ブログアンテナ 2021/01/24 07:53 RSS

このアンテナについて

最新記事100 / 登録サイト一覧(更新順)サイトごとの最新記事

  1. 報の浄土の往生は  おほからずとぞあらはせる  化土にうまるる衆生をば  すくなからずとをしへた | 新・坊主日記 | 2021/01/23 19:23
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 Bom dia a todos! 正信偈 Shoshingue p29https://www.dropbox.com/s/yzwfdyup0v4wxn8/gongyo-shu.pdf?dl=0 ↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓https://goo.gl/iVwh85登録してベルマークをクリックしてくれると毎日のYouTubeをアップしたらお知らせが届きます。 (93)報
  2. | ことば こころのはな | 2021/01/23 17:21
    「恩」は、「因」と「心」から成る。 「因」には、「いたむ(悼む)」という意味があ...
  3. 冬晴れ 21日、22日 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/22 22:27
    <p>今年、初めて、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>以外へ出かけた。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="高尾城近くから 21日午後5時35分"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122222039.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122222039j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">高尾城近くから 21日午後5時35分</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同じく 午後6時"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122222142.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122222142j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同じく 午後6時</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="羽咋~中能登町 22日午後3時半"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122222229.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122222229j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>~<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C7%BD%C5%D0%C4%AE">中能登町</a> 22日午後2時40分</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同じく 中能登町 午後2時40分"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122222402.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122222402j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同じく <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%B7%C8%F8%BB%D4">七尾市</a> 午後3時30分</figcaption> </figure> <p> </p>
  4. 山田知子さんーご西帰 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/22 21:33
    <header class="entry-header" style="box-sizing: border-box; display: block; position: relative; margin-bottom: 3em; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <p>今日22日、山田知子さんのお身内から、「山田知子は昨年五月に亡くなりました」と記した、寒中見舞いをいただいた。</p> <p>山田さんとは仲がよかった。25年前の1996年(平成8年)8月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>に東京書籍から『相撲の民俗史』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%BD%F1%C1%AA%BD%F1">東書選書</a>)をお出しになり、8月19日に「謹呈」されている(発行日の前に本が届くのはよくあることである)。</p> <p>そして、その年の12月15日ブログで『相撲の民俗史』に触れた。</p> <p> もう<strong>25年前の話</strong>。引用する。</p> <blockquote> <p>『相撲の民俗史』『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>・唐戸山における仏事満座の相撲~唐戸山神事相撲圏の形成に関する歴史<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>的考察~』など</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>の法事相撲に関して詳しく調査した報告書がある。</p> <p>これを探すのだが見つからない。</p> <p>寒い。春になったら…とも言っておれない。</p> <p>この機会にどこにどういう風に本を詰めたのかを知ろうと</p> </blockquote> <blockquote> <div class="entry-content" style="box-sizing: border-box; line-height: 1.85; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> <div class="section" style="box-sizing: border-box;"> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;">本箱周辺をうろついた。<br style="box-sizing: border-box;" />「唐戸山相撲史」(昭和46年:平岡克明著)のコピーが出てきた。<br style="box-sizing: border-box;" />「すまひ・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D1%CE%CF" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">角力</a>・相撲」(平成3年:石川県立歴史博物館)が出てきた。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />この話題になるなら紹介しなければ思っていた『相撲の民俗史』(1996:山田知子著:<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%BD%F1%C1%AA%BD%F1" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">東書選書</a>)も、すぐに出てきた。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />山田さんは、相撲研究者、<br style="box-sizing: border-box;" />特に民間相撲の研究者なので、当然唐戸山相撲の調査においでている。<br style="box-sizing: border-box;" />その時、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">羽咋</a>にいるのだけど、出てお出でよ、と電話が入った。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>と口<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>ではものすごく遠いのだ、と電話で説明したのだが、<br style="box-sizing: border-box;" />ちょっとでておいでよ、とおっしゃるくらいだから、距離感が全然分かっていないようだった。</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><br style="box-sizing: border-box;" />その後、京都から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">羽咋</a>とそちらでは遠いのねえー、<br style="box-sizing: border-box;" /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>同士だからすぐ近くかと思っていた、と…電話が入り、<br style="box-sizing: border-box;" />地図で確かめて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>は広いことを実感されたようだった。</p> <div class="hatena-asin-detail" style="box-sizing: border-box; margin: 1em 0px; border: 1px solid #dddddd; font-size: 15.3px; display: block; padding: 0.8em 0.6em;"><a href="http://www.amazon.co.jp/dp/4487722411/?tag=hatena_st1-22&amp;ascsubtag=d-91fz" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41B1NRVGXFL._SL160_.jpg" class="hatena-asin-detail-image" alt="相撲の民俗史 (東書選書)" title="相撲の民俗史 (東書選書)" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; height: auto; width: 160px; float: left; margin-right: 15px;" /></a> <div class="hatena-asin-detail-info" style="box-sizing: border-box;"> <p class="hatena-asin-detail-title" style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.3em; text-indent: 0px; font-weight: bold;"><a href="http://www.amazon.co.jp/dp/4487722411/?tag=hatena_st1-22&amp;ascsubtag=d-91fz" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;">相撲の民俗史 (東書選書)</a></p> <ul style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 1em 1.5em; padding: 0px; line-height: 1.7;"> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">作者:</span> <a href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%C5%C4%C3%CE%BB%D2" class="keyword" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 15.3px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">山田知子</a></li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">出版社/メーカー:</span> <a href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%BD%F1%C0%D2" class="keyword" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 15.3px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">東京書籍</a></li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">発売日:</span> 1996/08</li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">メディア:</span> 単行本</li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><span class="hatena-asin-detail-label" style="box-sizing: border-box;">クリック</span>: 27回</li> <li style="box-sizing: border-box; list-style: none;"><a href="http://d.hatena.ne.jp/asin/4487722411" target="_blank" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;">この商品を含むブログ (1件) を見る</a></li> </ul> </div> <div class="hatena-asin-detail-foot" style="box-sizing: border-box; clear: left;"> </div> </div> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em;"><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />見つからない報告書は<br style="box-sizing: border-box;" /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AC%A5%EA%C8%C7" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">ガリ版</a>で黄色い表紙だった、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>出身の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%C2%CE%C2%E7" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">日体大</a>の何とかという若い先生が関わっていて…<br style="box-sizing: border-box;" />とドンドン記憶が蘇ってくるのに見つからない。<br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" /><br style="box-sizing: border-box;" />宗教書の方に紛れ込んでいた。<br style="box-sizing: border-box;" /><a href="http://f.hatena.ne.jp/umiyamabusi/20110809151812" class="hatena-fotolife" target="dhatenanej" style="box-sizing: border-box; color: #119e4d; text-decoration: none; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word;"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20110809/20110809151812.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20110809151812j:image" title="f:id:umiyamabusi:20110809151812j:image" class="hatena-fotolife" style="box-sizing: border-box; border: none; vertical-align: baseline; max-width: 100%; cursor: pointer; height: auto;" /></a><br style="box-sizing: border-box;" />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>・唐戸山における仏事満座の相撲~唐戸山神事相撲圏の形成に関する歴史<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">民俗学</a>的考察』<br style="box-sizing: border-box;" />平成5年9月25日、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%C2%CE%B0%E9%C2%E7%B3%D8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">日本体育大学</a>体育史研究室発行。著者:谷釜了正、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">下谷</a>内勝利。<br style="box-sizing: border-box;" />思っていた通り、労作である。</p> </div> </div> </blockquote> <p> 『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">能登</a>・唐戸山における仏事満座の相撲~唐戸山神事相撲圏の形成に関する歴史<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">民俗学</a>的考察』の著者・谷釜さんは、その後<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%C2%CE%C2%E7">日体大</a>の学長になられ、特に体育系のいじめ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D1%A5%EF%A5%CF%A5%E9">パワハラ</a>などの絶滅に力を注がれたと聞いている。</p> <p> </p> <p>山田さんは、この後の話になるのだが、蔵書を抱えきれないので、西山さんの所だったらおけるだろう、と英文<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%EA%A5%BF%A5%CB%A5%A2">ブリタニア</a>百科か何かを運んでこられたことがあった。</p> <p>まだ見ていない襖の下張と同様、いつか英文で調べる日が来るかも知れないと、かなり長い間物置にあったのだが、だいぶ前に他の雑誌類とともに処分している。</p> <p>だから、1度は当家というか当寺にきておいでるはずなのだ。</p> <p>最終肩書きは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>名誉教授のはずである。</p> <p> </p> <p>元気そのものの頃の出会いなので、いつまでも元気なもの、と思い込んでいた。</p> <p>5月なら大桑さんが先立たれてまもなくのことだったのだ。</p> <p>『相撲の民俗史』カバーに記されている紹介を加え、山田さんを偲びたい…。</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122205219.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122205219j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> 山田知子-京都生まれ。現在(※1996年現在)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8%C3%BB%B4%FC%C2%E7%B3%D8%C9%F4">大谷大学短期大学部</a>教授(体育学)。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E0%CE%C9%BD%F7%BB%D2%C2%E7%B3%D8">奈良女子大学</a>を卒業後、奈良<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%EB%C4%CD%BB%B3">帝塚山</a>短期大学を経て、一九六九年より<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>に勤務。当時文学部<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%BB%CB%B3%D8">国史学</a>科の主任教授であった<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>博士(一九九三年に逝去)に出遇い指導を受け、五来博士主催の「日本宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>研究所」で宗教<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>を研究。●主たる論文(共著)「きたえる」竹内京一編『体育への誘い』海青社、「我が国における相撲の発生に関する研究」『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>研究年報』三十四集、「相撲と民俗」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C3%E6%B5%C1%B9%AD">田中義広</a>編『祭りと芸能の研究Ⅱ』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%D3%C0%B5%BC%D2">錦正社</a>、「稲荷信仰と古墳」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>編『稲荷信仰の研究』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CD%DB%BF%B7%CA%B9%BC%D2">山陽新聞社</a>、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B1%CD%E8%BB%FB">鳳来寺</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%B2%CF">三河</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%F8%C4%A5">尾張</a>の薬師信仰」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>編『薬師信仰』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BA%BB%B3%B3%D5">雄山閣</a>、「土俵まつりと<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%B8%B3%C6%BB">修験道</a>」寒川恒夫編『相撲の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A7%C3%E8%CF%C0">宇宙論</a>』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2">平凡社</a>。</p> <p> <img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122205826.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122205826j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>私が相撲史をひもといてみようと思ったのは、「もうひとつのみかた」<br />ができるということがわかったからである。<br />それは、民俗の中に残されて来た祭儀相撲に見られる「足踏み」に焦<br />点をあてて、その源をたずね、歴史を遡っていくと、相撲は、古代<br />より悪霊を鎮め追い払う呪術に発生し、農耕の豊凶を占う年占とな<br />って力を競い合うようになり、次第に競技化が進行していったが、<br />本来の呪術性ゆえに、雨乞いや地鎮などに用いられ、また朝廷の節<br />会の行事となり、あるいは、社寺の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%AB%BF%CA">勧進</a>の手段として行われてきた<br />ことも明らかになってくる。そして、この伝統を継承するというい<br />まの大相撲での力士の揃い踏みや<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%A3%B9%CB">横綱</a>の土俵入りも、もとは天下国<br />家の悪魔祓いをする一種の宗教行事だったこともわかってくるはず<br />である。(はじめにより)<br /><br /><br /></p> <p>紹介文にある著書。</p> <p>「相撲と民俗」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%C3%E6%B5%C1%B9%AD">田中義広</a>編<strong>『祭りと芸能の研究Ⅱ』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%D3%C0%B5%BC%D2">錦正社</a>ー今、雪に閉じ込められている建物にあるので取りに行けない。</p> <p>「稲荷信仰と古墳」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>編<strong>『稲荷信仰の研究』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CD%DB%BF%B7%CA%B9%BC%D2">山陽新聞社</a></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『稲荷信仰の研究』昭和60年5月27日 山陽新聞社刊 9800円"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122211945.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122211945j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『稲荷信仰の研究』昭和60年5月27日 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CD%DB%BF%B7%CA%B9%BC%D2">山陽新聞社</a>刊 9800円</figcaption> </figure> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>先生が当寺に泊まって行かれた、昭和60(1985)年6月15日、お土産としていただく。先生を含め14名<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%C7%BE%E5%B0%F0%B2%D9">最上稲荷</a>教務部の執筆による970ページに及ぶ大著。これらの方々が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>門下の俊英たちだったのだ、新たな感慨を覚える。</p> <p> </p> <p>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%B1%CD%E8%BB%FB">鳳来寺</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%B2%CF">三河</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%F8%C4%A5">尾張</a>の薬師信仰」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>編<strong>『薬師信仰』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BA%BB%B3%B3%D5">雄山閣</a></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『民衆宗教史叢書 第12巻 薬師信仰』昭和61(1986)年11月20日雄山閣出版刊 5800円"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122212202.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122212202j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『民衆宗教史叢書 第12巻 薬師信仰』昭和61(1986)年11月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BA%BB%B3%B3%D5%BD%D0%C8%C7">雄山閣出版</a>刊 5800円</figcaption> </figure> <p>執筆者14人。私も「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の薬師信仰」を執筆した。山田さんと同じ本に書いているなんて…。先生も含めて5人程度親しいというか、顔が浮かんでくる方々がおいでる程度。この時の肩書きは「石川県立飯田高校教諭」。</p> <p> </p> <p>「土俵まつりと<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%B8%B3%C6%BB">修験道</a>」寒川恒夫編<strong>『相撲の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A7%C3%E8%CF%C0">宇宙論</a>』</strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2">平凡社</a></p> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『相撲の宇宙論』1993年11月26日 平凡社刊 2200円。執筆者6名"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122213015.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122213015j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『相撲の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A7%C3%E8%CF%C0">宇宙論</a>』1993年11月26日 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%CB%DE%BC%D2">平凡社</a>刊 2200円。執筆者6名</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="この本も、山田さんからいただいていた。あらためて有り難うございました。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210122/20210122213215.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210122213215j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">この本も、山田さんからいただいていた。あらためて有り難うございました。</figcaption> </figure> <p><br /><br /><br /></p> </header>
  5. 専修のひとをほむるには  千無一失とをしへたり  雑修のひとをきらふには  万不一生とのべたまふ | 新・坊主日記 | 2021/01/22 19:35
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 阿弥陀経http://jodoshinshu.com.br/budismo-terra-pura/sutra-de-amida-curto/ 阿弥陀経の他朝のお参りのテキストやリンクページを作りました。ここからテキストをダウンロードして印刷したり、You Tubeを見て練習したりできます。ご活用ください。 SUTRA AMIDAhttps://www.brasilsanpo.com/p/b
  6. 負荷 | ことば こころのはな | 2021/01/22 17:28
    たとえば誰も住んでいない家屋は、きれいなまま保たれ長持ちしそうそうだけれど、そう...
  7. さくらインターネットを標的にした 詐欺メールによる攻撃が行われています | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/22 11:44
    銀杏通信で利用している「さくらインターネット」を標的にした、詐欺メールによる攻撃が行われています。 銀杏通信のメールアドレス(@icho.gr.jp)を取得している、各種団体・部門の方は、 件名:重要 ...
  8. 本師源信和尚は 懐感禅師の釋により 処胎経をひらきてぞ 懈慢界をばあらわせる | 新・坊主日記 | 2021/01/21 19:33
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinitahttps://www.terrapuradf.org
  9. 深謝 南無阿弥陀仏 | ことば こころのはな | 2021/01/21 14:32
    ある出版社さんから、「令和3年2月末日をもちまして出版販売事業から撤退し業務を終...
  10. 霊山聴衆とおわしける 源信僧都のおしえには 報化二土をおしえてぞ 専雑の得矢さだめたる | 新・坊主日記 | 2021/01/20 19:35
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 Bom dia a todos! 正信偈 Shoshingue p29https://www.dropbox.com/s/yzwfdyup0v4wxn8/gongyo-shu.pdf?dl=0 ↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓https://goo.gl/iVwh85登録してベルマークをクリックしてくれると毎日のYouTubeをアップしたらお知らせが届きます。 (90
  11. 自助・共助と公助 | ことば こころのはな | 2021/01/20 18:16
    首相に就任した際、「自助・共助・公助。この国づくりをしたい」と発していた首相が、...
  12. 1995年1月17日 5時46分 より(以来) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/20 08:58
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『蓮如上人と伝承』おやまブックレット1(1998年12月25日刊)「三 最初の御文」本文末の挿入写真、P18。平成8年(1996)9月2~3日能登教区第10組住職研修旅行・引率の時の写真。右は故安宅山師。下の写真は別院・教務所からの強い要望があって載せた。20021年1月17日朝日一面にボランティアについての分析考察があり、その先駆けとなる写真と言えるだろう。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210119/20210119174228.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210119174228j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』おやまブックレット1(1998年12月25日刊)「三 最初の御文」本文末の挿入写真、P18。平成8年(1996)9月2~3日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>教区第10組住職研修旅行・引率の時の写真。右は故安宅山師。下の写真は別院・教務所からの強い要望があって載せた。20021年1月17日朝日一面にボランティアについての分析考察があり、その始まりの写真と言えるだろう。</figcaption> </figure> <p>16年前のあの日のその時刻、今と同じ部屋ので同じベッドに寝ていた。</p> <p>ベッドが下の方からユウーウラリと揺れ、どこかに運んで行かれるよ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%A6%A4%CA%BD%C5">うな重</a>い気分で目が覚めた。</p> <p><span style="color: #202122; font-family: sans-serif; font-size: 15.104px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E5%BF%C0%C3%B8%CF%A9%C2%E7%BF%CC%BA%D2">阪神淡路大震災</a>」</span><span style="color: #202122; font-family: sans-serif; font-size: 15.104px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">(災害名は2月14日統一)の発生である。</span></p> <p><span style="color: #202122; font-family: sans-serif; font-size: 15.104px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">近所の人が大型トラックで神戸に荷物を運んでいて、神戸の町並みが眼下に見える山の駐車場で、いつものように明け方しばし仮眠を取ろうとしていたとき、ぐらーっときてあちこちで火がのぼり初めた。もう、慌てて引き返してきた、と、現実ではない話をするように話すのを聞いて、想像が追いつけない出来事が起こっているのだ、と思っていた。</span></p> <p>私は、その年の 9月から16回に亘って、金沢別院の機関誌「おやま<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%B4%A4%DC%A4%A6">ごぼう</a>」(隔月刊、162号~177号)に「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承」を連載した。</p> <p>連載を終え、金沢別院に一冊も出版物がないのはどうかと提案し、1998年12月25日、すなわち<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人のご命日、生母が6歳の上人を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>に残して去った日に、『おやまブックレット1 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』を発行した。</p> <p>この年は上人の500回忌でもあり、連載も500回忌に向けて始まった企画だったのである。</p> <p>第3回が「最初の御文」で、そこでは、震災を踏まえ、次のように書いた。</p> <p> </p> <p>※元のブックレットでは、多くの語-長禄〈ちょうろく〉、留守職〈るすしき〉、応玄〈おうげん〉のように-にふりがなを振ってある。</p> <blockquote> <p><strong>三 最初の御文</strong><br /> 上人は、長禄元年(1457)、43歳で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>留守職を継承し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>第八世となられた。弟の応玄上人との間で継承を巡っての争いもあったとされるが、二俣におられた叔父・如乗の力添えがあって、上人に落ち着いたといわれている。<br /> 上人の生きられた時代は、天災・飢饉が相続き、世は疲弊の極にあった。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%FE%BF%CE%A4%CE%CD%F0">応仁の乱</a>が起こるのは継承から10年後のことであるが、上人が27歳の時には、どうにもならなくなった数万の民衆が、16カ所に陣を構えて京を包囲し、徳政(貸借契約の破棄)を勝ち取るほどの激しい<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%D9%E4">一揆</a>も起こっている。<br />「母の命尽きたるを知らずして、いとけなき子の、なお乳を吸いつつ、臥せるなどもあり…」(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%FD%BE%E6%B5%AD">方丈記</a>』)といった状景があちこちで見られたに違いない。<br /> <br />このような状況の中で、上人の御一生である85年間に、世を立て直したいとの願いを込めた年号の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%FE%B8%B5">改元</a>が、15回も行われている。 <br />このこと一つを取ってみても、世はまさに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%F6%CB%A1">末法</a>であり、人々の不安につけこみ、かえって人々を苦しめる似非宗教の横行もあったのである。<br />そして、継承からわずか3年後の寛正元年(1460)にも、大飢饉・疫病が流行した。『碧山日録』によれば、地方から「人民相食む」とのうわさが伝わり、ある僧が、せめてもの供養にと立てて歩いた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%B4%C5%E3%C7%CC">卒塔婆</a>の数が、都だけで8万2 千本にも達したという。 別の僧が、大釜で炊いた粥を人々に分け与えたが、衰弱しきった胃腸は熱い粥を受け入れることができず、粥に飛びついた人は次々と命を落としていった。そして、それは釜の向きが悪かったせいだ、という話が人々の口に登り出すのである。まさに、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人が「かなしきかなや道俗の、良時吉日選ばしめ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%BF%C0%C3%CF%B5%C0">天神地祇</a>をあがめつつ、卜占祭祀つとめとす」(『正像末和讚』)とお嘆きになられた、その通りの人心も荒廃した世となっていた。<br /> おびただしい死者によって鴨川の流れまで変わってしまったその頃、上人は京都大谷に在って、惨状を目の当たりにしておられたはずである。何を思い、何をなさっておられたのであろうか。</p> <p> </p> <p>天災といえば、平成7 年1 月17日早朝に起きた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E5%BF%C0%C3%B8%CF%A9%C2%E7%BF%CC%BA%D2">阪神淡路大震災</a>は、様々のことを語りかけている。多くの若者がボランティア活動を行うという明るい話題もあった。</p> <p>その中で、二人の子供を一瞬に失い、駆けつけてくれたボランティアの若者たちに感謝しながらも、同世代である彼らにどうしても会うことができずに仮説トイレに身を潜めて泣く父親の姿があった。<br />家の下敷になった子が、迫り来る猛火のもとで、「お母さんはどうだった。逃げられたの、よかったね。僕はいいから、お父さん逃げて…」が最後の言葉になった、と語る父親の姿も報道された。報道は過ぎ去っていく。しかし、「お父さん逃げて…」の声が、落ち着きを取り戻すに従って、より<br />鮮明に耳の奥底から聞こえ始めてくる親がいる。子供を助けることができなかった、という懺悔は、「悪人」の責めを自らに課し続けていくことになるのであろう。</p> <p> </p> <p>上人は、全てを失い途方に暮れている多くの人々を目の当たりにして、かけがえのない命の輝きを甦えらすには、真実の教えによってしか成し遂げられないことを、改めて感じ取られたはずである。祖師聖人が明らかにされた我々「悪人」が救われる教えを、どのようにしたらわかりやすく伝えることができるのか。それこそ身悶えしながら問われたに違いない。</p> <p>その答えが、寛正の大飢饉の翌年3月に表された最初の御文ということになろう。<br />金森道西(俗名弥七)の求めによって書かれたとされているが、「罪の軽重をいはず…在家止住のやからは…平生業成…」とお書きになった一字一句は、どこまでも深くて重い。</p> <p>上人と出会える身近な人々に対しては自らの言葉で、弥七のように遠い所で救いを求めている人々には「文」を用いて、と、弥陀の願いが、ここに「御文」という形で世に登場したのである。 </p> </blockquote> <p> </p> <p>時系列を見れば分かるが、連載を終え、わずか9ヶ月でブックレットを完成させている。</p> <p>金沢教区若手スタッフとの読み合わせや、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%ED%A5%B4%A5%DE%A1%BC%A5%AF">ロゴマーク</a>の制定など…。写真挿入の位置は印刷所にお願いしたが、原稿の打ち出し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%CF%BF%DE">系図</a>の線引きも含め、出版社がやる仕事のほとんどを、筆者である私が行った。</p> <p> </p> <p><strong>写真参考</strong> 2021年1月17日(日)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>一面</p> <p><span style="font-size: 150%;"><em><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E5%BF%C0%A1%A6%C3%B8%CF%A9%C2%E7%BF%CC%BA%D2">阪神・淡路大震災</a>26年 災害ボランティア根付く</em></span> のべ480万人 不足の被災地も</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="災害ボランティア データー"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210119/20210119190033.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210119190033j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">災害ボランティア データー</figcaption> </figure> <p> </p> <p>私の執筆方法は歴史民俗というもので、文献・史資料を調べ上げ、現地を歩き、聞き取りを行う。</p> <p>それで、この連載においても、北陸はいうまでもなく、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%B2%CF">三河</a>方面、近畿、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B5%CC%EE">竜野</a>あたりまで、上人の足跡を訪ねた。</p> <p>神戸に入ったのは、震災から1年と1ヶ月、平成8年(1996)2月15、6日のことだった。</p> <p>この時は、2月12日に山科・赤野井別院などを歩き、13・14日は本山教導研修。</p> <p>15日、姫路・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%B5%CC%EE">竜野</a>各地を訪ね、神戸<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AB%C0%EE%B8%F8%B1%E0">湊川公園</a>で宿。神戸へはこの時、初めて行ったのだけれど、私にとっては、それまでの神戸は、「</p> <p>にほんのうたー別れた人と(兵庫)ー」と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%B0%A5%D3%A1%BC">ラグビー</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%B8%CD%C0%BD%B9%DD">神戸製鋼</a>がすべての街だった。</p> <p>三の宮駅に降り立ったとき、町中に火のニオイが染み込んでいた。記録にニオイは残せないが、メモには「駅員さんが親切だった」と書いてある。そこに被災から一年の、現地の人々の思いが「一言」=「親切」に込めてニオイと共に残したのだった。</p> <p>翌日訪ねた、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%AD%C7%CF%B2%B9%C0%F4">有馬温泉</a>、名塩教行寺、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>池~出口<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F7%C1%B1%BB%FB">光善寺</a>、崩れた石垣、復興への萌しを秘めて春に向かおうとしている、そのような「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人伝承地」を通りすぎた、との印象だった。</p> <p> </p> <p>ブックレット(絶版で手に入らない)を読み直してみると、</p> <p>写真を24枚挿入しているが、この調査行時に撮った写真は使っていない。</p> <p>神戸近辺で使用する一枚は、御文が最も残っている名塩教行寺近くの「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>池」だった。しかし、池は、山を切り開いての宅地造成さなかの中にコン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AF%A5%EA%A1%BC%A5%C8">クリート</a>囲まれた四角い池になっており、元の景観をとどめておらず、使えなかったのである。</p> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="蓮如池 名塩"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210120/20210120061650.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210120061650j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>池 名塩</figcaption> </figure> <p>このブックレットはブックレットシリーズの中で、唯一絶版になっており、どんな写真を使ったかは史料価値があると思われるので、目次と共にあげておく。写真は○(所在地名で町から始まる地は、金沢教区内)。</p> <p><strong>一 布袋丸と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>再興</strong> ○鹿子の御影(二俣町本泉寺) ○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人絵伝ー鹿子御影、母公遺訓-(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%BD%BD%CB%FC%C4%AE">四十万町</a>善性寺)</p> <p><strong>二 北陸<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>との出会い</strong> ○山田光教寺跡 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人腰掛け石(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a>山田町) ○御満足の木像(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>正院町高福寺)</p> <p><strong>三 最初の御文※本文</strong></p> <p>○金森御坊(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%E9%BB%B3%BB%D4">守山市</a>道西坊) ○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E5%BF%C0%C3%B8%CF%A9%C2%E7%BF%CC%BA%D2">阪神淡路大震災</a>ボランティア(平成7年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%B1%CA%FE%C2%E7%B3%D8">同朋大学</a>学生)</p> <p><strong>四 聖人一流の…</strong></p> <p>○お手植えの大<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%C1%A5%E7%A5%A6">イチョウ</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%C8%A8%C4%AE">津幡町</a>笠池ゲ原)</p> <p><strong>五 女人と御文</strong></p> <p><strong>○</strong>嫁脅し肉付き面(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A1%B0%E6%B8%A9">福井県</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C4%C5%C4%AE">金津町</a>吉崎寺版)</p> <p> <strong>六 笹の伝承</strong></p> <p>○チマキ笹(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a>動橋町篠生寺)</p> <p><strong>七 梅・松など</strong></p> <p>○五色の梅(木越町福千寺) ○数珠掛け・袈裟掛け松(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%C2%E5%B2%B9%C0%F4">山代温泉</a>専光寺)</p> <p><strong>八 動物と龍女</strong></p> <p>○蛇骨(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%AC%BA%EA%BB%D4">岡崎市</a>土呂旧跡)</p> <p><strong>九 特産・名品</strong></p> <p>○白水(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%AC%C6%FC%BB%D4">八日市</a>町)</p> <p><strong>一〇 十字名号から六字名号へ</strong></p> <p>○鹿島の森(吉崎坊舎跡地から望む)</p> <p><strong>一一 名号の様々</strong></p> <p>○柱の名号(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%B9%B8%AB%BB%D4">氷見市</a>一刎<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%AC%C8%A8%BF%C0%BC%D2">八幡神社</a>) ○虎斑の名号(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%BB%D4">加賀市</a>山中町<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BC%C3%AB">下谷</a>道場)</p> <p><strong>一二 木像より<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CF%A4%A8">はえ</a>ぞう…</strong></p> <p>○八万法蔵の御文(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%BD%BD%CB%FC%C4%AE">四十万町</a>善性寺)</p> <p><strong>一三 和歌</strong></p> <p>○御筺の和歌(※刷り物-おもかげを代々の筺に残しおく 弥陀たのむ身のたよりともなれ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人 加州尾山御坊御筺ー)</p> <p><strong>一四 由緒値を訪ねた人</strong></p> <p>○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%BB%B3%BB%FB">石山寺</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>堂(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C4%C5%BB%D4">大津市</a>) ○豊四郎の巡拝帳(※江州<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%BB%B3%BB%FB">石山寺</a>、江州金森御坊・道西遺跡因宗寺)</p> <p><strong>一五 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌</strong></p> <p>○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C8%BA%EA%B8%E6%CB%B7">吉崎御坊</a>) ○御影道中・民家での<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>忌</p> <p><strong>一六 上人の問いかけ</strong></p> <p>○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A2%BA%C2">連座</a>御影(彦三町長徳寺) ○劇団 座・アート「れんにょさん」(平成10年3月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E2%C2%F4%BB%D4%CA%B8%B2%BD%A5%DB%A1%BC%A5%EB">金沢市文化ホール</a>で上演)</p> <p> </p> <p><strong>おやまブックレット</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="既刊おやまブックレット。金沢別院ホームページより。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210119/20210119190329.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210119190329j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">既刊おやまブックレット。金沢別院ホームページより。</figcaption> </figure> <p>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』1に始まるブックレットは、現在5まで刊行されている。</p> <p>刊行時『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』の頒価は300円だった。後、2001年4月1日2刷発行時に350円になった。</p> <p>手頃なので、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>会研修(12組など)終了時などに配布したり、延べ1000部近く購入したと思う。</p> <p>3年後に第2号「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%B8%FE%B0%EC%D9%E4">一向一揆</a>という物語」をお書きになった大桑さんは昨年4月14日に先立たれた。</p> <p>残ってうろうろしている私の冊子が絶版?なのは、どうかなと思う。</p> <p>引用した「3 最初の御文」を見ても、そんなに問題なさそうだし、何よりもこの小冊子を持って、伝承地を散策できる。</p> <p>案外、身近なところに上人由緒地があり、その身近さを通して教えの導入も期待できるのではないか。</p> <p>今は、集まっての聞法がしにくく、皆で由緒地を訪ねることも出来ない-</p> <p>こういう、今の時こそ</p> <p>先達になってくれる一冊、だと思う。</p> <p> </p> <p>売り切れたのは2018年9月金沢大谷婦人会ひじり<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D9%C9%F4">支部</a>でお話したときだから、もう丸2年以上経っている。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%E9%CE%B6">臥龍</a>文庫から復刻も悪くないなァーと思いながら、1年以上待ったのだけれど、何もしなけりゃー…小さな旅の道案内ーもへちまもない。</p> <p> </p> <p>雪もやみそうだし、今日は、一般の正月じまいの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%F3%BD%BD%C6%FC%C0%B5%B7%EE">二十日正月</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%B2%EC%C8%CD">加賀藩</a>には25日の寺正月があって、正月じまいは5日遅い)。</p> <p> </p> <p>一歩先へ動いてみようか…。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『蓮如上人と伝承』"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210120/20210120085727.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210120085727j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人と伝承』</figcaption> </figure> <p> </p> <p> </p> <p> </p> <p> </p>
  13. 本師源信ねんごろに  一代仏教のそのなかに  念仏一門ひらきてぞ  濁世末代をしへける | 新・坊主日記 | 2021/01/19 19:20
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。 Bom dia a todos! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinita
  14. 何かを得るための念仏ではなく、いただきものの念仏 | ことば こころのはな | 2021/01/19 14:01
    ◇仏たすけたまえとは思うべからず 思えば、私は子どもが死ぬまでは、念仏と自分と...
  15. 源信和尚ののたまわく われこれ故佛とあらわれて 化縁すでにつきぬれば 本土にかえるとしめしけり | 新・坊主日記 | 2021/01/18 19:35
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinitahttps://www.terrapuradf.org
  16. 何をすればいいのか | 遊煩悩林 | 2021/01/18 15:34
    <p>報恩講に向けてご門徒とおみがき。</p> <p>ご門徒といっても今年は「密」を回避して世話人のみで、とご案内していたのですが。</p> <p>「せめてこれくらいは」と、毎年お手伝いくださっている母娘さんらも参加してくださいました。</p> <p>当初、午後2時から2時間ほどと思っておりましたところ、1時ごろから揃々とご参集いただき、あっという間に報恩講の荘厳が整いました。</p> <p>あとは住職の心の支度を整えるばかりか。</p> <p>おみがき後に世話人会で総代が挨拶。</p> <p style="padding-left: 40px;">一昨年の出生数が86万人台だったという報道に触れて、自分の生まれた年は200万人を超えていた。</p> <p style="padding-left: 40px;">やがて自分たちもこの世からいなくなるが、自分たちのできること、すべきことは何だろうか。</p> <p>これまで慣例的なおみがき、定例の正月の世話人会でしたが、コロナ禍ということもあってか、おみがきにご参加いただいたご門徒の熱意、そして総代のことばに篤いものを感じました。</p> <p>もしかするとその篤信はいつものことで、住職が不感症だっただけなのかもしれません。</p> <p>実は世話人会で、某仏具店の”おみがき不要の仏具のフッ素コーティング”の価格表を提示しようとしておりましたが、やめました。</p> <p>寒中にもかかわらず、空け放たれた本堂で先達からの仏具をみがき、「自分たちができることはなんだろうか」との思い。</p> <p>おみがきが仏事として伝統されてきたことの証を見せていただいたような気がします。</p> <p>さて、コロナ禍の報恩講をいかに勤めるか。</p> <p>両日の法要式は従来どおり勤めて法話はなしにする。</p> <p>勤行を短縮して法話を実施する・・・などなど。</p> <p>ご意見はさまざまですが、例年ご参勤くださる十数ヵ寺のご法中の参勤の依頼を取りやめ、下記の次第で勤修すべく決定しました。</p> <p>「私たちは何をすればいいのか」を念仏の歴史に尋ねてまいりたいと思います。</p> <p><img style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/72/cb/f12ccb3d09375ca7b0fea5839e99673c.jpg" /></p> <p> </p> <p><a title="" href="http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/events.html" target="_blank" rel="noopener">http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/events.html</a></p> <p> </p> <p> </p>
  17. 無言の問いというものは、言葉で表される問いよりも、時には深く大きなものなのですよ | ことば こころのはな | 2021/01/18 12:47
    昨日の投稿で「人生の意義や生きる意味は、見つけるものではなく、たずねていくこと。...
  18. 娑婆永劫の苦をすてて  浄土無為を期すること  本師釈迦のちからなり  長時に慈恩を報ずべし | 新・坊主日記 | 2021/01/17 19:28
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 阿弥陀経http://jodoshinshu.com.br/budismo-terra-pura/sutra-de-amida-curto/ 阿弥陀経の他朝のお参りのテキストやリンクページを作りました。ここからテキストをダウンロードして印刷したり、You Tubeを見て練習したりできます。ご活用ください。 SUTRA AMIDAhttps://www.brasilsanpo.com/p/b
  19. 年賀状 | 気ままな日記 | 2021/01/17 18:48
    今日はお年玉付き年賀ハガキの当選番号発表です。 切手シートが5枚当たりました。 実際にいただいた年賀状では4枚。書き損じが1枚でした。 これだけの枚数当たったのは久々です。 合計で200枚ぐらいなので。。。 どのくらいの確率でしょうか? さっそく明日には交換に行きたいと思います。 [画像]
  20. 南無阿弥陀仏 生涯をかけた歩みに、人生の意義がある | ことば こころのはな | 2021/01/17 16:56
     信仰と生活ということが常に問題となっている。そうして生活に交渉のない宗教は無...
  21. 35年ぶりの大雪 | お寺の生活 | 2021/01/17 13:32
    1月8日から10日にかけての改観寺周辺の様子です。朝6時前から父と2人で屋根雪と格闘している様子です。この後お昼までかかって処理を終えました。1日9時間ほど除雪しないといけない日が3日ほど続きました。
  22. 35年ぶりの大雪 | お寺の生活 | 2021/01/17 13:19
    今年の富山は久々の大雪でした。8日あたりから10日まで降り続いた大雪ですが、改観寺は一晩で60cm程積もる勢いで降り、あっと言う間に累積積雪量が2mを超えて屋根雪が地面と繋がってしまいました。北陸の水気を含んだ雪の重みは凄まじく、屋根雪の重みで建物の骨組みが曲がり...
  23. 弘誓のちからをかぶらずは  いづれのときにか娑婆をいでん  仏恩ふかくおもひつつ  つねに弥陀を | 新・坊主日記 | 2021/01/16 19:35
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 Bom dia a todos! 正信偈 Shoshingue p29https://www.dropbox.com/s/yzwfdyup0v4wxn8/gongyo-shu.pdf?dl=0 ↓いいね評価、チャンネル登録よろしくお願いします↓https://goo.gl/iVwh85登録してベルマークをクリックしてくれると毎日のYouTubeをアップしたらお知らせが届きます。 (86
  24. 言動の自主的な変化によって時代が変わっていくのか、時代の変化によって人間の言動が変わるのか。その分岐点にいるのではないだろうか。 | ことば こころのはな | 2021/01/16 14:52
    昨日は、今年初めて外出しての集まりがありました。 昨年の暮れからZOOMやLIN...
  25. メインは石油ストーブ | 住職雑記 | 2021/01/15 23:00
    この数年、特に足が冷える。血流が悪くなっているのだろう。年のせいか。その対策とし...
  26. チン電 | 気ままな日記 | 2021/01/15 22:17
    今日はバイクで走っているときに チンチン電車を見かけました。 特別珍しいことでは無いのですが、 このような、少々オシャレなのは久々です。 ってなことで 信号待ちで撮影しました。 [画像]
  27. 反抗という名の自己主張 | ことば こころのはな | 2021/01/15 21:47
    “反抗期”という言い方は、親から子を見た言い方です。親を中心にして子どもを見て...
  28. 西路を指授せしかども 自障障他せしほどに 曠劫以来もいたづらに むなしくこそはすぎにけれ | 新・坊主日記 | 2021/01/15 19:28
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。 Bom dia a todos! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinita
  29. 「緊急事態宣言」発出にともなう 大阪教務所の対応について(急告) | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/15 10:30
    「緊急事態宣言」発出にともなう 大阪教務所の対応について(急告) 急啓 このたび13日付にて、大阪、京都、兵庫に対し「緊急事態宣言」が発出されたことを受け、その主旨を最大限受け止め、2月7日まで下記のとおり対...
  30. なぜ今ロッキード | 住職雑記 | 2021/01/14 23:00
    本屋に行ったら、店頭にロッキード関連ノンフィクションが2冊並んでいた。いずれも分...
  31. 緊急事態宣言 | 気ままな日記 | 2021/01/14 22:47
    さて、緊急事態宣言が出ていますが、 今日は法務中、 あちこちウロウロしていましたが、 車の交通量は増えましたね。 電車、バスを控えて 自家用車通勤が多くなったのか・・・ 真相はわかりませんがね。 近所のスーパーも駐車場は少なかったです。 皆さん自粛中なんでしょうか。 とりあえずは 2月7日までですね。
  32. 本願毀滅のともがらは  生盲闡提となづけたり  大地微塵劫をへて  ながく三塗にしづむなり | 新・坊主日記 | 2021/01/14 19:33
    おはようございます。ご機嫌いかがですか?シュウチャンネルのしゅうです。今日も一緒にお参りをいたしましょう。 おはようございます。 Bom dia a todos! 今日は『大無量寿経』ですhttp://labo.wikidharma.org/index.php/%E4%BB%8F%E8%AA%AC_%E7%84%A1%E9%87%8F%E5%AF%BF%E7%B5%8C_(%E5%B7%BB%E4%B8%8A) O Sutra Maior Sobre o Buda da Luz Infinita
  33. 清水脩 後半 清水脩氏と真宗の歌・交響曲「蓮如」。北川博夫、土岐善麿氏、歎異抄 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/14 19:31
    <p><strong>ブログより 2017-01-24</strong><br /><strong>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉-交声曲『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>』と北川博夫氏</strong><br />平成11年10月16日・17日、当寺で「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人500回御遠忌法要」を厳修した。</p> <p>その時のアト<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%AF">ラク</a>ションに、北川博夫・辰彦氏、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DB%C3%E6">越中</a>おわら道場を招待し、演奏して頂いた。</p> <p>その時のポスター</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210114/20210114185732.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210114185732j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>そこには、「◎「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B6%CA">交響曲</a>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>』」・「心の故郷ー童謡ー」(CD)から数曲ずつ<br />[出演]<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BC%B3%DA%B2%C8">声楽家</a>・北川博夫氏(両CDの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BD%A5%EA%A5%B9%A5%C8">ソリスト</a>)その他」と印刷し、紹介している。</p> <p> </p> <p>北川氏は、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』(CD)【交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>】以外にも、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>(作詞)・立野勇(作曲)「十億の人に」、深沢富子(作詞)・渋沢沢兆(作曲)「源三さん」を独唱しておいでる。<br />当寺では、その「源三さん」を、ご子息の北川辰彦氏(近年、レシピ・アン?音楽と料理で幸せのおもてなし?、BSフジなどでもご活躍中)がお歌いになった。</p> <p>深く印象に残っている。</p> <p> </p> <p><strong>交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>」</strong><br />※『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉より</p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>作詞・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作曲によるもので・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人四百五十回御遠忌〔昭和24年)を記念して制作されました。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人〔1415~1499〕は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%DC%B4%EA%BB%FB">本願寺</a>第8代留守職で、宗祖<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人の教えを当時の民衆に広く伝えられ、今日の教団の基礎を築かれた方です。<br />上人は、現在<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>が日常的にお勤めしている「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%BF%AE%D0%F5">正信偈</a>・和讃」による勤行形式を定められ、また、御<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>に多数の「御文」をお書きになり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人の教えをわかりやすく説かれました。<br /> この交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>」(作詞 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>、作曲 清水 脩)は、<br />1、Introduction 2、一念の信 3、げにやただ 4、かくては消えん 5、本尊は 6、ものをいえ 7、げにわれやさき 8、みあとしのべば 9、念仏の合唱<br />の9章からなる作品で、1948(昭和23)年に東京、京都、大阪で相次いで演奏され、京都では、5月3日に本山御影堂において、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C8%E6%C6%E0%CE%B4">朝比奈隆</a>指揮、関西<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B3%DA%C3%C4">交響楽団</a>、独唱中山悌一、砂原美智子、岩崎成章により演奏されました。<br /> また、翌1949(昭和24)年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人四百五十回御遠忌期間中の4月23日には、京都松竹座において、御遠忌を記念して「日本宗教音楽演奏会」が開催され、交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>」は新作交声曲「平和」とともに演奏されました。当時の『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>』誌によると、近代音楽に真正面から取り組んだ仏教音楽の荘厳さと迫力が、満員の聴衆に多くの感銘を与えたと伝えています。</p> <p>交声曲『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>』作詞 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>、作曲 清水 脩、指揮 蒔田尚昊<br />○木場澄江 ※ソプラノ ○市川和彦 ※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C6%A5%CE%A1%BC%A5%EB">テノール</a> ○北川博夫 ※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%EA%A5%C8%A5%F3">バリトン</a><br />○東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団 ○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AD%A5%F3%A5%B0%A5%EC%A5%B3%A1%BC%A5%C9">キングレコード</a>御遠忌記念オーケストラ</p> <p>1 Introducdon<br />2 一念の信<br />一念の信を得て 今 安養にいたる 穢身ながく絶ち 法柑すみやかに証す<br />十方の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%B0%C0%B8">衆生</a>のため 仏はまさに正覚をとりたまえり 一向専念<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CE%CC%BC%F7">無量寿</a>佛 一向専念<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%CE%CC%BC%F7">無量寿</a>佛 われは他力の行者なり <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B3%DA">信楽</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a>限りなし<br />3 げにやただ<br />げにやただ たのむまことの かしこさに いまやすらぎの 心えて この身このまゝ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BB%FC">大慈</a>悲の 浄きみ国に いたるとき おしてる光 あまねくも み法のすがた まのあたり<br />4 かくては消えん<br />かくては消えん 法の灯 ふたたびたかく いまぞかかげよ 仏のみ名を 称うるばかりと 母のさとしを 幼なごころに いそしみたまえる  みいのち尊と をみなはまして 罪も深きに 雪つむあたり よしや吉崎 うちしく法の 法のむしろに 集いて 救けたまえや 摂めたまえと いたわりたまえる 朝宵かしこ<br />5 本尊は<br />本尊は掛け破れ 聖教は読み破れ 人間は 唯 電光朝露 稲光の影 朝の露のみ 夢<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DE%A4%DC%A4%ED%A4%B7">まぼろし</a>の 夢幻の間の はかなき一夜の 楽しみぞかし いくとせ いかに苦しくとも つばさたゆまぬ 鷺の森 松の緑のいろそいて 越えゆく奥は山科や 六十路 七十路 道遠し<br />6 ものをいえ<br />ものをいえ ものをいえ ものをいうこそ うれしけれ<br />ものをいえ ものをいえ ものをいうこそ うれしけれ<br />信も不信も ものをいえ いざおのづから いざこころのそこも ひらくべし ものをいわぬぞ おそろしき ただものをいえ ものをいえ ものをいえ ものをいえ さとしもつきず </p> <p>月影の いたらぬ里は なけれども ながむる人の 心にぞすむや うき世をさながらに 安養浄土 今ここに 五つの不思議 無碍光の 功徳をあ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AA%A4%B0">おぐ</a> あらたさよ<br />7 げにわれやさき<br />げに げにわれやさき ひとやさき 今日ともしらず 明日ともしらず あしたには紅顔の 花のよそほい かがやけど 夕べには 白骨の くちゆぐ野辺の 露しずく 夜半のけむりの あともなし<br />8 みあとしのべば<br />み跡しのべば 春の花 無常の風に 散りみだれ み文ひらけば 秋の月 真如のかげの さやけしや かの本願の名号は 清浄の業と説かれたり 他力とは <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a>一仏 帰命とは <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B3%DA">信楽</a>本願 行住坐臥に 念仏を 申さるべきばかりなり 南無<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a> 南無<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A4%CC%EF%C2%CB">阿弥陀</a><br />9 念仏の合唱<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a> <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%CC%B5%B0%A4%CC%EF%C2%CB%CA%A9">南無阿弥陀仏</a> </p> </blockquote> <p>〈用語読み〉</p> <p>例えば仏はブツ、ホトケといずれで歌われているのか? 読みを記す。<br />2 安養 あんにょう、穢身 えしん、法相 ほうしょう、仏 ほとけ、正覚 しょうがく <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B3%DA">信楽</a> しんぎょう <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BF%B4%EE">歓喜</a> かんぎ <br />3 心 こころ<br />4 救け たすけ 攝め おさめ 朝宵 あさよい<br />5 聖教 しょうぎょう 稻光 いなずま 間 あいだ 一夜 ひとよ<br />6 安養浄土 あんようじょうど 無碍光 むげこう 功徳 くどく<br />7 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B3%DA">信楽</a> しんぎょう</p> <p><br /><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a></strong>氏<br />私が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>大学院に入学したのは1969年4月。まもなく親しくなった友に連れられて、講義を終えた<strong>梅津次郎</strong>先生についていき、先生のおごりで大学近くの喫<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E3%C5%B9">茶店</a>に度々行った。その梅津先生と一緒に歩いておられた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>氏を見たことがある。大谷では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%BB%CB">国史</a>に属したが、大学では国文を学んだ関係で、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>の名は聞き知っており、伝説の人物のように思っていた。その実物に出会えるとは…。京都のすごさ、立ちすくんでしまうような感覚も覚えた。この詩は、いわば<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%BB%E1">土岐氏</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>理解の集約なのだろう。しかし、この本の解説以外には、他の作詞家も含め、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>と音楽関係者として語られていないのではないか。<br />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉』を、今一度見直す必要があるのではないだろうか。<br />ついでに、三条の古本屋で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%C2%BC%BD%D0">新村出</a>にあったことがある。名は知っていても顔は知らない。古本屋のおばさんが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%C2%BC%BD%D0">新村出</a>だと教えてくれた。</p> <p>以下、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%F3%A5%BF%A1%BC%A5%BF">カンタータ</a>-<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>関係の人物を調べ紹介する。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>は、一時期<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>にいたときから「月光とピエロ」(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽』にも採られている)、「恩徳讃」などで身近な方だった。この作品の指揮者・蒔田尚昊は名を読むことも出来ない。いい機会なので、関係者のプロフィールを以下に記す。</p> <p> </p> <p>作詞・<strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a></strong>(1885~1980)<br />○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A318%C7%AF">明治18年</a>東京都<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>等光寺に生まれる。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E1%B0%F0%C5%C4%C2%E7%B3%D8">早稲田大学</a>卒業、文学博士、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E7%BC%FA%CB%AB%BE%CF">紫綬褒章</a>受章する。《阿難》《ああこのよろこび》《降誕讃歌》<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%F3%A5%BF%A1%BC%A5%BF">カンタータ</a>《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>》など仏教音楽作品多数を発表する。特に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%F3%A5%BF%A1%BC%A5%BF">カンタータ</a>《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>》は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人450回御遠忌記念演奏会に上演され今も最も記憶に残る大作として多くの人々の語り草として記憶に残っている。<br />出典・『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉プロフイール)<br />○とき ぜんまろ、1885年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A318%C7%AF">明治18年</a>)6月8日 - 1980年(昭和55年)4月15日)は、日本の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%CE%BF%CD">歌人</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%B8%EC%B3%D8%BC%D4">国語学者</a>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%C9%DC">東京府</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%BB%D4">東京市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%F5%C1%F0%B6%E8">浅草区</a>浅草松清町(現在の東京都<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E6%C5%EC%B6%E8">台東区</a>西浅草一丁目)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>の寺院に生まれる。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%C9%DC">東京府</a>立第一中学校(現在の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%C5%D4%CE%A9%C6%FC%C8%E6%C3%AB%B9%E2%C5%F9%B3%D8%B9%BB">東京都立日比谷高等学校</a>)を経て、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E1%B0%F0%C5%C4%C2%E7%B3%D8">早稲田大学</a>英文科に進み、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%E7%C2%BC%CA%FA%B7%EE">島村抱月</a>に師事。窪田空穂の第一歌集『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%DE%A4%D2%A4%EB">まひる</a>野』に感銘を受け、同級の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%E3%BB%B3%CB%D2%BF%E5">若山牧水</a>と共に作歌に励んだ。<br />卒業の後、読売新聞記者となった1910年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A343%C7%AF">明治43年</a>)に第一歌集『NAKIWARAI』を「哀果」の号で出版、この歌集はローマ字綴りの一首三行書きという異色のものであり、当時東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>にいた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%C2%EF%CC%DA">石川啄木</a>が批評を書いている。同年啄木も第一歌集『一握の砂』を出し、文芸評論家の楠山正雄が啄木と善麿を歌壇の新しい<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DB%A1%BC%A5%D7">ホープ</a>として読売紙上で取り上げた。これをきっかけとして善麿は啄木と知り合うようになり、雑誌『樹木と果実』の創刊を計画するなど親交を深めたものの、1912年(明治45年)に啄木が死去。啄木の死後も善麿は遺族を助け、『啄木遺稿』『啄木全集』の編纂・刊行に尽力するなど、啄木を世に出すことに努めた。その後も読売に勤務しながらも歌作を続け、社会部長にあった1917年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%B56%C7%AF">大正6年</a>)に東京遷都50年の記念博覧会協賛事業として東京~京都間のリレー競走「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B3%A4%C6%BB">東海道</a>駅伝」を企画し大成功を収めた。これが今日の<strong>「駅伝」の起こり</strong>となっている。<br />翌1918年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C0%B57%C7%AF">大正7年</a>)に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9">朝日新聞</a>に転じるが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%AB%CD%B3%BC%E7%B5%C1%BC%D4">自由主義者</a>として非難され、1940年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C215%C7%AF">昭和15年</a>)に退社し戦時下を隠遁生活で過ごしながら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%B0%C2%BD%A1%C9%F0">田安宗武</a>の研究に取り組む。<br />戦後再び歌作に励み、1946年(昭和21年)には新<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%FB%CB%A1">憲法</a>施行記念国民歌『われらの日本』を作詞する(作曲・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%BB%FE%B7%E9">信時潔</a>)。翌年には『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%B0%C2%BD%A1%C9%F0">田安宗武</a>』によって<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D8%BB%CE%B1%A1%BE%DE">学士院賞</a>を受賞した。同年に窪田の後任として<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E1%B0%F0%C5%C4%C2%E7%B3%D8">早稲田大学</a>教授となり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%C2%E5">上代</a>文学を講じた他、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%CE%CA%E3">杜甫</a>の研究や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B9%B1%B4">長唄</a>の新作を世に出すなど多彩な業績をあげた。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%BA%EE%C7%BD">新作能</a>を多数物した作者としても名高い。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E7%BC%FA%CB%AB%BE%CF">紫綬褒章</a>受章。<br />第一歌集でローマ字で書いた歌集を発表したことから、ローマ字運動や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5%B9%A5%DA%A5%E9%A5%F3%A5%C8">エスペラント</a>の普及にも深く関わった。また国語審議会会長を歴任し、現代国語・国字の基礎の確立に尽くした。戦後の新字・新仮名導入にも大きな役割を果たしている。 出典・ウキペディア<br />○<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A343%C7%AF">明治43年</a>出版の第一歌集『NAKIWARAI』は日常生活の哀感をローマ字三行書きで歌って歌壇の注目を集め、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%C2%EF%CC%DA">石川啄木</a>に大きな影響を与えた。それを契機に交流を始め、雑誌「樹木と果実」の創刊を計画したが果たすことはできなかった。<br /> 貧困と病によって倒された<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%C2%EF%CC%DA">石川啄木</a>の葬儀を生家の西浅草・等光寺で行い、遺骨も一時埋葬、遺族の擁護、全集発刊につとめるなど友情を尽くした<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>は、その68年後の昭和55年4月15日、下目黒の自宅で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B4%C9%D4%C1%B4">心不全</a>により死去した。94歳。啄木の26歳に比して、なんと長寿であったことか。自身の会葬御礼に記した歌がある。〈わがために一基の碑をも建つるなかれ 歌は集中にあり 人は地上にあり〉。<br />〈死後二年の啄木を、事につけては思う心。〉との解説がある歌〈石川<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CF%A4%A8">はえ</a>らかつたな、と おちつけば、しみじみとして思ふなり、今も。〉。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>はローマ字綴りの一首三行書きによって、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%C2%EF%CC%DA">石川啄木</a>とともに歌壇の新しい<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DB%A1%BC%A5%D7">ホープ</a>として注目され、啄木死後、遺稿歌集<strong>『悲しき玩具』</strong>発行に尽力した。「一念」とのみ刻された一メートルばかりの黒御影の細い石柱が立っている。香立てに「土岐」の文字があるばかり。浅草・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%CB%DC%B4%EA%BB%FB">東本願寺</a>近くにある善麿の生家、<strong>等光寺</strong>裏墓地の門扉のすぐ先にあるその墓碑の清楚さに、達観した人柄が偲ばれて心が洗われた。本堂前に<strong>啄木の歌碑</strong>がある。〈浅草の夜のにぎわひに まぎれ入り まぎれ出て来しさびしき心 啄木〉。出典・文学者<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%DD%C2%DD">掃苔</a>録</p> <p> </p> <p>作曲・<strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a></strong>(1911~1986) しみずおさむ<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A344%C7%AF">明治44年</a>大阪<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%C5%B7%B2%A6%BB%FB">四天王寺</a>に生まれる。大阪<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%B0%B9%F1%B8%EC%B3%D8%B9%BB">外国語学校</a>仏語部、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%B2%BB%B3%DA%B3%D8%B9%BB">東京音楽学校</a>(現・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%B7%DD%C2%E7">東京芸大</a>)卒業・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B4%C6%FC%CB%DC%B9%E7%BE%A7%CF%A2%CC%C1">全日本合唱連盟</a>理事長、日本宗教音楽協会創立に参画する。日本プロ合唱団連合会委員長、日本合唱協会代表等要職歴任。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%E7%BC%FA%CB%AB%BE%CF">紫綬褒章</a>受章。作品としてオペラ《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%C1%B1%BB%FB">修善寺</a>物語》《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%D3%B4%B2">俊寛</a>》、合唱曲《月光とピエ鱒ほか、舞台音楽、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B6%CA">交響曲</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%BC%C6%E2%B3%DA">室内楽</a>、歌曲、箏、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%ED%B3%DA">雅楽</a>器曲など多岐にわたる。仏教作品として交声曲《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>》《平和》《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>》《阿糞齢など多数。<br />受賞曲としては、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C214%C7%AF">昭和14年</a>第8回音楽コンクールで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C9%B8%B9%B3%DA%B6%CA">管弦楽曲</a>《花に寄せたる舞踏<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>》第1位・同25年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C9%B8%B9%B3%DA%B6%CA">管弦楽曲</a>《インド旋律による4楽章》文部大臣賞受賞など、その他多くの作品で受賞・出典・『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉)</p> <p> </p> <p>指揮者・蒔田 尚昊(まいた しょうこう、1935年3月13日~ )<br />日本の作曲家。別名、冬木 透(ふゆき とおる)。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%FE%BD%A3%B9%F1">満州国</a>の首都新京出身。エリザベト短期大学作曲科卒業後、同短期大学宗教音楽専攻科修了。TBS(当時<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%B8%A5%AA%C5%EC%B5%FE">ラジオ東京</a>)に入社して効果を担当しつつ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">国立音楽大学</a>作曲科に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%D4%C6%FE">編入</a>。合唱曲、特に児童合唱のための作・編曲が多い。また、宗教曲(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AD%A5%EA%A5%B9%A5%C8%B6%B5">キリスト教</a>)も書いている。映画・テレビの音楽を担当する際は、冬木透の名前を使っている。この分野では、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%BB%A5%D6%A5%F3">ウルトラセブン</a>』に始まる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%B7%A5%EA%A1%BC%A5%BA">ウルトラシリーズ</a>や、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NHK">NHK</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A2%C2%B3%A5%C6%A5%EC%A5%D3%BE%AE%C0%E2">連続テレビ小説</a>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%B7%BB%D2%A4%CE%B3%A4">鳩子の海</a>』などが知られている。特に『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%A2%A4%C3%A4%C6%A4%AD%A4%BF%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%DE%A5%F3">帰ってきたウルトラマン</a>』の防衛隊・MATのテーマで流れる男性コーラス「ワンダバ」は、その後の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%B7%A5%EA%A1%BC%A5%BA">ウルトラシリーズ</a>の防衛隊音楽に大きな影響を与えた。また、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%DE%A5%F3A">ウルトラマンA</a>』第51話「命を吸う音」では、バイオリン教室の先生役で出演している。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AF%A5%E9%A5%B7%A5%C3%A5%AF%B2%BB%B3%DA">クラシック音楽</a>にも精通しており、その流用も多く行った。『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%EB%A5%C8%A5%E9%A5%BB%A5%D6%A5%F3">ウルトラセブン</a>』の最終回では<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%E5%A1%BC%A5%DE%A5%F3">シューマン</a>のピアノ協奏曲を流用したほか、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D5%A5%A3%A5%F3%A5%E9%A5%F3%A5%C9">フィンランド</a>を舞台としたアニメ『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%D2%BE%EC%A4%CE%BE%AF%BD%F7%A5%AB%A5%C8%A5%EA">牧場の少女カトリ</a>』の劇伴使用曲は、そのほぼ全曲が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D5%A5%A3%A5%F3%A5%E9%A5%F3%A5%C9">フィンランド</a>の作曲家<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%D9%A5%EA%A5%A6%A5%B9">シベリウス</a>の作品からの編曲であった。</p> <p> </p> <p>木場 澄江(こば すみえ、ソプラノ)<br />ソプラノ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BC%B3%DA%B2%C8">声楽家</a>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%E9%BA%BD%D1%C2%E7%B3%D8">東京藝術大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BB%B3%DA%B3%D8">音楽学</a>部声楽科卒。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%F3%B4%FC%B2%F1">二期会</a>を経て、ウィーン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">国立音楽大学</a>に留学。修学後は、演奏活動、多数CD録音の他、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DF%A5%E5%A5%F3%A5%D8%A5%F3">ミュンヘン</a>での「手工芸メッセ」では開幕に際し、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DF%A5%E5%A5%F3%A5%D8%A5%F3%BB%D4">ミュンヘン市</a>長、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AF%A5%EA%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A5%A2%A5%F3">クリスティアン</a>・ウーデを始め、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%A4%A5%A8%A5%EB%A5%F3%BD%A3">バイエルン州</a>政治家他に日本歌曲を歌唱、また「札幌-<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DF%A5%E5%A5%F3%A5%D8%A5%F3">ミュンヘン</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D0%CB%E5%C5%D4%BB%D4">姉妹都市</a>交流」の日本代表を務める。<br />フランスのファッション雑誌「Marie claire」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%EA%A1%A6%A5%AF%A5%EC%A1%BC%A5%EB">マリ・クレール</a>)2002年3月号(ドイツ、スイス、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A1%BC%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A5%A2">オーストリア</a>版)に「ドイツで活躍する女性音<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%DA%B2%C8">楽家</a>」として取り上げられ、2006年には、ドイツ開催の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%C3%A5%AB%A1%BC%A5%EF%A1%BC%A5%EB%A5%C9%A5%AB%A5%C3%A5%D7">サッカーワールドカップ</a>写真展「参加国の人々」Faces - Peaceful Colours of Cultures“で日本人代表に選ばれ、2週間に渡り<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DD%A5%C4%A5%C0%A5%E0">ポツダム</a>広場に大写真が掲げられた。クラシック以外にも、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EF%A1%BC%A5%CA%A1%BC%A5%DF%A5%E5%A1%BC%A5%B8%A5%C3%A5%AF">ワーナーミュージック</a>のアニメ音楽CDの録音もある。</p> <p><br />市川 和彦(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C6%A5%CE%A1%BC%A5%EB">テノール</a>)<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%C5%B8%A9">三重県</a>出身。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%E9%BA%BD%D1%C2%E7%B3%D8">東京藝術大学</a>卒業。第23回日伊声楽コンコルソ入選・同26回入賞。藝大「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E1%A5%B5%A5%A4%A5%A2">メサイア</a>」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C6%A5%CE%A1%BC%A5%EB">テノール</a>ソロでデビュー。「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E1%A5%B5%A5%A4%A5%A2">メサイア</a>」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A1%D6%C2%E8%B6%E5%A1%D7">「第九」</a>をはじめ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E2%A1%BC%A5%C4%A5%A2%A5%EB%A5%C8">モーツアルト</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D9%A1%BC%A5%C8%A1%BC%A5%F4%A5%A7%A5%F3">ベートーヴェン</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%C8%A5%E9%A5%F4%A5%A3%A5%F3%A5%B9%A5%AD%A1%BC">ストラヴィンスキー</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%EB%A5%C3%A5%AF%A5%CA%A1%BC">ブルックナー</a>・オルフ・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%F4%A5%A9%A5%EB%A5%B6%A1%BC%A5%AF">ドヴォルザーク</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%EA%A5%C6%A5%F3">ブリテン</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%F4%A5%A7%A5%EB%A5%C7%A5%A3">ヴェルディ</a>・グノー・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%F3%A5%B5%A1%BC%A5%F3%A5%B9">サンサーンス</a>他の宗教曲の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BD%A5%EA%A5%B9%A5%C8">ソリスト</a>を数多く務める。オペラでは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%A3%B8%B6%B2%CE%B7%E0%C3%C4">藤原歌劇団</a>「椿姫」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%EB%A5%E1%A5%F3">カルメン</a>」「トスカ」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B3%A1%B9%C9%D7%BF%CD">蝶々夫人</a>」「ルチア」「イル・カンピエッロ」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%BF%A5%EA%A5%A2%A4%CE%A5%C8%A5%EB%A5%B3%BF%CD">イタリアのトルコ人</a>」「ロメオとジュリエット」、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%A5%AA%A5%DA%A5%E9%B6%A8%B2%F1">日本オペラ協会</a>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E8%A4%B5%A4%B3%A4%A4%C0%E1">よさこい節</a>」「祝い歌が流れる夜に」「あだ」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DA%A5%C8%A5%ED%B4%F4%C9%F4">ペトロ岐部</a>」「死神」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E1%BF%DC">那須</a>與一」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%C1%B5%BB%FB%CA%AA%B8%EC">修禅寺物語</a>」「瀧廉太郎」「キジムナー時を翔ける」、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%B9%F1%CE%A9%B7%E0%BE%EC">新国立劇場</a>「建・TAKERU」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B3%A1%B9%C9%D7%BF%CD">蝶々夫人</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CA%A5%D6%A5%C3%A5%B3">ナブッコ</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%EB%A5%E1%A5%F3">カルメン</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%CE%A5%F3%A1%A6%A5%EC%A5%B9%A5%B3%A1%BC">マノン・レスコー</a>」「ドン・キショット」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E2%C5%AB">魔笛</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C8%A5%A5%A1%BC%A5%E9%A5%F3%A5%C9%A5%C3%A5%C8">トゥーランドット</a>」「トスカ」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%F3%A1%A6%A5%AB%A5%EB%A5%ED">ドン・カルロ</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A5%C6%A5%C3%A5%ED">オテッロ</a>」「黒船―夜明け」、四国<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%F3%B4%FC%B2%F1">二期会</a>・栃木県民オペラ・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CC%B1%CA%B8%B2%BD%BA%D7">国民文化祭</a>(千葉・栃木・三重)・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%C5%B2%AC%B8%A9">静岡県</a>民オペラ・豊島区・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%B0%C8%FE%B3%D8%B1%E0">尚美学園</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%D3%A4%EF%B8%D0%A5%DB%A1%BC%A5%EB">びわ湖ホール</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A1%BC%A5%C1%A5%E3%A1%BC%A5%C9%A5%DB%A1%BC%A5%EB">オーチャードホール</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%F3%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DB%A1%BC%A5%EB">サントリーホール</a>・札幌室内歌劇場・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%C6%FC%CB%DC%A5%D5%A5%A3%A5%EB">新日本フィル</a>・神奈川フィル・東響他にて「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C8%A5%A5%A1%BC%A5%E9%A5%F3%A5%C9%A5%C3%A5%C8">トゥーランドット</a>」「椿姫」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E2%C5%AB">魔笛</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%EB%A5%E1%A5%F3">カルメン</a>」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%C1%A5%EA%A5%A2">シチリア</a>の夕べの祈り」「スティッフェーリオ」「天国の歌姫」「岩長姫」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%E1%BF%DC%CD%BF%B0%EC">那須与一</a>」「贄のうたげ」「ミナモ」「エフゲニー・オネーギン」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C1%A5%E3%A5%EB%A5%C0%A1%BC%A5%B7%A5%E5">チャルダーシュ</a>の歌姫」「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E1%A5%EA%A1%BC%A1%A6%A5%A6%A5%A3%A5%C9%A5%A6">メリー・ウィドウ</a>」「ひかりのゆりかご」「君と見る夢」他のオペラ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A5%DA%A5%EC%A5%C3%A5%BF">オペレッタ</a>に多数出演。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%C4%B1%FE%B5%C1%BD%CE">慶応義塾</a>大学・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%BD%F7%BB%D2%C2%E7%B3%D8">日本女子大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団「コール・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E1%A5%ED%A5%C7%A5%A3%A5%AA%A5%F3">メロディオン</a>」常任ヴォイ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%C8%A5%EC%A1%BC%A5%CA%A1%BC">ストレーナー</a>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%D3%BE%E5%CB%DC%CC%E7%BB%FB">池上本門寺</a>コーラスグループ「水」指揮者。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%CC%C0%EE%C2%E7%B3%D8">玉川大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%DD%BD%D1%B3%D8%C9%F4">芸術学部</a>パフォーミング・アーツ学科非常勤講師。 出典・ウキペディア</p> <p> </p> <p><strong>北川博夫</strong>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D0%A5%EA%A5%C8%A5%F3">バリトン</a>)<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F0%C2%A2%CC%EE%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">武蔵野音楽大学</a>声楽科卒業、同専攻科修了。東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団入団。1974年ウィーン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">国立音楽大学</a>声楽科入学。発声、リート、オラトリオ、オペラ各クラスで3年間研鑚を積み、1977年、同大学最優秀首席で卒業。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A1%BC%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A5%A2">オーストリア</a>政府より文部大臣賞と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%A9%B3%D8%B6%E2">奨学金</a>を受ける。在墺中、伝統あるORF(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A1%BC%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A5%A2">オーストリア</a>放送合唱団)のオーディションに合格。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%EA%B4%FC%B1%E9%C1%D5%B2%F1">定期演奏会</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B6%A5%EB%A5%C4%A5%D6%A5%EB%A5%B0">ザルツブルグ</a>音楽祭などの演奏会に正団員、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BD%A5%EA%A5%B9%A5%C8">ソリスト</a>として活動。帰国後、リサイタル、オペラ、レコーディング(CM)、オラトリオ、第九などのソロ活動により好評を博す。<br />一方、多く合唱団の指導に当たり、<strong>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%B5%BB%B4%DB">国技館</a>5000人の第九」</strong>では、音楽総監督故石丸寛のアシスタント・コンダクターを務める。他にプロ合唱団東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団のソロ、東京カンマコーアのソロや指揮、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%E1%B0%F0%C5%C4%C2%E7%B3%D8">早稲田大学</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%EA%B4%FC%B1%E9%C1%D5%B2%F1">定期演奏会</a>の指揮など、ア<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%C1%A5%E5%A5%A2">マチュア</a>合唱団8団体の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BB%B3%DA%B4%C6%C6%C4">音楽監督</a>、指揮者として活躍している。ウイーン<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%F1%CE%A9%B2%BB%B3%DA%C2%E7%B3%D8">国立音楽大学</a>声楽科首席卒業。</p> <p>出典・北川博夫指揮者35周年記念 KGC合唱団演奏会(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のうみやまブシ 20170119)</p> <p> </p> <p><strong>ブログから</strong></p> <p><strong>2017-01-24</strong><br /><strong>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽』 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人、千代女、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>、源三さん</strong></p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作曲 蓮師道歌 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人御詠 </strong>○東京<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団<br />(1)かたみには 六字の御名(みな)をとゞめおく なからん世(よ)には 誰ももちいよ<br />(2)真実の 信心ならではのちの世の  たからとおもう 物はあらじな<br />(3)ほとけには 花たてまつる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%B3%A1%B5%A4%ED">こゝろ</a>あれや ついにめぐらん 春のゆうぐれ  <br />(4)つくづくと おもいくらして入(い)りあいの 鐘のひゞきに 弥陀ぞこいしき<br />(5)たかい山 深き海にも限りあり  弥陀の功徳を 何にたとえん<br />※(1)誰 原歌 たれももちゐよ (2)明応6年5月18日 83歳ご詠 (3)慈願寺正本 (4)文明3年7月16日 加州二俣坊にて御文(此歌は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E5%C2%E9%B8%EF%C5%B7%B9%C4">後醍醐天皇</a>御子八歳の宮御歌なるを、それは君ぞこひしきとあり、これは弥陀ぞ恋しきとかへられ侍れば、可為御詠也。実悟) (3)以外は実悟集所収 ※『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人遺文』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%F0%CD%D5%BE%BB%B4%DD">稲葉昌丸</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%E9%B6%B4%DB">法藏館</a>参照</p> <p> </p> <p>※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%C5%B7%B2%A6%BB%FB">四天王寺</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>寺院生まれであることまでは知っていて、勉強会で話したりするのだが、寺号は知らないでいた。<br />この機に調べた。鑪山佛足寺(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BA%E5%BB%D4">大阪市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%B2%A6%BB%FB%B6%E8">天王寺区</a>北河堀町)という。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%CD%C5%B7%B2%A6%BB%FB">四天王寺</a>エリアにあって、仏教根源に関わる寺号のお寺である。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%B9%E6">山号</a>の読みは金銅仏あるいは仏具、建物の金具を作る「たたら」、仏の初期の出現、仏足石歌を思わせる佛足寺である。</p> <p> </p> <p><strong>北川博夫</strong>氏の歌</p> <p><strong>十億の人に</strong> 作詞 暁烏 敏  作曲 立野 勇   歌  北川 博夫<br /> 十億の人に 十億の母あれど わが母にまさる母  あらめもや</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="暁烏敏のお寺・明達寺境内ある「十億の…」碑"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210114/20210114194031.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210114194031j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>のお寺・明達寺境内ある「十億の…」碑</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="崇信学舎前の「十億の…」碑。金沢浅野川天神橋 学舎近く。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210114/20210114194252.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210114194252j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">崇信学舎前の「十億の…」碑。金沢<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%F5%CC%EE%C0%EE">浅野川</a>天神橋 学舎近く。</figcaption> </figure> <p>※♪アサヒスタイニー あ! <br />のコマーシャルは北川さんが歌ったとの話がある。また、アの高さは、G(ゲー)H(ハー)A(アー)の「ア」。グリーの練習では音取りに音叉を用いるが、そのアと同じだとも聞いた。都市伝説ならぬ、音楽伝説かも知れない</p> <p><strong>暁鳥敏</strong>(1877~1954)<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A310%C7%AF">明治10年</a>石川県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>明達寺に生まれる。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>大学(現大谷大)卒業。宗教家清澤満之に師事、「浩々洞」同人として<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BA%BF%C0%BC%E7%B5%C1">精神主義</a>運動に参加する。昭和26年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a>宗務総長に就任。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A330%C7%AF">明治30年</a>代日曜学校生徒のため讃仏歌を多く発表《讃仏の伽陀》として刊行。<br />著作に《<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C7%B1%A8%C9%D2">暁烏敏</a>》全集27巻『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>講話』ほか、詩集、歌集が多数あり、讃仏歌に《十億の人に》《三帰》《前進》などがある。蔵書5万余を金沢大学へ暁鳥文庫として寄贈する。(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の音楽 はるかなる願いの讃歌』〈<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人五百回御遠忌記念〉より)</p> <p> </p> <p><strong>源三さん</strong> 作詞 深沢富子 作曲 渋谷沢兆 歌 北川博夫<br />(1) 父に別れた その日から まことの親を 昼も夜も 尋ね歩いて 十余年 はじめてきこえた 呼び声に 心はればれ 仰ぐ空 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E8%A4%A6%A4%B3%A4%BD%A4%E8%A4%A6%A4%B3">ようこそようこ</a>そ 源左さん<br />(2) 私がつくった 罪科(つみとが)に  私が苦しむ そのままを 背負ってくれる 牛(でん)は弥陀 仏のいのち 恵まれて 不思議な力 湧いてくる <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E8%A4%A6%A4%B3%A4%BD%A4%E8%A4%A6%A4%B3">ようこそようこ</a>そ なむあみだ一<br />(3) 光に遇いて 導くも 土に生き抜く その姿 胸にあふれる 幸せを 人にもわかつ 無碍(むげ)のみち 山根の里に 咲き匂う <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E8%A4%A6%A4%B3%A4%BD%A4%E8%A4%A6%A4%B3">ようこそようこ</a>そ <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%F2%CF%A1%B2%DA">白蓮華</a></p> <p> </p> <p>渋谷 沢兆(しぶや たくちょう、1930年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C25%C7%AF">昭和5年</a>)4月10日 - )<br />日本の作曲家。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%A7%CB%DC%B8%A9">熊本県</a>出身。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%B8%B6%B5%C2%E7%B3%D8">文教大学</a>講師。諸井三郎、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%C0%A5">清瀬</a>保二に師事する。多くの歌曲、校歌を作曲する。また、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B3%A5%ED%A5%E0%A5%D3%A5%A2">コロムビア</a>レコードで、学芸レコードの制作にも携わる。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B9%B3%DA%BB%CD%BD%C5%C1%D5">弦楽四重奏</a>「ピアノプレリュードアルバム」、ないしょのはなし、南の島の子守歌<br />北海盆歌の主題と変奏、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%EE%B1%DB%BB%D4">川越市</a>立名細中学校校歌、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%C5%E7%BB%D4">三島市</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>田中学校校歌など。</p> <p> </p> <p><strong>恩徳讃</strong></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作曲「恩徳讃」については、次のブログ記事。</p> <p>2019-09-05<br />『恩徳讃ものがたり』海谷則之氏著、 無常講式(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%E5%C4%BB%B1%A9%C5%B7%B9%C4">後鳥羽天皇</a>作) <iframe src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2019%2F09%2F05%2F135207" title="『恩徳讃ものがたり』海谷則之氏著、 無常講式(後鳥羽天皇作) - 能登のうみやまブシ=西山郷史" class="embed-card embed-blogcard" scrolling="no" frameborder="0" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/09/05/135207">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p>
  34. 清水脩ー前半 「山に祈る」(♪満天の星)  | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/14 16:54
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="「山に祈る」(清水脩作詩・作曲)、「月光とピエロ」(堀口大学作詩・清水脩作曲)ジャケット。1970(昭和45)年8月29日レコーディング、VICTOR STERO 2000円 ※スキャナーがA4までなので部分欠"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210113/20210113100838.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210113100838j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">「山に祈る」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作詩・作曲)、「月光とピエロ」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%D9%B8%FD%C2%E7%B3%D8">堀口大学</a>作詩・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>作曲)ジャケット。1970(昭和45)年8月29日レコーディング、VICTOR STERO 2000円 ※スキャナーがA4までなので部分欠</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="同。裏面"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210113/20210113110531.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210113110531j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">同。裏面</figcaption> </figure> <p>11日のブログに</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;">合唱<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">組曲</a>「山に祈る」…「山小屋の夜」-満天の夜ーのところ</p> <p style="box-sizing: border-box; margin: 0px 0px 0.7em; color: #293030; font-family: helvetica, 'Segoe UI', 游ゴシック体, YuGothic, '游ゴシック Medium', 'Yu Gothic Medium', 游ゴシック, 'Yu Gothic', メイリオ, Meiryo, sans-serif; font-size: 17px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: left; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"> ※新たに作詞・作曲<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB" style="box-sizing: border-box; color: inherit !important; text-decoration: underline dotted #cfd8d8; background-color: transparent; overflow-wrap: break-word; font-size: 17px; font-weight: inherit !important; font-style: inherit !important; pointer-events: auto !important; cursor: pointer !important;">清水脩</a>について記す。</p> <p>と書いた話に進める。</p> <p> </p> <p>「山に祈る」を聞いたのは、中学生の時の音楽の授業だった。レコードをちゃんとした演奏器で聞くなんてのは音楽授業ぐらいなもので、もっぱらラジオから流れる「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%AC%CD%E8">潮来</a>笠」「北帰行」などの歌詞を書き写して、がなり歩いていた年ごろだったので、レコード鑑賞の時間は、かなり無理して過ごしていた。</p> <p>いわゆるポピュラークラシックなどを聴いたのだろうが、何を聞いたのかはもう覚えていない。ただ、その中で「山に祈る」は鮮明に覚えているのだ。</p> <p>あの時、岸田照子先生は、</p> <p> </p> <p>春先のポカポカした日差しの中で梅の枝を折りながら、そろそろ山から帰ってくる誠のことを思っていた。</p> <p>そこに、一通の電報が届いたのです…。~</p> <p>お母さんは、小さな声で、ま・こ・と…、と呼ぶのです。</p> <p>子供が遭難した、普通なら、ま!こ!と!!!-大声で呼ぶと思うでしょうが、本当に悲しいときには、小さな声でしか呼びかけることが出来ない。</p> <p>そこを、しっかり聞いて下さい…</p> <p> </p> <p>もちろん、60年ほど前のある授業の一生徒の記憶。どこかで想い出を整理し直している部分があるかも知れないが、このようなことをおっしゃったのである。</p> <p> </p> <p>大学時代、私は下宿仲間に誘われ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B6%B9%AC%C9%D7">橋幸夫</a>や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%AE%CC%DA%B0%EC%C9%D7">舟木一夫</a>を歌うつもりで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>(男性合唱団)にいた。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>の合唱<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「月光とピエロ」を定演でうたった。</p> <p>同じ大学に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団もあった。その合唱団は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「山に祈る」を歌った。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%C8%BC%C1%D5">無伴奏</a>である。「山に祈る」は、ピアノ伴奏、母役のナレーター、進行役ナレーターと合唱以外にも重要な役割を担う人たちがいて、一度聞いたフル変奏がそうであったように、ずーーと<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>用に作られた曲だと思っていた。</p> <p>その時のスピーカから流れていた進行ナレーターが、選ばれた部員だけに当然情景を深め、素晴らしかったのだが、その声・響きにどこか懐かしさまで感じてよくあるナレー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BF%A1%BC%A5%EC">ターレ</a>ベルを越えて胸に迫っていた。</p> <p>演奏を終え、部員が並んで観客を送り出す時にだった(はず)かに、どんな人がナレーター役だったのか確かめたところ、</p> <p>メンバーの中に中学・高校(大学も)の1年後輩の郡楽さんがおり、彼女がナレーターだったのである。</p> <p>僕は流れてくる声のどこかに、ずーっと、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の響きを聞いていたのだ。</p> <p> </p> <p>そのようなことがあって写真ジャケットのレコードを購入したが、ある年齢から哀しすぎて聞くことが出来なくなり、仕舞われてしまったが、雪の星空に会うと、</p> <p>♪満天の星ーが、決まって流れていく。</p> <p> </p> <p>今日は旧暦12月2日。ほぼ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%B7%EE">新月</a>。晴れれば「満天の星」だ。</p> <p> </p> <p><strong>LPジャケット解説</strong></p> <blockquote> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>(1911~)</strong><br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%C0%BC%A344%C7%AF">明治44年</a>大阪<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%B2%A6%BB%FB">天王寺</a><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>寺院に生まれ</strong>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BA%E5%B3%B0%B8%EC%C2%E7">大阪外語大</a>学フランス語科を卒業、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C212%C7%AF">昭和12年</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C7%C9">大谷派</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%CB%DC%B4%EA%BB%FB">東本願寺</a>研究生として、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%B2%BB%B3%DA%B3%D8%B9%BB">東京音楽学校</a>専科作曲部に入学。橋本国彦・細川碧に作曲を師事、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C214%C7%AF">昭和14年</a>卒業と同時に同校教務嘱託兼フランス語の講師を勤めた。そして同年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E8%C6%FC%BF%B7%CA%B9">毎日新聞</a>作曲コンクールに「花に寄せたる舞踊<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>」が一位に入賞して以来、作曲家として、すぐれた作品が次々と世に発表されていった、そして同年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%BB%B3%DA%C7%B7%CD%A7%BC%D2">音楽之友社</a>に入社し、のちに編集部長となったが、20年に退社。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C236%C7%AF">昭和36年</a>よリカワイ楽譜取締役社長として現在に至っている。その間日本の合唱曲の楽譜出版に力を入れ、今日の日本の合唱曲の隆盛の一助をなした功績は高くかわれている。又昭和21年には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B4%C6%FC%CB%DC%B9%E7%BE%A7%CF%A2%CC%C1">全日本合唱連盟</a>の設立に参画し、主事、常任理事を経て、昭和38年には四代目理事長に就任、本年は創立20年記念事業を華々しく推進している。ちなみに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B4%C6%FC%CB%DC%B9%E7%BE%A7%CF%A2%CC%C1">全日本合唱連盟</a>は、2000有余の団体と15万人の合唱人口を抱え、全国9地区、59府県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%D9%C9%F4">支部</a>連盟の組織をもち、アジアは申すに及ばず、世界にもその類例の少ない大所帯を把握している。彼は又指揮者としてもアマチュァ合唱団は勿論、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C219%C7%AF">昭和19年</a>には<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/NHK">NHK</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B5%FE%CA%FC%C1%F7">東京放送</a>合唱団の常任指揮をはじめ、大阪・東京にある殆どのプロ合唱団にも関係して、自身の作品は無論のこと、日本の合唱普及に力を至している。その反面訳詞・作詞(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DA%A5%F3%A5%CD">ペンネ</a>ーム竜田和夫)の他、随筆にもすぐれた才能を示し、音楽随想「書き落した楽章」「合唱の素顔」の著の他合唱新聞・合唱誌に毎回のように掲載されている。<br /> そして作曲の面においても非常に広範囲にわたり、歌劇「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A4%C1%B5%BB%FB%CA%AA%B8%EC">修禅寺物語</a>」・「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%D3%B4%B2">俊寛</a>」・「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%CA%A9%B3%AB%B4%E3">大仏開眼</a>』の他<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AA%A5%DA%A5%EC%A5%C3%A5%BF">オペレッタ</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B6%CA">交響曲</a>、箏独奏曲に多数の作品がある。然し何といっても合唱曲は質・量ともにその中心をしめているといっても過言ではない。演奏時間一時間を越える交声曲<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C1%B6%B5%C2%E7%BB%D5">伝教大師</a>讃歌をはじめ、出版されたものだけでも159曲に及び、小品の仏教讃歌、校歌を含めると250に及び、合唱編曲で出版された250曲を加えると優に500曲になる。<br />この多数の創作合唱曲は大きく三つの方向に分けることが出来る。①オリジナル合唱曲これには大曲が多く、交声曲又は合唱<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>がその中心となっている。②<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CC%B1%CD%D8">日本民謡</a>・古謡・わらべ唄を素材とした合唱曲。③仏教讃歌に分けることが出来る。その主な作品としては<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BC%CF%C214%C7%AF">昭和14年</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「高原の歌」(女声)16年の「汗をうたえる」(混声)、23年の「秋のピエロ」(男声)をはじめとし「日本の花」12曲(混声)「野ぶどう」(女声)「宮城野ぶみ」(女声)「農民の歌」混声)交声曲「若者の歌」(混声と男声)「青い照明」(男声)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「童話、(女声)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「山に祈る」(男声と混声)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%BD%A5%C3%A5%D7%CA%AA%B8%EC">イソップ物語</a>「網にかかった鷹」(混声三重合唱)合唱のための物語「鼻長き僧の話」(混声)「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%BC%EA%C2%F3%BC%A1">大手拓次</a>の三つの詩」(男声)交声曲「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>」全十章(混声)「火の国水の国の譚」(女声)「阿波祈祷文」(男声)の他、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CC%B1%CD%D8">日本民謡</a>として「そ一らん節」(混声と男声)「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%C7%BE%E5%C0%EE">最上川</a>舟唄」(男声と混声〉「八木節」(男声)「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%A4%A5%CC">アイヌ</a>のウポポ」(男声)等がある。その他音楽賞という賞は殆んど受賞しておリ、音楽のあ<br />らゆる面に驚異的活躍をしている。(解説・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%CB%DC%B6%E2%CD%BA">山本金雄</a>)</p> <p>1970年8月29日レコ-ディング</p> <p> </p> <p><strong>「山に祈る」初演から今日まで</strong><br /> 山の遭難と交通戦争による悲報は、増える一方である。<br />それに取材した文学や音楽作品の数も多い。しかし、山の遭難事件を唱って、これほど感動的な作品に仕上げた例はないだろう。まさに"山"の決定版である。<br /> 作品が最初に書かれたのは1960年3月。この種の劇的合唱曲のさきがけとなった。この曲が誕生するにあたっては、産婆役を演じたダーク・ダックスのことに触れないわけにはいかない。ダーク・ダックスは、その第1回のリサイタル以来、例年、新作を委嘱制作し、リサイタルの柱にしていた。この基本方針は、いまなお続けられ、数多くのポピュラー名作を生み出している。曲のよさもさることながら、その企画力が卓抜で、ダーク・ダックスが今日なお、着実な人気を維持している理由のひとつはそこにある。<br />作品が完成する半年前の59年秋のある日、ダークのリーダー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%EE%C1%E1%C5%AF">喜早哲</a>は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%AE%B7%A6">荻窪</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏宅にかけ込んだ。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%B9%CC%EE%B8%A9%B7%D9">長野県警</a>本部編集の「山に祈る」という小冊子を手に持って。この小冊子は、相い次ぐ山の遭難事件に業をにやした同県警本部が、遭難者の遺族たちの手記を集めて編集し、遭難防止を訴えたものであったが、ダークの4人が、たまたま演奏旅行途上でこれを見つけ、これは作品になる、と意気込んで、早速、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏の門をたたいたのであった。清水氏も大いに同感し、小冊子の巻頭にあった<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%C3%D2%C2%E7%B3%D8">上智大学</a>山岳部の飯塚揚一君の日誌と、同君の母親の手記が選ばれた。※1960年刊<br />清水氏は、構成、作詞、作曲の一切を引受け、制作にとりかかった。春日俊吉著「山岳遭難記」や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%C3%D2%C2%E7%B3%D8">上智大学</a>山岳部誌「モルゲンロート」などを読み、飯塚君と同じパーティにいて難を免かれた同山岳部の部員たちから、当時の模様などを、さらにくわしく聞いた。「雪山登山とその遭難について、できるだけ嘘のないものを書きたいと思ったからである。しかし、これは音楽物語であるために、いくらか誇張されたところもあるし、フィクションもある。また私自身の、山への思慕も盛った」と清水氏はのべている。<br />そして初演は、60年3月23日、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%B8%CD%B9%F1%BA%DD%B2%F1%B4%DB">神戸国際会館</a>で行なわれた。翌24日が京都、25日が大阪、そして東京は29日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%C8%E6%C3%AB%B8%F8%B2%F1%C6%B2">日比谷公会堂</a>だった。<br />合唱はもちろんダーク・ダックス、母親役のナレーターは夏川静江、伴奏は十川千江子クワルテットを中心とする小編成の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C9%B8%B9%B3%DA">管弦楽</a>であった。ダーク・ダックスの力演もさることながら、夏川静江の名演に、客席はもとより、バンド・リーダーの十川までが涙ながらの演奏だったのを、私は大阪毎日ホールの舞台で見た。<br />私はこのときの感動が忘れられず、この曲を大編成の合唱で上演することを思い立った。そして清水氏にお願いし、ピアノ伴奏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CB%C0%BC%B9%E7%BE%A7">男声合唱</a>用に書きかえて頂いたのが、この曲である。この曲の初演は、その年の7月、同じ大阪毎日ホールで、クローバー・クラブによって行なわれた。<br />ところが、この初演は決して成功したとはいえなかった。<br />ア<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%C1%A5%E5%A5%A2">マチュア</a>団体のことでもあり、ホールの照明係との打合せなどが十分でなく、演奏中途で舞台が真暗になってしまって合唱団が立往生したり、客席で幼児が泣き声を立ててムードをこわしたり、曲がいよいよ大詰めに近づいて悲しみがクライマックスに達したとき、突如、舞台のそでから花束をかかえた子供が舞台上に現れて、満場の失笑を買うなど、まさにメチャメチャになった。わざわざ東京からかけつけて来られた清水氏も、思わず頭にきて席を立たれ、指揮台の私は、それを押しとどめることもできなかった。<br />このいきさつについては、その後、清水氏の随筆集「合唱の素顔」にくわしく書かれ、私はそれを読み返すたびに、いまだに冷汗をかく思いがする。<br />こんな失敗談はあったが、作品自体はその後、全国各地で熱狂的な歓迎を受けた。まもなく楽譜が出版されるや、どの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%CB%C0%BC%B9%E7%BE%A7">男声合唱</a>団も競うようにこの曲をとりあげ、またたく間に、邦人合唱曲中のスタンダード・ナンバーに定着した。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AE%C0%BC%B9%E7%BE%A7">混声合唱</a>団からの強い要望もあって、その後、混声用にも書き直されたくらいである。朗読役には、夏川のほか、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C6%A3%C6%BB%BB%D2">加藤道子</a>、最近では中畑道子の演技が目立っている。<br />曲は、「山の歌」からはじまり「リュックサックの歌」「山小屋の夜」「山を憶う」「吹雪の歌」「お母さん、ごめんなさい」にいたる6曲に分れ、明るい曲調から、次第に死に近づく暗い調子に移ってゆく。朗読は母親で、合唱が遭難学生を演ずることはいうまでもない。母親の朗読は、厳密にいえば、息子の手帳を読む部分と、母親自身の語りの二つの部分にわかれていることに注意しなければならない。演技も、当然ながら、この二つを分けて演ずる必要があるわけだ。曲中の男声の科白や朗読は、合唱団員が担当することと、曲の終りでは、舞台の照明を次第に暗くしてゆき、最後の和音と同時に真暗にすることを作曲者は提案している。作品自体が、あまりにもドラマティックなため、音楽が朗読の陰にかくれてしまうことを指摘して、音楽そのものの弱さを批判する向きもないではないが、私はそうは思わない。ここまでくれば、作品はすでに音楽でも朗読でもないのである。そこにあるのは「山に祈る」という強大な作品があるだけだ。朗読だけでもダメ、音楽だけでもダメ。この両者が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%AD%B5%A1">有機</a>的に結びついて、1個の強大な作品を形成しているのである。作曲者自身がいうように、これは音楽物語なのである。  <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%B2%BC%C9%F4%B5%C8%C9%A7">日下部吉彦</a></p> <p> </p> </blockquote> <p><strong>作詞・作曲家<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a></strong>氏についてはこのブログで何度か書いたことがある。</p> <p><strong>2015-08-12</strong><br /><strong>祠堂経・お説教-子ども<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%BF%AE%D0%F5">正信偈</a>、月光とピエロ-</strong><br />8月10日、11日お説教に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>地内12組のお寺にお話しに行ってきた。<br />知り合いの方がいて、ご縁があってお話しさせていただける。<br />このお寺では、ラジオ体操の後、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B5%BF%AE%D0%F5">正信偈</a>の練習をなさっているそうで、そのお勤めがあった。大きな声で、ハキハキと清々しかった。<br />でかけると、このような得がたい光景に会える。<br />私の方は、色々お話ししたのだが、<strong>恩徳讃の作曲者・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏</strong>の関係から、月光と教えに話を持って行こうと、考えてみた。<br />というのは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>寺院の出身で、世界で初めて合唱<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>というジャンルを提唱された。その<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>が「月光とピエロ」であり、<strong>「山に祈る」</strong>である。<br />この日7回忌を迎える、山で遭難した教え子を思っていたら(10日に、家へ行って手を合わせてきた)、季節は夏山・冬山の違いがあるものの、「山に祈る」のメローディーが、ふっと浮かんだりしていたのである。それで、亡き人を偲ぶ祠堂経、お盆でもあるので、そのあたりを組み合わせてお話しした。<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CF%C3">法話</a>を聞きにおいでた方々は、「月光とピエロ」「山に祈る」、どちらも聞いた事がないとおっしゃる、-中学校時代の同級生も来ていて、「山に祈る」を一緒に音楽の時間に聞いたろう、(彼女は)覚えていないという-ので、ちょっとさわりの部分を歌った。<br />「ピエロ」の方は♪月の光の照る辻で…(「月夜」)から辻、さらに邑知潟の月、月愛三昧までの展開を考えていたのだが、辻からどこにつなげるつもりだったのか、今もって浮かんでこない。<br />お話しするときは、一応イメージを作って、頭の中で語って見ている。そこでは「辻」があったはずだったのに、子どもさんも…<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CF%C3">法話</a>を聞く、と聞いたとき、「月と兎」などと考えたあたりから、どこかへ飛んでいった。<br />しかも、スローテンポの「月夜」をしみじみ歌うより、つい「泣き笑いして我がピエロ、秋じゃ、秋じゃと歌いけり…」(「秋のピエロ」)の部分を歌ってしまった。<br />しかも、マイクを付けていたので、自分でもビックリするくらいの音量が広がり、動揺してしまった。</p> <p> </p> <p><strong>2015-08-21</strong><br /><strong>半島に刻む 戦後70年の記憶 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>調査40年 庶民の胸中 歴史に</strong><br /><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%CE%A6%C3%E6%C6%FC%BF%B7%CA%B9">北陸中日新聞</a>2015年(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%C0%AE27%C7%AF">平成27年</a>)8月21日(金)</strong></p> <p>変な時間に寝て、0時過ぎには目が覚めた。掃き掃除に出ようと思ったら音を立てて雨が降っている。新聞を見た。<br />士郞(記者、高校生の時3年間担任)の文はやさしい。<br />「温厚でやさしい方だが、~(になると)厳しい表情を見せる。」いい。どこかで使おう。<br />昨日は、勉強会で<strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a></strong>作曲、作詞<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%D9%B8%FD%C2%E7%B3%D8">堀口大学</a>「月光とピエロ」を本願力と凡夫におきかえて、考えてみた。そして、歌ってみた。皆さん、困っていた。<br />温厚でやさしい皆さんも、歌が二回目になると、厳しい表情をお見せになった(※書いた時は二回目の意味を知っていて、たぶんたわむれ気分で書いているはずだが、6年後の今日は思い出せない-2021-01-12)。<br />少し前には、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>』第二章の、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>聖人の敬語「こころにくくおぼしめしておはしましてはんべるらんは…」を、お話ししていたので、「お見せになった」となる。</p> <p>それにしても秋だ。</p> <p> </p> <p>前半はここまで。</p> <p>後半は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>氏から、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>の歌ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%F2%B6%C1%B6%CA">交響曲</a>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>」。北川博夫、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%B4%F4%C1%B1%CB%FB">土岐善麿</a>氏、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%B7%B0%DB%BE%B6">歎異抄</a>へとつなぐ。</p> <p> </p>
  35. 偶然とは必然に違いない | ことば こころのはな | 2021/01/14 16:30
    昨日紹介した金子大榮師に、 「生は偶然 死は必然」という言葉がある。 浄土真宗...
  36. 1月の「パソコン相談室」はお休みさせて頂きます | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/14 09:37
    大阪府が「緊急事態宣言」対象地域に追加された事に伴い、1月の「パソコン相談室」はお休みとさせて頂きます。(1/14、1/28) 「パソコン相談室」はありませんが、実行委員でWeb会議なども実験しています。 メ...
  37. 宗祖親鸞聖人 報恩講 厳修!! | つれづれ日誌 | 2021/01/13 22:14
    &nbsp; &nbsp; 人はその身がなくなって死ぬのではない。  その人への御恩を忘れた時、その人も死ぬのである。 &nbsp;  今年もまた報恩講をお勤めする時節になりました。 「報恩講」は宗祖親鸞聖人のお徳を偲ぶ旧儀として世界中の真宗寺院や家庭...
  38. 緊急事態宣言 | お気楽極楽日記 | 2021/01/13 20:45
     緊急事態宣言が愛知県にも出ました。「もっと早く出せ!」という声が巷では聞こえてきますが、宣言がなければ行動が変われないのでしょうかね~。逆にこういう宣言は全体主義に結びつくような気がして怖い気がするのですが…。 今回のコロナ騒動でわかったことは、テレビのワイドショーがいかに低俗なものかということ。あれだけGOTOはお得だ、観光地が賑わっていると煽っておいて、感染が拡大するとGOTOなど時期尚早だと舌の根の乾かぬ内に批判をする。特にどこの局とはいいませんが、お昼のワイドショー..
  39. 基本、使い切ります | 住職雑記 | 2021/01/13 15:33
    靴を1足捨てた。これを買ったのは20年以上前。履いていたのは週1回程度。7〜8年...
  40. 無常を観ずる | ことば こころのはな | 2021/01/13 15:12
    「今日では、生死問題というが如きは、老人のものであるように思われている。 しか...
  41. アリオへ | 気ままな日記 | 2021/01/13 12:33
    今日は鳳にあるアリオへ。 緊急事態宣言が出そうなので早めに寄りました。 どうしても欲しいものがありましたので。 ちなみに、自分は大のトトロ好きなのです。 色々集めてるわけでは無いのですがね。。。 ってなことで、 鳳はアリオ三階にあるお店にやってきました。 思ったより空いていたので良かったです。 混んでいたら、 入らずに帰ろうと思っていましたのでね。 また、しばらくは法務以外は自粛ですね。 [画像]
  42. 初詣 | 遊煩悩林 | 2021/01/13 08:44
    <p>例年であれば、外宮さんへの初詣の車列で渋滞する常照寺の門前。</p> <p>三箇日の神宮周辺の人出は7割減だとか。</p> <p>常照寺の除夜の鐘は50吼ほど・・・。</p> <p>神宮にお参りする禊ぎとして、煩悩を払う意味での除夜の鐘が機能していたということか。</p> <p>知らんけど。</p> <p>正月恒例の首相の神宮参拝も延期され、毎年、交通規制による渋滞下、動かぬ車中から山門脇の掲示板を眺めてくださるような光景も今年は見られませんでした。</p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">神も仏もあるものかから本当の宗教がはじまる</p> <p style="padding-left: 40px;">遠藤周作</p> <p style="padding-left: 40px;"> </p> <p>残念ながら、目に触れる人の数は例年より少ないですが、今月の掲示板に書き出しました。</p> <p>お寺に参る人、神宮に詣る人、また地域の方々に向けて、そして自分自身に対して。</p> <p> </p> <p>昨年、コロナ禍にあって様々な聞法会や研修会、学習会が中止になり、しんらん交流館が「いま、あなたに届けたい法話」として、インターネット上に法話を配信しました。</p> <p>その中に、同朋大学名誉教授の池田勇諦先生の「”我欲手伝う仏”在さず」と題したお話の中で紹介されていたクリスチャンのことばの引用です。</p> <p>厳密には、『私にとって神は』という書物で、遠藤周作さんが指摘された内容を、池田先生が表現されたものです。</p> <p>詳しくは下記のページからご覧いただけます。</p> <p> </p> <p style="text-align: left; padding-left: 40px;">いま、あなたに届けたい法話 <a title="" href="https://jodo-shinshu.info/2020/06/08/24190/" target="_blank" rel="noopener">https://jodo-shinshu.info/2020/06/08/24190/</a></p> <p style="text-align: left;"> </p> <p style="text-align: left;">神仏とどのように向き合っているのか。</p> <p style="text-align: left;">この時期、初詣された方にマイクを向けて、「何をお願いされましたか?」というインタビュー。</p> <p style="text-align: left;">聞き方っ!!といつも思う。</p> <p style="text-align: left;">何かお願いするしかなくなる。</p> <p style="text-align: left;">お盆などの報道はもっぱら「先祖の冥福を祈る光景」として描かれる。</p> <p style="text-align: left;">こうしたメディアの感覚は知らず知らずの洗脳とさえ思えてきます。</p> <p style="text-align: left;">寒中。ほどなく節分ですが、自身「鬼は外、福は内」の精神構造で年中過ごしている。</p> <p style="text-align: left;">都合の良いことだけを求めて、そうでないものを排除したい。</p> <p style="text-align: left;">それらは宗教的なようで宗教ではないというのでしょう。</p> <p style="text-align: left;">占い・呪いの迷信の類と言っては言い過ぎか。</p> <p style="text-align: left;">”占いアプリで高額被害”という記事も年明けに見た。</p> <p style="text-align: left;"> </p> <p style="text-align: left;">我欲を手伝う仏さまは存在しない。</p> <p style="text-align: left;">私というのは仏の願いを受けとる器であって、こちらが要求するのではない。</p> <p style="text-align: left;">「本当の私となってくださるもの」、それが「まことの仏」である、と。</p> <p style="text-align: left;">ほとけさまのほんとうのお姿を教えられることで、鬼と向き合う生き方が開かれてくる。</p> <p style="text-align: left;">「本当の宗教がはじまる」というのは、鬼を退治して福を得るのではなく鬼との「対面」であろうか。</p> <p style="text-align: left;">ほとけさまが私になってくださることではじめて、私そのものが鬼であった、と。</p> <p style="text-align: left;">鬼性の自覚とその克服の歩み。</p> <p style="text-align: left;">知らぬ間の洗脳的迷信が破られてようやく、はじめての「初詣」になるのだろう。</p>
  43. 20年もののポリエステル | 住職雑記 | 2021/01/12 23:00
    私がもう20年くらい着ている冬コート。両袖とも裏地が破れた。左ポケットの底も抜け...
  44. 巻寿司 | 気ままな日記 | 2021/01/12 17:33
    今日はお寺の役員会がありました。 例年なら、会議の後は新年会となるのですが、 もちろん、新年会は中止です。その代わりと 言ってはなんですが、皆さんに 大きな巻き寿司「たぬき巻き」を 持ち帰ってもらいました。 CDと比較してもわかるのですが 大きいです。 これが6か7切れ入っています。 ごちそうさまでした。 [画像] [画像] [画像]
  45. 見えている部分への賞賛は誰でもできるけれど、見えていないところへ想いを馳せるということはなかなか難しい | ことば こころのはな | 2021/01/12 14:26
     2021年1月11日が「成人の日」で、10日(日)あるいは11日(月・祝)に成...
  46. どいつもこいつも | 住職雑記 | 2021/01/11 23:00
    成人の日。世間では成人式のはずだった。が、八王子は中止。 今日の夜に東京でも降雪...
  47. 成人の日 | 気ままな日記 | 2021/01/11 17:59
    今日は、ちょうど市民会館の近くを通ると いつもにはない渋滞がありました。 なにか催しでもあるのかと思っていましたが、 よくよく見ると、 綺麗な振り袖を見にまとった女性が数名見ました。 そうなんですね。今日は成人の日だったんです。 自分の時は15日と決まっていたのですが 最近は第二月曜日となったんですね。 このコロナ渦の中での開催は大変でしょうけど 開催出来て良かったかもしれませんね。 成人式を迎えられた方、 おめでとうございます。
  48. 自然は曲線を創り 人間は直線を創る | ことば こころのはな | 2021/01/11 12:38
    人工物の総量、自然を超える~イスラエルのチーム試算~ 人間がこれまでに作り出し...
  49. SP思案 | 住職雑記 | 2021/01/10 23:00
    SPレコードを頂いた。枚数約50枚。クラシック、軍歌、淡谷のり子と幅が広い。どう...
  50. 「集中しろ、大丈夫だ」 | ことば こころのはな | 2021/01/10 12:01
    「東京新聞」2021年1月10日(日)朝刊 「筆洗」欄  入団したばかりの若い...
  51. うちんとこ(の雪)、こんなねん…(おらっちゃのとこ(の雪)、こんなげ…)。。1月10日(日) | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/10 09:55
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="10日朝4時20分。すでに新聞配達員さんの足跡あり。木は泰山木-昨秋剪定してあった。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210110/20210110094335.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210110094335j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">10日朝4時20分。すでに新聞配達員さんの足跡あり。木は泰山木-昨秋剪定してあった。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="8時半。除雪車作業中。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210110/20210110094720.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210110094720j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">8時半。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%FC%C0%E3%BC%D6">除雪車</a>作業中。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="8時40分。今朝は4時から、昨日は4時50分から。何度か開いた通り道。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210110/20210110094827.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210110094827j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">8時40分。今朝は4時から、昨日は4時50分から。何度か開いた通り道。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="9時半。時には晴れ間が。予報では9時過ぎに緩むとのことだが…。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210110/20210110095034.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210110095034j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">9時半。時には晴れ間が。予報では9時過ぎに一旦緩むとのことだが…。大雪警報は変わらず。</figcaption> </figure> <p>今朝は、昨日の反省に立ち、朝4時から雪よけに出る。一通り私が開け、連れ合いがつなぐ。</p> <p>昨日は、4時50分に出た。</p> <p>雪明かりだけー、電灯を用意し玄関灯をつけ、一メートル幅ほどの径を作る。</p> <p>雪がズンズンと降るときは、空中が淡い橙色に見えるが、昨日の朝は、途中で星が一面に、三日月も見えたりしていたので、いわゆる寒波が通り過ぎるのかと思っていた。</p> <p>が、次々と吹雪、しんしんが押し寄せ続いた。</p> <p> </p> <p>当寺の庭(大庭と呼んでいる)周りに建物があるため、どうも吹きだまりになるようで雪が多い。</p> <p>前は海を隔てて<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%A5%A2%A5%EB%A5%D7%A5%B9">北アルプス</a>)、後ろは城山・宝<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>。このあたりの冬風は北風ではなく北西風。</p> <p>そのような位置にあるため、新潟(高田)あたりが大雪になると、私たちのところも大雪になる。</p> <p>その場合、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>雪といい、加賀雪になることもあるのだが、今回はその区別を越えた広い範囲で雪が降っている。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D7%CF%C3%B5%D9%C2%EA">閑話休題</a>(さて)</p> <p> </p> <p>道路との間、約20メートールを開けないとちょっとした孤立状態になるので、通れるようにしなければならない。</p> <p>まず新聞配達の方のために、と電灯を持ち、準備万端ー小式台前というか玄関前を一掻き二掻きしたところに、膝上からモモにかけて(という体だったが)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%C3%A5%BB">ラッセ</a>ルをかきながら、いつもは5時台にとどけられるH新聞配達の方が、新聞を運んでこられた。</p> <p>いやぁーとか、ご苦労さんです、とかなんだか、思わぬ時間に思わぬ人に会った感もろだしで交歓し、作業を進める。</p> <p>数十分してほぼ道路につながった頃、いつもは4時台に届くT新聞さんが、もう一カ所から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%C3%A5%BB">ラッセ</a>ル漕ぎに入ろうとしたので、こっち-開いてますよーと声かける。</p> <p> </p> <p>昨日の朝がそういう具合だったで、気合いをいれて、今朝は50分も早く出たのに、いつもは4時台に届くはずの新聞が、もう配られていた。</p> <p>まぁー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E9%A5%C3%A5%BB">ラッセ</a>ルとまではいかないものの、かき分けかき分けお届けになったようだ。</p> <p>なんと、</p> <p>二日間やったら、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%DE%A4%B5%A4%F3%A5%C0%A5%F3%A5%D7">ママさんダンプ</a>の使い方がわかってきた。</p> <p>今まで、「ママさん」なんか使えるか、おれは(オヤジ)スコップだーを通してきたが、昨年秋に、笹を抜いていて腕の肘を痛めた。その痛みが取れず、長い時間スコップを振り回すことができない。</p> <p>で、ママさん頼み。じっくり使ってみたのだ。</p> <p>昨日聞いた捨て場を作るーも、暗いし誰も見ていないので、安心して何度もコケながら(これは運動不足で足が弱っている)ミニ捨て場作りにも挑戦することができた。</p> <p> </p> <p>ものごころ付いた頃から、雪とたわむれ続けてきた雪国育ち。</p> <p>どうしても気分が高まる。</p> <p>「白い想い出」</p> <p>♪雪が降ってきた ほんの少しだけれど 積もりそうな雪だった…</p> <p>(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B3%BA%EA%CD%A3">山崎唯</a>作詞・作曲 歌 ダークダックス、<span style="color: #030303; font-family: Roboto, Arial, sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 500; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: nowrap; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: rgba(255, 255, 255, 0.98); text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%AD%C5%E7%CD%AD%C8%FE%BB%D2">鮫島有美子</a>など</span>)</p> <p>「比叡おろし」</p> <p>♪風は山から降りてくる レタスのかごをかかえて 唇はくびれていちご 遠い夜の街を越えて来たそうな うちは比叡おろしですねん あんさんの胸を雪にしてしまいますえ (<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%B2%AC%C0%B5%B9%E4">松岡正剛</a> 作詞・作曲 歌 小林啓子、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%BC%BC%C5%F9">小室等</a>など)</p> <p>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%A8%A4%A4%C4%AB">寒い朝</a>」</p> <p>♪北風吹き抜く <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%A8%A4%A4%C4%AB">寒い朝</a>も こころ一つで暖かくなる…</p> <p>(佐伯孝夫作詞 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C8%C5%C4%C0%B5">吉田正</a>作曲 歌 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C8%B1%CA%BE%AE%C9%B4%B9%E7">吉永小百合</a>・和田弘とマヒナ・スターズ)</p> <p>「ユキコの灯」</p> <p>♪ 白銀けむる アルプスの 小屋にやさしい 娘ひとり その名はユキコ ともす灯に 夢もゆれるよ 夜空遠く</p> <p>(横井弘作詞 岩代浩一作曲 歌 中曽根美樹・ポニージャックス)</p> <p>合唱<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C8%B6%CA">組曲</a>「山に祈る」…「山小屋の夜」-満天の夜ーのところ</p> <p> ※新たに作詞・作曲<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%BF%E5%E6%FB">清水脩</a>について記す。</p> <p>降る雪の変化によって、胸にながれる歌も様々に変化する</p> <p>そうなってくると もはや</p> <p>至福の時だ。</p> <p> </p> <p>今、10時半。</p> <p>テレビの大雪情報テロップは、「現在<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>82㎝」でながれている。</p>
  52. 質問に。。。 | 気ままな日記 | 2021/01/10 02:56
    今日は質問にお答えします。 以前にお勤めの本を交代しました。 これは 『真宗勤行聖典』といって これ一冊あれば、月参りから法事まで ほとんどすべてお勤めが出来ます。 普通に購入すると2千円ぐらいですが、 特別に表装してもらうと。。。 なんと1万円ぐらいになります。 京都は「日下念珠」さんにて絶賛販売中。
  53. 更新 | 気ままな日記 | 2021/01/10 02:53
    今日、遅くなりましたが 更新致しました。 http://www.gangyouji.or.jp/
  54. 常識人青木 | 住職雑記 | 2021/01/09 23:00
    私がYouTubeにつなげると、流れてくるのは格闘技関連が多い。朝倉兄弟や大沢ケ...
  55. 名と共に生きています | ことば こころのはな | 2021/01/09 20:43
    このコロナ禍における政治の現状に危機感があり(常々ありますが)、ここ2日ばかり政...
  56. | 気ままな日記 | 2021/01/09 14:17
    今日から向かいのお宮さんの 十日戎です。 明日が本戎なので 今日は宵戎ですね。 何年か前には大阪の今宮戎へ行って 屋台巡りをしましたが、今回はダメでしょうね。 向かいのお宮さんも飲食出来る屋台は出ていません。 福笹の販売ぐらいだけでしょうかね。 本当に早く収まるように たくさんお念仏しないといけませんね。
  57. 直進のつもり | 住職雑記 | 2021/01/08 23:00
    年始回りで都心を車で走る。連休前なのに交通量は通常並み。ということは動いている数...
  58. 西谷啓治先生のふるさと | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/08 21:13
    <p><span style="font-size: 150%;"><strong>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a> 思索の扉」-矢田敏子(啓治先生4女)さんから</strong></span></p> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『西谷啓治 思索の扉』(佐々木徹著、2020年10月東洋出版刊)。12月24日矢田敏子(啓治氏4女)さんから。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210107/20210107192418.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210107192418j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a> 思索の扉』(佐々木徹著、2020年10月東洋出版刊)。12月24日、矢田敏子(啓治氏4女)さんから。</figcaption> </figure> <p><br /><br />昨年、没後30年、生誕130年を迎えた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>先生(以下敬称略)について、ブログでは次のように触れてきた。</p> <p><strong>2010-02-15 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>・知人関係本など</strong><br />『宗教と非宗教の間』</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『宗教と非宗教の間』岩波現代文庫"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210107/20210107195129.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210107195129j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『宗教と非宗教の間』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C7%C8%B8%BD%C2%E5%CA%B8%B8%CB">岩波現代文庫</a></figcaption> </figure> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏は隣の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>宇出津出身。<br />1度か2度講義を聞いた(ような)記憶がある。<br /><em>※2021年1月7日確認。</em></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>講義、昭和39年~62年度。私が在籍していたのは昭和44年~47年なので「聞いた(ような)記憶」は間違いではない。ちなみに『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>著作集第24巻<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>講義Ⅰ』には、この時期の第八講(昭和46年度第7回講義・6月28日-体・心-<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%E3%BF%E8%B7%D0%B8%B3">純粋経験</a>)、第九講(同年度第16回講義・12月6日-魂-生-仏教の立場)が所収されている。</p> <p> </p> <p><strong>20160629 書物</strong></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『西谷啓治随聞』佐々木徹、1990年法蔵館刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210107/20210107195546.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210107195546j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>随聞』佐々木徹、1990年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%C2%A2%B4%DB">法蔵館</a>刊</figcaption> </figure> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>宇出津出身。私の周りにも親戚の方がおられるなど、身近な方なのだが、近年は話題に上がることも少なくなったようである。新たに触れるつもりで、古本で購入。</p> <p> </p> <p><strong>2016-08-23 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%BE%C2%BC%CE%C9">半村良</a>氏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C2%B3%AB">疎開</a>先、ご母堂の実家</strong><br />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>』次号の伝説のふるさとー間島、山田太盛院取材。</p> <p>9月25日に富来<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%BF%C5%DA%BB%CB">郷土史</a>研究会で話す、「西田幾多郞、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%CC%DA%C0%B6">三木清</a>、戸坂潤と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>」の資料集めに、戸坂潤と京大時代同級だった能都町の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>記念館を訪ねた。</p> <p> </p> <p><strong>2017-07-24 井波別院・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%F0%C0%F4%BB%FB">瑞泉寺</a>ー太子絵伝、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EB%C3%BC">城端</a>別院-虫干し法要、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>上人</strong><br />例年、私の夏休みは、井波・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%EB%C3%BC">城端</a>へお参りに行くことにしているのだが、昨年は行かなかった。どうも戸坂潤を調べるため、戸坂を知る<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>のお弟子さんや、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%B8%CD%C2%E7%B3%D8">神戸大学</a>その他で哲学を学んで来られた方に、戸坂潤とは?<br />を聞きに回っていて行かなかった、ようだ。</p> <p> </p> <p><strong>2019-04-20 このところの書籍</strong><br /> 海恵宏樹さん。『仏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%D2%B7%C5">智慧</a>に生きる―苦しみが感謝に変わる教え―』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>刊<br /> 海恵宏樹(かいえ・こうじゅ)<br />1934(昭和9)年石川県生まれ。1958(昭和33)年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%FE%C5%D4%C2%E7%B3%D8">京都大学</a>文学部(仏教学専攻)卒業。<br />1961~63(昭和36~38)年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D3%A5%EB%A5%DE%B9%F1">ビルマ国</a>IIABS(国際高等仏教学研究所)で仏教研究に従事。<br />1964(昭和39)年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%FE%C5%D4%C2%E7%B3%D8">京都大学</a>大学院中退。<br />1966(昭和41)年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1%C2%E7%C3%AB%C7%C9">真宗大谷派</a>存立寺住職となり現在に至る。<br />著書に『無碍光』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/1984">1984</a>年、北国出版社〉、『聞光』(1987年、北国出版社)、『人の知恵から仏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%D2%B7%C5">智慧</a>へ上・下』(1994年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>)。<br /><em>※2021年1月8日記</em></p> <p>本著に載る著書の紹介には載っていないが、私が初任(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A9%BA%F0">羽咋</a>工業高校)の時、海恵さんは近くの高浜高校教師をなさっており、何度か尊顔を拝したことがある。時は流れて哲学者・戸坂潤取材の時、潤と同郷でもあり、同じ京大哲学を出ておいでることもあり、お寺に訪ねた(聞いた話は『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>千代尼』に生かした)。戸坂と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>出身の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏は同級生だったが、西谷氏は―<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%CB%CB%C9%CB%A1">破防法</a>で獄中でなくなった戸坂、同じ年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%CC%DA%C0%B6">三木清</a>が獄中で、二人の師である西田幾多郞も世を去っているー授業中その他でも戸坂に触れることはなかったとおっしゃっていた。<br /><em>※2021年1月7日記</em></p> <p>海恵さんは昨年(2020年)3月9日85歳で還帰なされた。それからほぼ一ヶ月後の4月4日が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>先生の西帰後30年だった。故郷宇出津収骨の様子は、このあとに載せる矢田敏子さん「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>へ」(『渓聲 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>』)に詳しく、胸を打つ。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D7%CF%C3%B5%D9%C2%EA">閑話休題</a></p> <p><br />その頃は、『とも同行の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化』を本にする詰め段階で、西谷先生に目を向けるようになったのは、12月に入ってからだった。<br />西谷氏に「戸坂潤の思い出」の文があることに気づき、目を通した。ことばにはならないところに友を思う気持ちがにじみ出ているいい文だ。<br />戸坂を知るには『回想の戸坂潤』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%D2%A6%C1%F0%BD%F1%CB%BC">勁草書房</a>1976年)があるが、14人の執筆者に西谷の名がなく、元の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%B0%EC%BD%F1%CB%BC">三一書房</a>本(1948年刊)に載る戸坂蘭子(潤氏ご息女)の「断片」、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%D7%CC%EE%BC%FD">久野収</a>氏の回想「戸坂さんの偉さ」はお二人の辞退により所収されていない)があり、西谷氏の文はかなり早く手に入れていた『戸坂潤全集』第三巻・月報4(昭和41年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%D2%A6%C1%F0%BD%F1%CB%BC">勁草書房</a>刊)に載っているにも関わらず、1ヶ月ほど前まで気づかずにいた。</p> <p><br /><br /><span style="font-size: 150%;"><strong> 奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風光</strong></span></p> <p>『宗教と非宗教の間』(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%C5%C4%B4%D7%BE%C8">上田閑照</a>編 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C7%C8%B8%BD%C2%E5%CA%B8%B8%CB">岩波現代文庫</a>、2001年刊)より</p> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210107/20210107204136.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210107204136j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <blockquote> <p>現在、私(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏)のうちにある故郷のイメージや感じには、いくらか特殊なところがある。それは幼い日の或る思い出に由来している。<br />私は四、五歳の頃、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の鵜島にあった<strong>宗玄</strong>という家に何日か泊まっていた。それは大きな酒造りの家で、<em>私の母の姉</em>がそこの主婦であった。その林泉造りの庭や、土蔵や土間にあった巨大な桶など、今でもはっきり覚えている。何よりも珍しかったのは、家のなかの土間をどうどうと水が流れていることだった。家の外に清例な谷川があって、その水が家のなかに引かれていたのだが、或る日、その谷川で魚をとっていて、足を切り、男衆の背に負われて飯田の医老に行ったことも記憶に残っている。<br />飯田に行く街道は、家の前を通っていた。道の片側はすぐ砂浜で、その浜は飯田の方までずっと続き、反対の方向は、伝説で名高い恋路の浜に続いていた。浜の向こうに、は静かな海が開け、遠くに水平線が見えた。</p> <p>浜は広々として、とても清らかな感じだった。人気もなかったが、それ以上に、人間臭さの全くない、古い言葉でいえぱ「俗塵」から抜け出たような、澄んだ清らかさが感ぜられた。その浜には桜貝が沢山あるので、私も拾いにつれて行かれた。桜貝は、その透き通るような薄い殻が淡紅色に染まっていて、紅玉のように美しく、しかも宝石の堅さをもたぬ、非常に華奢な小貝である。砂の上にあっても、どことなく地上のものではないような、気高い清らかさがある。そして砂浜自身の澄んだ清らかさも、同じように、何となく地上のものではないような一種の感じを含んでいたのである。そういう砂浜のイメージ、また自分がそこで桜貝を拾ったことの想い出は、幼い心の底に刻まれて残った。<br />自然の景色が地上のものでないようだと言えば、おかしく聞こえるかも知れない。しかし、後になって、天の橋立や<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%C2%B2%CE%A4%CE%B1%BA">和歌の浦</a>などに行った時にも、同じ感じを経験した。それで考えたのだが、昔の日本人が特別に好い景色として選んだ所、或いは歌枕と称して賞でた所は、どこか地上のものならぬ、その意味で幽玄ということにも通ずるような、深い清澄の感じを喚び起こす場所だったのではないか。それが、自然美に対する昔の日本人の感覚、古代から続いていた感覚だったのではないか。例えば赤人の「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%C4%BB%D2%A4%CE%B1%BA">田子の浦</a>にうち出でて見れば」という富士の歌にも、「藍辺をさしてたつ鳴きわたる」という<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%C2%B2%CE%A4%CE%B1%BA">和歌の浦</a>の歌にも、そういう感じが籠っている。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C8%BC%B2%C8%BB%FD">大伴家持</a>の、</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>の海に 朝びらきして 漕ぎ来れば 長浜の浦に <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%EE%BE%C8">月照</a>りにけり</p> <p> </p> <p>でも、似たような感覚がその底にあると思う。<br />家持は、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の島山、今日見れば、木立繁しも、幾代神ぴぞ」とも歌っているが、その「幾代神びぞ」という感覚である。それは、現代の人々が普通にいい景色だといっている以上の感じだが、鵜島の浜の景色は、私のおさな心にも、そういう感じを与えたのである。</p> <p> </p> <p>数年前、久方ぶりにまた鵜島を通ったが、浜の風光はもうすっかり変わっていた。その代わり、鵜島から先の奥地が、とてもよかった。現代の世界にみなぎっている喧騒や慌しさは影をひそめ、一足とびに太古の悠久と静けさに返ったような気がした。昔の中国の詩人も、「山静かにして太古に似たり」と言ったが、そういう感じを喚び覚ます風光は、日本ではもう見出しにくくなっている。しかし<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>には、まだあちこちにそれが残っている。<br />例えば須々(須須)神社のあたり、贄(仁江)の海岸、それから私の若い時に毎夏の遊び場であった九十九湾なども、古代の風光の跡をまだ残している。<br />しかし最も大きな感銘を経験したのは、同じ数年前の旅行の帰り途にであった。その時、バスは松波から小木に向けて波打ち際を走っていた。好く晴れた天気で、雲一つない五月の空は青く澄み、海も明るい紺碧の色を湛えていた。そしてその海の向こうに、雪をかぶった<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>山脈の尾根が、半天に蜿蜿(えんえん)と連なっているのが見えた。尾根から下の部分は、青く霞んで見えず、尾根の部分だけが青空のうちに夢のように淡く浮かんでいた。その山と海と空と、それら全体の風光は、やはり地上のものとは思えない神秘な美しさであった。中国の伝説には、蓬莱山とか<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%ED%B8%BB%B6%BF">桃源郷</a>とかいうような、神仙の住む土地の幻想があり、似たような神話的幻想は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C5%C2%E5%A5%AE%A5%EA%A5%B7%A5%A2">古代ギリシア</a>その他にもあったが、それが忽然として現実に現われたような感じであった。<br />その時に接した風光は、私の心の中で、子供の時に接した鵜島の浜の風光と重なり合い、それが、故郷の土地を代表する最高のイメージになっている。そしてそのイメージを取り巻く全体として、故郷を思う私の気持の基礎になっているのは、文明や文化の毒に災いされずにまだ多く残っている、古代的な(という意味は原日本的な)風光の跡である。故郷に対する私の最大の願いは、それらの貴重な風光が、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%DA%C3%CF%B3%AB%C8%AF">土地開発</a>の途上で破壊されることなく、かえってより清純な形で護持されることにある。</p> </blockquote> <p> </p> <p>ソウゲン 宗玄 『加能郷土辞彙』(日置謙著)より</p> <blockquote> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>郡直郷に属する集落。元禄十四年(1701)の「郷村名義抄」に、『此村先年は鵜島村の内にて御座候処、明暦二年(1656)に別村に相立、同村忠左衛門と申百姓家名を宗玄と甲候に付、村名に罷成候由申候』とある。<br />又『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%BE%C0%D7">名跡</a>志』に『宗玄村に則ち宗玄忠左衛門といふ古き百姓あり。此者故あつて宗玄の一名あり』。同書に、『宗玄村端に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%DA%C4%CC">切通</a>しというて、岩山を切抜きて往来する也。昔遙かの山を越えて往来せしを、御郡奉行に黒川五左衛門といふ人、此所を切抜き往来安く成りしと也。』などゝ記する。</p> </blockquote> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏の伯母が嫁いでいた宗玄家は現在株式会社・宗玄酒造(明和5・1768年宗玄忠五郎開業)になっている。その酒造の8代目社長・杤平一男さんが、若い頃当寺に下宿しておいでたことにより、宗玄の祭りの日には、大きな酒蔵の二階に私たちだけのためにしつらえられた板張りの間へ、毎年「よばれ」に行った。啓治氏が「土蔵や土間にあった巨大な桶など、今でもはっきり覚えている。」と書いている場所へ、私も子供頃訪ねていたのだった。</p> <p>また、高校時代からの友人N君(今年はコロナ騒ぎでかなわなかったが、毎年少なくとも7月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>には会って、近況・思い出を語り合う時を過ごしている)が、何年か前に、「祖母の実家が宗玄だと」言っていた。</p> <p>つい先だってこの「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風光」を読み、</p> <p>「おいおい! <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>という著名な哲学者の伯母が宗玄に嫁いでいるぞ…」と電話を入れた。Nの祖母は西谷先生の伯母のこじゅうとさんにあたるようだ。</p> <p>7月には会えなかったので、これを幸いと、12月25日に「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風光」のコピーやその他を持って、穴水のN宅へ寄り、話し込んできた。</p> <p>N夫人も「鵜島」の人で、ともかく宇出津・遠島山公園にある「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>記念館」へ行ってこようと約束したのだが、大雪。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>が私たちの新たな共通話題になるには、もう少し時が必要。</p> <p> </p> <p>それに近所のK子さん-2年後輩-の母の実家へ、西谷家から嫁いでおり(K子さんの祖母が、啓治氏の叔母にあたる)、K子さんが京都で過ごした学生時代には、西谷家へよく出入りしたという。</p> <p>先に書いた「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>」などの話や、宗玄家からの親戚が今も医者をしている話などが、K子さんから啓治氏末っ子の敏子さんに伝わり、この『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a> 思索の扉』を送ってくださったのである。</p> <p>K子さんはとは、当寺を会所として開かれている推進員勉強会で顔を合わせている。</p> <p>これも「法縁」なのだろう。</p> <p> </p> <p><span style="font-size: 150%;"><strong>『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a> 思索の扉』に載る文</strong></span> </p> <blockquote> <p> <strong>人から人へ</strong><br /> 追悼集『渓聲<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>』(一九九二年、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%F5%B1%C6%BC%CB">燈影舎</a>)は上下二巻から成り、上巻の回想篇には五十七名の文章が、下巻の思想篇には九篇の論文が収められている。また、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%CF%CA%B8%BC%D2">創文社</a>から刊行された同じく追悼集『情意における空』(一九九二年)には、告別式での梶谷宗忍老師の引導法語、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%E5%C5%C4%B4%D7%BE%C8">上田閑照</a>先生の挨拶のほか、八篇の論文、二十六篇の追憶が掲載されている。その一々をここに詳しく紹介することはできないが、『漢聲<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>』上巻の最後のところに、ご家族から見た西谷先生の日常の姿が綴られている。そこには、ともに生活した者にしかわからない先生の一面、とくに奥様との関係についてものべられている。奥様は、私の訪問の際にも、お茶やお菓子を運んでこられても、同席して話されるようなことはまずなく、すぐに引っ込んでしまわれ、あとは先生のお話が時間を超越して無限につづくという感じだったが、そういうかたちで影のように、先生の研究生活を支えてこられたのだと思う。<br /> (「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>随想集 青天白雲」京都哲学選書第16巻解説 投影舎、2001年7月)</p> <p> </p> <p><strong>海二つ</strong><br />この夏の終り(1986年8月)、私は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a>をめぐる小さな旅に出かけた。主として、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A7%A5%CE%B5%A4%C4%AE">宇ノ気町</a>の西田記念館と、西谷先生の生地・宇出津(うしつ)を訪ねるためである。(略)<br />宇出津では西谷先生の生家や、小学校、資料館等を、猪谷一雄氏と<strong>小林篤二氏</strong>の案内で訪ねた。猪谷氏は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A7%A5%CE%B5%A4%C4%AE">宇ノ気町</a>町役場に勤務、哲学講座の世話をされ、小林氏は宇出津小学校の校長職を退かれたあと、町史の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%D4%BD%B8%B0%D1%B0%F7">編集委員</a>をしておられる。<br />西谷先生は、小学校へ上がるとまもなく、両親と共に東京へ移られたから、今も残る古く大きな家で過ごされたのは、ごく幼い時期だけである。しかし、その心にふるさとの風光がしるした跡は決して小さくないと思われる。資料館に展示されている先生の色紙の一つに、こんな歌が書かれてあった</p> <p> そうそうと海あり<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>は君が生(あ)れ<br />君が一生(ひとよ)をすごせしところ</p> <p> この歌の「君」が誰をさすか、つまびらかではないが、この歌の響きには、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の海と終生離れてはありえなかった、先生ご自身の感慨がこめられていると思われる。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>から東京へ、そしてさらに京都の地へ移られてからも、故郷の海を渡る風の音は、遠く近く聞こえていたにちがいない。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の海は、半島の北西と東南とでは大きく異なる。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%B3%A4">日本海</a>側は、曽々木海岸に見られるように波風荒く、その果ては遠く大陸にまで達しているが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%D9%BB%B3%CF%D1">富山湾</a>側は、穏やかな海原がひろがる。</p> <p>宇出津は内海に面しているので、少年の日の西谷先生が泳いだり眺めたりされたのは、静かでやさしい海である。</p> <p>誰をも包みこむような先生のお人柄は、この海にはぐくまれ育ったと言えるかもしれない。<br />しかしまた、半島を吹き抜ける風は、二つの海を一つにして吹く。激しい嵐は、海に暮らす者の心に、自然の厳しさを刻みつける。西谷先生の寛いお心は、背後に、そんな海をもつているとも言えるであろう。<br />西谷先生が初めてヨーロッパへ赴かれたのは、一九三六年三月のことである。それまで和服だったが、この時初めて洋服をあつらえた。<br />長途の船旅を経て、はじめパリに、ついで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CF%A5%A4%A5%C7%A5%C3%A5%AC%A1%BC">ハイデッガー</a>に師事すべく、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D5%A5%E9%A5%A4%A5%D6%A5%EB%A5%AF">フライブルク</a>に住まわれる。二年の留学の間に、先生は西洋の思想を深く主体的に学ばれ、その一つの成果が『根源的主体性の哲学』のなかに収められた「ニイチェの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C4%A5%A1%A5%E9">ツァラ</a>ッストラとマイスター・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5%C3%A5%AF%A5%CF%A5%EB%A5%C8">エックハルト</a>」であることは、周知のところである。二人の西洋の思想家についてのべながら、すでにこの論文において、東洋と西洋とをその根底において結ぶ、後年の先生の立場は明確である。<br />そのような立場が可能になったみなもとには、遠くどこまでもひろがる海の体験があった。しかもその海は、小さな入江に面した宇出津という小さな町を離れない。洋の東西を結び、歴史を超えるような思索であればこそ、それは同時に、その「人」が生きてきたふるさとの今ここを離れない。夏の終りの、私の小さな旅は、そのことの確認の旅でもあった。<br />(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>著作集第一巻『月報』、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%CF%CA%B8%BC%D2">創文社</a>、1986年12月)</p> </blockquote> <p> ※<span style="font-size: 150%;">小林篤二氏</span>より。</p> <p>私が能都町史編纂委員をしていた昭和頃54年~57年頃(当時は鳳至郡能都町)、委員の大先輩・小林篤二先生から、謄写刷りの「我と汝としての人間関係」<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%FE%C5%D4%C2%E7%B3%D8">京都大学</a>名誉教授・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>教授・能都町宇出津在籍 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>(B5判11枚)を頂いた。</p> <p> この「我と汝としての人間関係」について、小林先生は、</p> <blockquote> <p>新年恒例の「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%D6%BD%F1%BB%CF">講書始</a>」儀が 昭和四十四年一月七日午前十時半から皇居仮宮殿の西の間で行われた。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%FE%C5%D4%C2%E7%B3%D8">京都大学</a>名誉教授・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>教授の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏は「我と汝としての人間関係」という題で、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%B7%B9%C4">天皇</a>・皇后両陛下の前で御進講した。(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%A9%B6%B5%A5%BF%A5%A4%A5%E0%A5%B9">仏教タイムス</a>七八四号)</p> </blockquote> <p> を引用して説明なさっている。その一部。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="冊子扉部。「自然」である。渓聲は西谷氏の号のようだ。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210108/20210108204422.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210108204422j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">冊子扉部。「自然」である。渓聲は西谷氏の号のようだ。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="前書き部。小林篤二さんの字である。確か「西谷記念館」の多くの解説が小林先生筆のものだったはずである。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210108/20210108204953.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210108204953j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">前書き部。小林篤二さんの字である。確か「西谷記念館」の多くの解説が小林先生筆のはずである。</figcaption> </figure> <p> </p> <p><span style="font-size: 150%;"><strong>矢田敏子さんの、父の思い出</strong></span></p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『西谷啓治著作集』第26巻 月報13 1995年8月 ※月報3ページに載る執筆者は(西谷啓治先生四女)。 "> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210108/20210108205801.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210108205801j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>著作集』第26巻 月報13 1995年8月 ※月報3ページに載る執筆者は(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>先生四女)。 </figcaption> </figure> <p> </p> <p><span style="font-size: 150%;"><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>へ</strong></span></p> <p>『渓聲 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a> 上 回想篇』平成5年京都<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A1%B6%B5%C5%AF%B3%D8">宗教哲学</a>会編 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%EC%C5%F5%B1%E0">一燈園</a>燈影会発行</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『渓聲 上回想篇』 研究者知友46人、家族9人の回想、14枚の写真および本文にも数葉の写真"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210108/20210108211610.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210108211610j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『渓聲 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a> 上回想篇』 研究者知友46人、家族9人の回想、14枚の写真および本文にも数葉の写真</figcaption> </figure> <p> </p> <blockquote> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>へ</strong></p> <p>一九九一年九月三日、父母の納骨の日、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a>はまるで真夏のような日差しだった、<br />字出津の小学校裏の高台にある先祖の墓の前には、宇ノ気での<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%BB%A5%DF">セミ</a>ナーを終え合流して下さった方々、地元の所縁の方々など、思いがけず多くの人々が集まって下さっていた。<br />宇出津の隣町、鵜川に生まれた祖母は、西谷のこの墓は</p> <p>海を見渡すいい場所にあると口癖のように言っていた。けれども、今は木が繁り、建物がたち、海を見るのは難しくなっていた.<br />読経の後、お墓の後ろの石を移動し、まず姉達が京都から持ってきた父の遺骨を、サラサラと土にかえした。それは人の死に関する厳粛な<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%CC%A4%EC%A4%CE%B5%B7%BC%B0">別れの儀式</a>に違いなかったのだが、なにかごく普通の事を行なっている感じだったのが私には不思議だった。明るく照りつける光と海からの風のせいだったのだろうか,<br />その時、突然「おーい、おーい」父の呼び声を聞いた気がした。私たちが、幼い頃から聞き慣れている母のことを呼ぶ声だった。「ほら、また」と母は、この声に何度も立っていったものだった。「おーい、おーい」今度は、何してるんだ、早くしろよという風に、少し調子の違った声だった。私は思わず、それまでしっかり両手に握っていた小さな母のお骨の壺を父の遺骨の上にさっとあけてしまった。もちろん、一緒に納骨しようと持ってきたのだったけれど、父の声を聞いた気がして、慌ててしまった自分がおかしかった。<br />ふっと軽くなっていく心地で、私は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>へ連れてきてもらった何度かの旅の事を想い浮かべていた。最初は、まだ学校にもいかない幼い頃、たしか母に連れられてだったと思う。父とは、二人で旅をしたことなんて数える程しかないが、それでも<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>へは、二度来たことがある。一度目は私の小学六年の時、二度目は、母の死去の翌年、父が故郷に招かれた折に同行した時である。<br />幼い頃から甘えたでどう仕様もなく、母のひっつきむしだった私。そんな私を、丁度夏休み中だったので、多分教育的見地から、父と一緒に行かせる事にしたのだろう。これが一度目の旅行。金沢で泊めて頂いたのは、大きなお寺だった。父は先に出かけてしまい、私はお寺の方に町中を案内してもらったが、最後に連れていってもらったのは、講堂みたいなところだった。一番後ろにそっと腰掛けて、前方を見ると、みんな少し前かがみの姿勢で、びくともしないで座っていた。その人々の前に、父がいた。何かしゃべっているらしかったが、私にはよくわからなかった。内容がというより、エー、エー、がやたら多くて、聞き取れなかったからだ。その時の父の話しぶりが私には全く意外な印象だったのを今でも億えている。家にいると、大きな声で歌ったり、時にはお腹の底から出てくる様なすごい声をはり上げることもあった。夕食後、父も一緒に、というより父が先にたってお茶碗を叩いてリズムをとり、みんなで大声で歌をうたい、祖母から叱られたりした事もあった。だから、とぎれとぎれの話しぶりは、小学生の私には、想像外の事だったのだ。<br />今にして思うと、私が父の講演をじかに聞いたのは、後にも先にもこの時だけだ。もっとも母も、父が話をするのをその場で聞いた事は殆どなかった様だ。三十年ほど前、父母が二人で半年ばかりドイツに滞在した事があった。その時、父が大学で学生を前に話をするのを、初めて、そばで聞いたらしい。折角の機会だったのに、母は聴衆の学生が机をガタガタさせるのではないかとその事ばかり気になって、碌々話も聞けなかったそうだ。今ならさしずめブーイングというところだろうか。ドイツの学生はおもしろくないとそんなことをすると教えられて、母はハラハラしたらしかった。<br />父に連れられての<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>行きだったが、一緒に遊んでもらった記憶はほとんど残っていない、小さな船に乗せてもらって海に出た時でも、周りにいる人達と話に夢中で、議論ばかりしていて、ちっとも構ってくれなかった。けれども旅先で、外にいる父を見て、父親像が少し変わったのは事実だ。家では、席の暖まるひまもなく、くるくると動きまわっている母に比べて、お昼過ぎまで寝ているし、何をやっているのか、私にはよく分からない父だった。ともかく、この旅行を契機に、父は私を一人前のように扱ってくれる様になり、私にとっては、母を通しての父ではなくなった。<br />この頃のことで思い出すことがある。ある冬の夜、私が未来の都市を計画するという様な社会科の宿題でもたもたしていた時、父もこたつで横にあたりながら、一緒にいろいろ考えてくれた。歴史博物館とか、海の上に町をつくる事とか、次から次へと。話し振りだけでなく、今でも内容までしっかり憶えているくらいだから、余程感心して聞いたのだろう。けれどもそんな時、感心してきく反面、まるで自分の宿題のように熱の入ってくる父の話に、早く終わらないかなと願ったことも度々だった。話は一旦始まると、止めどもなく続き、小学生のこちらの都合なんかちっとも考えてくれなかった。話だけでなく、遊びの時でも、しばしばそんな具合になった、お正月には、よくトランプをしたが、父だけでなく、みんなが本気になってやるものだから、ビリの私は、結局ベソかきかき母の所へとんていく羽目になった。</p> <p>二度目の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>行きは、母の一周忌も済ませた一九八五年の秋、十月の初旬だった。一緒にというより私が付いて行くという感じだったが、小木に住む父の従弟(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>といえば、まずこのおじだったのに、父と連れ立つ様に他界してしまった)が準備万端整えて下さっていた。父は、先々で話に熱が入り、しかもいつものように夜八時を過ぎるとますます元気になった。久しぶりの故郷だからだろうか、ゆったりと寛いだ面持ちだった、床につく前に、ふと父の旅行カバンの中を見ると、底に丁寧に包まれた紙袋があった。<br />前日の支度の時には、確か無かったものだった。「あれ、これは」私が包みを取り出すのに気付いて、父はまるでいたずらの現場を見つけられたようなドキマギした表情をうかべた。袋の中身は思いがけないもの、母の小さなお骨壺だった。すでに九月のお彼岸、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%EA%B9%F1%BB%FB">相国寺</a>の新しいお墓に母の納骨は済ましていた。だが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の先祖代々のお墓に納めようと、小さな分骨の壺が吉田の家に置いてあった。一瞬、父は秘かに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のお墓に納骨してしまおうと持ってきたのだろうかと驚いたが、どうもそうではないらしかった。私に見つけられるなんて予想もしてなかった感じだったので、とうとう、どうして、とは尋ねないままになってしまった。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C8%BE%C5%E7">能登半島</a>のあちこちを訪ねながら母の影を感じ、母の声をきいた。まるで、私にとっては、三人の旅のようだった。その小さな包みは、一緒に吉田の家に戻り、結局六年間そのままだった。</p> <p> </p> <p>照りつける日差しのなか、父母の納骨は無事了った。みんなは、墓地から小学校の横の坂道を下り始めた。その時、生前、あんな淋しい処にあるお墓へはいるのはどうも、と言っていた母の言葉が浮んだ。たぶん母も父と一緒なら仕方ないと思うだろう。それに、父は父で、母のほうが自分より先に逝ってしまうなんて、思ってもみなかったことなのだった。だから<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>での納骨はこういう風になった。これでよかったのだろう。<br />         (<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>の四女、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%FE%C5%D4%BB%D4">京都市</a>在住)</p> <p> </p> </blockquote> <p> </p> <p><strong>見附(見月)島の月ー宝立公民館</strong></p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏の「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風光」に出てくる、先生の思い出の地、鵜島・宗玄などは藩政期の村名である。この村々は藩政期初頭頃までより広い「宝立(ほうりゅう)」名を通称にしていた。</p> <p>宝立地区は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%E5%BE%F2%B7%F3%BC%C2">九条兼実</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CC%BE">法名</a>・円照が実質支配した若山荘の中心エリアで、宝<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%A9%BB%B3">立山</a>・黒峰城を擁し、藩政期には「宗玄」「鵜島」「黒丸」「鵜飼」「春日野」などの海岸部、その他計九か村からなっていた。「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風光」に出ている家持の歌は、このエリア鵜飼にある、月の名所・見附島が意識されている(はずである)。</p> <p>長浜の浦に比せられる、月の名所を有する宝立公民館から、3月頃に、見附島の月にまつわる話を依頼されている。</p> <p>メンバーの希望では、私が書いた『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>千代尼』と重ね、「千代尼の月」に関する話を…ということである。</p> <p>その話をそれとなく聞いたのが、昨年10月だった。</p> <p>それから、今日までに「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>」の鵜島・宗玄-宝立、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%FC%CD%D5%BD%B8">万葉集</a>が急浮上したのだ。</p> <p>K子さんは、西谷さんが親戚に交じると、話(議論)ばかりしていて、もう集まると話しーぱなしだった、の印象しかない、と言っていたが、</p> <p>宝立公民館の郷土・歴史・文化を愛する方々は、知人・懐かしい人々が登場人物となって華を添える「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>」話に、どれほど興味を示し、語り合いことになるのだろうかー</p> <p>と、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>千代尼』の著者・私には申し訳ないが、</p> <p>月の宝立は、「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風光」に決まり。</p> <p>さらに、三々五々、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>記念館、宇出津散策も待っている。</p> <p> </p> <p>雪は今も降りしきっているが…、</p> <p>思いは初春だ。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="見附島・見月島・二島とも。2020年、左の島は長年の風・波によって海上部は姿を消した。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210109/20210109141709.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210109141709j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">見附島・見月島・二島とも。2020年、左の島は長年の風・波によって<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%A4%BE%E5">海上</a>部は姿を消した。</figcaption> </figure> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="上山春平氏の黒峰城ー昭和59年12月ー - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2011%2F04%2F18%2F214805" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2011/04/18/214805">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><br /> </p> <p> </p>
  59. 大きい | 気ままな日記 | 2021/01/08 21:13
    今日は大きな カリフラワーの紹介。 こんなに大きなカリフラワーをいただきました。 今まで見たのはせいぜいこの半分以下のものかな。 食べた感じは、ほのかに甘みもあり 非常に美味しかったです。 農家をされてる方にいただいたのですが 感謝です。 ごちそうさまでした。 [画像]
  60. 自分の姿を顧みて、自分の言っていることを信じてもらえる私であると思っているのか(すべての人に突き刺さる問いではあるのだけれど) | ことば こころのはな | 2021/01/08 17:45
    昨日は冷たく強い風が吹いていました。 強風が吹くと畳や廊下はザラザラに。 今日の...
  61. 西谷啓治(先生)の真宗 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/08 11:28
    <p>昨年12月2日<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%E6%BB%D4">堺市</a>の戸次公正さんから『節談説教』23号をいただいた。</p> <p>同氏の「「説教」と私の学びへの回想」に<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏が取り上げられている。</p> <p>西谷氏は私が4年間つとめた宇出<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%B9%E2">津高</a>校のある宇出津の出身で、汽車(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%A4%C6%B0%BC%D6">気動車</a>)で通った宇出津駅から宇出<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%B9%E2">津高</a>校へ行く途中-町の中心部にー子供の頃過ごした家(あと)があり、私が親しくさせて頂いていた、いわば身近な方々に啓治氏の親戚、関係者がおいでになった。</p> <p>昭和54年頃から数年間『能都町史』専門委員だったこともあり、町史の中心者だった小林篤二先生からは「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>」の名をいつも聞いていた。</p> <p>啓治氏は小学校1年の時東京に移るが、1年の時の担任が篤二先生の母・かよ先生だった、という具合である。</p> <p> </p> <p>ただ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>関係の西谷氏については、ようやく、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>著作集」24巻~26巻(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C3%AB%C2%E7%B3%D8">大谷大学</a>講義集)を<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%C5%BD%F1%C5%B9">古書店</a>から購入し終え、書き込みのひどい本にホワイトを塗ったり、消しゴムで消したりし終え、そのうち-と思っていたところに、『節談説教』が届いたのである。</p> <p> </p> <p>と、同時期に、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏の関係者がより身近にいることも分かってきて、年が明けてからは、先生の4女・敏子さんと連絡しあえるまでになっている。</p> <p>「西谷」世界がドンドン広がり、今降っている雪のごとくに次々積もりつつある。</p> <p>切りがないので、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>(先生)の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>」を書いて、</p> <p>引き続き「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>先生のふるさと」を書くことにする。</p> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『節談説教』第23号 令和2年11月刊 「「説教」と私の学びへの回想」(戸次公正)所収"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210107/20210107204304.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210107204304j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『節談説教』第23号 令和2年11月刊 「「説教」と私の学びへの回想」(戸次公正)所収</figcaption> </figure> <p>そこには、次のようなことが書かれている。 </p> <blockquote> <p>以上、述べてきましたように、私(戸次氏)の仏法との遭遇の歩みは、これらの教えを説き語る、「説教」との邂逅でもあります。<br />ここに来て、はじめて、曽我量深師の講話集が、あえて「曽我量深説教集」および「曽我量深説教随聞記」として<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%C2%A2%B4%DB">法蔵館</a>から刊行されていることの意義に思いを致すものであります。とりわけ、『説教集』によせた、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>先生の書いておられる「刊行のことば」には胸をうたれ共感するものがあります。ここにその文を引用しておきます。</p> <p><strong>「曽我量深説教集」刊行のことば</strong><br />私(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>氏)が初めその言葉を西村氏(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%C2%A2%B4%DB">法蔵館</a>主)に言った時、私はそういう歴史的背景のことを失念して、現代の社会で普通に使われているような、そして宗教学や一般宗教史でsermonとかPredigtけとかの訳語にもなっているような、一般の日常語としてそれを使ったのであった。その歴史的事情に気が付いてから、説教という言葉の代りになる言葉を捜したが、なかなか見付からない。「説法」とか「法語」とかは、今では仏教的な術語として残り、過去のものには使えるが、現代人の耳に現代語として昵んだものにはなりにくい。「法談」もそうである。現在よく使われる「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%CF%C3">法話</a>」という言葉も、何となくよそよそしい。堕落する心配もない代りに、活生も欠けているという感じである。どれも西村氏が抱いている説教という言葉への執念を覆すには足りない。結局、思い切って説教という言葉を取り上げたらどうか、ということになった。曽我先生のこの書なら、却って、この言葉にまつわり付いている「業」のようなものからこの言葉を救い出せるような、そういう方向に作用するであろう、この書はそういう力をもっている、と信ぜられるからである。<br />そもそも或る言葉が、長い伝統のなかで人間の手垢によごれ、鼻持ちならぬ人間的な臭みをもってくるのは、それだけその言葉が基本的だからであり、根本語としての力をもっているからである。<br />例えば他力・本願とか極楽・往生という言葉などもそうである。現在、そういう言葉はすべて、それにこびりついている垢を洗い落とし、臭気をはらい去るべきものになっている。それらはすべて、洗い直され清められることを待っている。<br />言葉の清めは、結局、心の清めである。根本語を洗い直す作業は、仏教の心を、また仏教者の心を洗い直すという作業と別ではない。そこに現在の仏教が直面している重大な課題があるのではないか。心の洗い直しがなされない限り、仏教の根本的な言葉のどれ一つとっても、活ける言葉としては使えない。そのことは、仏教にとって、生死に係わる重大なことではないだろうか。<br />大体そういうような感覚のもとに、曽我先生のこの書に敢えて説教集という名が付けられた。この「刊行のことば」はそのことを言わんがためである。<br />昭和五十年十月十六日       <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a><br />*<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>師の「刊行のことば」(『曽我量深説教集』1 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%C2%A2%B4%DB">法蔵館</a>)より </p> </blockquote> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『曽我量深説教集1』 編集 西谷啓治・訓覇信雄・松原祐善、刊行のことば 西谷啓治 昭和50年法蔵館刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210107/20210107205237.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210107205237j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『曽我量深説教集1』 編集 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>・訓覇信雄・松原祐善、刊行のことば <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a> 昭和50年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%A1%C2%A2%B4%DB">法蔵館</a>刊</figcaption> </figure> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『親鸞の世界 鈴木大拙 曽我量深 金子大栄 西谷啓治』昭和39年東本願寺出版部刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210107/20210107210729.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210107210729j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C6%F3%C2">親鸞</a>の世界 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EB%CC%DA%C2%E7%C0%DB">鈴木大拙</a> 曽我量深 金子大栄 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>』昭和39年<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%CB%DC%B4%EA%BB%FB">東本願寺</a>出版部刊</figcaption> </figure> <p>この文に出会い、</p> <p>「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>」がもう少し語られなければならないのでは、と、より思うようになった。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CE%EB%CC%DA%C2%E7%C0%DB">鈴木大拙</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>、</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%C3%AB%B7%BC%BC%A3">西谷啓治</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>、</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>ーなどである。</p> <p> </p>
  62. 席が変わると | 住職雑記 | 2021/01/07 23:00
    新型コロナ感染者、東京で2447人。はー。首都圏4都県を対象に緊急事態宣言が出さ...
  63. ことばは、こころのなかにあるものが芽吹いたもの | ことば こころのはな | 2021/01/07 16:48
    2021年1月7日、東京都の新型コロナウイルス感染者の数が2400人を超えた。 ...
  64. 寒波が来ます | お寺の生活 | 2021/01/07 14:14
    新年のあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。年末年始はひどい雪にもなりませんでしたが、予報では今日から明日にかけて雪❄️。朝方は晴れていましたが昼から雪が降ってきました。たまたまカメラを持っていたので、服に落ちた雪の結晶を撮影...
  65. 「三夜連続法話の会」開催延期のお知らせ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/07 11:40
    「三夜連続法話の会」開催延期のお知らせ  この度、1月19日から21日並びに2月2日から4日の期間、予定していました「三夜連続法話の会 お寺の掲示板より」は、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、...
  66. 宝が生きる場所へ | 住職雑記 | 2021/01/06 23:00
    私がコレクションしていた手品の教本をごっそり友人のマジシャンに譲った。初心者向け...
  67. そんなに急いでどこに行く | ことば こころのはな | 2021/01/06 18:45
    今朝は、冷たい風が吹いていました。 墓地花は、夏の暑い盛りは、見た目で枯れている...
  68. ちいちの華より新年のごあいさつ | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/06 10:49
    ちいちの華より、新年あけましておめでとうございます。今年こそ、良い年でありますように。ちいちの華では仏華講習会の講師派遣、出張立華を承っております。お気軽にご相談ください。 それでは恒例?の会員のお正月の仏華...
  69. 喜寿(きじゅ) | ことば こころのはな | 2021/01/05 17:22
    掲示伝道を45年続けている住職(父)も、77歳を迎えました。 「喜」の字の草書体...
  70. 『法道仙人飛鉢伝説と海の道』『犀星映画日記』 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/05 14:36
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『法道仙人飛鉢伝説と海の道』嶺岡美見著 2020年12月 磐田書院刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210105/20210105065914.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210105065914j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『法道仙人飛鉢伝説と海の道』嶺岡美見著 2020年12月 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C5%C4%BD%F1%B1%A1">岩田書院</a>刊</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="「久里」42号 神戸女子民俗学会 2020年10月刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210105/20210105070403.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210105070403j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">「久里」42号 神戸女子<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>会 2020年10月刊</figcaption> </figure> <p> </p> <p>著者の嶺岡さんとは一面識もないのだが、かつて、田中久夫さんを通して法道関係で一度手紙のやりとりをしたことがあった(はず)。</p> <p>その嶺岡さんから、著書が届いた。</p> <p>一度のいきさつについて、2013年9月19日のブログに<br /><strong>久里25、28、32号(神戸女子<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>会)、御影史学論集31号(御影史学研究会)</strong></p> <p>を書いていた。引用する。</p> <blockquote> <p>今年の7月、この二つの学会を指導なさっている田中久夫先生から、<br />法道仙人のことを書いている若い人がいるので、感想を…<br />の手紙と共に「久里」32が届いた。<br />このように、一人一人に気配りされながら指導なされているのだなァ…の感慨と、<br />そういう先生に学べる教え子の幸せを想像しながら<br />特に法道仙人を調べたこともないので、お送りするものもないのだが、<br />『伝説とロマンの里』の方道仙人(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>では、方道)のところと、<br />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のくにー半島の風土と歴史ー』の「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E6%A1%BC%A5%C8%A5%D4%A5%A2">ユートピア</a>半島ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の風土と地名ー」の部分を、筆者の勤務先にお送りした。<br />その後、その嶺岡美見さんが書かれた論文が載る「久里」2冊と「御影史学論集」が届いた。<br />飛鉢伝承を中心に調べておいでるとのこと。<br />「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C6%B0%BB%B3">石動山</a>の「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A4%A5%EF%A5%B7">イワシ</a>ガ池」ー氷見灘浦の漁師とのことー」「久里」25号<br />「越後柏崎の鰯と飛鉢の法との関わり」「久里」28号<br />「伊予の方道仙人」「久里」32号<br />「空飛ぶ鉢ー浄蔵の飛鉢説話成立背景をめぐって」「御影史学論集」31号<br />ここにあらためて、このことを書いてみて、<br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C7%BD%C5%D0%C4%AE">中能登町</a>の桜井憲弘氏と、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%B9%B8%AB%BB%D4">氷見市</a>の小境卓治氏にお伝えしなければと思ったのと同時に<br />飛鉢伝承を収載(「里人の仰ぐ白き峰」)し、名著と讃えられた『百万石の光と影 新しい地域史の発想と構築』(浅香年木遺稿集第1集、1988年4月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>印刷出版部刊)の浅香年木さんを思い出した。<br />この頃から、地域史という概念が定着しだしたはずだ。</p> </blockquote> <p>昨年、筆者から出版記念会への招待文が届いたが、田中さんの名がなかったので、何かの間違いにして、ほとんど気にもとめないでいた。</p> <p>しかし、こうして高価で内容も濃い本が届いたので、いそいでお祝いを差し上げ、このブログ記事を引っ張りだし、こまかい事情を知った。</p> <p>そこで、一つの疑問がわいた。年齢、研究者つきあいーどこにも接点がなさそうな</p> <p>田中氏と、私がどこで知り合うことになったのか?である。</p> <p> </p> <p>田中氏は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D8%C0%BE%C2%E7%B3%D8">関西大学</a>の方で、史資料・文献を駆使なさる学風で、私の師・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>先生に近いところがあるが、より文献の割合が高い方との認識がある。</p> <p>すごく好きな学問系統のかただ。</p> <p> </p> <p>接点を探して、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%A3%A5%AD%A5%DA%A5%C7%A5%A3%A5%A2">ウィキペディア</a>で「田中久夫」を調べた。<span style="color: #202122; font-family: sans-serif; font-size: 15.104px;"> </span></p> <div id="bodyContent" class="mw-body-content" style="position: relative; z-index: 0; font-size: 15.104px; line-height: 1.6; overflow-wrap: break-word; color: #202122; font-family: sans-serif; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"><a class="mw-jump-link" href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E4%B9%85%E5%A4%AB_(%E6%B0%91%E4%BF%97%E5%AD%A6%E8%80%85)#mw-head" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none; display: block; clip: rect(1px, 1px, 1px, 1px); width: 1px; height: 1px; margin: -1px; border: 0px; padding: 0px; overflow: hidden; position: absolute !important;">ナビゲーションに移動</a><a class="mw-jump-link" href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E4%B9%85%E5%A4%AB_(%E6%B0%91%E4%BF%97%E5%AD%A6%E8%80%85)#searchInput" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none; display: block; clip: rect(1px, 1px, 1px, 1px); width: 1px; height: 1px; margin: -1px; border: 0px; padding: 0px; overflow: hidden; position: absolute !important;">検索に移動</a> <div id="mw-content-text" class="mw-content-ltr" dir="ltr" lang="ja" style="direction: ltr;"> <div class="mw-parser-output"> <p style="margin: 0.5em 0px;"><strong>田中 久夫</strong>(たなか ひさお、<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/1934%E5%B9%B4" title="1934年" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">1934年</a>(<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C" title="昭和" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">昭和</a>9年) - )は、日本の<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%BF%97%E5%AD%A6" title="民俗学" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">民俗学</a>・<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2" class="mw-redirect mw-disambig" title="日本史" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">日本史学者</a>、<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E5%AD%A6" title="神戸女子大学" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">神戸女子大学</a><a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%95%99%E6%8E%88" title="名誉教授" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">名誉教授</a>。御影史学研究会代表。</p> <p style="margin: 0.5em 0px;">1961年<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E5%AD%A6" title="関西大学" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">関西大学</a><a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%83%A8" title="文学部" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">文学部</a>史学科卒、64年同<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2" title="大学院" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">大学院</a>博士課程満期退学。1989年「祖先祭祀の研究」で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%D8%C0%BE%C2%E7%B3%D8">関西大学</a><a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E5%A3%AB" class="mw-redirect" title="文学博士" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">文学博士</a>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%B8%CD%BD%F7%BB%D2%C2%E7%B3%D8">神戸女子大学</a><a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%86%E6%95%99%E6%8E%88" title="准教授" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">助教授</a>、<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E6%8E%88" title="教授" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">教授</a>、2005年退任、名誉教授。</p> <p style="margin: 0.5em 0px;"><span style="font-size: 15.104px;">著書</span></p> <ul style="list-style-image: url('/w/skins/Vector/resources/skins.vector.styles/images/bullet-icon.svg?d4515'); margin: 0.3em 0px 0px 1.6em; padding: 0px;"> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『祖先祭祀の研究』<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E6%96%87%E5%A0%82" title="弘文堂" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">弘文堂</a> 日本<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>研究叢書、1978</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『年中行事と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%B4%D6%BF%AE%B6%C4">民間信仰</a>』弘文堂、1985</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『仏教民俗と祖先祭祀』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%C0%B8%CD%BD%F7%BB%D2%C2%E7%B3%D8">神戸女子大学</a>東西文化研究所、1986</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『金銀島日本』弘文堂 シリーズ・にっぽん草子、1988</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;"><strong>『<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E8%94%B5%E8%8F%A9%E8%96%A9" title="地蔵菩薩" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">地蔵信仰</a>と民俗』木耳社 オリエントブックス、1989</strong></li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%8F%E7%A5%9E" title="氏神" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">氏神</a>信仰と祖先祭祀』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%BE%C3%F8%BD%D0%C8%C7">名著出版</a> 御影史学研究会・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>叢書、1991</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『地蔵信仰と民俗』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C5%C4%BD%F1%B1%A1">岩田書院</a>、1995</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『金銀銅鉄伝承と歴史の道』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C5%C4%BD%F1%B1%A1">岩田書院</a> 御影史学研究会<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>叢書、1996 </li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『祖先祭祀の展開 日本<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>の課題』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%B6%CA%B8%C6%B2%BD%D0%C8%C7">清文堂出版</a>、1999</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『田中久夫歴史<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>論集』御影史学研究会編 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%E4%C5%C4%BD%F1%B1%A1">岩田書院</a></li> </ul> <dl style="margin-top: 0.2em; margin-bottom: 0.5em;"> <dd style="margin-left: 1.6em; margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column; break-before: avoid-column; margin-right: 0px;">1 皇后・女帝と神仏、2012</dd> <dd style="margin-left: 1.6em; margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column; break-before: avoid-column; margin-right: 0px;">2 海の豪族と湊と、2012</dd> <dd style="margin-left: 1.6em; margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column; break-before: avoid-column; margin-right: 0px;">3 山の信仰、2013</dd> <dd style="margin-left: 1.6em; margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column; break-before: avoid-column; margin-right: 0px;">4 生死の民俗と怨霊 2014</dd> <dd style="margin-left: 1.6em; margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column; break-before: avoid-column; margin-right: 0px;">5 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%A2%CD%DB%BB%D5">陰陽師</a>と俗信 2014</dd> </dl> <h3 style="color: #000000; margin: 0.3em 0px 0px; padding-top: 0.5em; padding-bottom: 0px; overflow: hidden; font-size: 1.2em; line-height: 1.6; font-weight: bold;"><span id=".E5.85.B1.E7.B7.A8"></span><span id="共編" class="mw-headline">共編</span><span class="mw-editsection" style="font-family: sans-serif; user-select: none; font-size: small; font-weight: normal; margin-left: 1em; vertical-align: baseline; line-height: 1em; unicode-bidi: isolate;"><span class="mw-editsection-bracket" style="margin-right: 0.25em; color: #54595d;">[</span><a href="https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%94%B0%E4%B8%AD%E4%B9%85%E5%A4%AB_(%E6%B0%91%E4%BF%97%E5%AD%A6%E8%80%85)&amp;action=edit&amp;section=3&amp;editintro=Template:BLP_editintro" title="節を編集: 共編" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none; white-space: nowrap;">編集</a><span class="mw-editsection-bracket" style="margin-left: 0.25em; color: #54595d;">]</span></span></h3> <ul style="list-style-image: url('/w/skins/Vector/resources/skins.vector.styles/images/bullet-icon.svg?d4515'); margin: 0.3em 0px 0px 1.6em; padding: 0px;"> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『祖先祭祀の歴史と民俗』編 弘文堂入門双書、1986</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E6%98%8E%E7%8E%8B" title="不動明王" style="text-decoration: none; color: #0b0080; background: none;">不動信仰</a>』編 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BA%BB%B3%B3%D5%BD%D0%C8%C7">雄山閣出版</a> 民衆宗教史叢書、1993</li> <li style="margin-bottom: 0.1em; break-inside: avoid-column;">『大都市の中の農村 神戸市西区櫨谷町の歴史と民俗』<a href="https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%BA%84%E4%B8%80&amp;action=edit&amp;redlink=1" class="new" title="小林庄一 (存在しないページ)" style="text-decoration: none; color: #a55858; background: none;">小林庄一</a>、<a href="https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%8C%97%E5%9E%A3%E8%81%A1%E4%B8%80%E9%83%8E&amp;action=edit&amp;redlink=1" class="new" title="北垣聡一郎 (存在しないページ)" style="text-decoration: none; color: #a55858; background: none;">北垣聡一郎</a>共編 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%C2%C0%F4%BD%F1%B1%A1">和泉書院</a>、1994 </li> </ul> </div> </div> </div> <p> </p> <p>この日のブログにはほかの本紹介もしていて、ここに引用したのは、その一部である。</p> <p> </p> <p>接点が見えた。ゴシックにした『地蔵信仰と民俗』(オリエントブックス)があって、私はその翌年、すなわち1990年に同じオリエントブックスシリーズで『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>行事』を出させていただいている。</p> <p>当時は飯田高校の教員で、翌年退職することになるとは夢にも思っていない頃だった。住職になってからは予定を立てにくい暮らしとなり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%CC%B1%C2%AF%B3%D8%B2%F1">日本民俗学会</a>年会にも顔を出すことがなくなったと記憶しているのだが、確か、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼資料館館長に就いていた頃、一度田中さんが訪ねてこられたはずだ。</p> <p>そして、8年後に職を辞退したとき、先生は民俗の拠点が一つ失われ残念だ、とおっしゃった。不思議な反応だったので、記憶に残っている。</p> <p> </p> <p>今年も賀状が届き、『法道仙人飛鉢伝説と海の道』をよろしくと書いてあり、「うまいのが書けました」と書き込んでおいでる。</p> <p>お元気なのだ。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>を発信することを目的にこのブログを始めた2005年11月、</p> <p>その20年前(1985・昭和60年6月)に我が家に泊まられ、狼煙の先端で「海の修験研究は100年かかりますよー」とおっしゃって行かれた<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE%CD%E8%BD%C5">五来重</a>先生の言葉を忘れないようにとタイトルに、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の海伏・山伏、さらに海山節も含めて「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のうみやまブシ」にしたいきさつがある。</p> <p>空飛ぶ法道から泰澄・伏行者の修験者・海の道へとつながるこの本の世界は、</p> <p>私にとっても興味津々のテーマなのだが</p> <p>今の私は、35年前の私とはすっかり変わり、</p> <p>足下だけを見ていこうとしている。</p> <p> </p> <p>小さな物語に結びつきそうな、本が届いた。</p> <p> </p> <p><strong>『犀星映画日記』</strong></p> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『犀星映画日記』室生洲々子編 発行者・勝井隆則 2020年10月亀鳴屋刊"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210105/20210105142501.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210105142501j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『犀星映画日記』室生洲々子編 発行者・勝井隆則 2020年10月亀鳴屋刊</figcaption> </figure> <p> すてきな本を次々出しておられる「亀鳴屋」から、またしても楽しい本が出版された。</p> <p>社長の勝井さんから。</p> <p>室生洲々子氏は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%BC%C0%B8%BA%D4%C0%B1%B5%AD%C7%B0%B4%DB">室生犀星記念館</a>名誉館長。</p>
  71. 掲示板のことばアーカイブズ(44) | ことば こころのはな | 2021/01/04 20:43
    西蓮寺の掲示板伝道は、住職(父)が1977年3月から始めました。掲示板の字は、今...
  72. 数え日のころ | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/04 05:48
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="2020年12月25日"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210104/20210104043248.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210104043248j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">2020年12月25日</figcaption> </figure> <p>『とも同行の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化』を送った友だち・知人の数人に、このような読み方をしてくれたかたがいるよー、と11月26日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%D9%BB%B3%BF%B7%CA%B9">富山新聞</a>、12月10日の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>などの記事を送った。</p> <p>その返事。</p> <p>太田さん(学生時代の姓で書く)は、小堀たちとひたすら書道室で墨をするか書いていた。</p> <p>それが、今、この字だ。</p> <p>住職として、字を書かなくてはならないときがある。想像できない世界だが、色紙を頼まれたこともある。</p> <p>-字は個性ーといいわけをいいつつ書く。</p> <p>小堀は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%CB%D9%B1%F3%BD%A3">小堀遠州</a>の子孫で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%A2%B2%EC%B8%A9">滋賀県</a>で<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%F3%BD%A3">遠州</a>ゆかりの寺庵を守っている。</p> <p> 書が 身体になっている存在が 知り合いにいる尊さを思う。</p> <p>まさに歌仙の書だ。</p> <p> </p> <p>大学祭のシンポの折、会場にいて,何か納得できず、共通語と方言について発言したことがあった。</p> <p>その後、シンポを企画してた一人だったはずの野村さんが、寄ってきて「方言にこんなに深い問題意識を持っている人がいるなんて…」のようなことを言った。</p> <p>文集に一文を書いたときも、そこまで見抜けるの?と,驚く感想を言った。</p> <p>それから50年、『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%AF%B9%A5%BF%CD">妙好人</a>千代尼』を送ったとき、読み込み抜いた感想を送ってくれた。</p> <p>思索し尽くしたような内容でありながら、日常そのままが深い感性世界をお持ちのようなのである。</p> <p>50年ぶりに静岡を訪ねたとき、無理をお願いして,野村さんに沼津を案内してもらった。いっぺんに沼津が好きになった。</p> <p>今度も</p> <p>「今の時代、民族文化を継承し、みつめ直していくことが、とても大事なことだと思います。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%C5%B7">南天</a>と千両の実が庭を彩っています。」とあって、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%EE%C5%B7">南天</a>の写真絵はがきをいただいた。</p> <p> </p> <p>宮城島さんは一筆箋一枚ごとに、綺麗で強い字でひとつづつのまとまりを書いてくださる。わかりやすさ典型の一つだ、と思えるようになってきた。</p> <p> </p> <p>太田さんたちが書にいそしんでいた頃、こちらは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%E0%B9%C5%BC%B0%CC%EE%B5%E5">準硬式野球</a>、グリー、ギター弾き語り、バイト、なによりも138単位で卒業できるのに180単位近く習得したくらい、勉学・読書にいそしんでいた(ことにしておこう)。自分を主人にする思い出は、降る雪や小鳥の声、渡る風などに乗って、美しく変化する。</p> <p> </p> <p>※ここでタイトルをどうしようか考えた。はがきの宛名面、彼女の名の上に「数えびのころ」とある。???だ。ひよっとしたら「数え句」?</p> <p>などと思いながら調べるとみつかった。</p> <p>「数え日」<span style="color: #000000; font-family: Arial, 'Hiragino Kaku Gothic ProN', sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">今年もあといく日と、指折り数えるほど暮れが押し詰まること。また、その押し詰まった日。《季 冬》「―の欠かしもならぬ義理ひとつ/風生。</span></p> <p> </p> <p> </p>
  73. 2021(令和3)年元旦 光景 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2021/01/03 17:22
    <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="元旦 午前5時20分 "> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210103/20210103162425.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210103162425j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"> <p>元旦 午前5時20分の様子。5時間前には左の鐘撞き堂で親子が,特に子供たちが</p> <p>撞きに来た。それぞれの家族で間を取り、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%C7%BC%EA">素手</a>の人には、使い捨てのビニール手袋を渡してコロナ対策を取った。雪が降る中、手袋なしの子が多く、元気だなァーといたく感心した。ビニール手袋に手が入らずに困っている子、撞き方もわからない子にとって、吹雪の中での、もう<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%F1%B9%D4%B6%EC%B9%D4">難行苦行</a>の体だった。 </p> </figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="6時15分 蓬莱飾り 広間"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210103/20210103162946.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210103162946j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">6時15分 蓬莱飾り 広間</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="岩田崇さんからいただいた灯り 本式台 6時20分"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210103/20210103165712.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210103165712j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">岩田崇さんからいただいた灯り 本式台 6時20分</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="本堂荘厳 6時20分"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210103/20210103170305.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210103170305j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">本堂荘厳 6時20分</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="お内仏 文明14年 前ご本尊・厨子"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210103/20210103170452.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210103170452j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">お内仏 文明14年 前ご本尊・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%DF%BB%D2">厨子</a></figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="まもなくお昼。昔取った杵柄"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210103/20210103170704.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210103170704j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">まもなくお昼。昔取った杵柄</figcaption> </figure> <p>久しぶりの元旦の雪。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="今年は、3日に飯田町太子講をこの上の二間を使って行うので、飾りは早めに座敷に移動。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210103/20210103170932.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210103170932j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">今年は、3日に飯田町太子講をこの上の二間を使って行うので、飾りは早めに座敷に移動。</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="茶の間"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20210103/20210103171707.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20210103171707j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">茶の間</figcaption> </figure> <p> </p>
  74. 尊敬と関係 | 遊煩悩林 | 2021/01/03 12:26
    <p style="padding-left: 40px;">天上天下唯我独尊</p> <p>言わずと知れたお釈迦さまの誕生の意義を言い表したことばです。</p> <p>例年の半分ほどの”煩悩”を除夜の鐘の音に数えながら1日の早朝にブログアップしました。</p> <p>今年を生きる我自身の讃題として年賀に掲げさせていただきました。</p> <p>毎年このフォーマットで年賀状を作っているのですが、ご門徒からいただいた今年のお年賀に</p> <p style="padding-left: 40px;">「昨年いただいたお年賀を虫眼鏡で読み直しています」</p> <p>と添書きしてくださった方がおられた。</p> <p>紙ベースの年賀も読みづらいですが、このブログの画像も読みにくいかと。</p> <p>讃題の傍に、この言葉をチョイスした自身のモチベーションを記しています。</p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">「天の上にも天の下にも、ただ我ひとりとして尊し」</p> <p style="padding-left: 40px;">あらゆる時と場所を超えて、誰とも代わることのない独立存在としての我。</p> <p style="padding-left: 40px;">(その)我と我の断ち難き縁を、ともに如来の大悲に抱かれて生きる我ら。</p> <p style="padding-left: 40px;">我だけでない我らが、互いに尊敬し合う関係において我が尊い。</p> <p> </p> <p>「今だけ金だけ自分だけ」の世において「唯我独尊」の誤用・語弊は数多。</p> <p>上記も勝手な自釈です。</p> <p>が、何か私自身、見失っているなと。「我が尊い」とは何をもって尊いのか。</p> <p>「関係」ということを見失ってきたと。</p> <p>時下、「本年をもちまして年賀状を最後とさせていただきます」という添え書きもしばしば。</p> <p>あるいは、訃報なき喪中はがき・・・。</p> <p>思い知らさせるのは、関係の希薄化、関係の断絶。</p> <p>”かけがえのないご縁”と言いながら、そのご縁を私自身バッサバッサと切っていると指摘されているようだ。</p> <p>「コロナ禍、くれぐれもご自愛を」のメッセージもたくさんいただいた。</p> <p>”自愛”は”唯我独尊”に通じるのかどうか。</p> <p>どんな”自”であれば愛でることが叶うのか。</p> <p>どこかのお寺の掲示板に</p> <p style="padding-left: 40px;">差別の対義語を尊敬という</p> <p>とあった。</p> <p>「尊敬」と「関係」</p> <p>今年のモチベーション。つまりそれを大事にしてこなかった”これまで”であったということだ。</p>
  75. 謹賀新年 | お気楽極楽日記 | 2021/01/02 16:13
    明けましておめでとうございます。今年は、新型コロナウィルスの感染拡大がとまらず、自坊の修正会も中止。参詣の皆さんと一緒におつとめすることは叶わず、自由にお参りくださいという形を取りました。例年ならビンゴ大会で盛り上がり、本堂も熱気ムンムンになるのですが、寂しいかぎりです。それでも、お参りに来てくださる方もあり、ありがたいことでした。早く収束してほしいものです。
  76. 2021年1月 | 慶運山 長源寺 | 2021/01/01 09:00
    自分の考えたとおりに生きなければならない。 そうでないと、自分が生きたとおりに考えてしまう。 ポール・ブールジェ(仏・小説家)    昨年の今頃、コロナはまだまだ海外の話でした。ところがあっと言う間に感染拡大。 […]
  77. 光寿無量 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2021/01/01 08:00
    新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。 昨日の歳暮勤行より年をまたいで定願寺の令和3年がはじまりました。 本日、明日と8時より午後2時まで定願寺本堂をあけておきますので法要にお参りできな … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2021/01/01/%e5%85%89%e5%af%bf%e7%84%a1%e9%87%8f/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  78. 天上天下唯我独尊 | 遊煩悩林 | 2021/01/01 00:01
    <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/30/44/20ca78f4888484cf9c9b96a19f2f3f0c.png" /></p> <p style="text-align: center;"> </p> <p style="text-align: center;"> </p>
  79. 年頭のご挨拶 2021年 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2021/01/01 00:00
    慶讃法要を勝縁に念仏申す在り方を あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。 さて、昨年はコロナウイルスによって、教区及び別院の教化事業が滞ることになり、皆様には大変ご迷惑をお掛けし、...
  80. 修正会 | お寺の生活 | 2020/12/31 18:01
    深夜0時30分から、修正会のお勤めがあります。足元が悪く寒いですので、気をつけてお参りください
  81. 『浄土和讃』講義録 (全1巻)を発刊 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/30 12:48
    2020年12月10日、大阪教区准堂衆会(吉川知徳会長)では、藤井善隆師(大阪教区第2組 即応寺前住職)の講義録『高僧和讃 三』(道綽禅師・善導大師編)を発刊しました。(B5版 142頁) 准堂衆会では、会員...
  82. 『高僧和讃』講義録③を発刊 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/30 12:01
    2020年12月10日、大阪教区准堂衆会(吉川知徳会長)では、延塚知道師の講義録『高僧和讃 三』(道綽禅師・善導大師編)を発刊しました。(B5版 126頁) 当会では2009年から2013年にかけて研修会を開...
  83. 年末年始について | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2020/12/29 19:12
    いよいよ2020年も残りわずかとなってきました。 定願寺の年末年始及び6日以降の月参りは以下の通りです。 12月30日 法務休暇 12月31日 歳末勤行 午後11時45分より 1月 1日 修正会 午前11時より 午後2時 … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2020/12/29/%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e5%b9%b4%e5%a7%8b%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  84. あゆみ通信 VOL.143 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/28 13:19
    あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/細川 克彦 会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第143号(2021年1月1日号)が発行されました。 【第1面】 ▼新年のごあいさつ あゆみの会...
  85. なかにし礼氏ー坂下喜久次氏 思い出 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/12/27 03:20
    <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201227/20201227040755.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201227040755j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p>        ※<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/VAIO">VAIO</a>デスクトップ(後継機種なし)から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/LAVIE">LAVIE</a>に買い換えたら、うまくできないことがある。写真を小さくすることもその一つ。</p> <p> </p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CA%A4%AB%A4%CB%A4%B7%CE%E9">なかにし礼</a>(本名・中西礼三)氏(82歳)がご逝去なさり、今日の新聞に大きく報じられている。</p> <p>礼氏のご両親が石川県出身だと知ったのは20年数年前のことである。</p> <p>私が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>焼資料館の館長についたのは49歳の時だった。</p> <p>その時、最も親しくしていた新聞社の砺波さんがサプライズやな、と言った後、今度はこっちがサプライズや、と口にした。</p> <p>2ヶ月後、彼は新聞社系列のテレビ局の専務か何かになった。</p> <p>ひっくり返るくらい驚いた。</p> <p>記者時代の人脈、取材力を生かし、しっかりした番組を作って行ったが、その一つに</p> <p>八尾を舞台にした「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C9%F7%A4%CE%CB%DF%CE%F8%B2%CE">風の盆恋歌</a>」があった。</p> <p>この題名での高橋治の小説があり、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CA%A4%AB%A4%CB%A4%B7%CE%E9">なかにし礼</a>作詞・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%D0%C0%EE%A4%B5%A4%E6%A4%EA">石川さゆり</a>の歌<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%D8%B6%CA">謡曲</a>がある。</p> <p>その頃は、テレビを全く見ない時期だったが、たぶん連絡があって、風の恋盆歌の舞台である八尾や、作品の背景を訪ねる番組を見た。</p> <p>いい作品だった。</p> <p>そこに、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CA%A4%AB%A4%CB%A4%B7%CE%E9">なかにし礼</a>の父が小松、母が恋路出身だと紹介されていたのである。</p> <p>北海道関係者は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%BE%BA%B9">江差</a>の7割が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>から出向いた人々で、故郷を訪ねる機運が盛り上がっていたときで、当寺のご<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>も<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%A2%B4%DB">箱館</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BA%AC%BC%BC">根室</a>・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%BE%BA%B9">江差</a>などへ多くの方々が出向いている。「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%BE%C1%B0">松前</a>行き」という言葉があるくらいで、</p> <p>高橋掬太郎と組んで「啼くな小鳩よ」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%AC%C0%B2%C9%D7">岡晴夫</a>)、「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%B3%A4%B3%A4%CB%B9%AC%A4%A2%A4%EA">ここに幸あり</a>」(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%C4%C5%C8%FE%BB%D2">大津美子</a>)、奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>ブルース(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E7%B7%EE%A4%DF%A4%E4%A4%B3">大月みやこ</a>)を作曲した飯田三郎もテイチクレコード会社の記録では、当地・飯田の出身で、それで、飯田姓を名乗っていると聞いた。</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CA%A4%AB%A4%CB%A4%B7%CE%E9">なかにし礼</a>もかァー、との感慨と、「今日でお別れ」「知りすぎたのね」などの好きな曲があたまをよぎったのだろうが、それはそこまでだった。</p> <p> </p> <p>のち、内浦町の歴史家・坂下喜久次さんや方言研究家の馬場宏さんたちと親しくさせていただく中で、坂下さんが<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CA%A4%AB%A4%CB%A4%B7%CE%E9">なかにし礼</a>のいとこだと知るに及んで、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CA%A4%AB%A4%CB%A4%B7%CE%E9">なかにし礼</a>が急に身近な方となり、あったことも見たこともない「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CA%A4%AB%A4%CB%A4%B7%CE%E9">なかにし礼</a>」を、坂下さんのお顔やお仕事から想像するようになった。</p> <p>その坂下さんに関するかつてのブログ記事を再掲する。</p> <p> </p> <p><strong>2006-02-21の記事</strong><br /><strong>坂下喜久次氏著『七尾城と小丸山城ー<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の中世<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%EF%B9%F1%BB%CB">戦国史</a>ー』</strong><br />昨年(2005年)の10月2日、坂下喜久次さん夫妻がヒョイと、まさにヒョイという感じでお越しになった。<br />前日、飯田町で「おわら」の町流しがあり、そこに奥さんが参加されておられたようで、夜遅くなったので三味線を置いて行かれた。<br />それを取りに来られたというのが、表向き。</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="『七尾城と小丸山城』北國新聞社"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201226/20201226164709.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201226164709j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">『七尾城と小丸山城』<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a></figcaption> </figure> <p>このような本を出しました。と、くださった。</p> <p>エエエ…!!!、という感じだった。<br />こういう本があればいいなァと思っていた、まさにそんな本。<br />望んでも、現実に出来ることはないだろうと思っていた内容で、<br />基本史料がキシッと収められている820p余の大著。</p> <p>帯には<br />「1600点の史料が映し出す中世<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の”真実”」。<br />後書きには、松浦五郎氏と意見の一致を見、大林昇太郎氏の『七尾町旧話』に意を強くした、と書いておられる。<br />地道に着実に仕事をなさった方々の名を挙げ、<br />帯に”真実”とお書きになった。<br />そこに、坂下さんの万感の思い、長年の御苦労が込められている。</p> <p><strong>推薦文・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%D6%CC%EE%C1%B1%C9%A7">網野善彦</a>先生</strong><br /><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%D6%CC%EE%C1%B1%C9%A7">網野善彦</a>先生は、推薦文に<br />「近年、各地で地域学の確立・発展が盛んに強調されている事実の物語る通り、<br />それぞれの地域の個性・特質を生み出した歴史を正確に認識することこそ、現代を誤りなく生きるために不可欠であることが、広く世の共通した理解となりつつある。<br />本書は<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>に即して、この課題に正面から応えた文字通りの労作であり、<br />この地に生まれ育ったすぐれた教育者坂下喜久次氏が長年にわたって力を注いでこられた、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の中世に関する調査・研究のすべてのまとめ、結晶ともいうべき大著である。」<br />そして「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>を愛し、その生活の隅々までを大切にして、細部にわたり調べ抜いてこられた坂下氏ならではなし得ない研究成果であり、余人のたやすく及び難い、本書の重要な特質ということができよう」と絶賛されている。<br />まさに<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>を愛した希有の才能が一つになり、結晶となった推薦文だと思った。</p> <p>この推薦文は平成14年1月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>にお書きになっている。<br />先生は、平成16年2月27日にお亡くなりになられた。<br />そして、この本は平成17年9月に発刊されたのである。</p> <p><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/04/23/112355">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <h2 class="entry-title" style="overflow-wrap: break-word; word-break: break-all; font-size: 17px; margin: 0px 0px 2px; line-height: 1.3; max-height: 47px; overflow: hidden; display: -webkit-box; -webkit-box-orient: vertical; -webkit-line-clamp: 2; color: #000000; font-family: -apple-system, BlinkMacSystemFont, 'Segoe UI', Helvetica, Arial, sans-serif; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2019/04/23/112355" target="_blank" style="overflow-wrap: break-word; word-break: break-all; outline: 0px; color: #3d4245; text-decoration: underline;">FB 2月9日(土)より   春のあえのこと</a></h2> <p> 12月21日</p> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>宮犬の坂下喜久次さん宅を訪ねて、<br />『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%B9%F1">能登国</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>のたび』をお渡ししてきた。</p> <p>突然、お訪ねしたにもかかわらず、<br />上がっていけとおっしゃるので、おじゃました。<br />どんな環境の中で、あの大作、労作が生まれたのかを見たかった。<br />この家で『七尾城と小丸山城』が出来上がったのだ、<br />と感じるだけで胸が高鳴った。</p> <p>毎日午前2時まで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EF%A1%BC%A5%D7%A5%ED">ワープロ</a>を打ち通しだった、<br />と坂下先生は語られた。<br />近くの<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%EF%F0%D5">弥勒</a>院のご住職は、<br />一晩中明かりがついていた、とおっしゃっていた。</p> <p><strong>坂下順一郎さんの願い</strong><br />心血を注がれた本が出来上がるまでに、<br />悲しい出来事があった。<br />坂下先生には、<br />御息子の小木小教諭・順一郎先生が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EF%A1%BC%A5%D7%A5%ED">ワープロ</a>を教え、<br />また大著の早い完成をめざして<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EF%A1%BC%A5%D7%A5%ED">ワープロ</a>打ちを手伝っておられた。</p> <p>網野先生の推薦文が出来てから1年と10ヶ月、<br />平成15年11月22日、<br />タイヤの目のないトラックが猛スピードでセンターラインをオーバーし3台の車にぶつかった。<br />その被害にあった1台が順一郎先生の車だった。<br />51才。<br />奥さんと4人のお子さんと、喜久次先生、お母さんを残して、<br />順一郎先生は還って逝かれた。</p> <p>あとがきにこう書いておられる。<br />「(息子・順一郎は)トラックに衝突される交通事故に遭い、残念無念急死しました。<br />生前賜りました御恩情に感謝を致し深く御礼を申し上げるものです。」</p> <p>もう、涙で書けないのだが…もうちょっと…<br />2月1日、免許書の書き換えで<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>署へ行ってきた。<br />その時「車社会に生きよう」と題する文集をいただいた。</p> <p>そこに「息子坂下順一郎の死」と題する喜久次先生の文があった。<br />「息子の妻が『あんたどうしたが』と尋ねると、<br />『俺は正しく運転し走っていたが、トラックがセンターラインをオーバーしてぶつかってきた、腹が痛く残念だ』<br />と苦しそうに答えた。<br />『でも手術をすれば大丈夫。なおるから頑張ってね』の励ましに、<br />『うん、がんばる』の一声を残して手術に向かった。<br />これが夫婦の今生の別れとなった。」</p> <p>「妻は息子の4人の子供を枕元に寄せ<br />『お父さん、子供が来ているよ』と声を振り絞り、<br />みんなで呼ぶと本人は目を開けようとしてか、<br />まぶたをビリビリと動かした。</p> <p>『お父さんが何か言っている』と妻が叫んだ。<br />すでに心肺停止した状態だが最後の別れを告げる奇跡を起こしたように思えた。」</p> <p>※(2020年12月27日追加 </p> <p>順一郎さんは<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%B1%BB%D6%BC%D2%C2%E7">同志社大</a>卒業で、グリーメンなら誰もがあこがれる<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%B1%BB%D6%BC%D2%C2%E7">同志社大</a><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>に入っていた。</p> <p>演奏旅行で学校などを回ったときなど、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%EC%B3%A4%CE%D3%C2%C0%CF%BA">東海林太郎</a>のまねをなさって人気があったという。この話は、順一郎氏を偲ぶ<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%E9%A5%D6">グリークラブ</a>の紀要か何かで見たのだが、それがなんだったのかもう思い出すことができない。</p> <p>喜久次先生は2009年(平成21年)に亡くなられた。</p> <p>先生亡き後、何か出版した書籍を持って坂下家を訪ねたことがある。</p> <p>その時順一郎夫人と話す機会があり、そこで夫人は私の宇出<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%C5%B9%E2">津高</a>校時代の教え子だと知った。</p> <p>話が前後するが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BB%B0%BD%BD%BB%B0%B4%D1%B2%BB">三十三観音</a>の旅を持参して先生をたずねた折に、この部屋に○○ちゃん(令氏のこと)関係(色紙など)が置いてあるとおっしゃった。</p> <p>その時は、勉強部屋を見たかったので、話題がどんどんそれそうなこともあって部屋をのぞかなかったような気がする。今なら、一等先にその部屋に入るだろうに…などなど。</p> <p>月日は人を変える。</p> <p>ここで本文に戻り、</p> <p> </p> <p>網野先生の序から3年6ヶ月。<br />74才から<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EF%A1%BC%A5%D7%A5%ED">ワープロ</a>を打ち続けた坂下先生、<br />一人一人の願いが籠もった金字塔となる書物が世に出た。</p> <p> </p> <p> </p> <p>今日は、多くの地域で「あえのこと」が行われる。かつて、農家では、名ばかりであってもほとんどが意識していたが、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%E7%C5%CC">門徒</a>宅のように、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%F3%B2%B8%B9%D6">報恩講</a>や斎(とき)始めがなく、また、親作が<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%BA%EE%BF%CD">小作人</a>と労働契約を結ぶ行事でもあるので(本来、こちらが重要だった)、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>以外の農家に、しっかりした形で残ってきた行事である。<br /> 昨日の8日(「こと八日」)は像法期の主仏・<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%F4%BB%D5%C7%A1%CD%E8">薬師如来</a>の縁日で、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%B8%C0">真言</a>檀家などは、仏事を営み今日を迎える。松も8日に山から求めてきたはず。<br />かつて書いた新聞記事で、今日の行事の一端を考える。<br />「舞台」2008年(平成20年)9月27日(金)</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="舞台2008年平成20年9月27日"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201226/20201226170455.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201226170455j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">舞台2008年平成20年9月27日</figcaption> </figure> <p><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>夕刊記事。「あえのこと」「あいのこと」<br />[本文]<br />多くの方言資料を残した馬場宏さんが、<br />「あえのこと」をあいのことだ、とおっしゃたことがある。<br />実証的研究で定評のある坂下喜久次さんも「あいのこと」だとおっしゃっている。<br /> 今年の北陸三県<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B1%C2%AF%B3%D8">民俗学</a>会の共通テーマーが田の神に関連し、発表の機会が与えられたので、それを機に、あらためて「あえ」「あい」の流れをたどってみた。<br /> 昭和五十一年に「奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>のあえのこと」として国の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%C5%CD%D7%CC%B5%B7%C1%CC%B1%C2%AF%CA%B8%B2%BD%BA%E2">重要無形民俗文化財</a>に選ばれ、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E6%A5%CD%A5%B9%A5%B3">ユネスコ</a>無形民俗遺産登録も視野に入れているこの行事は、『七浦村志』(大正十年間)に「田の神様」として紹介されたのが初出である。<br />その二年後に刊行された『石川県鳳至郡誌』には「あえのこと」(大屋村)が載った、<br />[※西山註:「あえのことは間の事の転訛にして、秋季祭と正月の中間に行はるゝが故に名づく」とある。北陸はイとエの区別がはっきりしない4母音地帯と言われている。]<br />また行事の詳しい様子をはじめて全国に紹介した小寺廉吉さんは、「アイノコト」を用いておられる。<br />ところが『農村分類語彙』(昭和二十二年刊)にはじまる民俗辞典類は、すべて「あえのこと」が見出しとなっており、「あえ」を饗応(きようおう)の「饗(あえ)」であると説明する。<br />[※註:このことを決めたメンバーの1人から聞いた話では、その方は「<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%BE%A8%BA%D7">新嘗祭</a>研究会?」にも所属しており、そのメンバーが話し合って、「嘗」の字を当てることにしたのだという。]<br /> 一方の「あい」は、収穫祭と正月という大きな行事の「間(あい)」、神々の「会い」、実りをもたらす「アイ」の風が吹いて欲しいという願いをこめてなど、多様ないわれと共に伝承されていた。<br /> 説明しやすい、「饗(あえ)」が研究者によって選ばれ定着したのだが、その名の奥に、多くの人びとの願い・報謝の思いを込めた言葉がある。そのことを心れず語り伝えていきたい。(<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7%BB%D4">珠洲市</a>)<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>(にしやまさとし)加能民俗の会副会長</p> <p> </p> <p> 馬場さんは、80歳を過ぎても原付バイクで、あちこちに調査にでかけられ、相当高齢になっても泉丘高校<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%EA%BB%FE%C0%A9">定時制</a>生徒だった。汽車に乗り合わせたとき、学割をお見せになり、これで方言調査に出かけるのだ、と楽しそうに話されていた。<br /><strong>作詞・作家<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CA%A4%AB%A4%CB%A4%B7%CE%E9">なかにし礼</a>氏</strong>の母は、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0%C4%AE">能登町</a>恋路・坂下家の出。</p> <p>坂下喜久次さんは、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CA%A4%AB%A4%CB%A4%B7%CE%E9">なかにし礼</a>氏と従兄弟。研究・調査・執筆の合間に披露なさる三味線・民謡がお上手だった。ご夫婦で礼氏を○○ちゃんと呼んでおられたが、文才に音楽。似るものだと思っていた。</p>
  86. routine | 遊煩悩林 | 2020/12/26 13:26
    <p style="padding-left: 40px;">「伝統」と「因習」について考えると、表面的に見ればさほど違いがないものと見えます</p> <p style="padding-left: 40px;">が、伝統はその意味を問うもの、因習は意味を問うことなく習わしやしきたりとして行う</p> <p style="padding-left: 40px;">もので、同じ法要であっても全く違うものとなります。そういう意味でコロナは私たちに、</p> <p style="padding-left: 40px;">伝統としての法要をお迎えしているのか、それとも因習として、いつものお勤めだからと、</p> <p style="padding-left: 40px;">当たり前のこととして、本来の意味を問うことなしに行っているのかと、あらためて指摘</p> <p style="padding-left: 40px;">されているのではないでしょうか。</p> <p style="padding-left: 120px; text-align: right;">- 樹心佛地 - 『真宗』2020年12月号</p> <p> </p> <p>今月の『真宗』紙に、「例年の旧義としての報恩講とは」と題された巻頭言に、伝統と因習について書かれていた文章です。</p> <p>報恩講に限らず、お寺に限らず、毎年、毎月、毎日やっていることが誰にでもある。</p> <p>朝起きたら必ずこれをやる、寝る前にはこれをやる。</p> <p>朝夕のお参り、食事の前後には手を合わすなどなど。</p> <p>ルーティンといってもいい。</p> <p>ルーティンは形式的なことだ。</p> <p>だけど、その形式がなければ食事の時になぜ手を合わせて「いただきます」というのか、家族の死に遭ってなぜお葬式を勤めるのか、問いを起こすこともできない。</p> <p>私にもまず形式があった。</p> <p>だいたい大事なことは意味を知ってから動作したのではなく、自分の行為に後から意味が与えられてきたように思う。</p> <p>今という時代は、意味が納得できんとやらん時代らしいですが。</p> <p>意味を尋ねて、身近な誰かや書籍の言葉など、どこかの誰かに教えられて自己流に解釈を繰り返してきた。</p> <p>意味を問うことを忘れると、慣習になる。</p> <p>ルーティンは、確かめることなく慣れると、ただ「やらんと気持ち悪い」だけのものになってしまう。</p> <p>なぜそれをやるのかと問われても、「バチが当たるとイカンで」としか言えない。</p> <p>ルーティンもやはりコンベンショナルなルーティンと、トラディショナルなものがあるのだろう。</p> <p>私にまで届いてきた人間として最も大事な伝統的ルーティンを、いつ、誰に、どうやって手渡していけるのか、と。</p> <p> </p> <p>さて、いろいろあった2020年ですが、最後に。</p> <p>除夜の鐘と修正会のご案内です。</p> <p>終わりと初めがくっついている。</p> <p>毎年の例事ですが、コロナ禍で弱腰になっていたのは住職である私でした。</p> <p>毎月2回の「ご命日の集い」をルーティンにお越しくださる総代が背中を押してくれました。</p> <p>「感染予防してやりましょや」と。</p> <p>年初をカウントダウンして祝うルーティンでなく。</p> <p>鐘の音の響きのなかを知らぬ間に新しい時を迎えていくという形式。</p> <p>気づいた時には生を受けていた私の「誕生」ということを思います。</p> <p>物心つくまで認識できなかった「私」の誕生は、実は獅子吼する仏さまの激励のなかに生まれてきた。</p> <p>「夜を除く」とは「闇を破る」。</p> <p>煩悩の闇の中を仏さまの智慧を灯に生きろとの激励だ。</p> <p>激励を受け、因習的な無病息災・家内安全の祈りを超えて、真宗の念仏を正しく修めます。</p> <p>誓いを新たにしつつ手渡して参りたく思います。</p> <p style="text-align: center;"><img src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6a/1a/c7138b489e464e43858f5327046be598.jpg" /></p> <p style="text-align: left;"><a title="" href="http://www.jyosyoji.sakura.ne.jp/events.html" target="_blank" rel="noopener">http://jyosyoji.info</a></p>
  87. 第15組人権学習会 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/26 12:06
    さる12月18日、大阪教区15組の寺族を対象に人権講座を開催した。今回はLGBTについて、井上鈴佳さんを講師に迎え、学習した。 講 師は男女の性別で、こうあるべきという事に違和感を覚え、人はそれぞれ違うことを...
  88. 公開講座 ♯1「本願寺の相伝の歴史」 【動画】配信中です | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/24 18:40
    本年4月16日に開催予定をしていた 大阪教区教化センター 教学儀式研究班の公開講座が、新型コルナウイルス感染症予防のため開催することができず、現在も収束に向かうどころか、さらなる感染拡大の様相を呈しております...
  89. 21組法話冊子⑥「いのちはだれのものですか」ジェシーこと法名釈尼萌海氏 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/24 17:43
    大阪教区第21組「推進員報恩講」(2019/12/6 堺支院)の講話録を21組様のご厚意によりアップいたしました。みなさまぜひご覧ください。 21組法話冊子⑥「いのちはだれのものですか」ジェシーこと法名釈尼萌...
  90. 真宗大谷派「新型コロナウイルス感染症に関する寺院・教会ガイドライン」策定 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/24 15:02
    このたび、真宗大谷派において「新型コロナウイルス感染症に関する寺院・教会ガイドライン」が策定されました。 本ガイドラインは、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」をはじめとする政府の対処方針を踏まえ...
  91. 川岸不退師ご西帰 | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/12/23 18:50
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="川岸不退師ご逝去"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201223/20201223163119.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201223163119j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">川岸不退師ご逝去</figcaption> </figure> <p> </p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="高座での布教ー川岸不退師(『蓮如さん今日を歩む 真宗王国と新宗教』平成8年12月20日、北國新聞社刊より。以下同じ)"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201223/20201223183825.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201223183825j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">高座での布教ー川岸不退師(『<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CF%A1%C7%A1">蓮如</a>さん今日を歩む <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>王国と<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%B7%BD%A1%B6%B5">新宗教</a>』平成8年12月<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/20%C6%FC">20日</a>、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9%BC%D2">北國新聞社</a>刊より。以下同じ)</figcaption> </figure> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201223/20201223184256.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201223184256j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <p> </p> <p> </p> <p><strong><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%AE%C2%F4%BE%BC%B0%EC">小沢昭一</a>氏</strong>。<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%CA%CF%BB%CA%E5">永六輔</a>氏たちと勉強していて節談にとりつかれた、と語る28年前(平成8年)</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="祖父江省念、川岸不退、広陵兼純師の名が見える。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201223/20201223183751.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201223183751j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">祖父江省念、川岸不退、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%AD%CE%CD">広陵</a>兼純師の名が見える。</figcaption> </figure> <p><br /><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="真宗の本。2010年12月3日~ - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2011%2F05%2F03%2F201120" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2011/05/03/201120">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="イベントー「能登時間」、川岸敬厳・不退展、いしかわの発掘展 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2009%2F07%2F13%2F223221" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2009/07/13/223221">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="「節談説教の風土」(『【大系】日本歴史と芸能』第5巻・平凡社)ー編集担当 内山直三氏 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2006%2F02%2F24%2F160208" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2006/02/24/160208">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="起舟日の奥能登内海 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2009%2F02%2F12%2F231616" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2009/02/12/231616">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="虹に出会った - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2008%2F10%2F24%2F190424" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2008/10/24/190424">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p> <p><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="比較民俗学会 南志見の水無月祭りー輪島市 - 能登のうみやまブシ=西山郷史" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=https%3A%2F%2Fumiyamabusi.hatenadiary.com%2Fentry%2F2006%2F07%2F31%2F083325" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="https://umiyamabusi.hatenadiary.com/entry/2006/07/31/083325">umiyamabusi.hatenadiary.com</a></cite></p> <p> </p> <p> </p>
  92. 2020/12/23「青年教化推進実行委員会」リモート会議開催 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/23 18:11
    本日12月23日(水)午後6時より、青年教化推進実行委員会(旧名称:青少年活動に学ぶ実行委員会)がZOOMにて開催されました。 当委員会では、コロナ禍の中ではありますが、各組の青年会の代表者にお集まりいただき...
  93. 2020/11/20「青年教化推進実行委員会」会議開催 | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/23 17:14
    さる11月20日(金)午後6時より、青年教化推進実行委員会(旧名称:青少年活動に学ぶ実行委員会)が開催されました。 当実行委員会では、昨年度「大懇親会」という名前で、各組の青年層の方々にお集まりいただき、「青...
  94. abnormal | 遊煩悩林 | 2020/12/20 18:10
    <p>日々、さまざまなジャンルの署名のご依頼を頂戴します。</p> <p>有縁の方々が、ご協力くださいと言ってご足労いただくこともあれば、署名用紙をご郵送いただいたり、今なら「ネット署名」というカタチで呼びかけをいただく場合もございます。</p> <p>内容も多様ですが、その要求と願いを読ませていただくと、いま私たちの社会の現実をよく知ることができるような気がします。</p> <p>数日前にいただいた署名の呼びかけ。</p> <p style="text-align: center;">「ノーマルに戻そう。」</p> <p style="text-align: center;"><a title="" href="http://www.werise.tokyo" target="_blank" rel="noopener">http://www.werise.tokyo</a></p> <p style="text-align: center;">We Rise提言「新型のコロナ感染症予防対策についての共同宣言」</p> <p style="text-align: center;"><a title="" href="http://www.werise.tokyo/declaration/" target="_blank" rel="noopener">http://www.werise.tokyo/declaration/</a></p> <p>この宣言について、ここで協力を求めるというのではございません。</p> <p>もちろんご賛同の方は意思表示をしていただいて構いませんが。</p> <p>このような見地があるということを、私たちが日常を過ごしていくときに蓄えておくことが大事だと思うのです。</p> <p>「提言」序文の「同調圧力による生活の質の低下」や「自殺者の4割増加」の因果関係は何とも言い難いところですが、少なからず生きにくさが蔓延、充満していることに違いはないでしょう。</p> <p style="padding-left: 40px;">新型コロナウイルス感染症はメディアが作り出した怪物</p> <p style="padding-left: 40px;">この度のパンデミックは、偏った情報が急速に拡散されたことによって引き起こされたインフォデミックである</p> <p>「パンデミック」であるのか、「インフォデミック」なのか。</p> <p>少なからず、ひと時トイレットペーパーが店頭から消えたという事実は、このインフォデミックといえるのでしょう。</p> <p>ただ、</p> <p style="padding-left: 40px;">風邪のコロナは4種類あり、5種類目が追加されたと考えるのが妥当</p> <p>という知見について、それが妥当なのかどうかを判断する材料を私は持ち合わせていません。</p> <p> </p> <p>だからか。「自粛」の必要性を示す根拠はどこにあるのか、というのです。</p> <p> </p> <p>ほんとうとほんとうでないことの間を生きていることが示唆されているように感じました。</p> <p> </p> <p style="padding-left: 40px;">本当のものが わからないと 本当でないものを 本当にする</p> <p style="padding-left: 40px;">安田理深</p> <p style="padding-left: 40px;"> </p> <p style="padding-left: 40px;">疑い疑い疑いぬいて 疑う余地のない時に はじめて信が芽生えてくる</p> <p style="padding-left: 40px;">暁烏 敏</p> <p> </p> <p>いつかどこかで触れた法語が浮かんできました。</p> <p>ほんとうの世界を求めて、信の生活を「取り戻したい」とも。</p> <p>「取り戻したい」と言っても、もともとの私の生活が「信の生活」であったわけではありません。</p> <p>「取り戻す」と言うのは、獲得していきたいという願望ですが、信は「自力」で得るのではないと。</p> <p>この度のWe Riseの提言、「ノーマルに戻そう」も、もしかすると私たちは「ノーマル」を生きたことはないが、ノーマルを求めて生きたいといったニュアンスにも聞こえてきます。</p> <p>ノーマルを求めるところに、”アブノーマル”を生きている自身を自覚できるのでしょう。</p> <p>カタカナ語をいかに解釈するのか非常に難しいところです。</p> <p>仏さまの視線を感じる時、ノーマルが「自然(じねん)の道理」。</p> <p>だとすれば、非道理的存在をアブノーマルというかと。</p> <p>曲解が過ぎるかもしれませんが、何が正常で何が異常事態なのか。</p> <p>その判断をどこに求めていくのかという提起を、この署名の呼びかけからいただいた次第です。</p>
  95. 仏青輪読会 in オンライン | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/18 20:06
    12月17日(木)仏青では南無でんねんの勉強会を前回に引き続き 「discord」というVCアプリを使い、オンラインで輪読会を開催しました。 テキスト 佐野明弘講述 『「真宗門徒」ということは』 ※今回はカメ...
  96. 祖母の誕生日 | お寺の生活 | 2020/12/16 17:24
    今日は祖母の103歳の誕生日でした。元気です。
  97. 第2報「大阪モデル」赤信号の点灯期間延長に伴う大阪教務所の対応について(急告) | 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区「銀杏通信」 | 2020/12/16 16:25
    「大阪モデル」赤信号の点灯期間延長に伴う大阪教務所の対応について(急告) 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、大阪府は、12月14日付で独自の基準「大阪モデル」の赤信号の点灯期間を延長し、今月29日まで...
  98. 前住職三回忌 前々坊守二十五回忌 | 小丘山定願寺 〜けれど空は青〜 | 2020/12/13 09:28
    12月12日 コロナ禍の中、規模を縮小し、ごく近親者のみで前住職,唯稱院釋正継の三回忌法要 並びに前々坊守、清静院釋尼知遊の二十五回忌法要を厳修したことをご報告いたします。 生きている時よりもより深く、思ったり感じたりす … <a href="http://xn--mbtqiv96n.com/2020/12/13/%e5%89%8d%e4%bd%8f%e8%81%b7%e4%b8%89%e5%9b%9e%e5%bf%8c%e3%80%80%e5%89%8d%e3%80%85%e5%9d%8a%e5%ae%88%e4%ba%8c%e5%8d%81%e4%ba%94%e5%9b%9e%e5%bf%8c/">続きを読む <span class="meta-nav">→</span></a>
  99. 「とも同行の真宗文化」発刊 2020年(令和2年)12月10日(木曜日)北國新聞ー23面文化ー | 能登のうみやまブシ=西山郷史 | 2020/12/12 15:09
    <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="北國新聞12月10日(木)朝刊23面文化。『とも同行の真宗文化』発刊、珠洲・西勝寺住職 西山郷史さん 「土徳」を掘り下げる。奥能登の地から、地域の貴重な記録を出版文化の中に刻む試みでもある。"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201212/20201212144427.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201212144427j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable"><a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%CC%D4%A2%BF%B7%CA%B9">北國新聞</a>12月10日(木)朝刊23面文化。『とも同行の<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化』発刊、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EE%BD%A7">珠洲</a>・西勝寺住職 <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%BE%BB%B3%B6%BF%BB%CB">西山郷史</a>さん 「土徳」を掘り下げる。奥<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%BD%C5%D0">能登</a>の地から、地域の貴重な記録を出版文化の中に刻む試みでもある。</figcaption> </figure> <p><strong>本文</strong></p> <blockquote> <p>6章構成。描かれたテーマは多岐に渡り、<a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%BD%A1">真宗</a>文化に関心を抱く人はもちろん、幅広い読者にとって、心に響く「出合い」がある1冊だ。</p> </blockquote> <p>6章は本文にある章以外の4章はなになになのか?</p> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="パンフ右半分"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201212/20201212150152.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201212150152j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">パンフ右半分</figcaption> </figure> <figure class="figure-image figure-image-fotolife mceNonEditable" title="パンフ左半分"> <p><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/u/umiyamabusi/20201212/20201212150241.jpg" alt="f:id:umiyamabusi:20201212150241j:plain" title="" class="hatena-fotolife" itemprop="image" /></p> <figcaption class="mceEditable">パンフ左半分</figcaption> </figure> <p>新聞記事を読んで、購入したいのだがとの電話が入る。</p> <p>お住まいの地を聞く。金沢近辺の人には紹介する書店がない。</p> <p>それで、直接お送りすることになるのだが、これだけとりあげていただけるのだったら</p> <p>もう少し考えようがあったかも知れない。</p> <p>その一方で、ここちよい責任の重さも感じている。</p> <p> <br /><br /> </p>
  100. 「私はここにいます」 | 坊主の家計簿 | 2020/12/12 02:56
    病人なんっちゅうのは、だいたい性格が歪むもんであって、私もメルカリ事務局の対応が悪かっただけで「アホかボケ!退会じゃ!」とメルカリ株空売りで稼いだ5万円を慰謝料代わりにして退会しようとしたら、最後の取引相手からの評価が遅くて「アホかボケ!」と。つ...

▲ このページの最初へ

 © All rights reserved 1998- , 真宗大谷派(東本願寺)大阪教区
Generated:RNA 制作:教化委員会ホームページ部