ブログアンテナ 2022/08/14 03:05 RSS

このアンテナについて

最新記事100 / 登録サイト一覧(更新順)サイトごとの最新記事

  1. 野性の感ではなかったもよう | 住職雑記 | 2022/08/11 09:42
    愛犬クーが夜中に落ち着かない様子。外に出してもすぐ中に入りたがる。家に入れるとす...
  2. ファーストかラストか | 住職雑記 | 2022/08/10 13:33
    昨日、オリビア・ニュートン・ジョンの訃報が届いた。それを報じるニュースで最初にフ...
  3. 旅行に消極的 | 住職雑記 | 2022/08/09 23:59
    横浜にての葬儀に向かう車中で交通情報を聞いていると、高速道路の下りが渋滞している...
  4. 切子灯籠 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/08/09 15:49
    いよいよお盆が近づいてまいりました。 本日は切子灯籠を飾り付けました。明日は幕張りと仏花を用意するといよいよお盆をお迎えします。 切子灯籠は真宗大谷派の正式な飾りではありますが、どのような意味があるのかをインターネットで … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2022/08/09/%e5%88%87%e5%ad%90%e7%81%af%e7%b1%a0/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  5. 「カルト」の向こう側 | 坊主の家計簿 | 2022/08/09 08:52
    成唯識論では悟りを得ると「我愛・我執の主体であったものが、そのまま、真如を縁じ、無我の相を思量し、一切法と自他の有情が悉く皆平等に観ぜられるようになる」(太田久紀「成唯識論」の末那識)。真宗では悟りは開けないが故に「平等覚に帰命せよ」(親鸞)に...
  6. ひっそり閉店 | 住職雑記 | 2022/08/08 23:59
    気に入っていた地元のスープカレー屋がいつの間にかラーメン屋に変わっていた。気に入...
  7. どれだけ埋もれているだろう | 住職雑記 | 2022/08/07 23:59
    早朝のTOKYO FMの番組「RADIO DRAGON」で谷口貴洋の「つまんねえ...
  8. 森崎和江氏、青木新門氏、『半島 成り剰れるものの悲劇』 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/08/07 12:56
    <p>6月19日(日)の朝刊で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B9%BA%EA%CF%C2%B9%BE">森崎和江</a>氏が15日に95歳でお亡くなりになったことを知った。氏には『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>早春紀行』などの著書があるので、その他の著書に何があるのかまとめようとしたその日の15時8分、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%CC%C5%D96%BC%E5">震度6弱</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>に襲われた。</p> <p>仕え棒をあてたり、だいたいの復活は済ませたのだが、ちゃんとした並び替えはまだだし、ブログに書くのは先のことだと思っていたのだが、今日の朝刊で、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%C4%CC%DA%BF%B7%CC%E7">青木新門</a>氏が昨日還帰なさったことを知った。</p> <p>記録して記憶にとどめておこう</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220808/20220808113954.jpg" width="302" height="372" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>に触れた作品で、ユニークなものに、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%CD%CB%DC%CB%AE%CD%BA">塚本邦雄</a>氏の『半島 成り剰れるものの悲劇』がある。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220808/20220808114302.jpg" width="252" height="390" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>この書物は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%B5%B4%A9%A5%DD%A5%B9%A5%C8">週刊ポスト</a>の「ポストブックレビュー」(1982・昭和57年3月26日号『ポスト・ブックレビューの時代 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%D2%CB%DC%BB%CD%CF%BA">倉本四郎</a>書評集下』ポスト・ブックレビューリストによる)で紹介され、それを機に買って読んだはずだが、義兄の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%D2%CB%DC%BB%CD%CF%BA">倉本四郎</a>が書く書評が秀逸で、半島<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の三部作まえにある、序章乃至は総括部にあたる「Peninsula」の切り込みがすごかった。</p> <p><br />森崎氏の書は、編集者の所為だろう、目次の地名<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AB%A4%E9%A4%B7">からし</a>て間違いが多く、そのことがかえって旅人の哀感となって記憶にとどまっていた。</p> <p>からゆきさんで知られた著者だが、私には『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>早春紀行』が浮かんだ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220808/20220808135554.jpg" width="270" height="384" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220808/20220808135623.jpg" width="270" height="384" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220809/20220809074040.jpg" width="266" height="377" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220808/20220808135646.jpg" width="252" height="370" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%C4%CC%DA%BF%B7%CC%E7">青木新門</a>氏</strong> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220808/20220808135840.jpg" width="1182" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>2022年8月7日㈰朝刊</p> <p>氏のFB「念仏広場」では、7月10日が</p> <div class="kvgmc6g5 cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x c1et5uql ii04i59q" style="overflow-wrap: break-word; margin: 0px; white-space: pre-wrap; font-family: 'Segoe UI Historic', 'Segoe UI', Helvetica, Arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; color: #050505; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div dir="auto" style="font-family: inherit; text-align: start;"> <blockquote> <div class="kvgmc6g5 cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x c1et5uql ii04i59q" style="overflow-wrap: break-word; margin: 0px; white-space: pre-wrap; font-family: 'Segoe UI Historic', 'Segoe UI', Helvetica, Arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; color: #050505; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div dir="auto" style="font-family: inherit; text-align: start;">念仏広場へ来られ、念仏しておられる方をう<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E4%A4%DE%A4%A4">やまい</a>おおきに喜んで「いいね」マークを付け合っておられる。</div> </div> <div class="cxmmr5t8 oygrvhab hcukyx3x c1et5uql o9v6fnle ii04i59q" style="overflow-wrap: break-word; margin: 0.5em 0px 0px; white-space: pre-wrap; font-family: 'Segoe UI Historic', 'Segoe UI', Helvetica, Arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; color: #050505; font-size: 15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div dir="auto" style="font-family: inherit; text-align: start;"> 他力の信心うるひとを うやまひおおきによろこべば すなはちわが親友ぞと 教主世尊(お釈迦様)はほめたまふ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a></div> </div> </blockquote> <p>と書いておられた後、</p> <p>11日から18日までは</p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a></p> </blockquote> <p>が続き、18日で終わっている。</p> <p> 合掌</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220808/20220808140009.jpg" width="256" height="369" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" style="color: #3d4245; font-family: -apple-system, BlinkMacSystemFont, 'Segoe UI', Helvetica, Arial, sans-serif; font-size: 16px;" /></p> </div> </div> <p><br /><br /><br /><br /></p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  9. 電気製品の基本のキ | 住職雑記 | 2022/08/06 11:34
    昨日の夕方からインターネットの調子が悪い。反応が異常に遅い。通信障害。文字情報は...
  10. 思惑外れ | 住職雑記 | 2022/08/05 23:59
    今日は立川で映画を観る予定だった。が、上映時間を確かめようと映画館のサイトを見る...
  11. 今回もがっかり | 住職雑記 | 2022/08/04 23:59
    曇。たまに少しの雨。気温は28度くらい。過ごしやすい。 昼食を全国チェーンのラー...
  12. 『マイ・スモール・ランド』、傑作。 | 住職雑記 | 2022/08/03 23:59
    早朝、暑さで目が覚めた。午前3時。こんな時間まで気温が下がらないのはこのあたりで...
  13. 初盆法要・盂蘭盆会永代経法要について | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/08/03 21:07
    初盆法要・盂蘭盆会永代経法要についてご質問がありましたのでお知らせ致します。 昨今、巽界隈においてコロナウィルスが蔓延していまして、定願寺の御門徒の方もコロナにかかったと複数の方から伺っております。 症状はほとんどの方が … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2022/08/03/%e5%88%9d%e7%9b%86%e6%b3%95%e8%a6%81%e3%83%bb%e7%9b%82%e8%98%ad%e7%9b%86%e4%bc%9a%e6%b0%b8%e4%bb%a3%e7%b5%8c%e6%b3%95%e8%a6%81%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  14. 教区ポスター配ってます! | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/08/03 14:55
    広報・出版部では慶讃法要準備委員会と連携して、慶讃法要&教化ポスターを制作いたしました。今年度は二種類のポスターを作っております。 ひとつめはこちらです。慶讃法要と教区の教化テーマであります「南無阿弥陀仏 人...
  15. 久しぶりの蜻蛉 | 住職雑記 | 2022/08/02 23:59
    境内に飛ぶ蜻蛉1匹。境内で蜻蛉を見たのは何年ぶりだろう。 八王子の某書店にて。そ...
  16. 朱鷺の里の句碑ー湖景山西光寺さん、千里浜なぎさドライブウェイ・万葉歌碑 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/08/02 11:53
    <p>8月31日(日)</p> <p>鹿島路西光寺さんに寄る。『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AF%C5%E7%B7%B4">鹿島郡</a>誌』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C23%C7%AF">昭和3年</a>刊)には</p> <blockquote> <p>寺伝に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>弥公の後裔 僧となり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%E4%CE%F1">延暦</a>年中<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0%B7%B4">羽咋郡</a>千石村に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%B8%C0%BD%A1">真言宗</a>西光寺を建てしが延慶3年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>に転じ 慶長年中さらに其の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a>に属せり。</p> <p>其の後金丸に来住し、天文七年復た今の地に転ぜりと</p> </blockquote> <p>とある。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802064544.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>西光寺さんの目の前は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%C0%FE">七尾線</a>。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C3%A3%BB%B3">宝達山</a>、邑知潟、邑知潟大橋を望む<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%CA%BE%A1%C3%CF">景勝地</a>に建つ。</p> <p>近くに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a>33観音巡礼札所第7番柳田<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F7%C0%F4%BB%FB">光泉寺</a>があり、そこの御詠歌は</p> <p>「補陀洛の風に浮世の雲晴れて、影澄み写る柳田の月」であり、</p> <p>邑知潟の景は観音浄土・補陀洛世界と意識されていたほどの絶景であったらしい。</p> <p>西光寺も比叡からの琵琶湖を想わせる「湖景山」であり、特に月澄み渡る光景の素晴らしさが想像される。</p> <p>この一帯の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>7ヶ寺の前身は泰澄建立の仏生山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%BF">天平</a>寺(観音寺)であり、金丸<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%BF">天平</a>寺は札所第18番になっている。『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>のたび』から引用する。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802090438.jpg" width="628" height="1006" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802090759.jpg" width="611" height="966" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802090542.jpg" width="617" height="1000" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>                  ※「ぶらりスケッチ」は上陽子氏執筆</p> <p>西光寺を含む金丸七坊は眉丈山にあった。秀麗な山なみには本州最後の朱鷺が生息していたことで知られる。</p> <p>この西光寺はまさに眉丈山系の中心地にあり、かつて12組<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>会の講師をしてたときここが会所だったので、境内を散策したとき朱鷺に関する句碑があったことが気になっていた。その時は草に碑が埋もれている印象で、朱鷺の句碑があっただけの記憶なのだけれど、この日は時間も充分あるので、じっくり碑を見ることが出来た。</p> <p>どなたがお詠みになったのかは、前<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B7%BC%E9">坊守</a>さんが調べておられたので、一応ではあるが対応させていただく。</p> <p>句碑の建つところは朱鷺塚といい、昭和49(1947)年3月31日、「蟻塔会(鹿島路句会)」の方々によって建てられた。</p> <p>私ごとではあるが、昭和49年は初任・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>工業高校3年目でその4月に宇出<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%B9%E2">津高</a>校に変わっており、間借り・下宿生活を終えた最後の記念すべき時だった。バブルの絶頂期に向かう頃で、碑が建てられたのも世の高揚期と関係しているのかも知れない。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>に生息する最後の朱鷺が捕獲され、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%B4%C5%CF">佐渡</a>に移送されたのは昭和45年1月のことだった(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のトキ』村本義雄著)。</p> <p>碑が建てられたのは、朱鷺の鳴き声が眉丈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CF%BC">山麓</a>に澄む人々の耳に残っている頃だったのだ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802064622.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>花吹ふき</p> <p>顔ふく</p> <p>朱鷺の 声しのぶ  </p> <p>  鹿秋(北野友次郎)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802064648.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>夢の鳥</p> <p>トキ棲み</p> <p>絶えて</p> <p>月 虚し  </p> <p>  紅果(塩田親雄)</p> <p>※「月」の文字が三日月となって句を照らしている。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802064714.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>その</p> <p>むかし</p> <p>朱鷺すむ</p> <p>山の</p> <p>松時雨</p> <p>     呂秋(備後徳次郎)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802064818.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 「朱鷺塚」 鐘楼手前</p> <p>   ※正確な、句の読み、作家との対応は今後に…。</p> <p> </p> <p><strong>千里浜なぎさドライブウェイ・万葉歌碑</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802065244.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 鹿島路へ向かう前に、なぎさドライブウェイによった。</p> <p>一時期、ゴミ捨て目印ぐらいに埋もれていた「万葉歌碑」が、奇麗に佇んでいるのを見て、しばし感傷にふけった。</p> <p>向こうの山は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の熊野とでもいうべき<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C3%A3%BB%B3">宝達山</a>。気多を始め<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C3%A3%BB%B3">宝達山</a>の遙拝地は多い。</p> <p> </p> <p>碑面 趣参気太神宮行海邊之時作歌一首<br />   辻乎路可良多太古要久禮婆波久比能海安佐奈藝思多理舩梶母我毛  家持</p> <p>   (志雄道から直越え来れば<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>の海 朝凪したり舟梶もがも)<br />側面   <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0%BB%D4">羽咋市</a>郷土研究会 昭和三十七年十一月建之</p> <p>  西仙関氏著『ふるさと紀行 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の家持歌碑めぐり』が詳しい。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802065312.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>車、釣り人、泳ぐ準備をしている人など周りは賑やか。だが、どうしても車種・NO等が写ってしまうので、海鳥の寄る来る渚、と鳥に代表してもらった。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802065353.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>鹿島路でのお話を終え、ズー―と気にしていた金丸~上棚道を車で走った。</p> <p>金丸<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%BF">天平</a>寺時代の修験の道だろうし、くねくねと細い道には古い時代の足跡もあるのだろうが、今となってはひたすら狭い一本道が延々と続くのみ。</p> <p>この道を走りたかったのは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0%BB%D4">羽咋市</a>白瀬豊財院の重<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%BB%B0">文三</a>観音(聖・馬頭・十一面)が</p> <p>上棚近くの矢駄<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%C6%B2">観音堂</a>から元禄元年に移っていることもあって、この山道を気にかけ続けていたのだが、</p> <p>今年50回忌を営んだ金丸から嫁いだ義理祖母の関係者を調べていて、祖母の妹が山道を越えた上棚に嫁いでいたことを知ったことが大きい。山を隔てていて遠いとはいえ、金丸・上棚は隣村なのだ。</p> <p> </p> <p>車の中は涼しいとは言え、日差しが強く日に焼ける。</p> <p>29日~31日のあちこち巡りは、ちょっとした脱水状態となり、</p> <p>疲れた。</p> <p> </p>
  17. 新木榮吉先生記念碑(芦城公園)、倶利伽羅、石の木塚、静照寺さん、(能美市ふるさと研修センター「さらい」)、仏御前の里、小矢部称名寺さん、氷見~羽咋 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/08/01 21:41
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801141600.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E6%CD%F8%B2%C0%CD%E5">倶利伽羅</a>の朝焼け 4時半。</p> <p>29日(土)。暑い中での定例勉強会を終え、30日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C8%FE%BB%D4">能美市</a>に向かうため、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E6%CD%F8%B2%C0%CD%E5">倶利伽羅</a>に宿を取った。宿舎から見た朝焼け。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801142235.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>かつて調査した根上町とも関係があるため、旧根上町を通るコースで小松に向かった。</p> <p>ここは石立・石の木塚。8時</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%CC%DA%B1%C9%B5%C8">新木栄吉</a>記念(顕彰)碑</strong></p> <p>10時半から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C8%FE%BB%D4">能美市</a>ふるさと研修センター「さらい」というところで用事があるのだが、早めに小松へ向かったのは、芦城公園内に、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%CC%DA%B1%C9%B5%C8">新木栄吉</a>」氏の碑があることを知っていて、一度は実物に会いたいと思い続けていたのを、この機会に実行するためだった。</p> <p>早く公園近くについたため、先ず車をどこに停めていいのか分からずあせり、なんとか公園に入ったのはいいが、ざーっと歩いてみても、パソコンで見た顕彰碑らしいものに出会えない。</p> <p>公園を歩いている人に、アラキエイキチさんの碑はどこにありますかと聞いても、そう広くはない公園なので、お探しになられたら、と親切におっしゃってくれるのだが案内板も無く途方に暮れてしまった。</p> <p>そこで、栄吉氏の姪御さんである元の教育長・矢原珠美子さんに電話し、場所を聞いた。</p> <p>何度も歩いた場所に、それはあり、記念碑のある築山に珪化木の案内があるのに、「新木」の「あ」もない。</p> <p>私が今まで出会った顕彰碑の概念を越えた顕彰碑だったのである。大きすぎて気づかないとでもいえばいいのか、次の写真の向こう側ブロックが全て「あらきえいきち」碑上部だったのである。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801142635.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801145725.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>矢原さんが教えて下さった、本陣記念館前の道路右の、最初の築山がこのあたりである。奥の方にコン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AF%A5%EA%A1%BC%A5%C8">クリート</a>ブロック、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EC%A5%EA%A1%BC%A5%D5">レリーフ</a>のような物が見える。</p> <p>側へ近づくと、次の3コーナーになっている「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%CC%DA%B1%C9%B5%C8">新木栄吉</a>近年碑」に出会えた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801142700.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>栄吉氏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EC%A5%EA%A1%BC%A5%D5">レリーフ</a>を中心に、右に「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%CC%DA%DC%C6%B5%C8">新木榮吉</a>先生記念碑」文、右は「昭和三十五年九月二十日」とある市の顕彰碑建設経緯?である。</p> <p>顕彰碑には次のように書いてある(墨が落ちているためよめないところがある)。</p> <blockquote> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%CC%DA%DC%C6%B5%C8">新木榮吉</a>先生記念碑</p> <p>  (四行略)</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%CC%DA%DC%C6%B5%C8">新木榮吉</a>先生は誠に斯の徳行の士の典</p> <p>型であった。先生は明治二十四年旧小松</p> <p>町に生まれた 大正五年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%C4%EB%B9%F1%C2%E7%B3%D8">東京帝国大学</a>を卒</p> <p>業して<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B6%E4%B9%D4">日本銀行</a>に入り 其の人物材幹は</p> <p>模範として 年と共に重きを加え幾</p> <p>多要職を歴任した後 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B6%E4%B9%D4%C1%ED%BA%DB">日本銀行総裁</a>に推さ</p> <p>れ 時あたかも戦後の紛乱に方り 日本財</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%AF%B7%D0">政経</a>済の収拾 肝謄を砕き 辞任の後東</p> <p>京電力の会長となり多難な斯界の経営幹施</p> <p>に當り其の後選ばれて戦後初代の駐米大</p> <p>使に任じ 其の徳風を以て米国朝野の信</p> <p>頼を集め 帰来再度<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B6%E4%B9%D4%C1%ED%BA%DB">日本銀行総裁</a>として</p> <p>終始日本経済の良心復興の柱石とも称</p> <p>せられる存在であった 其の景迎すべき</p> <p>生涯は昭和三十四年病を以て東京の私第</p> <p>に終った 世寿六十有七</p> <p> 先生は若くして已に長者の風格が有り</p> <p>身を持すること謹厳にして篤く道に志</p> <p>し 敬虔な宗教的信念を以て 祖国と同</p> <p>胞との為に献身的努力を竭し 而も終始</p> <p>謙虚で 清楚人を薫ずるものがあった</p> <p>誠ほど明らかなものはない 先生没後</p> <p>日ならすして先す郷堂より追慕の聲興り</p> <p>茲に是の生誕の地に記念の碑が建立せら</p> <p>れることになった</p> <p>太上は徳を立つという真理を深く後人に</p> <p>感悟させるものである</p> <p> 昭和三十五年九月二十日</p> <p>  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B6%E4%B9%D4%C1%ED%BA%DB">日本銀行総裁</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%BA%DD%C0%B5%C6%BB">山際正道</a>撰文</p> </blockquote> <p>※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%CC%DA%DC%C6%B5%C8">新木榮吉</a>の老後を描いたドキュメントエッセーに、妹・沖谷敏子著「葡萄」(小松<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B7%DD%BE%DE">文芸賞</a>受賞作品・昭和55年3月「小松文芸」28号・後、沖谷敏子句集『外套』平成8年所収がある。)</p> <p>※「敬虔な宗教的信念」ー元治元年(1864)年生まれの榮吉の母は、篤実な<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>だった。30日北板津組役員(能美・小松)さん対象の講題を「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>(御同行)に聞く」としており、前々から御同行のもとで育った「新木」さんの顕彰碑を実見したいと思って朝早く公園を訪ねたのだった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802124551.jpg" width="612" height="617" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>出典『石川県大百科事典』<br /><br /></p> <p>土室山静照寺(徳久町)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801221942.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>研修までにしばらく時間があったので付近を周遊した。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人由緒寺。<br /><br /></p> <p><strong>仏御前の里</strong></p> <p>講演後に、「五逆罪」関わりで話した「仏御前の里」を通って、鳥越近くでおいしくお弁当をいただいた。ともかく暑い。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801202752.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>常説教場・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%CC%F0%C9%F4%BB%D4">小矢部市</a>本町<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%CE%CC%BE%BB%FB">称名寺</a></strong></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>寺院(道場)の理想の一つを常説教場と考えている。お朝事にお勤めするご和讃について、毎朝よりかみ砕いてお話しする。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人はそのような日をお過ごしになったようで、「御一代記聞書」に、その様子が語られている。</p> <p>常説教場は金沢に13説教場が有り、最後の説教場が閉じられたのが平成8年頃だった。</p> <p>その後、毎日の説教を、金沢別院が引き継いでいたが、現在はどうなのだろう。</p> <p>常説教場を調べていた頃、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%CC%F0%C9%F4%BB%D4">小矢部市</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%CE%CC%BE%BB%FB">称名寺</a>が常説教場に近い働きをしている、ということを聞いたことがあった。</p> <p>31日には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0%BB%D4">羽咋市</a>に用事があり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>に宿舎を取っておいたので、小矢部の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%CE%CC%BE%BB%FB">称名寺</a>さんを見てこようと思っていたのを実行した。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%CC%F0%C9%F4%BB%D4">小矢部市</a>役所すぐ近くのお寺で、町中であるため、駐車場からお寺へ向かうまで、どっぷり汗をかき、多分に脱水状況だったのだろう。へばった。が、願いがかなって、勿体なかった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801212246.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%CC%F0%C9%F4%BB%D4">小矢部市</a>本町<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%CE%CC%BE%BB%FB">称名寺</a>さん。本町一帯は寺町で、寺院群の一帯だった。</p> <p>例年なら、7月終わりに、夏休みを兼ね<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EB%C3%BC">城端</a>、井波別院へお参りに行くので、小矢部小矢部へ出向いた、という気分。向拝彫刻も見事。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801212334.jpg" width="1200" height="846" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801212400.jpg" width="1200" height="751" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>高岡の友の家により、夕陽が奇麗な氷見~<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>道を走らせ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>の宿舎に入った。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801213106.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>31日朝焼け(4時半)。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C3%A3%BB%B3">宝達山</a>方面。<br /><br /><br /><br /><br /> </p>
  18. 2022年8月のことば | ことば こころのはな | 2022/08/01 12:45
    「陳謝 多謝」 こんにちは 西蓮寺副住職です。6月末に新型コロナウイルスに罹患し...
  19. 迷路 | 遊煩悩林 | 2022/08/01 11:22
    <p>オボンはいつからいつまでか。</p> <p>この時期のお寺へのお問合せあるある。</p> <p>常照寺では、基本的に7月15日から8月15日のひと月をその期間と申し上げております。</p> <p>お盆のお参りの日程は、お寺の一方的な都合。</p> <p>「初盆」は、土日・祝日のご希望に応じて7月初旬から週末毎のお参り。</p> <p>お盆の期間がやや膨張してきた感も。</p> <p>お盆はその時期的なことより、「何をもってお盆とするのかが肝要です」という持論で今年も。</p> <p>家族が集まったり、墓参りをしたり、お坊さんを招いたり、お寺に参ったり、火を焚いたり、提灯をぶら下げたり、花火をしたり・・・</p> <p>盆踊りだったり、施餓鬼だったり、精霊流しだったり・・・</p> <p>終戦記念日との絡みから戦没者の慰霊や鎮魂もということもお盆に重ね合わせることもあるかもしれません。</p> <p>常照寺では盂蘭盆会のお知らせに浄土真宗のお盆のガイドライン的なものを記してはいますが、みなよかれと思って、宗教的なことから商業的なことまで「おぼん」といってやっているわけです。</p> <p>何をやるのも自由なのだ。</p> <p>それは亡き人が阿弥陀の極楽国土においでになるから言えること。</p> <p>何をやってもいい。ただ。</p> <p>せっかく極楽国土においでの仏さまを「霊」にして呼び寄せようとしたり、「餓鬼」とよんで施してやろうとか、「魂」を鎮めて差し上げようとか。</p> <p>自己満足。傲慢。憍慢の悪衆生。</p> <p>極楽国土においでになるから、何をやってもバチはありませんが、笑って見護ってくださっておられるか、心配してくださっておられるか、その受け止め。</p> <p>一点確かめておかなければならないのは、極楽国土の仏さまのはたらきは、私たちが迷いの世界に生きているということを照らし出す、気づかせようとするはたらきだということ。</p> <p>いま「宗教」ということが問われている。</p> <p>いや「宗教団体」を問うて「宗教」は問うてないのか。</p> <p>私は何を信じるのか。何を疑うのか。</p> <p>真宗の仏教でいえば、誰から私の何を信じられていて、何を願われているか。</p> <p>都合の良いことも悪いことも、幸も不幸も人生ですが、亡き人の死後の世界を持ち出して不都合や不幸の因果とする発想。</p> <p>「亡き人は迷わず極楽国土におられる」というのも、その類だと受け止められれば自戒を込めなくてなりませんが。</p> <p>ただし「亡き人が迷うている」と言うのは、極楽浄土の教えからすれば、道理でない。</p> <p>極楽浄土の教えからすれば、それは道理に背く。</p> <p>迷うているのは亡き人でなく私。</p> <p>仏教において死は「苦」ですが、「不幸」ではない。</p> <p>苦をいかに受け止めるか。</p> <p>生老病死の道理。</p> <p>生まれたものは、老いて病んで死んでいく。</p> <p>諸行無常。これが道理ですが、いつまでも若く健康で長生きをしたいとすれば、それは願望ではあっても道理に背く煩悩にすぎない。</p> <p>物事の道理がわからない。それが迷信と。</p> <p>だけど、そんな煩悩によって自身の迷いということに気づかされ、道理を知っていくことになる。</p> <p>8月の掲示板に</p> <p style="padding-left: 40px;">成らぬことを 成ると信じることを 迷信という</p> <p style="padding-left: 40px;">鉢屋賢喜代</p> <p style="padding-left: 40px;">と書いた。</p> <p>迷信だからといって、何でも批判したり、排除したりすればいいというのではない。</p> <p>いくら排除しようとしても、迷いの中にしか生きられない。</p> <p>だからホトケさまがはたらくのだ。</p> <p>わかったようなことを言っていても迷路の中。</p> <p>みちのしるべを確かめてこそお盆がお盆となる。</p> <p>「しるべ」を変換したら「導」と出てきた。</p> <p>お盆は、亡き人の居場所を確かめることを通して、私の居場所を確かめる導き。そういう行事だと思う。</p> <p>毎年の慣習は、生き遺ったものが迷わぬように、いや堂々と迷っていくために阿弥陀の浄土においでになる仏さまの設えだ。</p>
  20. 夏ー春日中学校跡散策 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/08/01 09:10
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801063605.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>今年は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%B4%C6%FC%B9%C8">百日紅</a>の花開くのが早い。7月26日。これが5日後8月1日―すねわち今朝だけど猛暑によってこれだけ多く・深い赤になっている。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801065420.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801063654.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>私たちが学んだ春日中学校(緑丘中学校と統合し廃校)の運動場一帯に飯田小学校がある。校門近くまで行ったことはなかった。</p> <p>この彫刻の名は「敬愛」。野畠耕之介作。昭和49年(1974)3月制作の像で、1973年10月飯田小学校創立百周年記念と題名は合わないが、百周年記念に依頼し、作品が出来たのが翌年だったのだろう。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>の後始末と、古い本の整理を続けていて、1冊ごとにパラパラと捲っているのだが、春日中学校時代に使っていた音楽の副教材に校歌がみつかった。卒業アルバムも無く、名簿も存在せず、中学生時代は、記憶にしか残っていないのだけど、校歌が記録されいていたとはー小さな奇跡だ。</p> <p>応援歌「友よ立て」(♪春日春日春日…友よ立て)はよく歌ったので覚えていて、旗の振り方まで記憶しているが、校歌はふーんという感じだ。</p> <p>覚えにくそうな、中学生に取っては難しいのではないかと思える曲だし、作詞が川口久雄であることにも驚いた。</p> <p>はじめて名を知った「野畠耕之介」、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C1%CA%B8%B3%D8">漢文学</a>者で著名な川口久雄。氏は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%BB%FE%C3%E9">平時忠</a>の歌碑の指導もいておいでる。</p> <p>身近なところに文化があふれている、と感じたミニ散歩の朝だった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220801/20220801063719.jpg" width="656" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220802/20220802131439.jpg" width="474" height="656" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『日本列島の原風景1 山岳まんだらの世界』<br /><br /></p>
  21. (追記)第2組 聞法会「共に学ぶ正信偈」を開催しました | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/30 19:30
         7月23日(土)午後2時から、浪速区の唯専寺で第2組聞法会「共に学ぶ正信偈」が、組内の住職、寺族と門徒、推進員15名が参加して開催されました。  墨林浩組長(光照寺)の開会の挨拶...
  22. 南米で、歌を通して文化や言葉を伝える 日本人で僧侶の父、日系2世の母ブラジルで生まれ育った私   | 新・坊主日記 | 2022/07/28 07:30
    南米で、歌を通して文化や言葉を伝える 日本人で僧侶の父、日系2世の母ブラジルで生まれ育った私  楮本・浦部・恵美・エミリアさん 東本願寺同朋雑誌よりブラジルの僧侶恵美先生が東本願寺オフィシャル『同朋雑誌』に掲載されたので。それを転載します。ポルトガル語の翻訳はアプリを使って私がわかる範囲で訂正しました。 南米ブラジルに来て15年になりますが、ここ数年の間に本山が多くブラジルを取り上げてくれるのは嬉しいことです。私もブラジルに来たばかりの時は恵美先生のお父さんに「君のひいおじいさん泉原寛海さんが日
  23. 夏季法務休暇 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/07/26 08:00
    7月27日より29日は法務休暇となります。大変ご迷惑をお掛け致します。 合掌
  24. あゆみ通信 VOL.161 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/23 20:41
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第161号(2022年8月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼(暁烏敏「仏教入門」1910...
  25. 認識 | 坊主の家計簿 | 2022/07/22 17:33
    草木に全く興味のない私にとってはニラとスイセンどころか「草や、草。全部草や」。でも、草木に詳しい人にとっては、それぞれの名前で見分け出来るのだろう。佛教的には「ニラはニラであってニラでない。故にニラはニラだ」になるのだろう。移り行く中で自然と一...
  26. 2022年7月 | 慶運山 長源寺 | 2022/07/22 16:33
    雑行を棄てて本願に帰す  教行信証 「化身土巻」真宗聖典399頁   「雑行」とは我が力、自分の努力などを頼りとすることで、「正行」(お念仏の行)に対して言われる言葉です。 親鸞聖人は9歳から比叡山で一生懸命修 […]
  27. 暁天講座 | お寺の生活 | 2022/07/21 17:13
    明日は朝5時より、暁天講座です。是非お参りいくださいませ。
  28. 人倫の嘲りを恥じる真宗門徒 | 坊主の家計簿 | 2022/07/20 14:57
    眼前で死にゆく人たちを見捨てた親鸞。今日、そんな僧侶が居たらネットで晒されマスコミから袋叩きにあい、世間での居場所を無くすかも知れない。でも、無量寿に生きようとする親鸞は見捨てた。世間に迎合しない首が飛ぶ念佛。多種多様な価値観を認める、と言って...
  29. ブラタモリー「能登半島」ーなぜ能登の風景は人の心を打つのか?ー16日放映 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/07/16 22:01
    <p>午前中、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>被害の書庫の整理に書斎にいたら、ウグイスが奇麗な声で鳴いてるのを耳にした。</p> <p>部屋に帰るとき、初めて蝉の声を耳にした。</p> <p>昨日は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%CE%F1">新暦</a>のお盆。市年金者連盟の追悼会を3年ぶりに営んだのだが、本堂内陣の半ば落ちかかっている白壁の漆喰部分を急ぎ取り除き、外陣の壁の剥がれ落ちそうなところの参詣席を避けて参詣席を設けるなど、目に見えない準備も多く、暑さとでへばりがちになる。</p> <p>14日、すなわち一昨日だが、富山にいる幼なじみからメールが届き、今日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NHK">NHK</a>番組<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%E9%A5%BF%A5%E2%A5%EA">ブラタモリ</a>で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>を取り上げるから見なさいよとあった。</p> <p>調べると、旅のお題「なぜ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風景は人の心を打つのか?」を探る。とあって<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%CB%E7%C5%C4">千枚田</a>や揚浜塩田などを取り上げるらしい。</p> <p> 夜7時半から、見慣れた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の光景を、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%CF%C6%B0%E4%C0%D7">真脇遺跡</a>縄文館館長の高田氏(教え子なので高田君)や角花さん等が、軽妙に語り、案内していく。</p> <p>波並大敷の説明では、ウーーンと唸ってしまうくらい説得力があった。</p> <p> </p> <p>わたしも、四月に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NHK">NHK</a>の上坂ディレクターさんと、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の文化的歴史・民俗などを話し合っており、共通点もあるなぁーと見ていたら、終わりに私の名が出てきて、ディレクターさんの名も同じ。</p> <p>この番組を作っておいでたのかと、見終わってから知った。</p> <p>幼なじみのメールがなかったら、見ないで終わったかも知れない。</p> <p>一昨日、ディレクターさんから携帯に電話があったのだが、寺役中でかけ直したときは通ぜず、忙しい方だからとそのままにしていたのが、このことだったのだろうと納得している。</p> <p> </p> <p>それにしても、いい番組をみせていただいた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220716/20220716215921.jpg" width="486" height="505" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><br />この番組で案内役を担っていた高田氏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%CF%C6%B0%E4%C0%D7">真脇遺跡</a>縄文館に、6月9日に団体でたずね分かりやすい説明を受けている。その準備時のブログがこれだが、上坂ディレクターも様々な表情を持つ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の自然を選択するのにご苦労なさったことと思う。</p> <p>住んでいる者としてあらためて感謝申し上げます。</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2022%2F05%2F14%2F214716" title="内浦海岸散策ー比那〜宇出津 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2022/05/14/214716">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  30. 左右非対称 | 遊煩悩林 | 2022/07/15 10:43
    <p>とある会議の日程が延びて思いがけない時間ができた。</p> <p>境内の草でも抜こうかと。</p> <p>どうせ汗でびちゃびちゃになるくせに、雨が降ってきそうだからやめようか、とか。</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">浜までは海女も蓑きる時雨かな</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">滝野瓢水</p> <p> </p> <p>一昨日の「ご命日の集い」のお話のつづきを。</p> <p>常照寺の13日のご命日は「前住職のご命日」という位置づけなので、お内仏で勤行をしている。</p> <p>朝から総代、世話方、有志のご門徒方が境内、本堂、庫裡の清掃奉仕に汗を流してくださっている。</p> <p>さて、その日の新聞(『中日新聞』2022.7.13朝刊)に、先の選挙にふれて「広がる極右・陰謀論」の見出し。</p> <p>皆で語らいたく仏前に持参した。</p> <p>お内仏の経机に「正信偈」の赤本と新聞を重ねて置いて思い出したこと。</p> <p>在家仏教は、「赤本」と「新聞」のはざまに身をおく生活だと。</p> <p>たずねれば、かつて安田理深先生が曽我量深師を「赤表紙と、新聞の間に生きられた人である」と評された、と。</p> <p>「赤表紙」は『真宗聖典』、浄土の真実。</p> <p>「新聞」は、世の出来事。娑婆の現実。</p> <p>日常生活に起こってくる出来事を通してお念仏をいただいていく在家仏教徒の姿勢。</p> <p>「赤本と新聞」は、「仏壇とテレビ」といってもいいか。</p> <p>テレビの前に身を置く時間と、仏前に身を置く時間。</p> <p>「出家」は世事を離れて行を修める。</p> <p>「在家」は世事において行を修める。</p> <p>度を過ぎた修行は、度を過ぎた快楽と均し、と。</p> <p>釈迦のいう「中道」的な在り方に通じるか。</p> <p>ある政党は、この釈迦の「中道」精神を軸に結党されたと聞く。</p> <p>ご命日の感話に新聞を持ち込んだのは、前住職が若い頃に新聞社に身を置いていたことを意識しつつ。</p> <p>「極右が広がる」ことでその「中道」をどこに見出すのかという発題です。</p> <p>右側が極端に広がっているとすれば。</p> <p>球場のライト側がどんどん膨張していった時のレフト。</p> <p>もはやセンターがわからない球場で守備に付けと言われても、どこを守るのか。</p> <p>かくいう中道主義の政党も、もはや右中間か。</p> <p>アメリカのマイナーリーグでは、ヒットが出やすいように二塁後方を守備禁止エリアとすると。</p> <p>投手にとっては鬼のルール変更だ。</p> <p>常に中道をキープするというのは困難だ。</p> <p>ときと都合次第でこっちに寄ったりあっちに寄ったりしながら生きている。</p> <p>問われるのはそのバランス感覚。</p> <p>誰がそれを問うてくださるか。それを「宗」というのかと。</p> <p>赤表紙であり、仏壇の中身、本体だ。</p> <p> </p> <p>余談だが、同新聞に、参院選の結果を受けた政党交付金の試算が載っていたがどうもバランスが悪い。</p> <p>余談の方が関心度が高い。</p> <p> </p>
  31. 身の程知らず | 遊煩悩林 | 2022/07/14 18:30
    <p>「やらなくてはいけないこと」と「やりたいこと」に優先順位を奪われてテレビを見る時間が減った。</p> <p>そのくらいでちょうどいいのか。</p> <p>ふっと一息ついてテレビをつけると、他者の批判に明け暮れる。</p> <p>警備体制の甘さが云々、多額の献金が云々・・・。</p> <p>なぜ殺されたのかその真実を、と。</p> <p>事実は、容疑者を誰も止めることができなかったということと、被害者を誰も守ってやれなかったということ。</p> <p>「宗教」について、いま「のめりこむ」という表現が多用されていますが、宗教はのめりこむものではなく、少なからず「懺悔」「慚愧」を促すものだ。</p> <p>他者の批判に明け暮れする自己批判を思った。</p> <p>容疑者を「誰も」止めることができなかった、被害者を「誰も」守れなかったというときの「誰も」。</p> <p>この「誰も」に果たして自分はいるのかいないのか。</p> <p>警備をするのも、献金をするのも他人事か。</p> <p>少なからず、私は彼を止めることはできなかったし、彼の人を守ることもできなかったというのが真実だ。</p> <p> </p> <p>ようやく蝉の声が聞こえてきた昨日今日。</p> <p>昨日の「ご命日の集い」の感話で、</p> <p style="padding-left: 40px;">蟪蛄春秋を識らず 伊虫あに朱陽の節を知らんや</p> <p>の曇鸞大師のことばを引いた。</p> <p>蝉は春も秋も識らない、今が夏ということをいかに知ることができようか。</p> <p>よく「春も秋も知らないのだから夏も知らない」と。</p> <p>この時期、庭の草を抜いていると蝉の幼虫が地中から這い出した穴をみつける。</p> <p>いつから地中にいたのか私は知らないけど、実は蝉は知っているんじゃないかと思った。</p> <p>夏だ!今だ!と。</p> <p>曇鸞大師の「浄土論註」には、「蟪蛄春秋を識らず」のくだりに「知るものこれをいふのみ」と付してある。</p> <p>蝉が鳴くのを夏と、人間が知っているだけだ。</p> <p>知るか知らんかでいえば、蝉は「夏」を知らん。だけど身は知っていたのだ。</p> <p>学ぶべきは、身の程を知るということか。</p> <p> </p> <p>「第七波」といいつつ、「弔問」と「献花」が絶え間ないとテレビが言っている。</p> <p>弔問にいきたい、献花したいという思いを否定したいのではありません。</p> <p>ただ、国をあげて霊を鎮めようとか、真夏に墓でもないところに花を盛るような仕方については一人ひとりその表現を考えていくことはとても大切なことだと。</p> <p>他者を批判する風潮に流されて自己批判を忘れる。</p> <p>そもそも誰かを批判できるような私であったか。</p> <p>「ご命日」の感話は、まとまらないまま終わった。</p>
  32. いい汗かきました | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/14 08:21
    サマーキャンプ本番に向けて何度も下見を重ね、研修しています。全ては参加者の安心安全のためです。準備も最終段階へと入りました。皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
  33. 7月27日(水)定例法話 開催のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/13 15:26
    7月27日(水)13時30分より天満別院本堂にて定例法話が開催されます。 御講師には大阪教区第13組 即念寺 住職 洲﨑 善範 師にお越しいただきます。 皆様お誘い合わせのうえ、ご参拝くださいますようご案内申...
  34. 人権研修会を開催 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/12 21:51
    2022年7月11日午後2時より、大阪市天王寺区の光照寺(墨林浩住職)にて「第二組人権研修会」を開催しました。 新型コロナウイルス感染症予防のために過去2年間開催できず、今年は時期を遅らせての開催となりました...
  35. 21組 第40回 夏季仏教講座開催! その軌跡④ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/11 14:01
    2022年7月2日(土)、堺市堺区にあるフェニーチェ堺(旧堺市民会館)で21組主催、第40回夏季仏教講座が開催されました。 21組の38ヶ寺が合同で行う一大イベントであり、関わるスタッフも数十人に及びます。今...
  36. 箱の中身は…? | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/10 19:40
    「サマーキャンプ2022 in うじ」に向けてのリーダー研修会を行いました。 日程の確認や、参加してくれる子どもたちとの関わり方などを学んだり、現地での過ごし方の注意点などの確認を行いました。 それぞれに課題...
  37. 21組 第40回 夏季仏教講座開催! その軌跡③ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/10 12:21
    2022年7月2日(土)、堺市堺区にあるフェニーチェ堺(旧堺市民会館)で21組主催、第40回夏季仏教講座が開催されました。 21組の38ヶ寺が合同で行う一大イベントであり、関わるスタッフも数十人に及びます。今...
  38. ポスターの撮影をしました! | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/09 20:57
    先日、大阪教区のポスターの撮影を難波別院で行いました。親鸞聖人の御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要を広報するポスターとなります。ご覧のとおり、教区内の某住職が宗祖に扮して撮影。ただいまデザイナーさんのも...
  39. 21組 第40回 夏季仏教講座開催! その軌跡② | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/09 12:10
    2022年7月2日(土)、堺市堺区にあるフェニーチェ堺(旧堺市民会館)で21組主催、第40回夏季仏教講座が開催されました。 21組の38ヶ寺が合同で行う一大イベントであり、関わるスタッフも数十人に及びます。今...
  40. 人倫の嘲を恥じず | 坊主の家計簿 | 2022/07/08 19:43
    人知を離れた弥陀の浄土に倫理道徳などあるワケがなく、善人にならなくとも「生きていてイイよ」。でも、娑婆世間では倫理道徳が幅を利かし、善人には居場所を与えられ悪人は奪われる。だから「人が死んだら悲しみましょう」と善人の演技を極々自然にしてしまい、...
  41. 21組 第40回 夏季仏教講座開催! その軌跡① | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/08 12:09
    2022年7月2日(土)、堺市堺区にあるフェニーチェ堺(旧堺市民会館)で21組主催、第40回夏季仏教講座が開催されました。 2019年の夏頃から、計画された新会場における第40回の仏教講座は、コロナ禍により2...
  42. 永代祠堂経 二日目 | お寺の生活 | 2022/07/07 17:54
    今日もたくさんお参りいただきありがとうございました。
  43. 永代祠堂経 二日目 | お寺の生活 | 2022/07/07 07:46
    本日7日の午後2時より、永代祠堂経のお勤めがあります。皆様お誘い合わせてお参りください。
  44. 永代祠堂経 初日 | お寺の生活 | 2022/07/06 22:00
    今日も朝から蒸し暑い日になりましたが、皆さんようこそお参りくださいました。明日も午後2時からお参りくださいませ。
  45. 千田一郎(一路)氏 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/07/06 10:37
    <p>5日にご逝去なさった。92歳。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220706/20220706123726.jpg" width="717" height="350" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220706/20220706123752.jpg" width="353" height="415" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>冬季間冬の間、当家で下宿なさっており、お嬢さんも高校生時代、冬季間下宿していた。</p> <p>色んな思い出があるが、</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%BB%CA%BF%C0%B9%BF%EA%B5%AD">源平盛衰記</a>』に載る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%BB%FE%C3%E9">平時忠</a>の和歌を烏川上流、伝時忠子孫・則定家近くに建てる時、祖父がやはり平家子孫と伝える若山大坊脇田家出身の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%B8%FD%C0%C0%BB%D2">山口誓子</a>氏に揮ごうを依頼し、伝時忠歌碑を建立の中心になったのが千田さんだった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220706/20220706093544.jpg" width="1200" height="800" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%BB%FE%C3%E9">平時忠</a>歌</p> <p>白波の</p> <p>  打ち驚かす</p> <p>   岩の上に</p> <p>寝らえで</p> <p> 松の</p> <p>  幾夜</p> <p> 経ぬらん</p> <p>  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%B8%FD%C0%C0%BB%D2">山口誓子</a>書</p> </blockquote> <p>とある。</p> <p>『伝説とロマンの里ー北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』に、</p> <blockquote> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%BB%CA%BF%C0%B9%BF%EA%B5%AD">源平盛衰記</a>』によれば、時忠は「白波の打ち驚かす岩の上にねいらで松の幾夜経ぬらん」と詠んで都を偲んでいたが…</p> </blockquote> <p>と書いたように、「盛衰記」は「寝らえで」ではなく、「寝いらで」が一般なのである。</p> <p>千田さんは、そのことを気にしておられ、この歌を指示した著名な研究者(川口久雄氏)に聞いたところ、当時は「寝いる」という用法がなく「寝らゆ」なので、そうしたとのことだったそうだ。</p> <p>千田さんは、やはり納得ができないままだったようで、研究者の指示でこうしたのだと話しなさったので、書き留めておく。</p> <p>ちなみに、私が昭和54年(1979)に某大学の学術研究に加わって<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B0%C2">西安</a>に滞在したとき、通訳の方が、</p> <p>この先(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%D8%DF%EA">敦煌</a>方面)へいった日本人は3人しかいない。</p> <p>井上さんでしょう。平山さんでしょう。川口さんでしょう。</p> <p>と指折りながら語ってくれた。その川口さんが歌碑の指導をなさったのである。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%E6%BE%E5%CC%F7">井上靖</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%BB%B3%B0%EA%C9%D7">平山郁夫</a>と並ぶ人が、この歌碑に関わっていたのもすごい話だ。</p> <p>その時、千田さんとは、ほかで使われてなくても、盛衰記にありますよと盛衰記に従えばよかったのにね…と、ボトツキ合った気がする。</p> <p>その後、千田さんは大きな存在になっていき、取り巻きも多くなっていったが、このことから、ずーっと誠実そのものの人柄を思って今日まで来た。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220706/20220706192713.gif" width="1200" height="800" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><br /><br /></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2005%2F12%2F21%2F145416" title="外浦・千田一路氏宅へ - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"></cite></p> <p> </p> <p>参考 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%B8%FD%C0%C0%BB%D2">山口誓子</a>、寝らえで…などを使った授業試み</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2021%2F09%2F06%2F205102" title="国語科の授業改善と教材の開発-郷土資料の導入ー1988(昭和63)年 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2021/09/06/205102">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p>
  46. 第21組 第40回 夏季仏教講座 動画を配信しました。 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/05 18:14
    あらためて、第21組チャンネルに夏季仏教講座の動画を配信しました。 どうぞ、ご視聴ください。 前半 後半
  47. 永代祠堂経 | お寺の生活 | 2022/07/05 16:31
    7月6日と7日、午後2時から、永代祠堂経が勤まります。御門徒の方より綺麗なお花もいただき、早速荘厳しました。皆様お誘いあわせてお参りください。
  48. 夏の法要はじまります。 | つれづれ日誌 | 2022/07/04 23:19
    すでに決まっていることだからと、すぐに信じることはやめなさい。 多くの人が言っているからといって、信じることはやめなさい。 聖典に書かれているからといって、信じるのはやめなさい。 師や権力者が言ったからといって、信じるのはやめなさい。 長い...
  49. しゃらりん37/教区テーマに感じたこと | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/04 00:00
    テーマ趣旨文 教区テーマロゴダウンロード 藤園 惠(72) ある日の仏教テレホン相談でのことです。「恥ずかしいですが」と弱々しい声で話し始められました。四十代の男の方で、子どもの頃に受けた嫌がらせ、中学校での...
  50. 日曜日は子どもの集い | つれづれ日誌 | 2022/07/03 23:19
    9時から日曜学校。 今日もいつものメンバーです。 「この頃の日曜学校は楽しい」と言ってくれてありがたいです。 お話は釈尊の出家の動機ともいわれている『四門出遊』の物語。 ちょっと長かったけれど、じっと聞いてくれていましたよ。 子供の頃に耳に入...
  51. しゃらりん37/テーマ決定の経緯と願い | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/02 10:12
    インタビュー・テーマ決定の経緯と願い テーマ趣旨文 教区テーマロゴダウンロード このたびの『しゃらりん』は、テーマについて、いろいろな人のさまざまな意見を聞き、このテーマが私たちに何を語りかけているのかを主題...
  52. 第21組 夏季仏教講座 ライブ配信チャンネルの変更について | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/02 00:00
    夏季仏教講座のライブ配信を諸般の事情により、「SAIGANチャンネル」に変更します。ご視聴の方はチャンネルを移動してください。詳細は変更を下記お知らせ動画にてお知らせします。
  53. 2022年7月のことば | ことば こころのはな | 2022/07/01 19:03
    暑い 熱い 7月を迎えました。いかがお過ごしですか。「ご無理ありませんように[E...
  54. のびしろ | 遊煩悩林 | 2022/07/01 10:10
    <p>インターネット上に公開されている「お寺の掲示板」に、</p> <p style="padding-left: 40px;">子どもに迷惑をかけたと親が思っても</p> <p style="padding-left: 40px;">逆に親孝行できたと子どもは思うものだ</p> <p>という言葉を見かけた。</p> <p>なるほどそんなものかな、と直感的にネットの画像を保存。</p> <p>子として親にはさんざん迷惑をかけたという思いはありますが、「子どもに迷惑をかけた」という実感も「親に迷惑をかけられた」、また「親孝行した」感覚にも乏しい私。</p> <p>今は亡き両親が現れて、私の生活にあれこれ介入してくることになれば、経済的な面や、介護、看護という現実的負担、時間的制約が伴えば迷惑に感じるのかもしれません。</p> <p>現にいま、私に親が介入していることといえば、手を合わせるはたらきとしての「お育て」だ。</p> <p>娑婆の時間と、浄土の時間を同時的に過ごしている教えをいただいた今だからそう言ってられるのかもしれない。</p> <p>そもそも親子関係の娑婆的現実を「迷惑」だの「孝行」だの言い出したらキリがない。</p> <p>いつだったか、家族で焼肉を食べに行った。調子に乗って焼酎を1本飲み干したのはいいが、お店を出るなり歩けなくなった。</p> <p>寺まで500mほどだろうか。高校生の息子におんぶしてもらって帰ったことがある。</p> <p>うん。大した迷惑だ。</p> <p>だけどそれほど自覚がないのは、彼は彼なりに親の失態を楽しんでくれていたような気すらするのだ。</p> <p>おめでたい話。</p> <p>もし、そのまま道端で寝込んで警察のお世話にでもなったなら、少なからず大人としては「このたびはご迷惑をおかけして申し訳ございません」と、社会に対して口では言うのかもしれない。</p> <p>まあ、酔った父親をおんぶしたことを親孝行したとか、きっと彼も思っていないと思っている。</p> <p>もう20年も前になるが、90の齢を重ねて、緑内障の進行とともに、ほとんど視界がない祖母がたびたびトイレを汚した。</p> <p>時折、祖母の顔を見に来てくれる叔母たちが、私に「迷惑かけてごめんね」と労ってくれた。</p> <p>あれは迷惑だったのかと今でも思う。</p> <p>同居人としては、その場にいる人間が始末をするより他ないだけだ。</p> <p>少なくとも叔母たちからすれば、自分の母親の面倒を甥っ子にさせたということを言うのだろうが。</p> <p>子としては、親の失敗の後始末は迷惑行為に該当するのだろうか、と。</p> <p>ちなみに、長男のオムツは何度か換えたことがある。長女・次女になるとほぼ記憶にない。</p> <p>飼いネコの”おもらし”の始末はすべて妻がやっている。</p> <p>人にやらせているだけで、迷惑をかけることにもかけられることにも鈍感になっている自分が見えてくる。</p> <p>個人的な案件はとにかく。</p> <p>お寺では、お葬式やお墓やお仏壇、遺していかざるを得ない家財の処分について、「できるだけ子どもに迷惑をかけたくない」という声をよく耳にします。</p> <p>確かに看護や介護をはじめ、経済的・時間的な負担はできればかけたくない。</p> <p>だけどその延長に、葬儀を営み、墓に参り、親の家財を処分し、自分の家庭に仏壇を移して手を合わせる生活がはじまるとすれば。</p> <p>何が迷惑で何が孝行か。</p> <p>迷惑をかけていくのか、願いをかけていくのか。</p> <p>迷惑をかけられていたのか、願いをかけられていたのか。</p> <p>そんなことを思いながら、もとの掲示板の言葉をアレンジさせていただいた。</p> <p style="padding-left: 40px;">子どもには面倒をかけたくない</p> <p style="padding-left: 40px;">だがその面倒を親孝行という</p> <p>迷惑や面倒と孝行にはタイムラグがある。</p> <p>親と子の認識にもズレがある。</p> <p>できれば面倒はかけたくないが、その面倒をかけることでしか伝わらないことがある。</p> <p>もしかすると「面倒をかけたくない」は、現状において「スマン」と子どもに頭を下げたくないだけなのかもしれない。</p> <p>だけど、面倒をかけなくては生きておれない自分と、「スマンことだ」と子に頭が下がるとすれば、親もまだまだ人間的成長の”のびしろ”があるということだ。</p> <p>いま自分の足で風呂に入り、自分で用が足せたとしても、自分で棺に横たわり、自分の骨を自分で埋葬することなどできない。</p> <p>それらをサービスとする商いもある。</p> <p>支払うことによって子どもへの面倒を減らすつもりが、お金を使ってまでして孝行の芽を摘むことになるといっては言い過ぎか。</p> <p>酔っ払いの介抱は面倒でしかない。ネコの”おもらし”の始末も。</p> <p>そう思うと、申し訳のないことばかり。</p> <p>許されて許されて生きていたのだ。</p> <p>なるほど私には子としても親としてもまだまだ”のびしろ”があると思った。</p>
  55. 6・19地震後 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/07/01 05:50
    <p>19日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%CC%C5%D96%BC%E5">震度6弱</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>に見舞われた。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>には5強があった。</p> <p>19日は、頼まれていたお参りをし、その方にお手紙を書いているときの揺れで、ちょこちょこやってきていた群発とは違い、大きく長く複雑な揺れだったので、まず御本尊の様子を確かめるべく本堂へ向かおうとしたのだが、書斎の書棚が倒れていて足の踏み場もなく本堂へ向かえない―ところから騒動が始まった。</p> <p> </p> <p>話は飛ぶが、</p> <p>ブログをアップしなかったのは、片付けが続いていることもあるが、windows11にアップしたところ相性が悪く、ここまで打つのに3度も再起動されそのたびに長い間待たねばならず、暑さ、筋肉痛と相俟ってじれったさまで加わるので、起動するのを待つくらいなら被害箇所がどうなっているか見回る。そうこうしているうちに今日になった。</p> <p>それにしても熱い。</p> <p>30数度の暑さや夏そのものの雲を見ていると、この暑さだったら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BB%A5%DF">セミ</a>の鳴き声と調和する歌をハミングしながら、どこか暑さを楽しんでいる自分がいるのに、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%C0%BC%B1%C7%B2%E8">無声映画</a>の夏の気分だ。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220701/20220701051100.png" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>6月30日</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220701/20220701051235.jpg" width="908" height="605" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>隅田の花火というのだそうだ。6月27日</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220701/20220701051605.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>28日御命日朝。正面に消防署の防火用水がある。その周りの地盤が沈んでいたので地中がどうなっているのかはっきりするまで、立ち入り禁止にしてもらっている。それで、その奥の車庫への車出入りは禁止。棟の土が少し落ちているが、ずれていないので雨漏りは無し。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220701/20220701052527.png" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>自称書斎と別宅の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6">臥龍</a>文庫の書棚を数えたら68個あった。幅の広いのや天井までの括りつけもあるので、70個ととして平均300冊入るとして、少なくとも2万1千冊になる。寸暇を惜しんで、けいれんが起きそうになってもつい片付けになりそうなので、この間何度か会議などに出かけた。</p> <p>突っ張り棒が利いていたので、ほぼ充てて補強したが。硬いスチールなどは撤去し、低い位置に並べるのに越したことはない。本を積み上げる読書好きイメージとはおさらば。ただ、床に落ちた本が書棚に戻って元に近づくにつれ、夢の一つだった「古本屋さん」になっているような気がして、人知れずこころが弾んだ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220701/20220701060501.png" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%A5%C9%F4">織部</a>灯籠。これが倒れるのは2度目。あるのさえ忘れていたので、このままにしておく。</p> <p>それにしても日曜日の昼。近くの神社の鳥居も倒れたのに、ほとんどけがした人がいなかったのは、もったいないことだった。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220701/20220701054107.jpg" width="1200" height="502" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>この記事の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>住職は私のことのようで、この日、同朋会推進員勉強会の日だったので、「時鐘」にふれることもあるかも知れないと思い、念のため記者成りたての頃、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>支局にいて、今、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%C0%C0%E2%B0%D1%B0%F7">論説委員</a>になっている方に電話した。</p> <p> </p> <p>今日は地域によって盆の入り。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B3%A5%F3%A5%B4">コンゴ</a>ウ地帯の、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B3%A5%F3%A5%B4">コンゴ</a>ウ参りも復活し、3年ぶりにお話に出かける。</p>
  56. 約2年5カ月ぶりに合同聞法会 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/07/01 00:47
     6月25日、難波別院(南御堂)同朋会館で、組門徒会・組同朋の会推進連絡協議会(組推協)の合同聞法会が開催されました。コロナ禍で大勢が集まって聞法会を開くことが、しばらくの間は難しかったため、今回は実にほぼ2...
  57. 『生命の足音 大阪教区教化センター研究紀要38号』発刊のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/06/30 16:55
    大阪教区教化センターでは、年度末に研究紀要『生命の足音』を発行しています。 本日2022年6月30日付けで2021年度の研究紀要『生命の足音』38号が出る予定ですが、実はまだ印刷が上がっておらず、配本が遅れま...
  58. 教区基本テーマ&慶讃法要テーマが決定! | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/06/30 10:06
    宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要基本計画策定委員会において、教区の慶讃法要をお勤めするにあたっての基本方針を策定する中、「慶讃法要テーマについての小委員会」が設置され、教区慶讃テーマが「南...
  59. 第1回北河内ブロック研修会の報告と動画 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/06/29 20:23
    大阪教区北河内ブロックの第1回の研修会が、先日2022年6月3日(金)15:00~17:00、天満別院にて行われました。参加者は37名(うちオンライン聴講3名)でした。詳しい内容は下記PDFをご覧ください。 ...
  60. 慶讃法要締切間近です! | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/06/28 09:40
    定願寺です。定願寺門徒の皆様、親鸞聖人慶讃法要の締め切りが近づいております。来年の春の事ですが滅多にない特別な法要です。ご参加ご希望の方は定願寺までご連絡くださいますようよろしくお願い致します。残り僅かになっております。 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2022/06/28/%e6%85%b6%e8%ae%83%e6%b3%95%e8%a6%81%e7%b7%a0%e5%88%87%e9%96%93%e8%bf%91%e3%81%a7%e3%81%99%ef%bc%81/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  61. おとなの寺子屋講座 6月 | つれづれ日誌 | 2022/06/22 10:28
     毎月25日は法然上人・蓮如上人御命日定例法座。28日は親鸞聖人御命日定例法座が朝10;00から12;00まで勤まっています。 その中の25日の定例法座を『おとなの寺子屋講座』と銘打って2年ほど行ってきました。  当初予定の講座が終了し、仕切り直して再出発の予定...
  62. 暑くなってきました | お寺の生活 | 2022/06/21 08:32
    今日は夏至。一年で太陽が出ている時間が一番長い日ですね。北陸はすでに梅雨入りしてるようで、昨年は不作だった畑のブルーベリーが実をつけはじめました!今日も朝から蒸し暑い日になってますので熱中症にはくれぐれも注意しましょう。
  63. しんしんと 遠田のかはづ天に聞こゆる | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/06/17 15:12
    <p>8日に親戚の前<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B7%BC%E9">坊守</a>さんのお通夜にお参りした。</p> <p>通夜説教を聞いていると、シーンとした御堂にマイクの声と調和しあうように蛙の鳴き声が聞こえた。</p> <p>そのお寺はあえのことの田の神様画像もある田園地帯にあり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B7%BC%E9">坊守</a>さまを送るのに、いかにもカワズのネがふさわしく、遠田の蛙〜に聞こゆる…だったか、茂吉の歌の「死にたもう母」をはじめとする一連の歌を断片的に思い浮かべていた。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%BA%A4%A4">尊い</a>お話ではあったが、お説教の声がカワズの声に呼応しているように思われだし、私がこの場で語るなら、雨期の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C2%B8%E3">安吾</a>までも彼女からの贈り物として語るだろう、とあらぬことまで考えながら、又従兄の連れ合いだった方の89歳の御生涯を偲んだ。</p> <p> </p> <p>そして、昨日(16日)の夕刻、渡り廊下で小さな蛙がいる!の声で、のぞくとアマガエルが一匹いた。</p> <p>池がないのに、いつも、この時期になると蛙の声が聞こえる。</p> <p>昨夕は、アマガエル。一週間前のお通夜の蛙の声を思い出し、茂吉の歌を調べた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220617/20220617130837.jpg" width="415" height="335" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220617/20220617130854.jpg" width="753" height="573" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <ul style="list-style-image: url('/w/skins/Vector/resources/common/images/bullet-icon.svg?d4515'); margin: 0.3em 0px 0px 1.6em; padding: 0px; color: #202122; font-family: sans-serif; font-size: 15.104px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">死に近き母に添寢のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">のど赤き玄鳥(つばくらめ)ふたつ屋梁(はり)にゐて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%E2%C6%FD%BA%AC">垂乳根</a>の母は死にたまふなり(『赤光』)。</li> </ul> <p>歌集『赤光』は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%B7%D0">阿弥陀経</a>の「池中蓮華 大如車輪 青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光 微<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%E2">妙高</a>潔」の「赤光」ら名付けられている。</p> <p>極楽浄土の荘厳、金色の本堂内陣に仏の極楽での袈裟・豪華な七條袈裟に覆われてこの世の最後の夜を過ごされた前<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B7%BC%E9">坊守</a>さん。</p> <p>昨晩は3日に息を引き取られてから「ふたなのか(27日)」だった。</p> <p> </p> <p><strong>同じ在所にある「田の神さま」画像</strong>  </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220617/20220617151017.jpg" width="497" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2005%2F12%2F24%2F182045" title="「あえのこと」における「田の神」のイメージ - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"></cite></p> <p>これを読めば、場所をぼかしていたのにどこであるかがわかる。つい先日のできごとなので、とりあえずぼかしておいたのだ。時の流れは多くのことを報謝に変えていく。</p> <p>と、ここで、『日本<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>』を整理していたら、239号ー特集 日本<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>の研究動向(2000-2002)に由谷裕哉氏が書いているのを知った。読んでいくと、最後にここに書いた書物に触れておいでる。いまさらだが、2004年にちゃんと問題にされていたのだ。引用する。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220618/20220618084208.jpg" width="736" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220618/20220618084318.jpg" width="560" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>最後の最後に「西山に対しても、かなり無神経な形容を付しているのである(二五六頁)。」と私をとりあげてくださっている。遅きに失したが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CC%B1%C2%AF%B3%D8%B2%F1">日本民俗学会</a>から書評を依頼され、違うとか、失礼とか?の書き込みだらけで結局書評は書かない方が筆者のためだし、出版社のためだろうと仕舞い込んであった本を引っ張り出して、そのページを見た。そこには「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>家<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>は…」と書いてあった。</p> <p>四栁先生たちは「学徒」で、若き誰一人聞き取りをしていない本人は「ビジュアル系<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8%BC%D4">民俗学者</a>」だそうで、膨大なデーター分析を試み、高く評価している写真家の表紙に用いた写真は、アエノコトのやらせ写真である。</p> <p>根拠を書くと、当主が執行するアエノコトなのに表紙に用いられて著名な写真家の写真は主婦が執行し、当主はじめ家族は周りに正座している。この舞台は農村ではなく半農半漁の集落で、アエノコトの頃には当主は漁に出ていて主婦が当主代理として<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%B7%CE%E9">儀礼</a>をおこなう、いわば特殊なアエノコトの写真であり、そこに当主が写っているのは、晴れがましい舞台、著名な写真家に撮ってもらう記念すべき場なので加わったーそのような写真なのである。</p> <p> 時々、よく似たゴウマンな立ち位置からのいわゆる「学者」に出会うことがあるが、「愚昧の今案をかまえず」(「御伝鈔」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人のことば)、学ばせていただいている「愚昧」のわれらであることを、いついかなるときでも肝に銘じていきたいものだ。<iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2005%2F12%2F25%2F191824" title="田の神様・「あえのこと(アエノコト)」画像の謎 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2005/12/25/191824">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  64. 2022年6月 | 慶運山 長源寺 | 2022/06/17 13:56
    仏に出遇うということは  仏に背きつづけている私に出遇うということです。 藤元正樹   「帰国子女のボクサー崩れの若造に何ができる」 就職して間もない頃に言われた言葉です。   お寺の世界を知らなかっ […]
  65. 慶讃法要 東京教区お待ち受け大会 アーカイブ配信されています。 | ことば こころのはな | 2022/06/15 21:46
    2023年に「宗祖親鸞聖人 御誕生八百五十年 立教開宗八百年 慶讃法要」をお迎え...
  66. 移動のおしらせ | 気ままな日記 | 2022/06/12 17:52
    今日は移動のお知らせ。 このブログを運営しているところが閉鎖?されるようなので、 gooブログに移動します。ホームページのリンクは入れ替えました。 直接ここに来て下さっている方は ↓↓↓からどうぞよろしくおねがします。 https://blog.goo.ne.jp/kometaro1531
  67. 今日も日曜学校 | つれづれ日誌 | 2022/06/12 10:24
    今日も朝9時からお昼ごろまで日曜学校。 正信偈・ちかいのことば・御文・法話です。 楽しいと毎週来てくれます。 今日の ご法話は正信偈に出てくる曇鸞大師のお話。 「三蔵流支授浄教 焚焼仙経帰楽邦」 でした。皆よく聞いてくれました。 &nbsp;
  68. 更新 | 気ままな日記 | 2022/06/11 22:57
    今日はホームページを更新しました。 また、このブログも移動しなくてはいけなくなりました。 詳しくは後日です。 http://gangyouji.or.jp/
  69. おめでとう | 気ままな日記 | 2022/06/10 18:48
    堺のお寺仲間に新しい住職さんが誕生しました。 歳は自分と同級生になります。 おめでたいことです。 記念にと、 香合(お香を入れるもの)とお香を頂きました。 [画像]
  70. かわ | 気ままな日記 | 2022/06/09 19:10
    今日は朝から宇治まで行ってきました。 こんど11日にスタッフの皆を連れて行くんですが、 自分はまだ、一度も下見をしていなかったので、 それに先駆けて行ってきました。 ちょうど、2つの団体さんが来られていて、 各プログラムで、子ども達がどんな表情をするのか 少し観察することが出来たので良かったです。 当日に川遊びをする場所の写真が撮れたので1枚。 [画像]
  71. キリ番 | 気ままな日記 | 2022/06/08 12:17
    今日はバイクの走行距離が 70000キロになりました。 今のバイクは2012年の5月に購入したので およそ10年で70000キロということになりますね。 100000キロは乗りたいと思っているので あと4年〜5年ぐらいでしょうか? まだまだお世話になります。 [画像]
  72. 外壁塗装工事終了 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2022/06/08 10:20
    お久しぶりです。住職です。 LINEアプリのVOOMでは工事途中の報告をさせていただいていましたがこちらでは久しぶりの更新になります。 本日外壁塗装工事も終わり後は洗い屋さんによるタイル洗浄を残すのみとなりました。 今回 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2022/06/08/%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e7%b5%82%e4%ba%86/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  73. 日野西眞定さんと能登の教え子 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/06/08 09:11
    <header class="entry-header" style="box-sizing: border-box; display: block; position: relative; margin-bottom: 3em;"> <div> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220608/20220608090853.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>               真浦からの夕日 <span style="color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 16.15px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: center; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">2020年11月28日午後5時17分撮影</span></p> <p> </p> </div> <div class="date entry-date first" style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; font-size: 0.9rem;">昨日6月7日は小雨・風の中、小さな竹藪を枯れさせているツタ類を切り取った。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%BA%A5%E1%A5%D0%A5%C1">スズメバチ</a>が頭上で脅すので気を付けつつ枝を払っていくと最初の巣があって、取り除いたりしたのだが、その間に、幼馴染や、著書を注文した人など、いろんな方から電話があった。</div> <div>皆、動き出しているのだーの感慨を抱いているさなか、夕方になって日野西眞定さんの教え子だという人が訪ねてきた。</div> <div>名も顔も、いつのことだったかも覚えていないのだが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3%C2%E7%B3%D8">高野山大学</a>で教えておいでた日野西さんが曽々木に来て、自分の教え子が教育実習(だったと思うのだが)で母校に立っているのを激励においでた、その時学生だった人だ…と曽々木の浜とそこで手を振りあってお会いした日野西さんがバーッと浮かんだ。</div> <div> </div> <div>わたしも教員時代教務主任をした時代があり、相当数の教育実習生を引き受けたことがあるが、指導教授が、実習生を激励においでた記憶がない。</div> <div>(当時のブログによって、教育実習ではなく、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>に一度来て下さいと教え子に乞われ、アエノコトを見においでたのだった。ついでに、後に知り合った大谷大・石橋先生は、飯田高校で教育実習を行っていた生徒の激励に、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>に来ておいでた)</div> <div> </div> <div>日野西さんは私が大谷大に入った時、何年か上の学生だった。学生というにはお年を召しておられ、同級生の広岡君の話では、五来先生が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3%C2%E7%B3%D8">高野山大学</a>で教えておいでた頃からのお弟子で、五来先生が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3%C2%E7%B3%D8">高野山大学</a>の文献を読みつくしたのを機に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>に移られ、日野西氏はそのままついてこられて、院で学んでおられるのだという。</div> <div>院の何たるかを知らず、住職資格を取るために籍を置くことが出来た私にとっては、「お弟子」という初めて出会った人々は、どちらかというと口うるさく煙たい存在だった。</div> <div>その時の最長老が、一人の学生のために<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の先端までおいでたのである。</div> <div>その時、何と素晴らしい方なのだろうと、敬愛するお方になった。</div> <div> </div> <div>日野西さんについては、次の2008年3月13日のブログに書いた。 </div> <div class="date entry-date first" style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; font-size: 0.9rem;"> <blockquote> <div class="date entry-date first" style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; font-size: 0.9rem;"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/archive/2008/03/13" rel="nofollow" style="box-sizing: border-box; color: #6f8383; text-decoration: none; background-color: transparent;"><time style="box-sizing: border-box;" title="2008-03-13T01:08:45Z" datetime="2008-03-13T01:08:45Z"><span class="date-year" style="box-sizing: border-box;">2008</span><span class="hyphen" style="box-sizing: border-box;">-</span><span class="date-month" style="box-sizing: border-box;">03</span><span class="hyphen" style="box-sizing: border-box;">-</span><span class="date-day" style="box-sizing: border-box;">13 </span></time></a></div> <div class="date entry-date first" style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; font-size: 0.9rem;"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/archive/2008/03/13" rel="nofollow" style="box-sizing: border-box; color: #6f8383; text-decoration: none; background-color: transparent;"><time style="box-sizing: border-box;" title="2008-03-13T01:08:45Z" datetime="2008-03-13T01:08:45Z"><span class="date-day" style="box-sizing: border-box;"><strong>日野西眞定さん(師)から</strong></span></time></a></div> <div class="date entry-date first" style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; font-size: 0.9rem;"><header class="entry-header" style="box-sizing: border-box; display: block; position: relative; margin-bottom: 3em;"> <div class="entry-categories categories" style="box-sizing: border-box; margin-bottom: 2em;"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/archive/category/%E8%83%BD%E7%99%BB%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8B" class="entry-category-link category-能登を知る" style="box-sizing: border-box; color: #293030; text-decoration: none; background: #e9f0f2; display: inline-block; margin: 0px 0.3em 0px 0px; padding: 0px 10px; font-size: 12px;">能登を知る</a></div> <div class="entry-categories categories" style="box-sizing: border-box; margin-bottom: 2em;"><span style="font-size: 0.9rem;">金沢に一泊の用事があり、またもや部屋の斜め下を列車が通過する部屋があたり、</span><span style="font-size: 0.9rem;">寝不足気味ながら気の張る仕事を終えて帰ったところ、</span><span style="font-size: 0.9rem;">日野西さんから</span><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5%AF%A5%B9%A5%D1%A5%C3%A5%AF" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">エクスパック</a><span style="font-size: 0.9rem;">が届いていた。</span></div> </header> <div class="entry-content" style="box-sizing: border-box; line-height: 1.85;"> <div class="section" style="box-sizing: border-box;"> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080313094721" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20080313/20080313094721.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20080313094721j:image" title="f:id:umiyamabusi:20080313094721j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />本でもお出しになったのかな?<br style="box-sizing: border-box;" />それにしては少し薄いか、と思いながら、封を開くと、<br style="box-sizing: border-box;" />お手紙と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">高野山</a>関係の新聞二部、『大法輪』の今月号が入っていた。<br style="box-sizing: border-box;" />お手紙には、大法輪に書くよう依頼されて書いた文に「貴師の論を使わせてもらいましたので」送るとあり、<br style="box-sizing: border-box;" />「昨年7月以後は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%FC%A4%CE%B1%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">奥の院</a>維那から離れ、研究一本の生活」に戻られた旨が記されていた。<br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080313095049" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20080313/20080313095049.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20080313095049j:image" title="f:id:umiyamabusi:20080313095049j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />『大法輪』は父の代からずーっと取っている。<br style="box-sizing: border-box;" /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D1%A4%F3%C6%C9" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">積ん読</a>状態で、<br style="box-sizing: border-box;" />今月号も表紙を眺めただけで、まだ一度も開いていなかった。<br style="box-sizing: border-box;" />日野西さんが書いておいでることにも気づいていなかった。<br style="box-sizing: border-box;" />同じ雑誌が二冊あるのはどうしてか、そのうち訳が分からなくなるのは必定なので、<br style="box-sizing: border-box;" />書き留めておかねば…と書きだした。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />引用なさったのは次の箇所である。<br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080313095146" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20080313/20080313095146.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20080313095146j:image" title="f:id:umiyamabusi:20080313095146j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080313095143" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20080313/20080313095143.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20080313095143j:image" title="f:id:umiyamabusi:20080313095143j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" />恩師の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">五来重</a>先生、<br style="box-sizing: border-box;" />大先輩の日野西さん、<br style="box-sizing: border-box;" />ちょっと先輩の浜田さん、<br style="box-sizing: border-box;" />それに私が同じページに並んでいる<br style="box-sizing: border-box;" />その時代の仲間がいたら、想い出にひたり切りになりそうになるページ設定だが…<br style="box-sizing: border-box;" />それはおいておいて(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">蓮如</a>上人は歴代の数え方によって八世、七世があるが、私の所属する<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">大谷派</a>では八世なので書き換えた)。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />日野西さんが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">高野山</a>奥之院(現在は「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%FC%A4%CE%B1%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">奥の院</a>」を使っているようだ)の「維那」という役職に就かれているのは、賀状などで知ってはいたが、<br style="box-sizing: border-box;" />入定中の(入滅ではない)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%B0%CB%A1%C2%E7%BB%D5" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">弘法大師</a>に、人に知られることなくお仕えしておいでるのだろう…ぐらいの認識だった。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">民俗学</a>会でもお会いしたし、この前の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CC%B1%C2%AF%B3%D8%B2%F1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">日本民俗学会</a>でもお会いしたような気がする。<br style="box-sizing: border-box;" />だから、どんなことをしておいでるのか、お聞きすることもなかった。<br style="box-sizing: border-box;" />読み方も分からない。<br style="box-sizing: border-box;" />でも、ここでも「前」の維那になっているし、気になった。インターネットでさがした。<br style="box-sizing: border-box;" />ユイナと読む。<br style="box-sizing: border-box;" />そして、次の記事のような、<br style="box-sizing: border-box;" />私の知らない日野西さんがあらわれた。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080313101151" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20080313/20080313101151.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20080313101151j:image" title="f:id:umiyamabusi:20080313101151j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" />昨日の日付はスキャナーに取りこんだ日付で、写真及び以下の記事は、佐藤弘弥さんのブログ早春の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">高野山</a>」2007年1月27日撮影から転載させていただいた。<br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080313193143" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20080313/20080313193143.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20080313193143j:image" title="f:id:umiyamabusi:20080313193143j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" />そして、2006年9月13日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E8%C6%FC%BF%B7%CA%B9" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">毎日新聞</a>の記事の引用。<br style="box-sizing: border-box;" />さらに「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%B9%E4%CA%F7%BB%FB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">金剛峯寺</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%FC%A4%CE%B1%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">奥の院</a>・日野西真定維那に面会したコーヘン大使とバース参事官」という写真まであるではないか。<br style="box-sizing: border-box;" />大変なお仕事についておられたのだ。<br style="box-sizing: border-box;" />ご苦労様でした、としかいいようがない。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />同封されていた新聞には、「鎌八幡」の行事を書いておられる。<br style="box-sizing: border-box;" /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%DB%CB%AC%BF%C0%BC%D2" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">諏訪神社</a>「鎌祭り」と同様の行事のようである。<br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080313164823" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20080313/20080313164823.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20080313164823j:image" title="f:id:umiyamabusi:20080313164823j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" />このページ(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">高野山</a>の文化「巡寺八幡について」の3ページ目「霊峰館だより」第86号、昭和20年3月4日刊)に、加能民俗にお書きになった小倉学氏の説を紹介されておいでる。<br style="box-sizing: border-box;" />しっかりした研究報告は、このように、論を知る人を通して紹介され、伝わっていく。<br style="box-sizing: border-box;" />そんなことも思った。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />もう一部は「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">高野山</a>教報」1419号にのるもので、<br style="box-sizing: border-box;" />ここには「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">高野山</a>各院の門前に祀られる「手水鉢」と「手水桶」」を書いておられる。<br style="box-sizing: border-box;" />研究一筋とおっしゃる、まさに。一筋の世界が伝わってくる。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />日野西さんに触れたついでに、手元にある著書。<br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080313170704" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20080313/20080313170704.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20080313170704j:image" title="f:id:umiyamabusi:20080313170704j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080313170701" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20080313/20080313170701.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20080313170701j:image" title="f:id:umiyamabusi:20080313170701j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%B0%CB%A1%C2%E7%BB%D5" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">弘法大師</a>信仰』は買ったが、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">高野山</a>民俗誌「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%FC%A4%CE%B1%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">奥の院</a>編」』はいただいたはずだった。<br style="box-sizing: border-box;" />どういう形で頂いたのかは覚えていないが、ともかくいただいたのだ。<br style="box-sizing: border-box;" />スキャナー読み取ったあと、表紙をめくると<br style="box-sizing: border-box;" />「平成六年(1994年2月9日)アエノコト(あえのこと)調査 日野西氏より受贈」とメモ書きしてある。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />日野西さんと「あえのこと」を見に行っている?<br style="box-sizing: border-box;" /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>に日野西さんがきていった?<br style="box-sizing: border-box;" />(記憶欠落はここまできている)。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />どこの「あえのこと」だか覚えていないが、日野西さんが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>においでた背景をジワジワと思い出した。<br style="box-sizing: border-box;" />氏が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3%C2%E7%B3%D8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">高野山大学</a>の教授時代、町野高校から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3%C2%E7%B3%D8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">高野山大学</a>に行った学生がいた。<br style="box-sizing: border-box;" />ただひとりの学生に対しても、日野西さんはすごく大切にしておいでた。<br style="box-sizing: border-box;" />それが、彼が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>に来てくださいという願いに応えての調査行だったのだ。<br style="box-sizing: border-box;" />その時、ちょっとだけお会いした、そんなことを思い出しだ。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />さらに、<br style="box-sizing: border-box;" />あれは、曽々木の海岸近くだった。<br style="box-sizing: border-box;" />あの時、その学生も、その母親もいた。<br style="box-sizing: border-box;" />願いに応えて先生がきてくれた。<br style="box-sizing: border-box;" />嬉しくてたまらない、といったふうで、興奮していた学生の様子が<br style="box-sizing: border-box;" />ぼやーと、今蘇っている。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />学問、教育者、維那、いずれにも真剣に向き合ってこられ、その延長上に、83歳になっておいでる今も益々学問に情熱を注いでおられる。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />人生そのものの誠実さが、報告書や研究成果の行間を補い、時にはにじみ出てくる。<br style="box-sizing: border-box;" />研究されてこられた報告が次々と世に出ることを願わずにはおれない。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />稀有な先達から届いた、春の便りだった。</p> </div> </div> </div> </blockquote> <p> </p> </div> <div class="date entry-date first" style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; font-size: 0.9rem;"> <p>思い違いもあるが、教え子の願いに応えられたことには違いがない。</p> <p>私は、2018年4月に 『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>千代尼』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%C2%A2%B4%DB">法蔵館</a>)出版のお礼を兼ね、念願だった京都から福知山・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%C4%C5">宮津</a>を旅した。</p> <p>その時、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%DC%C4%C5">宮津</a>からさらに日野西さんの自坊である<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%AD%B2%AC%BB%D4">豊岡市</a>西光寺へ行って、師の生きた地を歩き、2年前の3月に還帰なさった師を偲びたいと思ったのだが、何日も旅できる身ではなくーというより1日でも歩くのに難儀する身となっていたので、思うだけだけだったのだ…。</p> <p>などなど、曽々木出身のk君(氏?)が訪ねてきてくれた縁で、色んなことが偲ばれた。</p> <p> </p> <p>k君が訪ねてきたのは、彼らは真浦地区で「現代集落LAB」というサロンをやっていて、そこの関係者に対して、話をしてくれないかということだった。</p> <p> 日野西さんの縁だ。喜んで協力します。</p> <p> </p> <p><strong>真浦光景</strong></p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2021%2F01%2F31%2F213129" title="能登を知るー逢坂~真浦~曽々木 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"></cite><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2010%2F09%2F24%2F231419" title="珠洲・鳳至郡境文書と現地【珠洲市】【能登町】 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"></cite></p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2017%2F03%2F07%2F083202" title="朋、遠方(スイス)より来たる。2005(平成17)年10月9日ー再掲ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"></cite></p> </div> </header>
  74. ウメ | 気ままな日記 | 2022/06/07 22:43
    今日は大量のウメを採りました。 今年もバケツにして7杯分ぐらい。。。 まぁウチのウメは大きいので、 それほどの数ではないかもしれませんが。。。 近所の方々にお分けしています。 [画像]
  75. 法語カレンダー(真宗教団連合)6月-”あたりまえだ”と言うて まだ不足を言うて生きている(松扉哲雄師) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/06/06 15:53
    <p>2015年に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教区第2組の住職研修の講師をした折、松扉哲雄(1919〜1999)師のお寺・明円寺さんの後継の方にお会いした。松扉師との出会い・いきさつは貼り付けた過去記事「簡単にいうと―松扉哲雄さんとの再会ー」に書いたとおりだが、その日をきっかけに、松扉さんのお寺を訪ね、師の蔵書に触れるのを楽しみにしてきた。</p> <p>その師のことばが、今月の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CF%C3">法話</a>カレンダーを飾っている。</p> <p>師と師の環境をある程度知っているのだから、今月27日の「同朋会推進員会」で話さない手はない。</p> <p>法語はどこで語られ、その後の背景に何があるのかを知らないと、私たちよりはるかに広く深い経験や学びから紡ぎだされている「法語」を誤解したまま、分かったような気分で受け止めてしまうかもしれない。</p> <p>そうしないためには、できるだけ松扉師を知り、できればこの言葉が紡がれた背景(著書があるなら著書を読む)を知らなければならない。</p> <p>勉強会まで日があるので、じっくり松扉師の著書を読むことにしよう。</p> <p>と、ブログの過去記事を見ると、</p> <p>松扉さん世界を知りたくて集めた著書が、少なくとも「簡単に言うと…」に8冊、哲雄師と願いを受け継がれたご子息・博ご夫妻が師の世界を次々に書籍になさった「自知叢書」など12冊、合わせて手元に20冊もの御著書があることがわかった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220605/20220605054707.jpg" width="523" height="1049" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220605/20220605054804.jpg" width="436" height="874" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>            <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>10派</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2015%2F06%2F21%2F103402" title="簡単にいうとー松扉哲雄さんとの再開ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2015/06/21/103402"> </a></cite></p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2019%2F06%2F18%2F101459" title="松扉哲雄師『自知叢書』シリーズ - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe></p> <p>これだけの御著書があり、これ以外に私の手元にないものあるだろうし、この「”あたりまえだ”と言うて まだ不足を…」を著書群から見つけ出すのは至難だろう。</p> <p>まあ、27日の勉強会近くまで松扉さんワールドを楽しもう、ぐらいのゆっくりした気分で著書を繙こうぐらいの気持ちで、手元の著書を取りそろえ、松扉さんに電話して法語カレンダーにお義父さんの言葉が載っていますねーと思い出を語り合った。</p> <p> </p> <p>流石!というべきか、松扉さんは、あの言葉は初期の本に載っているじゃないのかな?</p> <p>『深く生きる』かも知れない、とおっしゃったので、メモを取りながらじっくり読んでいった。</p> <p>すると、東野義雄先生が松扉さんの自坊・明円寺においでになったとき話された「九十歳を過ぎた老夫婦の思い出」話を受けて、お書きになった言葉だったのである。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220605/20220605055226.jpg" width="281" height="400" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>     ※50ページに載っている。</p> <p>『深く生きる』はもう手に入らないだろうから、ページを追って登場する人々・書物などを挙げておく。</p> <p>法語の背景を味わいたい。</p> <p> </p> <p>五十がらみの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>の父ちゃん 4</p> <p>善導 『往生礼讃』「日没無常偈」 8</p> <p>中国のお百姓さん 7</p> <p>東昇先生 西元宗助先生 池山栄吉先生「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E4%C2%D0%C2%BE%CE%CF">絶対他力</a>と体験」 11</p> <p>六歳で『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%BF%AE%D0%F5">正信偈</a>』、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%B7%D0">阿弥陀経</a>』 12</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%AD%BF%C3%BD%A8%B5%C8">豊臣秀吉</a> 辞世の和歌 15</p> <p>『出遊経』『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%C5%C1%C2%E7%C2%A2%B7%D0">南伝大蔵経</a>』 17</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%C6%EF%BD%E7%BC%A1%CF%BA">高楠順次郎</a>先生 17</p> <p>自殺なさった老人の手記 21</p> <p>『法句経』 22</p> <p>孫兵衛というおじいちゃん 23</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%C2%F4%CB%FE%C7%B7">清沢満之</a>全集』 30 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%C2%F4%CB%FE%C7%B7">清沢満之</a>先生 30 147 『我が信念』 79 149 </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E8%C6%FC%BF%B7%CA%B9">毎日新聞</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%C0%C0%E2%B0%D1%B0%F7">論説委員</a>をなさっておる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%B6%B6%B5%C1%C9%D7">高橋義夫</a>という方 31</p> <p>『沈黙は雷の如し』『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%DD%CB%E0%B7%D0">維摩経</a>』 32</p> <p>お釈迦さま 33</p> <p>ハイデッカー 34 123</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%C1%FC%CB%F6%CF%C2%BB%BE">正像末和讃</a>』 39、40、43</p> <p>高光一也先生 41、43</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%A3%C5%EC%B8%F7">今東光</a>という人 45</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%B5%B0%E6%BE%A1%B0%EC%CF%BA">亀井勝一郎</a>『愛の無常』 45</p> <p>『大経』 48</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%AB%BF%BF%C2%E7%BB%D5">見真大師</a> 48</p> <p>東井義雄先生 49 「支えられてわたしが」57 72 『根を養えば樹は自ら育つ』 76、88</p> <p>九十歳過ぎの老夫婦 49</p> <p>&lt;“あたりまえだ”と言うて、まだ不足を言うて生きている&gt; 50</p> <p>五十からみの母ちゃん 52</p> <p>『小経和讃』 66</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>』 67 第九章 143</p> <p>戦争で主人を亡くしたカアちゃん 69</p> <p>花田正夫先生 『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>―私の身読記-』 71</p> <p>曽我先生 78</p> <p>平沢興先生 85</p> <p>荒井(良)先生『胎児の環境としての母体』 91</p> <p>「ねえおとうさん」(不明) 92</p> <p>六十五、六歳のおばあちゃん 101</p> <p>仲使いさん 105</p> <p>昭和二十年女学生三年生であったお方(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%EF%C7%FA">被爆</a>者) 110</p> <p>九条武子夫人 短歌3首 112 122 123</p> <p>ヘルマンヘッセ 114</p> <p>石井完一郎先生 『青年の生と死の間』 115</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%B9%B8%E7%B6%F5">孫悟空</a> 121</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%B0%DD%C0%B9">平維盛</a>という方 和歌 123</p> <p>わたし達の先生 124</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%DE%F3%C2">曇鸞</a>さま 124</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%C5%C4%BC%C2">小田実</a>という小説家 『宗教を現代に問う』三冊目対談 126</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%B5%A2%B0%CD">三帰依</a>文』 129</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%BB%B8%B5">道元</a>禅師 131</p> <p>『人間成就』「さようなら」作文 十六歳の女の子 132、134</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%B8%AB%BD%E7">高見順</a>というお方 『死の淵より』 139</p> <p>『末燈鈔』第十二章 142</p> <p>米沢先生 150</p> <p>金子大榮師 159</p> <p> ※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人は多いので省略</p> <p> </p> <p><br /><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/06/18/101459"> </a></cite></p> <p> </p>
  76. 長崎の伝統 | つれづれ日誌 | 2022/06/06 10:45
    この写真も何十年か経てば、あの人もこの人も・・・・。 というふうになるのでしょうか・・・。  長崎組の秋安居(しゅあんご)が開筵(かいえん)いたしました。コロナウイルス感染症が拡大した影響で2年間お休みしておりましたが今年は少々プログラムを変更し...
  77. はつ | 気ままな日記 | 2022/06/05 17:09
    今日は初めてこのカップヌードルを食べました。 すこし濃厚な感じはしましたが、自分の中では すごく美味しかったです。 ごちそうさまでした。 [画像]
  78. すたば | 気ままな日記 | 2022/06/04 19:08
    今日は南御堂にて『初参式』がお勤めされました。 2年飛びましたので、3年ぶりの開催でした。 そのせいか、16人の子どもさんが、お参りされました。 本当にありがたいことです。 おめでとうございます。 帰りのは、前々から気になっていた、 メロン味のをいただきました。 ごちそうさまでした。 [画像]
  79. 抜き刷り整理 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/06/04 09:20
    <p>ようやく「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>」の執筆者ごとに整理できそうなところに近づいてきて、</p> <p>執筆者氏名に従い、行ごとに積んでいった。</p> <p>次に県外、県内ごとに分けたところで、気分転換に一旦雑誌・文庫・新書分類へ。</p> <p> </p> <p>話は変わり、5月26日、27日に蕗畑の蕗を刈っていただいた。</p> <p>春先に蕗畑のツルを徹底的に抜いていたので、蕗を刈った後の蔓がなくなり、代わりにその場所に茗荷が成りだした。</p> <p>次の写真は蕗畑ではないのだが、茗荷に赤い花が!</p> <p>と一瞬思ったので撮った。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220604/20220604070828.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2021%2F11%2F09%2F064834" title="茗荷が赤い実を付けた - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><span style="font-size: 16px;">すぐこのあたりに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E8%A5%E8%D0">茱萸</a>の木があることに気づき目線を送ると実が成っている。</span></cite></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E8%A5%E8%D0">茱萸</a>が茗荷の上に落ちたのだ。</p> <p>それにしても季節の移ろいのはやいこと。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="茱萸(グミ)"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220604/20220604074315.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E8%A5%E8%D0">茱萸</a>(グミ)</figcaption> </figure> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a></strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220604/20220604074713.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>調査をしだしたころは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>を貰ったり渡したりする人とはどんな人なのだろうと思っていたものだった。</p> <p>父の机に「宮本正尊」氏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>があるのを見たのが最初だった、と思う。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220604/20220604085019.jpg" width="290" height="409" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>どうして?どんな人?と聞いたのだが、答えは得られなかったままだ。</p> <p>多分、父親は、「(いつものようにサトシは)どこかへもっていって無くしてしまう」と思っていたのだろう。</p> <p> </p> <p>それにしても、ずいぶん頂いたものだ。</p> <p> </p> <p>ところで、一方私の方はというと、</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>史に関わったおかげで、書いた部分の別刷りを何冊かいただいた。</p> <p>昭和53年3月刊とあるから、私が31歳、宇出<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%B9%E2">津高</a>校で3年生を担任していたころだ。</p> <p>そのときは、へー!こういうのがもらえるのだと思った程度だったの記憶なのだが、どうすればいいかわからず、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%BB%CB%B3%D8">国史学</a>会があったおり、五来先生と佐々木孝正さんに、こんなの書いた…とお渡しした(ような気がする)。</p> <p>その時、横に父の学生時代助手だった関係で最初に大谷関係で挨拶した藤島先生がおいでたのに、余分がなくて差し上げられず、気まずい思いをズーーと引きずった。</p> <p>市史では個別寺院史の一部も書いたのだが、これは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B4%A1%BC%A5%B9%A5%C8%A5%E9%A5%A4%A5%BF%A1%BC">ゴーストライター</a>(?)扱いで名が乗らず、従って<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>はない。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220604/20220604090413.jpg" width="290" height="409" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>その後、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>をいただくと、お返しを続けていたが、</p> <p>私自身が研究職ではないのに…の思いが抜けず、在野の民俗仲間が徐々に去っていく頃、私も<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>を作ることを辞めた。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>を作らなかった「論」の最初が2003年『宗教民俗研究第13号』に書いた「天神として祀られた藩主ー加賀・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%BF%C0%BF%AE%B6%C4">天神信仰</a>ー」である。</p> <p>これは、私としてはまあまあ書けた内容だったので、惜しい気もしたが、徐々に、静かにこうような世界から退いていったはずだった。のに、それから、数えで20年経った。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220604/20220604091642.jpg" width="288" height="410" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220604/20220604091703.jpg" width="288" height="410" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>こちらは、この4月にいただいた松崎憲三さんの「長野県下の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C0%B1%E0%BA%D7">祇園祭</a>りー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%C5%E7%BF%C0%BC%D2">津島神社</a>系を中心にー」(「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%C7%BB">信濃</a>」第74巻第3号)。</p> <p> </p> <p>ある程度の整理が終わる日がくれば、次に進めるだろう。</p>
  80. 一番好きなもの | 坊主の家計簿 | 2022/06/03 15:29
    一番好きなもの 関本理恵(18歳)私は高速道路が好きです私はスモッグで汚れた風が好きです 私は魚の死んでいる海が好きです私はごみでいっぱいの町が好きです殺人 詐欺 自動車事放が好きそして 何より好きなのは多数の人が涙を流す血を流す戦争が大好きで...
  81. たいさんぼく | 気ままな日記 | 2022/06/03 13:09
    今日は初めて、たいさんぼく、の花を身近で見ました。 ホントに手に届くところに咲いていたのです。 今まで、こんなことは一度も無かったので、 嬉しかったですね。 [画像]
  82. 真宗ヒューマニズム私論 | 坊主の家計簿 | 2022/06/03 03:14
    漠然としたヒューマニズムを「助け合う事が(真の)人間だ」というイデオロギーと仮定するならば「助ける者」は素晴らしく、「助けられる者」は「(真の)人間ではない」事になる。故に「海外で著名な活躍をされた中村さんのような素晴らしい人が殺されるなんて…」と...
  83. しぜん | 気ままな日記 | 2022/06/02 00:08
    今日は少しの時間を利用して 自然豊かな土地へ。 ここはホントにゆっくり癒やされるところ。 ってなことで場所は内緒ですが。 緑が眩しいですね。 [画像]
  84. 2022年6月のことば | ことば こころのはな | 2022/06/01 16:37
    2022年6月を迎えました。コロナ、ウクライナ侵攻、値上げラッシュ等々々、報道で...
  85. 憐愍 | 遊煩悩林 | 2022/06/01 12:00
    <p>岡山県津山市で行われた「美作騒擾百五十回忌法要」に参列させていただいた。</p> <p>「美作騒擾」は、明治の初め1873年5月26日から6月1日にかけて起こった一揆。</p> <p>今から19年前に、はじめてこの地を訪れ、一揆のなかで起きた虐殺事件を知った。</p> <p>そして改めて2年前にこの地を訪ねて学んだ。</p> <p>その内容が、しんらん交流館のホームページに掲載されている『同関協だより』に記されています。</p> <p style="text-align: right;">『同関協だより』第60号<br /><a title="" href="https://jodo-shinshu.info/wp-content/themes/shinran/img/detail/kaisui/pdf/douseki_60.pdf" target="_blank" rel="noopener">https://jodo-shinshu.info/wp-content/themes/shinran/img/detail/kaisui/pdf/douseki_60.pdf</a></p> <p style="text-align: left;">今回は学習の場でなく、法要の場。</p> <p style="text-align: left;">新政府の政策に反対した3万人もの民衆が起こした一揆のなかで命を奪われた方々の150回忌。</p> <p style="text-align: left;">虐殺された18名の方々から、これまでに学んだことを問われる法要でした。</p> <p style="text-align: left;">学んで終わりでなく、学んだことをどのように受け止め、いかなる態度でお参りするのか。</p> <p>被害に遭われた方々の法名を前に、その縁者の方々と。</p> <p>そして殺害されたおひとりおひとりに法名を授け、葬儀を営んだお寺の今のご住職らのお参りの列に加えていただく場を通して、間違いなく私は被害者でなく加害者の側にいると思った。</p> <p>翌日に開催された「美作騒擾150年追悼の集い」の案内には、「弾圧した側ほかも合わせると死者は合計46人」と。</p> <p>加害者のうち直接殺害に加わった15名は斬首刑、関連死を含め46名が死亡したという。</p> <p>加害側の残虐性が深く問われる事件ですが、民衆を加害に駆り立てたものは何なのか。</p> <p>法要後に開かれたシンポジウムで、『民衆暴力』の著者である早稲田大学の藤野裕子さんのお話を伺った。</p> <p style="padding-left: 120px; text-align: right;">中公新書<br /><a title="" href="https://www.chuko.co.jp/shinsho/2020/08/102605.html" target="_blank" rel="noopener">https://www.chuko.co.jp/shinsho/2020/08/102605.html</a></p> <p>民衆の暴力性と政治(国家)権力における民衆への暴力性の関連について、興味深く聞かせていただいた。</p> <p>差別と暴力を生み出しているのは誰なのか、と考えさせられる。</p> <p>いつも加害側を責める立場に身を置こうとする私の善人性。</p> <p>だけどいかに善人のふりをしていても、差別と暴力から離れることのない加害性を持っている。</p> <p>差別と暴力という地獄は、自由と平等が同時的に成り立つ世界を見失っている者がこの世に作り出しているのだ。</p> <p>「騒擾」から150年、私はいま、作り出していることにも、見失っていることにも気づかずに過ごしているのか、と。</p> <p>念仏すれども浄土を見失い、地獄を作り出すことにそうとも知らずに加担している私。</p> <p>どれだけ歴史が語られても、差別性と暴力性から離れられない我らに、憐れみと悲しみをもって願われていることを深く刻み、聞き歩んでいかなければならない必要を思った。</p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px; text-align: center;">地獄はない しかし作り出している</p> <p style="padding-left: 40px; text-align: center;">浄土はある しかし見失っている</p> <p> </p> <p>どこかでふれたことば。</p> <p>悲しみを共有したく今月の掲示板。</p>
  86. 笹波高瀬宮ー石神、弁慶石、寄り神石など | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/05/28 13:02
    <p>29日(日)西勝寺同朋婦人会研修旅行をおこなう。</p> <p>その案を作ってから、下見に出かけたのが9日(月)で、「内浦海岸散策-比那〜宇出津」と題して、このブログに乗せた。この時、久しぶりに宇出津天呑の宮跡の巨石を見たこともあって、3月16日の河原恵里香さんのFBで知った富来笹波高瀬宮の巨石を見ようと思い続けていたのを、翌日・10日に実行した。</p> <p>最初の予定では、9日に笹波まで行くはずだったのだが、長いこと運転していなかったために疲れたので、運転慣れもしなければと考え翌日にしたのだ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528044635.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2022%2F05%2F14%2F214716" title="内浦海岸散策ー比那〜宇出津 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2022/05/14/214716">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><strong>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C9%F4%C3%CF%CA%FD">中部地方</a>の石の民俗』</strong>昭和61年2月5日 明玄書房刊</p> <p>石にはちょっとしたこだわりがある。というのも、38年前に『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C9%F4%C3%CF%CA%FD">中部地方</a>の石の民俗』で「石川県の石の民俗」を書いたことがあり、その後の市町村史でも、伝説を書く折には「石」に触れてきたこともあったので、県内の著名な石はほとんど知っていると思い込んでいたのに、「高瀬宮と石」については河原さんのFBに出会うまで全く知らなかったのである。</p> <p>その時の写真を見る限り、かなりの山中にあるのだろうと思った。河原さんに連れて行ってもらうのが最良なのだろうが、天呑の宮石の記憶がはっきりしている間に比較してみようとの思いも捨てがたく、向かったのだった。</p> <p>各地の石神を拝した経験から、山奥にあるのだろうと笹波奥地をめぐり、集落に近づいたところで鳥居に出会った。</p> <p>富来町史によれば祭神は大已貴命なので、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BF%CC">地震</a>石のある<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0%BB%D4">羽咋市</a>寺家の大穴持像石神社と同様の役割を担っていた石神だったのだろう。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528064130.jpg" width="310" height="424" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>その他の由緒「石」</strong></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C9%F4%C3%CF%CA%FD">中部地方</a>の石の民俗』には6葉の写真を使った。原稿手書きの頃である。写真も貴重で、一か所に一枚しか撮らなかった。</p> <p>いつか当時の写真も整理し分類できればいいと思いつつ、</p> <p>パソコンに取り込んでいる「石」の写真を一部紹介する。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528064812.jpg" width="1200" height="797" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>弁慶谷から移してきた「弁慶石」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%B2%CF%C6%E2">北河内</a>)。碑文・府玻美智子氏</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528065545.jpg" width="1200" height="800" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%EA%BF%E5%C4%AE">穴水町</a>鹿島 弁慶雨乞い石</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528065648.jpg" width="1200" height="748" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>同上。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>(2004年8月27日)に載せた写真。私が手を伸ばして石の大きさを示している。当時は身長が169センチ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528123654.jpg" width="1200" height="800" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>江曽練が谷内の弁慶石</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528123825.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a>史に少しかかわった時に見たと記憶するのだが…。キャプションに浄養寺・巨石とある。?</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528124157.jpg" width="1037" height="692" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>弁慶手の跡石とあるが、これも?</p> <p>撮影した2014年7月29日は加賀石立などへ出向いている。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528124551.jpg" width="1200" height="800" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>ついでに。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C1%B7%D0">義経</a>が矢で岩を射抜いたとの伝説や、岩倉比古神が寄った岩とも伝わる曽々木窓岩。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528124856.jpg" width="1200" height="800" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>麒山麟麟和尚像。</p> <p>いつからこの像が安置されているのだろう。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528125218.jpg" width="800" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>狭石滝津神社</p> <p> </p> <p> </p> <p>天呑宮跡から始まった石巡り…。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220528/20220528125806.jpg" width="534" height="750" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>資料ができた。</p>
  87. 2022年4月・5月 | 慶運山 長源寺 | 2022/05/26 14:20
    おかげさまのどまんなか 東井義雄   ご門徒の皆様を初め、内陣・外陣の法中様方、親類、家族、多くのお参りの皆様のおかげで無事、宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要兼蓮如上人500回御遠忌法要が円成いたしました。 何事 […]
  88. おとなの寺子屋講座 再始動です! | つれづれ日誌 | 2022/05/24 17:14
     約2年ほどお休みしておりました『おとなの寺子屋講座』を5月から再開いたしました。  私たち真宗門徒が日頃から親しんでいる『正信偈』。このうたには一体どんなことが書かれているのでしょうか。 今回から正信偈をみなさんと一緒に学んでいきたいと思い...
  89. 孫のニコラスと光るおもちゃの犬 | 新・坊主日記 | 2022/05/24 05:43
    孫のニコラスが時々遊びにきます。今日はおもちゃの犬を買ってもらったようです。でも、おもちゃよりお寺でお参りする方が楽しいみたいです。家に本物の犬がいますからね。でっかいドーベルマンです。please subscribe to my channelInscreva-se no canal Por favor!↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓https://goo.gl/iVwh85SMSもやっています(^^) フォロー大歓迎です。➡Bloggerブログ https://www.b
  90. 何が遺るか | 遊煩悩林 | 2022/05/22 12:13
    <p> </p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/19/d7/9f28ad9a22572170d94ea55fb51fd16e.png" /></p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">何かを持っていくことはできなくても</p> <p style="padding-left: 40px;">何かを遺していくことはできる</p> <p>昨年の優さんの法話から。</p> <p>この言葉から見えてきたのは、この世の値打ちが通用しない世界に、何かを持っていこうとしている私の生き方。</p> <p>そして遺していくのは、この世の何かを浄土に持ち込もうともがいている私の姿。</p> <p style="padding-left: 40px;">花は 花は 花は咲く</p> <p style="padding-left: 40px;">いつか生まれる君に</p> <p style="padding-left: 40px;">花は 花は 花は咲く</p> <p style="padding-left: 40px;">私は何を残しただろう</p> <p style="padding-left: 40px;">花は咲く♪</p> <p>のフレーズがよぎる。</p> <p>浄土に生まれるような生き方になっているか。</p> <p>ご参詣をお待ちしていおります。</p>
  91. 鳥越城散策ー5月19日(木) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/05/20 16:15
    <p> </p> <p>10時半からの用事まで、若干の時間があったので、緑さわやかな鳥越城を訪ねたくなり、久しぶりに行ってきた。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="登口"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520143041.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">登口</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="ここから750メートル"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520143135.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸まで750メートル</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="鶴来方面?ー私は海のかなたの立山、白山方面が高い山があるため、小さな頃からそちらが北方向だと思い込んできた。能登が南、加賀は北と地図上とは反対方角が身に染みてしまっているのである。帰って写真・地図を何度も見直し照らし合わせ、どうも写真の方向が鶴来・金沢方向らしい…とまでたどり着いたのだが、???なので、キャプションを鶴来?にしておいた。や"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520143353.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">鶴来方面?ー私は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の内浦沿いの町・飯田に住んでいるため、物心ついたころから、海のかなたの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>、ぐるりとつながっているらしい白山方向が「北」なのだと思い込んでいた。<br />雪を冠っている<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>と北国=雪がストレートに結びつき<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>は南、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>・加賀は北、と地図上とは反対方向感覚が身に染みついてしまっているのである。<br />家に帰ってから、写真・地図を何度も見直し・照らし合わせ、どうも写真の方向が鶴来・金沢方向らしい…とまでたどり着いたのだが、それでも???なので、キャプションを「鶴来方面?」にしておいた。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="駐車場から"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520144400.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">駐車場から</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="鳥越中学校?"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520144615.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">駐車場から<br /><br /></figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="駐車場"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520145035.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">駐車場</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="一揆敗れて山河ありー碑"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520145123.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%D9%E4">一揆</a>敗れて山河ありー碑</figcaption> </figure> <p>家に帰り、写真を取り込みながら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>史に、5月19日と関わる出来事がないか、お三方(笠原、井上、北西)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>の研究を繙いてみようか、別に論文を書くわけでもないのだからそうまでしなくてもいいか…。</p> <p>講義などの導入に利用しているノートから、5月19日に還帰なさった方はいないか?を見たが空欄。祥月5月に限らず19日御命日のかたは?とみると(敬称略)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D0%C7%A1">覚如</a>上人・金光寿郎(1月)、安田理深・植木徹誠(2月)、中村久子(3月)、川合隼雄(7月)、笠<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B6%B0%EC%C3%CB">原一男</a>(8月)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%B2%AC%BB%D2%B5%AC">正岡子規</a>・高梨一美(9月)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%CE%D3%B0%EC%C3%E3">小林一茶</a>(11月)と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%EF%A3%A1%B9%A4%BF%A4%EB">錚々たる</a>方々の名があった。</p> <p>一応頭において、碑の向かって左横の「讃」を撮ってきたので見てみると、何と「平成二年」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>五百年記念」「題字 笠<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B6%B0%EC%C3%CB">原一男</a>」とあるではないか。</p> <p>お三方で最初に『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>の研究』を著された、19日が御命日の笠<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B6%B0%EC%C3%CB">原一男</a>先生がこの碑にかかわっておいでたのである。</p> <p>題字とあるから台石の3分の2ほどにある「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%D9%E4">一揆</a>敗れて山河あり」が氏の字なのだろうか。この年は、75歳のはずだ。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="讃"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520152606.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">讃</figcaption> </figure> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520152633.jpg" width="417" height="494" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>参考までにお三方の『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>の研究』、ちなみに、笠原本・昭和37年6月30日刊、井上本・昭和43年3月30日刊、北西本・昭和56年2月28日刊である。同じタイトルの本が3冊もあることは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%D9%E4">一揆</a>500年ごろ話題になったものだったが、私が面識のあるのは北西先生だけである。あとお二方は研究会で話を聞くということもなかったと思う。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="後二の丸"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520153830.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">後二の丸</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="第三の丸"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520153906.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">第三の丸</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="後二の丸"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154002.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">後二の丸</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸を望む"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154034.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸を望む</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="手取川対岸の棚田が綺麗"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154116.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EA%BC%E8%C0%EE">手取川</a>対岸の棚田が綺麗</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="枡形門"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154427.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">枡形門</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="枡形門"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154643.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">枡形門</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸門ー迂回用階段"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154710.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸門ー迂回用階段</figcaption> </figure> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154839.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸跡"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520154918.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸跡</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸門"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155029.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸門</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸側から"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155253.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸側から</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本丸説明"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155101.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本丸説明</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="棚列"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155339.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">棚列</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="井戸跡"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155403.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">井戸跡</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="清掃なさっていた関係者"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520155436.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">清掃なさっていた関係者</figcaption> </figure> <p>この時10時ごろ。こういう方の淡々とした手入れがあって綺麗なのだなぁと思いながら</p> <p>鳥越城跡を後にし、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%BB%B3%BB%D4">白山市</a>の目的地に向かった。</p> <p>緑の香り、鳥の声</p> <p> </p> <p><strong>今日・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>朝刊。</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220520/20220520160334.jpg" width="766" height="306" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>こういうことだ。それにしても、「碑」といい、鳥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>の生徒たちが草刈りを通して郷土の文化に触れあう記念すべき日に、同じ場所を散策していたとは…。</p> <p> </p> <p>昨日、挨拶を交わした上の写真の方とかと思ったが、お会いした方は長靴を履いておられたので、記事写真の人とは違う方である。</p>
  92. 庭のツツジ | お寺の生活 | 2022/05/16 09:48
    今の時期は庭のツツジが綺麗ですが、雨が降るとすぐに散ってしまいます。北陸の多雨の気候はツツジにはなかなか厳しいですね。
  93. 内浦海岸散策ー比那〜宇出津 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/05/14 21:47
    <p>月末に、同朋婦人会の人々を案内するため、散策コースを作ってみた。</p> <p>現状はどうなっているのか、9日(月)に訪ねてみた。</p> <p><strong>比那の海ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B9%D4">西行</a>法師・松島見仏上人出会いの地</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064330.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『撰集抄』巻3 第一 松嶋上人事</p> <p>『伝説とロマンの里ー北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化-』第一章 ゆかりの人々 8<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B9%D4">西行</a>法師、伝説の風景⑪</p> <p>伝説とロマンの里⑪ 見仏上人・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B9%D4">西行</a>法師出会いあの地ー布浦・比那ー(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BB%BA%C3%CF%BE%C3">地産地消</a>文化情報誌<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>Vol12 2013July) <br /><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220511/20220511045923.jpg" width="1200" height="800" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><strong>きりこ橋</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512074809.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>九里川尻川にかかる。こう見えて高さは23.8mある。</p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%CE%BE%D6">芭蕉</a>句碑 白丸宮崎公園</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064441.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第4章12 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%CE%BE%D6">芭蕉</a>句碑</p> <p>靏の巣も見らるる花の[欠]</p> <p>富来住凡内民山、寛政甲寅(1794)初夏</p> <p> </p> <p><strong>昔の舟小屋 </strong>長尾海岸</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512065032.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>長尾の海辺に道路がついてから、住居と舟小屋が並んで建つ景色が見えて、楽しみだった。</p> <p>今度通った時、昨年春からのわずかの間に、倒壊している舟小屋が目立って、寂しかった。</p> <p>舟小屋が並ぶ海辺は、代表的な「里海」風景だろうが、まもなく見ることが出来なくなるのかもしれない。</p> <p><strong>蓬莱島 </strong>越坂より</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064549.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第5章 自然景観、往来、産業、文化 3九十九湾、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%DB%C5%B7%C5%E7">弁天島</a>、島々</p> <p> </p> <p>弘法榧</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064637.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第一章 ゆかりの人々 6-5弘法榧・豆殻太鼓</p> <p>マイクロバスを停めることが出来るか…?</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%AB">イカ</a>の駅つくモール</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064712.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>九十九湾は、私たちにとってはクラゲだ。学生時代近くでキャンプをし、湾を泳いだ時、クラゲの群れをかき分けかき分けなければならず、泳いだ気がしなかった。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%AB">イカ</a>は漁は小木を代表する船団。高校の同級生(小木中出身)も<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AC%BC%BC">根室</a>に嫁いでいる。</p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%CF%C6%B0%E4%C0%D7">真脇遺跡</a>縄文館</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064750.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>月曜は休館日だが、高田秀樹館長は仕事をなさっており、いろいろお話ができた。狼煙・横山の石の話になり、縄文石器原石を見せてくださった。</p> <p>仏石(こぶり石)もそうだという。七尾のお寺で江戸期に手に入れたという同石を見たとき、硬くて黒い石だったので<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>山や三崎で取れるやわらかい石とは違ったものがあるのだなぁ、と感心したことがあったが、ひょっとしたらあれが石器原石の一つだったのかも知れない。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512130019.jpg" width="420" height="259" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>写真右「横山真脇石」、左「大福寺の石(糸巻き石)」(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%CF%C6%B0%E4%C0%D7">真脇遺跡</a>2010』)</p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第五章自然景観、往来、産業、文化 12火打ち(燧)石、鉄砲石、木の葉石</p> <p> </p> <p><strong>鷹王山上日寺 </strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064815.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『能都町史』第三巻(昭和57年刊)で「個別寺院誌」を担当した折、そのあとも上日寺を何度か訪ねた。</p> <p>参道に信号があって、青の時だけ通れるので話題になっていた。</p> <p>今も信号があるのか近くへ行ってみた。写真のようにちゃんとある。近づくと青に変わった。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064833.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>あの頃はパブリカに乗っていて、山門をそんなに気にせず通ったはずだ。</p> <p>今乗っている<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D7%A5%EA%A5%A6%A5%B9">プリウス</a>では通れそうもなく、一所懸命バックした。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%B9%E6">山号</a>・鷹王山は上日寺開基・百合若大臣と鷹にまつわる伝説による名であるが、「高尾」でもあるのだろう。</p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第四章 17百合若伝説</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512064907.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>仁王門前のお地蔵さんたち</p> <p>真脇には鷹王山上日寺(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3%BF%BF%B8%C0%BD%A1">高野山真言宗</a>)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%D4%B4%F0">行基</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%BF%B7">山新</a>善行寺(浄土宗)、七村山長願寺(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>)の由緒寺がある。</p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a>ポケットパーク</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512065139.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第五章 6 さまざまな岩、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220514/20220514132242.jpg" width="538" height="359" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>内浦なので、夕日は山に沈むのだが、周りの山が低いのと内海が広いので、あたかも外浦のような夕景に出会える(2009年12月24日撮影)。</p> <p> </p> <p><strong>遠島山 天の羽衣(小浦・羽根)</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512065207.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>天の羽衣伝説のある<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%DB%C5%B7%C5%E7">弁天島</a>付近の景観を楽しもうと思ったのだが、6月一杯道路工事で片側通行となっていて、通過するしかない。ここから振り返ってもその場所を見ることはできない。</p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第四章 16 田ノ浦の天女</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BB%BA%C3%CF%BE%C3">地産地消</a>文化情報誌 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>』34号 伝説の風景㉝ 天女の羽衣ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>・田ノ浦海岸ー</p> <p><strong>天呑の宮(石瀬比古神社)跡</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220512/20220512070148.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『伝説とロマンの里-北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化ー』第二章 4 内浦の寄り神<br />にはこう書いた。</p> <blockquote> <p>宇出津酒垂の宮は、祭神が、酒樽に乗って磯に寄りつかれた神だったので、酒樽の宮とも酒樽明神ともいう。</p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>志徴』が引用する「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>誌」には、この酒垂の地の端に岩山に、もと三宅小三郎の城内にあった宮を移した「天呑の宮があり、その社地へ登れば宇出津の民家を眼下に見おろし、向こうは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>の山嶽並び立て、渡海の船ども実に手に取るやうに見えて、其勝景はいいようがない」と紹介している。</p> <p>昔は一帯が入海で、社のある岩山も、もとは海中の岩島だったといい、そこは典型的な寄り神の地である。</p> <p>ここは、異変があると花が咲かず、折ってはならないといわれていた。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B0%C6%E2%BC%D2">式内社</a>の石瀬比古神社を名乗ったこともあった。</p> </blockquote> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  94. 石垣工事についてのお知らせ | つれづれ日誌 | 2022/05/12 09:13
    &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;...
  95. 春の永代経法要厳修! | つれづれ日誌 | 2022/05/10 09:01
    ご門徒のみなさまへ さき前に生まれん者は のち後を導き、後に生まれん者は前をとぶら訪え。 どうしゃく道綽禅師のことば ずいぶんと暖かくなってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、この度の法要は浄土の教えについて説かれた『浄土三部経』 ...
  96. 時々に購入したり、頂いてきた雑誌類 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/05/09 20:49
    <p>パソコンの調子が悪いうえに、初期化してソフトをいれかえてから、メールが使えなくなった。さらに「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C2%C0%CF%BA">一太郎</a>」の用語が「辞書として扱えません」と出てきて、例えば「初期化」に変換する場合は、「し」、「しょ」、「しょき」と変換していってその間、何度も「扱えません」の注意を見ながら変換しなければならないという、ストレス溜まり状態になっている。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a>の先端からの連絡方法を意図して、2005年からブログを始めたのだが、今に至ってこういう状態になった。</p> <p>すべてがワード中心なのだそうで、windowを更新するごとに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C2%C0%CF%BA">一太郎</a>が使いにくくなり、周りにパソコンを使っている環境を持たない、田舎老人はお手上げだ。</p> <p>この文も、何とか<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C2%C0%CF%BA">一太郎</a>辞書を探しだそう、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C2%C0%CF%BA">一太郎</a>2007から、バージョンアップ版を次々にインストールしてみた一日の努力がむなしくおわり、入力媒体を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%A4%A5%AF%A5%ED%A5%BD%A5%D5%A5%C8">マイクロソフト</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/IME">IME</a>にして、書いているのだ。</p> <p>一方、書籍整理が大変。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6">臥龍</a>文庫と呼んでいるエリアと、普段の生活場所の2か所に本を分けておいているのだが、グループごとに整頓していったら2冊以上の本がかなり出てきているし、協力した学会や研究機関から送られてきたシリーズ、購入研究誌がかなり雑然としていることが分かった。</p> <p>残すにしろ、処分していくにしろ、ジャンル、シリーズごとにまとめておかななければならない。</p> <p>今日は、その分類方法も考えながら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>内浦を歩いた。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204240.jpg" width="721" height="433" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204347.jpg" width="752" height="382" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204404.jpg" width="775" height="391" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204418.jpg" width="778" height="496" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204433.jpg" width="695" height="388" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204451.jpg" width="777" height="329" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204507.jpg" width="657" height="373" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220509/20220509204551.jpg" width="774" height="372" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p>
  97. 人の為と書いたら、偽りという字になりました | ことば こころのはな | 2022/05/09 18:23
    一人ではどうにもならん事でもさ誰かと一緒にがんばればクリアできる問題って けっ...
  98. 「場」を遺す | 遊煩悩林 | 2022/05/03 10:25
    <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/38/20/20366fe94b7af78c3ba8d79490f13643.jpg" /></p> <p> </p> <p>昨日、今日。</p> <p>ご法事の席で、ご門徒と有縁の方から「いつも掲示板を拝見させていただいております」と声をかけてもらった。</p> <p>オチは必ず、「なんて書いてあったか忘れましたが・・・」。</p> <p>忘れるとイカンと思って、スマホに写真を収めてくださっているというので、見せていただいた。</p> <p>とても有り難く、背筋が伸びる思いです。</p> <p>で、見せていただいたライブラリには、掲示伝道の文字の画像と、ワンセットで掲示板に貼ってある情報の画像が必ず2枚づつ残っていました。</p> <p>この2枚目。</p> <p>昨年から、掲示板の言葉について書いたこのブログのQRコードとお寺のホームページのQRコードを掲示しているのですが。</p> <p>このQRコードの画像。</p> <p>曰く、「スマホで読み取ってご覧ください」と書いてあるけど、撮ってもどうにもならんが、と。</p> <p>えぇっと。。</p> <p>撮影した画像のQRコードを今度はお孫さんのスマホで読み取って閲覧したのでした。</p> <p>そういうことか、と。</p> <p>「この経緯を"つぶやき”に書いてもいいですか」と、了承とともに、そのお孫さんがブックマークに登録してくれた。</p> <p>おじいさんによる孫への教化活動だと思った。</p> <p>ちなみに、今月の掲示板には</p> <p style="padding-left: 40px;">何かを持っていくことはできなくても</p> <p style="padding-left: 40px;">何かを遺していくことはできる</p> <p style="padding-left: 40px;">荒山 優</p> <p>と、昨年の永代経の法話の一言を記させていただきました。</p> <p>親が子や孫に何を遺していくのか。</p> <p>同居家族は少なくなりましたが、先人の命日に子と孫が出会う「時」を確保し、教化の「場」を設えておってくださる。</p> <p>何の何の、往生してなおのおはたらき。</p> <p>誰かが遺してくれたものを丁寧に確かめないといけないと感じました。</p> <p>ご門徒各位には、永代経のご案内を近々お送りさせていただきます。</p> <p><a title="" href="http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/events.html" target="_blank" rel="noopener">http://jyosyoji.info</a></p> <p style="text-align: center;"> </p>
  99. 2022年5月のことば | ことば こころのはな | 2022/05/02 16:38
    2022年5月を迎えました。涼しいゴールデンウイーク期間を迎えています。一時 暑...
  100. 祖母50回忌、父33回忌 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/05/02 08:38
    <p>4月25日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌を終え、29日には祖母の50回忌、父の33回忌を勤めさせていただいた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502074541.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>  左近の桜。4月23日。蓮能尼の里から。</p> <p> </p> <p>元気な母が、着物の着付けがちょっと不安になるかも知れないので…とのことで昨年からこの日に決めていたのが、執行出来た。</p> <p>雨が激しく、寒い日になったが、この機会でないとまず会うこともないので、親戚の長老がそれぞれ長い旅をして一堂に会した。</p> <p>それだけでも、胸が熱くなった。</p> <p>静岡から99歳。</p> <p>七尾から96歳。</p> <p>そして、母96歳である。</p> <p>お年忌を終え、それぞれが家族とともにお家に着かれた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502074709.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>平安期からの西勝寺(福光庵)の歴史は、様々なものが積み重なっていることがわかってきたので、年忌を機に、「西勝寺史におけるお二方」と題してお話しした。</p> <p> そのために関連年表と同時代記(13頁)、参照版(19頁)を用意した。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502074831.jpg" width="744" height="741" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502082456.jpg" width="1200" height="853" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6%BB%B3">臥龍山</a>西勝寺ー関連年表と同時代記</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502082638.jpg" width="1200" height="839" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>   参照・関連年表と同時代記</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502074953.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 内敷は、かつての<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%C1%B0">松前</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%BE%BA%B9">江差</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>四船主からの寄進。寄進札には猩々緋・錦・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%DC%B0%D0">蝦夷</a>錦なども見え、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%C1%B0">松前</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>との交流もある程度はたどれそうである。</p> <p> </p> <p>前日、28日祖師ご命日の木々・花。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502083235.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502083400.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502083414.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>今朝の藤</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220502/20220502083743.jpg" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p>

▲ このページの最初へ

 © All rights reserved 1998- , 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区
Generated:RNA 制作:教化委員会ホームページ部