ブログアンテナ 2020/11/27 03:05 RSS

このアンテナについて

最新記事100 / 登録サイト一覧(更新順)サイトごとの最新記事

  1. 自分に有利に物事を進展させようとして、うまく行ったことってあったかなぁ? | ことば こころのはな | 2020/11/26 21:39
    昨日、ソフトバンクホークスが日本シリーズを制し、日本一を勝ち取りました。 セ・リ...
  2. 岩田崇さん来宅 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/11/26 21:20
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="思い出話、これからのこと…話は尽きず。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201126/20201126211749.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201126211749j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">思い出話、これからのこと…話は尽きず。</figcaption> </figure> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="北陸の美術工芸作家選集「岩田崇」作品集、我が作品 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2010%2F11%2F30%2F234212" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2010/11/30/234212">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="明日はゴガヨウ(5月8日) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2011%2F05%2F07%2F191537" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2011/05/07/191537">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="十二神將・岩田崇日本画展 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2011%2F05%2F09%2F005059" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2011/05/09/005059">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="2人の作品展ー岩田崇個展、渋谷利雄作品展ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2013%2F03%2F17%2F084726" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2013/03/17/084726">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="『松林図・月夜(夕日の)松林図研究』ー岩田崇氏ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2015%2F07%2F18%2F211015" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2015/07/18/211015">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="岩田崇展ー11月2日~11日 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2018%2F11%2F02%2F102101" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2018/11/02/102101">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="岩田崇展ー10日(土)夜 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2018%2F11%2F13%2F135153" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2018/11/13/135153">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="泉鏡花市民文学賞ー岩田崇氏 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2019%2F10%2F18%2F111113" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/10/18/111113">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p>
  3. ぶラジル からお参り中継始まります。 おはようブラジル ! 感話もあります。 | 新・坊主日記 | 2020/11/26 19:29
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます今日は観無量寿経ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%AA%9E_%E8%A6%B3%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C O Sutra da Contemplação https://www.terrapuradf.org.br/wp-content/
  4. 御正忌報恩講 | お気楽極楽日記 | 2020/11/25 21:13
     今日、京都の東本願寺の御正忌報恩講に出仕してきました。コロナ禍での法要ということで、出仕者もマスクを着用し、例年よりも少ない人数でのお勤めでした。次第も変更され、いつもよりも短い法要でした。そのぶん足は楽でしたが…(笑)。 でも、団参も少ないし、さびしい報恩講でした。来年はいつものような法要に戻るといいのですが…。 報恩講の出仕が終わってから、少し観光へ。三十三間堂近くの養源院へ行ってきました。ここは俵屋宗達の絵と血天井が有名なところです。拝観料を払うと、とても丁寧な説明が..
  5. ブラジル からお参り中継始まります。 おはようブラジル ! 感話もあります。 | 新・坊主日記 | 2020/11/25 19:36
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。 Bom dia a todos! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinita
  6. 子どもに注意することって、だいたい自分もやってたんだよね | ことば こころのはな | 2020/11/25 16:21
    昨日の投稿で、小学校2年生のお友だちが西蓮寺に遊びに来てくれたお話を書きました。...
  7. 「親鸞聖人に出遇う入門講座」はしばらく休みます | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/11/25 14:08
    大阪教区研修院修了者学習会「継続聞思の会」では「親鸞聖人に出遇う入門講座」を、年8回程、開催して参りました。 この講座は、寺族や御門徒の垣根を越えて、みんなが平らに語り合う「座談会」を中心にした入門講座です。...
  8. ライブ配信中!真宗本廟(東本願寺)御正忌報恩講 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/11/25 11:00
      現在、真宗大谷派の本山である真宗本廟(東本願寺)では、年に1度の御正忌報恩講(ごしょうきほうおんこう)がお勤まりになっています。(11月28日まで) 毎年参拝者がお堂からあふれるほど、全国からた...
  9. ブラジル からお参り中継始まります。 おはようブラジル ! 感話もあります。 | 新・坊主日記 | 2020/11/24 19:28
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。 Bom dia a todos! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinita
  10. 寺院もIT革命ブーム到来か? 人が繋がるIT技術 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/11/24 18:20
    ― 本日11月24日、大阪教区第27組、願随寺本堂にて ― 第27組坊守会さまからHP実行委員会へ「出向く教化」のご依頼があり、『Withコロナ時代のネット活用術』というテーマで学習会を開催しました。 コロナ...
  11. 生まれてきてくれてありがとう | ことば こころのはな | 2020/11/24 15:28
    今日、娘たちの通う小学校の、2年生のみんながお寺に遊びに来てくれました。 コロナ...
  12. お七昼夜さん | お寺の生活 | 2020/11/24 13:50
    明日25日は午後2時から七昼夜報恩講のお勤めが、ありますので、皆さまどうぞお参り下さい。
  13. 書籍ー秋深まる | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/11/24 06:31
    <p>17日霜月半ば過ぎだというのにその日も暖かかった。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%C1%A5%E7%A5%A6">イチョウ</a>の実を集めに外へ出ようとするとこれからのカマキリがいた。</p> <p>季節全体は秋が深まりつつあるのに、個々のいのちの季節忘れ</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="どこへ向かえばいいのか分からない…"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201124/20201124050615.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201124050615j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">どこへ向かえばいいのか分からない…</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="下には多くの実"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201124/20201124050758.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201124050758j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%C1%A5%E7%A5%A6">イチョウ</a>。17日。この連休に葉もほとんど散った。</figcaption> </figure> <p><strong>書籍</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『松香―喜寿記念文集―』石橋義秀氏より。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201124/20201124053033.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201124053033j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『松香―<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%EE%BC%F7">喜寿</a>記念文集―』石橋義秀氏より。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『1000の言葉』方丈堂出版"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201124/20201124054831.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201124054831j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『1000の言葉』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%FD%BE%E6%C6%B2%BD%D0%C8%C7">方丈堂出版</a></figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『照林坊史料集』法藏館。金龍静氏より。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201124/20201124054936.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201124054936j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『照林坊史料集』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%E9%B6%B4%DB">法藏館</a>。金龍静氏より。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『仏法聴聞の一生』家山勉氏(1948~2017)。家山氏は石川県最南端の大聖寺高校、わたしは最北端の飯田高校教員時代、それぞれの分会長時代に知りあっったはずだ。10日金沢別院で「崇信」という新聞を見て、家山さんの著書があることを知り、手に入れた。彼の話は一度能登教務所で聞いたことがあるが、初めて彼に出会った気分になった。そこで彼の問いかけ、彼をはぐくんだ世界、ズーッと思い込んでいた疑問などを当時の先生方、『新編信国淳選集』、『誤解された親鸞の往生論』(小谷信千代)"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201124/20201124055135.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201124055135j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"> <p>『仏法<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B0%CA%B9">聴聞</a>の一生』家山勉氏(1948~2017)。家山氏は石川県最南端の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%BB%BB%FB">大聖寺</a>高校、わたしは最北端の飯田高校教員時代、それぞれの分会長時代に知りあっったはずだ。10日金沢別院で「崇信」という新聞を見て、家山さんの著書があることを知り、手に入れた。彼の話は一度<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教務所で聞いたことがあるが、初めて彼に出会った気分になった。そこで彼の問いかけ、彼をはぐくんだ世界、ズーッと思い込んでいた疑問などを当時の先生方、『新編<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B9%F1">信国</a>淳選集』、『誤解された<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>の往生論』(小谷信千代)、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>の往生思想</p> <p>』(内藤知康)などで問い直したり、『児玉暁洋選集』注文のきっかけにした。</p> </figcaption> </figure> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="(公財)石川県埋蔵文化財センター 評議員・理事・監事発掘調査現地視察 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2017%2F10%2F13%2F063918" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2017/10/13/063918">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『石川県埋蔵文化財情報』第42号"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201124/20201124062112.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201124062112j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E4%C2%A2%CA%B8%B2%BD%BA%E2">埋蔵文化財</a>情報』第42号</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同第43号。ことしのコロナ状況で会議はなく、一年の動きを2冊の情報で知る。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201124/20201124062238.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201124062238j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同第43号。ことしのコロナ状況で会議はなく、一年の動きを2冊の情報で知る。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『児玉暁洋選集』全12巻"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201124/20201124062435.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201124062435j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"> <p>『児玉暁洋選集』全12巻(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%E9%B6%B4%DB">法藏館</a>)一括購入。奇麗な本だ。飾っておきたい―ではだめか。</p> <p>購入したのは、家山本に後押しされてのことだが、購入きっかけを待ち続けていた感もある。</p> <p>お取り越し(在家<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>)時期が過ぎたら、冬期は読書にも精だそうーの柔らかな気持ち。</p> </figcaption> </figure> <p><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /></p> <p> </p> <p> </p>
  14. 言っていることの片鱗でも見せてほしい | ことば こころのはな | 2020/11/23 18:00
    新型コロナウイルスの感染者が増えてきました。 目に見えないウイルスが感染拡大する...
  15. 民衆自治 | 坊主の家計簿 | 2020/11/23 01:50
    大阪は一向一揆の街であり、民衆自治の土徳がある。故にコロナ感染者数トップを維新の功績にする連中を見ると「うわ!奴隷や!」としか思わん。恐らく奴隷根性が染み込んでいて「個」を無視した発想しか出来ないのであろう。我が大阪のトップは明日にはまた東京に...
  16. ええかげん | 坊主の家計簿 | 2020/11/23 01:21
    我が大阪が東京を抜いて全国トップ!(コロナ感染者)いや〜長かった。関ヶ原から400年以上の屈辱が晴らされた記念すべき日やね。という話は置いといて、大阪人は「ええかげん」っちゅう特徴があって、え〜と「コロナ飽きた」というのが正直な感想でんな。その分、...
  17. 中学同級生から還暦見舞い | 住職雑記 | 2020/11/22 23:00
    昨夜、旧友5人と飲み会。中学時代からの飲み仲間。新型コロナの影響もあり、集まるの...
  18. カレーうどん | 気ままな日記 | 2020/11/22 21:14
    今日はウチでお勤めのお稽古がありました。 その後に、ちょっと食事に。 しかし、こんな時なので、お店が混んでいたらやめて コンビニのお弁当にしようと話をしていました。 石津川駅の近くにある 「はなまる」といううどん屋さんに行きました。 お陰で。。。と言うとお店には申し訳ないのですが、 ガラガラでしたので、お店に入りました。 名物カレーうどん! と書いてあったので、カレーうどんを注文。 思ったよりも早く出てきたので、早々に 食事を済ませて帰りました。 味はもちろん、美味しかったです。 食事中、他のお客さん...
  19. (35) 往相の回向ととくことは  弥陀の方便ときいたり ーすべての人が等しく救われる道と働きー | 新・坊主日記 | 2020/11/22 19:35
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 今日はファビアの息子たちが手伝ってくれてお寺の壁の修復がだいぶ進みました。ありがたいことです!それにしても左官のしごとがこんなに難しいとは!びっくりしました。何事も体験ですね。 阿弥陀経http://jodoshinshu.com.br/budismo-terra-pura/sutra-de-amida-curto/ おはようございます。阿弥陀経の他朝のお参りのテキストやリンクページを作り
  20. 小さな人の宝物 | ことば こころのはな | 2020/11/22 17:55
    数日前の話 西蓮寺山門前のベンチに、小さなお子さんのブランケット(って言うのかな...
  21. 死にたくなったら | 坊主の家計簿 | 2020/11/22 16:16
    死にたくなった理由が経済的な問題だった場合は、税金使って友達と花見していた自民などの歴代政権与党や、ホテルニューオータニでは一切の割引がないと叫んでいた無能な立憲民主や、ストレスでは人間は死なないと思っているサイコパスな共産の議員たちも、税金で...
  22. 憩いの場 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2020/11/22 10:21
    定願寺境内に椅子と机を設置してみました。 スーパーの行き帰りやちょっとした息抜きにご活用ください なお、ゴミは各自でお持ち帰りくださいね 合掌
  23. 後で語ろう | 住職雑記 | 2020/11/21 23:00
    昨夜、東京仏教学院講義。今期はゆうべで4回目だが、なんだかまだ調子がつかめない。...
  24. (34) 弥陀の回向成就して  往相・還相ふたつなり ー2つで一つ、すべての人が救われる道ー | 新・坊主日記 | 2020/11/21 19:31
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 ファビアの実家で家族ともども一緒にシュハスコ(ブラジルの焼き肉)を頂きました。皆でワイワイと楽しそうに話していますが未だにほとんど意味はわかりませんがこちらも楽しい気持ちになります。味付けは岩塩だけで炭火で焼くのですがお父さんは薪で焼くのです。味わいがまた違うそうですが、実際かなり美味しいのです!ビールが進みます。 おはようございます。正信偈 Shoshingue p29https://w
  25. ご本山 報恩講 2020 | ことば こころのはな | 2020/11/21 17:40
    2020年11月21日(土) 本日より真宗本廟において報恩講がお勤めされています...
  26. 2020晩秋の一日 | 住職雑記 | 2020/11/20 23:17
    朝。見事な朝焼け。 午後、甲州街道を車で走る。この時期に甲州街道を走ったのは初め...
  27. (33) いつつの不思議をとくなかに  仏法不思議にしくぞなき ーこの世で一番の不思議とはー | 新・坊主日記 | 2020/11/20 19:27
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 毎日少しづつ何かをし続けると身につくという事で散歩したり、You Tubeしたり日記を書いたり、運動したりしていますが、一つ気がついたのですができることとできないことがあるという不思議な現象です。 身体的、能力的、精神的な圧としては同じくらいなのですが不思議です。きっと何か秘密があるに違いありません。 食べたら出す!みたいな単純な秘密が! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.w
  28. 門首継承式 | ことば こころのはな | 2020/11/20 18:20
    本日〔2020年11月20日(金)〕、真宗本廟(東本願寺)において門首継承式が執...
  29. あなたは軽いのよ‼ | ことば こころのはな | 2020/11/19 22:58
    SNSに他人の悪口を書いたり腹立ちのままに投稿したりして、他者を傷つける行為が社...
  30. 第2組報恩講 執行 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/11/19 22:19
      2020年11月12日(木)午後2時から、阿倍野区の即應寺(藤井真隆住職)に於いて、2組合同の報恩講が執行されました。 ・次第 勤行 正信偈草四句目下 念仏讃淘三 和讃「弥陀大悲の誓願を」次第六...
  31. ブラジル からお参り中継始まります。 おはようブラジル ! 感話もあります。 | 新・坊主日記 | 2020/11/19 19:24
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinitahttps://www.terrapuradf.org.
  32. 久々のうずき | 住職雑記 | 2020/11/19 18:15
    暖かい。過ごしやすい。 昨夜、気持ちがちょっとウズウズとしていた。原因は夕方の意...
  33. 葬式施行三者 | 住職雑記 | 2020/11/18 23:00
    昼、ミラクル読書室店番。晴天。店内より店外の方が暖かい。 夕方、八王子市斎場の事...
  34. ぶらジルからお参り中継始まります。 おはようブラジル ! 感話もあります。 | 新・坊主日記 | 2020/11/18 19:33
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。 Bom dia a todos! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinita
  35. 映画観賞会 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/11/18 15:39
    仏青連盟では毎月様々な活動をしています。今月は映画観賞会を行いますので お時間がある方は是非ご参加ください。   日時:11月27日㈮ 19時開始 場所:青少年ルーム 内容:映画「ランボー」1982...
  36. 報恩講 | ことば こころのはな | 2020/11/18 15:15
    昨日(2020年11月17日)、都内寺院の報恩講にお招きいただき、お参りしてきま...
  37. 11月24日(火)天満別院 定例法話開催のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/11/18 10:22
    天満別院では、11月24日(火)13時30分より定例法話が開催されます。 御講師には、大阪教区第3組 恩樂寺 乙部 大信師にお越しいただき、 講題「コロナ禍の仏事で」についてお話いただきます。 感染症対策には...
  38. 配信をどうしよう | 住職雑記 | 2020/11/17 23:00
    午後、築地本願寺にて、12月1日に予定している自死者合同追悼法要のリハーサル。今...
  39. 自分との談合 | ことば こころのはな | 2020/11/17 20:50
    真宗のお坊さんは、NHKの朝ドラと大河ドラマが好きな人が多い気がします(お他宗の...
  40. ブラジル からお参り中継始まります。 おはようブラジル ! 感話もあります。 | 新・坊主日記 | 2020/11/17 19:25
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 昨日はお寺の塀のペンキ塗りをしました。気持ちよかったです! さて、今日は観無量寿経ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%AA%9E_%E8%A6%B3%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C O Sutra da Contemplação https://www.terrap
  41. レモン | 気ままな日記 | 2020/11/17 17:07
    今日はレモンのドリンクをいただきました。 レモン好きとしては最高に美味しい飲みのも。 ごちそうさまでした。 [画像]
  42. 満腹は苦痛 | 住職雑記 | 2020/11/16 23:00
    午後、八王子市仏教会から八王子市の社会福祉協議会へ寄付した件で感謝状を受ける。 ...
  43. ブラジル からお参り中継始まります。 おはようブラジル ! 感話もあります。 | 新・坊主日記 | 2020/11/16 19:25
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 さて、今日は観無量寿経ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%AA%9E_%E8%A6%B3%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C O Sutra da Contemplação https://www.terrapuradf.org.br/wp-content/uploa
  44. スタバ | 気ままな日記 | 2020/11/16 18:08
    今日は久々に南御堂に。 ってなことでスタバにも寄りました。 新製品をいただきました。 ベリー×ベリー レアチーズ フラペチーノです。 なんとも美味しかったです。 ごちそうさまでした。 [画像]
  45. 実際に接する機会があるかないかで、人と人との間柄は変わってゆく | ことば こころのはな | 2020/11/16 17:07
    今日 七回忌のご法事をお勤めしたお家。 お施主さんは、亡き方の息子さん。 お顔立...
  46. つい歳のせいかもと | 住職雑記 | 2020/11/15 18:06
    右膝裏に痛みがある。伸ばした時と左右にずらした時に痛む。そんなに前からとは思わな...
  47. 秋の永代経 ご案内 | つれづれ日誌 | 2020/11/15 17:54
     秋深くなってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。  さて、巷ではコロナウイルスが猛威を奮い、私たちの生活は様変わりしました。これにより政府は「不要・不急の外出は避けて」と呼びかけています。しかし、人生にとってみれば一体何を急ぐべきなのでしょ...
  48. 生物季節観測 | ことば こころのはな | 2020/11/15 17:26
    昨日のブログで、折々の楽しみ、四季の変化を見つけながら過ごしたいものですねと綴り...
  49. バランスが悪い | 住職雑記 | 2020/11/14 23:00
    午後、アーユスの専門委員の会。初のリモート。それによってこれまでご参加いただけな...
  50. 未解決事件 | お気楽極楽日記 | 2020/11/14 21:37
     先日、映画「罪の声」を観てきました。昭和最大の未解決事件といわれる「グリコ森永事件」を題材にして映画です。実際の犯行にも使われた子どもの声でのテープ。自分がその声の主であることを知ってしまったことから事件の真相を追求していくというもの。登場人物が多いのだけどもぐちゃぐちゃにならず、それぞれが結びついていくような感じで2時間強でしたが、おもしろくてあっという間の時間でした。 でも、実際のところ、この事件の真相はどうなんでしょう。
  51. つれづれなるままに、ぢっと手を見る。 | ことば こころのはな | 2020/11/14 15:55
    東京は、今朝は寒さ厳しく強い風が吹いていました。 昨日、新潟にお住いの今泉先生と...
  52. 2020築地報恩講 | 住職雑記 | 2020/11/13 23:00
    築地本願寺では11日から報恩講絶賛勤修中。例年では教区内の僧侶が法要に出勤するが...
  53. ゾロ | 気ままな日記 | 2020/11/13 22:06
    今日はついに出ました。 88888キロ スズキのスペーシアですが、 購入してから、およそ5年。 よう走りました。まだまだ元気いっぱいなので これからもよろしく頼みますね。 [画像]
  54. 生まれ、生きる | ことば こころのはな | 2020/11/13 21:45
    今日(2020年11月13日)は、真宗会館で開催された「真宗門徒秋のつどい」へ。...
  55. 丸亀 | 気ままな日記 | 2020/11/12 20:07
    今日は大事な仲間が 働いているところに行ってきました。 正式な名前は忘れましたが 鶏天タルタルうどんにタルタルを増しでいただきました。 このメニューも 仲間が美味しいとすすめてくれたヤツです。 めちゃくちゃ美味しかったです。 これは、ご飯も欲しくなるうどんでした。 [画像]
  56. 立冬も過ぎて | お寺の生活 | 2020/11/12 17:02
    いよいよ御門徒宅の報恩講がはじまりました。まだハガキが届いていないお宅にも、近いうちにご連絡させていただきますので、御準備よろしくお願いします。
  57. 「諸行無常」と打とうとしたら「諸業務上」と出てきました。それもまた間違ってはいないような(^∀^) | ことば こころのはな | 2020/11/12 13:10
    元銀行マンからコンサルティング会社経営者を経て浄土真宗本願寺派 築地本願寺宗務長...
  58. 金沢別院 大谷婦人会金沢支部・報恩講。別院シンボルのイチョウと谷内正遠氏。  | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/11/12 09:37
    <p>11月10日(火)。昨年続き、大谷婦人会金沢<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D9%C9%F4">支部</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>でお話しさせていただいた。部屋に何種類かのカレンダーを飾っており、その中でも目立つほのぼのカレンダーの今月の絵が金沢別院(版画・谷内正遠氏)の秋でもあり、いつも眺めてはその日のくるのを楽しみにしていた。</p> <p>実際、会長さんはじめとする関係者、聞法三昧の方々と信心<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a>に近いひとときをいただき、余韻にひたりつつ、今、また部屋でカレンダーを眺め報謝の秋に身を置いている。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="2020ほのぼのカレンダー11月。別院山門、シンボルの大銀杏。谷内正遠視"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201112/20201112065653.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201112065653j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201112065653j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"> <p>2020ほのぼのカレンダー11月。別院山門、シンボルの大銀杏。絵・文字谷内正遠氏。別院事務室に原版画が飾ってあった。</p> <p> </p> </figcaption> </figure> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="来年度"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201112/20201112083615.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201112083615j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201112083615j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">来年度</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="2021年令和3年石仏カレンダー※上半分。正遠氏より"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201112/20201112083841.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201112083841j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201112083841j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">2021年令和3年石仏カレンダー※上半分。正遠氏より</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『無碍の一道』平成28年探求社刊。正順師は明治19年~昭和43年。九歳の時眼病に罹り不自由な中で現七尾高校卒業。東大を主席で卒業。松本高校、大谷大、京都大、大阪商大などで教鞭を執り、大谷派教学研究所長、中央修練道場長なども歴任。正遠氏の祖父に当たる。この著は正遠氏のさし絵・木版画のほか貴重な写真が入った、硬い学に柔らかさが混じった著になっている。」"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201112/20201112084457.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201112084457j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201112084457j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『無碍の一道』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE28%C7%AF">平成28年</a>探求社刊。正順師は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A319%C7%AF">明治19年</a>~昭和43年。九歳の時眼病に罹り不自由な中で現<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%B9%E2%B9%BB">七尾高校</a>卒業。東大を主席で卒業。松本高校、大谷大、京都大、大阪商大などで教鞭を執り、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a>教学研究所長、中央修練道場長なども歴任。正遠氏の祖父に当たる。この著は正遠氏のさし絵・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%DA%C8%C7%B2%E8">木版画</a>のほか貴重な写真が入った、硬い学に柔らかさが混じった一書になっている。(同じく正遠氏より)</figcaption> </figure> <p>※参考</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="尾山御坊・別院のシンボルが銀杏と言うことで、ブックレットを出版(1998年12月)するにあたって、「おやまブックレット」と題し、聞いたことのあるような無いような言葉だったがロゴを付けようという話になった。そのロゴが銀杏の葉と組み合わせた斬新なものになった。別院と銀杏は、わたしにとって人一倍親しい世界なのだ。カレンダーにはどこの光景かは記されていないし、横安江町商店街が門の外にある光景として金沢別院門と銀杏を見ている方もおいでになるのだろう。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201112/20201112090355.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201112090355j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201112090355j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">尾山御坊・別院のシンボルが銀杏と言うことで、ブックレットを出版(1998年12月)するにあたって、「おやまブックレット」と題し、聞いたことのあるような無いような言葉だったがロゴを付けようという話になった。そのロゴが銀杏の葉と組み合わせた斬新なものになった。別院と銀杏は、わたしにとって人一倍親しい世界なのだ。カレンダーにはどこの光景かは記されていないし、横安江町商店街が門の外にある光景として金沢別院門と銀杏を見ている方もおいでになるのだろう。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="おやまブックレット1が出てから、もう22年。この間に6冊ぐらい出版されたはずだ。『蓮如上人と伝承』のみが絶版。挿入写真の中には新幹線によって光景が変わってしまった伝承地写真もある。著者として、このままにしておくのは惜しい。350円と値段も手頃だし、第3刷を考えなければならないのかも知れない。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201112/20201112091423.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201112091423j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201112091423j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">おやまブックレット1が出てから、もう22年。この間に6冊ぐらい出版されたはずだ。『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』のみが絶版。挿入写真の中には新幹線によって光景が変わってしまった伝承地写真もある。著者として、このままにしておくのは惜しい。350円と値段も手頃だし、第3刷を考えなければならないのかも知れない。</figcaption> </figure> <p> </p>
  59. おはな | 気ままな日記 | 2020/11/11 23:19
    今日は大事な先輩のお寺のお花を 立てさせていただきました。 もちろん、先輩方にかなり助けていただいて できあがったものです。 [画像]
  60. 1111 | ことば こころのはな | 2020/11/11 21:05
    今日は、デスク横の棚の片づけを。 仕舞ってあるものは、使ったらちゃんと元の場所に...
  61. 文房具屋さんや本屋さんで 来年の手帳やカレンダーを売っているのを見ると、あぁ、今年のふりかえりと来年のあゆみをする時期だなぁって思います。 | ことば こころのはな | 2020/11/10 20:37
    デジタルの進んだ世において、自身のスケジュール管理は手帳で行っています。 手帳に...
  62. コロナウィルス拡大していますが | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2020/11/10 20:34
    この数日コロナウィルスの拡大がまた深刻な状況になってきました。大阪でも新規陽性者が200名を越えるなど第三波といっても良いかもしれません。 一方でマスク、手洗いなどでほとんど感染を予防できる事も伝えられています。 コロナ … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2020/11/10/%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%b9%e6%8b%a1%e5%a4%a7%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%8c/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  63. 伝研の会 公開講座「一から読む『浄土論註』」第12回 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/11/10 17:06
    大阪教区伝研の会 公開講座 第12回 一から読む『浄土論註』 はからずも「親鸞」と名のられた越後時代の宗祖。そこにおかれて、生活の現場を目の当たりにされた親鸞聖人は、天親菩薩から曇鸞大師へと受け継がれた浄土論...
  64. あき | 気ままな日記 | 2020/11/10 09:54
    今日は法務中に 銀杏が黄金色になりつつある場面に遭遇。いつもは、本山…東本願寺の境内にある 銀杏の木を見るのが楽しみでしたが、 今年は京都まで行くのもあまり…ですので 身近にある秋を探してみようと思います。 [画像]
  65. 当たり前が、いかに有り難いかということ | ことば こころのはな | 2020/11/09 18:39
    今日はいろいろ いろいろと買い物があり、コロナ騒動で在宅が多くなって以降では一番...
  66. 謹んで申し上げます(‐人‐) | ことば こころのはな | 2020/11/08 18:28
    新聞の折り込み広告に、某寺院の墓地分譲中のチラシが入っていました。 チラシの文言...
  67. できることは減りました ありがとうが増えました | ことば こころのはな | 2020/11/07 16:50
    今日、お墓参りにみえた門徒さんが、「最近、からだが動かなくて。若いときは元気にい...
  68. 報恩講 | 気ままな日記 | 2020/11/07 02:09
    今日は自坊の報恩講です。 午後2時〜のお勤めだけなのですが。。。 よくよく考えたら準備はいつもと同じなんですね。 これなら、小規模でも いつも通り2日間勤めたら 良かったようにも思いました。 まぁコロナ対策で決めたことなので。。。 仕方ないのですがね。 来年はなんとか出来るようにしたいと思います。 [画像]
  69. 準備 | 気ままな日記 | 2020/11/06 22:36
    今日は報恩講の準備に追われています。 今年は1座だけ執り行うのですが、 準備は同じですもんね。 お寺としても広くお声がけしたのは。。。 修正会以来となります。 さて、準備はまだまだ続きます。
  70. 「未来は過去をとおし 果後の方便をとって」【南御堂2020年11月号より】 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/11/06 19:55
    法務中、最近よく「未来がない」という話になる。とくに少子高齢化の問題等は、お内仏の返還や墓じまい、さらに宗教離れの話に発展し、「誰もみてくれる人がない」、「もう私で最後」と開き直りつつも、悲壮感漂う雰囲気にな...
  71. 憂い | お気楽極楽日記 | 2020/11/05 18:00
     テレビをつけると日本なのにアメリカ大統領選挙一色になっているのですが、報道の通りだとするとアメリカという国は大丈夫なのでしょうか。国のトップを決める選挙で不正があったのなかったの、裁判するとかしないとか、テレビ的には混乱したほうが視聴率が取れるでしょうけど。 最近、テレビの報道もどこまでが本当なのかよくわからないのですが、もしアメリカが国を二分するような状態になっているならば心配です。どちらが大統領になったとしても、分断された国民を一つにすることは非常に困難でしょう。分断さ..
  72. 報恩講前日 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/11/04 04:05
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="ポスター今年は各町内に"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201104/20201104034340.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201104034340j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201104034340j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"> <p>ポスター</p> <p>今年は各町内の張り出しを取りやめ正面と国道沿い城山下にだけ用意した。</p> <p>御<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>・孫<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>さんにはこのあたりの風習としてカンブクロ(紙袋)、はがきでの案内。</p> <p>今年は「お斎」は無し。</p> <p>じっくりと振り返り、歩む。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="3日午前中。あと、4日からは仏旗も彩る。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201104/20201104035041.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201104035041j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201104035041j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">3日午前中。あと、4日からは仏旗も彩る。</figcaption> </figure> <p> </p> </figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="飯田城山を背景に。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201104/20201104035223.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201104035223j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201104035223j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">飯田城山を背景に。</figcaption> </figure> <p>欅二本、くねくねとのびていた榎などを伐採したのだが、違いに気づけない。</p>
  73. 戦力外 | お気楽極楽日記 | 2020/11/03 21:57
    鈴木翔太投手が戦力外か〜(涙)東京へドラフト会議を観に行ったときのドラフト1位だったのに。松井裕樹を外しての指名で、最初は誰だ?と思っていたのですが、あとで映像を見てしなやかなフォームからくりだされるストレートに将来のエースになるかもと期待していたのですが…。プロは厳しいですね。
  74. 出退作法学習会を開催しました | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/11/03 07:38
    去る10月13日に、大谷青年会で出退作法学習会を開催しました。 秋も深まり、報恩講が各地で勤まっていることと思いますが、コロナ禍での対応はお寺によって様々だと思います。お参り合いを控えて、寺内の者だけでお迎え...
  75. 久々に | 気ままな日記 | 2020/11/02 23:41
    今日は久々に天下一品のラーメン。 以前はよくよく伺っていましたが、 コロナ騒ぎになってから、 今までよりも 外へ食事に行くことはかなり減りました。 そうなってくると、本当に久々のラーメン より美味しさが増しますね。 ごちそうさまでした。 [画像]
  76. はじまりはじまり | 遊煩悩林 | 2020/11/01 10:08
    <p>11月。</p> <p>今年は早々からコロナコロナ。</p> <p>自粛と中止の連続で、何もせぬままここまできたような気がしてしまう。</p> <p>今年は何もはじまっていないのではないかとさえ思えてくる。</p> <p>では。</p> <p>何があればはじまるのだろうか、と。</p> <p>何をもって生活がはじまるのか。</p> <p>何をして人としての歩みがはじまるのだろうかと思うのだ。</p> <p>11月は報恩講だ。</p> <p>親鸞聖人の命日を偲び、その生き様から私たちの生き様を学ぶ。</p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">無慙愧は名づけて人とせず</p> <p style="padding-left: 40px;">『教行信証』</p> <p> </p> <p>という。</p> <p>「慙愧」がなければ人ではない、と。</p> <p>人としての歩みは「慙愧」をもってはじまるといってもいいのではないか。</p> <p>ならば、例年は忙し忙しと言いながら、人としての生活が果たしてはじまっていたのだろうかとも思えてくる。</p> <p>人間生活がはじまっていない。</p> <p>人間がはじまっていないとすれば何なのか。</p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">無慚愧は名づけて人とせず、名づけて畜生とす。</p> <p style="padding-left: 40px;">(同)</p> <p> </p> <p>畜生であると。</p> <p>とても厳しい指摘である。</p> <p> </p> <p>昨夜、家族で回転寿司に行った。GoToで家族5人で5000ポイントを貰った。</p> <p>入店するまでに並び、お会計も長蛇の列。</p> <p>さながら配給を待つかの如く。</p> <p>列の中には、GoTo非対応のサイトから予約された方が納得いかずに憤る。</p> <p>憤るのも無理はない。配給制度とシステムにも問題があろう。</p> <p> </p> <p>さて、「慙愧」とは。</p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">慙は内に自ら羞恥す、愧は発露して人に向かう。</p> <p style="padding-left: 40px;">慙は人に羞ず、愧は天に羞ず。これを慙愧と名づく。</p> <p style="padding-left: 40px;">(同)</p> <p> </p> <p>人に生まれ、その存在自身が持っている罪業性を知らずに生きている。</p> <p>仏の智慧によってそれを教えられても、その罪業に羞恥の念を抱くことができない。</p> <p>ましてやひらきなおるのだ。</p> <p>羞じてばかりもいられない。</p> <p>申しわけのないじぶんであるなどと、平気で口には出てくるのは、そういって自己を慰撫しているだけだ。</p> <p>ある師は、「慚愧は善人意識」だという。</p> <p>「罪のない自分になりたいという傲慢」であるとも。</p> <p>慙愧がなければ人でなし、しかし私たちの慙愧は贖罪でしかない。</p> <p>なす術がない。</p> <p>しかし、八方塞がりのところにはじまってくる世界があるという。</p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">無慚無愧のこの身にて まことのこころはなけれども</p> <p style="padding-left: 40px;">弥陀の回向の御名なれば 功徳は十方にみちたまう</p> <p style="padding-left: 40px;">『正像末和讃』</p> <p> </p> <p>今年の報恩講はインターネットでライブ配信される、と。</p> <p><a title="" href="http://www.higashihonganji.or.jp/houonkou/" target="_blank" rel="noopener">http://www.higashihonganji.or.jp/houonkou/</a></p> <p>ライブは「生」だ。</p> <p>生きるということ。</p> <p>生命には限りがある。</p> <p>尽きる前に「生」の「活」をはじめていかなければならない。</p> <p>はじまっていなかったことに気づくところからそれがはじまるのだろう。</p> <p> </p> <p>親鸞聖人は「無慙愧は名づけて人とせず」を『涅槃経』から引用された。</p> <p>それを引用して2020年11月のお寺の掲示板にしたためました。</p> <p> </p>
  77. 終活されている方へ | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2020/11/01 10:00
    最近、少し寒くなってきました。皆さまは体調どうですか? 住職はこの時期になるといつも風邪を引いていますが今年はマスクをしているお陰でなんとか乗り越えています。 さて、最近の話ですが、数件ですが、病院で危篤状態でもうそろそ … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2020/11/01/%e7%b5%82%e6%b4%bb%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e6%96%b9%e3%81%b8/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  78. 今夜は満月 | お寺の生活 | 2020/10/31 20:43
    今日はよく晴れた1日でした。夜も満月が綺麗にみえています。庭に出て竹の合間から覗く月を撮影しました。今日の満月は、2020年で1番地球から遠い位置での満月らしく、小さいとの事でした。皆さんはご覧になりましたか?
  79. 2020年10月 | 慶運山 長源寺 | 2020/10/31 18:07
    邪道というのは 自分を固める道です 宮城 顗   お参りに伺った門徒さん宅で「たまには気楽に読めるような、もうちょっと優しい寺報書いてよ」とお願いされました。なるほど。自分の中では難しい文章を書いているつもりが […]
  80. 報恩講のお参り | お寺の生活 | 2020/10/30 20:07
    今日は朝から寒かったですが、昨日と変わらずお参りいただきました。今年の報恩講さまも無事終えることができました。
  81. あらためて 虎石墓についてー  | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/10/30 17:12
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="28日報恩講にお参りし、祖父母・叔父のお墓に手を合わせてきた。照福寺住職家の「虎石墓」が、後背の山から本堂側に移転してあった。かつて、この墓について以下のように書いたことがある。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201030/20201030160016.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201030160016j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201030160016j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">28日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>にお参りし、祖父母・叔父のお墓に手を合わせてきた。照福寺住職家の「虎石墓」が、後背の山から本堂側に移転してあった。かつて、この墓について以下のように書いたことがある。</figcaption> </figure> <blockquote> <p> <strong>三 葬送 無墓石制</strong></p> <p><strong>1 四門 虎石墓 無墓石の地</strong></p> <p><strong>虎石墓と四門</strong></p> <p>泰澄ゆかりの輪島の神田山 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%D8%C5%E7%BB%D4">輪島市</a>石休場(いしやすみば)町地内に、上野山と呼ばれる舌状丘陵がある。そこには地名の由来となった、泰澄が一休みしたという石が残されている。<br /> 泰澄は、かなたに見える<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%C6%E0%C8%F7">神奈備</a>(かんなび)(=霊山)の様相を呈する<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%AD%C9%FA%BB%B3">鉢伏山</a>系神田(じんだ)山に分け入り、そこに八華山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%E4%C2%CB%CD%EE">補陀落</a>(ふだらく)寺や粉川(こかわ)山観音寺を建立したという。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%E4%C2%CB%CD%EE%BB%B3">補陀落山</a>は天竺(てんじく)南方にある観音浄土。日本では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%AA%BD%A3">紀州</a>熊野あるいはその南方<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%A4%BE%E5">海上</a>が名高い。<br /> 両寺は現存していないが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%F4%C5%DA%BF%BF%BD%A1">浄土真宗</a>の幾つかの寺は、山から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%D8%C5%E7%BB%D4">輪島市</a>稲舟や杉平へ移り、さらに中心地へ移転したとの伝承を持つ。また、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E2%C6%B6%BD%A1">曹洞宗</a>横地の粉川寺は当時の名を継承しているし、石休場町の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%F4%C5%DA%BF%BF%BD%A1">浄土真宗</a>上野山照福寺が建つ地は、神田山から移った所であるという。この照福寺に二つの注目すべき遺物がある。<br /> 照福寺裏手の山に、歴代の寺関係者の墓があり、「虎石墓」と刻まれている。<br />墓石は江戸時代末のもので、台座の石が虎石と称されていたものらしい。<br /> 泰澄の腰かけ石など、高僧や英雄に付会されて伝えられる石は、往々にして神仏の示現する霊地や祭祀(さいし)場であった。一方虎石の虎という名は、曽我十郎の妾(しよう)「大磯の虎」に代表される、遊行<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%E6%B5%D6%C6%F4">比丘尼</a>の称であったとされ、女入禁制の霊山へ登ろうとした<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%E6%B5%D6%C6%F4">比丘尼</a>が化した石だと伝えるものに、虎石と呼ばれるものが多い。<br /> すなわち、ここには<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>以前のこん跡が見られ、さらに女人結界石(虎石)の下方に寺が位置することにおいて、性による区別を脱却しようとした民衆宗教の一面目をも感じとれる。<br />四門 他の一つは、おそらく全国的にも例の少ない、葬儀における「四門(しもん)」があることである。宗教史でも<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>のうえでも、寺院自身の葬儀についてはあまり語られない。いわば、盲点ともいうべきところに存在していた。<br />「四門」額と出合ったのは、十三年前、照福寺前住職の葬儀に.参列した折のことであった。<br /> 釈迦出家の機縁となる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%CC%E7%BD%D0%CD%B7">四門出遊</a>の説話、、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%A4%A4%ED%A4%CF%B2%CE">いろは歌</a>」に訳されたとされる四句偈(げ)など、仏教と四との結びつきは深い。四門の場合、もちろん仏教化されてはいるが、仏教以前のものが、その背景にあるとされる。四門とは、葬儀に際して四方に立てる門のことで、古代の葬制の殯(もがり)にその元をたどることが出来る。<br /> 死者の復活を願って死音を安置する、つまり通夜の起源とも言うべきものが殯。この殯の場と俗界とを区別するために設けた忌垣(いがき)の四方に、門を設けたのが四門と言われるものである。<br /> のちに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%A9%B6%B5">密教</a>で盛んに用いられ、四門として発心・修行・菩提(ぼだい)・涅槃(ねはん)の額を掲げた。古いものでは、中世の具体例を「熊野<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E1%C3%D2">那智</a>曼茶羅(まんだら)」によって見ることができる。<br /> この四門の葬制は現在も残されていて、近県では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%B1%C0%EE">庄川</a>上流、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%F4%C9%EC%B8%A9">岐阜県</a>大野郡での例が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%D9%BB%B3%B8%A9">富山県</a>の民俗研究者・高谷純夫氏によって報告されている。棺を担いでグルグル門を回るという所もあり、死霊がもとの所へところへ戻らないようにするのだと言われたりする。が、死者に発心から涅槃への過程を歩ませる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%B7%CE%E9">儀礼</a>と考えるのが妥当であろう。<br /> 照福寺の四門は、本堂の四方、本尊側に「教門」、蓋(がい)(=ひつぎ)に向かって左測に「行門」、右側に「信門」、蓋側に「證門」と書いた額を掲げる。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>の著した「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B9%D4%BF%AE%BE%DA">教行信証</a>」を四つに分け、門としているところから、これも<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>のもつ世界を巡って、浄土へ還っていくものと意識されていたのだろう。<br /> この四門は、中陰(四十九日)を過ぎると取り外され、同寺には四代前からの四門額が保存されている。ここにも、前<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>的なものが生き続けている。<br /> 虎石・四門の事例は、神田山ろくの歴史、風土を抜きにしては考えられない。さらに同市の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%CF%B8%B6%C5%C4%C0%EE">河原田川</a>を約二・五キロさかのぼると、隠野(こもりの)を意味し、こういった境界と深いつながりを持つ熊野という集落がある。<br /> 泰澄・虎・神田山・熊野・四門を結ぶ一つの糸は、中世的なものをよみがえらせ、語りかけてくる。四門のような特異な例は見いだせなくとも、このような世界はあちこちで気づかされるはずである。<br /> ある地域全体に流れるものが見えてこそ、私たちは地方を見なおし、そこに生きる意味を考えることができる。しかし、近年の観光化の波は特殊な個、例えば祭礼のある協分をショー化していくような傾向を拡大させた。その結果として、それをはぐくんできた歴史風土を切り捨て、画一化し、生活の伝わってこない場へと押し流しているように思えてならない。<br /> 非日常やうるおいを求めて旅する、現代の遊行人に、神田山ろく的世界が、より豊かなしみじみとした問いかけをしないものであろうか。<br /><strong>[出典]「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>に見る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>以前―古代葬制継ぐ四門額」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>「文化」欄 昭和五十六年(一九八一)五 月二十一日</strong></p> <p><strong>祖墳上の虎石</strong></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人の「念仏の息たえましましおわ」られた禅房は、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%A1%BE%AE%CF%A9">押小路</a>南、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%FC%CE%A4%BE%AE%CF%A9">万里小路</a>東」(御伝鈔)にあった。そこには聖人が愛でた「虎石」があり、この<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%CE%BC%C2">故実</a>により一帯は虎石町(中京区)名を名告っている。<br /> 虎石はそのものは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%E6%DC%B3%DA%C2%E8">聚楽第</a>を経て、寛文十年(一六七〇)に造営された東大谷(大谷御坊、大谷祖廟)の祖墳上に置かれた。宝永六年(一七〇九年)のことである。先に書いた石休場照福寺住所家の虎石を、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%B3%D9%BF%AE%B6%C4">山岳信仰</a>と関わる「虎石」と見たが、その後、各地で、祖廟を模した形の墓上に虎石があるのを知った。虎石墓があるのは、住職家の墓石で、講師・擬講など本山と出入りすることの多い僧を輩出した寺庵に多い印象がある。以下、虎石墓があった墓地をあげる。住職家とはいえ、個人家の墓なのでエリアで記す。<br /> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%E1%CD%E8%C4%AE">鶴来町</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人廟所(九基)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%BB%B3%BB%D4">白山市</a>旧<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%C7%A4">松任</a>(四基)、金沢四十万霊寶山(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人御<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%E8%BD%EA">墓所</a>)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%BB%B3%BB%D4">白山市</a>粟田、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C2%F4%BB%D4">金沢市</a>米泉、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C3%A3%BB%D6%BF%E5%C4%AE">宝達志水町</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C7%BD%C5%D0%C4%AE">中能登町</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D6%B2%EC%C4%AE">志賀町</a>(二個所)、飛びすぎるが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%BB%B3%BB%D4">高山市</a>内にも一基あった。</p> <p> </p> </blockquote> <p> 以上『とも同行の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化』324頁~327頁</p> <p> </p> <p><strong>「虎石墓」の成立時期を考える</strong></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%CB%DC%C9%C0">大谷本廟</a>にある「虎石墓」をまねて末寺(住職家)墓石に虎石を安置してあるのを時々見かけるが、大概が学僧などで本山に出入りした経歴を持つ住職を輩出した寺庵である。</p> <p>今度28日に、あらためて照福寺「虎石墓」にお参りしたのを機に、そのことについて考えてみる。 </p> <blockquote> <p>常徳寺三代の学僧たち<br />(二) 義観、得住そして玄寧<br /> (前略)常徳寺(眞宗<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a>・富来鹿頭)十五代を継いだ得住は加賀の人で、在家出身だった。<br /> 十五才で上洛し、学寮に学んだようである。常徳寺の経蔵の中にこの人が十五才の時の深励の講義の聴講録『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%AA%C2%F2%CB%DC%B4%EA%C7%B0%CA%A9%BD%B8">選択本願念仏集</a>』がある。<br /> また十七才の時には『大乗五葱論』を読んでいる。末尾の頁に読了の日付を得住が自から入れていることでそのことが知られる。この書はインドの天親の著で、西暦六四二年に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%BC%D4%F9%BB%B0%C2%A2">玄奘三蔵</a>によって漢訳されたものである。<br /> 得住の師は霊?だった。霊?はとりわけ哲学的解釈の学風を持った学僧で晩年は失明したが、著しくおとろえていく視力の中で学問をきわめ、「講師」職を拝命した。得住はこの霊?門下の鬼才といわれた。<br /> この得住は義観の安居講義の二年前(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>六年、一八三五)に安居で講義していた。講義は『入阿毘達磨論』だった[註「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>大系」第三十七巻、『学寮講義年鑑』二百十四頁]。これは具舎の学問の書である。そして現在も仏教学の研究において重要視されつづけている書物である。天親の著述とされるが学界ではいまでも定説はない。そしてインドで成立したとされるが、原本がどの言語で書かれたか不明である。玄装三蔵によって六五八年に漢訳されている。仏教の経典や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%AF%B3%D8%BD%F1">哲学書</a>には、よくこのようなことがある。原典が失なわれているが、他の言葉に「訳されたもの」が残っているというのである。<br /> さて得住の常徳寺入寺の時期はさだかではないけれど、義観の死去の年は、得住四十七才だった。あるいは得住は五十才頃までに入寺しているのかも知れない。<br /> 得住は実は義観の死去の翌年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>十年、一八三九)と翌々年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>十一年、一八四〇)二年つづけて安居の講席を果していた[註『学寮講義年鑑』二百十六~二百十七頁]。そして<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>十三年(一八四二)には「擬講」に転席(昇進)している[註『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a>学事史』七十三頁]。 得住は、「自身の中で、ものを生み出す精神の時期」に常徳寺へ来たことになる。西欧の心理学では人間の五十才代を「志向の著しさという」という場合がある[E.H.Erikson"Identity and the LifeCycle" International University.N.Y,七十三頁 ]。得住は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>の人々にとって義観の死をのりこえさせてくれるほどの人物だったのかも知れない。この得住はやがて自分の門下生を養子として常徳寺へ入寺させた。玄寧であった。<br /> 玄寧は輪島の照福寺の息男だった。そして得住との年齢差は二十才であった。<br /> この人もまた安居の講席を果たす秀才だった。それは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A3%B8%B5%C7%AF">明治元年</a>(一八六八)の夏の安居だった。玄寧がおこなった講義は『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C6%FC%B7%D0">大日経</a>住心品口之疏紗』全八五巻である[『学寮講義年鑑』二百三十四頁]。『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C6%FC%B7%D0">大日経</a>住心品疏』の註釈書であった。実は常徳寺の経蔵の中に、この玄寧の蔵書がおよそ半分を占めるのではないかとおもわれる。そしてその蔵書の特徴は、養父得住の「講義録」の清書、また玄寧自身の著述『因明正理論門論聞書』が目を引くし、安居講義の問題意識からか<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%B8%C0%BD%A1">真言宗</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%A9%B6%B5">密教</a>に視点をむけていた人のようである。加えて明治初期の人であったためとおもわれるが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AD%A5%EA%A5%B9%A5%C8%B6%B5">キリスト教</a>批判の書物に玄寧の蔵書印がある。<br /> (高畑崇導著『常徳寺三代の学僧たち』平成二十年、常徳寺刊)</p> </blockquote> <p> 補注・考察<br /> 高畑崇導はマクギル大学(カナダ)大学院修了 歴史哲学、宗教学専攻。著書に『北陸の学僧<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D9%B3%D8">碩学</a>の近代 存在証明の系譜』(2018年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>刊)など。<br />高畑さんに直接お聞きしたところでは、虎石墓のある照福寺から常徳寺に入寺した玄寧は照福寺次男で、照福寺を継いだ長男静継、三男玄風(米沢へ)、四男玄和があった。玄和は飯田西勝寺に入寺しており、西勝寺書上に「玄和 西勝寺第十七世 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C2%C0%AF">安政</a>七年庚申年ヨリ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B5%D7">文久</a>三癸<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%E7%C7%AF">亥年</a>マテ住職四ヶ年」、系譜に「為物印釋静祢玄和法師 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B5%D7">文久</a> 七月九日 照福寺?後見入寺」とある。<br /> 西勝寺は当寺で玄和は何台か前の住職のようだが、高畑氏の文に出てくる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>頃から明治にかけた時期に「虎石墓」が照福寺住職家墓として建てられのだろう。<br /> わたしが子供の頃から知り、「虎石墓と四門」に書いた頃は、本堂後ろの山が墓地でその一番奥まったところに虎石墓があった。<br /> なんとなく彫りもはっきりせず、質素な墓だと思っていたのだが、この二十八日に改めてその場所に向かおうとして、境内はずれの納骨堂近くに移転してある墓に出会った。<br /> 改めて光の当たるところで見ると石もいいし、彫りも薬研彫りに近く、堂々たるものである。元地にあるとしたら墓石が相当欠けているに違いないとの思いは、見事に外れ、さすが「虎石墓」を建てるほどの本山とつながりのある学者を輩出したお寺だったのだと改めて感心した。<br /> 十一月二十七日~二十九日、常徳寺さんで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CF%C3">法話</a>に出向する。<br />昔の話で、特に私たちのつながりはないが、あらためて法縁を語り合ってきたいと思っている。</p> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="虎石墓 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2016%2F09%2F15%2F233734" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2016/09/15/233734">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="鶴来「親鸞聖人廟所」を訪ねる。そこには虎石墓、「倶会」の墓石が・・・。3月29日(金) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2019%2F04%2F02%2F130306" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/04/02/130306">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="暑いさなか、ちょっと各地へー鶴来、羽咋、柳田、金丸―17・18日 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2020%2F08%2F21%2F215754" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2020/08/21/215754">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p>
  82. 東本願寺出版オンラインブックフェア開催 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/10/30 14:05
    <特別企画>オンラインブックフェア開催!!【11月1日~11月30日】 東本願寺出版オンラインブックフェア ~チャリティブックフェア&2,000円以上で配送料無料キャンペーン~ 11月1日(日)~11月30日...
  83. ハンセン病問題パネル展 本日最終日です | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/10/30 11:32
    現在、難波別院(南御堂)では、「ハンセン病と真宗~強制隔離に抗した僧侶 小笠原 登~」をテーマにパネル展を開催しています。   24日から行ってまいりましたパネル展示は本日16:00をもちまして終了...
  84. 報恩講も無事に終わりました | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2020/10/30 10:03
      十月二十四日(土)講師に守口市清澤寺住職澤田見師をお迎えし報恩講を厳修致しました。法話のテーマは「疫癘(えきれい)といのち」で、蓮如上人のお書きになった御文「疫癘の御文」(四帖目九通)より「生れはじめしより … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2020/10/30/%e5%a0%b1%e6%81%a9%e8%ac%9b%e3%82%82%e7%84%a1%e4%ba%8b%e3%81%ab%e7%b5%82%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  85. 28日親鸞聖人ご命日 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/10/29 17:41
    <p> </p> <p> </p> <p><br />来月28日は御正当。</p> <p>一ヶ月前のこの日、各寺で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>満座のお参りが行われている。</p> <p>当寺は来月4日~8日。</p> <p>この日は、午前中輪島石休場の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a></p> <p>午後門前吉浦の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>にお参りする<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%BA%A4%A4">尊い</a>縁を得た。</p> <p>かつて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B7%BC%E9">坊守</a>会でお会いしていた懐かしい方々とも会うことが出来た。</p> <p> </p> <p>写真は帰りの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B3%A4">日本海</a>夕景。</p> <blockquote> <p>爾時佛告 長老<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%CB%CD%F8%CA%A6">舎利弗</a> 従是西方 過十万億佛土</p> <p>有世界 名曰極楽 其土有佛 </p> <p>號<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a> 今現在説法(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%B7%D0">阿弥陀経</a>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CE%CC%BC%F7%B7%D0">無量寿経</a>では極楽は安楽・国)</p> <p> </p> <p>世俗の君子降臨し 勅して浄土のゆえをとう</p> <p>十方仏国浄土なり なにによりてか西にある</p> <p>鸞師(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%DE%F3%C2">曇鸞</a>和尚)こたえてのたまわく わが身は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%D2%B7%C5">智慧</a>あさくして</p> <p>いまだ地位にいらざれば 念力ひとしくおよばれず</p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人作<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%C1%CE%CF%C2%BB%BE">高僧和讃</a>ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%DE%F3%C2">曇鸞</a>和尚</p> <p> </p> </blockquote> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%D2%B7%C5">智慧</a>浅きどころではないわたしは太陽の沈む「西方」に浄土をいただく。</p> <p>我が家からは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>山・宝<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>方面、すなわち山々に日が沈む。</p> <p>同じ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>なのに、外浦へ行くと海の反対方向に日が沈む</p> <p>―どうしても方向感覚がうまく育たない。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="曽々木海岸窓岩。岩の窓は義経の放った矢によってだとか、この海岸、岩は岩倉観音・白山神の寄り浜、依り代だとか多くの伝説がある。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029171642.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029171642j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029171642j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">曽々木海岸窓岩。岩の窓は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C1%B7%D0">義経</a>の放った矢によってだとか、この海岸、岩は岩倉観音・白山神の寄り浜、依り代だとか多くの伝説がある。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="真浦・逢坂から。28日17時17分。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029172128.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029172128j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029172128j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">真浦・逢坂から。28日17時17分。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同。この先の岬は危険なので回ることは出来ない。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029172242.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029172242j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029172242j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同。この先の岬は危険なので回ることは出来ない。その先端に続くのが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a>。</figcaption> </figure> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『歳月能登』御園直太郎写真集1993年刊。千畳敷の落日―この写真を用いたポスターが1962年国際観光ポスターコンクールで最優秀賞を受賞した。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029173432.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029173432j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029173432j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『歳月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>』御園直太郎写真集1993年刊。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E9%BE%F6%C9%DF">千畳敷</a>の落日―この写真を用いたポスターが1962年国際観光ポスターコンクールで最優秀賞を受賞した。</figcaption> </figure> <blockquote> <p>参考 <strong>真浦道~逢坂</strong></p> <p>『歴史の道調査報告書 第4集 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>街道Ⅱ』石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%B0%E9%B0%D1%B0%F7%B2%F1">教育委員会</a> 平成9</p> <p> </p> <p>年刊 西山執筆</p> <p> 浜道は、上道に登る地点より、さらに二八〇m先で国道と分かれ右に入る。<br /> 一四〇m先の山腹に海月庵があり、地滑り時に当地に残った数戸の内の一軒と伝承し、寛文一〇年(一六七〇)の村御印や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C2%C0%AF">安政</a>二年(一八五五)の真浦村飛脚札を所<br />蔵、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>七年(「八三六)には宝田敬が『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%BD%A3">能州</a>日暦』を著すおりに泊まった南家、御塩蔵跡地、真浦の草分けで明治六年に退転した<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%C0%B5">天正</a>期扶持百姓の刀祢家など<br />が軒を並べていた。<br /> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>十七作物名薬師の一つである浜上薬師も刀祢家上の台地にあったと推測される。<br /> 浜道は、現在逢坂燧道口で国道と交わるが、昭和三〇年に現隧道より七〇mツバ崎寄りの旧隧道が完成するまでは峠道をたどった。<br /> 峠へは、井上商店横を右に折れてすぐ左折し、若子祭りを伝える真浦<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%BB%B3%BF%C0%BC%D2">白山神社</a>の東下を通って神社後方の道に出、さらに一四〇m西の地点から峠越えをした。<br /> 上道もジョウノコシへ向かう道を左に折れ、神社西上から同じところに出た。<br /> 浜からは四二〇m奥になる。<br /> この一㎞程の峠道は、近世の紀行文には必ず難所と記され、いつからか逢坂と表記するようになったが、元々這ってしか進めないところから這坂の字が当てられて<br />いた。<br /> 紀行文には朴坂・宝坂とも記されている。<br /> 特に仁江側が急坂で、人々は「仁江の這坂」といって恐れていた。<br /> 途中に三昧跡があり、急坂を下って国道と交わる地点に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%BB%C3%CF%C2%A2">六地蔵</a>石像が安置されている。</p> </blockquote> <p> </p> <p> </p>
  86. 購入諸本など | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/10/29 16:44
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="改訂教信沙弥と往生人たちー渡辺貞麿・石橋義秀"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029123854.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029123854j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029123854j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">改訂教信沙弥と往生人たちー渡辺貞麿・石橋義秀氏</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="一念多念文意・一念多念分別事"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029155228.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029155228j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029155228j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">一念多念文意・一念多念分別事</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="こころの相続 五木寛之"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029155437.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029155437j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029155437j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">こころの相続 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CC%DA%B4%B2%C7%B7">五木寛之</a></figcaption> </figure> <p> </p> <p><strong>とも同行を育てる書籍</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029155559.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029155559j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029155559j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>稟承余草 全</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="信後相續 歓喜嘆 全 "> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029160152.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029160152j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029160152j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">信後相續 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a>嘆 全 </figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="相續心得 花かたみ"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029160403.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029160403j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029160403j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">相續心得 花かたみ</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="花かたみ 発行当時の丁子屋刊行仮名聖教・解説本"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029160510.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029160510j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029160510j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">花かたみ 発行当時の丁子屋刊行仮名聖教・解説本</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="末法灯明記"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029160741.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029160741j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029160741j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%F6%CB%A1">末法</a>灯明記</figcaption> </figure> <p><strong>一茶関係</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="あなた任せの一茶 昭和10年信道會館刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029161045.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029161045j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029161045j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">あなた任せの一茶 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C210%C7%AF">昭和10年</a>信道會館刊</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="新選妙好人傳第一編 俳諧寺一茶 昭和11年厚徳書院刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029161225.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029161225j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029161225j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">新選<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>傳第一編 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%D0%EB%DF">俳諧</a>寺一茶 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C211%C7%AF">昭和11年</a>厚徳書院刊</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="新選妙好人傳シリーズ ちょっと驚きの人選"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029161501.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029161501j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029161501j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">新選<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>傳シリーズ ちょっと驚きの人選</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="おらが春 影印 影印本には目次が無い。のにこの本には目次がある。父の終焉日記とある一茶の記録も同様。納得しがたい。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201029/20201029163037.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201029163037j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201029163037j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C5%B1%CA">嘉永</a>五年版「おらが春」影印 </p> <p>影印には目次が無い。のにこの本には目次がある。別の書だが、「父の終焉日記」とある一茶の記録も同様。その旨明記すべきだろうー納得しがたい。</p> </figcaption> </figure> <p> </p>
  87. 報恩講が勤まります | お寺の生活 | 2020/10/29 07:54
    今日の午後2時~と、明日の午前11時~、報恩講のお勤めがあります。入り口に消毒用アルコールも用意して準備しています。皆さんお誘いあわせてお参りください。
  88. 蝦夷錦、東アジアの交流 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/10/27 10:07
    <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%DC%B0%D0">蝦夷</a>錦記事</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="今朝の北陸中日新聞。蝦夷錦の寄進札は3点ある。石川県歴史博物館戸澗・大井氏が調べていったのはブログの過去を見ると去年の12月。戸澗氏が退職なさっていることもあり、数年前の出来事だったくらいに思っていた。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201027/20201027064018.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201027064018j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201027064018j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">今朝の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%DC%B0%D0">蝦夷</a>錦の寄進札は3点ある。石川県歴史博物館戸澗・大井氏が調べていったのはブログの過去を見ると去年の12月。戸澗氏が退職なさっていることもあり、数年前の出来事だったくらいに思っていた。</figcaption> </figure> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="蝦夷錦ー御門徒交流史に向けてー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2019%2F12%2F12%2F175719" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/12/12/175719">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%DC%B0%D0">蝦夷</a>錦寄進札は3枚ある。須摩屋藤右衛門(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%BE%BA%B9">江差</a>)などだが、整理がよすぎて戸澗氏らがおいでたときの写真や、別の法宝物調査時の写真が見つけ出せない。</p> <p>言い換えれば、検索がうまく出来ないということだ(このバージョンのソフトが使いにくい)。</p> <p>かろうじて見つけ出した須摩屋は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%BE%BA%B9">江差</a>総同行中の有力者で、藤田屋與三兵衞・西田屋伴右衛門・本庄屋などとともに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>十二年(1841)に内敷も寄付なさっておいでる。<br />無縁のため整理したが、墓地に「須广」とあるお墓があった。</p> <p>須磨ではなく須广姓はかつて、共に民俗調査した須广さんがそうだった。</p> <p>どんどん思い出が移っていきそうなので、この話はここまで。</p> <p>これから「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6">臥龍</a>の小径」整備のため、小笹伐り…。</p> <p>戸澗さんが副会長かぁー。</p> <p>ぼくにも勉強した日々があったなーー。ぐらいの昨日・今日</p> <p> </p> <p><strong>東アジアの交流と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%B0%E4%BB%BA">文化遺産</a></strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="高橋一二さんから。紹介したいのは次。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201027/20201027095635.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201027095635j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201027095635j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"> <p>藤井一二さんから。</p> <p>紹介したいのは次。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="万葉の総合調査をまとめるにあたって、コロナがやや落ち着くであろう来春ぐらいに能登を訪ねたいと、懐かしい藤井さんから便りがあった。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201027/20201027095845.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201027095845j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201027095845j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">万葉の総合調査をまとめるにあたって、コロナがやや落ち着くであろう来春ぐらいに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>を訪ねたいと、懐かしい藤井さんから便りがあった。</figcaption> </figure> <p>お返事に飯田からの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%A5%A2%A5%EB%A5%D7%A5%B9">北アルプス</a>(一般に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>と言っている)の写真を添付した。</p> <p>それを記事で使ってくださった。</p> <p>ちゃんとしたカメラマンみたいだ。</p> <p>そういえば、アナウンサーなどで女流カメラマンという人がいるが、女流にマンはおかしいよね、という記事を読んだ。</p> <p>女流なら写真家…とか、ともあった。</p> <p> </p> <p>小径整備がどんどん遅くなる。出よう</p> </figcaption> </figure> <p> </p>
  89. あゆみ通信 VOL.141 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/10/26 13:16
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/浪花 博会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第141号(2020年11月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼第2組合同報恩講にご参集を ▼...
  90. お道具磨き | お寺の生活 | 2020/10/26 09:20
    25日は報恩講のお道具磨きでした。今年は皆さん一所懸命磨いてくださり、ピカピカになりました。29日と30日、いよいよ報恩講です。
  91. 話題作 | お気楽極楽日記 | 2020/10/25 21:20
     先日、話題の映画「鬼滅の刃」を観てきました。漫画でストーリーはわかっていたのですが、あらためておもしろかったです。ふだんはアニメをほとんど見ないのですが、これは別格です。でも、平日の昼間だったのに、小学生の親子連れがチラホラいたのはなんでだろう?
  92. きほんの共有 | 遊煩悩林 | 2020/10/23 20:28
    <p>ご心配をいただいておりました息子の中学の修学旅行が実施され、無事に帰ってきました。</p> <p>当初は東京方面へ2泊3日の予定でしたが、和歌山へ1泊2日。</p> <p>Tokyoディズニーランドの予定は南紀白浜アドベンチャーワールドへ。</p> <p>ミッキーとの出会いは改めて、ジャイアントパンダの優浜に会ってきたそうな。</p> <p>三重と和歌山は隣県ではありますが、白浜から伊勢は休憩を入れるとざっと5時間。</p> <p>バスでの道中は、マスク着用でカラオケで盛り上がることもできず、もっぱら読書だったそうだ。</p> <p style="text-align: center;"> </p> <p>さて、秋の読書シーズン。</p> <p>お寺にも一冊の本が届きました。</p> <p>『法話のきほん』</p> <p><a title="" href="https://honno.info/kkan/card.html?isbn=9784831887764" target="_blank" rel="noopener">https://honno.info/</a></p> <p>日ごろ、あたたかいご指導をいただいている組内のご住職の著書です。</p> <p>目次 <a title="" href="http://www.hozokan.co.jp/cgi-bin/hzblog/sfs6_diary/3161_2.pdf" target="_blank" rel="noopener">http://www.hozokan.co.jp/</a></p> <p>坊守が早速、「私、読んでいい?」と持っていきました。</p> <p>寺報の「坊守コラム」の執筆を控えているので、やる気か?坊守。</p> <p>本の「表紙」や「帯」「目次」の言葉はいかにもお坊さんのための本にみえます。</p> <p>ただ、坊守がとびついたのは、法話を「つくる」ためにというよりは、法話を「聞く人」の姿勢はどうあるのかを確かめたいような感じを受けました。</p> <p>仏さまのお話を伝えようとする人にとって大切なことは、それを聞き取ろうとする人にとっても同様だと思います。</p> <p>お寺の法座でも、どのように聞けばいいのか、戸惑われる方もおいでになるでしょう。</p> <p>もしかするとお寺で初めて法話を聞く人にとっては、上手いこと言いくるめられるのではないか、洗脳されるんじゃないかと予防線をはっておられる方もおいでになるかもしれません。</p> <p>この人はこの私に何を伝えようとしているのか、という聞き方。</p> <p>「仏教の話は難しくてわからない」という人。</p> <p>「仏教を学んでみたい」という人。</p> <p>伝えようとする人だけでなく、聞いてみようという人の入門書でもあるような気がします。</p> <p>仏教のことだけでなく、身近な人との話し方、聞き方に関係してくることだと思います。</p> <p>話が一方通行になりがちな、コミュニケーションの難しさ。</p> <p>コミュニケーションは「伝達し合う」こと。</p> <p>「する側」「される側」ともに「きほん」を共有したいと思います。</p> <p>ただ、お読みになって、この「つぶやき」は「きほん」がなってないなというご批判は・・・。</p> <p>サイン入りが欲しいという方は、お願いしてみます。</p> <p> </p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/27/f3/b4eb206b2c824546a8eb6fd3d0390838.jpg" /></p>
  93. 報恩講の準備 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2020/10/23 16:47
    明日は報恩講が勤まります。 今年の定願寺報恩講はコロナウィルス感染拡大防止のために法中さんを減らし、飛沫対策をしました。 今日は朝から総代様が来られて以前作って頂いた衝立がバージョンアップしました。 座席数は総代席を含め … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2020/10/23/%e5%a0%b1%e6%81%a9%e8%ac%9b%e3%81%ae%e6%ba%96%e5%82%99/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  94. 2020年度 ハンセン病問題パネル展を開催します | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/10/23 13:41
    このたび、真宗大谷派大阪教区教化委員会におきまして、「ハンセン病と真宗~強制隔離に抗した僧侶 小笠原 登~」をテーマにパネル展を開催します。 難波別院にお参りの方、お近くにお越しの方は是非ご覧ください。 「ハ...
  95. 通信員研修会 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/10/23 13:06
    10月22日午後4時より、通信員研修会が難波別院講堂で開催されました。 大阪教区HP銀杏通信に記事を載せる方々を対象とし、その技術的方法や記事内容等に気を付けることを共に学ぶ場です。 コロナ感染対策にも配慮し...
  96. 寺域の木々 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/10/23 10:07
    <p>若山庄飯田城主の庵だった光福庵の流れを汲む飯田総道場西勝寺も寺域の周りが民家や駐車場になって時が流れた。</p> <p>何度も巨木の枝を払ってきたが、木々はあっという間に成長し枝も張る。伐採して下さる名人たちもそろそろ高齢になり、いろんな点で限界に至った。</p> <p>それで、欅の葉が散る前に、欅4本、榎2本、棕櫚4本、梨1本、欅の枝2本、椿数本の枝を、この18日から22日にかけて切っていただいた。</p> <p>その間、暇さえあれば、名人技を口開けて眺めていた。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="欅2本榎2本の頃19日"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201023/20201023100210.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201023100210j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201023100210j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">欅2本榎2本の頃19日</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="道路・電線に影響のない大きな欅2本については枝を払い、銀杏は残した。21日"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201023/20201023100312.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201023100312j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201023100312j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">道路・電線に影響のない大きな欅2本については枝を払い、銀杏は残した。21日</figcaption> </figure> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="この欅の葉の下が駐車場で、葉が散り出すとどうしようもない状況になる。今までは近くに門徒さんたちもおいでになり、時には掃き掃除もして下さっていた。とはいえ、葉の茂りようもそれほどではなかったのである。寺域の木々については加賀藩の七木の締まりや防風など、いくつかの歴史的背景や役割を説明できるが、それから150年以上たちとっくに役割を終えていたのだ。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201023/20201023103503.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201023103503j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201023103503j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">この欅の葉の下が駐車場で、葉が散り出すとどうしようもない状況になる。今までは近くに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>さんたちもおいでになり、時には掃き掃除もして下さっていた。とはいえ、葉の茂りようもそれほどではなかったのである。寺域の木々については<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%C8%CD">加賀藩</a>の七木の締まりや防風など、いくつかの歴史的背景や役割を説明できるが、それから150年以上たちとっくに役割を終えていたのだ。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同じく。左の木は棕櫚。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201023/20201023104352.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201023104352j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201023104352j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同じく。左の木は棕櫚。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="18日駐車場にレッカーが入り最初の作業が終わった。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201023/20201023104508.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201023104508j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201023104508j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">18日駐車場にレッカーが入り最初の作業が終わった。</figcaption> </figure> <p>この後、今<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>で最も通行量の多い道路側の木々作業へと移るのだが、その道路を作るための発掘が始まったのが平成元年。</p> <p>その2年後、わたしは住職となるのだけれど、後ろ側というか道路側は笹藪に覆われていた。数年かかって行った、いわば最初の作業が笹刈りだった。</p> <p>それから30年。</p> <p>すっきりした木々の中を歩いてみると、遮る木々がなう周りの家が目に入る。</p> <p>人はほとんど住んでいないが、森のお寺から町のお寺になったなぁーとの印象である。</p> <p>10月23日</p>
  97. 伝説の風景ー弁慶石・やませみ湖(北河内ダム) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/10/23 09:32
    <p>22日八組<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B7%BC%E9">坊守</a>会のため、柳田へ行った。</p> <p>少し余裕を持って</p> <p>「弁慶石」がどうなっているか訪ねた。</p> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="北河内やませみ湖(北河内ダム)"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201023/20201023065025.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201023065025j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201023065025j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%B2%CF%C6%E2">北河内</a>やませみ湖(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%B2%CF%C6%E2">北河内</a>ダム)</figcaption> </figure> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201023/20201023065114.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201023065114j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201023065114j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>ススキ・月ー♪すすき葉末にひかるは露か…(伊太郎旅歌唄)</p> <p>このあと話す予定の</p> <p>わずかなる庭の小草の白露を求めて宿る秋の夜の月(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%B9%D4">西行</a>)、この歌をこよなく好んでおられたという金子大栄師のことなどが、風となってこころを通り過ぎていく。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="弁慶石ーこの五十里葦谷地区の奥に"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201023/20201023065927.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201023065927j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201023065927j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"> <p>弁慶石ーこの五十里葦谷地区の奥に弁慶谷内というところがあった。そこには大きな石があって水路を引く妨げになっていた。あるとき弁慶が通りかかり、その石を脇によけてくれた。その出来事が地名の言われとなり、弁慶石は水の守り神になっていたという。雨乞い石だったのだろう。それがダム建設のために沈んでしまうため、この場所に移して語り伝えていくことにしたのである。</p> <p>碑文にはこのようなことが書いてある。</p> <p>ーが、いつの出来事なのかは、どこにも書いてない。</p> <p>この碑文を書いたのは府玻美智子さんである。</p> <p>わたしは民俗、伝説などを調べたり書いたりしており、府玻さんは巡り巡っての教え子でもあり、このことに関わった。当時はやませき湖を一周することが出来、弁慶谷内へ行く道もあったのだが、今はこの舗装道路、写真に写っているところまでで行くことが出来その先は進入禁止になっている。</p> <p>そこに行って「弁慶石は?」と思った。目的が弁慶石だったから、車を降りてぶらぶらしながら写真の碑に会うことが出来た。</p> <p>誰がこの碑を書いたのか?いつ?</p> <p>もっと言えば弁慶石がこのようなところにあることさえ、もう知る人がいないのではないか…。そんなことを考えさせる時の流れだ。</p> <p>帰って調べてみると、ダムは2010年8月に完成している。</p> <p>10年前の出来事だったのだ。</p> <p>府玻さんはお元気で活躍なさっているようだ。</p> <p>なお「地消地産文化情報誌 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>」創刊号から35号まで「伝説の風景」を連載した。</p> <p>それをやめてからこの前届いた41号で6号1年半経過した。</p> <p>これもズーと昔の思い出になっている。</p> <p>弁慶伝説、弁慶石は35回のうち、「別所比咩神と弁慶石」(第8号)で扱った。</p> <p>五十里弁慶谷内の他に、しっかり伝えなければならない弁慶石に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>第九番江曽観音に関わる弁慶石がある。</p> <p>これからは思い立ったとき、一人ぶらりと伝説の風景をたずねたい。</p> </figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="坊守会会所・仏性寺さんからの風景。かえるの鳴き声がここちよい。雨が近くなると一斉に鳴きだすそうだ。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201023/20201023092609.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201023092609j:plain" title="f:id:umiyamabusi:20201023092609j:plain" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B7%BC%E9">坊守</a>会会所・仏性寺さんからの風景。かえるの鳴き声がここちよい。雨が近くなると一斉に鳴きだすそうだ。</figcaption> </figure> <p><br /><br /></p>
  98. 勝てば官軍 | お気楽極楽日記 | 2020/10/22 17:33
     ドラゴンズの強さは本物なのか?試合前に抑えのライデル・マルティネスが登録抹消という暗いニュースが流れたのですが、それを吹き飛ばす見事な逆転勝利でした。途中まではランナーは出るものの点が入らないという、いつものイライラ状態でしたが、さすがは4番!ビシエドの日本通算100号のメモリアルアーチで逆転。先発の勝野、中継ぎの谷元、祖父江、抑えの福とちょっとヒヤヒヤする場面もありましたが、強打のベイスターズ打線を抑え込んでの勝利でした。  前に監督を辞めてほしいとまで思った与田監督です..
  99. 本日(10月22日)のパソコン相談室はお休みさせていただきます | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/10/22 12:33
    2020年10月22日(木)のパソコン相談室は研修会開催のため、お休みさせていただきます。 大阪教区教化委員会 広報・出版部 ホームページ委員会では、毎月第2・第4木曜日午後4時~6時、難波別院にて「パソコン...
  100. 南御堂フェスティバル | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/10/22 09:23
    10月25日(日) 15時から17時まで 青少年ルームにてお祭りを開催いたします。 しゃてき・スーパーボールすくい・コインおとし・わなげ 4種類のゲームをどれでも一回100円でお楽しみいただけます。 今年はお...

▲ このページの最初へ

 © All rights reserved 1998- , 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区
Generated:RNA 制作:教化委員会ホームページ部