ブログアンテナ 2022/01/25 03:05 RSS

このアンテナについて

最新記事100 / 登録サイト一覧(更新順)サイトごとの最新記事

  1. 善知識にあうこと かたし | ことば こころのはな | 2022/01/24 17:07
    大相撲初場所(2022年)は、御嶽海関が優勝しました。おめでとうございます。長野...
  2. 貴方のお名前は。 | ことば こころのはな | 2022/01/23 15:54
    (思いがけず昨日の投稿の続き)一昨日の晩の寝る前のほうじ茶が美味しかったので、ま...
  3. 蓮能尼の里ー虫ヶ峰太子、遙拝所 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/01/23 05:59
    <p>市町村史に関わると、同じ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>なのに地域ごとに際立った特色があることに気づく。</p> <p>中島エリアで驚いた一つに、地域霊山の遙拝所が地域の人々の記憶に残り、語り伝えられていたことがある。</p> <p>この年になると、1人で山脈に入ることは考えにくい。</p> <p>そこで、山に入らずとも遙拝所を巡りで充分じゃないか、と思うようになった。</p> <p>それこそ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A4%BB%B3">里山</a>だ。</p> <p>虫ヶ峰(釶内山)は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%D3%B4%B2">俊寛</a>伝説、熊野信仰、別所岳との背比べ(弁慶が登場する)、蓮能尼の里など…それこそ「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A4%BB%B3">里山</a>」世界に事欠かない。</p> <p>私が遙拝所、遙拝地だと聞いた調査から30年経った。</p> <p>もうそのように語られていない地もあるのではないだろうか…?</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119075241.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119075241j:plain" width="682" height="512" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>加茂河原。正面が虫ヶ峰。熊甲二十日祭りでは、この河原を枠旗が舞う。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119084910.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119084910j:plain" width="379" height="311" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>加茂河原を巡る枠旗。『図説<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>の歴史と文化(図説<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史)』(平成7年3月刊)より。</p> <blockquote> <p><strong>神の来臨 藤津・熊甲神</strong><br />別伝承では、一漁民が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EF%BB%D2%C5%E7">種子島</a>にいた二神に出会い、た<br />だ人ではないと思って瀬嵐に運んだ。二神はそこから宮<br />居を定めるため、それぞれ矢を放ち飛んでいった矢の行<br />方を探し求めた。熊甲神は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A7%CC%DA%C0%EE">熊木川</a>を遡って貝田で錨を降<br />ろし、上町高瀬山(現、市姫社地)に登って見渡してみる<br />と、加茂淵の岩の上に矢が刺さっているのが見えた、加<br />茂淵には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B6%BF%C0">龍神</a>が住み人々を苦しめていたので、神は征伐<br />された後は観音となって<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%B0%C0%B8">衆生</a>を済度するようにとの引導<br />を渡して<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B6%BF%C0">龍神</a>を退治した。この時の約束に従い神自らが<br />木を刻んで祀ったのが谷内の観音であるという。貝田の<br />錨を降ろした地を「錨田」、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B6%BF%C0">龍神</a>の血が一面に流れた田<br />を「血田」といったというように、この神話は地名由来<br />を語り、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B6%BF%C0">龍神</a>退治諌は、絶えず河水が氾濫する土地を、<br />神が治水事業によって美田に変えていった話と見ること<br />ができる。また谷内観音の本地が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B6%BF%C0">龍神</a>であったとするの<br />は、水分・白山神の本地の一つである九頭龍権現との<br />関係を思わせる話となっており、谷内観音は蛇行する熊<br />木川の治水に効験を有した観音であったことをも窺わせ<br />る。(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史 資料編上』847頁)</p> <p> </p> </blockquote> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119082153.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119082153j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>横田虫ヶ峰遙拝所 1月8日撮影。正面が虫ヶ峰。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119082248.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119082248j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>上畠・虫峰山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%B3%D0%BB%FB">正覚寺</a></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119082317.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119082317j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>釶内の地名由来を語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BB%C6%C1%C2%C0%BB%D2">聖徳太子</a>を祀る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%C0%BB%D2%C6%B2">太子堂</a>(上畠)。</p> <p> </p> <blockquote> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BB%C6%C1%C2%C0%BB%D2">聖徳太子</a></strong></p> <p>  釶打山(虫ケ峰)の太子として、また伝<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%D4%B4%F0">行基</a>作の太子と<br />して名高い<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%B3%D0%BB%FB">正覚寺</a>太子像に関しては、八月十四日、鳥越<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%C0%BB%D2%C6%B2">太子堂</a>跡石碑前庭で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BB%C6%C1%C2%C0%BB%D2">聖徳太子</a>供養の勤行が行われる。<br /> 古くから様々な伝説に彩られている太子であるが、近</p> <p>い時代では次のような伝説がある。</p> <p><br /> 横見の庄屋佐野太郎左衛門が、暗闇の夜、所用を終え<br />て家に向かっていると、突然二本の足が目の前にぶら下<br />がった。ビックリしたものの剛胆な太郎左衛門は脇刺し<br />でとっさに切りつけたところ、異形の物は大きな叫び声<br />をあげて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C5%E7">能登島</a>方面に逃げていった。岸につないであっ<br />た千石船で追いかけるが見失ってしまう。翌朝から太郎<br />左衛門は高熱を出し、八方手を尽くして治療するものの<br />やせ衰える一方で一向によくならない。万策窮まって陰<br />陽師に見てもらうと、釶内の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%B3%D0%BB%FB">正覚寺</a>の仏像を刻んで<br />飲めば治るという。<br /> この仏像というのは白壇を材料にした有名な<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BB%C6%C1%C2%C0%BB%D2">聖徳太子</a>像<br />のことで、住職は仏像を刻んで飲ませる話など聞いた事も<br />なかったが何分にも人命に関わること、願いを聞いて与え<br />たところ程なく全快したという。</p> <p>釶内地区・安泉寺にも太子の縁起が伝えられており、太子<br />講で拝読される。<br /><strong>《安泉寺太子縁起》</strong><br /> ソモソモ当檀二安置シ奉ルハ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%B5%DC%C2%C0%BB%D2">上宮太子</a>二才ノ尊像ニ</p> <p>シテ、其本地ヲ尋奉レバ、極楽浄土<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%CA%EE%BB%A7">観音菩薩</a>ノ再来ナリ、</p> <p>爾ルニ吾朝<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%D2%C3%A3%C5%B7%B9%C4">敏達天皇</a>元年正月朔日御誕生在シニ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%AB">イカ</a>ナ</p> <p>ルユヘニヤ、右ノ御手ヲヒラキ玉フことナシ、御父用命</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%B9%C4">天皇</a>深ク是ヲ悲シミ玉ヒ、種々ニ医療ヲ尽シ玉フト云ヘ</p> <p>トモ更ニ其<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%EB%A5%B7">シルシ</a>無リシニ、御歳二才ノ春二月十五日、</p> <p>大聖世尊入滅ノ日柄ニ当ッテ雪ノハタヘニ紅ノ袴ヲメサ</p> <p>レ、東方二向ッテ南<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CA%A9">無仏</a>南<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CA%A9">無仏</a>ト称シ玉フ、其御声宮中</p> <p>ニ響キ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A9%BC%CB%CD%F8">仏舎利</a>ヨリ金色ノ光明ヲ放チ給フニ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%B9%C4">天皇</a>ヲ初奉</p> <p>リ、月卿雲客ニ至ルマテ、驚キ玉ヒテ其ユヘンヲ尋玉フ</p> <p>ニ、太子ハシ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E1%A5%C6%A5%CE">メテノ</a>玉フ様、ワレ昔シ唐ニ有テハ南山ノ</p> <p>慧思禅師ト顕レ、仏法弘通セシニ、臨終ニ至テ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A9%BC%CB%CD%F8">仏舎利</a>ヲ</p> <p>ニキリ往生セシカ、又モヤ本朝ニ巨縁フカク、有縁ノ衆</p> <p>生ヲ済度ノ為ニ、此<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A9%BC%CB%CD%F8">仏舎利</a>ヲ持来レリトテ、御手ヲヒラ</p> <p>キテ見セ玉フ、是即吾朝仏法弘通ノ最初ニシテ、無量永</p> <p>劫ノ初㕝ニ仏名ヲ聞奉ル初ナリ、ヒトヘニ是末世相応ノ</p> <p>要法、弥陀ノ本願ヲ勧メントテ、自ラ此二才ノ尊像ヲ調</p> <p>剋マシ〳〵、我ニ有縁ノ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%B0%C0%B8">衆生</a>ハ、見度モアリ見ラレ度モ</p> <p>有トノ御相タナリ、故ニ久シク<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>禅家ノ国泰寺ニ於テ</p> <p>結縁シ玉フト云ヘトモ、今又当国有縁ノ御地ニヤ、ユへ</p> <p>有テ当寺へ御座ヲウツサセ玉ヒテ、シタシク弥陀ノ本願</p> <p>ヲ弘通シ玉フ尊豫ナレバ、各信心堅固ノ上ヨリ済度利生</p> <p>ノ□法ヲ□ヒ、称名<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E2%A5%ED%A5%C8">モロト</a>モ拝礼ヲトゲラリヨ」(読点筆者)。</p> <p>(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史資料編上巻835~6頁)</p> <p> </p> </blockquote> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119111711.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119111711j:plain" width="511" height="773" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119111726.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119111726j:plain" width="502" height="773" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>のたび』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ネットワーク刊)より。</p> <p>虫ヶ峰は4頁書いたが、以下2頁は省略。<br /><br /><br /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119105501.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119105501j:plain" width="568" height="864" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>「蟲ヶ峯」2004年3月、町屋おらが在所づくり委員会刊より。</p>
  4. あきない君に おもいが積もる | ことば こころのはな | 2022/01/22 16:19
    伊〇園のお茶を買うと、「新俳句大賞」の受賞作が書かれています(只今、第33回の作...
  5. ブラジルの別荘での豪華な誕生会の様子 | 新・坊主日記 | 2022/01/21 23:44
    この写真の子はバーバラちゃん。今年結婚が決まりました。動画を撮ってたら曲に合わせて踊ってくれました。お茶目な女の子です。 ファビアのお姉さんのお誕生会に行ってきました。 豪華な別荘の様子をご覧ください。 ブログでも様子を書いています。 https://www.brasilsanpo.com/2022/01/b... 豪華な別荘の様子は動画でたくさん紹介しています。どうぞご覧ください。 ↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓https://www.youtube.com/user
  6. マスクをしていようがいまいが、 | ことば こころのはな | 2022/01/21 15:45
    小学校の展覧会に行ってきました。校長、副校長、先生、保護者、いろいろな人と挨拶を...
  7. 西蓮寺聞法会配信 | ことば こころのはな | 2022/01/20 12:08
    こんにちは今日は大寒。寒いですね。身体が温まりません。昨日(1月19日)は、お寺...
  8. 多羅山蓮光寺ー蓮能尼の里  | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/01/20 07:55
    <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%B8%F7%BB%FB">蓮光寺</a>圓谷城燕師が1月4日(火)、88歳で還帰なされた。</p> <p>先に帰られた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B7%BC%E9">坊守</a>さんは、私が教区会副議長を務めていた頃の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B7%BC%E9">坊守</a>会会長さんで、その時期に迎えた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人5百回御遠忌などでは、人々の願いを聞き、精神的な支えになって下された。城燕師は御遠忌に加え、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史調査においても頼りきっていた方である。</p> <p>多羅(タタラ)山、『拾塵記』に紹介されている小仏、蓮能尼の里の中心道場の雰囲気に触れることが出来るため、よく訪ねたものだった。</p> <p>蓮能尼の手紙が伝わっており、表装して庫裏の欄間に掛けてあったのを、某学者の研究にと乞われ貸したところ、失火により灰燼と化してしまった。かつて消息横掛け軸を飾っていた長押を、そこにあるかのように愛おしむ眼差しで話してくださった姿を忘れることが出来ない。</p> <p>城燕師がいつもお会いになって下さった座敷に、その長押があり、ご家族としばし思い出を語りあった。</p> <p> </p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119124022.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119124022j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>左・鳥越多羅山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%B8%F7%BB%FB">蓮光寺</a>。 電柱の向こう側の山脈が蓮能尼が育ったと伝える西谷内城。</p> <p> </p> <p><strong>『拾塵記』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>10男 実悟著 母は蓮能尼(1998・平成10年 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%CB%DC%B4%EA%BB%FB">東本願寺</a>出版部刊『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と現代』附資料より)</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119124306.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119124306j:plain" width="660" height="1092" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119124336.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119124336j:plain" width="450" height="1081" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史資料編上巻』</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119124153.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119124153j:plain" width="186" height="341" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119124111.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119124111j:plain" width="715" height="1018" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>拾塵記</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119124233.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119124233j:plain" width="447" height="686" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>御開帳</strong> 『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史資料編上巻』837頁</p> <p>『末世目覚草』に、</p> <blockquote> <p>同年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%DD">天保</a>十四年・1843)の八月三十一日より六日間、<br />今度は正永寺において鳥越<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%B8%F7%BB%FB">蓮光寺</a>の法宝物である「一、<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%BC%E7">法主</a>影像壱幅一、六字名号二幅 一、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%BC%E7">法主</a>文</p> <p>二通 一、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B5%C7%A1">教如</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%BC%E7">法主</a>消息一通」の開扉弘通が行われている。<br />以上挙げたのは記録に残されているもののみで、この<br />他にも多くの宝物が人々の目を楽しませ、法悦に至らせ<br />たものであろう。布教の一方法として当地においても盛<br />んに出開帳が行われていた時代があったのである。</p> </blockquote> <p>※正永寺には、有名な二面太子像がある。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119203401.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119203401j:plain" width="321" height="234" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p>
  9. ズーム | 気ままな日記 | 2022/01/19 17:58
    今日はZoomにて講義を受けています。 昨日からの連続なんですが… 南御堂を会場に行われているのですが コロナによって、 このようなオンラインでの受講すること が可能になりました。 ホントに便利になりました。 移動時間も無く、自分一人の空間で 受講できる。 もちろん、ライブで受講すれば その場の空気感など、オンラインでは 伝わらない事もあるでしょうけどね。 [画像]
  10. 嬉シ 悲シノ 六字カナ | ことば こころのはな | 2022/01/19 16:27
    「六字」の名号を称えることは、身に余る悦び(よろこび)のはずである。何故なら、...
  11. 今は昔 | ことば こころのはな | 2022/01/18 19:55
    1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災。当時NHKのアナウンサーだった住田...
  12. 蓮能尼の里ー辻堂地蔵(町屋)と太郎助地蔵(鳥越) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/01/17 15:28
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220117/20220117105504.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220117105504j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>   2022年1月8日撮影</p> <p>虫ヶ峰登山道口-町屋地内</p> <p><strong>名号塔</strong></p> <p>銘    </p> <p>    永和三五月十五日 佛心   </p> <p> 南無<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>佛    </p> <p>    <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%B2%DD">日課</a>六万遍念佛</p> <p>    ※永和三年 1377年 地上129㌢、幅44㌢</p> <p>[参考]<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>豊田・市姫観音と呼ばれている弥陀三尊種子板碑(176㌢×103㌢)に</p> <p>應安三年(1370)二月時正の銘</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220119/20220119082636.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220119082636j:plain" width="1037" height="692" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>右堂内に弥陀三尊種子板碑を祀る。説明はないが、左下の石が「弁慶石」。次の伝説がある。『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史 資料編上巻』857頁</p> <blockquote> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%AD%C5%C4%C4%AE">豊田町</a>が町と呼ばれているのは毎月十六日の市が<br />立っていたためといわれ、市姫<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%C6%B2">観音堂</a>がある。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%C6%B2">観音堂</a>前<br />にある長さ一・八㍍、奥行き・高さそれぞれ約九〇㌢<br />の石を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C1%B7%D0">義経</a>の「腰掛け石」といっている。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C1%B7%D0">義経</a>・弁慶の<br />一行がこの地を通りかかった時、疲れの見えていた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C1%B7%D0">義経</a><br />に休んでもらうために弁慶が後ろの山から担いできた石<br />といい、その時についた弁慶の指の跡があるという。腰<br />掛け石は、元々立石であったが、ある時一老人がこの石<br />を台にして別の石で藁打ちをしたため、石霊が怒って夜<br />中に音を立てて倒れたとの話がある。</p> <p> </p> </blockquote> <p> </p> <p><strong>辻堂地蔵</strong> 別名・首なし地蔵 立て膝型 高さ29.0㌢、幅43.0㌢</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220117/20220117145457.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220117145457j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><strong>太郎助地蔵</strong> 鳥越地内 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%B8%F7%BB%FB">蓮光寺</a>前田中 立て膝型 高さ40.5㌢ 幅39.0㌢</p> <p>  2021年5月17日撮影</p> <p><strong>民話</strong></p> <p><strong>辻堂地蔵と太郎助地蔵</strong>        『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>史』資料編上巻 平成七年 828頁<br />町屋の辻堂地蔵と鳥越の太郎助地蔵の二つの地蔵に関して次のような伝承がある。<br />連日日照りが続き、これ以上水不足が続いたら稲が立ち枯れてしまうというギリギリの年があった。その年、ムラの死活を背負い一滴の水も惜しいと寝ずに水番をしていた鳥越の五兵衛の目を盗み、町屋の佐助が水を町屋側に流したため、カーッとなった五兵衛は鍬を振り降ろして佐助の首をはねてしまう。我に帰った五兵衛は、大変なことをしでかしてしまったとあらためて切り落とした首を見ると、そこには佐助の首ではなく地蔵の首が転がっていた。<br /> 罪は罪として、辻堂地蔵がムラのことを思って犯した佐助の身代りとなって首をはねられたのである。一方、こともあろうに地蔵を傷つけてしまった五兵衛は、恐れおののいて傍らの太郎助地蔵に救いを求いを求めた。太郎助地蔵は地蔵同士の争いということにしておこうといって、自ら左手首を折って決着をつけた。<br /> 辻堂地蔵には首がなく、太郎助地蔵には左手首がないのは、地蔵たちが二人の人間を救ったこんな出来事によるというのである。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220118/20220118195017.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220118195017j:plain" width="474" height="351" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1991年撮影 向かって右鳥越太郎助地蔵<br />左 辻堂地蔵</p>
  13. 発展による知識の上書きで、大切なものを消してしまってはいないか | ことば こころのはな | 2022/01/17 12:34
    2022年1月17日を迎えた。1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災から2...
  14. 信心歓喜 | 遊煩悩林 | 2022/01/16 18:49
    <p>報恩講に向けておみがき。</p> <p>三密を避け、年頭の世話人会に併せて、世話人のみで行いました。</p> <p>おみがきの後の世話人会。</p> <p>冒頭、総代が、昨年逝去されたお二人の世話人さんの功労に触れて、私もそろそろ「恩」を売るのでなく返していかなくてはいけない年になってきたと。</p> <p>お寺の組織としては、お二人に代わる人選が求められますが、お二人に代わる人などいない。</p> <p>お二人が焼いた世話は、このお二人だから焼けた世話。</p> <p>それぞれのご信心に基づいてお気づきになったことを自主的に世話を焼いてくれた。</p> <p>誰かの指示を必要としないそんなお世話。</p> <p>多くの方々の世話を遡っていくと「恩」に辿り着くのではないだろうかと思った。</p> <p>「世話人」という表現はいつからのことか。</p> <p>「世話人」とは言い得て妙。</p> <p>福澤諭吉に言わせれば、「世話」には「保護」と「命令」の二つの意味があると。</p> <p style="padding-left: 40px;">世話の字に二つの意味あり、一は「保護」の義なり、一は「命令」の義なり。</p> <p style="padding-left: 40px;">保護とは人の事につき、傍より番をして防ぎ護り、あるいはこれに財物を与え、あるいはこれがために時を費やし、その人をして利益をも面目をも失わしめざるように世話をすることなり。</p> <p style="padding-left: 40px;">命令とは人のために考えて、その人の身に便利ならんと思うことを指図し、不便利ならんと思うことには意見を加え、心の丈を尽くして忠告することにて、これまた世話の義なり。</p> <p style="padding-left: 40px;">『学問のすすめ』第14編</p> <p>保護と命令のバランスが、真に「世話」することだと。</p> <p>この後にある「大きに(な)お世話」の件など具体的で面白い。</p> <p style="padding-left: 40px;">『学問のすすめ』<a title="" href="https://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/47061_29420.html#midashi1570" target="_blank" rel="noopener">https://www.aozora.gr.jp/</a></p> <p>福澤のこうした言論が「近代化」という時代の命題にいくらかの効果をもたらしたのだろう。</p> <p>しかし「昔かたぎに、田舎の老人が旧ふるき本家の系図を持ち出して別家の内を掻かきまわし」とか、今でも大して変わってないとも思う。</p> <p>さて、寺の世話を担ってくださる方がだんだんいなくなってきたという愚痴なのですが。</p> <p>福沢諭吉の「世話の字義」はとにかく、私のパソコンの「せわ」の変換候補には、</p> <p style="padding-left: 40px;">【世話】</p> <p style="padding-left: 40px;">①気を配って面倒をみること</p> <p style="padding-left: 40px;">②中に入って取り持つこと</p> <p style="padding-left: 40px;">③手数がかかって苦労すること</p> <p>と挙がってきた。</p> <p>「合理性」と「効率」が最優先される現代社会において、「手数がかかって苦労すること」をわざわざ担うということ。</p> <p>「ゆうちょ」すら「手数料」の時勢。</p> <p>寺の世話など「骨折り損のくたびれもうけ」ながら、その手間をかけるところに尊さを担保し、生きることの歓びに転化してきたところに「おみがき」が仏事として伝統されてきたことがあるのだろう。</p> <p>だとすれば、私の愚痴は自分のところに返ってくる。</p> <p>みがきが足らん、と。</p> <p>真宗の信心は他力の信心。他力が足らんのでない。</p> <p>「歓び」の欠如。</p> <p>たくさんの世話をかけてお荘厳を整え、恩に報いる「歓び」を共有したいと思います。</p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5f/b7/60d967f6e74a1ff6624d1d4366688ef0.png" /></p> <p style="text-align: center;"><a title="" href="http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/events.html" target="_blank" rel="noopener">http://jyosyoji.info</a></p> <p style="text-align: left;">なお、オミクロン株の感染拡大を受けて、三重県内に「まん延防止等重点措置」が発令された場合、報恩講は勤行のみとすることが世話人会で決定しました。</p> <p style="text-align: left;">ご門徒各位にはどうかご理解くださいますようお願い申し上げます。</p>
  15. みんなのなかの私 私も含まれてのみんな | ことば こころのはな | 2022/01/16 14:50
    自身の成績が上がらず落ち込んでしまう。成績が何を指すのか。自分の取った“点数”な...
  16. 宮崎 ご助成 | お寺の生活 | 2022/01/16 11:15
    今年の宮崎のご助成が勤まりました。皆様お参りいただきありがとうございます。
  17. まえむき | 気ままな日記 | 2022/01/16 09:56
    今日は法務中、いつもの駐車場に。 よくよく見ると「前向き駐車」の張り紙がしてあります。 フェンスの向こうに民家があるので、 排気ガス等でご迷惑をかけない為だろうと分かります。 なので私は頭からツッコミましたが… 意外と皆さん守らないのですね。 「前向き駐車」の意味が分からない方 もあるかも知れませんね。 私も最初は悩みました。 帰りに出やすいように前に向けなさい、 という意味かと思った事もありました。 でも、この駐車場は丁寧に絵入りで示してありました。 これなら迷わないはず…ですよね。 [画像] [画像]
  18. 移動 | 気ままな日記 | 2022/01/15 21:00
    今日は朝からそこそこの移動距離。 朝は大東市に行き、そのまま此花区。そこから泉佐野市に行き 最後は尼崎へ。平日と違って、車の流れはスムーズだったので 思ったほど時間はかかりませんでしたが、 身体が痛くなりました。
  19. 公平性・公正性・透明性 | ことば こころのはな | 2022/01/15 12:00
    新型コロナウイルスの影響で大学入学共通テストを受けられなくなった受験生に対する救...
  20. 報恩講の内容変更について | つれづれ日誌 | 2022/01/15 09:07
     急遽ではありますが、法要の内容を変更して厳修いたします。皆様のご理解とご協力をお願いします。期間は恒例の如く一週間お勤めいたしますが日中のお勤めのみといたします。  詳しくは案内をご覧の上おいでくださいますようご案内申し上げます。 尚、法要期間中...
  21. | ことば こころのはな | 2022/01/14 11:03
    東京も寒さ厳しくなり、日の出前に玄関を出ると霜が降り、蹲(つくばい)に氷が張って...
  22. 報恩講のごあんない | つれづれ日誌 | 2022/01/14 10:18
    &nbsp; &nbsp; 昔は何もなかったが、何かがあった。 今は何でもあるが、何かが足りない。  報恩講の時節になりました。本年も皆さまと聞法に励みたいと思います。 昔から真宗門徒は「親の法事より報恩講、親の法事が報恩講」・「報恩講には必ず参れ」と...
  23. 御恵与 2冊 『加能人』新年号(『伝説とロマンの里―北能登の風土と文化―』紹介)、『上井正三詩集 梅』亀鳴屋版 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/01/14 09:55
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220114/20220114093258.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220114093258j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>写真は8日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C5%E7%C2%E7%B6%B6">能登島大橋</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>。</p> <p> </p> <p>13日猛吹雪の中、金沢から夜8時過ぎに帰宅すると、封書に混じって献呈と印を押した加能人社の封筒があった。開いてみると『加能人』新年号が入っており、</p> <p>次の記事があった。</p> <p>『伝説とロマンの里―北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化―』をご紹介くださっていたのだ。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220114/20220114093037.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220114093037j:plain" width="902" height="515" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220114/20220114093403.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220114093403j:plain" width="415" height="582" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>紹介して下さった『加能人』2022新年号</p> <p> </p> <p><strong>『上井正三詩集 梅』亀鳴屋版</strong>  </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220114/20220114093447.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220114093447j:plain" width="413" height="622" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220114/20220114093519.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220114093519j:plain" width="591" height="878" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>こちらは『伝説とロマンの里―北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化―』と交換。</p> <p>お互い元気だよーのエール。</p> <p>続刊予定を見ると、お二方はなしたことがある方の予定が入っている。</p> <p>たのしみだ…</p>
  24. | 気ままな日記 | 2022/01/13 18:58
    今日は1ヶ月振りの歯科。 知覚過敏で通いはじめて…3ヶ月ぐらい。 非常によくなりました。 次は3ヶ月後…忘れそうですが、 それまでは言われた事を守りながら 頑張りたいと思います。
  25. | ことば こころのはな | 2022/01/13 10:51
    西蓮寺 本堂前の第2掲示板 2022年に入り掲示しているのは、写真の文字。 ...
  26. さすがの私も | 住職雑記 | 2022/01/12 23:59
    昨日は、知人が経営する居酒屋のオープニングイベントがあった。私も誘われており、お...
  27. 「御文」第五帖 第12通(御袖すがりの御文) | ことば こころのはな | 2022/01/12 11:25
    当流の安心のおもむきをくわしくしらんとおもわんひとは、あながちに智慧才学(ちえ...
  28. 彼の判断を尊重する | 住職雑記 | 2022/01/11 23:59
    今朝のTBSラジオ番組「伊集院光とらじおと」の中で、同番組がこの春で終了すること...
  29. 掲示板のことばアーカイブズ(45) | ことば こころのはな | 2022/01/11 09:07
    2021年(令和3年) 1月〔№527/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板...
  30. 順法と軽視と | 住職雑記 | 2022/01/10 23:59
    成人の日。私の思い出は、ない。当日は京都でアルバイトに入っていた。「成人の日」に...
  31. ことばは、“私”にとどいているもの | ことば こころのはな | 2022/01/10 17:47
    昨日の投稿「南無阿弥陀仏がないからでしょう」と一昨日の投稿「親鸞の思想はいささか...
  32. 成人の日 | 気ままな日記 | 2022/01/10 12:39
    今日は成人の日ですね。 自分の時は。。。もう26年前、 たしか雪が積もっていましたね。 積もると言っても数センチですが。 それでも大阪では大変です。 振り袖姿の女性が、 足下を気にしながら 歩いていたのを思い出しますね。 コロナの中での成人の日、 無事に行われることを念じます。
  33. 尊厳 | 遊煩悩林 | 2022/01/10 12:35
    <p>オミクロン株</p> <p>不謹慎ながら「買いか」「売りか」みたいな。</p> <p>新型コロナウイルスのギリシャ銘柄も「Ω(オメガ)株」まで時間の問題だろうか。</p> <p>年始の感染者数の増加傾向に、月末の常照寺報恩講をいかに勤めるのかと。</p> <p>近くご案内を申し上げる所存でございます。</p> <p>さて、昨年末に2022年版の寺報「朋光」第45号をご門徒の皆さまにお送りしました。</p> <p>その一部分をホームページにアップしました。</p> <p style="text-align: right;">「朋光」第45号 <a title="" href="http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/buddhism.html" target="_blank" rel="noopener">http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/buddhism.html</a></p> <p>コロナによる「不要不急」の行動制限「禍」から「いのちの尊厳性」をたずねて。</p> <p>コロナを「吉凶禍福」でみる我々の信仰心。</p> <p>信仰心と言っても、何も自覚はなくコロナは「禍」という。</p> <p>無意識の信仰。</p> <p>コロナに遭うて私たちの生き方が根底から問われる。</p> <p>数日前にNHKの番組で、羽田空港の検疫官が</p> <p style="padding-left: 40px;">正しくありたいが優しくもありたいジレンマ</p> <p>と表していたのが印象的でした。</p> <p style="text-align: right;"><a title="" href="https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4625/index.html" target="_blank" rel="noopener">https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4625/index.html</a></p> <p>「水際対策」による一定期間の隔離という「正しさ」を入国者に要請するもなかなか理解が得られない。</p> <p>死産して帰国した女性、親の訃報を聞いて帰国する人。様々な事情に触れて「優しくありたい」。</p> <p>人として優しくありたいが、「正しく」仕事をしなければならないというジレンマ。</p> <p>ここでは「正しさ」と「優しさ」が対立構造になっている。</p> <p>正しさは優しくなく、優しさは正しくない、と。</p> <p>それが「禍」の実態か、いや日常なのかもしれない。</p> <p>ここでいう「優しさ」は、正しくないことの容認ということだ。</p> <p>寛容。</p> <p>正義の対極にそれがあることを留めておきたいと思った。</p> <p>正しさだけでは生きられない。</p> <p>それが尊厳でもあろうか。</p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/9b/6a4ddcf1d0b289a55770a670f70503ee.png" /></p>
  34. 石動山ー大字石動山集落の生活 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/01/10 10:50
    <p>8日に釶内に行く用事があり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>を仰いでドライブし、展覧会も見てきた</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220109/20220109082942.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220109082942j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>1月8日11時。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C5%E7%C4%AE">中島町</a>横見からの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220109/20220109083157.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220109083157j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>ふるさと創修館からの七尾城山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>山脈</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220109/20220109083409.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220109083409j:plain" width="842" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AF%C5%E7%C4%AE">鹿島町</a>史民俗編執筆のため、冬の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>集落を調査したのが昭和58年の暮れか59年にかけてであった。その頃飯田高校の教員をしていたので、冬の厳しい<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>を求めていったのではなく、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%BF">天平</a>寺と1、2軒の住んでおられた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%BF">天平</a>寺集落へ調査に入ることが出来たのは、その時期しかなかったのだ。編纂室の桜井さんと一緒に行った記憶があるが、もう40年近く前のことだ。”雪の広田家前”といったフレーズがボアーと浮かぶだけ。</p> <p>現今の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>、調査時の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>、そしてそれ以前の集落の様子が写真で見ることが出来るというので、行ってきた。一枚一枚の写真が語りかけ、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>分校の歌」の詞に楽譜があったのでそれとなくハミングしてみた。</p> <p>二番の歌詞 (作詞・作曲中村秀男)</p> <p>♪<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の文化の発祥地 礎石にかおる百合の花 きれいな心 よい頭 強い体をみがくのだ</p> <p> </p> <p>何度か調査その他で訪れた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>一帯の光景が脳裏にひろがる…</p> <p> </p> <p><strong>石川県『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AF%C5%E7%C4%AE">鹿島町</a>史』通史・民俗篇に書いた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>集落の行事 </strong>執筆西山 昭和六十年九月刊</p> <p>第4章年中行事と宗教生活 </p> <p>第一節 年中行事  </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>集落についてのみ、ピックアップする。</p> <p><strong>[二月正月の準備]</strong> 一月二十九日に搗く餅を「苦の餅」といって嫌ったのは、坪川・武部・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>・小竹・東馬場・藤井・曽祢などであり、曽祢では、三十一日にも搗かなかったという。他地区では、余り日を気にかけておらず、その理由を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>教義で説明したり(小田中)、逆に「苦に勝つ」(井田)、「苦を潰さんか」(最勝講)と敢えて搗く家もある。(一〇七八頁、以下略)<br /><strong>[繭玉]</strong>用いる木は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>がミズノ木。<br />繭玉とは、千切った餅の形が繭に似ているところから、養蚕の盛んな頃にそう呼ばれるようになったといわれるが、どちらかというと、稲穂の姿を表わしており、その形状に豊かな実りを期待したものである。西・原山・小竹では、それを示すように稲穂といい、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、御花〈おはな〉といった。<br /><strong>[除夜の鐘]</strong> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、戦前に若い衆が頼まれて日澄寺の鐘を撞いた。<br /><strong>[宮参り・寺参り]</strong>元旦の朝に、蟻ヶ原・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、古くから宮だけに参ってきた。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、夜中に済ます人があり、女性は夜が明けてから参る。<br /><strong>[棚捜し]</strong> 二月四日は、「棚捜し」という地区(存江・西・坪川・久乃木・武部・井田・小田中)と「仕事始め」という地区(蟻ヶ原・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>・尾崎・東馬場・藤井・小金森・曽祢)に分かれる。滝尾地区が大体の境で、北の方の地区では、お供えものを降ろして食べる日との意識が強い。「仕事始め」という地区でも、特に仕事があるわけではなく(曽祢)、祝い縄の大人版程度の仕事をした。蟻ヶ原・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、山仕事や炭焼きを始めた。<br /><strong>[サツキ正月]</strong> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では鍬などの農具形の団子を作り、鍋の中を鍬や朳〈いぶり・えぶり〉で混ぜる動作をした.中には蕎麦〈そば〉を打って食べる家もあった。<br /><strong>[<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%F3%BD%BD%C6%FC%C0%B5%B7%EE">二十日正月</a>・寺正月]</strong>原山・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、五十年程前にはすでに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%F3%BD%BD%C6%FC%C0%B5%B7%EE">二十日正月</a>と、言うだけの日になっていた。<br /><strong>[重ねの一日]</strong>どの地区でも、三月一日を重ねの一日〈ついたち〉といい、餅を食べてゆっくりと休んだ。<br /><strong>[春の山祭り]</strong>三月九日。山の神が、木の側〈そば〉に遊んでおられる(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>)とか、木の種を「蒔〈ま〉かしゃる」(水白)といい、この日に木を切ると怪我をする(二宮)、特に「トモノ-木を切る道具-が危ない」(原山)などと言って気を使った。<br /><strong>[ネハン(涅槃)]</strong>三月一五日。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、伊須流岐比古神社拝殿正面に涅槃図〈ねはんず〉を掛け、三蔵坊の広田家当主が僧侶代わりを勤めるお参りがあった。<br />一軒に二.三合の米を出し合い、五班のうち二班が当番になって団子を作ったが、その後、東と西の版で交替するようになり、日も三月九日の山祭りの日に移った.餅米・小豆・豆・粟を入れた赤飯を供え、五穀豊穣を祈った後にそれを参詣人が戴いた。同地区では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CF%A1%BD%A1">日蓮宗</a>日澄寺でも、同日に団子撒きが行われた。現在(※昭和五十八年ごろ)では、両者とも三月十日前後の適当な日に行われている(実施時間は異なる)。<br /><strong>[雛祭り]</strong>四月三日。原山や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、あまりこの日を意識せず、蟻ヶ原では、昭和十五、六年頃に廃れている。<br /><strong>[江堀り・ハンカイコウ]</strong> 西の二十四日は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>の春祭りの日であった。古くは「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>祭り」といい、団子を作って祝った。かつて近郷に名高かった<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>の祭りが、西地区に踏襲されてきた点で注目されるが、昭和三十年頃には四月三日(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E1%B6%E7">節句</a>)に移っている。男達が総出で作業を午前中で済まし、昼に二升の酒と油揚飯〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%A2%A4%D6%A4%E9%A4%B2">あぶらげ</a>まま〉(炊き込みご飯)を食べて別れたものである。<br /><strong>[山見] </strong>五月十四日。七尾大<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CF%BC%E7%BF%C0%BC%D2">地主神社</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%B2%A6%BF%C0%BC%D2">山王神社</a>)青柏祭を見に行くこと。原山・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、行く人を大目に見ていたとか、子供にせがまれた家ぐらいが行ったという程度であるが、ほとんどの地区では、「山見にも行かんと仕事しとるか」と悪口を言われる(小竹・東馬場)くらいに、こぞって出かけたものであった。<br /><strong>[サツキ]</strong>田植をサツキという。五月二十日頃を中心にして、六月五日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E1%B6%E7">節句</a>頃までにサツキを終えたものである。山間部では遅く、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、五十年程前までは六月十八日頃までかかった。<br /><strong>[田休み]</strong>一通り田植を終えた時の休み。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、田休みを「泥落とし」とも言った。<br /><strong>[煎菓子盆]</strong>七月一日(他市町村では氷室の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%E1%B6%E7">節句</a>という所も多い)。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、休み日とし、蟻ヶ原では、虫送り祭りを兼ね区長宅へ集まって飲んだ。<br /><strong>[雨降り盆・雨乞い]</strong>田植えが終わったあと、雨が欲しくてたまらない頃に恵みの雨が降ると、雨降り盆(徳前・二宮・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>)・雨降り祝い(西・最勝講・水白・福田)・雨盆(高畠・小金森・曽祢)などといって、一斉に休み日とした。雨乞いは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>大御前で祈祷を行ったり、三幅の雨乞いの掛け軸を用いた(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>)。<br /><strong>[虫送り]</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、二十年程前まで、七月七日の午後二時から若い衆が「トコトコトントン、トントントン」と太鼓を打ちながら、焼尾地区まで回った。<br /><strong>[八月十三日から十六日]</strong> 「夜ハ仏前ニきりこトイフ灯籠ヲ吊〈つる〉シテ死人ノ冥福ヲ祈ル」(「郷土調査第二輯・風習思想篇」昭和十三年御祖尋常高等学校)とあるが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、キリコは金沢・富山側の行事であるといい、水白・小田中で、一軒ずつ吊った家の記憶がある程度で、一部の家の風習でしかなかったようである。<br /><strong>[盆踊り]</strong>八月十四日(坪川・久乃木・武部・井田・小竹)・十五日(坪川・武部・二宮・原山・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>・井田・高畠・小金森)・十六日(坪川・徳前・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>・井田・藤井)の三日間が中心で、三日間とも行われたのは、近郷の中心地区である。<br /><strong>[七尾の相撲]</strong>十一月三日、七尾<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A6%C5%E6%BB%B3">愛宕山</a>で光徳寺の満座相撲(お取越相撲・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%C4%B9%C0%E1">天長節</a>相撲・明治記念相撲)が行われ、近郷から多くの人が出かけた。原山では、半分ぐらいの人が出かけ、蟻ヶ原では、山見ほどではないが、若い人も出かけた。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、今も出かけ、井田では、男は相撲見物、女は法事参りという風であった。<br /><strong>[カリンテ・庭仕舞]</strong>稲を刈り終わるのをカリンテという。その日は、里芋を小豆で炊いた芋のイトコ汁(坪川)、ボタ餅(芹川・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>・最勝講・水白・尾崎・福田・高畠・小金森)、赤飯(曽祢)、刺身(小金森)などで祝った。<br /><strong>[バンモチ]</strong>田んぼの収穫後によくバンモチが行われた。石または米俵を担ぎ上げるもので、坪川・久乃木・武部では米俵を用い、石は聞いたことがあるという程度である。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>・最勝講(四斗・五斗・一石)・福田(四斗・一石)では石を用いた。運動会の競技にもなったが、大正初め頃(曽祢)、大正終わり頃(存江・久江・福田)、昭和初め頃(久乃木・武部・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>)には行われなくなった。<br /><strong>[冬の山祭り]</strong>  十二月九日は、冬の山祭りの日で、春の山祭りとほぼ同じ伝承が残されている。二宮ではこの日を田の神様ともいう。武部・芹川・蟻ヶ原・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、春より秋の山祭りを重視してきた。<br /><strong>[訪れる人々・芝居]</strong>  福俵を持った人が回ってくるのも正月の風物詩の一つで(存江・徳前・蟻ヶ原・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>・最勝講・久江)、万歳師のようないでたちで、歌の拍子に合わせながら小さな俵を各家の座敷の中へ投げ込んでいった。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では今でも行者がしばしば訪れる。</p> <p> </p> <p>第二節 祭礼行事<br /><strong>[春祭り概観]</strong>四月二十四日(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>)。蟻ヶ原では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>と同日の二十四日に行われていた。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、昭和三十年頃まで盛大に行われた。幟は、鳥居の下と高に各二本、焼尾地区の高と宝池家の前に各一本の、計六本を立てたが、後に四本になった。「〽伊勢の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%C0%C9%D7">太夫</a>様、春出てござる、春は日もよし日も長い」など伊勢音頭を歌いながら御輿が練り歩き、これを「オネリ」といった。中入りは二か所であり、ゴマをふった握飯を食べ、酔にまかせて踊ったり跳ねたりした。その頃は、夜中までかかり、焼尾地区へも春・秋祭り共に御輿が回ったことがあった。ここでも、御輿が出ることを「ゴコウな出る」といった。<br /><strong>[秋祭り概観]</strong>  十月二十四日(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>)。蟻ヶ原・久江原山分はかつての<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>と同じ十月二十四日に行われた。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>では、ヨソブリ・獅子殺しなど七種類の獅子舞があり氷見の十二町から習ったと伝えられる。</p> <p>三 特殊祭礼<br /><strong>[開山祭]</strong>一一七三頁<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>の開山祭は、泰澄大師の御霊祭りと称され、かつては、毎年七月七日に泰澄開基と伝えられる宝池院(明治以降は宝池家)で行われてきた。祭りの日に、子供達が宝池家へ笹餅をもらいに行ったものだという。大正十年に伊須流岐比古神社が神饒幣帛供進神社に指定されたのを機に、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>区による祭礼となった。信仰の中心は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%EF%A5%B7">イワシ</a>が池の霊水にあり、この水は四百四病に利くといわれ、特に氷見の灘浦地方の大敷関係の人々の厚い信仰を集めている。祭りには大御前に灯明があがり、多くの参拝者があったといい、灘浦を守る霊地としての<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>の影響は絶大なものがあった。一升ビンに池の水を汲んで神前に並べ、御祓いを受けるが、これを「お水取り」という。隆盛を見たのは、三蔵坊の広田まさき氏によって神託が広められた明治三十年代頃からといわれている。現在は、午前十一時から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%CA%BF">天平</a>寺で法事が営まれ、午後から神社で開山祭の神事が行われる。この時、山開きの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%CB%BB%EC">祝詞</a>・水分神への<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%CB%BB%EC">祝詞</a>・開山泰澄大師への<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%CB%BB%EC">祝詞</a>があがる。近年、鹿島側からの参詣者も増え、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AF%C5%E7%C4%AE">鹿島町</a>でも、町を代表する行事として宣伝に努めている。この日に地区の虫送りも行われていた(本章第一節参照)。<br /><strong>[その他の祭り]</strong><br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>との境界争いに勝った日を記念したという蟻ヶ原のクジョウ祭り(十月十一日)もあった。</p> <p>第三節 宗教講と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%B4%D6%BF%AE%B6%C4">民間信仰</a><br />二 在所御講<br /><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a></strong> 主だった家を順番にまわるオコサマがあり、子供達が容器を持っていくと、おかずを入れてくれた。必ず、その家で作った豆腐と小豆の御汁がついた。在家<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>をオシッチャあるいはゴマンサイといい、決まって十二月二十五日に営まれていた。在所の一軒の家に集まり、大坊主様(導師)の「ひっぱったお経」に唱和するのである。子供達は、煎菓子・豆・蜜柑・数珠状にした栗・串柿などを袋に入れ、砂糖・飴を混ぜたゲンコツオコシを持って、年寄りに手をひかれて集まったものであった。卵や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%BF%A5%AF%A5%EA">カタクリ</a>と合わせた山芋もよく持っていった。御伝紗(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>伝絵)の第一段が読み上げられ、九時から四時頃まで営まれた。この規模のものは、昭和三十年頃にはなくなった。<br /> <br />四 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%B4%D6%BF%AE%B6%C4">民間信仰</a><br /><strong>[観音信仰]</strong>  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>は、本社に相殿として本地<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%CA%EE%BB%A7">観音菩薩</a>の白山社があり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a>第九番札所として名高い。なお、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>については、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AF%C5%E7%C4%AE">鹿島町</a>史』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>資料編(昭和六十年度刊行)で詳しく述べられるので、ここでは省略する。<br /><strong>[地蔵信仰]</strong>  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AF%C5%E7%C4%AE">鹿島町</a>には、約三十体の地蔵がある(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>にも相当数の地蔵があるが、現在では信仰の対象にされていないので省く)。</p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2021%2F07%2F06%2F070207" title="二宮 石動山道標石 2021年令和3年7月2日(金) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2021/07/06/070207">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2019%2F06%2F18%2F084418" title="石動山(天平寺)と東西を結ぶお寺 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/06/18/084418">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2018%2F10%2F23%2F203308" title="白山・石動 同体・夫婦説 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2018/10/23/203308">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2018%2F10%2F14%2F211028" title="石動山 秋のつどい 10月14日(日) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2018/10/14/211028">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2017%2F09%2F27%2F164101" title="石動山研修ー新聞 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2017/09/27/164101">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2017%2F09%2F26%2F175610" title="石動山ー奥能登塾研修ー26日 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2017/09/26/175610">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2017%2F08%2F29%2F214935" title="石動山(石動五社権現)ー散策 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2017/08/29/214935">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2010%2F10%2F18%2F111437" title="瀬嵐人麻呂社-旧中島町- - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2010/10/18/111437">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2007%2F09%2F10%2F231019" title="県民大学校能登校バスツァーー能登島・七尾東海岸ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2007/09/10/231019">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p>
  35. 今どきのカードはのっぺり | 住職雑記 | 2022/01/09 23:59
    新しくカードを作った。法人用。年会費無料。これをネットショッピングで使おうとして...
  36. えべっさん | 気ままな日記 | 2022/01/09 22:37
    今日からお向かいの神社が賑やかです。 「日本最古の戎宮」と称しています。 特に景気がこんな時だと、よけいに賑やかに 多くの方々が来られているように思います。 ちなみに、自分は子どもの頃に屋台が好きで 遊びに行っていました。 最近は目立つので中々行きにくいですね。 アカンことは無いと思うのですが。。。
  37. 南無阿弥陀仏がないからでしょう | ことば こころのはな | 2022/01/09 09:03
    この頃は、どうしたら青少年の間に布教伝道できるかということを重大問題のように思...
  38. シャツインしない前提 | 住職雑記 | 2022/01/08 23:59
    私が着ている服は、下着以外はほぼすべて息子から回ってくる。この冬にもGUのネルシ...
  39. 親鸞の思想はいささかも古びてはいない | ことば こころのはな | 2022/01/08 10:05
    こんにちの本願寺は長い歴史を持ちすぎた。なお二万の末寺がある。それぞれの多くは...
  40. かわせみ3導入 | 住職雑記 | 2022/01/07 23:59
    昨日の雪は八王子では昼には概ね消えた。陽の光は偉大である。 Macの新OS、Mo...
  41. だれだろう? | 気ままな日記 | 2022/01/07 22:00
    今日は… 差出人がわからない年賀状が届きました。 宛名が手書きで、裏面には メッセージも添えられてるので、 気が付かなくてはいけないのだが… わからない、すいません。 年賀状だから消印も無いのでね~。 毎年一通ぐらいあります。 もし、これを見ていたら教えてください。 [画像]
  42. われらの「ら」 | 遊煩悩林 | 2022/01/07 16:32
    <p>年始のご挨拶に、宗祖親鸞聖人が『唯信鈔文意』に引かれた「五会法事讃」の「聞名念我総迎来」を掲げました。</p> <p>この法事讃の御自釈を文意に述べられた箇所に、今年の学びの重要な視点があることを思ってのことです。</p> <p>唯信鈔文意には、</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">彼仏因中立弘誓 ひぶついんちゅうりゅうぐぜい</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">聞名念我総迎来 もんみょうねんがそうこうらい </p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">不簡貧窮将富貴 ふけんびんぐしょうふき </p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">不簡下智与高才 ふけんげちよこうさい</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">不簡多聞持浄戒 ふけんたもんじじょうかい</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">不簡破戒罪根深 ふけんはかいざいこんじん</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">但使回心多念仏 たんしえしんたねんぶつ</p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">能令瓦礫変成金 のうりょうがりゃくへんじょうこん</p> <p>と、五会法事讃が引かれています。</p> <p>一昨年の年始に、「能令瓦礫変成金」を掲げました。</p> <p style="text-align: right;"><a title="" href="https://blog.goo.ne.jp/ryoten-jyosyoji/e/024134d9aee593ba370a9b87f930e5d9" target="_blank" rel="noopener">遊煩悩林 2020.01.6</a></p> <p><br />今月のお寺の掲示板には、昨年11月の常照寺掲示板に記した「不断煩悩得涅槃」からの随想の流れで、</p> <p style="text-align: right;"><a title="" href="https://blog.goo.ne.jp/ryoten-jyosyoji/e/b433b6b8b110fcf75b42d19e5d5d83b3" target="_blank" rel="noopener">遊煩悩林 2021.11.01</a></p> <p style="padding-left: 40px;">救われないものが救われるのであって</p> <p style="padding-left: 40px;">救われないものをもたない人に救いはありません</p> <p style="padding-left: 40px;">藤元正樹</p> <p>と書きましたが、「今年の学びの重要な視点」というのはこれです。</p> <p>「救われないもの」を自己に見出すことが叶うのか。</p> <p>「屠沽の下類」を「われら」に見た真宗の眼。</p> <p>その視点は時を経て水平社創立の根底に流れたことを思う。</p> <p>創立100周年という今年の学びの視点は、自ずと明らかなのだが。</p> <p>「われら」の「ら」となれるのかどうか。</p>
  43. 2022年 同朋学習会のご案内 | 慶運山 長源寺 | 2022/01/07 14:17
    今年も同朋学習会を開催いたします。 「仏説無量寿経」について、瓜生崇師(東近江市玄照寺住職)のお話を聞かせていただきます。お住まい、所属寺院や宗派も関係なく、どなたでもご参加いただけます。1回限りでも、連続して聞いていた […]
  44. 七草 | ことば こころのはな | 2022/01/07 12:11
    スーパーに「七草がゆセット」が売ってました。せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほ...
  45. 今シーズン初積雪 | 住職雑記 | 2022/01/06 23:59
    昨日の段階では雪が降っても積もらないような予報だったが、今日は都心でも積雪ありと...
  46. 積もり積もって | ことば こころのはな | 2022/01/06 14:33
    年齢や立場が上の者は、責任を真っ先に被る立場にあり、下の立場の者を守る役目もある...
  47. Monterey今のところ順調 | 住職雑記 | 2022/01/05 23:59
    MacのOSを最新のMontereyに替えた。リリースされたのは21年10月25...
  48. 無明から導かれるものがある | ことば こころのはな | 2022/01/05 20:46
    昨年終盤から新型コロナウイルスのオミクロン株が猛威を振るい始め、今年に入り沖縄・...
  49. 病院 | 気ままな日記 | 2022/01/05 19:32
    今日は今年初の病院。 いつもの喘息と痛風の診察ですが、 いずれも異常なし。 ただ、左脇腹の痛みは相変わらず。。。 以前の検査でも異常ない。 いったいなんなんでしょうね。
  50. HP更新 | 気ままな日記 | 2022/01/05 19:07
    今日はようやくHPの更新が出来ました。 http://www.gangyouji.or.jp/
  51. 片付けは仕事ではない | 住職雑記 | 2022/01/04 23:59
    ここ数日、接客の合間に寺の過去帳の転記をしている。10年前から使っている過去帳の...
  52. | 気ままな日記 | 2022/01/04 17:29
    今日はお昼から初のお参りがありました。 それまでは、大掃除の続きをしていましたが、 なんとかギリギリお昼前に終えることが出来ました。 これで、今年も気持ちよく過ごすことが出来そうです。 今年は1日でも多く、ここに投稿できるよう 頑張ります(^^)/
  53. 年頭挨拶ー蓬莱・喰い積み | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2022/01/04 13:39
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220104/20220104111711.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220104111711j:plain" width="624" height="517" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" />今年も広間に金屏風を立て、一般に蓬莱飾りとか喰い積み、あるいは福徳米と呼ばれてきたものを飾った。</p> <p>新年の挨拶を交わし、三方に盛った五穀を頂きながら、御酒を頂く時に用いたものらしい。</p> <p>加能民俗の会員だったころ、常民の行事の元になっているものが寺院に残っていることが多いことに気づかされた一つが、この正月飾りだった。</p> <p>それを昭和61(1976)年3月刊行の『加能民俗研究14号』に「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>地帯における正月行事ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C5%E7">能登島</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AF%C5%E7%C4%AE">鹿島町</a>を中心にー」と題して発表した。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>史では仏教伝承などを書いたが、年中行事は今村さんが担当した。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C5%E7">能登島</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AF%C5%E7%C4%AE">鹿島町</a>史は年中行事を担当し、その両町がほとんど<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>さん地帯だったので、民俗として扱ったもののすべてが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>地帯の民俗ということになったのである。</p> <p>そこで市史で担当しなかった地元・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>の正月行事はどうなっているのか注目してみると、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C5%E7">能登島</a>・鹿島には存在しなかった正月飾りがあることを知り、驚いて知り合いの寺院、旧家をたずねて見たところ、数カ所で同型の飾りがあることに気づき、まとめたのだった。</p> <p>その時の文は、のち『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事』(木耳社・オリエントブック、1990年刊、のち1998年に『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事<span style="font-size: 80%;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の宗教民俗</span>』と題名を変え再刊)に、「Ⅱ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事 一 正月行事と御影巡回 1 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>地帯における正月」と題して載せた。</p> <p> </p> <p>いずれにしろ、発表からもう46年~24年も経っているので、元の文を以下に記す。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220104/20220104133240.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220104133240j:plain" width="580" height="948" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220104/20220104133257.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220104133257j:plain" width="564" height="957" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220104/20220104133311.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220104133311j:plain" width="576" height="927" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220104/20220104133323.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220104133323j:plain" width="588" height="958" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220104/20220104133335.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220104133335j:plain" width="590" height="934" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220104/20220104133349.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220104133349j:plain" width="581" height="950" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20220104/20220104133431.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20220104133431j:plain" width="426" height="626" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2020%2F01%2F02%2F062626" title="新年 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2020/01/02/062626">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2019%2F01%2F07%2F084430" title="新春~七日正月まで。 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/01/07/084430">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2017%2F03%2F31%2F071746" title="切り紙 蓬莱の元、黒壁 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2017/03/31/071746">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2016%2F12%2F26%2F192038" title="取材ー蓬莱ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2016/12/26/192038">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2016%2F12%2F12%2F194136" title="テレビ金沢ー蓬莱(テカケ.食い積み)。 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2016/12/12/194136">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2015%2F02%2F10%2F221547" title="2月9日あえのこと、ふきのと祭りー開き盆(蓬莱) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2015/02/10/221547">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2013%2F01%2F11%2F202414" title="珠洲の風物詩ー季刊「能登」所収ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2013/01/11/202414">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2013%2F01%2F07%2F172139" title="福徳米、食い積み、蓬莱ー正月飾りー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2013/01/07/172139">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2006%2F01%2F01%2F201601" title="ー珠洲市ー正月飾りー蓬莱飾りの元、食い積みー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2006/01/01/201601">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p>
  54. 穴を開けてしまった | 住職雑記 | 2022/01/03 23:59
    部屋の中に何かが焦げる臭いが漂う。あ!しまった!セーターからだ。無造作に脱ぎ捨て...
  55. 謹賀新年@ちいちの華 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/01/01 10:32
    あけましておめでとうございます。 本年もちいちの華をよろしくお願いいたします。立華のお手伝い、講習会の講師派遣などご希望があればお知らせください。 今年も会員が立てた修正会のお華を紹介いたします。 ちいちの華...
  56. 2022年1月 | 慶運山 長源寺 | 2022/01/01 08:00
    自分の考えたとおりに生きなければならない。 そうでないと、自分が生きたとおりに考えてしまう。 ポール・ブールジェ(仏・小説家)  ここ数年、今までの「当たり前」は大きな変化を余儀なくされ、日常生活はもとより仕事、娯楽、自 […]
  57. 修正会 | お寺の生活 | 2022/01/01 01:43
    深夜0時30分、今日は氷点下の吹雪の中、皆さんお参りいただきました!今日は104歳になった祖母も久しぶりにお参りしました。久々に皆さんに会えてとても嬉しそうでした。今年もよろしくお願いいたします。
  58. 聞名念我総迎来 | 遊煩悩林 | 2022/01/01 00:01
    <p><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4a/b5/eae77fb6ad43760d6eaad511c71ca2f5.png" /></p>
  59. 年頭のご挨拶 2022年 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2022/01/01 00:00
    慶讃法要に向けて 願いにかなう歩み 大阪教務所長ならびに難波別院輪番に任命されて約半年。多くの人との出会いと、多くの出来事がございましたが、コロナのこともあり、人そして大阪教区の中に連綿と流れる願いに触れるに...
  60. ゆく年くる年 | お気楽極楽日記 | 2021/12/31 17:31
     もう2021年も終わりです。本当にあっという間に時は過ぎていきます。今年はワクチンを打ってから、身体の調子があまり良くなくて辛い年になってしまいました。なんとか早く万全な状態に戻していきたいと思います。 さて、来年は我が家は娘が受験生になるので、ちょっとピリピリモードになるかも。あと次男も社会人として新生活を始める予定。早くコロナが収束して安心して生活ができるようになるといいな~
  61. 今年一年ありがとうございました | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/12/31 17:09
    今年も残りわずかとなりました。 定願寺の門徒の皆さまには本当にお世話になりありがとうございました。 本日、午後23時45分より歳暮勤行がつとまります。本堂は17時よりあけていますので各々のタイミングでお参りください。山門 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/12/31/%e4%bb%8a%e5%b9%b4%e4%b8%80%e5%b9%b4%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%8c%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%94%e3%81%96%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  62. 大晦日 | お寺の生活 | 2021/12/31 06:37
    いよいよ明日(深夜0時30分)修正会です。寒くなる予報ですので、暖かくしてお待ちしております。
  63. あゆみ通信 VOL.154 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/30 22:13
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第154号(2022年1月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼新年のご挨拶 会長 細川 克...
  64. けじめ | 遊煩悩林 | 2021/12/28 16:39
    <p>今年最後の「ご命日の集い」。</p> <p>誰のご命日かといえば、親鸞聖人の月命日の集まりですが、今月は先週亡くなられた常照寺のお役僧さまのご遺骨をご安置して、その追弔会を併せてお勤めさせていただきました。</p> <p>常照寺の「ご命日の集い」は現在、毎月13日の前住職の命日と「28日さま」の2回。</p> <p>もとはといえば、来年33回忌を数える前坊守の亡き後、本堂・庫裡や境内の掃除を「住職だけでは大変だろう」と篤信のご門徒らが集うてくださったのがはじまりでした。</p> <p>坊守の月命日の18日、宗祖のご命日の28日と合わせて、月3回の8の日がご命日の集い。</p> <p>同じく来年25回忌を数える前住職の還浄後、今の13日と28日の集いとして今日に至ります。</p> <p>基本的に、朝10時ごろから本堂・庫裡・境内のお掃除をして、勤行と法話・感話、コロナ以前は終わってから昼食をとりながら座談といった内容。</p> <p>亡くなられたお役僧さまは、坊守亡き後、その総指揮を担ってくださった。</p> <p>彼岸やお盆、報恩講や永代経の前には、仏具のおみがきの段取りから、水引や打敷などの荘厳、時には参加者の昼食の手配まで。</p> <p>長い間、「縁の下の力持ち」として、聞法の道場として寺の設えをなさってくださいました。</p> <p>勤行後、遺骨の前で「白骨の御文」を皆で唱和。</p> <p>「後生の一大事」は、後の世ではない。</p> <p>あなたを失ってからの、私の後の生き方の「一大事」だ。</p> <p>お陰さまで色んなことを教えていただいた。</p> <p>有り難うございました、と。</p> <p>ただこれで終わりでない。その身をもってしての道場の設えの任を終えられ、今度は前住職や前坊守、ご命日に集った仲間らとともに仏として、聞法の設えをなさっておいでになる。</p> <p>今後ともよろしくお願いします、だ。</p> <p>ひとつのけじめ。</p> <p>ケジメをつける人でもあった。</p> <p>今年は奥さまの13回忌も勤めた。奥さんのお葬式の日以来お酒を絶たれた。</p> <p>1周忌を区切りに免許を返上した。以来、自宅とお寺を96歳まで自転車で通いつづけた。</p> <p>7回忌の後だったか、何か失敗をしてはいけないから、と袈裟衣も返上された。</p> <p>以降、お寺の法要では息子が鏧役を勤めている。</p> <p>たくさんのお育てをいただいた。</p> <p>お年玉はもういただけないが、まだまだお育てをいただきたいと思う。</p> <p>以上、弔辞をもって今年のつぶやき終い。</p> <p>亡きお役僧さまは、この「つぶやき」のLeading Readerでもあられた。</p> <p>読んでくださる、聞いてくださる方々、亡き人々の視線を意識しながら、来年もつぶやいていきたいと思います。</p> <p>有り難うございました。</p> <p>今後ともよろしくお願いします。</p> <p>おわりとはじまり。</p> <p>最後に除夜の鐘と修正会のご案内をもって。</p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/29/af/ccaa92045ee100f06dc36618971c1d91.png" /></p> <p style="text-align: center;"><a title="" href="http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/events.html" target="_blank" rel="noopener">http://jyosyoji.info/</a></p>
  65. 仏青公開講座「お寺×Youtube」 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/27 20:27
    去る12月14日(火)難波別院、講堂にて大阪教区第二組、宗恩寺住職 池田英二郎師を講師にお招きし、 「お寺×Youtube」という講題で公開講座を開催しました。10名程の方が参加されました。   &...
  66. 大箱 猿鬼塚散策  | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/25 19:07
    <p>討ち取られた猿鬼は懇ろな弔いの結果、光となって西の空へ飛び去った。何本かの猿鬼由来記(説教本)があるが、中の一本には「すがれ弥陀の本願」などとあり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>唱導に用いられたことは明らかである。</p> <p>その猿鬼が埋められた場所と伝わる、大箱の鬼塚を訪ねた(12月23日)。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211225/20211225183008.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211225183008j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211225/20211225183027.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211225183027j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211225/20211225183049.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211225183049j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211225/20211225183110.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211225183110j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211225/20211225183131.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211225183131j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211225/20211225183150.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211225183150j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><strong>弘化二年(1845)狖鬼岩屋傳記之写</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211225/20211225183240.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211225183240j:plain" width="623" height="929" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>大箱村・当目・黒川村名の由来</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211225/20211225183254.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211225183254j:plain" width="538" height="932" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><span style="font-size: 80%;">ヒトツ</span></p> <p>一 大箱村より申ハ猿鬼筒之矢、目をい(射)ら</p> <p> れハ時俗ニ云ヲハコ草(車前草・車前草)ヲ取集煎洗</p> <p> 鬼神草をその妙成シ故是大箱ト</p> <p> 当村ハ申右草ヲ摘し所故なり</p> <p>一 猿鬼筒矢ニ目をいぬかれし故、当目と申なり</p> <p> 右鬼神討シ時川ヘ入血を洗しが不思議也</p> <p> 黒血流れ黒川迄(まで)流し故黒川村申傅へるなり</p>
  67. 立華講習 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/12/23 08:35
    おはようございます。住職です。 昨日は第五組青年会主催の立華講習が行われ会所に定願寺を使って頂きました。 講師には同会会員でもある高橋照吾師をお迎えし、報恩講立華のたて方を学習し、私も参加させて頂きました。 とてもわかり … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/12/23/%e7%ab%8b%e8%8a%b1%e8%ac%9b%e7%bf%92/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  68. ブラジルのお寺の正面に植木(太陽電池式の灯り付き)を置いたらとっても綺麗になりました。 | 新・坊主日記 | 2021/12/23 04:43
    2021年12月22日 ブラジルのお寺の正面に植木(太陽電池式の灯り付き)を置いたらとっても綺麗になりました。 年末にお寺が少しの出費で見違えるようになりました。 夜に光る電気も置いたら夜空に映えて、道ゆく人にも受けがいいみたいでした。 please subscribe to my channel Inscreva-se no canal Por favor! ↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓ https://www.youtube.com/user/shui
  69. 冬至の木ノ浦 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/22 16:42
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211222/20211222162654.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211222162654j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p>先月、若くして去った人に、</p> <p>最後の楽しみ(おいしいコーヒーを焙煎)を提供してくれた教え子に、</p> <p>お礼を言いたくて、</p> <p>彼女のいる木ノ浦をたずねた。</p> <p> </p> <p>2021年(令和3)年12月22日(水)10時54分</p> <p> </p> <p>右手の黒く見える海沿いをウシグラという。お塩蔵の跡地である。</p> <p> </p>
  70. 二組あゆみの会 総会 2年ぶりに開催 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/22 08:43
    2021年12月12日(日)午後1時30分より、会場に即應寺(藤井真隆住職)をお借りして、あゆみの会総会が2年ぶりに開催された。久しぶりに顔を合わせる方々もおられ、しばし歓談する風景も見られた。 来賓として墨...
  71. 尾添・白山下山仏 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/21 11:58
    <p>尾添の白山下山仏について、会ったことは無い知り合い(かつて電話で話しあった)から電話があった。林源常さんが亡くなられてから尾添を通り過ぎることがあっても、下山仏社を訪ねることはなかった。</p> <p>そして、源常さん達が中心になって営まれていた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌には、下山仏社を開扉しお参りをなさっていた、その行事が続いているだろうかとおもうことはあったが、当寺でも同日に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌を営んでいる。</p> <p>遠い思い出になっていた下山仏が、主として管理面から話題になっていたことは、知っていたし、電話があって、行方を気にしている人がいるのだ、と思っていた矢先ー</p> <p>今朝の新聞に記事が載っていた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211221/20211221070253.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211221070253j:plain" width="1052" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>2021年(令和3年)12月21日朝刊</p> <p> </p> <p><strong>白山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%D2%D8%E8%B8%CD%E5">曼荼羅</a>・尾添白山下山仏ー林源常師</strong></p> <p>かつて林さんについて書いたことがある。2009年6月18日、12年前のことで、その時の題名は</p> <p><span style="font-size: 150%;">林源常師ー白山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%D2%D8%E8%B8%CD%E5">曼荼羅</a></span></p> <p>次の文である。</p> <header class="entry-header" style="box-sizing: border-box; display: block; position: relative; margin-bottom: 3em; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div class="entry-header-menu" style="box-sizing: border-box; position: absolute; top: 0px; right: 0px; margin-bottom: 1em;"> <p> </p> <p> </p> <p> </p> </div> </header> <div class="entry-content" style="box-sizing: border-box; line-height: 1.85; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div class="section" style="box-sizing: border-box;"> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">林源常さんから、DVDをいただいた。<br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20090618220412" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20090618/20090618220412.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20090618220412j:image" title="f:id:umiyamabusi:20090618220412j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20090618235622" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20090618/20090618235622.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20090618235622j:image" title="f:id:umiyamabusi:20090618235622j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />林さんは、白山お仏供水を発見され、加賀禅定道の復興、庶民・女人の結解であった檜新宮からの下山仏を守ってこられ、<br style="box-sizing: border-box;" />何よりも林道場の主として、夏安居に十数年続けて参加されるなど、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B0%CA%B9" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">聴聞</a>の見本、現代の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">妙好人</a>の歩みを歩んでおられる方である。<br style="box-sizing: border-box;" />丁寧なお手紙を添えてお送り頂いた。<br style="box-sizing: border-box;" />こちらも心を籠めてお礼状をと思ったのだが、書けない。<br style="box-sizing: border-box;" />結局、電話でお礼を申し述べた。<br style="box-sizing: border-box;" />去年の今日、当地に来て頂いている。<br style="box-sizing: border-box;" />また元気なお声に会えて、よかった。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />次の写真は、2005年(平成17年)9月10日。尾添白山下山社で、諸仏の説明をなさる林さん。<br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20090618220406" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20090618/20090618220406.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20090618220406j:image" title="f:id:umiyamabusi:20090618220406j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" />→<a href="http://d.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20080619" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;">なんと、昨年の今日(6月18日)だったのだ。真宗講座</a><br style="box-sizing: border-box;" />→<a href="http://image01.wiki.livedoor.jp/i/i/iidamati/97db8e115a96d0e2.pdf" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;">PDF『北國文華』2004年夏号「ほくりく古仏巡礼・第2回・浄土信仰を伝える白山下山仏 尾添と白峰の阿弥陀如来(下書き原稿)」</a></p> <p> </p> <p> </p> <p>このブログ記事によって、尾添の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>様を雑誌の記事にしていたことを知った。</p> <p>「知った」というのはおかしいが、書いた記憶が全くなかったのだ。</p> <p>また、下山社の安置の仕方から、背後のお姿は見ることが出来なかったと思っており、今日の新聞記事で、全体を拝見できるなら見に行ってもいいかなぁと思えたのだが、古仏巡<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%E9%B5%AD">礼記</a>事の写真には全体像が載っている。</p> <p>カメラマンさんだけ行って撮ることはなかったので、私もしっかり全体像を拝観し見ているはずだ。</p> <p>ともあれ、その時の作品。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211221/20211221111935.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211221111935j:plain" width="802" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211221/20211221111951.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211221111951j:plain" width="826" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211221/20211221112009.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211221112009j:plain" width="819" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211221/20211221112025.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211221112025j:plain" width="800" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211221/20211221112040.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211221112040j:plain" width="807" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211221/20211221112108.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211221112108j:plain" width="577" height="850" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>ちなみに、この「ほくりく古仏巡礼」は五回で終わった。北國文華は季刊誌なので2004年春号から2005年春号の掲載で、</p> <p>第1回は「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>山岳<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EE%BE%EC">霊場</a>の隆盛を伝える <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>翠雲寺の木像<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%E4%CC%BF%C3%CF%C2%A2">延命地蔵</a>」</p> <p>第2回上掲の「浄土信仰を伝える白山下山仏 尾添と白峰の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C7%A1%CD%E8">阿弥陀如来</a>」</p> <p>第3回「戦乱の中で慈悲の眼差し 余川<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BD%C0%BB%BB%FB">興聖寺</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BB%B4%D1%B2%BB">聖観音</a>座像」</p> <p>第4回「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%BB%B3%BF%AE%B6%C4">白山信仰</a>伝える<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%EB%CA%A9">秘仏</a> 波着寺の十一面観音」</p> <p>第5回「利長が拝んだ慈悲の眼差し <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>の十一面<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%CA%EE%BB%A7">観音菩薩</a>」<br />だった。</p> <p>いかにも中途半端なのは、この雑誌の元々の出発が、小説中心の雑誌であり、元の姿に近づけるため、新連載を交渉していた作家が、急にというかすぐに引き受けたので、この連載ともう一本の「郷土の思想家」を連載していた、いわば非小説の連載を急にとりやめ、その分を小説スペースにしたのだった。</p> <p> </p> <p>それから17年、「郷土の思想家」執筆者は現在大活躍しておいでる方になっており、新小説連載をなさった作家は、作家修業中の頃を、民俗仲間から名を聞くことがあった○○さんだった。</p> <p>名が出てこないが売れっ子作家になっておいでたはずで、妙に納得したことを覚えている。</p> <p> </p> <p>※○○は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BE%BE%CF%C2%CA%BF">立松和平</a>(1947~2010)氏だった。<br /><br /><br /><br /> </p> </div> </div>
  72. 帰敬式 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/12/21 08:42
    お久しぶりです。住職です。 先日は定願寺本堂において門徒さんの帰敬式を行いました。 帰敬式は仏弟子の名乗りをあげる大事な儀式です。自らの人生を問いたずね、真宗門徒として新たな人生を歩み出す儀式でおかみそりともいいます。 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/12/21/%e5%b8%b0%e6%95%ac%e5%bc%8f/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  73. 「その花瓶に丁度良い受け筒」立華講習会 3組青年部 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/20 12:24
    「そのお寺のその花瓶に丁度良い受け筒」 これがあると格段に立華しやすくなります。 写真:三組青年会立華講習 於 三組光源寺 立華・立華の指導のご依頼を受ければ写真のように丁度良く頑丈で使い勝手の良い受け筒を作...
  74. とりあえず終了ー23、とも同行の順拝・たび 「宗祖聖人御旧跡巡拝」㉔―豊四郎順拝119~124 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/19 12:58
    <p>2021年(令和3)2月18日に22、㉕を書いてから数回分を下書きに残し、別作業をしていた。主として『伝説とロマンの里―北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化―』に時間を取られていたのだが、この10月ーいろいろと取りこんでいたー豊四郎一族の人がふらりと訪ねてきておっしゃるには、</p> <p>持主の方々が亡くなられ、いわば埋もれていた「宗祖聖人御旧跡巡拝」をおもてに出し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B4%A4%AD%BA%FE%A4%EA">抜き刷り</a>・写真などを持主に残した人物が住んでいるところを訪ねてみよう、とやってきたとのこと。</p> <p>お茶をのみながら、巡拝帳について何かを知っておいでるようでもなく…</p> <p>私のほうも、遠方に住んで居られるという方々に、資料を見せて頂くために、持主のお店の品を購入したという話をしても仕方がないので、そうですかという以上の話もないままの時を過ごしたのだった。</p> <p>この資料に出会ったのは、昭和58・9年(1973・4)年の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AF%C5%E7%C4%AE">鹿島町</a>史調査の時だから、もう、</p> <p>50年近く前のことになる。</p> <p> </p> <p>できれば、ちゃんとデーターを書き上げ、ほぼ200年前の豊四郎の旅をなぞることが出来ればよかったのだけど、聖人二十四輩の一ヶ寺も訪ねていない身としては、想像するだけで空しい。</p> <p>おかしなもので、持主の方が、もう話も通じないほどのご高齢になっておいでるだろうと想像するだけでも、いつか続きを進めようと思っていたのに、お亡くなりになり関係者もどこか遠くにしかおいでない、ことを知ってまもなく、進めようと思う気持ちが萎えていった。それで、一応の区切りとするため、</p> <p>下書きの24、114~121ヶ寺分をここに載せ、</p> <p>全231ヶ寺を紹介を終えた後でやろうと思っていた作業-『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>史料集成 第八巻 寺誌・遺跡』(編集・細川行信)所収の諸本との校合・比較ーがあったことをも記し、この作業を終えます。</p> <p><iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2021%2F02%2F18%2F093438" title="22、とも同行の順拝・たび 「宗祖聖人御旧跡巡拝」㉓―豊四郎順拝113~118 文化六年-1809 武州・下総 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2021/02/18/093438">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p><strong>119 花島村 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C7%A1%CD%E8">阿弥陀如来</a></strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210218/20210218083949.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210218083949j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人御作</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C7%A1%CD%E8">阿弥陀如来</a> 一躰</p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C1%ED%B9%F1">下総国</a>岡田郡花島村</p> <p>  八月十二日   渡邊太兵衛㊞</p> <p> </p> <p><strong>120 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%EE%C5%E7%B7%B4">猿島郡</a>大口村 摂取<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C7%A1%CD%E8">阿弥陀如来</a></strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210218/20210218084042.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210218084042j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人御作</p> <p>摂取<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB%C7%A1%CD%E8">阿弥陀如来</a></p> <p> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C1%ED%B9%F1">下総国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%EE%C5%E7%B7%B4">猿島郡</a>大口村</p> <p>   落合彦兵衛</p> <p> </p> <p><strong>121 報恩寺村 報恩寺 性信上人七十五歳木像</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210218/20210218084111.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210218084111j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>   <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E6%BC%EB%B0%F5">御朱印</a>地 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F0%BD%A3">武州</a>江戸浅草</p> <p>        板東報恩寺掛所</p> <p>廿四輩第一</p> <p>開基性信上人七十五歳直作木像</p> <p>   并代々木像安置</p> <p>    <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C1%ED%B9%F1">下総国</a>岡田郡報恩寺村</p> <p>         高龍山報恩寺</p> <p> 已ノ 八月五日      輪<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%D6%BD%EA">番所</a></p> <p> </p> <p><strong>120 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C1%ED%B9%F1">下総国</a>藤持邑 御坊 願牛寺</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210218/20210218084130.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210218084130j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 高祖聖人御建立三ヶ年御逗留鷹嶋</p> <p> 御遊覧之御旧跡ニ而一心御坊開基也</p> <p>  御坊 願牛寺</p> <p> 伝来證物略之 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C1%ED%B9%F1">下総国</a>岡田郡藏持邑</p> <p>           大高山役者</p> <p> </p> <p><strong>122 岡田郡新地邑 新堤山宗智院 弘徳寺</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210218/20210218084208.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210218084208j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>123 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%EB%BE%FE%B7%B4">葛飾郡</a>磯部 鷲高山順性院勝願寺</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210218/20210218084226.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210218084226j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p><strong>124 古河御坊</strong></p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211219/20211219125747.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211219125747j:plain" width="788" height="1200" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><br /><br /></p>
  75. COLD MOON | お寺の生活 | 2021/12/18 21:34
    いよいよ雪がちらつく寒さとなってきました。明日19日は今年の最後の満月らしく、寒い時期の満月という事でCOLDMOONと呼ばれている様ですが、この時期の富山は天候が悪いので多分今日が今年最後の満月と思い寺の外から空を見上げて撮影しました。寒さ厳しくなりますから、皆...
  76. 第21組「推進員の集い」 ~ Withコロナ時代のWith老・病・死 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/17 21:08
    「いつまでなんにもしないんや。そろそろ動かないとダメじゃないか」 そんな推進員さんの声に後押しされ、2021年12月16日(木)、堺支院(堺南御坊)において大阪教区第21組「推進員の集い」が行われました。 推...
  77. 死後の我儘 | 遊煩悩林 | 2021/12/16 14:15
    <p>畳を干したり、障子の桟を乾かす光景も今は昔。</p> <p>「年末恒例」もさまざまに変化して、年末感を感じたり感じなかったり。</p> <p>「年末調整」と言われてなるほど年末か。</p> <p>恒例の業務ですが、時代の流れか、大きな変化。</p> <p>税務署や市役所に提出する書類から押印欄が消えていた。</p> <p>ハンコ押すのを忘れて何度か往復したことがありましたが、あれは何だったのか。</p> <p>書類にハンコ押して出すのはもはや伝統的な慣習の域にあるのかと思いました。</p> <p>さて、年末冒頭の定型句は「今年最後の」ですが、カタがついたことと片付かずに持ち越しすことになったことも多々。</p> <p>やっとかんならんことをやっとらん残尿感というか。</p> <p>区切りをつけておきたいこともいくつかあったのですが。</p> <p>片付かんままのことが増えてくると、なんとなく。</p> <p>やらなければならないことをしないまま死んでいくのかもな、と。</p> <p>「人生一度きり。後悔せんように」とよく聞きますが、後悔のない人生は何をもって言えるのか。</p> <p>死後にわがままが通用するのなら、私が死んだ年の暮れに「喪中ハガキ」は出してほしくないな、と。</p> <p>許されるなら、年賀状に堂々と「あけましておめでとうございます」と「死の報告」を併記することも有りな世であってほしい。</p> <p>その時に「年賀欠礼」の慣習がまだ残っていればの我儘ですが。</p> <p>「欠礼」は、礼を欠く。年始のご挨拶の礼儀を欠く。なぜなら喪中だから、と。</p> <p>「喪中」、すなわち喪に服す=死の穢れが憑る(うつる)という因習さえ克服できれば、もはや死後にわがままも後悔もない、かどうか。</p> <p>そもそも”SDGs”といって年賀状をとりやめる時代になってきた。</p> <p>年賀状はエコじゃないという時代。</p> <p>では、と。</p> <p>年賀メール。年賀SNSか。はたまた古式ゆかしく対面式というと感染症のリスク、などと。</p> <p>「挨拶っていらなくないですか」って何かのドラマの会話があったな、そういえば。</p> <p>さりながら。</p> <p>年賀状も欠礼状も、書面だろうがメールだろうが、縦書きだろうが横書きだろうが、句読点はつけないという慣習の件もある。</p> <p>句読点は「区切り」と「終わり」を意味するから、相手との関係を区切る、終わらせるというニュアンスになるという。</p> <p>いま用意している賀状には、「、」「。」に溢れておりますが、なにか。</p> <p>区切りもつかないまま来年に持ち越した悔やみも含めて。</p> <p>ご門徒各位にはどうかご容赦を。</p> <p>浄土真宗の寛容。</p> <p>ナムアミダブツナムアミダブツ</p>
  78. お寺でヨガが人気で嬉しい。飼い猫のサラも毎回参加! | 新・坊主日記 | 2021/12/16 01:19
     11月末から行っているお寺でヨガの動画です。私自身も参加していて、かなり体にいいのでやって良かったと思っています。参加者は8名ほどであまり多くなりすぎず、それがまたいい感じではないかと思っています。 たくさんの人に来てほしい!という気持ちもあるのですが、アットホームな感じでこれもいいのではと思っています。 でも将来は週に2回くらいの人気になってほしいと言う気持ちもあります。来年からはもう少し強く宣伝してみて、週に2回お寺で少人数で開催できるようになるのではないかと想像しています。 お寺の雰囲気
  79. この時期なのに 午後5時40分 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/14 21:23
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211214/20211214212204.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211214212204j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>南西の空 右から二つ目の屋根は鐘楼堂</p>
  80. 第15組人権学習会 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/13 18:59
    2021年12月13日大東市民会館において第15組人権学習会を開催いたしました。講師は本山 解放運動推進本部事務部長の荷葉一浩師をお招きしました。講題は『人権問題から問われる信心のあり様』です。 今年15組の...
  81. 2021年12月 | 慶運山 長源寺 | 2021/12/13 18:50
    私はすぐ私以外のものになりたがって自身を忘れる あなたはあなた自身であればよい        平野修   今月のことばは、「あなたらしく」という励ましの意味だけではないような気がします。   私は両親 […]
  82. 今冬のボランティア物資回収中止のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/10 15:38
    新型コロナウィルス感染防止のため下記『Vメール』の如く 例年1月に行っていた「お餅・衣類・プルタブ」の回収は中止とさせていただきます。 ご準備いただいていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、 何とぞよろ...
  83. 若手の会主催研修会 12月4日開催 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/10 01:31
    去る12月4日、茨木別院会館1階仏間を会場に第11組若手の会が主催し、「帰敬式」をテーマとして組内のご住職・寺族の方々を対象に研修会が開催されました。当日6名が参加され、第11組若手の会会長・田牧 学氏(専想...
  84. 橘禮吉氏-わがまちの偉人 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/09 17:21
    <header class="entry-header" style="box-sizing: border-box; display: block; position: relative; margin-bottom: 3em; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div class="entry-header-menu" style="box-sizing: border-box; position: absolute; top: 0px; right: 0px; margin-bottom: 1em; display: block;"><a href="https://blog.hatena.ne.jp/umiyamabusi/umiyamabusi.hatenadiary.com/edit?entry=26006613455048410" style="box-sizing: border-box; color: #293030; text-decoration: none; background: #f9fafb; border: 1px solid #cfd8d8; padding: 5px 10px; font-size: 0.9rem;">集</a></div> </header> <div class="entry-content" style="box-sizing: border-box; line-height: 1.85; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <p> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">今日(12月8日)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">北陸中日新聞</a>朝刊に懐かしい橘さんが紹介されていた。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">いい文だ。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211209/20211209170446.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211209170446j:plain" width="750" height="921" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">北陸中日新聞</a>朝刊-20210(令和3)年12月8日</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><strong style="box-sizing: border-box; font-weight: bolder;">橘さんご逝去の報に接してこのブログに書いた</strong></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><strong style="box-sizing: border-box; font-weight: bolder;">2019(平成31)年10月25日「橘禮吉氏」記事</strong></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">北國新聞</a>朝刊に24日に橘さんが御逝去された記事が載っていた。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">元加能民俗の会会長、88歳。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">最も新しい「加能民俗研究」50号(2019年3月刊)に「鶴来<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DB%A4%A6%A4%E9%A4%A4%BA%D7%A4%EA" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">ほうらい祭り</a>の担ぎ唄―石川の春歌諸言考―」をお書きになっており、前号には「婚礼時の「樽引き」とその音頭・歌詞ー白<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CF%BC" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">山麓</a>白峰・大道谷の事例ー」、その前48号に「白<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CF%BC" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">山麓</a>における地内子の夫役―石川県旧<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%CA%F6%C2%BC" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">白峰村</a>大道谷の親っ様木戸口家事例―」をと、加能民俗を愛し、「加能民俗研究」誌の継続を願い執筆し続けて来られた。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">そして、本当に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">蓮如</a>上人がお好きな方で、上人の話題になると声が弾まれた。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">県の緊急調査報告書『祭り・行事(平成11年刊)』に「石川郡<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%CF%C6%E2%C2%BC" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">河内村</a>内<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%F8%C6%BB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">尾道</a>場の御七夜」、『民俗芸能(平成15年刊)』に「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C2%F4%BB%D4" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">金沢市</a>善性寺<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">蓮如</a>絵伝の絵解き」をお書きになり、民衆の目で見た<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">蓮如</a>上人関係本の先駆けになった『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">蓮如</a>さん <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">門徒</a>が語る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">蓮如</a>上人伝承集成(1988・昭和63年刊)』では、まとめ役となられ、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">蓮如</a>伝説の性格」をお書きになった。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" style="box-sizing: border-box; display: block; margin: 1em auto; text-align: center;" title="50号の記事。私が書いたのは伏せ字が多いこの手(祭唄)の歌詞を知っている人が少なくなり、ここではっきり残しておかなければ永遠に分からないままになってしまう、とのおそれを懐いていたためで、一種の神楽唄として伝わっている歌詞を活字化した。が、遅かった感はぬぐえないでいる。"> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" style="box-sizing: border-box; display: block; margin: 1em auto; text-align: center;" title="1988(昭和63)年刊。加賀一向一揆500年記念でもある。"> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img class="hatena-fotolife" title="f:id:umiyamabusi:20191025092803j:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20191025/20191025092803.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20191025092803j:plain" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: bottom; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in; margin-bottom: 10px;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img class="hatena-fotolife" title="f:id:umiyamabusi:20191025092543j:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20191025/20191025092543.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20191025092543j:plain" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: bottom; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in; margin-bottom: 10px;" /></p> <figcaption style="box-sizing: border-box; display: block; font-size: 16.15px; opacity: 0.7; margin: 0px auto 1.5em; text-align: center;">1988(昭和63)年刊。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 16.15px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">加賀一向一揆</a>500年記念でもある。</figcaption> </figure> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><br style="box-sizing: border-box;" /><img class="hatena-fotolife" title="f:id:umiyamabusi:20191025092351j:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20191025/20191025092351.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20191025092351j:plain" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: bottom; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in; margin-bottom: 10px;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img class="hatena-fotolife" title="f:id:umiyamabusi:20191025092402j:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20191025/20191025092402.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20191025092402j:plain" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: bottom; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in; margin-bottom: 10px;" /></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><img class="hatena-fotolife" title="f:id:umiyamabusi:20191025092434j:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20191025/20191025092434.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20191025092434j:plain" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: bottom; max-width: 100%; height: auto; cursor: zoom-in; margin-bottom: 10px;" /></p> <figcaption style="box-sizing: border-box; display: block; font-size: 16.15px; opacity: 0.7; margin: 0px auto 1.5em; text-align: center;">50号の記事。私が書いたのは伏せ字が多いこの手(祭唄)の歌詞を知っている人が少なくなり、ここではっきり残しておかなければ永遠に分からないままになってしまう、とのおそれを懐いていたためで、一種の神楽唄として伝わっている歌詞を活字化した。が、遅かった感はぬぐえないでいる。</figcaption> </figure> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">お通夜今夕、葬儀は明日、金沢で。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">私は明日午前中寺役、午後<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%D8%C5%E7%BB%D4" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">輪島市</a>での御<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CF%C3" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">法話</a>が入っており、金沢まで出向けない。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">50号に、橘さんが次の記事を書いておられた。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">一緒に調査したり、民俗資料保存で共に陳情に行ったりした頃を想い出されながらお書きになったのだろうなァと、記事を見ながら勝手に想像していたのが、ついこの前。合掌。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"> </p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><iframe class="embed-card embed-blogcard" title="被災地の民俗資料ー輪島市 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2007%2F05%2F10%2F205842" frameborder="0" scrolling="no" style="box-sizing: border-box; max-width: 500px; display: block; width: 500px; height: 190px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation" style="box-sizing: border-box; font-style: normal; font-size: 15.3px; opacity: 0.75; display: block;"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2007/05/10/205842" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><iframe class="embed-card embed-blogcard" title="『白山奥山人の民俗誌ー忘れられた人々の記録』橘礼吉氏著 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2015%2F09%2F19%2F104013" frameborder="0" scrolling="no" style="box-sizing: border-box; max-width: 500px; display: block; width: 500px; height: 190px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation" style="box-sizing: border-box; font-style: normal; font-size: 15.3px; opacity: 0.75; display: block;"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2015/09/19/104013" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><iframe class="embed-card embed-blogcard" title="真宗関係報告・執筆ー橘礼吉氏ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2015%2F09%2F19%2F104138" frameborder="0" scrolling="no" style="box-sizing: border-box; max-width: 500px; display: block; width: 500px; height: 190px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation" style="box-sizing: border-box; font-style: normal; font-size: 15.3px; opacity: 0.75; display: block;"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2015/09/19/104138" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> </div>
  85. 日本でだいぶん前入れた銀歯が取れたので、ブラジルの最新の技術で直してもらいました。 | 新・坊主日記 | 2021/12/09 07:39
    結構高くつきましたが、丁寧に直していただけました。3Dレントゲンを備えている歯医者で結構精密に直してもらえました。 歯医者の世界もどんどん進化していますね? 日本はもっとすごくなっているのでしょうか? please subscribe to my channel Inscreva-se no canal Por favor! ↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓https://www.youtube.com/user/shuizuhara SMSもやってます、リンク大歓迎
  86. 御正忌報恩講に参拝しました | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/08 17:29
    去る11月23日、大谷青年会で御正忌報恩講へ参拝に行きました。 今年の11月は新型コロナウイルス感染症が少し落ち着きを見せ、2年ぶりに大谷青年会として本山へ参拝することができました。 県を跨ぐ移動が制限された...
  87. 成道会(じょうどうえ) | つれづれ日誌 | 2021/12/08 16:56
     今日は成道会(じょうどうえ)、釈尊が覚りを開かれた日です。 特別法要はしませんが、仏教徒にとっては大事な日です。  なぜ釈尊が覚りを開かれたのか。 その覚りには一体どんな意味があるのか・・・・。 &nbsp; ぜ人間は争いあうのか。  われわれ仏教...
  88. 柴講 先人から‟後生の一大事のために”と相続 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/06 19:33
    去る11月25日、「柴講」で真宗本廟御正忌報恩講に参拝しました。昨年来の感染症の流行と現況に鑑み、参拝方法について当番寺の長福寺様(小泉秀雄住職)が慎重に検討され、住職寺族・板谷の教行寺ご門徒が代表して参拝す...
  89. いよいよ寒くなってきましたね | お寺の生活 | 2021/12/05 22:36
    12月に入りました。いよいよ朝晩冷え込んできました。今年はまとまった晴れ間があまり無くグズグズした天気の印象ですが、今日は綺麗に晴れて久々に綺麗な星が見えたので写真を撮ってみました。左下の青い線は山からの灯台の光です。北西の冬の天の川です。アンドロメダ銀河...
  90. ブラジルにも修正ペン(Faber-Castell )いろいろ | 新・坊主日記 | 2021/12/05 10:09
    ブラジルにも修正ペンいろいろあります。僧侶の(私だけかも)特殊な使い方を紹介してます。 世界最古のドイツ鉛筆ブランド・ファーバーカステル社のものがブラジルのお店にも並んでいます。 最近は日本製の文房具も並んでいますが値段は3倍くらいします。 でも、使い心地がいいので人気があるようです。ドイツの製品も値段は高いのですが、思い切って買ってみました。 かなりいい感じです! 日本でも売っていますね。 Amazon ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆 120色セット 木箱 110013
  91. NPO能登ネットワーク発行『能登国三十三観音のたび』と『伝説とロマンの里―北能登の風土と文化―』 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/02 15:26
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211202/20211202124843.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211202124843j:plain" width="546" height="683" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>日本の美術は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%C4%A3">文化庁</a>が監修、次の文で休刊。</p> <p><span style="color: #660000; font-family: Meiryo; font-size: 12.8px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffeecc; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%C8%CE%A9%B9%D4%C0%AF%CB%A1%BF%CD">独立行政法人</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%CA%B8%B2%BD%BA%E2%B5%A1%B9%BD">国立文化財機構</a>監修 昭和41年創刊。 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%C7%EE%CA%AA%B4%DB">国立博物館</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%BA%E2">文化財</a>研究所、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B2%BD%C4%A3">文化庁</a>などの最前線の研究者たちによる、 各号1つのテーマを取り上げた書下ろしの月刊誌です。</span><span style="color: #660000; font-family: Meiryo; font-size: 12.8px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffeecc; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE23%C7%AF">平成23年</a>9月刊、第545号をもちまして休刊となりました。</span></p> <p>高い評価の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%FE%BD%D1%BD%F1">美術書</a>の『No.77塔婆・スツーパ 石田茂作編』の表紙を飾ったのが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>巡礼札所第一番明泉寺の石塔<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%BD%C5%C5%E3">五重塔</a>だった。</p> <p>この号は昭和47年10月15日発行。昭和47年は1972年だから足掛け50年前の刊行となる。</p> <p> </p> <p>その後、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NPO%CB%A1%BF%CD">NPO法人</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ネットワークの依頼・共同作業で『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>のたび』を、平成17年(2005)12月10日に発行した。</p> <p>依頼があった時の話では、ちょっとしたパンフを考えていたようだが、折角作るのだから、しっかりしたものを残そうと、すでに11種類の御詠歌本を収集していたこともあり、さらに徹底的した調査と、写真を撮った。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>巡礼札所は明治以降<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DE%A4%DC%A4%ED%A4%B7">まぼろし</a>の札所化しており、この本を刊行した頃には、</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%C2%E6%BD%A1">天台宗</a>1,<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%E2%CC%EE%BB%B3%BF%BF%B8%C0%BD%A1">高野山真言宗</a>7、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E2%C6%B6%BD%A1">曹洞宗</a>7の15札所が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%BB%BB%FD%BF%A6">住持職</a>管理、その他、神社7、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%C6%B2">観音堂</a>(村堂)11、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>資料館となっていた(4番札所は2カ所のため総34札所)。</p> <p> </p> <p>村堂のうち、8カ所が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の寄合行事で、私の父の実家境内にも<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D1%B2%BB%C6%B2">観音堂</a>があって、物心付いた頃から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>が身近に存在していたのだ。</p> <p> </p> <p>ともかく記録を残すために、神社では臨時祭礼を開いて貰って奥深く仕舞われている白山<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%C3%CF%CA%A9">本地仏</a>観音像の写真を撮ったり、焼けてないはずだと言い張る雲水さんとともかく開いてみまいけと長い間かかって扉を開け、焼けずに残っていた観音像を発見したり、</p> <p>結局、ほとんどの観音像の写真を残すことが出来たのである。</p> <p> </p> <p>一方、発行後に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B2%AD%C3%CF%BF%CC">能登沖地震</a>が発生し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%EB%CA%A9">秘仏</a>がバラバラになったり、火災で焼失、あるいは「民衆の仏」として日常目の前にあった仏さんが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%EB%CA%A9">秘仏</a>としてしまわれてしまったものもかなりある。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211202/20211202090115.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211202090115j:plain" width="437" height="646" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>装幀は西のぼる氏</p> <p>あとがきを<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NPO">NPO</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ネットワーク理事長(当時<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BD%C7%BD%BF%AE%CD%D1%B6%E2%B8%CB">興能信用金庫</a>会長、元数馬酒造社長)</p> <p>が書いておいでる。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211202/20211202123858.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211202123858j:plain" width="650" height="1032" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>この文からは気づかないと思うが、下の地図で見れば分かるように、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>札所は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>・邑知潟周辺札所が多く、会長数馬氏の地元<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>(当時能都町)は札所が一ヶ所もなく、私の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>でも一ヶ寺しかないのだ。</p> <p>数馬さんとは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>を知り・紹介したいという思いは一つなので、よく一緒に札所などを巡ったが、いつも奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の紹介本が欲しいんだ、とつぶやいておられた。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211202/20211202123927.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211202123927j:plain" width="675" height="914" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>私は、まず入り口(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>)をやって、それから奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>をやろうと言っていたし、その一つの流れが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE24%C7%AF">平成24年</a>(2012)10月21日に飯田高校百周年にあわせて刊行した『飯田高等学校100周年記念誌 伝説とロマンの里』の成果だった。</p> <p> </p> <p>ところが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NPO%CB%A1%BF%CD">NPO法人</a>幹部さんたちは個々がそれぞれの要職にあって忙しく、『伝説とロマンの里』も予定していた次の展開に移れず、バラバラになったまま時が流れた。</p> <p> </p> <p>数馬さんは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BD%C7%BD%BF%AE%CD%D1%B6%E2%B8%CB">興能信用金庫</a>理事長職で活躍なさっていたが、あるとき体調が思わしくないとの噂を小耳に挟んだ。</p> <p>そして、2017年(平成29)10月11日、64才という若さで先立たれたのである。</p> <p>義雄さんの家族を存じあげない身としては、彼との間の宿題を残したまま、おじゃまする気持ちになれず、いつしか4年の歳月が経っていた。</p> <p> </p> <p>30日。『伝説とロマンの里―北<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と文化―』を携え数馬家を訪ねた。</p> <p>師走近くの酒造は活気にあふれていた。</p> <p>今まで、顔を出さなかった失礼を奥さんに詫び、「ようやく約束の一端が果たせそうです」と、2人の間で交わした話をお伝えすることが出来た。</p> <p> </p> <p>こんなに遅くなったのに、恐縮するくらいに喜んでいただき、すこーし荷を降ろした気分で、夕時の海岸道を帰途についた。</p>
  92. 戦争展実行委員会 鶉野飛行場跡フィールドワーク案内動画 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/12/01 23:18
    戦争展実行委員会では10月4日の鶉野飛行場跡へのフィールドワークを案内動画として編集しましたので、ご覧ください。 戦争展実行委員会 鶉野飛行場跡フィールドワーク案内動画 2022年3月5日~28日に、難波別院...
  93. 立山連峰 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/01 17:00
    <p>11月30日(火)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F5%C3%A3%BB%B3">宝達山</a>麓から東<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の海岸部を巡った。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201164349.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201164349j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%EA%BF%E5%C4%AE">穴水町</a>根木ポケットパークより。</p> <p>17時。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201165517.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201165517j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>波並海岸より。</p> <p>18時。</p>
  94. 語り合うこと無く… | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/01 16:40
    <p>11月22日(月)、</p> <p>多分この日、M・Hさんが50代前半で亡くなった。</p> <p>数度お会いしただけの人だったが、某書店の店長をしておられ、書物・文化の話題が豊富で、ちょっとした会話に知的好奇心が刺激され、かけがえの無い人だった。</p> <p>そのMさんから9月18日に電話が入った。</p> <p>入退院を繰り替えなさっていた病室からかけているとのことで、</p> <p>もう書店では会えない、との内用。</p> <p>病が進行し、主治医から11月までの命と告げられたのだという</p> <p>……</p> <p>聞き間違いのような気もして、それからは、声から体調を知るべく、時々、電話で話した。</p> <p>そのころMさんは電話を取り替えたため、扱い方がよく分からずに通じない時があったり、寝ておいでてコールに気づかないこともあったという。</p> <p>10月には、Mさん宅と付近の様子をメールに添付写真として送ったこともあった。</p> <p> </p> <p>ーその時、添付写真で送った柿が、下の写真ー。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161806.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161806j:plain" width="519" height="346" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>写真を見て、秋ごとに実をつけるのを楽しみしておいでた柿について、楽しそうにお話になった。</p> <p>熟すとおいしいので、西山さん、取っていっていいよ…と話していたのが、10月10日だった。</p> <p> </p> <p>折り返し電話が少なくなっていた頃、近くへ行くことがあったら、柿の写真を撮って添付するよ…と伝言していたが、それが適わないままの、Mさんとの別れだった。</p> <p> </p> <p>11月30日、珍しく良い日和の1日、特に用事も無かったので、Mさんが育った家付近を散策し、手を合わせてきた。</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161727.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161727j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>この柿近くに、H家のお墓がある。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161749.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161749j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>10月に撮った写真と同じ柿の木</p> <p> </p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161842.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161842j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>Mさんの里は、万行遺跡のすぐ側。</p> <p>書店では、品切れになっていた『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>のたび』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NPO">NPO</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ネットワーク発行)を書棚に並べられないかなァー、との相談を受けたこともあった。</p> <p>万行の清<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%E5%B4%D1">水観</a>音は第6番札所…</p> <p>七尾湾が望めるロマンの地で、夢を育ててこられたのだ。</p>
  95. 親鸞聖人御祥月命日 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/12/01 16:16
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20211201/20211201161311.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20211201161311j:plain" width="778" height="519" loading="lazy" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>28日、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人御祥月命日朝、鐘楼堂からの残月。七時近く</p>
  96. ストーブリーグへ | お気楽極楽日記 | 2021/11/28 17:20
     ヤクルトスワローズの日本一で今年のプロ野球は終わりました。前年最下位チーム同士の日本シリーズ。僅差のゲームばかりで見応えがありました。とはいうものの、チラッとしか見ていませんが(笑)。僅差のゲームばかりの日本シリーズといえば、2010年の中日対千葉ロッテ。それに勝るものはないでしょう。ぜひ来年はドラゴンズが日本シリーズを戦ってもらいたいものです。 さて、今シーズンも終わり、次はストーブリーグ。セットアッパー又吉投手がどうやらFA宣言をするみたいです。ソフトバンクが名のりを挙..
  97. お寺×Youtube 公開講座~告知~ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/11/28 10:13
    近年コロナ感染に伴い、緊急事態宣言が発令され、在宅の機会が増えYoutube上でもお寺のch(チャンネル)が増加している傾向である。 しかし、いざ自坊でもchを立ち上げてみるも何をコンテンツとして発信していけ...
  98. あゆみ通信 VOL.153 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/11/27 20:36
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第153号(2021年12月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼引き算   池田勇諦先生 ...
  99. 2021年11月 | 慶運山 長源寺 | 2021/11/26 22:50
    仏教は「仏道」であり、「仏道」は「道」です。 「道」は歩かなくては「道」ではありません。 「あそこに道があるわい」と  眺めているだけでは意味がないのです。 小山一行   報恩講の準備をしていて気が付 […]
  100. 七昼夜報恩講 | お寺の生活 | 2021/11/26 07:37
    25日は七昼夜報恩講でした。お勤めのあとは毎年恒例の絵解きをしました。皆さん足元の悪い中お参りいただきました

▲ このページの最初へ

 © All rights reserved 1998- , 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区
Generated:RNA 制作:教化委員会ホームページ部