゃいいのか言ってみろよ」の自問にさえ、愚痴しか出ないもどかしさ。</p> <p>そんなつぶやきの暇に、年末調整の書類が届く。</p> <p>また事務だ。</p> <p>事務ジムじむ。</p> <p>あ、報恩講中でございます。</p> <p><a title="" href="https://www.higashihonganji.or.jp/lp/houonkou/" target="_blank" rel="noopener">https://www.higashihonganji.or.jp/lp/houonkou/</a></p> <p>お恥ずかしいことです。</p> <p>南無阿弥陀仏</p> <p> </p>
  20. 一日寒々しい日 | 住職雑記 | 2021/11/22 21:23
    夜中降っていた雨は未明には止んでいた。 法話会。御講師は菅原智之師。本日はずっと...
  21. 11月24日(水)定例法話 開催のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/11/22 15:34
    天満別院では、11月24日(水)13時30分より本堂にて定例法話が開催されます。 御講師には、円照寺  桑田  和貴  師をお招きし、 講題「私を照らし出してくれるもの」についてお話しいただきます。 皆様お誘...
  22. 買わない習慣を練習中 | 住職雑記 | 2021/11/21 21:21
    某新書が売れている。発行されてから半月で3刷。瀑売れと言っていい。となると以前の...
  23. マンタンは備え | 住職雑記 | 2021/11/20 23:59
    本屋に談志の本が並んでいる。没後10年なのか。 ガソリンが高騰しているので、必要...
  24. 『石山合戦を読み直す』『佐野鼎研究』 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/20 14:07
    <p>本を戴いた。</p> <p><strong>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%BB%B3%B9%E7%C0%EF">石山合戦</a>を読み直す 軍記で読み解く日本史』</strong>塩谷菊美さん </p> <p>2021年12月10日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%E9%B6%B4%DB">法藏館</a>発売</p> <p>写真提供と、以前第7章「庶民の石山」の系譜(1770~1880ごろ)の一節「加賀の奉納絵馬-<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%D9%E4">一揆</a>の地で花開く禁書」の元論執筆者を紹介したことに因って<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>前に戴いた。</p> <p>すごい。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211120/20211120132721.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211120132721j:plain" width="270" height="371" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211120/20211120132740.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211120132740j:plain" width="767" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211120/20211120132803.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211120132803j:plain" width="767" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>佐野鼎研究 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%AB%C0%AE%B3%D8%B1%E0">開成学園</a>創立150周年記念</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211120/20211120132821.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211120132821j:plain" width="356" height="504" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>佐野鼎は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%AB%C0%AE%B3%D8%B1%E0">開成学園</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%CF%BB%CF%BC%D4">創始者</a>。初代校長が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%B6%B6%C0%A7%C0%B6">高橋是清</a>。</p> <p>生誕地・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%D9%BB%CE%BB%D4">富士市</a>(加嶋水戸島)。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%C8%CD">加賀藩</a>士だった万延元年に米国訪問。</p> <p>開成関係者の学者・作家は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%F8%C5%C4%B9%F1%C3%CB">柳田国男</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%D8%C6%A3%CC%D0%B5%C8">斎藤茂吉</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%B2%AC%BB%D2%B5%AC">正岡子規</a>・戸坂潤・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CA%FD%B7%A7%C6%EF">南方熊楠</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C2%BC%BF%BF%B0%EC%CF%BA">中村真一郎</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C8%C2%BC%BE%BC">吉村昭</a>…、政治家に現総理など。</p> <p> </p> <p>この研究書は 「佐野鼎」の西欧技術導入への関わり~<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%C8%CD">加賀藩</a>の軍艦と陸蒸気器械類の導入~」を同書に執筆なさった徳田寿秋氏から頂いた。</p> <p> </p> <p>開成の校章がサーベルとペンを交差したペンは剣より強し</p> <p>だといい、そのデザインを見た時、ちょっと興奮。</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2015%2F06%2F22%2F210611" title="藩政期末の加賀藩ー徳田寿秋氏ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2015/06/22/210611">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p>
  25. 皆既月食 | お気楽極楽日記 | 2021/11/19 21:40
    今日の夕方から夜にかけて皆既月食が見れました。最大のときはちょうど雲も取れてばっちりと見ることができました。我が家の山茶花が咲きました。季節は確実に進んでいますね。
  26. 部分月食 | お寺の生活 | 2021/11/19 20:03
    いよいよ11月も後半にさしかかり、御門徒宅の報恩講の時節となってきました。世間ではコロナも収束してきたかのような雰囲気ですが、もう暫くはマスク生活は続けないとならないようですね。今日は皆既月食に近い部分月食との事でしたので、庭先にカメラを出して、午後6時頃に...
  27. 『石川ふるさと遺産』、『日本の祭り文化事典』 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/17 11:21
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211115/20211115212412.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211115212412j:plain" width="1200" height="761" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>14日(日)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>朝刊</p> <p>この本に、2項目書いた。最初の依頼は「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>もの知らず」だった。</p> <p>これは「もの」とは何かの定義づけ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AB%A4%E9%A4%B7">からし</a>なくてはならず、私なりの見解は持っているが、そもそもそのような表現が歴史的になりたち得るのか疑問である。</p> <p>いわば、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>王国といわれている地域の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>らしさをあらわす語として選んだようなのだが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>らしさを北陸・石川で代表させるなら、 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌、御崇敬、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B3%A5%F3%A5%B4">コンゴ</a>ウ参りなどが浮かぶだろう。</p> <p>それも、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の基本・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>などを踏まえての話だが…。</p> <p>ともあれ、もの知らずの代わりに、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌と御崇敬(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a>光・信明院)を書いた。</p> <p>その本が出来上がった宣伝文である。</p> <p> </p> <p>もうこの手(大部)の本は、置くところも無く、かつてはかなりの項目を書いていた身としては、すでに過去の想い出のような関わりとなっているので購入することも無い。</p> <p> </p> <p>そういえば、高価な本だったので執筆はしたが、購入しない本があったことを思い出した。東京書籍の記念本で、何を書いたのだったかもう記憶にもない。</p> <p>ついでに、調べて見た。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211115/20211115214231.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211115214231j:plain" width="418" height="582" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211115/20211115214248.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211115214248j:plain" width="718" height="368" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>15年前の話で、定価が本体25000円だった。</p> <p>執筆者に何人かの懐かしい名がある。</p> <p> </p> <p>書いた項目は</p> <p>イドリ祭り <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のアマメハギ あえのこと 熊甲二十日祭 鵜祭り くじり祭 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のキリコ祭り 唐戸山神事相撲 諸橋稲荷三五祭 平国祭 青柏祭</p> <p>の11項目だった。</p> <p> </p> <p>比較のしようはないものの、『ふるさと遺産』では。これらがどのように扱われているか、ちょっと興味はある。</p>
  28. 第2組報恩講 執行 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/11/14 20:20
    2021年11月11日(木)午後2時から、阿倍野区の即應寺(藤井真隆住職)に於いて、2組合同の報恩講が執行され、門徒、寺族合わせて39人にご参詣いただきました。 ・次第 勤行 正信偈草四句目下 念仏讃淘三 和...
  29. 『伝説とロマンの里―北能登の風土と文化―』の紹介 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/14 16:09
    <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ブーム、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%CB%C2%B2">カニ族</a>の言葉を生んだくらい多くの人々が訪れ、私の同級生が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>だけで1000人以上もいた時代があった。</p> <p>『伝説とロマンの里―北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化―』が語りかけるとすると、まず同世代だが、この世代はネットが苦手だ。</p> <p>読むとすれば、の対象にネット書籍<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AB%A4%E9%A4%B7">からし</a>か買うことの出来ない本を出した。</p> <p> </p> <p>この矛盾をどうするか?</p> <p>タイトルに「北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>」と付けたが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%D8%C5%E7%BB%D4">輪島市</a>の北部、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>中程までを扱っている。</p> <p>『とも同行の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化』は七尾と穴水、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の書店に置いてもらったが、私の手元にしか本が無い出版だったのでご協力を願ったが、今度の書籍は事情が違う。</p> <p>穴水の本屋さんに「北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>」が置いてあれば、当然地元・穴水が含まれていると思うだろう。</p> <p>ところがこの本には穴水を含めてはおらず、本屋さんの迷惑になりかねない。</p> <p> </p> <p>まず、データーを残しておきたいがあり、興味のある方は目にしていただきたいがある。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>「いろは書店」さんには定価(消費税込み2046円)で置いて貰うことにした。私がアマゾンで購入し、その値段で本屋さんに並べる。パソコン・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%DE%A5%DB">スマホ</a>を携帯だけにしか使わない回りに知らせるには、この方法しか思い浮かばない。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211114/20211114160902.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211114160902j:plain" width="351" height="522" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>そして、ここに添付した葉書で知らせる方法である。</p> <p>9年前、お世話になった方にお届けしたが、数名は浮かぶものの、今となってはどなたに差し上げたか見当が付かない。</p> <p>無闇に送っても、ただでさえ蔵書の整理整頓に追われている人たちに、そう変わらない本が送られても迷惑以外の何者でもないだろう。</p> <p>記念誌は持っている、あるいは無いがネットは使えない、といった連絡があれば何とでも出来る。</p> <p>ということで、作ったのが、この葉書である。</p> <p> </p> <p>面倒だけど、みぞれ模様の一日に、ああでもないこうでもないと思いを巡らせるのは、</p> <p>悪くはない。</p> <p> </p>
  30. 毎月6日の摂護会(組会)で事業活動を議論 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/11/13 00:35
    第6組の組会は摂護会と呼ばれて,原則として毎月6日の午後7時半から,組の活動についての意見交換を中心に行われています。毎回20カ寺前後の参加がありますが,本年は新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から,中止に...
  31. 更新 | 気ままな日記 | 2021/11/11 11:11
    今日はようやくHPの更新が出来ました。 最近は更新が日記の更新も中々出来なくて申し訳ないです。 http://www.gangyouji.or.jp/
  32. あさ | 気ままな日記 | 2021/11/10 21:48
    今日は朝から。。。朝ご飯。 チョット喫茶店みたいな感じだったので 写真に収めてみました。 いただきます。 [画像]
  33. 仏青映画鑑賞会~告知~ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/11/10 12:46
      今年度も映画鑑賞の時期がやってまいりました。 近年ではAmazonプライムやNetflixも活用して鑑賞会を行っております。 仏青の活動に興味がある方は、ぜひご参加お待ちしております。 &nbs...
  34. 11/12 伝研の会 公開講座 一から読む『浄土論註』 第14回 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/11/09 21:14
    大阪教区伝研の会 公開講座 一から読む『浄土論註』 第14回 はからずも「親鸞」と名のられた越後時代の宗祖。そこにおかれて、生活の現場を目の当たりにされた親鸞聖人は、天親菩薩から曇鸞大師へと受け継がれた浄土論...
  35. 秋の永代経法要のごあんない | つれづれ日誌 | 2021/11/09 21:10
    <ご門徒のみなさまへ>  秋深くなってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、秋の法要を左記の日程でお勤めする運びとなりました。 &nbsp;  この度の法要『永代経法要』は浄土真宗の拠りどころとする経典「浄土三部経」が読誦される大切な法要...
  36. もみじ | 気ままな日記 | 2021/11/09 17:50
    今日は運動不足解消の為に 仲間とゴルフへ行きました。 途中、綺麗なモミジがあったので1枚。 雨の中、急に寒くもなってきたので 色づいてきたんでしょうね。 心が和みます。 [画像]
  37. 『伝説とロマンの里―北能登の風土と文化―』 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/09 10:22
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109102008.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109102008j:plain" width="352" height="499" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a href="https://www.amazon.co.jp/dp/4867264768/ref=sr_1_1?qid=1636417795&amp;s=books&amp;sr=1-1&amp;text=%E8%A5%BF%E5%B1%B1%E9%83%B7%E5%8F%B2">伝説とロマンの里―北能登の風土と文化― | 西山郷史 |本 | 通販 | Amazon</a></p> <p> </p> <p>予定では、8月頃に発売になるはずだったが、出版社と通じ合えないことが多くて、延び延びになっていた。</p> <p>それでも、11月1日に表紙を決めて、あとは出版社の作業待ちまでたどり着けた。</p> <p>その時、社からは</p> <p>「反映まで1~2週間程かかりますので、また確認出来次第、ご連絡致します。」</p> <p>との案内があった。</p> <p> </p> <p>昨日月曜には、進展状況の案内があるかと思っていたが、無し。</p> <p> </p> <p>今日は9日目。1~2週間の半ばだ。</p> <p> </p> <p>と、ある大手雑誌社から電話が入った。</p> <p>それが、アマゾンで『伝説とロマンの里―北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化―』が発売されているのを知った。それで、紹介させてもらえないかとの内容だった。</p> <p>当然、</p> <p>〈私〉エッ!、いつですか?</p> <p>〈雑誌社〉 4日発売になっています。</p> <p>紹介は、話し方でよくある紹介の仕方だったことが分かったので、体よくお断りしたが、著者が知らない間に、情報が他の所に知らされ、営業活動が始まっている。</p> <p> </p> <p>オドロキモノノキ山椒の木だ。</p> <p> </p> <p>実物を見て、まずいものだったら、密やかに関係者にだけ配る。</p> <p>のが、今でのやり方だったけど…そういう気配りさえも出来ない風潮が、こういう分野にも増えている。またまた???…。</p> <p> </p> <p>そうではなく、考えの合わない世界に、この年になって足を踏み入れてみた、と考えるべきなのだろうか…。</p> <p> </p> <p>『伝説とロマンの里―北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化―』の元は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE24%C7%AF">平成24年</a>(2012)10月21日に刊行した次の書籍である。10年経っており若干改訂した。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109124134.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109124134j:plain" width="450" height="645" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109124754.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109124754j:plain" width="860" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>その時、編集に協力いただいた方々に、上記の一文を付けて献呈した。<br />それから、ほぼ10年。違った形になってしまったがようやく約束を果たせる季節がやってきたのだろうか。</p> <p> </p> <p> </p>
  38. 岸壁の母ー端野いせさん没後40年 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/09 09:15
    <p>講義、執筆がないと他はどれだけやることがあろうとも、余裕だ。</p> <p>で、TVを付けるといつまでも(遅くとも9時に寝るので、いつまでもは9時までだが…。)見てしまう。ドラマはよそ見していると筋が分からなくなるし、俳優さんはかなりの割合で同じにしか見えないので、見るとしてももっぱら歌番組系。</p> <p>下手な歌手はこれまた、見る気がおきないので、もっぱら伴奏を奏でている人たちをー</p> <p>なんて上手いのだろうーと思いつつ眺めている。</p> <p>そうしているうちに、このところ「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%DF%CA%C9%A4%CE%CA%EC">岸壁の母</a>」を見聞きすることが多くなっているようなので、ちょっと不思議に思っていたのだが、</p> <p>11月7日(土)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>を見て納得。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%DF%CA%C9%A4%CE%CA%EC">岸壁の母</a>のモデル、端野いせさんがお亡くなりになって、40年の節目なのだそうだ。</p> <p> </p> <p>その新聞記事が胸を打ったので、何度か訪ねた端野さん関係のブログ記事と共に紹介させていただく。</p> <p> </p> <p><strong>端野いせさん</strong> 2010年9月15日 ブログ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のうみやまブシより(以下同じ)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211108/20211108105001.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211108105001j:plain" width="400" height="267" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%DF%CA%C9%A4%CE%CA%EC">岸壁の母</a>のモデル・端野いせさん関係の資料は、「道の駅 とぎ海街道」にある。<br />端野さんは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A332%C7%AF">明治32年</a>9月11日、当時の西海村字風無で生まれ、函館に渡ったのは38年2月10日のことだった。<br />道の駅には、この写真、その他の写真、新聞記事、いろいろ展示されている。<br />許可をもらって掲載。</p> <p> </p> <p><strong>2010年(平成22)7月21日</strong> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109091114.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109091114j:plain" width="267" height="400" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%DF%CA%C9%A4%CE%CA%EC">岸壁の母</a>、端野いせさんの実家、端野家のお墓。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D6%B2%EC%C4%AE">志賀町</a>西海風無(かざなし)。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109091140.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109091140j:plain" width="400" height="267" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C7%BD%BA%EE%BC%A1%CF%BA">加能作次郎</a>文学碑。<br />端野家は、すぐそばにある。<br />同町西海風戸(ふと)。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109091203.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109091203j:plain" width="400" height="267" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>端野いせさんと「慈悲の愛を讃える碑」・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%DF%CA%C9%A4%CE%CA%EC">岸壁の母</a>歌詞。<br />この碑は「世界一長いベンチ」の途中にある。平成3年に建立された。</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>朝刊2021(令和3)11月7日(日)石川版</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109091413.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109091413j:plain" width="1018" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109091442.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109091442j:plain" width="1009" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>いい文だ。</p>
  39. 茗荷が赤い実を付けた | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/09 06:48
    <p>当寺<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>が滞りなく終った。終ったは一応で、まだまだしなくてはならないことも多いが、まず仏旗片付け。</p> <p>仏旗を立てた所へ行く途中、茗荷がなるエリアにまだ赤い茗荷の実が残っていた。</p> <p><strong><em>茗荷の実</em></strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109062212.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109062212j:plain" width="747" height="639" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>何日か前に、連れ合いが、茗荷の赤い花が咲いている珍しいんだって、といっていたのを聞き流していたのだが、書棚に同名のタイトル本を見つけ、</p> <p>さらにまだ残っている実を見つけたので、写真に撮った。</p> <p> </p> <p><strong>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>紀行ー茗荷が赤い実をつけたー』</strong>円山義一著</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211109/20211109062302.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211109062302j:plain" width="278" height="400" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>円山さんは、お医者さんで「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%BA%E2">文化財</a>」保護連絡協議会会長を長く続けておられ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%BA%E2">文化財</a>専門委員だったころ、七尾での会議、その他でもいろいろとお世話になった。</p> <blockquote> <p>著者紹介(平成16年・2004・9月4日 『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>紀行』発行時、による)</p> <p>円山義一 えんやまぎいち</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%B511%C7%AF">大正11年</a>4月30日生まれ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%BA%E2">文化財</a>保護連絡協議会顧問 医療法人社団生生会会長 元、金沢大学医学部<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%F5%B6%B5">助教</a>授(解剖学) 医学博士</p> </blockquote> <p>父の故郷の隣・千野のかたで、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>であられる。</p> <p> </p> <p>民謡・田植歌などに</p> <p>〽茗荷めでた~い、蕗繁盛~</p> <p>がある。</p> <p>茗荷は冥加、蕗は富貴を意図している。</p>
  40. ひさびさの | 気ままな日記 | 2021/11/08 19:54
    今日は久々にスーパー銭湯に。 コロナのこともあって 半年以上行っていませんでしたが 久々にやってきました。 ゆっくり 色々なお風呂で癒やされて、シメには とんかつ定食をいただきました。 今夜はよく眠れそうです。 [画像]
  41. 報恩講 | 気ままな日記 | 2021/11/07 19:02
    今日は報恩講です。 普通なら7日・8日と一昼夜勤めるんですが 昨年に続きコロナの関係で 今日の7日の昼だけのお勤めとなりました。 こんな中でもお参りに来ていただけるのは 有り難い事です。 南無阿弥陀仏。 [画像]
  42. 2021年11月のことば | ことば こころのはな | 2021/11/06 18:16
    11月に入り早や6日。月頭に「掲示板のことば」を楽しみにしてくださる方には、お待...
  43. 新風 | お気楽極楽日記 | 2021/11/05 21:12
     北海道日本ハムの新庄新監督の就任会見はおもしろかったですね~。まさかまさかの監督就任ですが、監督としての手腕はどんなものなんでしょう。新庄劇場といわれるくらい明るく華があるエンターティナーとしての一面ばかりが強調されますが、選手としてもすばらしい成績をおさめています。また統率力もあるのではないでしょうか。2006年、日本シリーズで見せた新庄、稲葉、森本の鉄壁の外野守備は新庄が引っ張っていたからこそだと思いました。 負けても、「明日があるさ!」と笑っていそうな新庄監督。どんな..
  44. 今日から報恩講 2021 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/04 19:08
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211104/20211104190740.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211104190740j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211104/20211104190752.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211104190752j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>木々も合掌</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211104/20211104190830.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211104190830j:plain" width="519" height="778" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p>
  45. 瞽女さん | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/03 17:54
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103041048.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103041048j:plain" width="739" height="1049" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>さんについては、『能都町史』口頭伝承で、民謡を扱ったあたりからかなり関心を持った。町史執筆は昭和54年ごろなので、40年以上の関心事となる。</p> <p>伝播の問題は難しいということを五来先生から直接窺ったことがあり、なんとはなしの関心事にとどまっていたが、次の文をはじめ、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>さん」については書いたこともあるのである。 </p> <p> </p> <blockquote> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のくに</strong></p> <p>第一号 平成二一(二〇〇九)年四月七日「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>を知る会」発行<br />= <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>を知る=<br /><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>びとと風呂</strong><br /> 二月の新聞に、東京のお<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F7%CF%A4%B2%B0">風呂屋</a>さん(富来(とぎ)町出身)のペンキ画に、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の見附島、富来の機具岩(はたごいわ)が画かれている旨の記事が載った。<br /> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>出身のお<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F7%CF%A4%B2%B0">風呂屋</a>さんがどうして多いのか、その謎解きから始まる空想小説の傑作『平家伝説』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%BE%C2%BC%CE%C9">半村良</a>)があるなど、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>とお<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F7%CF%A4%B2%B0">風呂屋</a>さんの結びつきは深い。ともあれ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>出身のお<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F7%CF%A4%B2%B0">風呂屋</a>さんの総墓があるお寺へ、調査にうかがったことがある。そのお寺は、東京小石川・東大植物園のすぐ近く、「極落水」で知られる礫川(こいしかわ)山(さん)新福寺という<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>寺院で、そこに、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E1%C6%A3%CD%A6">近藤勇</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C6%CC%DC%DE%FB%C0%D0">夏目漱石</a>が下宿していたことがある。<br /> そのお寺を尋ねることになったのは、『能都町史』専門委員だったことが関係している。委員になったのは、宇出津(うしつ)高校に勤めていた昭和五三年(一九七八)のことで、町史では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>以外の寺院誌、口頭伝承を担当した。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>以外とはいえ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>担当の篠原映之氏と共に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>寺院の聞き取りもおこなった。その縁からだと思うのだが、あるお寺の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>さん宅の仏像の傷みがひどくなり、修理に出そうとしたところ、胎内に墨書あるのが見つかったので調べて欲しい、と頼まれたのである。<br /> 仏像をお持ちの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>姫・中谷家(仲屋)へ出向き、仏像の胎内をのぞくと、確かに、延宝九年(一六八一)の年号と鎌倉仏師名などが記されている。<br /> 仏像の他にも、寛文一〇年(一六七〇)九月小物成書上(かきあげ)の草稿や、翌年のイルカ五〇本を抵当として真脇組頭以下に六〇貫目を貸した文書など、四〇数点の古文書、ほかに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>関係の縁起・写しなどがあった。<br /> 幕末頃、この仲屋から小石川新福寺へ入寺し、住職になった人物がいたのである。詳しく調べるために、一九八四年(昭和五九年)八月六日に新福寺を訪ねた。暑い日だった。<br /> その時、新福寺住職が語った話では、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E1%C6%A3%CD%A6">近藤勇</a>が下宿していた頃の住職は体が弱く、勇と親しかったのはその先代・祐照のはずだというのだ。その祐照が仲屋から入った人だった。<br /> 祐照師は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B5%D7">文久</a>二年(一八六二)になくなっているが、江戸にいた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E1%C6%A3%CD%A6">近藤勇</a>が京に向かったのはその翌年のことで、勇と交流があったことは充分考えられる。<br /> 仏像銘のこと、仲屋文書の分析、勇が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%CB%DC%B4%EA%BB%FB">東本願寺</a>と掛け合って、住職一代限りの咒字(しゅじ)袈裟着用許可を授かったエピソードなどは、「江戸小石川から来た仏像」と題して「加能民俗」一〇-六・一二八号(一九九〇年)に書いた。<br /> その調査の折に、新福寺に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F7%CF%A4%B2%B0">風呂屋</a>さんの総墓があることを知ったのである。その後、「江戸の道、順拝の道」(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のくにー半島の風土と歴史ー』二〇〇三年刊)を書くにあたって、写真が必要となり、再び同寺へ出向いた。その時、総墓といっても、数軒分のお墓だということをあらためて知った。<br /> 数軒分とはいえ、総墓は総墓。ギッシリお墓が詰まっている墓地の中央に、デーンとお<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F7%CF%A4%B2%B0">風呂屋</a>さんの総墓があった。</p> <p> </p> <p><strong>七つ七尾の天神さん</strong><br /> 正月に飾る「天神さん」は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の場合、「天神画像」が多い。ところが、七尾には大きな「天神座像」を飾る家がある。それに金沢の「天神堂」を加えれば、天神三文化圏が浮かび上がるかも知れない、と思って調べているうちに、数え歌の中に「七つ七尾の天神さん」があることを知った。しかも、相当広い範囲で歌われていたらしい。<br /> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%C4%A3">文化庁</a>の緊急調査報告書である、『石川県の民謡』『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A1%B0%E6%B8%A9">福井県</a>の民謡』などを調べていて気づいたもので、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A1%B0%E6%B8%A9">福井県</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%CC%EE%BB%D4">大野市</a>の「すっとこのさっさ」、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A1%B0%E6%BB%D4">福井市</a>内、白<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CF%BC">山麓</a>旧<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%F8%B8%FD%C2%BC">尾口村</a>尾添(おぞう)の「くどき節」、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C2%F4%BB%D4">金沢市</a>金石(かないわ)の「米上げ歌」などに謡われていた。<br /> 「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a>史」を盛り上げようと、当時の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>支局長といろんな話をした。その時期の二〇〇二年(平成一四)五月二四日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>に、「七つ七尾の天神さんー数え歌福井まで浸透」の見出しで、この話が大きく載った。<br /> 全国的には、「七つ」は「成田の不動さん」が多い。北陸に限って「七尾の天神さん」があるのだろう、と思っていた。<br /> 新聞に載ると、貴重な情報が寄せられることがある。いわば、学会で発表して、他地域の例を知るのと同じようなことがおこる。<br /> 「七尾の天神さん」の歌詞を通して、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>発文化の一端を紹介する目的の記事だったことはいうまでもないが、さらなる広がりになるかも知れない、という期待もわずかにあった。ところが、予想もしない情報がもたらされた。<br /> 記事を見た人から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B0%C4%E2%BB%B0%C7%CF">式亭三馬</a>の『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%E2%C0%A4%BE%B2">浮世床</a>(柳髪新話<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%E2%C0%A4%BE%B2">浮世床</a>)』(二編巻之下)に同じ歌詞が載っている、と支局に連絡が入ったのである。<br /> 江戸でも「七尾の天神さん」が歌われ、戯作文学に取り上げられていたとは…。<br /> 全国の民謡集を調べれば、分布、すなわち人の交流が見えてくるかも知れない、想像はしてみたが、調べることも発表する機会もなく、今日になった。せめて『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%E2%C0%A4%BE%B2">浮世床</a>』だけでも紹介したい。そこには、次のように載っている。<br /> たこ「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>(ごぜ)のうたふ真面目(しんめんもく)はこれでございだ教(おしへ)てやらうがいくらよこす」<br /> ちゃぼ「さもしいことをいふぜマア一(ひと)くさり聴(きい)てからの直打(ねう)ちさ」<br /> 竹「きかねへ内は相場(さうば)がしれねへナ」<br />○「千畑(ちはた)エ引荒物町(あらものまち)のウ染屋(そめや)の娘(むウすめ)。姉(あね)と妹(いもと)をならべて見イたら、姉はしかない蕣(あさがほ)のウ花(はな)。妹(いもと)今(いま)咲(さ)く白菊(しらぎく)のウ花(はな)。姉(あね)にや少(すこ)しも望(のぞみ)はなアいが。妹(いもと)ほしさに御(ご)立願(りょがん)掛(かけ)て。<br /> 一(いち)に岩船(いはふね)お地蔵(ぢぞう)さアまよ。二(に)には新潟(にがた)の白山(はくさん)さアまよ。 三(さん)に讃岐(さぬき)の金毘羅(こんぴら)さアまよ。 四(し)には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%C7%BB">信濃</a>(しなの)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B1%B8%F7%BB%FB">善光寺</a>(ぜんこじ)さアまよ。 五(ご)には呉天(ごてん)の若宮(わかみや)さアまよ。 六(ろく)に六角(ろっかく)の観音(くわんのん)さアまよ。<br /> 七(なな)ツ七尾(ななお)の天神(てんじん)さアまよ。<br /> 八(やつ)ツ八幡(やはた)の八幡(はちまん)さアまよ。九(く)には熊野(くまの)の権現(ごんげん)さアまよ。 十(とお)で所(ところ)の色神(いろがみ)さアまよ。<br /> 掛(かけ)た御(ご)立願(りよがん)かなはぬけエれば。前(まへ)の小川(をがは)へ身(み)を投(なげ)捨(すウて)て。三十(さんじゅ)三(さん)尋(ひろ)の大蛇(だいじゃ)となアりて。水(みづ)を流(なが)して<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AF%A4%EB%A4%EA">くるり</a>〳〵と巻(まア)きやアれやんれエ。<br /> 「実(ほんと)か爺(ぢい)さん。とぼけた婆(ばあ)さん小(こ)桶(をけ)で茶(ちゃ)ア呑(の)め姑(しうと)が我(がア)を折る たこ「ト跡(あと)で囃(はや)すのさ」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C7%C8%BD%F1%C5%B9">岩波書店</a>刊本を引用)。<br /> 『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>史』編纂室長だった間谷(けんたに)庄太郎さん(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>上戸町)は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>(ごぜ)さんを「ゴジョさん」と呼んでいたといい。ゴジョさんが来たと聞くと、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>宿(近くの旧家名をあげられたかも知れない)に、「葛の葉」などを聞きに行くのが楽しみだった、と話された。<br /> 最後まで長生きされた長岡<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%CE%D3%A5%CF%A5%EB">小林ハル</a>さんも、二〇〇五年(平成一七年)四月二五日に満一〇五歳で世を去られた。<br /> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>さんが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の先までやってきて多くの歌を伝え、江戸では、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の地名を織り込んだ数え歌を広めた。当地の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C1%A5%E7%A5%F3%A5%AC%A5%EA">チョンガリ</a>の歌詞に影響を与えたことも充分考えられる。<br /> 厳しい<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>さんの日々・修行・旅の様子を知れば知るほど頭を下げるしかないものの、遠いロマンを、思わずにはおれない。<br />  〈以下、略〉</p> <p> </p> </blockquote> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>さん関係購入書物</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103092425.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103092425j:plain" width="252" height="368" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>=盲目の旅芸人』斎藤真一 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CA%FC%C1%F7%BD%D0%C8%C7%B6%A8%B2%F1">日本放送出版協会</a> 昭和47年(1972)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103172116.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103172116j:plain" width="267" height="386" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『わたしは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a> 杉本キクエ口伝』大山真人 音楽の友社 昭和52年(1977)</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103092506.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103092506j:plain" width="269" height="382" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『ある<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>宿の没落』大山真人 音楽の友社 昭和56年(1981)</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103092859.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103092859j:plain" width="292" height="412" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『越後<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>ものがたり 盲目旅芸人の実像』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EB%CC%DA%BE%BC%B1%D1">鈴木昭英</a> 磐田書院 2009年(平成21)</p> <p>鈴木さんは山岳宗教研究の泰斗。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>研究では『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a> 信仰と芸能』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%BB%D6%BD%F1%B1%A1">高志書院</a> 1996年がある)</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103092918.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103092918j:plain" width="357" height="413" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>の記憶』宮成照子編 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%CB%BD%F1%CB%BC">桂書房</a> 1998年</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103092936.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103092936j:plain" width="425" height="503" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%CE%D3%A5%CF%A5%EB">小林ハル</a> 103歳の記録』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>文化を顕彰する会 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%B3%E3%C6%FC%CA%F3">新潟日報</a>事業社 2003(平成15)年<br /><br /><br /><br /><br /><br /> </p>
  46. 『編み継ぐ』御供田あい子詩集 追弔谷内正遠木版画展 瞽女さんー世界の感触を取り戻せ! | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/03 11:27
    <p><strong>『編み継ぐ』</strong>御供田あい子詩集</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103040855.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103040855j:plain" width="308" height="428" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>御供田さんから恵与さる。</p> <p>御供田さんは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C213%C7%AF">昭和13年</a>生まれ。川柳の方で名高い方だったが、この度詩集を編まれた。</p> <p>人生の深みと、生死を越えた永遠性とでもいおうか…が絡まり合い、えも言えぬ大きな世界に導いてくれる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%ED%CA%D4">詩編</a>集だと思った。</p> <p>母君は、当地の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>として歩まれた方で、そのお姿が彷彿と思い浮かぶ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%ED%CA%D4">詩編</a>集でもある。 </p> <p>ただ念仏。</p> <p> </p> <p><strong>追弔 谷内正遠<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%DA%C8%C7%B2%E8">木版画</a>展</strong> 於・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>金沢東別院</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103041012.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103041012j:plain" width="743" height="1049" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 2020年石仏カレンダー</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103094110.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103094110j:plain" width="577" height="1165" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>正遠さん奥様より頂く。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DF%A4%F3%A4%D1%A4%AF">みんぱく</a>映画会</p> <p><strong>世界の感触を取り戻せ!</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103041048.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103041048j:plain" width="739" height="1049" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103041112.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103041112j:plain" width="743" height="1049" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>斎藤弘美さんから案内が届いた。斎藤さんはいろんなところで、我々世代の期待を担って活躍しておいでる。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E2%DC%BD%F7">瞽女</a>さんについては、あらためて。</p>
  47. 虎石墓 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/11/03 09:10
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103081854.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103081854j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%CF%CB%CC%B7%B4">河北郡</a>にあるお寺の墓石。ここに曾祖父の妹が嫁いでいる。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103081919.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103081919j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>曾祖父・松谷円辰</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211103/20211103081934.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211103081934j:plain" width="355" height="426" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>ダルマ和上の異名があったという曾祖父・松谷円辰。</p> <p>『とも同行の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化』(p24~25)に、次のように書いた。</p> <p> </p> <blockquote> <p>[出典]「座談会 芸能の風土・芸能民の歴史」『月刊百科』一一 一九九〇年 No三三七 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2">平凡社</a><br />【解説】対談者・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%D6%CC%EE%C1%B1%C9%A7">網野善彦</a>(日本中世史 一九二八~二〇〇四)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%C2%F4%BE%BC%B0%EC">小沢昭一</a>(俳優 一九二九~二〇一二)、市川捷護(日本ビクタープロデューサー 一九四一~)※引用部は対談全体の九分の一。同氏には『回想日本の放浪芸』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2%BF%B7%BD%F1">平凡社新書</a>・二〇〇〇年)がある。<br /> 『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>千代尼』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%E9%B6%B4%DB">法藏館</a>・二〇一八年)の後書きで、この対談について次のように書いた。<br /> 「座談会 芸能の風土・芸能民の歴史」で、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%C2%F4%BE%BC%B0%EC">小沢昭一</a>氏が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>がみんな壊して文化を「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>一辺倒にし」たというのは、戦国期に荒れた土壌を、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>たちが、土徳の地にしていったことを指しています。<br /> 村ごとにお寺や道場があって決まった時間に鐘が鳴り、生業の節目ごとにお参りが行われ、夜は「平(へい)生(ぜい)業成(ごうじよう)」の信心・教義を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B0%CA%B9">聴聞</a>し確かめるお座が開かれていた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>地帯は、時間に正確、勤勉、助け合いといった、日本人の特性を育てたのです。<br /> 混乱していた世の日常生活を集落、家族のきずな、個の信心へと、自然と共にある日常(平生)にしたのが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>習俗で、そのことを「一辺倒」と言っておられるのでしょう。<br /> この対談のあと、「音と映像と文字による体系日本歴史と芸能」第五巻「踊る人々ー民衆宗教の展開」に、門前満覚寺の布教大会における<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%AD%CE%CD">広陵</a>兼純師の説教「弥陀の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%C0%B4%EA">誓願</a>」がビデオになり、私は、平成三年(一九九一)二月三日に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2">平凡社</a>の内山直三さんから原稿依頼があって「節談説教の風土」を書きました。<br /> その間の二月十三日に、父は、風邪(?)の熱がひかないと、七尾中学校時代の同級生の病院に検査入院しました。六ヶ月ぐらいの入院が必要なのではないかとのことで、十九日、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>さまの前で来し方を振り返り、高校教員を退職することにしました。<br /> 三月十四日夕方、内山さんから電話が入り、原稿に対するお褒(ほ)めの言葉があって、「ところどころに穴開けて……」のところでは、つい笑ってしまいました、と楽しそうにおっしゃられました。<br /> 「…つい、笑ってしまいました。」<br /> 「有り難うございます……。実は、父が亡くなり、今から通夜ですので、この話は、また後ほど…」、と電話を切ったのですが、内山さんの笑い声から、絶句、お悔やみへと、…その時の声が耳底に残っているような気がします。<br />  その部分を読み直してみると、<br />  松(まつ)谷(たに)円辰(えんしん)師の説教があると、御(み)堂(どう)に入りきれず大庭から山門の外まで聴問の人で溢(あふ)れたという。ある時、  師が「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%BB%B3%B9%E7%C0%EF">石山合戦</a>」を語っていて、「刀の長さ三尺八寸」というべきところを、「幅、三尺八寸」と語ってし  まった。すかさず高座の下から「ダラナ、ほんな幅の広い刀どこにあるイヤ、相手見えんガィ」と声が掛  かったので、「ところどころに穴あけて、(中(ちゆう)啓(けい)をかざし)のぞいては切りー、のぞいては切りー」と演  じたという話が、いかに弁舌が巧みであったかの語り草となっている。<br />  父・外卿(げきよう)は純農村地帯の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a>江曽・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B3%DA%BB%FB">妙楽寺</a>の三男で旧姓・松谷といい、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%BB%CB">国史</a>の学生だった昭和十六年、二十一歳で西勝寺に養子として入寺しました。ここに登場する松谷円辰は私の曾祖父なのです。この年、父は住職五十年を迎えんとする七十歳でした。その通夜直前に、伝説の人だった「松谷円辰」が話題になるとは…。</p> </blockquote> <p> </p> <p> </p> <p>円辰には妹が2人(すい、よそ)居て、上の妹(すい)が嫁いだのが、上記墓のあるお寺。</p> <p>その妹(よそ)は金丸に嫁ぎ、静雄・朝野・きよ野の3人の子を産み育てた。朝野が西勝寺に嫁いため、私は祖母ではないが、かといって他人でもない微妙な感じで「オバアチャン」と呼んで育った。11歳の時に母を亡くした父は、叔母を「おかあさん」と呼んでいたのだった。</p> <p>そのあたりのことが、つい最近になって分かってきた。</p> <p> </p> <p>父にとっては叔母だったのである。は円辰の孫。曾祖父の兄妹が義母であり私にとっての祖母だったことになる。もう50回忌を向かえる。</p>
  48. 「巽南」再発見 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/11/01 17:15
    昨日は巽南まちづくり協議会主催、歩け歩け事業③ 「巽南」再発見!という事で、48名の方が定願寺を見学に来てくださいました。 この日のために修繕した系図と楠正長坐像を見ていただきました。 この数年はコロナで見学の方が減って … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/11/01/%e3%80%8c%e5%b7%bd%e5%8d%97%e3%80%8d%e5%86%8d%e7%99%ba%e8%a6%8b/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  49. すくわれないもの | 遊煩悩林 | 2021/11/01 09:00
    <p>先月28日の「ご命日の集い」。</p> <p>正信偈の勤行後の「御文」さま。</p> <p style="padding-left: 40px;">信心獲得すといふは第十八の願をこころうるなり。</p> <p style="padding-left: 40px;">この願をこころうるといふは、南無阿弥陀仏のすがたをこころうるなり。</p> <p>ではじまる「信心獲得」の章を拝読。</p> <p>この中に</p> <p style="padding-left: 40px;">煩悩を断ぜずして涅槃をうといへるはこのこころなり</p> <p>と。</p> <p>たびたび拝読する御文さまですが、あらためて凄まじい破壊力を感じました。</p> <p>煩悩を断つためにどれだけの人間が修行を積み、どれだけの時間、努力を重ねてきたことか。</p> <p>その自力を木っ端微塵に破壊する。</p> <p>蓮如さまは</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">この義は当流一途の所談なるものなり。</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">他流の人に対してかくのごとく沙汰あるべからざるところなり。</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">よくよくこころうべきものなり。</p> <p style="text-align: left; padding-left: 80px;">蓮如上人『御文』第5帖5通</p> <p>と。</p> <p>このこころは他力を本願とする真宗の教えでありますから、他宗の教えを批判するものではないことを心得ておいてください(私訳)と、わざわざフォローしておられます。</p> <p>蓮如さまのご注意の上で、さて、今生の修行や努力によって煩悩を滅することができるのか。</p> <p>それ以前に、そのような修行や努力を積む覚悟などありもしない自分。</p> <p>そもそも涅槃を求めるような必然性を見出すことができない私。</p> <p>信心を獲得しようとする動機すら自分の中に見出せない。</p> <p>「涅槃」を、救われる意味とすれば、ひらたく言えば「助かる」ということでしょう。</p> <p>自分を救いの対象として認知することも、助かる主体であることもはっきりしない。まことに「おめでたい」生き様している私。</p> <p>その「おめでたい」生き方をしていることすら、指摘されないとわからない。</p> <p> </p> <p>今月28日は宗祖の御正忌。</p> <p>おめでたい日暮らしをしてきた一年を知らされます。</p> <p>いたずらに過ごしてきた中に、いくつか書き留めてきたことばがあります。</p> <p style="padding-left: 40px;">苦悩をなくしたらもはや助かる必要もなくなります</p> <p style="padding-left: 40px;">和田 稠</p> <p>苦しみや悩みがなければ助かる必然性がない、と。</p> <p>また</p> <p style="padding-left: 40px;">救われないものが救われるのであって</p> <p style="padding-left: 40px;">救われないものをもたない人に救いはありません</p> <p style="padding-left: 40px;">藤元正樹</p> <p>「すくわれないもの」を自己に発見することによって、ようやく自分が救われなくてはならないような身であった、と気づくことができるのか。</p> <p>今月の掲示板に</p> <p style="padding-left: 40px;">不断煩悩得涅槃 - 正信偈 -</p> <p>と書きました。</p> <p>和田先生、藤元先生の言葉を翌月・翌々月に掲示しようと。</p> <p>年末年始、「忙」に埋没する「すくわれないもの」を自身に発見することができるか。</p> <p>それは自分がいちばん知りたくない「もの」でもある。</p> <p> </p>
  50. 報恩講 | お寺の生活 | 2021/10/30 23:05
    29日と30日の報恩講も、おかげさまで無事に終えました。ありがとうございました。
  51. リフォーム | お気楽極楽日記 | 2021/10/29 21:03
     先日、我が家の風呂とトイレを老朽化にともないリフォームを行いました。風呂は一週間の工事、トイレは半日の工事でとてもきれいに。いまは気持ちよく使えています。ただ、これを機に給湯器も交換をお願いしたのですが、コロナの影響で品不足。調達でき次第、取り付けということで給湯器は前のままです。冬を前に壊れないでくれ!と願うばかりです。 風呂やトイレは古くなればリフォームしてきれいになりますが、人間の身体はそうはいきません。コロナワクチン接種後、どうも調子が悪く、特に坐骨神経痛に悩まされ..
  52. 報恩講 | お寺の生活 | 2021/10/28 11:50
    報恩講の荘厳をすすめています。明日29日、午後2時から、お逮夜が勤まります。皆様お誘い合わせてお参りください。
  53. 終戦 | お気楽極楽日記 | 2021/10/27 21:14
     近年、稀に見る優勝争いのプロ野球のセリーグとパリーグ。ついに昨日、セリーグはヤクルトスワローズが優勝を決めました。そして今日、オリックスバファローズがパリーグを制覇。昨年最下位チームだった両チームが見事に優勝です。これは来年のドラゴンズも希望があるということに他なりません。 しかし、現状のチームでは優勝どころか、優勝争いにも絡めないでしょう。でも、とりあえず今日のニュースでビシエドとR・マルティネスが残留とのことで、投打の柱ともいうべき選手が残ったことはうれしいことです。さ..
  54. 10月28日(木)のパソコン相談室は休みます | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/27 17:32
    10月28日(木)のパソコン相談室は、難波別院報恩講のため、お休みとさせていただきます。 次回は11月11日(木)の予定です。 尚、新型コロナウイルスの流行状況によって、中止となる事がありますので、最新情報は...
  55. あゆみ通信 VOL.152 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/26 21:00
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第152号(2021年11月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼おかげさま 真城義麿先生 ...
  56. 子ども報恩講、報恩講 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/10/25 08:07
    おはようございます。住職です。 23日の子ども報恩講、24日の報恩講と沢山の方にお越しいただきました。 ありがとうございました。 特に今回は緊急事態宣言があけたとはいえまだまだコロナ禍の中の開催でしたが、初めての来院の小 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/10/25/%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e5%a0%b1%e6%81%a9%e8%ac%9b%e3%80%81%e5%a0%b1%e6%81%a9%e8%ac%9b/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  57. 庭のがごじょ | お寺の生活 | 2021/10/23 19:59
    日に日に寒くなってきました。10月29日からはいよいよ報恩講です。もうあと少しなので庭の手入れをしていると、がごじょがたくさん出来ていました。がごじょとはむかごの事ですが、あちこちに絡み付いて蔓を伸ばして芋を付けます。がごじょが実らなくなったらいよいよ冬がや...
  58. 10月7日(木)の記事。40年前の文化祭ー地震の記録ー | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/10/23 09:17
    <p>遅ればせながら-。</p> <p>このところ頻繁に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>がある。</p> <p>教員時代、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>同好会生徒と飯高文化祭で郷土と関係ある<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>記録を一教室使って展示発表したことがある。</p> <p>昭和57年(1982)のことで、2月7日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B2%AD%C3%CF%BF%CC">能登沖地震</a>が起こる11年前、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E5%BF%C0%C3%B8%CF%A9%C2%E7%BF%CC%BA%D2">阪神淡路大震災</a>の13年前の話で、私が記憶する体感<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>は、の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%B3%E3%C3%CF%BF%CC">新潟地震</a>ぐらいのものだった。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>が起こるなどとは想像のしようもない頃に、学校祭で中世の城(黒峰城など)の模型展示、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%FD%B8%A4">狛犬</a>などを展開する中で、ことしはこれにしようとやってみた企画だった。</p> <p>それ以上の思いはなかったのだが、その頃、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B6%C8%AF">原発</a>問題が起こっており、それに対する警告と受け取った人もあったようだった。</p> <p>ともあれ、発表だけで流してしまうには勿体なかったので、それを原稿にした。</p> <p>たぶん、そのことが伝わっていたのだろう、北国の支局長さんがお越しになって雑談のように交わした話が、先日(10月7日)の記事になった。</p> <p>それこそ「遅ればせながらー」である。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211008/20211008100953.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211008100953j:plain" width="1022" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>10月8日(木)</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211008/20211008101042.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211008101042j:plain" width="799" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>」p66~p74。昭和59年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/1984">1984</a>)11月刊</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211008/20211008101110.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211008101110j:plain" width="332" height="501" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>」が載った『すずろ物語』49号</p> <p> </p> <p><strong>『続古<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>』1992年 </strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%C2%E7%B3%D8%BD%D0%C8%C7%B2%F1">東京大学出版会</a>刊</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211008/20211008101147.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211008101147j:plain" width="1200" height="809" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『続古<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>』目次。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%C6%FC%CB%DC%C2%E7%BF%CC%BA%D2">東日本大震災</a>後に問題になった<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%E7%B4%D1%C3%CF%BF%CC">貞観地震</a>は、「見直される内陸<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>」に含まれていた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211008/20211008101210.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211008101210j:plain" width="776" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>輪島に大きな被害をもたらした<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>4年の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%C7%C8">津波</a>の因が、庄内沖<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>だったことをあらためて知った。</p> <p>『古<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>』『続古<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>』この書の為に当地へおいでになり、一緒に現地を巡ったメンバーのひとり、大長昭雄さんから頂いた。</p> <p> </p> <p>備えあれば憂い無し。</p> <p>でも、本は山積み…。</p> <p> </p>
  59. (動画あり) 修理代は384Real ブラジルの洗濯機 8年で初めての故障 BRASTEMP | 新・坊主日記 | 2021/10/23 08:21
    8年使った洗濯機が故障したので直してもらいました。正直ブラジルの製品は早く壊れることが多いのですが、BRASTEMPというメーカーは当たりだったようです。個体差はあるのでしょうが、妻のファビアもいいメーカーだと言っています。 ブラジルで製品を買うときの心がけ 以前ともかく安い値段のものを買ってすぐに壊れてしまった経験があります。買うときも作りも安っぽくて心配だったのですが、その不安が的中してすぐに壊れてしまいました。それ以来一番安いものは避けて中の上くらいの値段のものを買っています。 そう心
  60. 「差別のない人権社会にむけて」をテーマとした15分以内の映像作品の募集 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/21 18:56
    大阪教区内の地域で催される人権関係の企画・イベントのご案内です。 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 世界人権宣言大阪連絡会議主催 みんなの人権・映像フェスティバル 世界人権宣言大阪連絡会議では差別のない...
  61. 講演「私の水平社宣言」 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/21 18:32
    大阪教区内の地域で催される人権関係の講演会のご案内です。 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 来年2022年は、全国水平社創立100年にあたります。 100年前、厳しい社会的・経済的差別のもとにあった1日...
  62. 2021年度 ハンセン病問題パネル展を開催します | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/20 09:44
    このたび、真宗大谷派大阪教区教化委員会におきまして、「ハンセン病問題 家族原告の声」をテーマにパネル展を開催します。 難波別院にお参りの方、お近くにお越しの方は是非ご覧ください。   「ハンセン病問...
  63. 衣替 | 遊煩悩林 | 2021/10/19 16:17
    <p>高校生の息子はネクタイを締めてブレザーを羽織り。</p> <p>中学生の長女はコロナ対応で制服でなくジャージの短パンをロングパンツに履き替え。</p> <p>小学生の次女はヒートテックを仕込んで登校。</p> <p>一気に寒い。</p> <p>慌てて私も衣替え。</p> <p>私服でなくて法衣の衣。</p> <p>あまり考えたこともなかったけど、私的な衣服で私服か。</p> <p>法衣は仏法の衣装か。</p> <p>衣装もそうか、法衣装束、略して「衣装」なのかな。</p> <p>それにしても。</p> <p>ただ寒くなったから薄手の衣を厚手のものに替えただけのことですが。</p> <p>少し前に「大谷派の法衣装束調査」という記事を見かけました。</p> <p>中外日報 <a title="" href="https://www.chugainippoh.co.jp/article/ron-kikou/ron/20211001-001.html" target="_blank" rel="noopener">https://www.chugainippoh.co.jp/article/ron-kikou/ron/20211001-001.html</a></p> <p>私たちの業界には、残念ながら「僧位僧綱」、つまり僧侶としての地位と序列によって着衣してよい衣とそうでないものの決め事があります。</p> <p>だから、この「調査」という見出しを見た時に、私はすっかり「身分不相応」の装束点検が行われたのかと。</p> <p>実際には「法衣装束の研究」に関連しての調査でございました。</p> <p>千總文化研究所 <a title="" href="https://icac.or.jp/public/2021/05/10/3532/" target="_blank" rel="noopener">https://icac.or.jp/public/2021/05/10/3532/</a></p> <p>にしても。</p> <p>日々、身に纏う袈裟・衣、その色や紋様にどれだけの意味を付与してきた歴史かと。</p> <p>衣装の研究は文化的に興味深いですが、それが果たしてきた役割を思う時、どれだけの縛りがあったのかと。</p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">汝、起ちて更に衣服を整うべし</p> <p style="padding-left: 40px;">仏説無量寿経</p> <p style="padding-left: 40px;"> </p> <p>という経言が過りました。</p> <p>お釈迦さまが、最側近の阿難尊者に語ったことばです。</p> <p>決して、寝転んでお釈迦さまの話を聞いていたのでも、とくに服装が乱れていたわけでもないのでしょう。</p> <p>ですが、起きなさい(立ちなさい)、と。</p> <p>そして、これまでに身につけてきたものを改めてみなさい、と。</p> <p>身につけてきたものは、衣服だけでなく、我が身の肉となり骨となりしてきた食をはじめ、衣食住の物理的なものから、知識・経験・思考などの精神的分野まで。</p> <p>「整うべし」は、これまで学んできたことをよくよく見直してみなさい、といったところでしょうか。</p> <p>朝起きて、物を食べ、排泄をして、夜眠るという営みは「あたりまえ」のことですか。</p> <p>何も考えずに、暑くなったら薄手の着物、寒くなったら厚手の着物に替えるという作業を繰り返しているだけで、自分が着衣しているものの謂れなど気にしない。</p> <p>実はそれを身につけることで上位と下位を位置づけるような謂れの衣装であれば、それは整え直さなくてはいけない。</p> <p>寒くなったから衣を変えているだけという姿勢こそ、それらの制度と構造上の差別を黙認して支え続けていることに他ならない。</p> <p>世間さまは選挙で賑わしい。</p> <p>1000人以上もの立候補者が襟を正して臨んでいる選挙戦ならば、こちらも衣服を整えて挑まなくてはいけないのですが。</p> <p>装束は替えたが、衣装ケースの持ち運びでどうも腰が痛いとか。</p> <p>座り込んでいることを知らされても、重い腰が上がらない。</p> <p>目覚めは遠い。</p> <p>ところで。</p> <p>真宗の本尊は南無阿弥陀仏。</p> <p>像形としては阿弥陀如来立像、つまり阿弥陀如来が立っておられる姿を絵像や木像で表します。</p> <p>坐像の阿弥陀如来像もありますが、どうして立ち上がられたのか。</p> <p>座っておれない。</p> <p>思えば、ずっとずっと前から立ちっぱなしである。</p>
  64. ピカピカの仏具 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/10/19 09:32
    今年は初めての方も参加頂き20名を越えるご門徒の方に集まって頂きました。定願寺の仏具をピカピカにみがきあげて頂きました。本当にありがとうございました。 10月24日午後2時より報恩講が務まります。沢山の参詣をお待ちしてお … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/10/19/%e3%83%94%e3%82%ab%e3%83%94%e3%82%ab%e3%81%ae%e4%bb%8f%e5%85%b7/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  65. お寺にある古いもの1 | つれづれ日誌 | 2021/10/18 11:08
     何やらオンボロで取手も取れてしまっている引き出しですが、これは「薬箱」です。  現在は紐や電球などを分別して入れるのに重宝しています。まだ現役で活躍しています。  なんでこんなものがあるのかといえば、昔はお寺で薬や醤油などを作っていたよう(商...
  66. 2021年10月 | 慶運山 長源寺 | 2021/10/18 07:37
    ただ人は みな 耳なれ雀なり 蓮如上人御一代記聞書   真宗聖典に「蓮如上人御一代記聞書」というものがあり、そこには上人の日々の対話などが316ヶ条収録されています。その175番目に   「おどろかす […]
  67. コロナ禍にも法縁を〜門徒会員勉強会は法話を書面で配布〜 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/16 23:52
    新型コロナウイルスの感染者数は減少傾向で、ワクチン接種も進んでいますが、まだまだ油断できない生活が続きます。組門徒会の事業も会員が一同に集まる形での実施は見合わさざるを得ないのが現状で、6月の総会も中止となり...
  68. アサギマダラが飛んでいる | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/10/15 17:46
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211015/20211015174326.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211015174326j:plain" width="1200" height="689" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>書斎兼仕事部屋のすぐ前。今日12時。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211015/20211015174432.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211015174432j:plain" width="1200" height="800" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>ほかにも、モンシロチョウ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E2%A5%F3%A5%AD%A5%C1%A5%E7%A5%A6">モンキチョウ</a>。今日は見なかったがクロアゲハも訪れる。</p>
  69. 16日土曜日はおみがきの日 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/10/14 08:52
    おはようございます! 定願寺の住職です。 いよいよおみがきが近づいてきました。 おみがきというのは、本堂にある仏花を仏具磨きでピカピカすることです。 定願寺では何十年もの間、ご門徒の方々にお手伝いいただき手で磨き上げて頂 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/10/14/16%e6%97%a5%e5%9c%9f%e6%9b%9c%e6%97%a5/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  70. ついに監督 | お気楽極楽日記 | 2021/10/12 18:13
     ドラゴンズの来季から立浪監督になるとの報道が出ていました。ミスタードラゴンズとして、長らく監督待望論があったのですが、諸般の事情により監督就任が見送られていたとの噂。そのあたりはクリアになったのかな。 ただ、立浪氏は侍ジャパンやドラゴンズの臨時コーチの経験はあるものの、指導者として能力は未知数。若手の有望株が多いとはいうのものの、ほぼほぼ毎年Bクラスにどっぷりと浸かったドラゴンズを立て直すことはできるのでしょうか。ただ、現役時代からある種のカリスマ性を持っているだけに、リー..
  71. でました | 気ままな日記 | 2021/10/12 11:43
    今日はコンビニで見かけました。 焼きそばのUFO味のからあげくん。 さっそくどんなのか食べてみました。 ・・・・ たしかに、焼きそばUFOの匂いはしました。 しかし、からあげくんその物は黒い色で 味は。。。UFO? かなぁって感じでした。 美味しいのは美味しいです。 あくまでも、個人の感想です。 ごちそうさまでした。 [画像]
  72. おしゃれなアイス屋さんと市職員用の保健所を歩く ーブラジル散歩ーサンバ散歩シリーズ  | 新・坊主日記 | 2021/10/12 04:28
    おしゃれなアイス屋さんと市職員用の保健所を歩く ーブラジル散歩ーサンバ散歩シリーズ 最近こちらのブログに力を入れています。こちらにも登録お願いします。Bloggerブログ「シュウのブラジル日記」 https://izushui.blogspot.com.br/  YouTubeで私のお気に入りの動画「ブラジル散歩」シリーズです。今回は久しぶりに外食のシーンから始まります。ファビアが久しぶりにおしゃれなアイスクリーム屋さんに行きたい!と提案したのでいってみました。もう数回行っているのですが、
  73. ドラフト | お気楽極楽日記 | 2021/10/11 21:00
     今日はプロ野球ドラフト会議の日。自分が指名されるわけでもないのに、なんか一日ソワソワした気分でした。ドラゴンズは予想通りといえば予想通りの上武大のブライト健太選手を1位指名。今年あれだけ打てない打線に新しい風を入れるためにも順当ではないでしょうか。その後も2位指名に駒大の鵜飼選手。これまた長打が自慢の右打ちの外野手です。鵜飼選手といえば地元・中京大中京の出身。ドラゴンズの伊藤康選手と同級生です。お互い切磋琢磨してドラゴンズを支えてくれるとファンとしてはうれしいです。 とにか..
  74. あらま | 気ままな日記 | 2021/10/11 15:43
    今日はチョット用があり、南御堂へ。 備品のチェックもあり、奥の倉庫を見に行くと、 なんと、出入り口の所が塞がれていました。 まぁ荷物が多くて困っているのは分かりますが これはチョットね。 [画像]
  75. 大阪お寺のYouTubeチャンネル紹介 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/11 12:37
    大阪教区YouTubeチャンネルでは、教区内のお寺のYouTubeチャンネルを紹介しています。 ↓大阪のお寺のチャンネル紹介はコチラ↓ https://www.youtube.com/c/IchoGrJp/c...
  76. 「釈迦涅槃図八相成道図」、平松令三氏 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/10/11 09:36
    <p>頻繁に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>が起こるので、本箱をある程度ーふすまや障子につかえて、いつまでもガタガタ音が鳴らない程度にー固定作業を続けている。</p> <p>その過程で、アルバムの中に「八相成道絵図(千光寺蔵) 平松令三氏調査」とある一冊があることに気づいた。</p> <p>平松令三氏?</p> <p>氏は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人500回御遠忌に向けての調査で、当寺の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人鏡の御影(御寿像)を調べに来られたことがある。</p> <p>その時、あたかも目の前の上人にお会いしたかのように感激の念仏を称えておいでた師の姿があった。</p> <p>氏との間で何通かの手紙・葉書のやりとりが残っているが、その時の印象以外は、記憶にとどまらずに通り過ぎていたのである。</p> <p>千光寺さんで、絵を見たことも覚えているが、「氏調査」とは?</p> <p>写真の中に、当時の千光寺住職は写っているものの平松先生らしき人、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>記者さんの姿もない。</p> <p>アルバムの最後に新聞記事が貼ってあった。</p> <p>平成9年(1997年)12月22日号である。</p> <p>○平松令三先生が調査しておいでる。</p> <p>○藤本佐助という絵師は高田派の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人御絵伝の絵師、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%ED%BB%FD%BB%FB">総持寺</a>の出仕絵師と推定されること。</p> <p>○涅槃図と八相図が共に一幅に描かれているのは珍しい。</p> <p>○一代限りの絵師だと思われていた佐助が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%A4%BD%B1">世襲</a>の名だった可能性が出てきたこと。</p> <p>など、極めて重要な図であることが書かれている。</p> <p> </p> <p>千光寺住職はこの時から2代目で、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E2%C6%B6%BD%A1">曹洞宗</a>の方脈を継ぐ方が順に入っておられ、この絵の意味を知っておられるかどうか分からない。</p> <p>私も、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼資料館を退職する時、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%BA%E2">文化財</a>保護審議委員も同時に辞め、その後、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>研究会会員も辞している。</p> <p>それらを続けて居ればこの絵を見直し、少なくとも市指定に持っていたと思う。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>と閉じこもり状態があって、思いがけない再発見があった。</p> <p> </p> <p>ブログ以前(~2005年・平成17年)には、このように記録として整理されていないものが、多くありそうだ。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211011/20211011065546.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211011065546j:plain" width="917" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>涅槃図の回りに八相成道図が描かれている。</p> <p>観経<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%D2%D8%E8%B8%CD%E5">曼荼羅</a>のように六道が描かれているとばかり思っていた。</p> <p>どこにも地獄らしい絵がないので変だなと思い、よくよく見ると「八相成道図」だそうで、見たことも気づいたこともなかった(この時、見ているので見たこともなかったはことばのあや)。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211011/20211011065454.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211011065454j:plain" width="842" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><strong>八相成道図</strong></p> <p>最後の場面が浄土(極楽)なので、はじめは地獄だろうと写真を見ると違っている。そこで八相図だということに気づいた。</p> <p>八相図とは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%E1%C2%BA">釈尊</a>生涯における重要な出来事ー<span style="color: #4d5156; font-family: arial, sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">下天托胎、誕生、修学、出家、苦行、降魔</span><em style="font-weight: bold; font-style: normal; color: #5f6368; font-family: arial, sans-serif; font-size: 14px; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;">成道</em><span style="color: #4d5156; font-family: arial, sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%E9%C5%BE%CB%A1%CE%D8">初転法輪</a>、涅槃ー八場面を描いたもので、佐助の描いた場面・場面の分析などはこれからのこととなる。</span></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211011/20211011065617.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211011065617j:plain" width="771" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>平成9年1997年12月22日(月)  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a></p> <blockquote> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>正院町小路、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E2%C6%B6%BD%A1">曹洞宗</a>千光寺が所蔵する藤本佐助作の釈迦涅槃図が、佐助の作品の中では最古のものであることが二十一日までの専門家の調査で明らかになった。涅槃図を収納する木箱に、正徳元(一七一一)年に同寺が図を購入したことが記されていた。<br /> 絵師である佐助は十八世紀末から多くの作品を残したとされており、関係者は十八世紀初めの作品とみられるこの涅槃図は、佐助が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%A4%BD%B1%C0%A9">世襲制</a>だったことも推測できる貴重な資料としている。<br /> 藤本佐助は、十八世紀末から十九世紀初頭にかけて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%F4%C5%DA%BF%BF%BD%A1">浄土真宗</a>高田派の絵所で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人絵伝などの作品を残した絵師。<br /> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%CB%DC%BB%B3">大本山</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%ED%BB%FD%BB%FB">総持寺</a>の出仕絵師と推定されており、作品は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%C5%B8%A9">三重県</a>内の高田派寺院に現存している。<br /> ただ、これまで佐助作の涅槃図が見つかっていなかったことから、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>絵画史の権威である元<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B6%C3%AB">龍谷</a>大文学部教授の平松令三氏(七八)=津市在住=が、宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>に詳しい<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼資料館の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>館長(五〇)を通じて千光寺の釈迦涅槃図の調査に乗り出していた。<br /> 千光寺の涅槃図は縦三・六㍍、横二.七㍍で左下の部分に「藤本佐助筆」と書かれている。涅槃図を収納する木箱には、正徳元年に同寺第三世住職の慈秀性善師が図を購入したことが記されており、佐助のほかの作品と年代が異なることから、平松氏は「藤本佐助は一代と考えられていたが、襲名の可能性が大きい」としている。</p> <p>[(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%B8%AB%BD%D0%A4%B7">小見出し</a>)<strong>八相成道図も確認</strong>]<br /> 同時に涅槃図の周りに釈迦の生涯を記した八相成道図が描かれていることも確認された。平松氏によると涅槃図は単独で描かれることが一般的で、同氏は「今後、調査を進める上で興味深い」と話している。</p> </blockquote> <p> </p>
  77. 限定 | 気ままな日記 | 2021/10/10 15:22
    今日はこんな商品を見つけました。 限定物に弱いのでついつい買ってしまい、 さっそくの試食を。 みたらしの味は。。。 正直なところ。。。微妙でしたが ココナッツサブレとしては いつもと変わらず美味しかったです。 あくまでも個人の感想です。 ごちそうさまでした。 [画像]
  78. あまい | 気ままな日記 | 2021/10/09 13:33
    今日は珍しい匂いの 消毒液を発見。 匂いとしては、 まず一番キツいのは アルコールの臭い その次に。。。 少しアルコールが蒸発したぐらいに 甘いバニラの匂いがするんです。 なんとも不思議な感じの アルコール除菌でした。 どこに売っているのだろうか??? [画像]
  79. 戦争展フィールドワーク(鶉野飛行場跡) | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/09 01:21
    戦争展実行委員会は、10月4日(月)兵庫県加西市にある鶉野飛行場跡にてフィールドワークを行いました。 当初昨年度の1月に鶉野飛行場跡へのフィールドワークを予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大の為延期...
  80. 久々に | 気ままな日記 | 2021/10/08 17:12
    今日は久々に ビックボーイに行きました。 混む時間をずらして行ったのでガラガラでしたが、 まわりに人のいない席にしました。 ここで、バイキングコーナーにある 大好きなコーヒーゼリーを食べました。 ミルクをかけて食べるのが。。。 これまたイイのです。 ごちそうさまでした。 [画像]
  81. 天満別院報恩講ライブ配信報告 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/07 17:22
    さる10月3~5日に厳修されました、天満別院報恩講において、10月4日の結願逮夜とご法話、10月5日の結願日中とご法話をインターネットライブ配信させていただきました。 緊急事態宣言下の準備段階では、参詣者を入...
  82. 動画あり。直綴(じきとつ・黒衣)のしつけ方 直綴を開封して初めにするといいこと | 新・坊主日記 | 2021/10/06 09:38
    直綴(じきとつ・黒衣)はひだが繊細で崩れやすいので最初に、アイロンをかけて折り目をつけるといいと思います。 毎朝お朝の勤行で着衣する直綴を10年ぶりくらいに新調しました。直綴は動画でも解説していますようにひだが特徴で、乱れやすいので使う前にアイロンで折り目をしっかりつけておくと、畳みやすいです。結果長く綺麗に使用できるのです。 今回は、開封してアイロンを当てる方法を動画にしてみました。小松時代に教わったことを思い出しながらやってみました、細かいところは動画では伝えにくい部分もありましたが、参考
  83. 2021年10月のことば | ことば こころのはな | 2021/10/04 22:00
    10月を迎えました。日中はまだまだ暑い日が続いていますが(地域によっては30℃を...
  84. 第2組 聞法会を開催しました | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/04 21:57
    去る9月27日(月)、午後2時から天王寺区の佛足寺を会場に新田修巳先生(第4組正業寺住職)を講師にお招きして第2組聞法会が開かれ、19人の方にご参加いただきました。 前回に続き、正信偈の中から「天親菩薩造論説...
  85. 蓮如上人と山中温泉 9月30日(木) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/10/03 17:20
    <p><strong>菅谷徳性寺</strong>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%F4%C5%DA%BF%BF%BD%A1">浄土真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB%C7%C9">本願寺派</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003152243.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003152243j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003152359.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003152359j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>向かって右から「慧燈大師椿清水御舊跡」、椿清水、お腰掛石、八房の梅、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人御舊跡」。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003152417.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003152417j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <blockquote> <p>椿の清水と八つ房の梅「江沼郡山中町菅谷町]<br />山中へ向かい大内村を立った<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんは、もっとも難所の深い谷底道を岩に足をすべらせ、木の根にすがり、どうにか菅谷村にたどりついた。<br />疲れをいやすため、とある家の前で休んでいると、その家の主人理助は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんの姿を見て凡人ではないと察し、家に招じ入れた。そして「わたしのようなものでも極楽浄土へ往生できるのなら、形見を見せていただきたい」と願い出た。すぐに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんは庭へ下り、年来愛用の椿の杖を大地に突き立て「お前が念仏門に入り、信心すれば<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%CB%B3%DA%B1%FD%C0%B8">極楽往生</a>は疑いない。今、この杖の下より清水が湧き出て、どんな長雨やかんばつになっても増減することもなく、涸れることもない」と言うと、不思議にも杖の下より清水が渾々と湧き出た。感動した理助はすぐに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんの弟子となり、教願坊の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CC%BE">法名</a>をいただいた。徳性寺の開祖である。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんは、山中に入湯中、しばしば、理助宅へ教化に訪れたが、ある日、庭に梅の実をまいて、こんな和歌を詠んだ。<br /> まきをきし一粒たねに八つ房の みのらば弥陀の誓いとそ知れ<br />歌の通り、梅は毎年寺の庭に真っ赤に咲き、ひとつの花より八つの実を結ぶので、八つ房の梅と呼んでいる。<br />【解説】<br />椿清水と八つ房の梅は、山中町菅谷町の幽谷山徳性寺の境内にある。住職は椿清水の由縁により春木氏を称している。徳性寺には「椿の御杖」のほか、山中出立の際、自ら筆をとった自画像「名残りの御影」、「三方正面<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C7%A1%CD%E8">阿弥陀如来</a>」、「六字の名号」、「水晶の念珠」などが形見の品として残されている。なお、椿清水は戦前には菅谷と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>の両地内の道端にもあったが道路拡幅工事で廃跡となった。(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人伝承』より)</p> </blockquote> <p>ご住職の春木(=椿)さんは、私の初任・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>工業での先輩国語教師だった。その時、国語科には日野、春木、吉本さん(畑中さんも?)がいたはずだ。春木さんとは一年のおつきあいだったような気がする。それからもう49年経つ。</p> <p><br /><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>堂・虎斑の名号</strong><br /><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003151357.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003151357j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003151604.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003151604j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003151815.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003151815j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <blockquote> <p>虎斑の名号[江沼郡山中町<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>]<br />むかし、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんが竹田の峠(現大内峠)を越えて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>に立ち寄った時、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんの疲れた様子を見た村人が、自然薯をすってさしあげた。おかげで元気のもどった<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんは、お礼としてござの上に紙を開いて六字の名号を書き、村人に与えた。<br />この名号は、筆跡にござの縞模様が写って、虎の縞のように見えるので「虎斑の名号」と呼ばれている。(大蔵延平談)<br />【解説】<br />名号は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>村の道場、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>堂に保管されていたが、寛政と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>年間に盗難にあっている。しかし、その特徴から福井の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B3%D0%BB%FB">本覚寺</a>にもどり、同寺から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>に返ってきた。山中町<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>町では、毎年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌にあわせ虎斑の名号を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>堂で開帳している。(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人伝承』より)</p> </blockquote> <p>句碑の句は「落葉積む堂に虎斑の御名号 柏翠」とあり、平成十年十月建立。柏翠は虚子の弟子の伊藤柏翠(東京 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A344%C7%AF">明治44年</a>・1911~平成11年・1999)。</p> <p> </p> <p>書いたこのブログを読み直していて、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人伝承』に載る小さな「虎斑の名号」とは別に、大きな写真でこの道場の名号を扱った記憶があったので、モアモアした記憶を回転させていたら、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』(おやまブックレット1、1998・平成10年金沢別院刊、絶版)に載せていたことに気づいた。これがその名号である。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211004/20211004065728.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211004065728j:plain" width="378" height="622" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』おやまブックレット1、より。</p> <p> </p> <p><strong>おそらく「せり清水」</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003152016.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003152016j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <blockquote> <p>せり清水 [江沼郡山中町<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>]<br />菅谷の隣村<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>には「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人せり清水」と名付けられた清水がある。<br />この清水は「仏水」とも呼ばれており、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんが山中湯治中に掘らせたものだともいわれている。<br />【解説】<br />このせり清水のことは、『笈憩紀聞』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%FD%CA%DD">享保</a>年間)や『加賀江沼志稿』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>年間)に見えている。(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人伝承』)</p> </blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>堂から渓谷に沿って、菅谷に向かう途中、碑を見つけた。説明板もなく風化していて読めなかったが、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人伝承』に紹介されている「せり清水」の碑に違いない。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003152108.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003152108j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>黒谷山燈明寺・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a></strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003152529.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003152529j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <blockquote> <p>山中入湯のお文 [江沼郡山中町]<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんが、大内峠の険路に苦労して、山中へついたのは文明五年二四七三)九月末のこと。山中では、黒谷城主富樫政昭の庵にとどまり、山中の湯につかって、しばらく心身を休めた。この山中で書いたお文は「山中入湯のお文」と呼ばれている。<br />【解説】、<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人が滞在した場所は、今の山中町栄町、黒谷山燈明寺と伝えられている。このお文の末には「文明第五九月下旬第二日至子巳刻加州山中湯治之内書集之詑」とあり、日付けだけでなく、お文を書いた時間までしるしてあり、几帳面さが窺える。(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さんー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人伝承』より)</p> </blockquote> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211004/20211004052753.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211004052753j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>燈明寺。住職さんの姓が富樫である。<br /><br /></p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%C9%CD%B5%F5%BB%D2">高浜虚子</a>・伊藤柏翠</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003152627.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003152627j:plain" width="519" height="778" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>生涯に10万句以上作った虚子が、自ら最も好きな句と言った、「遠山に日の当たりたる枯野哉」直筆。(「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%CE%BE%D6">芭蕉</a>の館」にて)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003153024.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003153024j:plain" width="374" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『虚子一日一句』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B1%CC%EE%CE%A9%BB%D2">星野立子</a>編・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%CA%B8%B8%CB">朝日文庫</a>)に、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>堂の句碑の作者・伊藤柏翠と虚子の交流を語る句・文があった。立子の句も<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%CE%BE%D6">芭蕉</a>の館の一室に飾られている。暁烏非無は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>。翌年示寂。虚子・敏は深い交流があった。</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%C3%E6%B2%B9%C0%F4">山中温泉</a>一・二</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003152649.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003152649j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%CE%BE%D6">芭蕉</a>の館」前。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%CE%BE%D6">芭蕉</a>と別れる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%BD%CE%C9">曾良</a>。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211003/20211003152709.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211003152709j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>長谷部銭紋。</p> <p><br /><strong> 山中入湯の御文</strong>     一帖第十五通目<br />問うていわく、「当流を、みな、世間に流布して、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%BD%A1">一向宗</a>となづけ候うは、いかようなる子細にて候うやらん。不審におぼえ候う。」<br />答えていわく、「あながちに、わが流を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%BD%A1">一向宗</a>となのることは、別して祖師もさだめられず。おおよそ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">阿弥陀仏</a>を一向にたのむによりて、みな人のもうしなすゆえなり。しかりといえども、経文に「一向専念<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CE%CC%BC%F7">無量寿</a>仏」(大経)とときたまうゆえに、一向に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CE%CC%BC%F7">無量寿</a>仏を念ぜよといえるこころなるときは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%BD%A1">一向宗</a>ともうしたるも子細なし。さりながら開山は、この宗をば<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%F4%C5%DA%BF%BF%BD%A1">浄土真宗</a>とこそさだめたまえり。されば<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%BD%A1">一向宗</a>という名言は、さらに本宗よりもうさぬなりとしるべし。されば、自余の浄土宗は、もろもろの雑行をゆるす。わが聖人は雑行をえらびたまう。このゆえに真実報土の往生をとぐるなり。このいわれあるがゆえに、別して真の字をいれたまうなり。」<br />またのたまわく、「当宗をすでに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%F4%C5%DA%BF%BF%BD%A1">浄土真宗</a>となづけられ候うことは、分明にきこえぬ。しかるにこの宗体にて、在家のつみふかき悪逆の機なりというとも、弥陀の願力にすがりて、たやすく極楽に往生すべきよう、くわしくうけたまわりはんべらんとおもうなり。」<br />答えていわく、「当流のおもむきは、信心決定しぬればかならず真実報土の往生をとぐべきなり。さればその信心というはいかようなることそといえば、なにのわずらいもなく、弥陀<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%A1%CD%E8">如来</a>を一心にたのみたてまつりて、その余の仏菩薩等にもこころをかけずして、一向にふたこころなく弥陀を信ずるばかりなり。これをもって信心決定とはもうすものなり。信心といえる二字をばまことのこころとよめるなり。まことのこころというは、行者のわろき自力のこころにてはたすからず、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%A1%CD%E8">如来</a>の他力のよきこころにてたすかるがゆえに、まことのこころとはもうすなり。また名号をもってなにのこころえもなくして、ただとなえてはたすからざるなり。されば、『経』(大経)には、「聞其名号信心<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a>」ととけり。「その名号をきく」といえるは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a>の六字の名号を、無名無実にきくにあらず。善知識にあいて、そのおしえをうけて、この<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a>の名号を南無とたのめば、かならず<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">阿弥陀仏</a>のたすけたまうという道理なり。これを『経』に「信心<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a>」ととかれたり。<br />これによりて、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a>の体は、われらをたすけたまえるすがたぞと、こころうべきなり。かようにここうえてのちは、行住座臥に口にとなうる称名をば、ただ弥陀<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%A1%CD%E8">如来</a>のたすけまします御恩を、報じたてまつる念仏ぞとこころうべし。これをもって、信心決定して極楽に往生する、他力の念仏の行者とはもうすべきものなり。あなかしこ、あなかしこ。<br />文明第五、九月下旬第二日至干巳剋 加州山中湯治之内書集之詑<br /><br /></p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2018%2F10%2F20%2F215307" title="山中温泉湯治の御文ー第一帖第十五通、[ひとこと]=道標 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2018/10/20/215307">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><br /><br /><br /></p>
  86. 天満別院報恩講 厳修のご案内 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/10/03 10:53
    本日より、天満別院報恩講が厳修されます。 御講師には、九州教区(大分県)中津組 觀定寺住職 大江 憲成師をお招きし、 「コロナ禍の中、後生の一大事をあきらかにしよう」の講題のもとお話いただきます。 皆さまお誘...
  87. 食品はご遠慮ください | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/10/01 07:32
    おはようございます。定願寺です。 今日ポストの中にゆず大根が入っていました。ありがたい事ではありますが、匿名で食品が入っているのは正直不安もあります。食品をポストに入れるのはご遠慮ください。 合掌 via PressSy … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/10/01/%e5%a4%a7%e5%a4%89%e7%94%b3%e3%81%97%e8%a8%b3%e3%81%aa%e3%81%84/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  88. 引退 | お気楽極楽日記 | 2021/09/30 21:13
     ドラゴンズは藤井選手に続いて、今日、山井投手が引退を発表しました。二人とも強かった頃のドラゴンズを知る選手で、黄金期を支えた選手でもあります。ただ、成績としてはすごい成績を残したのではなく、記録というより記憶に残る選手だったかなと思います。まぁ、あまりすごい成績ではなかったから、ここまでドラゴンズに居ることができたとも言えます(毎年、すごい成績だと年俸が払えない)。 藤井選手は2008年か2009年にレギュラーを取るかなと思ったのですが、結局、准レギュラーで終わってしまいま..
  89. あゆみ通信 VOL.151 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/09/28 22:12
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第151号(2021年10月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼縁起 大江憲成(東本願寺「...
  90. 金沢~能登外浦海岸~珠洲ー25日(土) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/09/28 19:22
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210928/20210928184923.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210928184923j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>海を眺めながら、昼弁当を食べようと金石・大野を通り、大野弁吉からくり記念館駐車場へ入ろうと思ったのだが見つからないまま通り過ぎてしまった。金沢港に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%A4%BE%E5%CA%DD%B0%C2%C4%A3">海上保安庁</a>の船が止まっていた。飯田高校<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>同好会のメンバーで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%DD%B0%C2%C4%A3">保安庁</a>職員になっている卒業生がいる。彼を偲びながらここでも車を止めるところがなく、大きな駐車場で車を眺めながらの食事となった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210928/20210928185002.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210928185002j:plain" width="700" height="501" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>久しぶりの高爪山。見よい山で、341㍍。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210928/20210928185056.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210928185056j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>いろんなところが整備されていた。最たる所がこの繩又の白(八百)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%E6%B5%D6%C6%F4">比丘尼</a>像前。前はここを気にするドライバーはほとんどいなかったが目にとまるようになっていた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210928/20210928185122.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210928185122j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>白米<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%CB%E7%C5%C4">千枚田</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210928/20210928185150.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210928185150j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>17時50分、この混みよう</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210928/20210928185223.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210928185223j:plain" width="1200" height="763" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>真浦集落</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210928/20210928185250.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210928185250j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>真浦の奇岩</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210928/20210928185349.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210928185349j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>ふりむけば夕景 18時5分</p> <p> </p>
  91. トヨタ・カローラクロスの運転支援機能を試す | 新・坊主日記 | 2021/09/28 03:43
    トヨタ・カローラクロスの運転支援機能を試す  日本でもカローラクロスが発売されて盛り上がっていますが、実はブラジルでは今年3月には売り出していました。しかし見た目も内装も装備も色々違うみたいですね。 ブラジルは税金等が高いので、値段の割には装備も貧弱になるのだと思われます。それでもトヨタは人気で、ここ田舎の街マリリアにも良く走っていますよ。ブラジルでは完全にお金持ちが乗る車ですね。ちなみにRAV4やハリヤーも走っていますよ。ヤリスも人気です。トヨタの車は壊れにくく、メンテナンス代も
  92. 千石~臼ヶ峰往来~散田古墳~西荒屋―9月24日(金) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/09/26 20:51
    <p>24日久しぶりに外出。9時に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>、14時<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E2%C6%E7">内灘</a>に予定があるので、聖人の道を辿ろうと思った。個々については伝説の背景、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EF%C5%C4%C9%D9%BB%CE%C3%CB">常田富士男</a>さんの旅の原稿などで何度も訪れているのだが、近年は近くさえ行っていない。想い出たどりだ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926194259.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926194259j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>神子原地区から見る千石・豆の木伝承地。</p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2013%2F06%2F02%2F235027" title="加賀・能登むかし話の旅、6月ー千石の豆の木ー常田富士雄さんと歩くー羽咋市ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"></cite></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926194629.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926194629j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>神子原福善寺さんの聖人像。ご住職は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>工業時代の先輩教員。お互いの変わりようにオオー!から立ち話。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926195035.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926195035j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>臼ヶ峰往来。道標〈左子浦往来〉、尼谷地蔵</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926195246.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926195246j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>子浦往来。間もなく山頂公園。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926195527.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926195527j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>35歳の聖人は、越後に向かわれる途中の3月22日、この碑の向かい側でお休みになったところ、夢に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BB%C6%C1%C2%C0%BB%D2">聖徳太子</a>が現れ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>に教えを説いてから旅立たれるよう、懇願なさったと伝わっている。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926200152.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926200152j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>越後を望んで居られる像。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B2%AD%C3%CF%BF%CC">能登沖地震</a>があったあとに訪れたときは、石灯籠の上部が落ちていた(ような)記憶がある。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926200413.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926200413j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>越後方面</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926200437.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926200437j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>聖人</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926200505.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926200505j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>臼ヶ峰<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%C0%BB%D2%C6%B2">太子堂</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926200555.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926200555j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>臼ヶ峰口、庄鍋集落(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%DB%C0%F4">鉱泉</a>)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926202547.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926202547j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>夜中に起きている生活が続いているので、仮眠場所を探した。</p> <p>臼ヶ峰から志雄に向かい、その途中の散田(金谷)古墳あたりがいいだろうと、古墳そばへ寄った。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926203126.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926203126j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%CF%CB%CC%B3%E3">河北潟</a>沿い西荒屋へ。故北西先生宅へよって手を合わせてきた。この日西荒屋蛭児神社祭礼らしく、猿の子・幟が立っていた。空には鱗雲、今はもう秋。</p> <p>♪見ていて下さい 遙かな父さん いわし雲飛ぶ空の下 戦争知らずに二十歳になって 嫁いで母に 母になるの(「戦争は知らない」作詩・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%FB%BB%B3%BD%A4%BB%CA">寺山修司</a>)のメロディーが流れていく。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210926/20210926204254.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210926204254j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>夕方ー高尾からの夕日:18時</p> <p> </p>
  93. 東本願寺に行ってきました。 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/09/26 19:10
    お久しぶりに更新します。 今日は東本願寺に行ってきました。 あいにくの小雨でしたが、お彼岸にお参り出来たのは良かったです。 例年に比べると参拝者も少なくコロナ影響が出ていますね。コロナがもう少し落ち着いたら皆様も是非お参 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/09/26/%e6%9d%b1%e6%9c%ac%e9%a1%98%e5%af%ba%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82-2/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  94. 無畏施 | 遊煩悩林 | 2021/09/26 14:15
    <p>宣言下の彼岸会。</p> <p>講師の荒山淳さんには、越県のご無理を申し上げたところ、お話はもとより、いろいろ「小道具」(失礼)を携えてお越しくださいました。</p> <p style="padding-left: 40px;">小道具その1 龍笛</p> <p>楽僧でもある淳さんから前住職還浄24年にと、献楽のお申し出をいただき、「後生楽(五常楽)」を一奏くださいました。南無</p> <p style="padding-left: 40px;">小道具その2 紙芝居</p> <p>手塚治虫の「ブッダ - 前編 - 」。渾身の紙芝居。舞台と照明までご持参いただきました。南無</p> <p> </p> <p>お話の冒頭、常照寺に説教に寄せていただいて38年になる、と。</p> <p>おそらく。</p> <p>38年にも及ぶお話の中で、常照寺門徒最大のリアクションだったのではないだろうか。</p> <p>渾身の紙芝居のラスト。</p> <p style="padding-left: 40px;">「この続きは来年までのお楽しみー」</p> <p style="padding-left: 40px;">「えぇー!」</p> <p>こんなに素直なご門徒の反応をはじめて見ました。</p> <p>畏まっておられる同行の素性を引き出してくださったところに「無畏施」の行を目の当たりにしました。</p> <p>紙芝居「ブッダ」の前編は、「四門出遊」を中心に、釈尊が城を出て出家するところまでが描かれていました。</p> <p>そこで「続きは来年」となったのですから・・・。</p> <p>かって駄菓子売りのおじさんが自転車に紙芝居を積んでの時代。</p> <p>その当時の子どもたちのリアクションがそこにありました。</p> <p>さて、その後、お釈迦さまがどのような道を歩まれたのか。</p> <p>その余韻を楽の響きに重ねつつ。</p> <p>いま私たちのところにまで流れてきたお念仏。南無阿弥陀仏のみ教え。</p> <p>コロナ禍において私たちはいったい何を依りどころにしているか。</p> <p style="padding-left: 40px;">自らを島とし、自らを依りどころとして、他を依りどころとすることなかれ</p> <p style="padding-left: 40px;">法を島とし、法を依りどころとして、他を依りどころとすることなかれ</p> <p style="padding-left: 40px;">『大パリニッバーナ経』「自灯明・法灯明」</p> <p>と、釈尊最晩年の言葉を引いて問うてくださいました。</p> <p>ブッダの「四門出遊」についても、字解をヒントに説いてくださいました。</p> <p>「東南西北」がそれぞれ指し示しているいのちの様相。</p> <p>釈迦が東の門で見たのは「老」でしたが、そもそも「東」という象形文字は「新しいものを生み出す」「夢」「希望」といったニュアンスを孕む。</p> <p>「五行色」の哲学では「春」の時、色で言えば「青」。</p> <p>南門では病人を見て「病」を知りましたが、もともと「南」の字解には「元気」「盛ん」の意。色は「朱」、時は「夏」。</p> <p>西の門で葬列に遇い、「死」を見た。「西」の時は「秋」、色は「白」。白秋・・・。イメージとしては「実り」「成熟」「完成」といったところか。</p> <p>北の門で釈迦は「沙門」に出遇うわけですが、「北」は、人と人とが背中を向けて座っている状態、「背く」に孕む文字。</p> <p>考えてみれば「玄冬」と。だけどそこに「憧憬」の意を汲むと云々。</p> <p>釈迦はインドに生きた人ですが、漢字に翻訳されて日本に伝来した。その字解を聞くとなんと仏説の逆説的なことか、と。</p> <p>いや仏説が先で漢字が後か・・・?</p> <p>とにかく。「老」は「若」、「病」は「健」、「死」は「生」と表裏一体なのですが、それが「城」の内と外というカタチで表現されている。</p> <p>「外」というカタチでそれが見えなくなっていた。</p> <p>「彼岸」、西に向かって座すというのは、何を憶ってのことかと思いました。</p> <p>「老病死」を学ぶというが、それは荒山先生の言葉を借りて言えば、</p> <p>「なりたくないものになるという身の事実」を学ぶのだと。</p> <p>その現実、その道理から目を逸らし、いつまでも若く健康で長生きをしようと、夢と希望を描いているのが「東」という方角だとすれば。</p> <p>お彼岸の学びを得て、10月の掲示板に藤元正樹さんの法語を記そうと。</p> <p style="padding-left: 40px;">仏に出遇うとは</p> <p style="padding-left: 40px;">仏に背き続けている私に出遇うということです</p> <p>書き上げたのでした。</p>
  95. 彼岸は、日々の生活の中にある | ことば こころのはな | 2021/09/24 17:03
    秋彼岸を迎えましたが、日中は暑い日々が続きます。今日お墓参りに見えた方も「お盆の...
  96. 秋の彼岸会 | お寺の生活 | 2021/09/24 01:54
    先日の彼岸会中日のお勤めにお参りいただきましてありがとうございました。
  97. 中秋の名月 | お寺の生活 | 2021/09/22 12:19
    昨夜は中秋の名月だったそうで、外に出て月を見上げてみましたら、雲間から見えていたので、慌てて携帯で撮影しました。携帯どはなかなか月の撮影は難しいですね。
  98. 秋の彼岸会 | お寺の生活 | 2021/09/22 12:08
    23日午後2時より、秋の彼岸会が勤まります。今年はご近所のご門徒さんがケイトウと曼珠沙華を持って来てくださったので華やかです。皆様おさそいあわせてお参りください。
  99. 接種2回目 | お気楽極楽日記 | 2021/09/16 17:41
     昨日、大規模接種会場でワクチン(モデルナ製)の2回目の接種をしてきました。相変わらずのスムーズな接種で会場に着いてから出るまで30分ほどで終わりました。 昨晩は少し腕が痛くなったほかは、熱も出ることなく熟睡でき、朝も体調にほとんど変化なし。しかし、お昼近くになって身体全体に熱を感じるようになりました。そして頭も痛い。ついに副反応が来たかと思って、熱を測っても37度に届くか届かないかの熱。体感的にはかなり熱がありそうなのにおかしいな~と感じつつ、頭が痛いので薬を飲んで1時間ほ..
  100. フィットネス+がブラジルにやってくる! 本当はかなり進化しているよ! 今回のアップルイベント感想 | 新・坊主日記 | 2021/09/16 17:17
    最近は他のブログに移行して書いています。こちらもみてくださいね! フィットネス+がブラジルにやってくる! 本当はかなり進化しているよ! 今回のアップルイベント感想。 新しいiPad miniの登場に感動!2021年9月アップル新製品発表。ipad mini Apple Watch7 iphone13 pro フィットネス+がブラジルにやってくる!www.brasilsanpo.com フィットネス+がブラジルにやってくる! ここブラジルは今回も日本には対応していないフィットネス+に対応している

▲ このページの最初へ

 © All rights reserved 1998- , 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区
Generated:RNA 制作:教化委員会ホームページ部